2002年7月その1
ごめんなさい 投稿者:satomi  投稿日: 7月 1日(月)10時07分40秒

久々にカキコしたはいいけれどかなりはずしてるし、失礼しました。
ちなみに、わたしの場合もごく身近な子どもと接する機会の多い人以外には多くを語ってはいません。遺伝うんぬんを気にし始めたら、、、深い深い迷路に入って抜けられなくなりそうだし、考えたところでわたしたちの力の及ぶところではないですしね。

わたしの弟が結婚する時、、、やっぱ話すより何より実家に弟が彼女を連れて来た時なんかにさりげなく合わせるかな。「我が道で面白いヤツだよ」ってね(笑)


うちの場合。 投稿者:とも母  投稿日: 7月 1日(月)19時25分54秒

カンガーさんこんにちは。
私の弟も最近結婚したばかりなので出てきました(亀レス失礼)。

うちの場合ですが、とものことは、ずいぶん以前に弟に言ってあったので、
結婚前に、弟が彼女に伝えました。
遺伝については・・・・弟も彼女も考えてません。
二人とも本を読んでるわけでもないし、私もそこまで言っていないからです。
だからというわけではないけど、私もやっぱり、
とりたててそのことについてカンガーさんが言う必要はない、と思います。

朝倉さんちじゃないけれど、私の家系もダンナの家系も、
よく見るとADHDっぽいのとか自閉っぽいのが結構います。
で、ADHDっぽい叔母の嫁ぎ先のダンナに限って、
自閉っぽかったりして、類を呼んでる???かんじもあります。
(そこんちの子どもの一人は、言葉が遅くて検診にひっかかったこと多数、
今は、友だちつきあいは苦手なものの、それなりに社会人してたりする)。
でも、それもこれも今だからそう思うだけで、トモに問題がなければ、
そんなこと気づかなかったです。

私は、親が私とダンナだからトモに自閉傾向が出たのかなァ〜??とは思いますが、
弟と彼女は弟と彼女であって私とダンナではないので、
この場合、障害児が生まれる確率は、<現時点では>ごく一般的な数字だと思うのです。
はっきりした遺伝性の病気なら伝えるべきだとは思いますが(心構えという意味で)、
不確かなリスク云々だけをいま言うのは、あんまり意味がないかなぁと。。。
そんなわけで、私は彼らにとくに細かいことを話すようなことはしてないのです。

ただ、子どもを持って思うこと。
子どもって、自分とダンナのキャラ要素にはない部分も持って生まれてくるなぁと・・・・。
弟さんの彼女とルーちゃんが仲良しになれるといいですね。


satomiさん、とも母さん 投稿者:カンガー  投稿日: 7月 2日(火)06時22分08秒

どうも、ありがとうございます。

>私は、親が私とダンナだからトモに自閉傾向が出たのかなァ〜??とは思いますが、
弟と彼女は弟と彼女であって私とダンナではないので、
この場合、障害児が生まれる確率は、<現時点では>ごく一般的な数字だと思うのです。

それがね、弟と、ルーがとてもよく似ているんですよ。
弟は健常ですが、弱い部分があり、個性の範疇ですが、とても自閉的だと私は思っています。
ルーを見ているから、わかるんですけれどね。
だから、なんか怖くって・・・。

昨日、実家の母が弟に少し話をしたそうです。
遺伝の話も少ししたそうですが、そんなことは全然心配していないと笑っていたそうです。
そういう楽観的なところは、私と兄弟とは思えない(笑)。
夏休みに、いろいろ話してみたいと思います。


あら、楽しみねぇ。 投稿者:まつこ  投稿日: 7月 2日(火)10時14分31秒

>弟と、ルーがとてもよく似ているんですよ。

その弟さんと付き合ってる彼女ならルーちゃんの人間としてのよさも
感じ取るでしょうね。
……きっとルーちゃんも。


そうそう 投稿者:satomi  投稿日: 7月 2日(火)10時46分50秒

それにあんまり真剣にお話して意識させてしまうと、例えば障碍のある子が生まれた時に逆に「やはり遺伝した」なんて思われてしまう心配もありますよね。
何世代もに渡る中にはいろんな人がいると思います。そのケのある人なんて数えきれないでしょう。
生まれて来たものに対して遺伝うんぬんの話しは無意味に近いし、やっぱ未来のこと考えなきゃね(弟さんとこはこれからですが)。
義父が以前、遠い身内に似た感じの人がいるとすごく気にしていたことがあります。
ヒロのことは身近にいる人なので詳しく話してましたし「遺伝なのか?」と聞かれた時に「その可能性もある」程度には話していたんですがね・・・
その遠い親戚がいなくてもヒロが自閉症であった確立なんてそう変わらないとわたしなんかは思っていますがねぇ〜
愛しい我が子なら何があったって愛せますよ〜。それはそれで弟さんご夫婦(まだだってば(^^;)の問題ですしね(^^)
子どものことだけでなく、何かあればカンガーさんが弟さんたちのよきサポーターになってあげればよいと思います。実際何かするというだけでなく気持ちだけでもよいと思うのですよ。

じとじと天気もやっと通りすぎ気持ちのいい快晴です。
これから本格的に暑くなるのでしょうね。

今年の夏は、近くのイルカセラピーやってるところにも行きたいし(アトピー・自閉症児対象にイルカと一緒に泳げるところがある、町の施設)、、、プール、去年は恐くて入れなかったが・・・
幼児教室でもプールあるしなぁ、、、
言語の方では最近、絵カードを使っているのですが反応はいまひとつ。覚えは結構いい方なんですが興味ないものだとねぇ、、、このごろは電車一筋です(笑)

わたしの身近にもいますよ、ヒロと似てるなぁっての(笑)ヒロのお父さんとかね、ウチの弟も少し・・・って感じで、個性の範囲でそのケありなんて人いっぱいいますよぉ〜
かく言うわたしも、、、


ナイスコメント。 投稿者:とも母  投稿日: 7月 2日(火)11時52分02秒

まつこさんに座布団一枚。(^^)//□



あれ。 投稿者:とも母  投稿日: 7月 2日(火)12時00分56秒

弟さんよりも、その彼女のほうが問題ありかも???
もう少し、お互いをじっくり見つめてから結婚話にすすめたほうがよさそうですね。
彼女、結婚できるという条件だけ見てる感じがします。
弟さんの人格とか、価値観とか、趣味嗜好とか、ちゃんと認めてるかどうか、
そのへん、すごく気になる・・・。
でないと、この先子ども作る以前に、結婚生活上に問題をきたしそうでは??


それは・・・ 投稿者:satomi  投稿日: 7月 2日(火)12時30分57秒

今から口負けしているようでは、、、先行き不安・・・
無神経なことばでルーちゃんを傷つけるような人だと、、、いやですよね。

ウチの実家の元長男の嫁も気が強くて改装工事で照明の業者と打ち合わせしている時に「ご両親とも相談されては」と業者さんが気を使って言ったら「わたしたちの部屋ですから」ときっぱり言ったとか(業者は実家の知り合いだから筒抜け〜)
同居するなら絶対、台所と風呂は別に・・・というタイプですね(^^;

ん、話しがここからずれてるかぁ、、、
でも、それってもう少し時間置いた方がいいですね。急いだらいいことないし、、、


暑がり 投稿者:ガンコママ  投稿日: 7月 2日(火)16時07分32秒

私の住んでいる地域は、夏は暑くて冬は寒いというところなのですが
特に夏の暑さはムシムシして大変です。
今日も梅雨の晴れ間で気温は30度をこえたのですが、幼稚園から
帰ってきた娘はすっかりばてていました。お迎えの車の中でなぜか
「体が痛い〜。」と大騒ぎ。日焼けでもしたのかなと思ったのですが
家に帰って冷たいお茶を飲み、シャワーをあびて.エアコンをつけて
あげたら「もう体良くなった」とのこと。

娘の暑がりは年々ひどくなってきている気がします。暑さというか
強い陽射しがいやみたいで、それほど暑くない時期でも外を歩く時は
日陰を選んで歩いてました。幼稚園では毎週月曜日に園庭で朝礼が
あるのですが、暑いときは娘は外に出るのを拒否して、一人で靴箱
の近くの日陰に座っているそうです。
6月にあった運動会の時も「頭が暑い。」と半べそをかいていました。

去年の夏休みも日中は一歩も外に出ようとせず、近所の子が遊んでるのが
嫌なのかなと思っていたら、夕方日が沈んだらやっと出てきました。
今年もそうなるのかなあ。

これも自閉症に関係した感覚の過敏なのでしょうか?娘はかなり太め
なのでそのせいかとも思うのですが。みなさんのお宅はどうですか?

こんなんで小学校に行けるのかなとまたまた心配になってしまいます。
気候のことは親がどうしてあげることも出来ないですよね。なにか
暑さをやわらげるまたは耐性をつける方法ってないでしょうか。


とも母さん、satomiさん 投稿者:カンガー  投稿日: 7月 2日(火)18時47分16秒

心配してくださってありがとう。
私もとても心配です。
そのあたりのことも含めて、夏休みにじっくり弟とは話します。

私の書き込み、消去しました。ごめんなさい。
うちは、ひとりっ子なので、気がつかなかったのですが、よく考えたらかなり無神経な書き込みだったなと反省しました。
気を悪くされた方もいると思います。本当にごめんなさい。


ガンコママさんへ。 投稿者:ペンギン  投稿日: 7月 3日(水)08時14分35秒

>お迎えの車の中でなぜか「体が痛い〜。」と大騒ぎ。

これは、感覚が未分化で温覚と痛覚が混合しているために、暑さ寒さの感覚を「痛い」と感じてしまっているように思います。



>暑いときは娘は外に出るのを拒否して
>「頭が暑い。」と半べそをかいていました。

身体の恒常性を維持するのと体温調節機能が弱いので、ちょっとした変温動物みたいなところがあるのでは? ウチは、親子ともども(共にアスぺ)にこれがあります。特に、下半身は冷えやすく、上半身はのぼせやすい。そして、自分の身体的な感覚に敏感なのでそれを感じやすいばかりか、一度気にし始めるとそこに注意が集中してしまう。つまり、身体的な虚弱さから実際に動けなくなりそれに対する過敏もある、というのが原因だと思います。
自律神経系の調節不良があってそれを感覚できずに倒れてしまうよりは、ずっとマシという考え方もできるのではないでしょうか? もう少し大きくなって来たら、「体温調節がしにくい体だということ」「それに過敏になっていること」を本人にハッキリと言って、自覚的にコントロールするように教える必要も出てくるところです。
身体的なことは、成長するにつれて落ち着いてくることもありますが、私の場合は十代のうちは全くダメでした。ウチの長男は今中二で、小学校の時と比べればいくらか良くなっていますが、大幅な変動と暑さにはとても弱いです。(湿気が加わると、とてもダメージを受けやすくなります。)

で、対処法ですが、↑で説明がつく場合には、身体的な特性に合わせて時間割を組んだり場所を選ぶなどの環境面での配慮をすることと、身体に注意を集中させないように自己コントロールする方向に持って行く必要があると思います。
訓練といっても、身体的な特性なので無理は禁物です。もし、本人が受け付けるのなら、足だけの冷温浴や足を温めるなどの東洋医学的な手法を遊びとして取り入れて、調節機能を高めるやり方もあります。
でも、これを毎日続けるのが大変だったら、物理的に温めたり冷やしたりして対応すると早く解決します。これも、身体的な特性が個人個人違うので、一概に言えません。例えば、私は“冷えのぼせ”が強いので、頭が暑くなったら足を温めると治ります。でも、ウチの長男は、皮膚感覚派なので、外から風を当てないとダメです。

もし、何かのヒントになったら、お役立て下さい。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/index.htm


あっ、一つ書き忘れ。 投稿者:ペンギン  投稿日: 7月 3日(水)08時48分02秒

頭の冷は方には、もちろの直接冷やす方法もあります。(ありきたりですが…。)
この場合も、「ひえぴた」のようなピタリ貼る系を好む人もいれば、それは断固拒否派もいます。氷をなめたり口の中でガリガリしているとおさまる系とか、氷を手に持ったりビニール袋に入れて冷やすのがいい系とかもあるようです。

お好みに合わせて、効果のあるものを選んでみるといいと思います。


 投稿者:ペンギン  投稿日: 7月 3日(水)08時50分32秒

「もちろの」⇒「もちろん」でした。


はーい 投稿者:ひいろ  投稿日: 7月 3日(水)09時55分04秒

>頭の冷は方には、もちろの直接冷やす方法もあります。(ありきたりですが…。)
>この場合も、「ひえぴた」のようなピタリ貼る系を好む人もいれば
>それは断固拒否派もいます。
>氷をなめたり口の中でガリガリしているとおさまる系とか

ひえ○た断固拒否派です(笑)
高熱がでていても根性ではがす。熟睡していても起きてはがす。・・もう諦めました(笑)

保育園ではやっぱり暑くて動きが悪いドラくんに、「濡れたタオルを首から下げて」
くれてたようです。それでも暑いとちゃかり事務室に行って(ここが唯一クーラーが入っている)
園長とふたりでまったりと涼んでいたらしい(爆)子供には甘い園長さんなんです♪

あとドラはなぜだか頭だけすんごい汗をかくので、夏にはツルっと坊主にします(笑)
これだけでも涼しさは全然違うようです。


がおおおおお 投稿者:リンコ  投稿日: 7月 3日(水)11時57分27秒

何とタイムリーな話題。ペンギンさん、感謝です。

私の場合、冷えるのは上半身(主に腕)なんですけどね。暑いときはとにかく、長そでか七分そでで腕を冷やさない。でもそれがむつかしいんだなあ。長そで、七分そでの別、それに、生地の厚み、ピタッと吸いつくデザインか、ゆるゆるデザインか、で2×2×2で8種類の組み合わせがありますから(生地に「中ぐらい」を入れると12通りですね)。まだ試行錯誤が済んでませんし、これを識別する、管理する、となるとこれまた、ADHDとの相性があり。

肩掛けをかけると、肩掛けを押さえることに全意識が集中してしまい、手元の作業はおろか、姿勢の保持も排尿も空腹も外傷の発見もおろそかになるワタシ。

これを「繊細なのか鈍感なのか」という二分法で理解しようとするととらえそこねますな(青年期には、これが自己同一性の混乱につながり、人格の異常の大きな原因になっていたようです)。「同時進行ができん」という一項目を導入できるかどうかで天と地。


あと、 投稿者:リンコ  投稿日: 7月 3日(水)12時02分42秒

建物の中での温度差とか、時間による温度差(あわてて冷房して、効いてきた、とか)がコタエます。土蔵とか、地下室とか、変動の少ない居住空間がいいんじゃないかと思ってます。

躯体が分厚く、冷暖房の効果が出るまでが遅い、とか、そういう建物ですね。

あと、寒さには強く、暑さに弱いので、吹き抜け天井みたいに、「夏涼しく冬寒い」がいいかもしれないと思います。

寒さにはつよいですが、かなり暖かい部屋でも「窓ガラスの横に座ると、そちら側の耳と頬と腕だけ寒い」というのは絶対ダメです。それよりはやや寒くても一様な方がいい。トイレだけ寒いとか、夏、廊下に出るといきなり暑いとか、そういうの最悪。全館冷暖房にならないなら、冷暖房無しでがまんしたいくらい……


ペンギンさんへ 投稿者:ガンコママ  投稿日: 7月 3日(水)17時09分07秒

詳しいレスをありがとうございました。

>感覚が未分化で温覚と痛覚が混合しているために、
>暑さ寒さの感覚を「痛い」と感じてしまっている
こういうこともあるんですね〜、納得。

>身体的な感覚に敏感なのでそれを感じやすいばかりか、
>一度気にし始めるとそこに注意が集中してしまう
うちの娘もたぶんそうだと思います。
娘は寒さには鈍感な方なんですが、ひえ○たは断固拒否派で
職員室の常連さんです。(笑)

ひとくちに感覚過敏といっても本当に人それぞれなんですね。
親子で娘にあった暑さ対策を考えたいと思います。

通販で、保冷材が入っていて水に浸してから首にまくバンダナの
ようなものを買ったのですが、これはだめでした。しめった感じ
がいやだったみたい。




うれし〜 投稿者:力士  投稿日: 7月 3日(水)22時50分55秒

力士もひえぴたダ〜ィ嫌い。丸坊主なのに汗かきだし、寒さを痛いと表現するのも一緒です。緊張キツイし。あ^〜~ウロコでした。リンコさんのおはなし。勉強不足を痛感します。私、明日からパニクらなくていい事ふえました。


間違って 投稿者:力士  投稿日: 7月 3日(水)22時56分01秒

送ってしまいました。ペンギンさんのページをみせていただいてぁそおなんだと納得しました。みなさん、ありがと〜ございます。


家の子は 投稿者:大ママ  投稿日: 7月 3日(水)23時06分09秒

車の助手席に乗っていて、まぶしいと前を見れなくて、目があけられない状態になってしまいます
まぶしいのにとても過敏だなと思ってみています


補足どぇ〜す♪ 投稿者:ペンギン  投稿日: 7月 4日(木)20時48分29秒

私の場合、暑さ寒さに弱くて動けなくなってしまったりボ〜ッとしたまま日中が過ぎていくのを、自分で「だらしない」「情けない」と思ってしまった一方で、鈍感な部分があることにも全く気づいていなかくて無謀なことをしてしまったために、本当に体を壊してしまいました。
知らないことが、自己認知と人生設計も両方を狂わせるほどの大誤算の原因になってしまいます。こういう身体的な問題は、どうでもいいことだと思われがちですけれど、こういうことこそ知っていて欲しいと思いました。


身体的な問題でもうひとつ、 投稿者:ガンコママ  投稿日: 7月 5日(金)07時29分40秒

すぐに寝ころがってダラダラしている(ように私には見える)のも
やはり低緊張とかあるんでしょうか。テレビやビデオを見るときに
いつも寝ころがって見てるです。そのつど「座って見なさい」と
注意して、その時は座るんですが次に見るとまた寝てる。

幼稚園でも年少さんの頃は先生から「すぐに床に寝そべってしまう
ので、疲れてるのかなと思うのですが。」と言われたことがあり
ました。年長さんの現在はやってないみたいなんですが。

娘はかなり太めなので(体重が28Kg近くある)、ダラダラ
してるのがすごく気になります。

テレビを見るときにいい、きちんと座れる椅子ってないでしょうか?


姿勢の保持。 投稿者:ペンギン  投稿日: 7月 5日(金)08時23分40秒

低緊張は主に筋力の問題で、重力に抗して姿勢を保持するのがむずかしいのです。頭の位置を正常に保ったり、体のバランスの平衡を保つ機能と合わせて、「前庭覚」の異常だそうです。モノの本によると、これが覚醒水準にも影響しているとのことです。(注:緊張の調節も、筋力だけの問題ではなく、前庭覚の機能に由来するもののようです。)

だから、「できなくても仕方ない」と考えることもできますが、私は、姿勢を保持していなければならない行事の時などにはきちんとできる必要があるけれど、プライベートな場面では自由にしていた方が良いと考えています。
指導する側は、“良い行動”を強化することで時と所の使い分けを教え、本人自身にもできる限りこうなってしまう理由を教える方針です。

感覚器官と脳の働きは身体的な問題ですが、「だらしない」は別のことです。でも、社会的な場面でその場にふさわしい行動がとれることも、本人の精神衛生のために必要なことでもあるので、身体的な限界に合わせてどういうスタイルで行くか決めた方が良いと思っています。(ホーキング博士に向かって、「しゃきっとしなさい!」と言う人はいないでしょう?←ちょっと飛躍しすぎ?)


とりあえず、 投稿者:リンコ  投稿日: 7月 5日(金)08時27分19秒

この辺が、定番でしょうか。

http://home4.highway.ne.jp/matsu1/kayano_si/kayano_si_4_2.htm


できたら、 投稿者:リンコ  投稿日: 7月 5日(金)08時38分42秒

私の場合は、社会的にしゃきっとしてないとマズイ場所では、あとで「その場で話された内容の要約」をいただけるのが一番助かるなと思います。セレモニー的な場所ですね。

ただ、成人後は、リアルタイムでの内容理解も両立しなくてはならない場所が増えてきます。たとえば打ち合わせや商談や合コンやプレゼンや麻雀で姿勢の保持に専念しちゃうのはかーなーりーマズイ。でも、ずるずるっとなるわけにはいかないし。

お見合いなら、固まってることに専念しててもいいんですけどね。合コンだと「せんだみつお」で負けて罰ゲームの連続ですわな(いや、姿勢保持の問題がなくても「せんだみつお」は出来ないだろ! という当然のツッコミは却下)。

ちなみに、先の書き込みで紹介したURL、トップページもあわせて紹介しておきます。

元はといえば、ここの先輩方の誰かに、どこかで、教えていただいたものですが。

http://home4.highway.ne.jp/matsu1/kayano_si.htm


ちなみに、 投稿者:ペンギン  投稿日: 7月 5日(金)08時39分01秒

ウチの次男(ADHD)は、現在小三ですが、テレビを見るときはいつもあお向けにねっころがっています。(家では、ご飯の時だけ注意します。)
知っている子に、いつもソファーの背もたれに足を引っ掛けて、さかさまにすわっている(?)子がいました。


授業なども…。 投稿者:ペンギン  投稿日: 7月 5日(金)08時47分03秒

最初と最後の挨拶の時はしゃきっとしていないといけないけれど、「姿勢の保持」と「人の話に注意を向けること」が同時にできない人に対しては、授業中はどちらに専念するべきか考えれば、おのずと優先順位は決まるでしょう?
(ただ、現状では、発達障害のない子の姿勢が全般に悪いために、一緒に指導されてしまうことが増えています。)


同様に、 投稿者:ペンギン  投稿日: 7月 5日(金)08時50分55秒

「姿勢を保持する」ことと「ご飯を食べること」が同時進行できない人に対しては、ご飯中に姿勢を注意すると断食になってしまいますので、その辺は個々の事情に合わせて選択べきですよ〜♪


ま、それはそうなんだけど、 投稿者:リンコ  投稿日: 7月 5日(金)09時00分21秒

姿勢の保持は、外傷の防止でもあるわけで。

授業だから、内容の理解が優先、普段の食事だから、栄養の摂取が優先、と思ってると、転倒→外傷→炎症or化膿により微熱→体調が悪いから内容さえ耳に入らない

にもなるので、ある程度以上姿勢の保持がムツカシイ場合は、安全対策も考えた方が良いような気がして、現在試行錯誤中です。

30代後半になって、老化も始まってから、仕事と家事と両立しながらこの試行錯誤をするのは非常に非効率的な気がいたします。ま、その分、身体のサイズが(少なくともタテには)変わらないため、一度見つけた道具が長く使えるという利点はありますが。

あ、そうだ。先の書き込み2回で、字ばっかりの資料を紹介しちゃったんで、なごみもののお写真も紹介しましょう。

http://www.artprints4sale.com/hoshino/hsh501.htm


横からごめんね 投稿者:ふろぷしー  投稿日: 7月 5日(金)09時06分34秒

リンコさ〜ん!

「せんだみつお」って何ですか?

話の流れを邪魔しちゃうみたいだから
聞くのは悪いかなと思ったんだけど、
気になって、気になって…


福祉機器の椅子。 投稿者:ペンギン  投稿日: 7月 5日(金)09時10分58秒

なかなかないよねぇ。

普通の椅子だと、こういうの↓かな?

http://www.fukushi.com/yougu/data/files/meister/index.html


おっと。 投稿者:ペンギン  投稿日: 7月 5日(金)09時34分37秒

安いのを発見!

http://www3.ocn.ne.jp/~seikatu/


ありましたよ(*^_^*) 投稿者:まつこ  投稿日: 7月 5日(金)09時36分41秒

せんだみつおゲーム


うわぁ! 投稿者:ふろぷしー  投稿日: 7月 5日(金)10時31分31秒

まつこさん、ありがとう!

小学生の頃「どびん、ちゃびん、…(以下自主規制)」
というゲームがありましたが、それに似てますね♪

なんか、いろいろ応用できそう。
さっそく家で流行らせます(おいおい)。


すみませ〜ん。 投稿者:ペンギン  投稿日: 7月 5日(金)12時06分46秒

自分が椅子を探していたもので、ついついリンクしてしまいました。
こういうのダメでしたら、削除しておいて下さい。


UD 投稿者:M  投稿日: 7月 5日(金)22時20分54秒

>自分が椅子を探していたもので、ついついリンクしてしまいました。

うっ・・・・、
私めが今、座っているいすによく似た椅子に
シルバーチェアーという命名が・・・。

あ、そうかユニバーサルデザインね。
若者にも、お年寄りにも万人に優しい機能。
              < ということで納得!


どこでも暑いなあ 投稿者:謎のタヌキの母  投稿日: 7月 6日(土)21時30分10秒

視覚と聴覚の話でも一席いたします。
たぬの情報処理は、聴覚が○で視覚が×という非常に分かりやすい生き物です。
剣道ですね、正しい竹刀のふり方は目を瞑っても出来るんすが、
いざ実戦となると、「あそこがあいてるから、あそこが打てる」と
目で判断して、手が動くまで、他人より時間がかかってるみたいです。
でも、盆踊りはうまい方だし、運動会のダンスの実行委員もしたし、
全部出来ないとゆーわけではないっす。でも、辛いもんはそりゃ
あります。
でですね、皆様「ピアニスターHIROSHI」さんをご存知でしょうか。
右手でモーツァルト、左手で演歌を弾かれる方です
前うちの市でコンサートをされたんですが、多分あの人も
WISC−IIIとかしたら面白い結果が出ると思います。
ご本人も、「右脳と左脳が分離独立している」といっていました。
毎月購読しているピアノ雑誌のHIROSHIさんのコーナー
の曲のアレンジも、斬新で楽しいものばかりです。
特に、恒例となっている「しりとりメドレー」でも、
全く趣旨の違う、クラシックから演歌まで華麗につないでおり、
ただただ感心するばかりでした。
一度検査すると、面白いかもです。
ジャズ・シンガーの綾戸智恵さんも、一度耳から聞いた曲を
ピアノでさらっと弾けるそうです。羨ましいの一言に尽きます。
そう言う人って、数唱もできるし動作性も高いようですね。
たぬは…動作性低い…
まっいーか。
そんなもんで。


むかしむかしは 投稿者:ひいろ  投稿日: 7月 6日(土)23時45分58秒

謎のタヌキの母さん。

>一度耳から聞いた曲をピアノでさらっと弾けるそうです。

私も出来ましたが、数唱は苦手ですよ〜♪絶対音感は訓練しないと鈍っていくようです。

ヒ○シさんは、確かにアヤシイですけどねぇ。
でもあれって、ある程度は訓練すればできるようになります。
もちろんヒ○シさんは、大して訓練などはしないで出来るタイプだと思います。
私はひとつの部屋で別な人が演奏していても、演奏するくらいならできます。
・・・単なる過集中状態(笑)でも子供の時はできませんでした。
やっぱこれも慣れだったのかもしんないです。


あーっ 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 7月 7日(日)09時33分46秒

すいません、謎のタヌキの母ではなく、れっきとした本体の
謎のタヌキです。うっかり間違いは誰にでもあるですって事で、ご勘弁。
なんか、LOVELYなパタちゃんにメンタコにされたような気分だ。


いや 投稿者:ひいろ  投稿日: 7月 8日(月)10時03分48秒

そうじゃないかなぁとは思ったのですが「書いてある通りに」思ってしまいました(爆)

謎のタヌキ様。パタちゃんは、連載当初は読んでたのよ〜♪
・・っていう事はと年齢を計算しないように(笑)

掲示板過去ログ案内に戻る