2002年7月その6
はい 投稿者:M  投稿日: 7月29日(月)21時48分11秒

精神科医にも色々おられます。
過去にも、”とんでも本”を出されたり、マスコミ”受け狙い”の説を流したり、
って方も何人もおられましたね。

ちびくまママも書いておられたけど、

>私としては一応関心は持ちつづけつつも、「犯人探し」は専門家にお任せして、
>「今目の前にいる我が子と楽しく生きていくにはどうしたらいいか」のほうを追及したい
>です。

 ね。
 
 今日は、臨床心理士&担任とある子の指導についての検討をしてきました。
 今と未来をしっかり見据えていきたいね。


ネットで 投稿者:satomi  投稿日: 7月29日(月)22時34分29秒

「自閉症」で検索かけると出てくる出てくる!納得いくものからとんでもないのまで。
あんまりいろいろあり過ぎて気にかけるのもバカらしくなってきますよ(笑)逆に「バカなこと書いてるよぉ」と笑ってやるのも面白い(^^;
あんまりひどくて一般の方が目にするサイトには「修正しろぉ!」と抗議したり、、、ヒマなのか?わたし。いゃ、、、そんなハズはない・・・

saramamaさん

わたしだけじゃないのね(笑)わたしも長男の時にはトントンと受けたのに、、、次男ですでに気に止めていない状態・・・ヤバイ!(笑)
−−−−−−−−−
次男、視線は今でも合いにくい。呼んでも半々、振り向いたり振り向かなかったり・・・
最近「ばいばい」覚えました。TVで拍手してると一緒にぱちぱちしたりして、、、「どっちかなぁ」なんて思っている時が一番複雑ですねぇ。どっちにしてもはっきりしちゃえばすっきりするのに(笑)次男は相変わらず相手にしてくれない長男を追っかけてばかり。側で機嫌よく遊んでます。何か似てるのよね、この二人(^^)


長年 投稿者:rishou  投稿日: 7月29日(月)22時43分06秒

障害児に関わるお仕事をさせていただいておりますが・・・。
原因が分かるのは 半分以下でしょう。
原因が分かって すっきりした というケースも無くはないが・・・。
原因探しは だれのために 必要か・・・?  子供のため・・・? それとも・・・?
「私のせいではない」と どうしても 思わなければならなくて それによって お母さんの育児意欲が増すのなら やっても良い・・かも・・・。
しかし 親の望む結論が(原因が)出ない場合も多い。
そして 原因が分かっても 子供の障害が治るわけでも 消えるわけでもない。
御願いしたいのは 原因探しに終わらないで下さい ということ。
心いくまで 原因探しも犯人探しも して良いけれど 平行して 教育もやってくださいね。
そうしないと 原因は解ったけど こどもの教育が遅れた というケースも 無いわけではないのでね。
子供の育児に直接関わるお母さんが 元気になったり 励まされたりする情報が少ないんですよね。
つらいけど ここに書き込んだ あなたはよかった・・!
みんな どこかで つらくて 苦しくて 悲しくて でも 子供のために 何かしたくって ここにきた。
辛かったから みんな優しいんですよ。また きてくださいね・・・。

予防接種で不幸にして脳障害がおこった事例は マスコミ等でも聞き及びますね。
しかしそれが=自閉症 というのも 極論に過ぎる説のようにおもいますが・・・。
私は 自閉の専門家ではないけど 証明されてもいないことを流布する学者には 腹が立ちます。


ほよっ、 投稿者:satomi  投稿日: 7月29日(月)22時53分25秒

>長男の時にはトントンと受けたのに、、、次男ですでに気に止めていない状態

日本脳炎は長男でした。今は育てるのだけで大変で予防接種まで気が回らない(笑)
頭の中がごっちゃになるし、、、実は次男のポリオ、この春だったのにこれも抜かしてるし・・・
スケジュール苦しくならないうちに受けないとなぁ。。。


誤解を招くような書き方をしてしまいました。 投稿者:宝島  投稿日: 7月29日(月)22時54分33秒

すいません、言葉が足りずに。
読み返してみると誤解を招くような内容ですね。
決して自閉症の原因が「赤ちゃんの夜更かし」であるとは、思っていません。(今は)
satomiさんのおっしゃる通り、大変な時期にこの記事を目にしたので
降りまわされたのは事実です。今読んでみると確かに内容が原因と結果が逆転してると
思います。
当時はパソコンが自宅に無く、今のようにリアルタイムで情報を仕入れることができなくて
図書館で一昔前の自閉症関連の本を読みあさっていた時期でした。

「犯人探し」をしてみたくなる時って、皆さんにもあったのではないでしょうか?
Mさんのおっしゃる通り、今と未来を見据えていきたいと思います。
でも、まだまだ自分は修行不足だ〜と、ここの掲示板を読むと実感します。


今はもう・・・・ 投稿者:ととら  投稿日: 7月29日(月)22時55分22秒

いろんな「原因」といわれるものを目にしても、聞いても、
一定の距離を持って、「そんなふうな説もあるんだぁ〜。」
くらいに受け止められるけれど、やっぱり、情報に振り回されそうになった時期も
あったような気がします。

ただでさえ、検診で発達の遅れがわかると、保健婦さんたちに
「お母さん、どんなふうに関わってこられましたか?」なんていわれて、
自分の接し方の悪さ(手がかからなくてほったらかしてたような・・・とか。)
をくやんだりして、自分を責めたりする時期もけっこう長かったような気がします。

今は接し方が悪かったというよりは、接し方のポイントが違ったというか、
一般的なマニュアルのあてはまらない子供だったとわかったけれど。

そういう時期を経て、だんだん、子供の未来に目を向けていけるようになったのも
確かだと思っています。


きっと大丈夫 投稿者:satomi  投稿日: 7月29日(月)23時00分25秒

原因が気になる時期はあるけれど(やっぱ自分が苦しくて、楽になりたいからだね)、それだけでは終わりません(^^)トンネル抜ければ後は前進あるのみです!
きっと、ここに来ておられる方も、そりゃいろいろ悩んだり苦しんだりもするけれど、前向きに我が子のためになるヒントを探しに来ている人たちだと思うので(^^)


カンガーさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 7月29日(月)23時32分58秒

>実は最近、今までのほめ方が悪かったせいか、自信家になってきたような気がします。
>自信過剰なのは、周りに敵をつくる原因になると心配しています。

自分に自信があるからこそ優しくなれる場合も多いかと思います。
周りに敵を作るのは、周囲の人に自慢したり、厭味を言ったり、
人の失敗を許さない態度が鼻につくからだと思います。(経験者談)
その点は、ルーちゃんほどの知能があれば、ソーシャルスキルトレーニングで
「いずれ」十分カバーできると思います。
まだまだ小学一年生です。低学年の間はその辺りが身に付いていない子は
山ほどいます。一つずつ確実に習得していけば、社会へ出る頃には
一般的なソーシャルスキルは身に付いていると思いますよ。

なお、褒め方には気をつける必要があると書いたのは、
本人が満足しているツボを確実に褒めるのが最もやる気
を引き出す、という意味が入っています。


誰もがとおる道だけれど 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 7月30日(火)00時34分34秒

>「犯人探し」をしてみたくなる時って、皆さんにもあったのではないでしょうか?

はい。ありました。
「あれが悪かったのか」「これが悪かったのか」
堂々めぐりで、辛いばかりで、今と未来を見据えるどころか、後ろばっかり見て、
一歩も前に進めなかった頃。
ととらさんがおっしゃったように、ああいう時期もあったからこそ、
今もあるのだと思えます。「犯人探し」の時期は、誰でも通るもの、
そのこと自体が悪いとは全く思いません。

でも、あの頃の私にとっては、その辛さを倍増させたのが、周りからの無責任な
「情報提供」「アドバイス」の言葉でした。
「自閉症って、テレビの見せすぎが原因なんだって」
「お母さんが、あんまりまじめなのが良くないんじゃないの?」
「アトピーで制限食してた子って、脳に栄養がたりなくて自閉症になるんだって」

今考えれば、いいえ、当時でさえも、「何バカなこと言ってるの」と思うような
原因論にでさえ、私は心を揺らされて、何度も自分を責めて涙を流したし、
眠れぬ夜を過ごしたりしました。まして、「テレビで言っていた」「有名な
○○先生の本にそう書いてある」などと言われれば、不安でいても立っても
いられなくなりました。

現在、ここの掲示板に書き込みするのは、腹の据わった○狸が圧倒的多勢ですが、
ひっそりとここを読んでいるだけのお母さんたちが、たくさんいます。
昔の私のように、「自閉症」や「言葉の遅れ」で検索してここにたどり着いて、
毎日「この子には障害があるの?」「原因はなんなの?」と悶々としながら
苦しんでいられる方もいることでしょう。

まだ避けられるリスクがあるなら、避けて通りたい、という気持ちは
わかります。
でも、既に「下の子にも」数ヶ月、数週間前にその予防接種を受けさせた
お母さんが、あの話を読んだら、裁判にもなってるよ、なんて言われたら、
どんな気持ちになるでしょうか。

今、夜寝てくれない子どもに付き合って、フラフラになっているお母さんが、
何かの事情で、時差のある国へ赤ちゃんを連れて行かなければならなかった、
あるいは、これからそうせざるを得ない状況のお母さんが、
あの話を読んだら、どんな気持ちになるでしょうか。

私は、自分が無責任な話に振り回されて辛い思いをしたことがあったからこそ、
そういう話題は軽々しくここに持ち込んで欲しくないと思いました。
どうしても犯人探しがしたい人のためには、今は他にいくらでも場がありますもの。
もしどうしても持ち込まざるを得ないというのなら、
きちんと情報のバックグラウンドも調べて、
読む人にいたずらに不安な思いをさせたり、心を傷つけたり
しない気配りを持って欲しい。

そう願うことは、理不尽でしょうか。
Mさんがせっかく今まで保ってきてくれた「前に進むための掲示板」、
だからこそ皆元気になれるのだと思うのですけれど。


・・・なんかすごい事に 投稿者:ひいろ  投稿日: 7月30日(火)01時05分26秒

私も自閉症と言われて情報がなかった時期は、とても辛かった覚えがあります。
「そんなバカな」という情報に「・・・でもなぁ」と思った事もあったと思います。
・・・実はその時期の事は混乱していて、よくは覚えてはいないんですが(笑)

でも私はここにたどりついて救われました。どこの療育掲示板を見ても
後ろ向きの愚痴ばっかりだったのに、ここだけは違っていました。
その上たくさんの情報も満載で、本当にいろいろと教えてもらいました。

以前はこの掲示板も今ほどのお化け掲示板ではなく(笑)のんびりとしていました。
その頃は現在幻(笑)と化している管理人さんも、よく登場していました。
でも・・・現在のアクセス数を見てくださいな。30万アクセスを越えています。
昔とは違いたくさんのロムをしているお母さんたちがいる証拠です。
そのロムだけしているお母さんたちの事を、玲さんもちびくまママさんも心配しておられる。
「自分が通った道」だから。それにここの掲示板の発言は「全て保存されて」います。
障害について調べようと検索をかけると、ここの過去ログがヒットする事が多いんです。
数年後にきた人がそれを見て、やっばり不安になる事は皆さんも望まないでしょう?


ではこの辺で。 投稿者:みっき  投稿日: 7月30日(火)02時08分29秒

心が揺れてたり、迷いや不安にかられると、あらゆる情報に翻弄されてしまう。

ここの酸いも甘いも噛み分けた○狸さんたちも、同じような道を辿ってこられた方が多いって
ことがわかっただけでも、前に進む勇気をもらえたんじゃないかな。<ロムの方にも

○狸さんたちの力強いお言葉を賜ったところで、この話題はお開きにしましょうね。


お世話になりました 投稿者:オリーブ  投稿日: 7月30日(火)02時30分04秒

お世話になっております&ご無沙汰しております。
「おうさまのみみ」のオリーブです。

このたび私事多忙のため、
「おうさまのみみ」のHPを
閉鎖させていただくことに致しましたことを
リンクページでご紹介させていただいている
サイト各位へご報告させていただきます。

3年もの間、
「おうさまのみみ」を支えていただき、
ありがとうございました。

http://www6.airnet.ne.jp/ousama/


腐乱検死体さんへ 投稿者:カンガー  投稿日: 7月30日(火)07時08分01秒

自信がついたら、必ずしも敵を作るわけではないと思いながらも、できれば目立たずに、おとなしく、自信なさげで、守ってあげたくなるような、そんな子でいたら、かわいがられてやっていけるんじゃないかって、思う私がいました。
実際、受動型の娘はすぐ泣くし、人のいいなりになるし、何でも譲ってしまうやさしい子なので、すごく得をしていると思います(得という言葉は適確ではないかもしれませんが、いじめられないから、得かな・・・と私が勝手に思ってきました)。

>自分に自信があるからこそ優しくなれる場合も多いかと思います。

そうですね、そんなふうに考えたことありませんでしたが、確かに、そうです。
自信がなくて、なんでも譲ってしまう娘をやさしい子と書きましたが、それは本当のやさしさではないですよね。
自信を持つこと自体が、敵をつくることにはならないですよね。
これからもがんばって、SSTを続けていきます。
教えていただいたポイントをきちんと押さえて、自信を持っていてもトラブルを起こさず、人と上手くやっていけるように、教えていきたいです。
ありがとうございました。


おや! 投稿者:M@幻の控えめな管理人  投稿日: 7月30日(火)07時12分01秒

夕べは、おフルのおタヌキ様方がぽ〜んぽ〜んとはじけておられたのね。

ふむふむなるほど。

>「何バカなこと言ってるの」と思うような原因論
>「テレビで言っていた」「有名な○○先生の本にそう書いてある」
>無責任な「情報提供」「アドバイス」

等々も、
それをうち消す情報が少なかったというその事が、
不安を増幅させる原因にもなってしまっていたって事ではあるよね。

でもまぁ、
今は、ここだけではなく、そこにも、あそこにも、
そんなものをはね飛ばす怪力!の方々が、大勢集結している所はあるから、
そのどこかに辿り着けさえすれば、もう、全く同じ思いを繰り返す事はない
んではないかという気もする。

今日も、新しくここに辿り着く方がおられるかな?
おフル様方の怪力に、はね飛ばされぬよう それだけはお気をつけ下さいね。


自信 投稿者:まつこ  投稿日: 7月30日(火)07時36分04秒

ルーちゃんの場合は、やや自信過剰くらいでちょうどいいんじゃないですか?
自分の実力を適正に判断するのは非自閉の大人でも難しいでしょう。
問題は「表現」です。
自信がないと相手はなんら敵対心を持っていないのに、
「敵だ」と認識してしまうこともあると思いますよ。

心の中で自分が作ってしまう「敵」ほど厄介なものはないですから。
自信を持つのには手間ひまかかりますが、失うのは簡単です。

謙遜するより、人のよいところを見つけて素直に「すごいなぁ。えらいなあ。」と
感心できる子は仲間作りもスムーズになるように感じます。


反省、それと息子の話(笑) 投稿者:satomi  投稿日: 7月30日(火)08時36分29秒

わたしも軽々しく不確かな情報をカキコしたことを反省です、すみません。
でも、いろんな方のカキコを読んで「みんな同じなんだね、いろいろ悩みながらここまで来たんだね」と心が軽くなれた人もいたらいいのですけれど、、、

気を取り直して久々に息子の話でも、、、と言っても大きく変化した面はあまりありません(表面的には)。息子も明後日には四歳です・・・「はぁ、四歳になっちゃったかぁ」って感じですね(笑)
四国に戻って半年くらいは何もせずに過ごしてしまいましたが春からまた言語療法に通わせたり養護学校の幼児教室に通わせたりしております。
言語の方では最近写真カードを使うようになったのですが反応はいまひとつ。
それと、あることばや絵をキーワードにすぐ自分の好きな絵本やビデオ、歌の世界にワープしてしまう・・・例えば象の絵を見せると「ぞうさん」を歌い始めたり「さよなら」と言うとぼのぼのの世界にハマッてしまってそのセリフを延々言って周りのことなど耳にも目にも入らなくなってしまう。
ウチでも日常の様々なものを写真におさめせっせとカード作りしているわけですが、なぁーんか落ち着いて見てくれない、下の子が邪魔してじっくり取り組めない日々が続いております(ただ「入り」は悪くないみたいでしっかり取り組んだわけでもないのに入ってるみたいですけど、、、)。
トーマスが大好きでそのビデオばっかり見たがるし(一日一回だけと決めてますが)トーマスに出てくるキャラはよく覚えるんですけどねぇ〜
息子はどうも、何て言うんでしょう長い時間ちゃんと椅子に座っておくことがつらいらしいんですね。ご飯食べている時でもすぐにだれたみたいな姿勢になっちゃうんですよ。下に座っている時なんかすぐにゴロンと横になってしまいますし、、、疲れやすいんですね。たくさん寝るのもそのせいなんでしょう。
もうすぐ保育園に行く予定なんですが(次男も一緒に入るということもあるし、幼稚園ではムリだろうということで保育園です)、いろいろ心配。
数日前の育児相談(手帳持ってる子と定期的に面談する)で「療育手帳持っているなら加配はつきますよ」と言っていたので少しホッとしましたが、、、
息子は走り回る元気な面もありますが、余計なことをあまりしないと言うかいわゆる手のかからない子なもので放っておかれることが一番心配なんですよね。
今は中途半端に秋から入園させるよりは来春からキリよく入れた方がいいのかしらと悩んでおります。状況が許せば来春からにしたいけど(それまでもうひとつくらい通えるとこ増やして乗りきるとか)途中からでも少しでも早く入れた方がいいのでしょうか・・・う〜ん、、、


自信 投稿者:sara  投稿日: 7月30日(火)09時36分32秒

自分の自信を持てることって、とても大事なこと。
自分に自信があって、自分を好きになれる子は、ほかの人との関係がうまくいくような気がする。

それと、言ってはいけないことを、教えていくことは、別立てかな?と

障害のある子達の中でも、「私よりできる、できない」との思いはある。
そうかもしれないけれど、でも、それだけじゃないよね。
他者との比較での自分への自信だとしたら・・・難しいね
(ルーちゃんのことではなく、いろんな子を見て感じたことですが)

>satomiさん
母子密着なのが、ちょっと気になるけど(少し離れる時間があったほうがいい?)
これからの行事は、どうなってる?
秋からだと、運動会とかもあるしね。

でも、途中入所だと、ほかの子達が園生活になれている分、
途中入所のお子さんに手をかけられる余裕があるというメリットもあるかも?
4月は、みんなも園も落ち着かないし・・
結局、悩みを増やしただけかも?ごめん。

そうそう、ポリオは必ず受けましょう。
日本脳炎は、急がなくても大丈夫でしょう(笑)


んと、、、 投稿者:satomi  投稿日: 7月30日(火)09時55分03秒

わたしのカキコには問題ありましたけど、いろいろ悩んでつらくてつらくてここにたどり着いて心の内をぶつける、時には他の方の気持ちなど考える余裕もないくらいの時もある、そんな方々のカキコも優しく受け入れられる場所であって欲しいです。
わたしもここに初めてたどり着いた時、前後もよく読まずにだーーーーー!とカキコしちゃったなぁ。ここにはホントにいろんな面で救っていただきました。日常では平気だよという顔を保っていましたが不安だらけで、、、
そういった様々なものを優しく受け止める管理人の方の寛大さに甘えてホンネをカキコしたりもするわけですが。。。それもここのよさではないかと、、、いつもいつも前向きでばかりはいられませんしね。
トーマスの母さん、わたしの余計なカキコで何かこんな風になった感もあるのですが・・・
みんな同じ、いろいろ悩んで来たんです。悩みながら少しずつ強くなってけばいいんだと思います。
わたしってば自分のカキコを反省することも多くて、ずーっと沈んでたんですけどねぇ〜次男が転がらなくなって一安心でホッと一息、出て来ちゃいましたが(笑)
いろいろ悩んだ時にはここには屋根裏部屋もありますし(^^)

8月に近くの海のイルカ飼育試験場でイルカ介入療法というものがあります。
イルカの見学自体は無料でして、少し前に息子を連れて行って来ました。息子は足場が揺れるのが恐くてイルカどころではありませんでしたが(笑)
そこのイルカは、アトピー児と自閉症児のためのセラピーを目的に飼育されているんですが、スタッフの方にいろいろ聞くと息子くらいではまだ受けさせるには幼すぎるんだそうで。
どちらにしても8月にあるイベントは民間主催で高くて手が出ない・・・二泊三日の泊まり込みです。
イルカ自体は自治体管理だからそのうちもっとリーズナブルなお値段で体験できるようになるといいなぁ、、、


saramamaさん 投稿者:satomi  投稿日: 7月30日(火)10時29分15秒

そっか、途中入園の不安ばかり考えてましたが、、、四月入園だと確かに先生も余裕がないかもしれませんねぇ。
10月くらいには入れると言われているんですがそれも確実なのかどうか・・・はっきりしないんですよね。
今は、私立の病院内の言語療法に週一とすぐ近くの養護学校(歩いて10分くらいかな)で月1、2回ある幼児教室に行っています。実は感覚統合療法を取り入れたところにも通わせたいのですが、いいところがありません。ウチでも実践できることはありますがわたしが付き合うのに体力的限界が(笑)
今は暑くて外で遊ばせるのもなかなか大変ですし、、、そういう面でもやっぱり早く保育園に入れる必要があるかなぁ・・・
母子密着は、今までできなかった分わたしが一緒にいたいのかも(笑)
ポリオ、この10月のは逃しません!(笑)


自信のこと 投稿者:カンガー  投稿日: 7月30日(火)21時34分56秒

>ルーちゃんの場合は、やや自信過剰くらいでちょうどいいんじゃないですか?

そうでしょうか・・・。
そう言っていただくと、ちょっと気が楽です。
表現というのは、確かに難しい問題ですね。
これからの大きな課題になると思います。

>他者との比較での自分への自信だとしたら・・・難しいね

これ、私も考えていたんです。
私が自信をつける場合、「ひとつのことをやり遂げた」とか「自分のイメージどおりに出来た」とか「自分はがんばった」とか・・・それだけじゃないんですよね。
やっぱり、周りと自分を比べることもある。
もちろんそれだけじゃないけれど、「他の人と比べてよく出来た」ってことも自信につながる、そういう経験をしてきたから。
ルーの場合、まだ人の悪口をいったり、人を見下したり、そういう表現をする能力がないから、表立って誰かを傷つけたりすることはない。
でも、学校でクラスの周りの子より、勉強が出来たり、運動が出来たりすることは、よくわかっているような気がする。
そして、それが自信につながっている可能性がある。
周りの子と比べて、自信を持つということは、危険なことでしょうか?
それを表現しなければ、心の中で思うだけなら、良いのではないかと思うのですけれど、どうなのかな。
そして、周りの子のように、上手くしゃべれないことも良くわかっていて、それはコンプレックスになっている。
やはり、ルーは周りの子と自分を比較していると思います。
それは、難しい・・・ですか?


自信。 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 7月30日(火)23時15分19秒

周りと比べて、自信を持つことはよくあると思います。
でも、それは、本当の自信にはなりにくいです。「井の中の蛙」だったりするので。

昨日の自分より、今日の自分の方がすばらしい。そんな風に、自分の成長を喜べるようになれば、最高だと思っています。
・・・難しいけど。


周りと比べて 投稿者:まつこ  投稿日: 7月31日(水)08時19分32秒

得た自信はもろいと思うけど。
周りと比べて不安になるのと表裏一体ですもの。

で、少年を見ていて思うのは
「全体の中で自分がどういう位置にいるのか」をあまり感知しない。
だから坊主が「今日、森○君はクラスで一番最初に『三年とうげ』を全部暗誦してん。
僕もがんばるねん。」というような動機付けの方法は、少年にはあまり有効でないです。

少年には「今日はここまでできたね。昨日よりこれだけ賢く(強く)なった。記録更新!」の方が
間違いなく有効なんですよ。

……そのお陰で「僕の得意科目は体育」と言ってますが。
客観的に見れば……なんともはや。


(無題) 投稿者:sara  投稿日: 7月31日(水)11時53分20秒

以下は、私が体験したことですが・・

ある集団の中で、比較して自信をつけると言うことは、
ある意味、違う集団では、自信とはならないこともあるだろうし・・・
(例えば、100M走で、校内では1番でも、市内では・・・)

いろいろなことが苦手な子だっている。
みんなと比較することが、つらい子だっている。
そんな子は、何を自信へとつなげればいいんだろう?

何かがあって、所属する集団を変える事になった時、
みんなとの比較だけで自信をつけていた場合、その子自信はどう考えるのだろうか?

次郎も、みんなと比較してできる部分を自信につなげていった時もある。
みんなとの比較で、物事を見てきて、いき詰まったときがあってね。
がんばっても、みんなと同じにできない事があるって、自分自身では思えなくて(ちょうど告知の頃)
「どうして、みんなと同じようにできないの?」
みんなと同じようにできなくていいんだよ、って・・・急に言われても、
それまでのこともあるし・・・

以前の自分との比較、やりぬいたこと、テストの結果だけでなくテストのために費やした自分の努力・・・
周りによって変わらないものを自信へと結びつけていけるといいなぁーと、
そんなことを思って親の頭を変えるようにしてますが
それが<難しい>のです(私の頭を変えるのが!)

だからと言って、みんなと比較することが悪いこととはいえない。
できるようになったことは、誉めてあげたい。
ただ、落とし穴もあるような気がするから(落っこちた私?)

次郎君、小6の時よりも、好き嫌いがなくなったなぁーと、胸を張って言ってた(笑)
客観的に見れば・・・なんともはや(まつこさん同じですわ)


絶対的自己評価の力 投稿者:朝倉玲  投稿日: 7月31日(水)15時13分16秒

まわりが見える子であれば、自分と他者を比べて自己評価をする、というのは起きて当然のことでしょう。
それはそれで、とても大切な自己判断基準だと思う。

それに加えて、自分を絶対評価できる力・・・
つまり、昨日の自分や去年の自分よりも成長している、そんな自分を認めることができる力が育てばいいな、と思う。
そして、そういう絶対評価の力が育つためには、かならず、そのことを一緒に認めてくれる人間が必要。
初めは「去年よりこんなところが大人になったね」とまわりが本人に気づかせていく必要があるけれど
やがては、自分自身で「わたし(ぼく)って、こういうところで成長したな」と気がついてくるようになるから
そのとき、「うん、そうだね。お母さん(お父さん)もそう思っていたよ」と承認してあげると
本人は、自分の絶対評価の力も身につけていけると思う。

掲示板過去ログ案内に戻る