2002年6月その3
KAORUさんへ 投稿者:よしこ  投稿日: 6月21日(金)11時39分48秒

はじめまして。よしこと申します。
先日、子供の言語発達の遅れについて皆さんから、いろいろ教えていただいてから、こちらにおじゃまして勉強させていただいています。
突然のKAORUさん宛のメールで驚かれたかと思いますが、是非、「加配」について教えていただきたいのです。
うちの息子は3歳3ヶ月になったばかりの男の子です。
4月に入園しました。
言葉らしい言葉は話さず、「バイバイ」「あいしー(おいしい)」「ぼ(ぼうし)」「わんわん」
程度、あとは音を真似するくらいです。
児童相談所では、まだ障害かどうかの判定はできない、日々の幼稚園での生活を豊かにしてあげることが一番大切だと言われ、「加配」をしてもらえるようなら、その方が良いとの事で、園にはお願いしてありますが、まだ返事をいただいてません。
よく考えてみると、「加配」と言っても漠然としたイメージしかわかないので、どんな風に子供に関わってくれるのか知りたいなーと思いました。
3語文が出るようになったなんて、すごい!良かったですね。
私も早く「ママ」と言ってもらいたいです・・・。
宜しくお願い致します。


ガンコママさんへ 投稿者:鈴琳  投稿日: 6月21日(金)11時52分11秒

…サイトではなく申し訳ないのですが、私がとても気に入って母にも読ませた本があります。(うちの弟は最近アスペルガーの疑いと診断が変わりました)
「高機能自閉症・アスペルガー症候群入門 正しい理解と対応のために」
という本で、内山登紀夫・水野薫・吉田友子編で中央法規出版株式会社から2000円で出ています。(ちなみにISBNは4−8058−2185−X。最近の出版なのでけっこう出回っています)
入門書としてわかりやすいので読んでいただいたり説明の際に用いると良いかもしれません。
もうご存知かもしれないですが…。幼稚園や小学校での対応という項目があるので見かけたら参考にでもしていただけると少しは参考になるかもしれないです。
ちなみに、学校への説明。弟の場合は私が「アスペルガーとは」「予想される困難場面ー弟の場合」「対応策ー姉の見解」として手書きでノートに書き残し、それを母が使いました。
そのまま渡していい?と言われた時はびっくりしましたが(苦笑)
サイトのほうは探したのですがなかなかいいものが見つからず…。私も教えていただきたいです(苦笑)


Re.でない 投稿者:朝倉玲  投稿日: 6月21日(金)13時09分49秒

>うちの子が「おしっこは?」「でない」という状態だった頃(今でも時々)は、
>単に「面倒くさい」とか「今やっていることを中断したくない」と言う理由です。

同じで〜す。\(^o^)
そこに加えて、うちの場合は「トイレが怖い」というのも含まれています。

我が家の次男 小学1年生のADHD。現在まだトイレット・トレーニング中です。
小学3年生くらいまでに自分一人で完全にできるようになればいいや〜、と思っています。(笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


全然ためにならないけど 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 6月21日(金)13時53分56秒

うちはど田舎なので、外で立ちションの練習をしました。
   <町では絶対に出来ないね

散歩中など、出たいと思ったら田んぼに向かってシャ〜  ですね。
つまり、出たいときにズボンとパンツをさっと脱いで
飛ばす練習をした事になったのでした。
それで「トイレまで我慢する」はその次の課題で、同時に練習しなくてもよかった。

・・・「トイレまで我慢する」というのは、なかなか厄介な事かも。


! わかるわ。 投稿者:まつこ  投稿日: 6月21日(金)16時14分03秒

>6月に入ってから先生とも相談して「トイレトレーニング」を始め、
>5日ほど前から何とかトイレでおしっこが出来るようになりました。

ってことは、2週間ほどで!!!すっごーい。ハイペースですね。
(*^^)//。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆パチパチ
きっと、お子さんにとってグッドタイミングのトライだったのですね。

>とっても嬉しいのですが、一つ気がかりなことがあります。
>オムツをしていない時、おしっこを我慢するようになったのです。
>ソワソワして今にも出そうな感じでもトイレに連れて行くと泣きそうな顔で
>「でない」と言うんです。

私も、ケロさんのおっしゃるとおり

>準備万端ととのって、「さぁ、どうぞ」と言われても、出さないようにしていたのを
>出すのはなかなか難しいんじゃないかな? コツがつかめるまでは。

ということだと思います。特に男の子は、構造上もそうらしいですよ。
しかも広汎性発達障害ということになると自分の内的な感覚をつかみながら
括約筋を意識的にコントロールすることは苦手なのかもしれないです。

「でない」=「でにくい」=「切り替えが難しい」くらいに翻訳して聞いてあげて
おしっこがたまっている感じをもう一度確認する余裕をあたえて
括約筋を緩めておなかに力を入れて(←これ、難しいです)
意識的に「出す」ことにチャレンジする気分になるまで
のんびり待ってみてもいいんじゃないでしょうか?

お母さんや先生がどうこうではなくて、お子さん自身が「もらしたくない」気持ちが
とても強いのだと思いますから。


私のおすすめサイトは。。 投稿者:メアリーポピンズ  投稿日: 6月21日(金)23時36分06秒

自閉症、アスペルガー等についての参考サイトは、下記のようなところがあります。

よこはま発達クリニック http://www.ypdc.net/

海が見えるカウンセリングルーム(臨床心理士の方のサイト)
ここのLINK(リンク集)のところに、資料などがあります。
http://www3.ocn.ne.jp/~opazuma/index.htm

もし、ご存知でなかったら一度ご覧になってはいかがでしょう??


なるほど・・・! 投稿者:KAORU  投稿日: 6月22日(土)01時37分18秒

トイレトレーニングについて本当にたくさんのアドバイスをくださって、
皆さんありがとうございます。m(__)m
ララさん
うちの子も「トイレに行く」ことには抵抗ないみたいなのですが、、、
ペーパーをだしたり、水を流すのは大好きです(^_^;) お互いこの夏いっぱいで
なんとかはずせたらいいですけどね。
リンコさん
”あひるのオマル”なんだかすごく懐かしいです!私はそれでしていたような気がします。
(確か小さい頃の写真に写ってたような・・・。)
初めての子育てで、自分の時どうやってはずれたのか思い出そうとしても何しろ30年近く
昔のことなので、中々難しいですね(^_^;)
ケロさん
>準備万端ととのって、「さぁ、どうぞ」と言われても、出さないようにしていたのを
>出すのはなかなか難しいんじゃないかな? コツがつかめるまでは。
なるほど!そうなんですよねー。わたし、妊娠する度に「絶対安静」になっちゃってたので
トイレもベッドの上でしなければいけない状態がしばらくあったのですが、その状態では
大人の私でさえなかなか出なかったですものね(汚い話ですみません!(>_<))
朝倉玲さん
>小学3年生くらいまでに自分一人で完全にできるようになればいいや〜、と思っています。
そうですね。パンツを脱いでトイレでおしっこをしてまたパンツを穿くという動作が
完全に一人で出来るようになるにはうちの子もきっとすごく時間がかかりそうです。
気長に見守るしかないですよね。
こくっぱの母さん
うちも、ど田舎なんですよ〜。そうか、”立ってする”っていうのもありですよね!
ずっと、補助便座に座らせてやってました。男の子は最終的には立ってするんですものね。
立ちションさせてみようかな。
まつこさん
そうですね。おしっこをするのって出来るようになればごくごく自然の動作だけど
よく考えると実際はとても難しい工程(?)があるんですね。
失敗が続くと落ち込んでしまいますが、本人が「おしっこ!」って教えたくなってくれるまで
気長に待とうと思います。


くうさん
療育施設については、わたしもあまり詳しくないのですが、うちは幼稚園に通いながら
月2回、療育センターの通園施設にも通っています。母子通園は始めてから約1年半。
いろんな障害のあるお子さんやママとお話して、幼稚園とはまた別の意味で私にとっては
刺激になります。(本人にとって今は幼稚園のほうが刺激が大きいようですが)
何事もやってみないとわからないというところはありますよね。やってみて
合わないようなら変えてみてもいいですし。うちは少し今の通園施設には不満もあるのですが
近くにはそこしかありません。選択肢があるというのは迷うけど、いろんな方の意見を聞いて
決められたらいいと思います。
よしこさん
「加配」について一般的なことはよくわからないのですが、うちの場合は
昨年の11月に幼稚園の入園説明会があって、その時に長男の発達の遅れのことを
当時の園長先生に相談して、とりあえず他のお子さんと一緒に面接を受けたのですが
入園許可と加配の先生をつけて頂けることが決まったのは2月になってからでした。
うちは療育手帳ももってなかったので、通園施設のママ友達は「よく付けてもらえたね」
って驚いていました。(でも、5月の終わりに教育委員会からクレーム(?)がきたらしく
手帳をつくることになり、現在申請中なのですが)
お陰さまで先生はとても親身になって下さって、食事や着替えなど殆どうちの子に
付きっ切りで面倒をみて下さっています。よしこさんのお子さんにも良い先生がついて
下さるといいですね。私にわかることならなんでも相談に乗ります。またメール下さい。


そうなの。 投稿者:まつこ  投稿日: 6月22日(土)10時12分09秒

>男の子は最終的には立ってするんですものね。
男の子は立ってする方が自分のしている所を目で確認しやすい、ってことも。

お風呂で裸になって立ってならできるのに「トイレで座って」は難しかった子は
お風呂で出ちゃったときに容器(牛乳パックとか)に受ける、という行程をいれたら
「トイレで立って」に移行できた、という話もあります。


冷水を飲んで元気を出そう 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 6月22日(土)13時31分49秒

もぐって 泳いで ひっくりかえって おっくりかえってプールしてる謎のタヌキです。(「海のトリトン」ネタです)
ソーシャルスキルは、うちの場合「パタリロ!」と並ぶ愛読書です。パタのとなりにケネス君の本があったときも
ありました。ほんとです(後ね、名香智子とか、池田理代子とか…の隣にもたまにあります)。
鈴琳さん、うちご存知の通りアスペです。非言語性LDぢゃなくて、アスペだってさ。ま、学会で色々いいかたがあるんだろうね。でね、検査とかのために練習したりとか、診断名でうじうじしてるひと見ると、パタリロ風に、
「バカタレ!そんな事でうじうじ悩んでも仕方ないだろーが!
世の中にはもっと楽しい事がいっぱいあるんだ」と言いたくなります。まあ、アスぺにも色々あるんでせうが。
因みに、学校で爆発して、窓ガラス割って校長先生に叱られた弟もアスペです。全然タイプちがうやん。あいつと一緒は納得行きません。でもそうなんだって。。
私は、本読むの好きだけどケネス君ほど算数は出来ないし。シイタケはだめだけど、ケネス君より食べれるものはいっぱいある〜。椎茸、八宝菜(のようなあんかけ系)、おやつとして食べる以外の餅料理(雑煮はノンノン)
とか食えないけど、横浜の中華街の「梅蘭」のあんかけ焼きそばは好物(矛盾してるならしてると言えっ。)
オーケストラは超好き、ティンパニー、小太鼓、大太鼓特にLOVEだけど、和太鼓はだめ。あとね、韓国の民族楽器…無理矢理叩かされてトラウマっすよ。うちの学校は、わざわざそれ専用の児童会室と兼用の教室まであるんすよ。あの響きは嫌。わかっててやる奴は即メンタコ(よくわからないんですが、言いながら叩くんです「メンタコメンタコメンタコメンタコ、オシャマンベ!」って)です。で、去年なんか音楽の先生、わざわざ他校から和太鼓借りるんだす。あれは地獄でした。学校行きたくなかったです。だって、根が明るいキャラなんで、「タヌー(仮)さんが和太鼓嫌いって言った時は、冗談かと思った」と後日談で言われました。学年末の音楽発表会のプログラムで、リコーダーと和太鼓のアンサンブルがあり、その時は、外で母とキットカットくって終わるの待ちました。電光石火のごとく席に戻ったので、隣の男子から、「タヌーいつもどったん?」と聞かれました。音楽の授業も、冗談で叩いて、わたしにメンタコにされるやつが発生しました。だって、合奏のパートのキーボードの傍にわざわざ先生が和太鼓おくんだす(T_T)。なに考えてるんだとしめたくなりました。
「高機能自閉症・アスペルガー症候群入門 正しい理解と対応のために」は読んだ。本人の告知の話も出てた。読んでから行ったから、なんて言われるのかなってすごく楽しみでした(母は、聞き出せたらハーゲンダッツおごってやるって言ってたので、気合が入ったです)。
ちなみに、わたしのトイレットトレーニングなんかほとんどせずに、オムツしてたけど三歳までには外れました。した覚えもありません。母も特にして無いって言うし、おまるも無い(^^ゞまあ、いろんな人がいるんだろうね。


参考にさせていただいたサイト 投稿者:るんるん  投稿日: 6月22日(土)22時32分36秒

うちの場合、以前確かペンギンさんがこちらで紹介されていたサイトhttp://home4.highway.ne.jp/matsu1/kayano_si.htm
を見て、『Pはそうだったのか・・・私も・・?』などと納得、感激しまして、小学校の担任の先生にもプリントアウトし、pの思い当たるところに線を引いてお渡ししました。読んでいただけたかしら・・・?


おこさま先生にアドバイスを! 投稿者:通りがかりのおせっかい  投稿日: 6月22日(土)22時54分31秒

12の月の掲示板
http://ranking.to/bbs/noji1717.html


うちも 投稿者:大ママ  投稿日: 6月22日(土)23時12分58秒

おまるはアンパ○マンの可愛いの買ったのに、一度も使った事がなかったです
でも夜は1歳半くらいから、寝ている時にはしてなかったので、朝起きたら、便器に座らせて
少し時間をかけて待っていました・・・それできたらほめまくるってました


トイレトレーニングは、 投稿者:M  投稿日: 6月23日(日)19時25分43秒

>それぞれの身体感覚の問題がどこにあるかを見極めるところから始まる。
>おしっこやウンチが出てしまって気持ち悪い感じ・出る感覚・出そうな感覚・たまった感覚
>どこまで分かっているかということと、便器の感触・姿勢の好みなどがどうなのか、その
>組み合わせを考えて誘導する。

と、とある方がおっしゃっておられました。
               とあるお方様、無断コピペの事後承諾宜しく。


昨日のS木先生講演 投稿者:M  投稿日: 6月23日(日)19時28分46秒

LD、ADHD、自閉等の発達障害を「連続体」として捉えるという事を強調されて
おられた。
一人の子が成長に従ってADHDからLD、高機能自閉と診断名が変わる場合がある。
それは、その子自身が本質的に変わってきたという事ではなく、
その時々に表出させる問題点が変わって来たということでしかないのではと。


そうか・・・。
例えば自閉症だけに限っても、まずはスペクトル上であるかどうかを判断して、
その上で能力のパターンを見極めることが重要だと言われている。

S先生の今回のお話は、
それを発達障害全体への視点に押し広げ、個々の子の全体像を、
先に   "本質的な共通点"に着目した形で捉え、
後から  個別に”違い”に着目して特化しよう。。。

。。。という流れでのお話だった。       < ように思う。
因みに、「LD」に関しては、文部科学省の定義よりも幅を広げ、社会性や行動上
の問題も含めての解釈の方のお話しをされた。


違いに着目し、単純化して整理してきた私の頭は少し混乱してしまったけど、
まる一日たった今、
今まで理解してきた内容とS木先生のお話を統合整理してまとめてみた。
いつものように、ポイントを逃したり、ひん曲げたりのMの得意技を駆使し、
「自分の今後の指導」に役立つ方向にひきよせての解釈でございますゆえ、その
点、ご容赦くださりませ。


M流 勝手解釈  投稿者:M  投稿日: 6月23日(日)19時29分32秒


         < S先生が直接話された事ではありません。


ADHDは、行動や思考をコントロールする部位の脳機能に未熟さが残っているとさ
れるが、一人ひとりの状態像や困難は皆同じというわけではない。
特異的な発達障害のLDも、その認知の偏りの部位、歪みの質や量の違いによって、
一人ひとりの状態像も困難も違う。
広汎な発達障害の自閉は、その部位が広汎であるがゆえに、LD児以上に一人ひと
りの状態像も困難も違う。

<一人の子が成長に従ってADHDからLD、高機能自閉と診断名が変わる場合がある。

ADHDは行動面の特徴から診断がなされる訳だから、逆に考えれば、表出している
行動は同じでも、その子に、もし他に、認知の偏りや歪みもあれば、
そしてそれが部分的か広範囲にわたっているかでも、
成長に従って、一人ひとりの状態像も困難も益々違って来る事があるのではない
か。つまり、
その認知の歪みや偏りの部位や振幅の程度によって、ADHD的な行動面よりも他の
面のほうが強く表出して来始めると、LD(文部科学省定義ではなく、非言語性)
自閉へと診断が変わっていく事もあるという事なのだろうか?
他に、LDや自閉にADHDも合併しているという診断に変わる場合もあるだろうけど
ね。


まあ、 投稿者:M  投稿日: 6月23日(日)19時30分28秒

この勝手解釈は、自分の混乱の整理のための手段であって、
もともと診断名そのものにはあまり興味はない <と言うかわからない
ので、ここで打ち切ります。

指導場面では状態像からの診断名よりも、認知スタイルの情報のほうが役立つか
らね。
その意味で、診断名がLDから自閉やアスペに変わっても、
状態像そのものと認知スタイルを把握している限りにおいては、指導の中身は、
何にもかわらないのです。

そう言えば、
三年前に文部省(当時)のLD定義が変わった時も同じような事を感じたなぁ。
定義上その社会性や行動上の問題が”中核”障害からはずれようが、
実際に目の前で指導するLD児の状態像そのものはなんら変わるわけではない。
従って指導内容は変わるわけではないなと考えた事。


と言うわけで、 投稿者:M  投稿日: 6月23日(日)19時32分42秒

混乱をM流勝手解釈で乗り越え、明日から、いつも通りのペースに戻ります。
今年は、多動より寡動、対人や社会性より言語や学習面の課題の方が大きい子が
多いので、今、新たに教材作りに勤しんでいるのです♪
   
    <掲示板さ〜ん、
     明日から又、管理人不在でもしっかり働いてね。


よく分からないけど、 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 6月23日(日)21時44分38秒

息子ふたりの診断名?は、

アスペルガー、自閉症、ADHD、LD、HYPERLEXIA、まだ増えるかなぁ?

でも、調べものするときには便利だけど、診断名があろうがなかろうが、同じ息子たち、
って、言う事かな?


おっと 投稿者:M  投稿日: 6月23日(日)22時16分28秒

大事な事を忘れていた。
下に書いた”認知”の意味には、
自他の境界の認知識別やその結果としての人とのかかわりのスタイルの違いという状態像も
含めて考えないとね。

でも、まあ便宜上、「偏り、歪み」なんてことばが使われているけど、
それは単に平均的な像からの乖離であって、
その「偏り、歪み」と言われるものがもたらす状態像の方が、
より魅力的だったりするよなぁと感じる今日この頃・・。


今さらながら 投稿者:力士  投稿日: 6月23日(日)22時38分50秒

教えていただきたいのですが、発達遅滞軽度orボーダーとの事でしたが色々勉強させてもらっているなかで力士って自閉あるのかな?主治医さまには言われなかったのですがこちらの、大人の難しい言葉は理解するし駆け引きもするのですが・・・人なっこいし、でもすぐパニクルしゲームのルール覚えるのおそい。だっこ療法薦められたこともありました。記憶もしつこい。しかし、公文のインプットは、入るのおそい。う〜ん私、疲れてきているのでしょうか?


手抜き……C= C= C=C= C= C= (((((( *≧∇)ノノノ  投稿者:まつこ  投稿日: 6月24日(月)09時01分33秒

日常生活場面では状態像からの診断名よりも、
行動パターン・認知スタイルの情報のほうが役立つからね。
その意味で、診断名がLDから自閉やアスペに変わっても、
状態像そのものと行動パターン・認知スタイルを把握している限りにおいては、
日ごろの付き合い方の中身は、何にもかわらないのです。


『ADHD周辺について正しく理解し,適切に対応するための講座』ご案内 投稿者:山本真吾  投稿日: 6月24日(月)13時23分13秒

突然のご案内,お許し下さい。
私たちTOSSオホーツク(北海道根室・釧路地方で授業のあり方や教育について勉強している教師の集まりです)では,下記のような講座を企画いたしました。
子どもたちのために,保護者に皆様,幼稚園・保育園・小中学校の先生方,そして多くの方々に聞いていただきたい講座です。
お近くの方は是非ご参会下さい。
【日 時】平成14年7月13日(土)14:00〜17:30(受付13:20〜)
【会 場】中標津町総合文化会館「しるべっと」1階
【内 容】ADHD周辺について正しく理解し,適切に対応するための講座
【講 師】横山浩之氏(東北大学医学部付属病院小児神経科)
     高橋(長江)佳子(仙台市立旭ヶ丘小学校教諭)
【参加費】当日3,000円(予約をしますと1000円で入場できます)
 詳しくは,HPをご覧下さい。
http://homepage1.nifty.com/aokikathumi/kiso-6.htm


お友達が欲しいです 投稿者:みほ  投稿日: 6月24日(月)22時51分43秒

はじめまして!!我が子4歳になりましたが会話が出来なく今は言語訓練に通っています。以前は私の方が凄く悩んでしまい気が狂いそうでした。やっと最近になってパソに向かう気になれた所です.ここで皆さんとお友達になれたらと思い掲示しました。一緒に頑張っていきましょう!メールください!!


息子に自閉圏の診断がでました。 投稿者:とも母  投稿日: 6月25日(火)23時51分46秒

ご無沙汰しています。すっかりROMの人になっておりましたとも母です。
さて、待つこと10ヶ月・・やっと療育機関の受診予約が回ってきて行ってまいりました。
とも(2歳ちょうど)の診断結果ですが、
典型的ではないし、知的な遅れもないが、コミュニケーションの発達に問題があることは確かで、
アスペルガー周辺で健常との境界域・・ということのよう。
「予後としては、非常に軽い自閉症の味を持った普通の人になるだろう」と言われました。
ただし、主治医は「今後症状によってはアスペルガーに入るかもしれないし、
もっと典型的な症状が出てくれば高機能自閉症になる可能性がないわけではない」ともおっしゃっていて、
上述の〈予後〉というのは、「きちんと支援してあげれば」という条件があってのことと解釈しました。

2歳の誕生日を過ぎ、トモは曲がりなりにも二語以上の文を理解してしゃべってもいるし、
知らない人の指示にも従えるようになりました。
でも、見る人が見れば、その言葉の出方は奇妙でやりとりになっていないし、
知らない人に対しても警戒心がなさすぎ(近づいていい人かどうか親に参照しない)ということも明らか。
主治医が言うには「この程度の片寄りは、場合によっては専門家にさえ正常と判断されがち」。
見逃さない先生でよかった〜〜。
そしてまたその言葉の中に、
主治医がその微妙な差異を識別できることを誇らしく思ってらっしゃる様子を感じ、
大きな頼もしさを覚えたとも母なのでした。

主治医がおっしゃってたことをもう一つ。
「自閉は悪ではない。
汁粉の塩みたいなもので、ある程度まではいいが、過ぎると全体をこわすことがある。
療育はその塩抜きをするようなもの」
庶民的なたとえでちょっと笑ってしまいそうでしたが、
私の気を楽にしてくれたし、言い得て妙かも???と思いました。

トモの今後の療育方針を決めるのは、STや心理担当の方の面接、CT・脳波の検査を経て、半年後の再診時になるそうです。
主治医は、それまでの間、保険センターの親子教室でフォローするようにと、
初診に同行した担当の保健婦さんにプッシュしてくれました。
保健婦さん的には、これだけ言葉の出てる子どもは親子教室にいないので入れないかも・・という姿勢だったのを、
けっこう強い調子で推してくれたのがありがたかったです
(しかしトモが実際に親子教室に入れるかどうかはまだ不明・・候補がいっぱいいるそうで(^_^;))。

診断名についてはLDやADHDがないとも限らないですし、この先どうなるかわかりませんが、
そんなことはさておいて、信頼できる先生に出会えてほんと〜〜にホッとしました。
久しぶりのカキコで長くなりましたが、とりあえず初診のご報告でした。
独り言や細かいこだわりは多いし身辺自立もまだまだこれからのトモなので、
こちらの皆さまにはこれからもお世話になると思います。
今後も末永くおねがいします。


JustNetメール/ホームページサービス一時停止のお知らせ 投稿者:M  投稿日: 6月26日(水)06時40分32秒

下記の日程でJustNetメール/ホームページサーバーのメンテナンスを実施するそうです。

■メンテナンス実施日時  2002年6月26(水) 19:00〜翌日(6月27日)15 :00
 
訪問者様に関係ある部分だけ掲示しておきます。
■停止するサービス
 ・メールの受信。
 ・ホームぺージの閲覧/更新

(justnetを利用していない 掲示板、zaq関係のページ、ジオのメールは通常通りです。)


Mさんのコメント 投稿者:メアリーポピンズ  投稿日: 6月26日(水)09時03分36秒

Mさんのコメント:そう言えば、
三年前に文部省(当時)のLD定義が変わった時も同じような事を感じたなぁ。
定義上その社会性や行動上の問題が”中核”障害からはずれようが、
実際に目の前で指導するLD児の状態像そのものはなんら変わるわけではない。
従って指導内容は変わるわけではないなと考えた事。

実際のところその通りかと思います。

私の住む市の教育委員会関係者の間では、広義のLDと狭義のLDという使い分けを
しているようです。狭義のLDというのが、今の文部省の定義ということで。。
現場の先生はよくわかってらっしゃるってことかな。
だから、診断名云々よりも、日常の様子や、WISK−III等ででた結果を参考に(数値が
すべてではないですし)、日ごろの社会性面での課題について支援していこうという
県の教育センターの方針を感じ、結構実情にあった対応をしてくれる県なのかなと思いました。ただし、同じ県内でも、教育センターの介入やアドバイスを拒否する現場の先生もおられるようで、
難しいところなのかもしれません。

最近気になるのは、やっぱり学校の先生が見る子ども像と、自分のもってる子ども像に
結構ずれがあるんじゃないかなあってこと。先生は母親が気にしすぎないように、言わないだけで
私が思っているよりうちの子は本当はもっと困った子なのかなって不安になることがあります。
ただ、ありがたいことは、うちの教育方針(いつも子どもに伝えていること)が
学校の先生が子どもに言ってくださることと、ほとんど同じなので、よかったかなって。。
家庭で言うことと、先生が言うことが違っちゃうと、子どもも混乱しますもんね。
でも、これってあたりまえなのかな。。??


只今 投稿者:M  投稿日: 6月26日(水)20時13分06秒

justnetがメンテナンス中につき、
そこからリンクしている壁紙や画像は表示されていません。

下記のページはjustnet以外のプロバイダを使っていますのでつながります。

ことばの教材室
 http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/0/index0.html
掲示板過去ログ
 http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/kako.html  


あれま? 投稿者:M  投稿日: 6月26日(水)21時49分32秒

あまりに淋しいので、
zaqから、お狸さまが遊びに来られたみたい・・・。


ぷくくく・・・ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 6月26日(水)23時31分38秒

受けてしまったわ。>踊るお狸さま


おやま! 投稿者:M  投稿日: 6月27日(木)06時49分42秒

もうメンテ、終わったのね。
お狸様、ゆっくり遊んで行ってね。


くまさんが 投稿者:ななこ  投稿日: 6月28日(金)09時08分57秒

ケーキ食べてるはずが・・・・

久しぶりにおじゃましてみたら、ぽんぽこりんに変わってて、
びっくりです〜(笑)


ご相談 投稿者:カンガー  投稿日: 6月28日(金)20時19分35秒

私の弟のことですが、つきあっている彼女と、結婚の話が出ているそうです。
弟は、ルーの障害のことを詳しくは知りません。
少しずつですが、普通の子とは違うということを話してきました。
以前、やはり結婚の話が別の子と出たときに、少し障害について話をしました。
そのとき、「ルーのことで、(相手の家族に)とやかく言われるようなら、そんな結婚、こっちから願い下げだ!」などと、強気な発言をしていました。
そのときは、ルーのことを話す前に、結婚話は消えてしまいましたけれど・・・。
弟にとって、ルーの障害が理由で結婚がだめになるというイメージはあっても、自分たちの子どもに、そういう傾向の子が生まれる可能性については、まったく考えていないようです。
私は、そのことの方が、心配なんですけれど。

もちろん弟に、詳しく話さなければいけないと思いますが、相手の女性に、どんなタイミングで、どこまで話すか、私はとても悩んでいます。
私も女ですから、相手の方の気持ちを考えると、いろいろな思いで胸が痛くなります。
遺伝的なこともありますので、黙っているわけにはいかないと思いますが、必要以上に恐怖心を与えるのも、かわいそうに思います。
婚約する前に、話した方がいいと思うのですが、弟から話をさせるのも、「知識」という意味で難しいかなと思います。
私が話すべきなのか、どこまで詳しく話すべきなのか、とても迷います。
まだ、結婚しようと決めたわけではないそうなので、婚約する直前くらいに話すなら話そうかなと思っています。
皆さんは、どう思われますか?


Re:ご相談 投稿者:ガンコママ  投稿日: 6月28日(金)23時01分25秒

自閉症に遺伝的なものがどの程度関係しているのか知識は無いのですが、
率直に言って、カンガーさんがそこまで心配されなくてもいいのでは
と思いました。

うちの娘(高機能自閉症)にも母方、父方含め6人のいとこがいますが、
自閉傾向のある子はひとりもいません。兄弟ならともかく、いとこに
同じような障害があらわれる可能性は、親戚にそういう子が全くいない
場合とそれほど変わらないんじゃないでしょうか。(違ってたらすみません。)
>そういう傾向の子が生まれる可能性
まで話す必要ないと思いますけど。

もちろん弟さんには、ルーちゃんの障害のことはきちんと話したうえで、
それを彼女やその親御さんにどこまで話すかは弟さんに任せたらどうでしょうか。

個人的には、彼女さんにはルーちゃんには障害があるということだけ話して、
親御さんには障害のことも言う必要無いと思います。あ、でも隠してたとか言って
後でもめたりするのかな。


それから、 投稿者:ガンコママ  投稿日: 6月28日(金)23時23分17秒

自閉症に関するサイトをご紹介くださった方々ありがとうございました。
鈴玲さんに教えて頂いた本「高機能自閉症・アスペルガー症候群入門」も
早速取り寄せました。まだ全部は読んでないのですが、私が求めていた本
はこれだって感じです。

幼稚園の先生とのお話は思っていたよりあっさりしたものでした。一応
「軽い自閉」があるということは伝えたのですが、先生もそれについては
あまり深くつっこまれませんでした。

先生としては娘にどの程度まで厳しく指導していいのか、またどのレベル
までやらせるのか悩んでおられたようで(それは私の悩みでもあるのですが)
話し合って、朝や帰りの身支度などの身辺自立についてはきちんと出来るよう
に指導してもらって、それ以外の活動、例えばプールなどあまり嫌がるような
ことは無理強いはせず、楽しくできるように働きかけていくという方針に
しました。

1クラスの人数が多く(38人)、目が届かないことも多いようなのですが、
「何かあったら遠慮なく言ってください。」と言っていただいて少しほっと
しました。


ガンコママさん 投稿者:カンガー  投稿日: 6月29日(土)06時57分34秒

私がちょっと神経質すぎるのかもしれませんね。
もしもの時、あとで恨み言を言われるのが怖いだけなのかもしれません。
アドバイス、ありがとうございました。


…… 投稿者:まつこ  投稿日: 6月29日(土)08時52分52秒

現在、弟の奥さんが妊娠中です。

初めて会ったときに少年は彼女のひざに座ってしまいました。
(親のひざに座ることすらめったにない奴が……功績大)
少年のことについては事前に母から彼女に伝わっていたと思います。
(母は少年のことを正確にはわかっていませんからどう伝えたのかわかりません)

弟夫婦は結婚して6年。不妊の検査も受けていたようです。
(詳しくは聞いていません)

もしも何かがあった時には
恨み言でも何でも受け止めるつもりです。
いいたくなる気持ちもわかるから。


カンガーさんへ 投稿者:ガンコママ  投稿日: 6月29日(土)09時51分08秒

今日、自分のレスを読み返してみたら何だかきつい感じに思えて
反省してます。

私がいいたかったのは、カンガーさんがそこまで心配するのは
大変すぎるよ〜ということだったのです。でもカンガーさんは
優しい方だから心配しちゃうんですよね。私の方が無神経すぎる
のかもしれません。

我が家の場合主人の方の両親、兄弟には娘が自閉症であることを
言っていません。住んでる所が遠いので年に数回しか会わないので、
言葉に遅れがあるので病院に行ってるとだけ話してます。

親戚づきあいの深さにもよると思いますが、日常的に関わる人以外
にはそれほど詳しい話をする必要はないかなと思っています。


たぬき様が〜 投稿者:rishou  投稿日: 6月29日(土)09時56分23秒

ちょっと小さいのと 一人というのが 気に入りませんが・・
永住じゃ ないのね〜

母は 抱えるものが大きいな〜 と つくづく・・・
明るい生き方 困難に立ち向かう強さ
苦しさ 悲しみを理解できる やさしさ
お子さんを育てることで 自分が身につけたことを
新たな出会いの方に 1つでも 感じていただけると いいですね


それにさぁ。 投稿者:まつこ  投稿日: 6月29日(土)10時14分10秒

自閉症の親戚からは天才もでるんだよ。

テンプルさんが言ってる。
もし、自閉症の遺伝子が存在しなかったら
人類はいまでも洞窟の入り口ですわりこんで
おしゃべりに花を咲かせている、って。

掲示板過去ログ案内に戻る