2002年5月その2
いいこと聞いた 投稿者:まつこ  投稿日: 5月 8日(水)14時16分52秒

>というのが、体育でお荷物の謎のタヌキの言葉です。
>だって、体動かんもん。
>剣道は体育とは別だからねえ。

体育が苦手でも、ジャンル(?)によっては体を動かすことを楽しめる。
謎のタヌキさんは自分の楽しみを探す才能があるんですね〜
見習いますです。(^o^)ゞ


まぁ、大変でしたね。 投稿者:まつこ  投稿日: 5月 8日(水)14時58分36秒

>春休みに痙攣発作を起こして
そうですか。ご心配ですね。
発作の方はお薬でコントロールできつつあるのでしょうか?
私は発作に関してはあまり詳しくないのですが、
お薬の副作用などの影響でにぎやかな環境では
頭痛になりやすいということはありませんか?
それなら、治療的な対処が必要かもしれないですね。

どちらにしても、お子さんが気持ちを出しやすい雰囲気を作って
聞いてあげたらいいんじゃないでしょうか?
ただ、うちの少年のように「気持ちを言葉にする」こと自体が不得手で
苦痛になる場合は、その限りではありません。
(σ(^_^;私、少年を問い詰めて、
「もうしゃべりたくない」と泣かせたことあります。懺悔。)

>それにやはり障害児学級に行ってる事で良く思わないお母さんも居てるのでそれもあるのかも。
なにか、いやな思いをなさいましたか?
障害児学級に在籍していることをよく思わないというのは
相手方が認識不足だと思いますので、ぶっとばし…あ、いや、
恵美さん、堂々と胸張ってくださいね。
よく思わない方も確かにおられますけど
心の中で、また陰ながら応援してくれてる人も必ずいると思いますよ。

>朝は、上の子に頼んで

頼もしいですね。
辛いことをちゃんと表現できるお子さんでも
なにかと気苦労が絶えないことだと思います。

ケロさんのおっしゃる
「お兄ちゃんも辛いね」という寄りそいが必要かな、と感じました。


学校って行かなくちゃいけないの? 投稿者:カンガー  投稿日: 5月 8日(水)15時36分45秒

>それでも彼は学校に行きたくないとは言いません。

うちの娘は、学校に行きたくないと毎日言います。
それでも、仕方なく、学校に向かいます。
親が強制しているわけではありませんが、なるべく休ませないでくださいと学校から言われているので、休んで良いよとはなかなか言えません。
まだ一度も欠席していません。
そして、帰ってくると、
「学校楽しくなかった。学校嫌い、行きたくない・・・」といいます。

何もなかったように先生方には見える日でも、少し泣いてしまうような出来事があった日でも、同じです。
特に辛いことがあった日は、私にすがって号泣します。
「学校いかなきゃだめ?」
涙でいっぱいの目で見つめられて、言葉を失います。
「お勉強は簡単でつまんない、お友達と仲良くするのは、大変。」
本人はそういいます。


学校は行く権利がある。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 5月 8日(水)15時49分44秒


>「お勉強は簡単でつまんない、お友達と仲良くするのは、大変。」
>本人はそういいます。

ハカセと一緒だわ。
最近は「なにがなんだかわからない」ともよくいいます。
現在、教室に入るけど、しんどくなると避難場所(教室内にある大きなテーブル)で、
自主学習してます。内容は・・・すごくマニアックだったりする。


(無題) 投稿者:sara  投稿日: 5月 8日(水)16時41分50秒

次郎は、小学校の時「行きたくない」とは言わなかったけれど(言えなかった?)
けれども、親として、
  何のために学校へ行くのだろうか?
  何のために学校へ行かせているのだろうか?
・・そう思いました(皆さんと同じです)

その答えは、出ませんが・・・
人とつながっているのが好きな息子がいます。

辛い経験もして、
楽しい経験もして
いろんな経験が今の彼になったのだと思う・・・。

だから、急がないで。


ごめん 投稿者:朝倉玲  投稿日: 5月 8日(水)16時47分07秒

こういう場でこんなふうに断言してしまうのは、まずいかもしれないけれど
他ならないルーちゃんのことだから、言わせて。

それは待っていて慣れるようなことじゃないと思う。
もっと、ルーちゃんに行きやすい学校というものを考えてあげなくちゃ。

「学校になじめないお子さんのほうに問題があるんです」と先生方は言うのかしら。
でも、違う。違うよ。
今はまだスムーズに行かなくても、少しずつ改善されているなら望みはある。
だけど、ルーちゃんのその態度やことばを「どの子にも見られる普通の『登校したくない病』」と
先生が受け取っているのであれば、
それは明らかに理解不足、対応不足。
早く何とかしなくちゃ。

ただ、ひとつだけ、嬉しかったこと。
ルーちゃんが「学校は行かなくちゃ行けないところ」と分かっていても
「(やっぱり本当は)学校行きたくない」と
お母さんにちゃんと自分の本当の気持ちを伝えられていること。
わがままなんかじゃないよ。立派な主張だ。
大変だけど、その気持ち、しっかり受け止めてあげようね、カンガーさん。


(無題) 投稿者:恵美  投稿日: 5月 8日(水)17時32分36秒

痙攣を抑える薬は、飲んでません。主治医と話をして決めた事なので。また、発作が起きても様子を診ていつもと違ったりなかなか治まらない時は、すぐに病院に連れて行くようにと言われてます。子供の事は、懇談の時に話をしてます。わかってもらうのは、大変ですが私が言わないとわかってもらえないので。それにうちの子の通っている学校は、学校ぐるみで障害児学級との交流もあり良い学校だと思います。実は、私自身も障害児の在籍していたので。小学校、中学校と。子供の気持ちは、少しは、わかります。私の頃より良くは、なってきては、いるけど・・・私が経験した事が少しは、役にたてば良いのですが難しいですね。私は、出来るだけ学校には、行って欲しいです。学校でしか得れないものがあるから。無理にとは、言いませんが。 


アドバイスありがとう 投稿者:カンガー  投稿日: 5月 8日(水)18時03分45秒

>こくっぱの母さん
>ハカセと一緒だわ。
最近は「なにがなんだかわからない」ともよくいいます。
現在、教室に入るけど、しんどくなると避難場所(教室内にある大きなテーブル)で、
自主学習してます。

「なにがなんだかわからない」ですか、ルーも似たようなことを言います。
「よくわからないんだ」と。
机に向かう学習時間は、たいくつでも、嫌ではないそうです。
ただ、授業と称してグループで遊ぶ時間が苦痛のようです。
二年生五人、一年生五人のグループで遊ぶ授業が一番苦痛みたいです。
「よくわからない」とこぼしています。
ハカセくんには、避難場所があるのって、素敵ですね。

>saraさん
>何のために学校へ行くのだろうか?
何のために学校へ行かせているのだろうか?

今本当にそう思っています。

>辛い経験もして、
楽しい経験もして

楽しい経験が出来るといいんだけれど。
本当にそうなるのかしら。
どうして幼稚園があんなに楽しかったのか、今となると謎です。
あ〜そうか、幼稚園の遊びの時間は一人で遊んでいても良かったからだ。
気のあう子とだけ一緒にいたな。
学校はグループを決められて、その子と遊ばなくてはいけないから、だめなんだ。

>玲さん
>今はまだスムーズに行かなくても、少しずつ改善されているなら望みはある。

うん、これは担任の先生の理解は進んでいるかな。
昨日の給食も魚だったけれど、ちゃんと自然に残せたし、先生もいろいろ考えてくださっている部分もあります。
ただね、やっぱりどんなに配慮をお願いしても、あくまでも大勢の中のひとり。

これほど、学校が変更変更で、時間割通りに学習しないなんて思わなかった。
勉強の時間より、小さな行事が多くて、全部グループで一年生と二年生、一年生と六年生の組み合わせで遊ばせることが多すぎる。
結局、大好きな勉強の時間は少なくて、よくわからないグループでの微妙なやりとりを必要とする遊びの時間が多いのです。
社会性を身につけるための時間なのでしょうが、こういうときは個別の対応が望ましいと療育センターからの書類には書かれていますが、実際には教員の数が足りないし、問題行動を起こすわけじゃないから、配慮してもらえないですね。
そのへんの理解は、まだまだこれからです。

>大変だけど、その気持ち、しっかり受け止めてあげようね、カンガーさん。

はい、がんばります。
あ〜でも、本当にいつまで続くんだろう、切ないです。


私もね 投稿者:カンガー  投稿日: 5月 8日(水)20時52分41秒

>私は、出来るだけ学校には、行って欲しいです。学校でしか得れないものがあるから。

そう思ってきたんだけれど、うん、そう思っているから、学校を休ませずに行かせているんだけれど。
学校では、得るものもあるけれど、失うものもあるんだよね。
最近、ようやく「平行線」を読み終わって、そんなふうに考えてしまいました。
森口さんにとって、学校って何だったんだろうって。
それと、「僕のアスペルガー症候群」でも、主人公の男の子は学校をやめてしまいましたよね。
自閉症の子どもにとって、学校というところが本当に良いところなのだろうか・・・と、どうしても行かなくてはいけないところなのかな・・・と。
もちろん、本人が喜んで通っているのならば、問題ないのですが。


(無題) 投稿者:M@ぽんぽこ山管理人  投稿日: 5月 9日(木)07時11分49秒

おや、
昨日は大狸さんが沢山、出没していたのね。
   あら、でも中にはかわいい子狸さんも。
      < ふむふむ・・、なるほど・・・。
        流石・・・・古狸の面々・・・・・。


カンガーさん 投稿者:朝倉玲  投稿日: 5月 9日(木)09時06分13秒

>ただ、授業と称してグループで遊ぶ時間が苦痛のようです。
>二年生五人、一年生五人のグループで遊ぶ授業が一番苦痛みたいです。
>「よくわからない」とこぼしています。

それって、いつも同じ顔ぶれなのかな?
そうでなかったら、必ず同じ人たちとグループにしてもらうと良いかも。

あと、1年生と2年生だけのグループでは、
理解できなくてついていけない子に、お友だちが配慮するのは難しいですよね。
その時だけでも誰かにサポートしてもらえると良いですが。
もっと学年の大きな子についていてもらう・・・わけには行かないのか。
その組み合わせから見ると、下学年集会かなにかの活動みたいですものね。

グループ活動が苦手だという発達障害児は、かなり多いみたいです。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


おじゃまします 投稿者:チコリー  投稿日: 5月 9日(木)10時20分05秒

 はじめまして  検索でこちらを見つけずっと ロムばかりでしたが ルーちゃんやハカセくんのお話が あまりにもうちの子に似ていると 思いおじゃまさせていただきました。
小2で  はっきりした診断はまだありません。  

>>「なにがなんだかわからない」ですか、ルーも似たようなことを言います。
「よくわからないんだ」と。
机に向かう学習時間は、たいくつでも、嫌ではないそうです。
ただ、授業と称してグループで遊ぶ時間が苦痛のようです。
二年生五人、一年生五人のグループで遊ぶ授業が一番苦痛みたいです。
「よくわからない」とこぼしています。

  うちの子はお勉強もあんまりできないのですが、 総合学習や体育の時間がほんとうに 苦手のようです。  それ以上に グループで遊んだり掃除をしたり 避難訓練といったようなことが 負担なんです。 まわりをみて行動する 指示がわかる まわりにあわせるといったことは 一生関わっていくので  なんとか身につけてほしいと 願いますが  本人はさぞしんどいだろうと胸が痛いです。    こういう活動のとき  先生は雑務に追われて なんのフォローもありません  ドッジボールとか ダイナミックな遊びは 本人は怖いんですね  それをみんなで楽しく遊びましょうと言われると  理解できない 受け入れられない
  勉強や片付けなどは  イヤだけどやらなくちゃいけない  理解できるし納得できる。

  学校ってしんどいとこですね  私自身自閉っぽいので 子供時代辛かったんです。   
最初から長々と ごめんなさい   
   


グループ活動 投稿者:カンガー  投稿日: 5月 9日(木)10時45分10秒

>玲さん
>それって、いつも同じ顔ぶれなのかな?

ええ、同じです。
たとえば、一年一組の一班が、二年二組の一班と一緒・・・のような感じ。
確かにいつも一緒なら、周りの子が慣れてくれる可能性があるけれど、ルーにとって、この時間が苦痛であることには変わりないかな。
8人から10人くらいのグループで話し合いながら遊びを決めて、共に行動するって、大人でも結構しんどいと思いませんか?
これが、どういう理由か、週に何度か一年生と二年生が一緒に遊ぶ会として授業時間中に行われます。
担任の先生に、なるべくルーの班に入って、上手くかかわれるようにフォローしてもらえるようにお願いはしてありますし、先生もなるべく見てくださるようですが、ルーの心の負担は相当なもののようです。
今朝も、暗い顔で出かけました。

>チコリーさん

はじめまして、ルーの母、カンガーです。
よろしくお願いします。
同じような悩みを持っていらっしゃる方がいると、心強いです。
ルーよりひとつ上の学年ですね。
これから、いろいろ教えてくださいね。


ルールを決めて遊ぶ。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 5月 9日(木)12時43分45秒

・・・ということが、ハカセにはできないのです。
相談して決めるなんて、無理。
1年2年は、6人のクラスでしたから、いつも同じメンバーで、
遊びもサッカーや鬼ごっこや、繰り返していましたが、
それでも、うまく関わっていくことができず、2年の最後はずっと保健室でした。
・・・もめごとは、休憩時間に起きるので、先生も把握しにくい。

今年になって、3年と4年の複式学級になり、4年生のおかげで落ち着いているんです。
ハカセがわからない時は、「説明」してくれる。
「説得」や「叱咤激励」ではなく、たんたんと「説明」してくれるの。
大きな声を出す子もいなくて、教室に帰ってこないハカセを
「時間になったよ」と呼んでくれる。

担任の先生が、「ハカセの人間関係をわからないつらさ」などを、
クラスの子に説明してくれて、4年生がすごくいい方法で関わってくれるようになったの。

うちは人数も少ないし、ハカセは「学校を辞めます」と宣言したり「保健室登校」だったり、パニックになると、お友達にけが人が出るほど派手に暴れるいう、ほっとくわけにはいかないタイプだったので、みんな(お医者さんも、親も、学校も、友達も)で取り組まなくてはいけないという結論がすぐに出たのだと思います。

人間関係を読みづらい子は、『人にもまれて』も、成長しないと思う。
的確に状況説明をしてくれる人が側にいて、はじめていろんな事がわかると思います。


遠足 投稿者:恵美  投稿日: 5月 9日(木)12時51分30秒

今日は、下の子が遠足で朝からバタバタしてました。私だけ。子供は、のんびりしててそれでもお弁当を見たらはしゃいでて嬉しそうにしながら学校に行きました。楽しんできて欲しいです。 


修学旅行 投稿者:みっき  投稿日: 5月 9日(木)14時34分36秒

…に旅立ちました。うちの娘。
過去のお泊り経験を何度か経て、本人も落ち着いてるもようです。
ってゆーか、ものすごーく張り切って出かけていきました。

母としては、少々不安はあるものの、行程の説明をしたときの娘の反応が以前より良くて、
わかりにくいところは「メモして〜!」と言ってきたり、自分がどうすればわかりやすくなるのかを
自身で気づいてくれているのが嬉しかったです。
行ってしまえばもう、先生方やお友達にお任せするしかないので、楽しい旅行になってくれることだけを
願っています。


グループで自由遊びぃ?! 投稿者:まつこ  投稿日: 5月 9日(木)14時59分02秒

それは……辛かろう……(T.T)

>学校では、得るものもあるけれど、失うものもあるんだよね。

学校ではというより「自由度の高い集団活動」では、「本来するべきこと以外」に
個人的にエネルギーを費やさなければならないことが山ほどあって
「本来するべきこと」にたどり着くまでに「わけがわからなくなる」

だから、「今日はこれをがんばった」得られるものがあったと
本人が実感することが絶対に必要だと思うの。
辛いことばかりで得るものが何も無かったら誰でも行きたくないよぉ。
そして、指導者が意識して機会を作らなければ
「今日はこれをがんばった」とはなりません。

確か衝動的・攻撃的な子が複数いるっていってましたよね。
異年齢集団での自由遊びの経験を意図的に作ることで
ソーシャルスキルを伸ばそうとしてるのでしょうか。
学校の「工夫しよう」という姿勢は認めるけど
……安易だと思う。

経験が足りないからではなくて、
経験から学んでそれを生かすのが苦手なのに。

> 見のがしてる情報が多い上、せっかく得た情報は互いにばらばらで、
>結びつけができない。応用がきかない。そうなると、なおさら見のがす情報が多くなる。
(自閉連邦在地球領事館附属図書館
 「閉じた情報の環っか 俺ルールの世界に生きる人々」 より引用)

そういう子には自由度の高い集団活動は過酷です。

……でも、小学校ってなんでもかんでもグループ活動なのよね。

>ハカセの「人間関係をわからないつらさ」などを、クラスの子に説明してくれて

うちの場合も、少年が、何が苦手でそれがどんなに辛いことか
そんな少年の力になるにはどんな風にすればいいのか、
先生がことあるごとにクラスの子に説明してくださいました。

子どもってすごいです。
少年が「可哀想な障害児だから助けてあげる」んじゃないこと
ちゃんとわかるんですよ。
そして人の力になることはその子の喜びにもなります。
……それもこれも先生(特に交流級の担任)の理解と
信念をもった指導と環境作りが必須です。


Re.グループ活動 投稿者:朝倉玲  投稿日: 5月 9日(木)15時57分26秒

>>それって、いつも同じ顔ぶれなのかな?

>ええ、同じです。
>確かにいつも一緒なら、周りの子が慣れてくれる可能性があるけれど、
>ルーにとって、この時間が苦痛であることには変わりないかな。

私が「同じ顔ぶれだといいな」と書いたのは、
まわりの子がルーちゃんへの対応の仕方を学んで、
ルーちゃんに分かりやすく説明してくれることを期待したからなんです。
でも、最高でも2年生では、まだ能力的に無理だろうなぁ・・・。
やはり、特別な配慮が必要だと思います。

昔、アメリカにホームスティしたとき
言葉はろくに通じない(易しい言葉でゆっくり離してもらえば理解できたけれど、
ネイティブな発音で早口でしゃべられると、とてもとても・・・)
周囲の人たちの様子を見ていても、そもそもの生活習慣が違うから、
その行動が何を意味していて、これから何が起こるのか予想がつかない・・・という経験をしました。
これは本当にストレスが大きかった。
ルーちゃんは、きっと、そういう外国人の集団にポンと入れられて
「皆と話し合って」「何でも良いから、やることを決めて」「皆と一緒にその遊びをしなさい」
と言われているようなものなんですよね。
これは辛いよ・・・絶対に。

私の場合は、ホームスティ6回目という大ベテランの先輩が一緒だったので
その人が一緒にいて、その場面の解説をしてくれたときには
安心して活動や買い物を楽しめました。
ルーちゃんにも、そういう「解説者」が必要なんだろうな。
そして、皆にもルーちゃんを理解して、手助けしてくれるように、働きかけてもらう必要がある。
ってことは、やっぱり、学校の先生方に理解してもらう必要があるってことで・・・・・・。


やっぱり 投稿者:カンガー  投稿日: 5月 9日(木)16時22分43秒

>的確に状況説明をしてくれる人が側にいて、はじめていろんな事がわかると思います。

>……それもこれも先生(特に交流級の担任)の理解と
信念をもった指導と環境作りが必須です。

>ってことは、やっぱり、学校の先生方に理解してもらう必要があるってことで・・・・・・。

ということなんですね。
ということは、やっぱり私がもっとがんばらなくてはってことですね。
だって、他に方法がないものね。
でも、焦っているわけではありません。
先生も人間、スーパーマンじゃないものね。
じっくりと時間をかけてわかってもらいます。
その間、ルーには辛抱してもらうしかありません。
幸い、家では元気ですし、よく食べ、よく寝ています。
療育の場が複数あり、仲間や理解してくれる先生方がよくフォローしてくださっています。
訓練の場が今は息抜きになっています。生き生きしていますもの。

そうだ、今日はめずらしく笑顔で帰ってきました。
時間割どおりに授業があったそうで、イベントはなかったそうです。
こんな日は私もうれしいですね。

いろいろご心配おかけしてすみません。
皆さんがついていてくださると思うと、これからの学校側への対応もがんばれそうです。
ありがとうございました。


(無題) 投稿者:恵美  投稿日: 5月 9日(木)22時33分53秒

下の子を学校に迎えに行き先生と少し、話をしました。遠足に行ってる間の事。仲の良い友達と遊んだりお弁当を食べたり楽しんだいたと聞いてホっとしました。バスに乗る前にトイレに行ったけど間に合わなくて失敗して保健の先生に手伝ってもらって着替えたそうです。たまに失敗するので着替えも持っていかせていて良かったです。新学期始まってしんどそうにしてたので心配だったけど楽しんでこれて。子供の笑顔が見れるのが1番ですね。頑張るエネルギーになる。


子どもが笑顔で 投稿者:ななこ  投稿日: 5月10日(金)14時05分49秒

帰ってくるとほんとうれしいですよね。
なんか機嫌良さそうな様子で「ただいま」って帰ってくるとホッとします。

学校ではきっと毎日いろんなことがあると思います。
本当はどんなことがあったか逐一聞きたいけど、
そういうわけにもいかないですよね。
特にことばが遅れている場合(というか、過ぎたことの情況説明をうまく
できない、もしくはそのときの情況をあまりわかってない場合)
ある程度誘導尋問(?)しながら、子どもの表情から
とりあえず楽しかったのかどうか読み取るのかな。

うちはこの頃息子の会話力が伸びてきたのをいいことに、私のほうが
根気がなくって「だからいったいどうだったの!?」などと
責め立てるような口調になってしまうことがあって、反省してます。
学校でがんばってるぶん、家ではリラックスさせてあげたいと思っているのにね〜。

発達に心配なところのある子どもだから、と
一見順調そうな学校生活にも常に疑い目を持ち(笑)つい何もかも
先回りしておきたくなってしまうけど、それはきっと良くないことなんでしょうね。

ここのお狸様方のように(失礼!)要所要所はきちんと押さえたうえで
どーんと構えていられる母でありたいものです。


たはは。 投稿者:まつこ  投稿日: 5月10日(金)21時09分36秒

>ということは、やっぱり私がもっとがんばらなくてはってことですね。

いえいえ。あきらめないでいる、くらいで。
それ以上がんばれないでしょう。

>幸い、家では元気ですし、よく食べ、よく寝ています。

これがとても大事です。うちでも不安定になるなら問題ですが。
うちでしっかりエネルギーが補給できていれば、
しんどい環境もただの辛抱ではなく価値を転換できるかもしれません。

>療育の場が複数あり、仲間や理解してくれる先生方がよくフォローしてくださっています。
>訓練の場が今は息抜きになっています。生き生きしていますもの。

そっか〜。よかったですね。
学校でがんばって、療育でがんばって、だと消耗してしまう子もいるでしょうけど
(うちはOTから就学したら放課後はヒーリングタイムに、とアドバイスを受けてました)
ルーちゃんは、慣れ親しんだ・達成感もある・見通しもきく「療育の場」が
ヒーリングタイムになるのでしょうね。


はい〜。 投稿者:カンガー  投稿日: 5月11日(土)07時20分13秒

>いえいえ。あきらめないでいる、くらいで。
それ以上がんばれないでしょう。

がんばる気持ちはあるんだけれど、どうがんばるべきか、わからなくなっています。
少しゆっくり落ち着く必要があるかもしれません。

>うちでしっかりエネルギーが補給できていれば、
しんどい環境もただの辛抱ではなく価値を転換できるかもしれません。

これ、少しは期待していいでしょうか。
これを信じられないと、ただかわいそうなことしてるだけになっちゃいそうで、怖いです。


 投稿者:まつこ  投稿日: 5月11日(土)15時29分20秒

>少しは期待していいでしょうか。

……多分少しは。(・_*)\ペチ
一般論では語れない部分ですわ。
選んだ道。信じていこうよ。


この間の音楽 投稿者:小枝子  投稿日: 5月12日(日)23時13分05秒

アドバイスくださった方々、ありがとうございました。

今は運動会前で合同体育に参加した子が多く、この前はたったふたりの授業でした。
そこで教室にあった鈴やタンバリンなどを使って自由にリズムを取らせたところ、ほとんど喋れない自閉症の女の子がすごく乗ってきて、体全体でまるでチアガールのように足まで上げて躍ってくれました。。そしてその後「さえ〜(仮名)」と私の名前を呼ぼうとしてくれているのが分かって。。。。感動しました。
あとは私の秘密兵器(笑)けんだまを出して「もしもしかめよ」を歌ってもらうという作戦で臨んだところ、ふたりともとても興味をもってくれて足腰使って練習が始まり。。。。ほとんど音楽とは違っていたけど、楽しくすごせたのではないかと思っております。
気になるのは担任の先生が厳しい方で、何人かがときどきトイレに立てこもってしまうということです。この前偶然見つけて手を繋いで教室に連れて行ったところ、よくあるんだとなんだかおせっかいのように受け取られたようでした。こういうときあまり口出しできないのが辛い。。。。


ご無沙汰しています。 投稿者:TTT  投稿日: 5月13日(月)07時59分44秒

すっかりご無沙汰していました。
以前のお願いの再確認なのですが・・

新任特殊教育担当者研修会が3週間後となってしまいました。
その際の資料として、このBBSの書き込みを引用させていただきたいのですが、
(新たな書き込みも多いので)よろしいでしょうか。
レジュメはほとんどできあがりましたが、現在時間を見ながら調整中です。
なお、最近の書き込みでは裏の掲示板の方も教員や学校に関わることが多いようなので、
できれば、そちらの方も引用させていただきたいのですが・・・

なお、レジュメは全文を載せるのは非常に大変なので、項目だけでご容赦願いたいのですが。
管理人さんよろしいでしょうか?


TTTさんの引用の件 投稿者:  投稿日: 5月13日(月)20時59分21秒

皆々様、よろしいでせうか?
最近の訪問者の方で事情が良くわからない方は、下記リンクページをご覧下さい。

>なお、レジュメは全文を載せるのは非常に大変なので、項目だけでご容赦願いたいのですが

ふふふ・・。
宜しければ、メールに添付で私の方まで送ってくださいませんか?
ワードでも一太郎でもどちらでO.Kです。

いや、別に他意はないです。
ただただ、人の原稿を覗き見したいなという高尚な趣味があるだけで・・。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/0203gatu1.html


あっ、 投稿者:  投稿日: 5月13日(月)21時01分11秒

お雛様を片付けなくちゃ・・・。
            < オイ


完全的不健康生活(笑) 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 5月13日(月)23時15分09秒

チコリー殿>
いらせられませ。
現役バリバリ小学六年生の謎のタヌキは、剣道をしています。
でも、ドッチボールやサッカー、バスケはまったくもってダメ。
剣道の方が数倍ダイナミックです。でも、楽しいです。
団体がダメなんです。チームプレイ、嫌いです。
剣道は、個人です。爽やかで愉快な方々ばかりです。
腹の底から声を出し、背筋を伸ばせば明るい明日も見えてくる
というものです。適当(誉)な師範の方が多いのも、そういった考え
があるからです。
学校は、しんどいです。でも、勉強はついてってます。
ついてってるというか、面白くない。
体育は、完全的エスケープ計画を何度立てたか。
体育の前の日は、雨降れと念じて寝ます。
水泳は水に溺れるようなもんで、でも四泳法できます。
親の投資の結果です。<
家庭訪問 投稿者:かずりん  投稿日: 5月14日(火)17時11分56秒

昨日は、しょう君の担任が家庭訪問で我が家にこられました。
去年の担任が今年も受け持って下さっているので、話を聞いてて一年間でこれだけ伸びたんだな〜と実感しながら話をしていました。

まずびっくりしたのは、授業中に先生の話をかなりしっかりと聞けるようになっていたことです。
先生の話では、一年の時はプリントを配って書く内容を説明してても「これは、聞いてないな。」と思える時があり見回っている時にもう一度しょう君に説明することもあったようですが、最近はそういうことがほとんどなく、それでも念のため見回っている時に覗きこんだり話しかけたりしているそうですがちゃんとできているということです。

友達との関係も、以前だと手が出ることもあったけれど、この頃は全くないし、話し言葉もきつい言い方がだいぶ減ってきているということや、先生に注意されたときも泣いたり拗ねたりといったことがなくなり、きちんと先生の話を聞いていることなどからもずいぶんと成長しましたと言われました。

そして、しょう君が一年のときより明るくなったと言われてました。
「明るくなった??以前から明るいキャラだけど・・・。」と不思議に思ったのですが先生の話を聞いて納得でした。
一年の時のしょう君は授業中でも友達と遊んでいるときでも、周りの状況がわからなくなってくると表情がくもりがちになっていたそうです。(やっぱり言葉だけだと状況がつかめないことがあったんですね。)
それがこの頃は無くなり笑顔も頻繁にみられるということで、明るくなったという表現になったようでした。

この他にも一年生の時のことで、その頃の先生の口から聞いてなかった事が今回の家庭訪問でポンポンと飛び出し、しょう君のことをかなり気遣ってくれていたことが今まで以上に良くわかりました。
聞くたびに「えっ!そんなの聞いてないよ〜」「やっぱり、そんなこともあったんだ〜」といったことの連続でした。
どの話も今なら笑い話よ〜って感じのものですが、たぶんその時点で私が聞いていたら心配していただろうなと思えることが多く、その時にあえて言わなかったのも先生の私に対する気遣いだったのかな・・・と思いました。

しょう君が入学したときに「えっ!新卒の先生!!なんで〜〜」と思った私でしたが、しょう君のことを一生懸命わかろうとしてくれたことが今のしょう君の成長につながったのかなと今回の家庭訪問で感じました。

しょう君も先生を信頼していますし、今年一年間も安心して先生にまかせられそうです。(^_^)v

br> あ、ピアノも弾けます。六年ほどやっとります。
指弱いし、あんまり動かんけど、楽しいです。
クラシックの大御所様弾くと、下手がばれるんで
わざと外してます。ジャズやってます>発表会
休み時間は、職員室にいる先生方とだべったり、
言葉の教室の先生に愚痴をこぼしてます。
でも、皆「同年代の輪に加わりなさい」と<s>けしかける<s/>言う。
できたらいいわよ、そりゃあね。
でも、できないのよ。
言語性IQと動作性IQの差が四十のアンバランス人間・謎のタヌキより。


Mさん 投稿者:朝倉玲  投稿日: 5月14日(火)08時31分52秒

お嬢さん方に叱られませんか?(笑) >雛人形


家庭訪問(余談) 投稿者:かずりん  投稿日: 5月14日(火)17時31分02秒

今回の家庭訪問の間、なぜかじゅん君は先生の横に座って時たま先生の顔を見てニコニコ。
???なんでかな〜そんなにしょっちゅう顔を合わせてることもないだろうし・・・と思って、今日じゅん君を送って家に来た障担に聞くと「給食の時片付けで(二年生が)一年生の教室の前を通るのでその時によく覗いていかれるんですよ。じゅん君は班ごとで机をあわせると廊下の方を向くことになるので、(しょう君の担任の)先生とよく目が合っているみたいです。」とのこと。
よっぽど気になるのか障担にはよくじゅん君の様子を聞いているそうです。
やっぱり自分が受け持っている子供の兄弟(それも障級)って気になるもんなんでしょうかね〜。


これでよかったのかな? 投稿者:カンガー  投稿日: 5月16日(木)12時44分33秒

今朝、登校の途中でのことです。
道沿いに棚をおいて、3段くらい植木鉢を置いている家が多いのですが、そのうちの一軒の植木鉢が、無残にもひっくり返り、下に落ちていました。
6個か7個くらい。
そのうちのいくつかは陶器の植木鉢で割れていました。

ルーはそれを見ると、
「お花、かわいそうね」と言って、近づいていきました。
倒れた花を直そうとしたとき、私は、「やめなさい!、さわっちゃだめ、離れて!」と言ってしまいました。

もし、娘が植木鉢をいじっているときに、おうちの方が出ていらしたら、きっと娘がやったと思うんじゃないかととっさに思ったのです。(もちろん今日は私がいるから、大丈夫だけれど、一人の時を想定して考えました。)。
「何してるの?」ときつい口調で言われたら、きっと「ごめんなさい」と言ってしまう気がしたんです。
「あなたがやったの?」と聞かれたら、ちゃんと「ちがう」っていえるでしょうか。
やさしく言ってくれれば答えられるでしょうが、そうとは限りません。

娘には、さわらぬ神にたたりなし・・・的な教え方が一番安全と思ってしまいました。
でも、何があっても、見て見ぬふりをしろ・・・と教えることが本当にいいのかなと、悩んでしまう出来事でした。

人に誤解されるといけないから・・・という説明は理解できるでしょうか。


優しいな 投稿者:ケロ  投稿日: 5月16日(木)15時25分30秒

ルーちゃん。
お花、早く助けてあげなくちゃって思ったんですね。

うちの子供達は「ちがう」って言うことが出来るから、立場は違うけど、
私と息子たちで同じ場面に遭遇したら、
「おうちの人に知らせてあげようよ」と言ったと思います。

植木鉢が割れてますよってお知らせして、「あなたがやったの!?」って言う人は
あんまり居ないと思うし・・・。

「あらまあ、どうしたんでしょう?」って言われたら「通りかかったら割れてた」って
事実を話すことは、ルーちゃんできますよね?
もしも、そこで押し黙ったりしてしまう誤解されやすい行動に出るタイプだったら、
当分は「さわらぬ神に・・」でも致し方ないと、私は思ったけど。


ケロさん 投稿者:カンガー  投稿日: 5月16日(木)16時07分24秒

>私と息子たちで同じ場面に遭遇したら、
「おうちの人に知らせてあげようよ」と言ったと思います。

これは、思いつきませんでした。
内弁慶で人見知りで小心者の私には、できないかも・・・。
でも、子どもの教育上、「知らん顔しなさい」って教えるのも嫌だなって思っているから、この方法は良いと思いました。ありがとうございます。
これなら、いきなり怒られる可能性は低いですものね。

>もしも、そこで押し黙ったりしてしまう誤解されやすい行動に出るタイプだったら、
当分は「さわらぬ神に・・」でも致し方ないと、私は思ったけど。

う〜ん、やっぱり出てきた人がどういう雰囲気の人で、どんな言い方をしてくるかによっては、黙って逃げてしまう可能性は十分にあります。
むずかしいですね。


えーと。 投稿者:ケロ  投稿日: 5月16日(木)21時36分19秒

>内弁慶で人見知りで小心者の私には、できないかも・・・。

私、「知らせてきて」と子供を1人で行かせてしまうので。(笑)
それを遠くでそっと見守ってて(困ってしまったらすぐに行くけど)、
戻ってきたら褒めちぎってました。
最初はどう言えば良いかのセリフも教えるし、手順も教えましたよ。

あ、うちの子供は背中をぐいぐい押した方が良いタイプなので、
ストレスになる子には不向きかもしれないね。

掲示板過去ログ案内に戻る