2002年6月その1
名簿 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 6月 1日(土)00時20分55秒

姓だけだと良く分からないのです。
フルネームを書いて欲しかった。


るんるんさま・・・Mさま 投稿者:あさゆめ  投稿日: 6月 1日(土)05時35分40秒

お話、ありがとうございます。
以前、私のところの掲示板でもお薬の話がありましたが、ご近所のお子さん
(ADHD、今は小4)も1年生にあがる少し前に、お薬を始めて、
メキメキと落ち着き、結局、半年くらいで、お薬もやめました。キモチが落ち着いた
ことによる彼の成長は著しかったみたいです。
何かの機会に、さりげな〜く、会話に盛り込んでみたいと思います。
また、なにか進展があったらご報告させていただきますね。
これからもよろしくおねがいします。

Mさま・・
名前、間違ってすみませんでした。
コメントも一部修正しておきました。
これからも、どうぞ、よろしくおねがいいたします♪

http://www.webone.ne.jp/~kusakabe/


あさゆめさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 6月 1日(土)13時06分11秒

初めまして。ADHDの診断を受けている小学1年生男児の母です。

>ADHDときちんと診断を受けたことはなくて、お母さんがそうじゃないか・・と思っている状態だそうです。
>ご主人が診察を受けること、検査を受けること自体を、許してくれないとのこと。

ADHDは、実質は性格特性の一種で
その状態像は個性と呼ばれる程度のものから
ちょっと困ったな、とまわりが思うような程度のもの
どう見ても生活に困難をきたしていて、障害と呼ばれるくらいのもの、と
レベルはさまざまです。
レベルが軽ければ、ADHD傾向とか、「落ちつきはないけれど個性の範囲内」とか言われますが
ADHDと診断されようと、個性の範囲内と言われようと、困難の内容は質的には同じです。
いえ、程度が軽ければ軽いほど
「それは本人の努力が足りないせい」とか「しつけ方の問題」とか
「本人が怠け者だから」とか「集中力が足りないから」とか言われて
本当の原因(=脳の中のごく小さな部分での機能障害)だということが分かってもらえなくなりがちです。
その旦那様のように、我が子に障害があると認めたくなくて、
病院にかかることも、専門機関に相談に行くこともかたくなに拒否するケースがままあります。
そうすると、その子が本当に必要としている配慮や援助がなかなか受けられなくなる。
「普通」に見えてしまうための悲劇という気がします。

ちなみに、我が家の場合は、2才前から多動、不注意、衝動性と三拍子揃っていました
ことばもほとんどしゃべりませんでしたし、社会性は激しく遅れていたし、指示は通らない、こだわりはある
もう、どう見ても「普通じゃない」状態でしたから
専門家に相談しよう、ということになったときにも、迷いようがなかったですし
ADHDの診断を受けたときにも、それほどショックは受けませんでした。
我が家で一番理解がないのは義父ですが、その義父でさえ、孫に障害があることは認めざるを得ないので
孫が障害児学級に入級することにも、療育に通うことにも、反対はしませんでした。
そういう意味では、症状が重かったために「助かった」部分があることは確かです。

実際の障害の程度と、実際の本人やまわりの人たちの感じる困難の程度が比例していないところが
この障害の難しいところです。

本当は病院できちんと診察を受けた方が良いと思うのですが
それが現在難しいのであれば、
せめて、ADHDに即したアプローチを試してみてはいかがでしょうか?
学校生活における理解や工夫、ヒントなどが書かれた本としては
『ADHDおよびその周辺の子どもたち』(尾崎洋一郎他著/同成社)が
現場の先生にも分かりやすく使いやすいのでお薦めです。
親が家庭で子どものためにできることとしては、ペアレント・トレーニングがあります。
これに関しては、うちのホームページをご覧下さい。
どちらも、たとえその子がADHDでなかったとしても、基本的にどの子にも役に立つ対応ですので
試しにやってみても問題はないと思います。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


はじめまして 投稿者:ドラママ  投稿日: 6月 1日(土)17時44分04秒

先日、saraママさんのところでお世話になりました、ドラママともうします。
さっそく、絵カード購入申し込みしましたので、よろしくお願いします。
それと、ご紹介いただいた本も手に入り、今読んでいる最中ですが、とても良い内容で、私の知りたかったこと満載という感じです。本当にありがとうございます。&これからもよろしくお願いします。


家の子も 投稿者:大ママ  投稿日: 6月 1日(土)21時17分03秒

ぴかぴかの1年生ですが、よくいなくなるらしいです
でも最近はチャイムがなると帰ってくるので、先生は安心!と言ってくれていますが・・・
好きな事をいい、やっているようです


朝倉さんへ 投稿者:あさゆめ  投稿日: 6月 1日(土)22時08分56秒

ていねいなお答え、ありがとうございます。
とても勉強になりました。
おかげさまで、ADHDについて”なんとなく”イメージしていたことが、はっきりと
見えてきたような気がします。
さきほど、朝倉さんのHPにもお邪魔してきました。
すごいですね、ペアレント・トレーニング。
自閉傾向の息子を持ちながら、たいした勉強もせず、ただただ時間を過ごしてきた自分が
はすかしい〜。
私もすぐにでも取り入れてみたいと思います。

診断を受ける、受けないの問題じゃなくて、夫婦で育児について同じ方向を見られない
ということは、負担ですよね。
朝倉さんのHPを参考に、「つらいのはあなた一人じゃないよ」「こんな情報があるよ」
という方向から、少しでも力になれたらと思いました。
なんて、ほんとは、自分のことをもっとしっかりしなきゃだめなんですけど。
(息子の言葉が非常に乱暴になってきて、疲れてます。)
これからも、いろいろ勉強させていただきます。
よろしくお願いします。

http://www.webone.ne.jp/~kusakabe/


あさゆめさま 投稿者:たむりん  投稿日: 6月 2日(日)09時14分00秒

こんにちは。
うちの子は小1で、今年3月から児童相談所に通い始め、今度診断を受けるところです。
以前から登園拒否に近い状態だったりして、どうも他の子に比べて変わっているとは思っていました。
でもダンナも義母も「子どもなんてこんなもの」と言って全然問題にしていませんでした。一応、神経質なところは気に掛けて扱ってくれていましたが。
だから、昨年暮れに幼稚園の方から「他のお子さんとは少し違うようです。専門家の意見を聞いてきてください」と言われた時、私は「やっぱり」という気持ちが強かったのですが、他の家族は「そんな幼稚園やめてしまえ」と非常に反発しました。
ダンナの方は、幼稚園に対しては不信感があるが、診てもらって母親の私が納得するなら好きにすればいい、という程度でしたが、義母の方は、特に病院に行くことに関しては絶対に反対でした。
まずは私の話を聞いてもらうだけで子どもは連れて行かない、という条件で幼稚園から紹介された市の療育相談窓口へ行くと、そこのケースワーカーさんが幼稚園に子どもの様子を見に来てくれました。
その結果やはり気になる点があると言われて児童相談所を紹介され、義母もしぶしぶ納得しました。

お友達のご主人がどの程度強く反対されているかわかりませんが、子どもを検査するのではなくて母親が育児相談に行くのだったら許可してもらえるかもしれません。
そうやって複数の専門家からのアドバイスを集めれば、受診の必要性を認めざるを得ない状況になるかも……。
逆に反発を強めてしまうかもしれませんが、一応参考までに。


たむりんさん、ありがとう 投稿者:あさゆめ  投稿日: 6月 2日(日)21時40分05秒

そっか〜。
育児相談の形というのは、自然でいいかもしれませんね。
ご主人を刺激するようなこともないし・・
急に変わるのは無理でも、少しずつ環境を変えていくことで
ご主人の見方も変わっていくかもしれませんね。
うちの主人も反対はしなかったけど、協力もなかったもので、
ちょっとしんどい時があったのを思い出しました。
その時は気がついてなかったんですけど(笑)
でも、2人で児童精神科の診察を受ける機会があって、
その日を境に、目に見えてかわりました。
そして、その態度に、肩の力がスルリと抜けていくような開放感と安堵感を
味わい、初めて気がついたんです。
「ああ、この人、今まで何もしてなかったんだ〜、あたし、やっぱり一人で悩んでたんだ〜」って。
主人は主人なりに考えていたことがあると思うんですけど、見ている方向も見方も
違うから、ココロに響いてこなかったんですね、きっと。
もちろん、今は、いちばんの協力者、理解者になってくれていますが。

それにしても、ここに書き込んでよかったなあ。
たくさんのアドバイスをもらうことができて。
ほんとにありがとうございました。

私も息子のことで相談したいことたくさん。
今度また、あらためて来ます。
では・・

http://www.webone.ne.jp/~kusakabe/


就学についてレスくださったみなさん、 投稿者:ガンコママ  投稿日: 6月 3日(月)08時07分12秒

ありがとうございました。お礼が遅くなってすみません。

先週、もう一校特殊学級を見学したのですが、やはり高機能自閉症や
アスペルガーといった子供たちは普通学級に在籍しているようです。
特殊学級担任の先生にお尋ねしても、そういった普通学級にいるいわゆる
ボーダーの子供たちのことは、ほとんど知らないみたいでした。
「そういう子供たちが、特殊学級に来るということはあるのですか?」
と聞いたら、「そういうのは受け入れていません。」ときっぱり言われた
所もありました。
交流はどこの学校もやっていましたが、あまり活発ではないようでした。
でも子供の状態に応じて交流をもっと増やすということは可能みたいです。

かずりんさま
>ちなみに、うちのじゅん君(小一・自閉症)は、言語理解は一歳代・発語は
>ほとんどなしの状態ですが、学校の方針で障担が補助について一日の
>ほとんどを交流級で過ごして(算数だけ特殊学級)います

ということは、子供さん1人に担任の先生が1人いるということですよね。
うらやましいな。うちの子も、普通学級で誰か補助もしくは副担任の先生が
いてフォローしてもらうというのが一番いいと思うのですが。

朝倉さま、こくっぱの母さま
お二人のホームページを拝見して、特殊学級がいいかななんて思うように
なったのですが、実際見学してみると娘と同じタイプの子供さんが全く
いないのでとまどっています。
>ただ、来年は学校統合で、また新たに取り組まないといけません。
>毎年毎年、やる事がいっぱいですわ。
>それでも、やっただけの結果は出るんだと信じて、頑張っております
お二人のがんぱりがあるからこそ、子供さんも安定した学校生活を
送られているのですね。私も受け身じゃだめだな、と思います。

まつこ様
保健センターの心理の先生が、これからは教育の現場の人たちも
うちの娘(高機能自閉症)のような子供たちについて勉強する
ことになってるから大丈夫、とおっしゃっていたのですが、紹介
されていたサイトのことも関係してるのかな。

しかし、この会議の内容やM様が紹介されていた杉山先生の文章を
読むと低学年の時の対応が大切だとあって、ますます不安になります。
よく始めは普通学級に入れて、どうしても無理だったら特殊に移れば、
と言われますが、本当は低学年の時こそ個別の指導をしてくれる特殊
学級がいいのでしょうか?

今週は本命の校区の学校の特殊を見学する予定です。実はここの評判
があまり良くないのですが、自分の目で確かめたいと思います。


カンガーさま 投稿者:ガンコママ  投稿日: 6月 3日(月)08時22分27秒

いつもカンガーさんとルーちゃんが普通学級でがんばっている姿を
この掲示板で見て、影ながら応援してました。少し落ち着かれたようで
安心しました。

うちの娘は会話も場面の理解もルーちゃんよりだいぶ劣っていると思うの
ですが、嫌なことはどんなにおだてても絶対やらないし、周囲の微妙な
空気なんかもわからないので、逆に本人のストレスは少ないみたいです。

親の私も何かやらなきゃとあせる気持ちはあるのですが、結局ほったらかし
状態のぐうたらな母なので、カンガーさんがルーちゃんのためにいろいろ
考えてがんばっている姿には頭が下がります。

私のまわりには女の子で高機能自閉症の子がいないので、これからも普通学級
での様子などカンガーさんの書き込みを参考にさせて下さい。


ガンコママさんへ 投稿者:かずりん  投稿日: 6月 3日(月)17時40分56秒

>>ちなみに、うちのじゅん君(小一・自閉症)は、言語理解は一歳代・発語は
>>ほとんどなしの状態ですが、学校の方針で障担が補助について一日の
>>ほとんどを交流級で過ごして(算数だけ特殊学級)います

>ということは、子供さん1人に担任の先生が1人いるということですよね。

この辺のことをもっと詳しく書くと、特殊学級にはじゅん君を含めて4人在籍(6・5・4・1年が一人づつ)していて担任は二人です。
今年から特殊学級に移られ交流級に行きづらい6年生の子以外は、国語・算数の授業以外は交流級で過ごしていますが、内容が本人にとって難しいもの意外は障担は付いて行ってません。
二人で4人を見ているのでもう一人の障担が他の子につかなければいけない時は、じゅん君担当の障担が特殊学級にいる子を見ることもあります。
こういう時、じゅん君が算数の時はそのまま移動しますがそれ以外のときは交流級の担任がじゅん君一人でも受けられるような授業と入れ替えたりしておられるようです。
じゅん君一人で受けられる授業といっても、全体への支持は通らないので全体に説明をしたあとじゅん君に説明(もしくはまわりの子がお世話をしてくれる)という感じになっているようです。
そして、じゅん君が一人で授業を受けているときは、担任をもっていない先生がたまに様子を覗いてくださっているようです。

じゅん君が入学して二ヶ月ほどの期間しか見ていませんが、交流級の先生はもちろんのこと学校全体でフォローしていく体制ができていて初めて成り立つ方法のような気がします。


はじめまして 投稿者:あんち  投稿日: 6月 4日(火)08時47分48秒

はじめまして、2歳6ヶ月になる息子の事で相談させてください。1歳10ヶ月になるまで指差しも発語もなく心配しておりました。2歳の時点で保健婦さんより自閉傾向の心配があると言われました。(人より物に興味がある事・人見知り、後追いがなかった事・横目を使って物を見る事がある事より)自閉傾向と言われても2人目を妊娠中で臨月だったため思うように行動できずネットでいろいろ調べる事しかできませんでした。出産後療育センターに赴き、発達テストを受けて言語面では今、単語が出始めの時期、認知にしてはだいたい年齢相当、運動面においては1年近い遅れと
言われました。その結果、単純性言語発達遅滞ではないかといわれたのですが私としてはまだまだ心配が拭えません。言葉も単語が出始めているものの私が通訳で中に入らないと他の人には伝わりません。「ボール」を「あぼ」と言ったり「車」を「パー」と言ったりします。「ご飯」の事は「あかん」と言い、一言一言復唱する事はできるのですが続けて「ご飯」と言うと「あかん」と言ってしまいます。独り言が多いのもすごく気になってしまいます。一日中何か宇宙後でゴニョゴニョ笑ったり歌ったりしています。何かしなければいけない時、例えば靴を履かなければいけないときなども独り言で自分の世界なのでなかなか靴に集中できず靴を履くことにも時間がかかってしまいます。運動性で1年近い遅れというのはジャンプや両足で降りる事ができないのです。息子よりも小さい子でもできる事なのに半年以上あそびながら練習したり体操したりしているのですができません。本人は「ダーンプ」など言って両足を屈伸したりしているのでしているつもりなのだと思います。いろいろネットで調べて、もしかしたらLDの可能性があるんじゃないかなぁと思ってしまいました。ストレスからか次男には母乳も出なくなってしまって、次男があまり泣かなくて手がかからない事も「何かあるのではないか?」と心配してしまいます・現在3ヶ月ですが首の座りも遅く感じます。主人から言わせれば私がノイローゼーになっている状態のようですが、息子のLDの可能性についてご意見をお願いします。よろしくお願いします。


あんちさんへ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 6月 4日(火)10時24分50秒

>もしかしたらLDの可能性があるんじゃないかなぁと思ってしまいました。

LDは、「読む」「書く」「計算する」といった事が
知能が正常域なのに極端に出来ない状態ですから、
小学校に入学する頃にならないとわかりません。
アスペルガー症候群を社会性のLDと診断される専門家もいらっしゃる様ですが、
うちの主治医は、きっぱり「読む」「書く」「計算する」事以外はLDという診断はしないとおっしゃっています。
この辺は、専門家の間でも、まだちゃんと統一されてないのだと思います。
それから、自閉症も、知的障害も、ADHDも、LDも、まだ他にもありますが、
ひとりの人間が持っている事はよくあります。
ちなみに、うちの息子たちは「自閉症+ADHD+LD」です。
純粋な自閉症とか、純粋なADHDというタイプが珍しいのだと思います。

さて、今しんどいときですね。
しんどいのも、心配になるのも当たり前なので、
まずはしんどい自分を責めないで下さい。
そして、掲示板で診断はできませんが、日常生活のアドバイスなら集まると思います。




運動の事 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 6月 4日(火)10時33分50秒

さて、専門に勉強していないので、うまく説明できませんが、お許し下さい。

ジャンプが出来ない場合、ジャンプの練習をしても効率が悪い気がします。
子供の成長には順番があって、首がすわる、寝返りをする、手を突っ張って体を浮かす、
座る、ハイハイをする、立ち上がる、つたい歩き、自分で歩く・・・と続いていきますよね?
ジャンプの前の段階をしっかりやっておかないと、ジャンプには繋がらないのではないかな、と思ったのです。
ジャンプの前の段階って、「歩く」「走る」かなぁ。
(ごめんなさい、はっきりわからない)
それなら、「まてまて〜」と追い掛ける鬼ごっこが楽しいと思うんだけど。
あと、トランポリンや、ソファーやベットなら、自分が飛ばなくても
親が手を持って上下に動かしてあげれば「飛んでいる」感じがつかみやすいと思います。


あんちさん 投稿者:まつこ  投稿日: 6月 4日(火)10時39分41秒

ご心配ですね。わかりますよ。
もし、ご主人のおっしゃるとおりノイローゼだとしても
ノイローゼになって当然の状況だと感じます。

まず、お尋ねのLDかどうかの可能性ですが、それはわからないです。
2歳6ヶ月の子がLDかどうかは専門家でもわからないと思いますよ。

でね。私がお話をうかがっていて感じたのは
2歳6ヶ月と3ヶ月の男の子二人と暮らすのはそれがどんな子どもであっても
と〜〜〜〜〜〜〜ってもしんどいのに
発達のことで心配があるとなおさら辛いし、
いたたまれない気持ちになるのは本当によくわかるということです。

うちの長男(小5自閉症)と次男は2歳5ヶ月ちがいなんですよ。
そりゃもう辛かった。
母乳が出ないと夜の授乳も寝ぼけたままって訳にはいかないし
昼間は兄ちゃんがうろうろしてるから昼寝もできないし
っていうか、兄ちゃんの発達がおくれているなら
「私がしっかり働きかけして少しでも状態をよくしなくちゃ」と
自分はへろへろなのに公園につれってったり
そしたらほかの子がどんどん育っていくのに
自分の子だけが取り残されていくみたいな感じだし
だからって、外に出ないと兄ちゃんまで機嫌が悪くなって
昼寝もしないで散らかし放題、夜も寝てくれなくなるし……
もう泥沼。

だれかどこか、手助けしてくれるような人かシステムを
探せばあったかもしれないのに。

あんちさんはすでに保健婦さんに相談なさっているわけですから
診断名や療育のことだけでなく、日常生活の相談もしてみたらいかがでしょう。
そうして、あんちさん自身のエネルギーに余裕が生まれれば
きっとよい結果が導かれるだろうと感じます。

……振り返れば「ほんの数ヶ月」でも、その最中は毎日毎日毎日毎日毎日……
理屈では(これが永遠に続くわけじゃない)とわかっていても
気分は最低だったことを思い出しています。


それから 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 6月 4日(火)10時42分36秒

言葉に関しては、うちは特殊なので・・・。
ハカセは3歳半まで宇宙語でしたし、
こくっぱなんて、6歳になるまでほとんど喋りませんでしたから。

>独り言が多いのもすごく気になってしまいます。
>一日中何か宇宙後でゴニョゴニョ笑ったり歌ったりしています。

うちの息子たち、今でも独り言が多いですが、
完全に宇宙語だった頃、「がんばって、言葉の練習をしているな」と思ったり、
イントネーションで言っている意味が分かったりすると、「やった〜」と、
喜んでいたりしたのんきな母なもので。
すみません。


あんちさん 投稿者:しゃけ  投稿日: 6月 4日(火)19時14分20秒

うちのまもなく4歳になる娘も、運動面の発達がかなり遅れています。
生まれつき身体がくにゃくにゃと柔らかく、首すわりは4ヶ月、おすわりは9ヶ月、
ハイハイは1歳半、そして歩き出しは1歳9ヶ月の時でした。
ちなみにジャンプができるようになったのはつい数ヶ月前のことです。
どうやってできるようになったのか・・・というと、保育園の連絡帳に
「ジャンプができないんです〜」と書いたら、数日後にはできるようになって
ました(笑)
飛ぼうとするしぐさ(屈伸みたいなことをする)はずっと見せてたんですけど、
どうもコツがつかめなかったようで・・・
それを先生が多分ダンスを通じてか何かで上手に教えてくれたんだと思います。
でもこういうのはやっぱり時期の問題だと思います。
たまたま本人が「飛べる」タイミングだったということで・・・
うちの子は元々筋肉の力が他の子より弱いので、発達の段階を経ていくのに普通の子の
何倍の時間が必要になるみたいです。
こればかりは親が焦っても悩んでもどうすることもできないんですよね・・・。
ちなみに階段はいまだに手すりにつかまらないと昇り降りできません。
走り方もとても4歳になる子とは思えないほど赤ちゃん赤ちゃんしてます。(よく転ぶし)
親の願いとしてはもっと身体を動かして鍛えてほしいんですけど、あいにく
保育園ではいつもお砂遊びばかりしてるんですよね〜(^^;)
それでも三輪車に乗れるようになったり、一人でブランコがこげるようになったり
3歳代で随分成長したと思います。
最近はジャンプができるようになって嬉しいらしく、どこでもピョンピョン飛び跳ねて
ますよ(^-^)
園で週1回リズム体操の時間があるのですが、それも彼女なりに楽しく参加している
みたいです。

いいアドバイスは何もできないんですが、同じようなタイプの子供を持つ親が
ここにもいるということを知ってほしくて・・・
子供のペースを見守って待つのって本当にしんどいけど、お互い頑張りましょうね。



私なりの考えですが・・・ 投稿者:しゃけ  投稿日: 6月 4日(火)19時27分22秒

できない事を無理にやらせようとするより、できることをめいっぱいやらせてあげて
そしてうんと誉めてあげると効果的な気がします。
自信ってすごいエネルギーになると思うから・・・

うちのいくらは最近「ママ〜「いくらちゃんすごい!」は?」と自分から誉め言葉を
要求するくらいです(笑)


えっへん 投稿者:ケロ  投稿日: 6月 4日(火)22時47分57秒

と、自慢するようなことでもないですが。

うちの次男がジャンプを出来るようになったのは、4歳過ぎでした。
片足立ちが5歳半だったかな〜
5歳まで、年齢相当のことは全て「できませ〜ん」でした。
現在6歳になりましたが、階段で足を交互に出すのは、最近になって「上り」をクリア。
「下り」はまだ両足を揃えて一段ずつです。(しかも手すりにつかまってる)

>息子よりも小さい子でもできる事なのに

うん、目の当たりにすると落ち込みそうになる時もありますよね。

でもやっぱり、こくっぱの母さんの言うとおり「順番」みたいのがあるんだそうです。
細かい順番は入れ違うこともあるけれど、大まかな道筋みたいのは段階を踏まないと
先に進まないんだそうです。
(リハビリに通っている頃、ドクターに言われました)

そしてしゃけさんの仰るとおり、時期が来るまでは練習したから出来るというものでも
ないと思います。
だけど、お子さんが好きで楽しんでいるならば、練習や体操はムダにはならないと思いますよ。
特訓になっちゃうと逆効果ですが。

次男がジャンプをしたがった時は、掛け声に合わせて両手を持って宙吊りにしてあげたり
(脱臼しやすい子は注意して下さい)、両脇に手を入れて持ち上げたりしてました。
練習というつもりはなくて、そうすると喜んでいたので。<遊んでいただけ。

さて、うちの息子、このごろ頑張ってます。
ブランコの立ちこぎができるようになったり、自転車の補助輪が外れたり。
追いつけてないところはまだまだあるけど、追いついたところもチラホラ。

標準に比べて1年遅れがどうというのを考えるよりは、
遅れているけれど少しずつでもできるようになっているということに目を向けると、
これから先きっと楽しくなってきますよ。遅れた分だけ、喜びも倍増です。

産後のお身体、どうぞ大事になさって下さい。
あんちさんの笑顔が増えるよう、私にも応援させて下さいね。


宇宙語 投稿者:たむりん  投稿日: 6月 5日(水)12時51分16秒

うちの長男は5歳頃、日本語・英語・宇宙語のちゃんぽんでした。
普通に喋っていたかと思うと、急に訳わからないことを言い出してけらけら笑うので、周りの人は驚いていました。
体は小学生並みだし、英語であいさつしたり計算が得意だったりと一見賢そうだったので、余計に『変』でした。
来週7歳になりますが今でも時々宇宙語あります。大体はごきげんな時の鼻歌なので、それほど目立たなくなりました。

次男は現在2歳8ヶ月、宇宙語に日本語が混じった状態です。
何かを要求しているとか、状況を説明しているときは、身振り手振りもあって大体通じます。
自分も車も「ぶぶ」、特撮ヒーロー全般が「あじとー(アギト?)」とかなので、他人には通訳が必要ですが。
でも、いきなりぬいぐるみ見ながらごにょごにょ喋りだしたりするのは、母親にも何言ってるか全然わかりません。
何か話し掛けてきた時「ごめん、ママわからなかった」と言えば、全く同じように繰り返してくれるので、きっと本人には意味がある言葉なのでしょう。

うちの子たちを見ていると、宇宙語って自分の日本語能力を超えた部分を表現しているような気がします。
私も感情表現などは、普通の言葉より擬音・擬態語みたいな方がしっくりくるものだから、家の中では「ぴー」とか「だー」とか「うぎゃ」とかみょーな言葉だらけ……。似たようなもんです。
つい、子どもの言葉をオウム返ししちゃうし、やっぱり彼等が喋るの遅いのは私のせいかな?


まつこさん、ありがとう! 投稿者:たむりん  投稿日: 6月 5日(水)12時55分56秒

先日のまつこさんのアドバイスを取り入れて、本人と相談して朝やることを順番にホワイトボードに書き出し、一つやるごとにマグネットのクマさんを移動させるようにしました。
更に、家を出る時間が早ければこづかいがもらえ、遅ければ没収される、という約束をしました。

今のところ、効果てきめんです。
出だしは相変らず遅いのですが、途中で止まることが少なくなって、最後は大急ぎで家を飛び出しています。
本当に助かってます。このまま続いてくれるといいな。


宇宙語 投稿者:リンコ  投稿日: 6月 5日(水)13時44分53秒

前にも何回か書いてるので常連さんは飽きてるかもしれませんが、ご容赦。

うちの夫(健常右利き男性41歳理科系)、宇宙語あります……。

家での夫婦の会話は、宇宙語と動物語と決まり文句(漫画やビデオのセリフ)が多いです。

大事な用件はメールで伝えます。


(*^_^*) 投稿者:まつこ  投稿日: 6月 5日(水)14時29分40秒

>このまま続いてくれるといいな。
うん、でも、本来は次々に動くことがしんどいのだとしたら
すっごくがんばってるってこと、忘れないようにしてあげてね。

ほかのことに神経使って疲れることもあるだろうから。


ありがとうございました 投稿者:あんち  投稿日: 6月 5日(水)15時08分47秒

みなさん、いろいろメッセージありがとうございました。すぐに泣いてしまう私です。これからもよろしくお願いします。実は次男の首のすわりが心配で今朝小児科へ行ってきました。すると、いろいろな反射が1ヶ月程度でやはり首のすわりも遅いので血液検査をして明日結果がでるという事になりました。体が柔らかいそうです。今はもう何も考える事ができません。またいろいろお聞きするかもしれませんがどうぞよろしくお願いします。


そうかも 投稿者:たむりん  投稿日: 6月 5日(水)15時33分36秒

やっぱりしんどいのかな。
今日はなかなか学校から帰って来ないと思ったら、頭が痛くて辛かったそうで、途中で会ったお友達のお母さんが送ってきてくれました。
しばらく横になってみたもののどうも落ち着かず、「体が勝手に動くから眠れない」とべそかいてます。
暑さで疲れたせいもあるでしょうが、どっかで無理しているんですね。
さっき頭痛薬飲ませました。


宇宙語だと 投稿者:ななこ  投稿日: 6月 5日(水)17時30分42秒

なかなか理解しがたいものがありますが、
決まり文句なんかだと、場面に合った使い方ができれば、
結構役立つような気がします。

うちも幼稚園の頃はたむりんさんのお子さんと同じような状況でした。
英語のフレーズを連発して、「ハチくんて外人なの?」と
言われたこともある。。。

小2の現在では宇宙語はなくなりましたが、決まり文句は質量ともにパワーアップした感も・・・
でも周りも見えるようになってきたので、ちょっと変なときもありますが
それなりにうまく使いこなしてコミュニケーションしてるようです。
うちは基本的におとなしい系ですが、
こないだ担任に「ハチくんもおもしろいこと言って皆を笑わせてくれますしね」などと言われました。
おそらく決まり文句がうまくヒットしてるんでしょうね〜

そういえばうちの夫もことわざやら慣用句?を必要以上に多用するタイプです。
最初は学をひけらかしてるのかと思ってしまいましたが(笑)、
決してそうゆうわけではなさそう。。。


近況報告 投稿者:まりも  投稿日: 6月 5日(水)19時54分57秒

以前、通園施設を辞めさせようか、どうしようか、と悩んでいたとき、たくさんのアドバイスを有り難うございました。

結局、通園施設は辞めました。通園施設では、強制が多いためパニックがひどくなること、桃の表情がどこにいる時よりも憂鬱な、ひどい顔になること、逆に幼稚園の幼児教室などではまったくパニックを起こさず、嬉々として過ごしていることから、思い切って通園施設を辞めました。

通園施設をやめて2ヶ月、現在は複数の集団に所属していますが、どこでも楽しくすごしています。通園施設を辞める時、新しい集団を選ぶ時、Mさんから教えていただいた「すぎの子の教室」HPをずいぶん参考にさせて頂きました。Mさん、発掘もと(?)のちびくまママさん、アドバイスをくださった皆さん、ありがとうございました。


そうなの…… 投稿者:まつこ  投稿日: 6月 6日(木)10時15分44秒

>「体が勝手に動くから眠れない」

体のONとOFFが自分の思い通りにならないのって辛いでしょうね。
朝はONモード、帰宅したらOFFモードに切り替える、というリズムが
できるといいのでしょうけれど。

朝のONモード切り替えを工夫した分
今度は帰宅後のリラックスモードへの切り替えにも工夫が必要なのかも。
長い時間、眠り込んでしまうと、今度は夜ねむれなくなって、
朝起きるのが辛いという悪循環にもなりかねないですし。

少年はしばらく一人っきりになって
ピンクのマイヤー毛布にくるまったり
寝袋にもぐったりすることがあります。


寝ぐずり 投稿者:たむりん  投稿日: 6月 6日(木)13時56分14秒

昨日は結局、頭痛薬が効いてきたら「治った」とまたテンション上がって遊び始めました。
本当に体の具合が悪い時しか、昼寝はできないみたい。
眠らなくても、ゆっくり休めるといいのにね。

夜も早く布団に入ったのに、いつまでもバタバタ転げ回り、壁を叩き、時計をいじり回し、なかなか寝つけない様子。
とうとうこっちが堪え切れず「うるさ〜い!」と怒鳴りつけると、何やら重苦しい空気が……。
「僕がおかあさんのこと、嫌いになってもいいんだね?」とつぶやき、隅っこでいじけてるじゃないですか。
内心タメイキつきながらも「ごめんね! そんなこと言わないで〜」と彼の手を取り目を見つめて訴える私。
これで「おかあさん、愛してる〜」と抱きついてきて、一件落着。
後はしっかりと手を握っていると、しばらくして寝息が聞こえてきました。
まぁいいんだけど、もう少し楽な鎮め方ないものかしら。

赤ちゃんの頃から、寝るのを嫌がっていたっけ。
眠くてぐずっているのに、布団を見ると泣き叫び、昼も夜も2時間くらいおんぶや抱っこで寝かしつけていました。
起きた時も必ずびーびー泣いていて、落ち着くまで一苦労でした。

逆に、下の子は2歳前、眠くなると自分で洗濯物の山の中からガーゼを取り出し、一人で布団に入って眠り、起きると一人で遊ぶ、というとても手の掛からない子でした。
全然私の出る幕がなくて、それはそれで心配でしたけど。
その頃はクレーンばかりでほとんど喋らず、他人も犬・猫も全て「ママ」と呼んでいましたし。
2歳過ぎてしばらくしたら、急に後追いを始めて、それと同時に言葉も増えました。
最近は、寝る時には私も一緒に横になるように指示するし、起きるとちゃんと私のところに来るので、ちょっと面倒だけどうれしいです。


どうすればいいか。 投稿者:あさみ  投稿日: 6月 6日(木)21時58分08秒

こんにちは。私のクラスメートで少し知的障害をもった友達がいます。
どう接すればいいのかモシわかったら、
誰か教えて下さい。何かしたいです。


あさみさんへ 投稿者:ケロ  投稿日: 6月 7日(金)00時26分26秒

ひとことで知的障害と言っても1人1人違っているから、
答えは1つだけじゃないのです。

「何かしたい」と思ったことは、大事な大事な初めの一歩。
だけど、障害があるからといって「何かしてほしい」とは思ってないかも?

一緒に居るだけで満足してくれるかもしれないし、
干渉しないで欲しいかもしれません。
分からないことが多くて誰かに教えて欲しいと思っているかもしれないし、
他人にあれこれ言われるのが嫌いかもしれない。
(これは、障害があってもなくても同じですね!)

考えすぎないで、他のクラスメートに対するのと同じように接しているうちに、
自然と付き合い方がわかってくると思います。
人間同士だから、時には失敗したりするかもしれません。
自分の思った通りの反応が返ってはこないかもしれません。
でも、ガッカリしないで下さい。やり方を変えてみればいいんです。

ね? 他のクラスメートとのお付き合いと何の変わりもないでしょう?


そして最後に一言。
もし、その子があまり会話が得意じゃなかったら・・・。
お互いの言いたいことが少しでも伝わりやすいように工夫をしてみて下さい。
身振りでも、絵に描いてみたりでも、何でもいいから。

あさみさんが、きっとその子の一番信頼できる友達になれることを信じています。


そうですね 投稿者:ななこ  投稿日: 6月 7日(金)08時27分51秒

ケロさんのおっしゃるとおりです。
あさみさんが小学生か中学生かはたまた高校生なのかわかりませんが、
基本は「人にやさしく」です!!
そしてきっとあさみさんはやさしい方だと思うので、自分なりにいろいろ
工夫してみてね。
> アドバイスになってないですね、ごめんなさい。
  あとは、すばらしき先輩た○き諸姉にお任せします〜


うれしです! 投稿者:sara  投稿日: 6月 7日(金)09時59分41秒

あさみさん、親としてとってもうれしいです。

自分が嫌だと思うことは、相手にもしない
それが、一番かなぁーと思います。

あとは、反応を見ながら、どんどん♪
悪いことをしたら、「それは違うよ、こうしたら?」
がんばっていたら、「がんばったね」

よろしくね(はぁと)

http://sara.cside1.jp/minna/hp/index.html


東京に引越しします。 投稿者:はる  投稿日: 6月 7日(金)11時30分17秒

 はじめまして。情報を探していたら、こちらに辿りつきました。
私には6歳の男の子がいます。
お友達も好きで、身辺自立もできていますが、言葉の遅れと学習の点が心配です。
普通学級でやっていけると思うボーダーレベルと思っているのですが、
東京の小学校事情が全く分かりません。
主人の会社の場所からも近い城南地区あたりを
考えていますが、子供の環境を考えると、簡単に決めれず、
小さなことでも、何でも情報をくださると幸いに思います。

いきなり自分のことばかりで、ごめんなさい。
切羽詰まってお願いしてしまいました。


続けてすみません。 投稿者:はる  投稿日: 6月 7日(金)11時47分18秒

 投稿した後、詳しく見させてもらいました。
先に全部見てから投稿すればよかったのに、すみません。
分かりやすく実用的な内容で、感心しました。
 私も子供の検査に関しては、迷っていたので、
参考になりました。


講演会のお知らせ 投稿者:りんか  投稿日: 6月 8日(土)12時57分17秒

読字障害の講演会が千葉市で行われます。
また、秋にはカニングハム久子先生をお呼びして、また講演会をするそうです。
興味のある方、下記に連絡をどうぞ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

読字障害(視覚性ディスレクシア)という言葉は、最近、ニュースやNHKの特集などで紹介され、日本でもようやく少しずつ知られるようになりました。
しかし「見える」のに認知できない、つまり意味がわからないという障害(ディスレクシア)をもつ人びとの検査をし、トレーニングする専門機関の存在は、まだあまり知られていません。そのため、このようなギャップに苦しんでいる人たちは、残念ながら本来の学力を発揮できず「努力不足」「低学力児」などとレッテルを貼られ放置されています。
発達障害児においては視覚性ディスレクシアが重複していることも多いといわれています。例えば視力検査では問題がないのに「道をあるいている時よくつまずく」「黒板の字がうまく写せない」「漢字がうまくかけない」「字か上手にかけない」「本を読む時、行をとばして読んでしまう」「右と左をよく間違える」など。お心当たりはありませんか?
子どもたちはそういう障害あることに気づかず生活しているのです。

そこでこのたび、ホームページ「風のたより〜学習障害(LD)を考える仲間の声〜」の主宰スタッフであり、「学習障害」「視覚性ディスレクシア」について明るい西岡史江さんにご協力いただき視覚性ディスレクシアの勉強会を開くことになりました。
 当日は、「視覚性ディスレクシア」について説明いただき、専門機関の紹介や読字障害をもつ子どものトレーニング方法など説明していただきます。

この勉強会に参加され「トレーニング方法がある」と知っただけでも読字障害をもつ子どもとその家族は希望がわくことと思います。お子様に心当たりのある方、お知り合いで困っている方、その他、学校の先生、専門機関の方など詳しく知りたい方、是非ご参加ください。

●日 時 : 平成14年7月2日 (日)10:00〜12:00
●場 所 : 千葉市高洲コミュニティセンター第1サークル室
●参加費 : 1,000円
●問い合せ: NPO法人ダンデライオン ハヤシまで
●お申し込み 参加者の氏名、人数、所属、電話番号をご記入の上、Faxにて
ダンデライオンまでお申し込みください。
注)お子様のお預かりはできませんのでご了承ください。

特定非営利活動(NPO)法人
  ダンデライオン
〒261-0003千葉市美浜区高浜1-14-8-111
TEL&FAX:043(204)5037
ハヤシまで

−−−−−−−−−−−−−−−


『発達障害児の療育研修会』開催のお知らせについて 投稿者:jkkkt  投稿日: 6月 8日(土)22時47分24秒

第4回『発達障害児の療育研修会』開催のお知らせについて

H-Bネットワーク東京地区では、吉備国際大学社会福祉学部臨床心理学科の奥田健次先生と、兵庫教育大学発達心理臨床研究センターの井上雅彦先生をお招きして、第4回『発達障害児の療育研修会』を開催することになりました。
最新の療育について実践的かつ具体的な内容の講演を予定していますので、自閉症やADHDなど発達障害児の保護者の方のみならず、施設や学校現場で療育に携わっておられる方にも大いにご参考にしていただけると思います。

日 時: 平成14年6月29日(土) 13:30〜16:30
場 所: 武蔵野商工会館 

テーマ:○「落ち着きのない子どもへの対応方法」
      吉備国際大学社会福祉学部臨床心理学科助手 奥田 健次 先生
       http://www.kiui.ac.jp/~k2okuda/index.html
    ○「発達障害児/学習障害児の余暇活動を支援する」
      兵庫教育大学発達心理臨床研究センター助教授 井上 雅彦先生
       http://www.edu.hyogo-u.ac.jp/mainou/index.html

研修会参加ご希望の方は、H-Bネットワーク東京地区(研修会連絡係:田中)までチラシ(申込書付き)をご請求ください。(fax: 042-326-2120、mail: yuunapapa@hotmail.com)

なお、H-Bネットワークについてのお問い合わせ及び入会のお申し込みについては、奥田健次先生へメールにてお問い合わせください。(QWQ11060@nifty.ne.jp)

http://www.kiui.ac.jp/~k2okuda/index.html


ショック! 投稿者:たむりん  投稿日: 6月 9日(日)01時09分44秒

土曜日は参観日でした。
予想通り、始終パンツに手を突っ込んだり鼻をほじったり、私に話し掛けようと椅子から降りてホフク前進してくるなど、少々落ち着きのなさが気になりました。
まぁ、ポチ(長男です)の席は一番後ろだったし、普段とは違う雰囲気の中、このくらいは仕方がないかと思える程度ではありました。

ところが、参観が終わった休み時間に隣の席の女の子が私に向かって言ったんです。
「ポチくんはA子ちゃんとB子ちゃんが嫌がってるのに、無理やりキスして先生に注意された」って。
A子ちゃんとB子ちゃんは幼稚園でもずっと同じクラスで、とてもしっかりした子たちです。
すぐ、ポチ本人に確認すると「でも僕のせいじゃないもん」との答え。……誰のせいだと言うんだ?
「誰かが君にキスしろと言ったの?」「違う」「じゃ、自分でやろうと思ったんだよね」「うん」「他の人のせいじゃないよね」「あ、そっかぁ」
それから慌てて、帰りかけていたA子ちゃんのママに声を掛けると、「うちの子は何も言ってなかったわ。今度聞いてみます」との答えでした。
B子ちゃんのママはもう帰った後だったので、家に帰ってから電話しました。
最初は「B子ちゃんも特に何も言っていない」とのことでしたが、話をしているうちに「実は幼稚園の頃から何度もそういうことがあった」と打ち明けられて、とてもショックでした。
B子ちゃんママは「子どものすることだし、そんなに気にしてないから」とは言ってくれましたが、とにかく謝って、現在児童相談所に通っていることなどを簡単に説明し、ポチにはよく言い聞かせるので今後何かあったら知らせて欲しいと伝えておきました。

幼稚園の頃から、私やおばあちゃんにキスしたり胸を触ったりするので「よその人にはやってはいけない」と何度も言い聞かせてきました。
でも、幼稚園の先生にはやっぱりやっているのを見て、お友達にもやって嫌われていないかと相談したのですが、「何もしていない・大丈夫ですよ」と言われてきました。
幼稚園の先生は「充分甘えさせてあげればそのうち満足する」という考え方でしたが、許せば許すほど甘え方がエスカレートしていくポチを見て、「ちょっと他の子とは違う」と思うようになったようです。
しばらくは私もポチの好きなだけベタベタさせていたのですが、年長の後半には「もうじき小学生なんだから」とキスはしないようにと言い聞かせ、本人も少しずつ気を付けるようになってきていました。
それなのに……!!
学校の先生も知っていることらしいですし、きちんと確認しておこうと思います。

A子ちゃんとB子ちゃんがポチのことをからかってるのを何度か見たことがあり、気になっていました。
ポチはA子ちゃんが好きなのに何で嫌われているかわからないと言っていました。
でも、嫌われるようなことをしていたんですよね。

義母やダンナは「子どものことなんだからそんなにおおげさにしなくていいじゃないか」と言います。
私はこのまま放置しておけない問題だと思うのですが……。
混乱していて、長くなってすみません。
私の対応で不味い点があったらぜひ教えて下さい。お願いします。


たむりんさん 投稿者:まつこ  投稿日: 6月10日(月)11時32分44秒

>私はこのまま放置しておけない問題だと思うのですが……。

たぶん……そのうちどこまでがOKでどこからは無作法か
気がつく子も多いと思うんです。
けれども、そうでない場合もある。
幼稚園の先生もお感じになったような質感の違いを
たむりんさんもお持ちになったということは
放置しない方がいいんだろうと思いました。

うちの場合ですが、やはり年中さんのころ、
それまでなかったスキンシップを私に求めるようになり
それは5年分を一度に埋め合わせるかのようでした。

それから、しばらくして落ち着いたのですが
入学後、世界が広がると対象も広がって……。

うちの少年の場合は、自分が気分よくすることについて
その対象が「人間」だと、相手が自分とは違う気分になる場合があることを
わからなかったようです。

ポチ君は少年よりもことばでのコミュニケーションが
うまく成立しているようですが
ことばによらない意志・感情のやりとりや
状況を読み取ってそれに応じた行動をとることは
あまり得意ではないのかなぁ、と感じます。

その場合は放置すると失敗・挫折の体験ばかり重ねて
お友だちや世の中から疎外されているように感じてしまう
危険性もあるでしょうから

「こんなことをしたら嫌われるからするな」という教え方より
「こういうことをすると、相手は嫌なのだ」という情報提供の方が
いいかと思います。
そして、同時に「そういうときにはこうするといいよ」と
より受け入れられやすい行動を提案することも必要です。


お久しぶりに失礼します 投稿者:力士  投稿日: 6月11日(火)00時27分20秒

三男が生まれその前後ばたばたして掲示板を見る時間が無くすごしていました。力士も年長になり公立に転園させました。あいかわらずボーダーの彼ですが公立の感覚統合の保育の成果か、スキップもOK、三語文も出るようになりました。(でもジェスチャーの文はもっと長い)
ただ、通級のSTの先生が1月お休みされるので、小学籍の先生にお任せになるのですが・・・大丈夫だろーかと身勝手な不安を抱いております。一月って大したコトないよな〜。(主人)


ポチの場合 投稿者:たむりん  投稿日: 6月11日(火)10時36分49秒

>その対象が「人間」だと、相手が自分とは違う気分になる場合があることを
>わからなかったようです。

>「こういうことをすると、相手は嫌なのだ」という情報提供の方が
>いいかと思います。

ここ2年くらいずっと教え続けてきて、一応わかっていると思っていました。
絵本やアニメを見ている時に「こういうことすると嫌がられるよね」とか「この人は心の中ではこう思ってるんだよね」とか言ってみると、「知ってるよ。そんなこと当たり前でしょ」と答えます。
でも、本心からは理解してないような気もして。ちょっとわからなくなってきました。

「くすぐったい・唾液が付くと汚い」などの理由を挙げて、
「好きな気持ちはできるだけ言葉で示す・せめて投げキッスにして口を付けない」と教えています。
その場は「わかった」と言いますが、すぐに忘れたり「我慢できなかった」とやってしまいます。
「でも、ちょっとくらい構わないじゃないか」という甘えた気持ちもあるようです。
衝動的にやってしまったことは「わざとじゃない」から「自分の責任ではない」と考えているフシもあります。

家族相手には「お母さん(おばあちゃん)だけだよ。他の人にはしないから」と言い、
幼稚園の先生には「お母さんやおばあちゃんは嫌がってやらせてくれない」と訴えていたようです。

昨日は参観日の振替で休みだったので、今日連絡帳を持たせました。
先生はきっと私がこんなに深刻に考えているとは思っていないでしょうね。

>たぶん……そのうちどこまでがOKでどこからは無作法か
>気がつく子も多いと思うんです。

ポチもいずれは気が付くと思いますが、それを待っていられない心境です。

掲示板過去ログ案内に戻る