2002年4月その3
やはりエレベーターのこだわりは多いですね。 投稿者: リボン  投稿日: 4月17日(水)22時09分05秒

こんばんは!リボンです。
やはりエレベーターってこだわっているお子さん、けっこういるんですね。
私もまつこさんと同じで、すでにエレベーターに人が乗っていたりして動いている時は
「よし!今日は手をつないで階段から行くよ!」などとパターンを変えたりします。
又、常日頃から「エレベーターは皆の乗り物!誰がボタンを押してもいいんだよ」などと
話しています。そうすると途中で乗ってきた人などがボタンを押しても、変な事をぶつぶつとは
言いますが、パニックにはならなくなりました。
それからつい最近ですが、機嫌がいいと「ママ。押してもいいよ」などと言ってくれるので
「わ〜!嬉しいな!!」などとオーバーに喜んでみたりもします。
そのときは「じゃあ、帰りのボタンはマサ(息子のなまえ)がお当番ね!」の
フォローも必要ですが、段々柔軟になってきました。

えぼさん、こだわりは高機能だからといった事はありませんよ。
私の知り合いの高機能のお子さんもこだわりは全然ないらしいです。(羨ましい!!)
家の息子も4歳になってからぐ〜んと言葉が増えて、いろいろお話をしてくれるように
なりました。
人によっては、5歳か6歳かそれ以降かもしれないけど、指導の先生が急激に伸びる時期があるそうです。
不安になる事があると思いますが、お子さんの可能性を信じてゆっくり待ってあげて下さいね。

べべさん、私もリトミックはもう少し様子をみてからでもいいのではと思います。
わが息子も2、3歳の頃はじっとしていられなくて皆が楽しそうに手遊びなどをやっていても
ぐるぐる回りを走り回っていました。
それでその場に無理やりに連れてくるとぎゃーぎゃー泣いていました。
ところが幼稚園へ行くようになってから、お友達と楽しそうに手遊び歌や、先生のピアノの音に
合わせて楽しそうに歌って踊っています。
本人の為にと思ってやっている事が、お子さんにとっては苦痛にしかない
時期なのかもしれません。
無理矢理は親も子供も疲れるだけですよ。(^^)

恭子さん、うちの息子と同じ年齢で、同じこだわり・・・お互い気苦労が多いですね。
来年は小学生・・・って年長になったばかりなのに、もう先の事を考えて少し不安がっている
小心者のリボンです。
つい先日、近所のお母さんといろいろお話をしていたら、「家の息子だって変なこだわりあるよ!
障害とか関係なく、普通の子供だって融通は利かないし、こだわりやパニックだってあるよ!
マサ君のパニックやこだわりをすぐに自閉症だからとそればかりで決め付けないであげてね」と
言ってくれた。とっても嬉しかった・・・そうだよね、自閉症でなくてもデパートなどで
床にひっくり返って泣いている子はいるし、普通の子供だってこだわりはあるよね。
息子を特別視しすぎていた事を少し反省しました。
まだまだ先は長いんですからね・・・息子の目線でゆっくり付き合っていけれたらいいんだけど。
皆さん、お互い愚痴を言い合いながら気長にやっていきましょうね。


エレベーター 投稿者:リンコ  投稿日: 4月18日(木)00時14分52秒

海外旅行へ行って、撮って帰ってきた写真の半分は、ホテルのエレベーターのボタンでした。あはは。


こだわり 投稿者:リンコ  投稿日: 4月18日(木)00時21分54秒

ちいさいころ、「頭とお口の多動、不注意、物忘れ、好奇心、退屈しやすさ」(多動のないADHDみたいなやつね)が重なっていた私は、実は内心コダワリがあっても外から見えなかったり、こだわっていたのに忘れてしまってコダワリに見えなかったり、実は激しいんだけどものすごく速く短く一瞬の間だけこだわって飽きるため(寿命が短いだけで実は深い)コダワリに見えなかったり、って感じでした。

こだわりが本格的に本性を現したのは、30代になって、「人生経験を積んで落ちついた」「体力で押し切れなくなった」ときでした。

さらにはっきり、小さいころのアレもコレも、一見そう見えないだけで実はコダワリだったのか! と昔にさかのぼって自覚できたのは、30代後半に入り、衝動性やウッカリや物忘れを抑えるお薬を飲むようになってからでした。


こだわり2 投稿者:リンコ  投稿日: 4月18日(木)00時42分19秒

>こだわりを主張しないで心の中で「あれ?どうして??」と混乱している場合もあるそうです。

これこれ、これもありました! つーか、私はこれの多いタイプでした。

そもそも、視野が狭いから、どうも見落としてる情報が多いわけですね。もともと入ってくる情報が少ない中で、「こういうときは、こうだったはず」という風に、「何とか法則性を導き出して予測を立てるため役立てよう」というのがこだわりになるんですね。つまり、少ない情報を有効活用しようとしすぎるんです。

で、私が、「主張しないで、一人ひそかに混乱」の方に傾きがちだった理由は、「わりと自分の記憶に自信がなかったから」ってのが大きいと思います。私はたまたま視覚記憶が弱いタイプなもんで、思いちがい、見まちがい、物忘れが多いってことを自覚してました。だから、「でも、どうせまた間違いかもしれないしなあ」っていう、頼りなく不甲斐ない思いと背中合わせだったんです。でもそれは頭で思ってることで、気持ちは「きっとこうのはずなのに」という感じがしてるから、それはそれですごくつらかったですね。

まわりから見たら、ぎゃーすか言わないから扱いやすかったとは思うんですが、「どうせ間違いかもしれない」っていうあきらめがあると、一所懸命に観察しようとしなくなるってのもあります。

この状態にも一長一短あって、いいところは、温厚、おっとり、まわりとトラブルが少ないから叱られて傷つくことが少ない、間違った法則を導いて思い込むことが少し減る、混乱してるのがばれないから、周囲に理解がない場合、傷口に塩をすり込まれずにすむ。

損なところは、自信をなくす、投げやりになる、観察が甘くなるから間違ってない法則も含めて法則の発見が減る(つまり、学習が遅れる)、混乱してるのをわかってもらえないから、周囲に理解があってもフォローやケアをしてもらえない。

ただ、こだわりつつも自信がなかったおおもとの原因である「物忘れ」は、混乱から立ち直るのにはかなり得でした。物忘れというより、次に目新しいことが入ってくるとそっちに気が散るので、それが立ち直りに使えて、心を守ってくれました(その代わり、生活習慣の形成は遅れました。やはり一長一短ですね)。


ありがとう。 投稿者:chihiro  投稿日: 4月18日(木)00時58分34秒

ウチの姫の気持ちがわかってきました。


異文化交流 投稿者:恭子  投稿日: 4月18日(木)07時47分37秒

>まつこさん
>エレベーター=鬼門
いい言葉(表現)を教えていただきました。

>来年は小学生・・・って年長になったばかりなのに、もう先の事を考えて少し不安がっている
小心者のリボンです。
同級生なんですね、心強いわ〜。。。
ず〜っと前から就学のことで悩んでいる「超・小心者」ですけど、今後とも宜しくです^^

>つい先日、近所のお母さんといろいろお話をしていたら、「家の息子だって変なこだわりあるよ!
>障害とか関係なく、普通の子供だって融通は利かないし、こだわりやパニックだってあるよ!
>マサ君のパニックやこだわりをすぐに自閉症だからとそればかりで決め付けないであげてね」と
>言ってくれた。とっても嬉しかった・・・そうだよね、自閉症でなくてもデパートなどで
>床にひっくり返って泣いている子はいるし、普通の子供だってこだわりはあるよね。
>息子を特別視しすぎていた事を少し反省しました。
この辺りのことは、常日頃感じていることです。
近くにこんなこと言ってくれる「お母さん友達」が居るなんて、素敵です♪
地雷だらけの世の中ですけど、理解してくれる人も居る。。。
焦らず、頑張っていきましょう^^


「主張しないで、 投稿者:ななこ  投稿日: 4月18日(木)09時20分51秒

一人ひそかに混乱」タイプの一長一短について、
まるでうちの息子について解説していただいたような。。。
先日、某タウン内で紹介された「ハイパーりちぎ&俺流」といい
リンコさんの見解は、さすがです!!

通常級でふつーのこどもみたいな顔して(?)とりあえず平和に(?)
過ごしてるハチですが、
心の中のいろいろをもっと理解してあげなくては・・と思いました。


リボンさん。ありがとうございます。 投稿者:えぼ  投稿日: 4月18日(木)14時24分49秒

リボンさん。ありがとうございます。以下の言葉はすごく励みになりました。
児童神経科の先生も同じような事をおっしゃっておられましたが、
同病院で併設している自閉症児教室へ通っている子供の中で、息子より話ができない
子は私が出会った子のなかでは皆無なのでどうしても焦ってしまっていました。
私も息子と話ができるようになる日がくるのを信じています。

>家の息子も4歳になってからぐ〜んと言葉が増えて、いろいろお話をしてくれるように
なりました。
>人によっては、5歳か6歳かそれ以降かもしれないけど、指導の先生が急激に伸びる時期があるそうです。
>不安になる事があると思いますが、お子さんの可能性を信じてゆっくり待ってあげて下さいね。


かんしゃく、パニックには 投稿者:  投稿日: 4月18日(木)20時28分45秒


”自分の思い通りに行動が出来ない”
”要求が満たされない”

等の要因があるわけだから、発達障害のあるなしではなく、

”伝える手段を持たない”
”状況の認知理解ができない”
”相手の意図がわからない”
”怒りの感情をコントロールできない”

等の状態があればありうるよね。
その意味で言えば、3歳ぐらいまでの乳幼児には珍しくないのかも。

でも、スペクトラムの子などには、
上記の他に、

”伝えなければ相手には解らないということが解らない”
等という事もあるんじゃないかな?
それに加えて、
”目の前の状況から過去の嫌な経験が呼び起こされてしまったため”
等ということもあるかもしれないね。


ふと思ったんだけど、
パニックって、
伝える手段が少ない子にとっては 一種の ”コミュニケーション”手段よね。
”わからない! 違う!! 助けて欲しい!!! ”
と叫んでいるわけよね。

ならば、
その引き金になるものは何かと行動を観察分析し、原因を究明し、対応策を考える事
こそが、指導者や親の正しいコミュニケーションの在り方なのではないかと。
                < なんやねん、それ・・。


昨日は 投稿者:みっき  投稿日: 4月19日(金)00時27分43秒

授業参観でした。国語だったんですが、ハイジは授業中何か落書きしているもよう。
後ろでドキドキハラハラ見ていた私。すると、隣の男の子が、ハイジに説明をしてくれてました。
ハイジは黒板に向き直り、今度は何かを頭でイメージして笑っている…妄想モードに入ってる。
他の人が発言をしているのを、先生が黒板に書きとめていると、突然ハイジが大きな声で
冗談を言いました。黒板に書かれた言葉のシャレを言ったんです。
私は焦るし、他のお母さんたちも注目!
先生がハイジに説明をして下さっても、まだ冗談を言い続けている。
固唾をのんで見守っていると、後ろにいた女の子がハイジに優しく、「今、○○さんは、
これこれしかじかの話をしていて、ハイジちゃんの言っていることとは違うよ」というような
ことを説明してくれました。すると、ハイジは素直に前を向いて、そこで冗談はストップ。

う〜ん・・・感心してしまいました。親の私より、友達の方が聞き分けがいいわと… A^^;)
そして、他のお母さんたちも「あら、友達の言うことでもちゃんと聞けるのね」と
私に声をかけてこられました。
クラスのみんなは毎日のことだから、慣れっこになってるんですが、お母さん方は、
ハイジと友達の関係のよさを目の当たりにして、新鮮に感じてくださったようです。

ハイジには、軽い障害があることは懇談会でお話していたせいか、好意的なお母さん方が多く、
教室の後ろに張ってある絵でも、どうみてもぐちゃぐちゃ殴り書きのハイジの絵を、
「ハイジちゃんらしい、個性的でダイナミックな絵ねぇ」と評して下さるし(笑)、
嬉しいやら、恥ずかしいやら・・・。
ハイジが1年生のときは、多動もはげしかったし、授業参観というと針のムシロにいる気分でしたが、
今はクラスでは、理解のある友達や好意的に受けとめてくださるお母さん方のおかげで、
私の気持ちは救われているような気がします。

お母さん方は本当によくご覧になってます。私の見ていない場面でも、「この前ハイジちゃんは、
マラソンで友達と頑張って走ってたよ」「ハイジちゃん、授業でよく手を挙げて発言するように
なったね」など、教えてくださることもあります。
実際は、もっと(人から見れば)不可思議行動や、とんでもない(危ない)行動もあるんですが、
そういって頂けるのは大変嬉しいことです。
あとは、もし何か迷惑なことをしたら遠慮なく知らせて欲しいと何人かのお母さんには
お伝えしておきました。これが一番こちらに伝わってこないので…。

入学当初からは、こういうことは想像もできませんでした。
どちらかといえば消極的で対人恐怖症気味の私が、ハイジに背を押される形で
一歩一歩前に進んできたように思います。
先々を考えると、まだまだ多くの課題があり、進級するたびに不安はありますが、
何とか前を向いて歩んで行こうと思っています。 長々と書きました。


お友達って、すごいですよね。 投稿者:はるご  投稿日: 4月19日(金)06時19分43秒

うちの子の周りの子供達もすごいです。
いつも、つかず離れずで遊んでくれる女の子、「一緒に帰ろう!!」といってくれたときに、トモゾー調子が悪く、断固拒否でした。
「じゃ、トモゾーくんとじゃなくて、おばちゃんと帰ろう。」と言って、一緒についてきてくれます。
トモゾーが塀などにのぼって悪い事をしていると、私よりも先にさりげなく注意。
全く聞く耳を持たず、何度も言うと攻撃しそうな気配。
近くを通った男の子に、「○○くん、『トモゾーくん、ダメだよ。』って言って。」
男の子はわけもわからず「トモゾ−くん、ダメだよ。」
すると、トモゾーはすっと降りて、帰り道に戻ります。女の子はニッコリです。
トモゾーは、よく「今日はこの人は拒否」みたいな時があるのです。
その辺の事を良くわかっていて、自分が拒否のときは離れたところから、うまく関わっている・・・。
小学校の1年生(当時)でも、こんな事ができるんだと思いました。
大人よりすごい。当時の障担を上回っておりました。

ところで、うちも昨日は参観日。
トモゾーは、障害児学級で動物の絵の横に名前を書くという課題です。
ひとつだけ間違えて、「きりん」の筈が、「さりん」と書いてしまいました。
新しい障担、「これはちょっと危ないから消そうね〜〜。」と消しゴムを出していました。
真面目で冗談も通じそうにないと思ったら、案外楽しそうな人で安心です。

http://www8.ocn.ne.jp/~thething/


おはようございます(まだ登校してません) 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 4月19日(金)08時00分01秒

どもです。謎のタヌキは、LDっぽいです。でも自閉傾向もあります。
まあ、毎日が明るけりゃなんでも良いですが。
検査の感想ですね、片寄りがあります。
WISC−Vは、言語性IQが140、動作性が90でしたので…(だからなんだ?>自分)
別に自慢の種にも飯の種にもなりゃしないし、逆だったらいいって事もないんですが。
特に、数唱や逆唱は得意です。
ピアノやってるんですが、耳から曲覚えてます(六年間やってますが、ずっとですよ)。
よわっちい格好でふにゃふにゃしてるといじめられやすい(事実)ので剣道やってます(って自分がふにゃふにゃしてるからってわけでも無いんですが)。お腹のそこから大きな声を出して、大きく振る。小さいより大きいの方が絶対いいと言うあれです(どれだ)。
わたしには、高機能自閉の友人がいるんですが、その人の母と仲がいいです。
前同じクラスで、共に教師と合わなくて、ひでー目にあわされて、
とんでもねー一年間を送った仲です(意味不明)。まあ今年は「当たぁりぃ〜」
に近いかな。


おはようございます 投稿者:まつこ  投稿日: 4月19日(金)09時18分26秒

うちの少年(小5)と坊主(小3)は7時55分に登校しました。
少年が自閉症です。
謎のタヌキさんは何年生の方なのでしょうか?

>今年は「当たぁりぃ〜」に近いかな。
で、良かったですね。


どうして教えてくれないの? 投稿者:宝島  投稿日: 4月19日(金)10時38分37秒

おはようございます。
高機能自閉症の小2の娘がいます。過去何度かWISC等の検査をしています。
みなさんの書き込みを読んでいて、検査の数値が書き込まれていますよね。なぜか
数値を全く教えてくれないんです。児童相談所や学校で検査しましたが
「〜のところが弱いですね。〜は、理解しています。」と説明され検査名は
教えてもらいました。数値について質問したら
「お母さん、数値を気にしても仕方ないですよ。きいてどうするんですか。
 検査はあくまでも指導していくための羅針盤みたいなものです。数値はいいじゃないですか。」と返答されました。検査の時も親子別々にされるので何をやっているかは不明。

ですからみなさんが自分のお子さんの数値を書き込んでいらっしゃるので
ず〜っと不思議でした。強引(?)に聞き出したのか。知る権利があるのだから
教えてもらうのが当然なのか?
こんなんでいいのでしょうか。強引にでも教えていただいたほうがいいのでしょうか?


うちの主治医は 投稿者:朝倉玲  投稿日: 4月19日(金)11時56分54秒

数値を気にしすぎて、子どもに安定した対応ができなくなりそうな親御さんには
数値そのものではなく、子どもへのアプローチのしかたで教えるようです。
もともと、検査の結果というのは、その後の子どものアプローチの指針に利用されるものなので
それでちゃんと検査結果は役に立っていると思うんですけれど・・・。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


検査 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 4月19日(金)13時20分40秒

親御さんの中には、わざわざ練習をして検査を受けさせたり、
検査の数値を上げる事を一番の目標に設定してしまう方もおられるそうで、
本当の子どもの力がわからなくなったり、
間違った方向に走ってしまう可能性もあるのです。
児童相談所などでは、「親がどういう捉え方をするのか」までは判断が難しいので、
親に数値を教える事はないと思います。

うちの主治医も、玲さんの所と同じだとおもいます。
さらに検査そのものも、あまりすすめない方だったりします。


検査の結果、 投稿者:はるご  投稿日: 4月19日(金)13時25分04秒

うちは無理やり聞き出したクチです。
学校が検査の実施自体を教えてくれず、不注意な先生の一言で検査をしたということを私が知って、アッタマきたので、やんわりと(あくまでもやんわりと)でも一歩も引かないぞという姿勢で、数値を聞き出しました。
数値自体はそれほどこだわってはいなかったのですが、何で、学校が知っていて親が知らせてもらえないのかというところが納得できなかったので。
結局、先生、数値だけを連絡帳に書いてよこしました。
何度も何度も事あるごとに「私は慣れていないので・・・。(数値が正確ではないという意味かな)」と言っていました。

検査結果でアプローチの仕方を教えてくださるのなら、それでよいのですが、親には何も告げず、検査前と後の対応もさして変わらず、一体何のために検査をするのでしょうね。
うちは検査自体役に立ったとは思えません。
療育の場でも教育の場でも、適切なアドバイスは殆どありませんから、親として数値を聞く事ができて、(例えば、たまたま知り合った専門家の方に個人的に)説明するときに多少役に立ったかなあとは思います。
やっぱ、言語性は低いんだなあ・・・と確認したりできたかな。


検査の数値 投稿者:みっき  投稿日: 4月19日(金)14時04分36秒

うちは言語面が弱くて、検査項目の一つ「算数」では、口頭による質問なので数値が低かったのですが、
検査員によると「口頭以外の方法で、例えば紙に書いて式を見せた場合なら、できる問いも多くなるでしょうから、
実際のIQはもう少し高いはずです。」と言われました。

その検査員もあまり数値をとやかく仰らない方で、「言語性のIQと動作性のIQを足して2で割って
全体のIQを出すのですが、言語性、動作性にアンバランスのあるお子さんの場合、そのやり方で
数値を見ることは、お湯の中に足をつけて、頭に氷をのせて体温を測るようなものです。」と
おっしゃってました。

子どものどこに弱さがあるのか、どういうことができているのか、近似値的に子どもの状態像を
見るには、検査項目の一つ一つに着目する必要があり、さらに、検査中に検査員がどの程度
子どもを見ているかによっても捉え方が変わってくると思います。
例えば、一番上に書いたような、検査ではわからない裏側をも考慮しなければ、検査で出た数値と
実際のお子さんとの間に誤差があるのではないでしょうか。

ちなみに私は児童相談所で検査をお願いしました。数値は「大体こんな感じ」程度のニュアンスで
教えていただき、弱いところ、検査をしながら様子を見ていて感じたこと、得意なこと、など
重点的にお話ししてくださいました。


ホームページを立ち上げました  投稿者:和と輪と環 管理人  投稿日: 4月19日(金)15時29分04秒

はじめまして

ADHD、LD、高機能自閉症、アスペルガー症候群に関する情報発信のHPを立ち上げました。
おすすめ本、講演会情報、新刊本案内などの情報を載せています。
随時更新し、新しい情報を載せるようにしていますので
是非ご利用ください。

「和と輪と環」
http://www.geocities.co.jp/Milano/2673/index-01.html

http://www.geocities.co.jp/Milano/2673/index-01.html


すいません 投稿者:和と輪と環 管理人  投稿日: 4月19日(金)15時32分04秒

下のアドレスは、間違いです

こちらのアドレスでした。。。
申し訳ありません。

http://homepage3.nifty.com/hikarinoko/index.html


結局、 投稿者:ななこ  投稿日: 4月19日(金)17時27分57秒

検査の数値や診断名って、それ自体にはそんなたいした価値はないのかな。
私が初めてこの掲示板へおじゃましたときも
診断名がはっきりしないことに対して何かアドバイスがほしくて、
でしたが。

たしかに診断名がはっきりしていて、検査結果の明確な数値があれば
親自身の勉強に役立ったり、周囲に理解を求めるときの良い資料に
なるでしょうけど、大切なのはその先ですものね。

それから最近つくづく思うのは
世の中には、いろんな発達障害(もしくは知的も?)のボーダーに
部分的にでも属する人が大人でも子供でもかなりいるんじゃないかと。
でも、その人とその人の周りの人がそんなに困ってなくてそれなりに
幸せであれば、そういう場合あえて障害と呼ぶ必要ないだろうし。。。

まあ、いろいろあるけどうちの子もなるようになるさ、
と思えるようになったのは、あちこちの掲示板でキタエていただいてるから
のような気もします。(笑)


(無題) 投稿者:宝島  投稿日: 4月19日(金)20時55分52秒

朝倉さま、こくっぱの母様、はるご様、みっき様、ななこ様、レスありがとうございました。
確かに就学検診で知能検査をしたとき、幼稚園側に問い合わせても
明確な回答は無く、問題内容も「教えるとあらかじめ皆さんが予習してくると困るので。」
と教えてくれませんでした。
学校での検査は担任より「検査してもいいですか?」と一言あり、何か感激しました。
「結果を教えてください。」とお願いしたら、先の書き込みにあった通りで
検査は羅針盤・・・。名言か?迷言。
確かに数値に気を取られすぎて安定した対応ができない親・・・うん!私だ〜。

幼稚園時代に通っていた言葉の教室では、検査も数値も気にするな〜とアドバイスされていた
のを思い出しました。ついでに専門書も読みすぎるな、とも言われました。
専門書は迷ったときの参考程度にしましょうと・・・。でもず〜っと迷ってるんですけれどね。


ありがとうございました 投稿者:べべ  投稿日: 4月19日(金)20時57分46秒

えぼさん、まつこさん、リボンさん、リンコさん、Mさん、こだわりの件
ありがとうございました。参考になります。
検査のことが話題になっていますが、うちは混雑のため、詳しい検査は
4ヶ月先になりそうです。
私は覚悟していますが、主人は状況がわかっていません。
この前、発達相談の時に同席したのですが、何か質問はと聞かれて、
心理の先生に「うちの子大きい(太っている)と思いませんか」と
言っていました。
皆様のお子さまの友達の話を読むと明るい気持ちになります。
いつか、うちの子にもいい友達ができてくれればと思います。


検査結果を 投稿者:まりも  投稿日: 4月19日(金)21時09分40秒

かかりつけ医に伝えるために、数値は毎回教えてもらっています。
うちの子が診てもらっている心理士さんも、数値にはこだわって欲しくないという気持ちが強いようで、あまり教えたくないようです。しかし、他のお母さん方も、自分の子供の事ですから知りたいという思いと、子供に関わっていただいている方に情報を共有しておいて欲しいという気持ちで、医者に伝えるためという理由で数値を教えていただいています。


夜行性です 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 4月19日(金)23時05分01秒

まつこさん>六年生です。一見普通の六年生、蓋を開けるとパタリロ二号(意味不明)
この意味がわかった方、お知らせください(どこに?)


は〜い! 投稿者:  投稿日: 4月20日(土)11時48分20秒

>この意味がわかった方、お知らせください(どこに?)

 「花ゆめ」が、なぜか、家に山積みされていましたゆえ・・。
 でも、今の犬夜叉もそうだけど、その手の難解キャラは、単純人間Mには理解困難。
         < わかるのは、しんちゃんどまり・・・。
 

 で、二号君の得意技も、
 だじゃれとギャグ? 


こんばんはあ 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 4月20日(土)20時52分10秒

Mさん>屁理屈と誤魔化し+減らず口+地獄耳です
口は減るも減らないも元々一つでして
ありゃりゃりゃりゃ。
というのも、言語性IQのサバよんでました。
朝急いでしてたので、すんません。
正しくは、130です。
検査は学校の「ことばの教室」の先生にしてもらいました。
結果がでた時、まず先生にいいところ誉めてもらいました。
(以前弟がしてもらった時もです。)
K-ABCは、先生が全然使ってないと言うのでしました。
だって宝の持ち腐れ、しゃーないわたしが試しにつこたろって話になりました。
手の動きまねるのが全くダメで、「この人は基本的に人間には興味がない」と言われました。
私が検査結果の情報公開を要求したので、向こうがそれに応じ、
公開したらとんでもねーのが飛び出しました。
いやはや、なんとも…
でも、自分のことは、とーぜん知っておくべきでしょ?
テストの後、おっきいシュークリームとお茶をいただいたのですが、
私の検査中の私語があまりにも多いので、「医大でしたら5000円かかるよ」、とか、
「その分点数引くよ」とか言われました。教師の権限振りかざしですね(爆)
にしても、5000円、高過ぎっす…
緊張することもなく、いつもの調子でしました。


こんばんはあ・その2 投稿者:謎のタヌキの母  投稿日: 4月20日(土)20時53分23秒

謎のタヌキの母です。
謎のタヌキのカキコの通りです。
学校ってとこは、なにかもめごと(やたら友達と喧嘩が多い、授業中立ち歩く…)がない限り、
多少の事があっても、「個性的な子」でするっときてしまうんです。
謎のタヌキの場合は、以前にもカキコいたしましたが、担任とあわず、
心身症的なもの(学校にいると下痢になる、ああ、もういやっていうといきなり熱がでる)が
でたので、うーん、前からちょっときになってたのよねって感じで検査となりました。
(彼女も、病院通いをしています。まっ、一時的なものだったみたいだけど。)
WISC-Vはあんまり先生もしたくなかったみたいなんだけど、
K-ABCとWISC-Vでみるみたいですよ、とことばの教室の先生のしりを叩いて、
検査をしてもらいました、(何がでてもしらないよっていう忠告つきで)
まあ、結果をみれば、いままで不思議に思ってたことがなるほどと思えます。
数唱が得意、だからどうやねん、なるほど、だから授業中よそみが多くて、
いつも人の話をきくは”がんばりましょう”なのね。
(でもあてられると正解を言うし、突然つっこみをいれるので、学校の先生からすると、
ほんまに態度の悪いやつ!なんでしょうね)
視知覚があんまりよろしくない、だから、作文かかすと面白いんだけど、
字が汚くて時々なに書いてるのかよーわからんことがあるし、お習字になると、
毎度、穴ほって隠れたくなります。
最近は、作文書く時は、最初にワードの原稿用紙を広げて、頭のなかにあることを
書き出してから、原稿用紙に写しております。それが一番早くて確実だと本人も思っています。
学校の先生もそれでOKと言われるし、病院の先生も、それでいいよといわれるので、
これからもこの方式でいくでしょう。
本人も一生懸命やってるのにできへん、と思ってたみたいです。
結果をみて、なるほどなって、本人も納得できたようです。
親の私は、結果をみて、「今まで上手に隠れてたね。その分この子は苦労してたんや」と思いました。
あの検査、謎のタヌキの弟がしたときは横でみせてもらいましたし、
結果をきく時にこういう検査で・・・と検査もみせてもらったけど、
検査のためにわざわざ特訓するようなもんでもないとおもうけど・・・
特に数唱なんて、どないして特訓するんでしょう?
そんなヒマがあったら、気候もよろしいじゃないですか、家族でおでかけしたほうがいいのとちがう?
謎のタヌキの弟が、ことばの教室に通級して、よく遊びにいってる関係で検査ってことになたんですが、
よそは順番待ちとか大変なんですね。


私も 投稿者:リンコ  投稿日: 4月20日(土)21時07分16秒

私語が多くて苦労かけた、っていうより、自分が腹減った。<WAISのとき。

何をやらせても長丁場になります、ワシ。

最近被験者の依頼が来ないのはそのせいではなかろうか。


(無題) 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 4月20日(土)22時13分45秒

333333333333


??? 投稿者:  投稿日: 4月20日(土)23時45分47秒

>私語が多くて苦労かけた、っていうより、自分が腹減った。<WAISのとき。

 自分のWAISを誰かにしてもらいたい。
 きっと、とんでもない結果になるに違いない。
        
        < 勿論、全くデコボコのない一直線のきれいなプロフィール。
          一切、私語もせず、ひたすら検査員に協力。

>333333333333

 数唱の特訓?


それがさー! 投稿者:リンコ  投稿日: 4月20日(土)23時57分18秒

応接室も指導室も満杯でさー、

何を血迷ったか、プレイルームだったのだ!<場所

ボールプールだとかままごとセットだとかいろいろ置いてあるし……
縫いぐるみにぱんちをくらわせながらやりました<算数


ジュール・ルナールの、 投稿者:リンコ  投稿日: 4月20日(土)23時58分08秒

『博物誌』にありましたね。<33333333


だって、 投稿者:  投稿日: 4月21日(日)07時45分27秒

>< 勿論、全くデコボコのない一直線のきれいなプロフィール。

           < ・・・・・・んな筈は間違ってもないとは思う
             けど、
             それでも、私は間違いなく地球人・・・・・・


??? 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 4月21日(日)10時23分08秒

>333333333333

5歳の息子が知らぬ間に勝手に投稿してしまったようです。
もちろん、意味などあるはずありません。
皆様大変お騒がせしました。


音楽やることになって。。。 投稿者:小枝子  投稿日: 4月22日(月)21時56分34秒

お久しぶりです。いつぞやはたいへんお世話になりました。
今は別の学校で級外として養護学級の音楽を週に1度だけ担当することになったのですが、どうもうまく行かなくて頭を抱えています。
楽器もほとんどできなくて、ひらがなも読めない子もいるのに、歌詞をおぼえさせようとして失敗。手拍子もうまく行きませんでした。
一応明日は「きらきら星」をやってみて、「おちゃらかほい」でじゃんけんしながら体を動かしてみようかと考えているのですが。。。。(中にはじゃんけんは勝たなくてはいけないと思っているようで必ず後だしする子もいるんです)
つくづく勉強不足を感じています。どんな些細なことでもいいです。何かアドバイスいただけたら嬉しいです。


右ききに矯正? 投稿者:  投稿日: 4月23日(火)09時24分40秒

娘は「両きき」(絵筆やお箸などは右で、鉛筆やボール投げは左)なのですが、
左だとどうしても、読み書きの「書き」を教えるのに支障が出るので
今のうちに右に直してしまいたい!と担任の先生から言われました。

今までは自然に任せて好きなようにさせて欲しいとお願いしてきたのですが、
やはり先生一人に生徒多数では、なかなか右ききの先生が左ききの子に
文字の書き順などを教えるのは、大変なようです。

でも、家でも、右で書かせようとすると、しばらくは頑張るのですが、
すぐ、左に持ち変えるし、しまいには「こっちがいい」と泣き顔になります。

ストレスにならないといいのですが...

きき手を変えられたご経験のある方のお話が伺えれば嬉しいです。


音楽って 投稿者:ひいろ  投稿日: 4月23日(火)09時53分30秒

楽しむものなんだけど(笑)
自閉っ子の中には、音自体が恐怖になる子もいるじゃないですか?
ドラは結構平気なほうなのですが、それでも「突然くる大きな音」は嫌いです。
・・シンバルとか。
それとは逆にギターの音にとても興味があって、それが始まるとやってくる子もいます。
本当に人それぞれで。子供ひとりひとりが気に入った音楽(音)というのは
はっきりいって難しいと思います。だってみんな趣味が個性的すぎる(笑)
本当に授業として成立させるのは、難しいのかもしれませんねぇ。

私ならどうするかなぁ?・・・一応音楽を教えた経験があるのですが。
私のモットーは「好きこそものの上手なれ」なんです。
要は、市販の練習曲とは別に、子供の好きな曲を聞いてそれをその子に合った課題を入れて
編曲して弾かせていました。絶対にそのほうが上手く弾きます。
お母さんの話によると、自分から練習していたという話しでしたわ。

そういえはドラくん。以前は公園に行くと金属の所を見つけては、棒でカンカン叩いて
喜んでいましたっけ。・・・別に楽器じゃなくっても、音って楽しめるのではないと思います。


ラテラリティ 投稿者:ひいろ  投稿日: 4月23日(火)10時00分35秒

というのだそうです。右利きか左利きかのパーセンテージのデータを。

療育センターのOTの話し
「2〜3歳くらいで右が左かの兆候が出はじめて、でも確定するのは7歳前後」らしいです。

うちも未だにどちらかはっきりしないので、専門家を見つけると必ず聞いてしまうのですが(笑)
就学前のOTの話しでは「あと1年くらいは様子をみてもいいかも?」と言われました。
あまり強制などはする必要はないという人もいますしねぇ。


就学前に 投稿者:カンガー  投稿日: 4月23日(火)10時25分33秒

リトミックを習っていましたが、重度のお子さんから、軽度のお子さんまで一緒にいろいろやりました。
ハンドベルが良かったと思います。
ベルの色で音が決まっていますよね。
大きな楽譜を黒板にはって、音符の色がベルの色と同じなの。
自分の色の時、ハンドベルを思いっきり鳴らすのね。
人の色の時は鳴らしちゃいけない。
一年で、演奏も形になりました。

ああ、でも教えるときには子どもひとりに、先生が一人ついていたから、出来たのかな?
先生一人で複数の子を教えるのは、難しいかもしれませんね。

掲示板過去ログ案内に戻る