2002年9月その4
発見 投稿者:まつこ  投稿日: 9月19日(木)10時29分11秒

私も、自分の子どもに「遅れがあります」と言われたときに
それはイヤだ、何とかしたい、私が産んだ子だし私が育てる責任のある子だし
この子のために私はなにをしてやればいいのだろう!?
という気もちになりました。生まれて数ヶ月の頃です。

「遅れがある」という言葉だけで、どこがどうよその子と違うのかは知らされず
それでは私はどうしたらいいのか、という問いに
「お母さん、肩の力を抜いて」と笑われて、
気が強く短気な私は「専門家」に不信感をもってしまいました。
経過観察にも1歳半健診にも行きませんでした。
少年が2歳半の時に今の地域に引っ越して
3歳児健診は受けようと思うようになっていました。
少年の独特さは明らかで自分で自分をごまかしていられない状態だったからです。
もう何らかの手をうたなければ子どものためにならないということもわかりました。
別室で居残りになるのはわかっていたので長く待たされたくなくて
受付時間終了ぎりぎりの時間に行きました。

予想通りの展開でしたが……泣きました。
その時、月一回保育園で開かれている親子教室に誘われました。
……私、断ってしまったんです。疲れていたんだと思います。

それで、その翌日そんなことではいけないと思い直して
前日断ったその教室に参加したいと保健センターに電話をしたら
事務的な男性で「今月は今日でもうこの時間だと始まってますから……」といわれて
「あ。そうなんですか……。」と、電話を切りました。

その後、阪神大震災がありました。
都市ガスの復旧を待っている時に保健センターから電話があって
発達心理の先生と個人面談ができることになりました。
月一回の親子教室に通うことになりました。
親子教室の初日、成育歴を持っていって「この子は何なんですか?自閉ですか?多動ですか?」
診断名を教えてくれと迫りました。
先生は口ごもりながら(私は診断する立場にはないのではっきりとは言えないが
自閉的で多動の傾向もあると思う)という意味のことをおっしゃったように記憶しています。

家でそのことを夫に話しました。
夫は「誰やそんなことを言うのは!どんな資格があってそんなことを言うのか?
根拠は何か。」と怒ったので、私は「そんな風に言うこと自体少年に失礼だと思わないか!」
と、ほとんどつかみ合いのけんかになりました。
(自分が保健婦さんに怒ったことはすっかり棚に上げている私でした。)

>障害、という言葉に偏見を持っているのか?
>我が子の事となると受け入れにくいものだと、実感しています。

本当にそうですね。でもその「発見」はとても大切なステップだったと思います。

うちの少年はその後、療育センターを経て、住区の小学校の障害児学級に在籍しています。
私は療育センターでも小学校でも自分の中にたくさんの「発見」をしてきました。
痛みを伴う「発見」ができたことで今の自分がある、と感じています。

通園施設にはいろいろな「障害児」がいます。
小学校にもいろいろな「健常児」がいます。
みんなしっかり生きてますよ。(*^_^*)


なわとび 投稿者:まつこ  投稿日: 9月19日(木)10時57分31秒

謎のタヌキさん自身が跳びたいと思うのなら

>後は、こくっぱの母さんの言われるように、手と足の動きの協応とタイミングの問題。

うちの少年は相性のいい子とふたりとびしたのがよかったように思います。
一人で跳べないのに二人なら跳べるなんて思いもしなかったですが。

まず、友達が跳ぶリズムにあわせて跳ぶことで縄の動きに合わせて跳ぶことに集中
それから縄を回す役に代わって
友だちが少年がまわす縄の動きにタイミングを合わせて跳んでくれるんで
自分の跳ぶタイミングがつかみやすかった。

結果的にエコプラクシア(反響動作)を利用したことになったみたいです。

決して無理強いされなかったこと。
跳べると周りの人が本気で喜んでくれているのが少年にもわかっていたこと。
回数や記録へのこだわりがあったこと。

こういうことが全部プラスに働いたのだと思います。

謎のタヌキさん以外でお子さんになわとびをと思っておられる方に
念のため。


お礼が遅くなりました 投稿者:桜草  投稿日: 9月19日(木)11時42分02秒

Asukaさん

桜草です。貴重な体験とアドバイスをありがとうございました。
言葉も大変おくれていますが、これからどんどん成長することを期待してます。
お礼が遅くなりすみませんでした。


へこんでます 投稿者:なおちゃん  投稿日: 9月19日(木)13時54分24秒

家の子は4歳の障害児指定幼稚園に通う男の子です。
今日保育園でとてもショックなことがありました。
いつもと同じ様に通園したのですが、担任の先生が遅く来るとのことで、
別の先生に見て頂く事になりました。
その時先生が「お母さんはどのようにお考えですか?」と聞かれ、
えっ!(家の子は、集団生活ができません。いつもマイペースでなかなか他の子供達の
中には入れません。というのも、まだそこまで発達していないからです。)
あれ?先生方は分かって頂いてるのでは・・・。違っていたようです。
先生は私に「このままでは、大人になって大変だとい思いませんか?」
あまやかし過ぎとでも言いたかったのでしょうか・・・。
私は今まで子供に色々な方針で接し、やっと辿り着いた今の接し方が
子供と私にとって納得のいく方法では・・・。っと思っていた矢先の
事でしたので、自分に自信を無くし・不安になり、書き込みしてしまいました。
皆さんのご意見をお聞かせください。


謎のタヌキさま2 投稿者:  投稿日: 9月19日(木)21時34分17秒

NETでしらべてみたらあったよ。
縄は少し違うみたいだけど、面白い練習法がいっぱい書いてあるよ。


>ベージュ・ベージュ・ベージュ!

 うっ・・・、
     色鉛筆、クレパス、絵の具じゃだめ?

http://homepage1.nifty.com/seigo/nawatobi-index.htm


なおちゃんへ 投稿者:えり  投稿日: 9月19日(木)21時44分03秒

障害児の親って、自分の子どもをどのように育てたいと思っているのですか。普通の子どものように、できる限り普通に近づけたいと育てていますか。そういった気持ちもあると思いますが、一番願う事って、せっかく生まれてきたのだから、「楽しかった」と一日を終える時に思ってもらえる人生を望んでいるのではないのですか。
きっと、保育園の先生は、障害児を知らないし、人生の価値観がとても狭い、また、人生の楽しみ方を知らない探ろうとしない人だと思います。そういった人は、結構世の中には多いから、気にすることはないと思います。
逆に、「先生はそんな風にかんがえていらっしゃったのですか」と聴いてみるといいと思います。そして、「しつけができていないと、本当に大変になるのかもしれないし、大変にならないかもしれません。それよりも、息子の現在の年齢で、できることも、できないことも認めて、まずは、できることに目を向けて関わってくれる大人の存在が何より必要である事は、はっきりしています。しつけは、いつしかできるけど、この時期に、自分に自信をつけたり、人を信頼できる気持ちを育てていなければ、それこそ、本人がとても辛い人生を歩むことになります」「息子をしつけないと将来困るという先生の本当の気持ちは、今、障害児の心にそって保育をしようとすることを投げ出しているだけではないですか」と、言ってやれば良いと思います。
親自身が、子どもが死ぬ時にどんな人生だったと思って欲しいかを考えたらきっと、改めて子育ての方針が見えてくると思います。そこを確認して、思い切り、先生に、自分の意見を言って行ったら良いと思います。


なおちゃんさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 9月19日(木)22時44分10秒

はじめまして。
お書きになられた内容だけでは、どのような方針を
ご家庭で考えてらっしゃるのか、園ではどのように
お考えなのかがよく分からないので、他の方も意見
が書きにくいのではないかと思います。
よろしければ、その辺のギャップも含めてもう少し
詳しく教えて頂けませんか?


あれれれ 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 9月19日(木)22時47分07秒

オフラインでテレビ見ながら書き込みしていため、
えりさんの意見と被ってしまいました。(^^;A


では 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 9月19日(木)22時49分26秒

私の体験からですけど、誤解があるようだと感じたときは、
即園に出向いて先生とサシで話してました。
あまり出向かない男親の方が効果が大きいようですね。


ちょっと疑問 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 9月19日(木)23時28分33秒

担任を差し置いて、そこまで言い切る先生ってなんだか。
普通、担任に報告して、その上で保護者に伝えるのが筋だと私は思うのですが。


・・・・ 投稿者:ケロ  投稿日: 9月19日(木)23時52分16秒

障害児指定幼稚園だというのに、なんとまぁ・・・。
しつけをしていないから今の状態なのではないということだけは
わかってもらいたいものですね。

それでも、裏を返してみれば、
知らない人が見れば甘やかし過ぎにみえるまでに成長した、ということでは?
試行錯誤の上で親子で納得できる接し方にたどり着いた成果が、
そういう形で現れてきている段階なのかも。


ありがとうございます 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 9月20日(金)08時00分26秒

Mさん、まつこさん。
運動会の次は縄跳びが待ち受けております…
んで、
>うっ・・・、
>     色鉛筆、クレパス、絵の具じゃだめ?
ふっふっふっ、「天の声〜」
ブブーッだそうです。
ストッキング、パフ、八十八歳でもダメです。
(いえ、別になんだとは)


ソフトに逆切れしてみる? 投稿者:まつこ  投稿日: 9月20日(金)09時28分49秒

>私は今まで子供に色々な方針で接し、やっと辿り着いた今の接し方が
>子供と私にとって納得のいく方法では・・・。っと思っていた矢先の
>事でしたので、自分に自信を無くし・不安になり、

ました!

と、担当の先生にぶつけてみましょうか。

その代理先生だけが思い込みで言ったのか
園全体に共通する認識なのかは確かめておいた方がいいような気がします。

もしもその先生個人の思い込みなら
少なくとも担当代理を務める職員間の連携はもっとしっかりしてもらいたいです。
子どもの状態や現在の課題や親の試行錯誤や思いなどは共通認識にしてほしい。

園全体のムードがその状態だとしたら
お子さんのためにもこれまでのこと、これからのこと
なおちゃんさんがどんな風に考えているかを正確に伝えて
園ではお子さんの様子をどう見ているのか、
お子さんのために何をどうしようと考えているのか
改めてコミュニケーションしてみた方がよいのかもしれません。

ま、別にわかってもらわなくてもいい人には丁寧に説明しなくても
(わかってねぇなぁ(^-^;)今日は耳が日曜……)
で、済ませてもいいと思いますけど……。
だって解かりたくない人にわからせようとするのはとても疲れるから
その分のエネルギーを他に使った方がいいかなって。


幼稚園選び 投稿者:ガンコママ  投稿日: 9月20日(金)17時31分38秒

幼稚園の願書提出も近くなってきましたね。(私の住む地域は11月1日です。)
プチ○ンファンという雑誌の10月号に幼稚園選びの記事がのっていました。
発達に遅れがあるケースについてもアドバイスがのっていたので、悩んで
らっしゃる方は参考になるんじゃないかと思いまして。

選ぶポイントとして挙げてあったのは、
1)少人数の園(先生の目がいきとどく)
2)宗教系の園(障害のある子を受け入れてくれることが多い)
3)職員の加配、増員を考えてくれる園
4)みんなでいっしょに見栄えのよいことをする園は避ける
5)とくに多動の子の場合、男の先生がいる体育の先生が来るなど
  体を使う活動のある園
の5点でした。

わが家の息子(自閉症の診断ほやほや)も来春、年少から幼稚園にと
思っていたのですが、まだ母子分離が全く出来ていないし集団行動へ
の拒否も強いので、とりあえず障害児のためのデイサービスへ母子通園
することにしました。年度の途中でも入園は出来るようなので、あせら
ずに様子をみようと思います。

管理人様
 特定の雑記の紹介をして良かったでしょうか?
 問題あったら削除してください。



幼稚園選びについて 投稿者:まり  投稿日: 9月21日(土)00時14分03秒

ガンコママさんの幼稚園選びの発言は大変参考になりました。
どうもありがとうございました。

私も言葉の遅い子供(市の言葉の教室に通っています)の幼稚園選びに迷っている母親です。
息子は三才三ヶ月です。
三歳児検診で自分の名前が言えず、言葉が遅いことを心配して保健婦さんに相談したところ
今月よりSTの先生に診てもらっています。
やっと最近になって言葉が出てくるようになりました。

今日、実は少人数で宗教系、複数担任制の幼稚園に見学に行ってきました。
1学年1クラス、15人ぐらいの子供たちに先生は3人付くようでした。

中に落ち着きのない生徒さんがいて、先生が熱心に接しているのを見て涙が出そうになりました。クラスの一人がはみ出ていても待っていてくれる様子がわかりました。

帰るとき息子が先生にむかって「ばいばい」といって挨拶したのは驚きました。
たった一時間半程度、見学しただけなのに子供心にも何か感じるものががったのでしょうか?
息子とってはこんな幼稚園がいいのかなと思いました。

もうひとつ候補に上がっているのは上の子供が通っている幼稚園で、
保育内容が良いと近所でも評判の良いところです。先生も熱心な方が多いところです。

1クラス年少さんで30人、先生は2人です。年中さんからは先生は1人になってしまいます。
目が行き届くか不安です。
また言葉が遅い息子を受け入れてくれるか、という問題もあります。

私にとっては知っているママさんも多く、お付き合いしやすいという利点があります。
園庭が広く、外遊びが好きな息子にとってはいい環境です。
どっちの幼稚園もキリスト教なのですが、前者は日曜学校など宗教色が濃く主人の理解が得られるか問題もあります。しばらくこの二つの幼稚園で悩むことになりそうです。


幼稚園選び 投稿者:りんか  投稿日: 9月21日(土)05時31分14秒

わたしの、経験から書きますと、「行事に力を入れているところ」は結果的に
お子さんが大変になり、行事参加だけでかなりのストレスになると思います。
あと、いろいろなカリキュラムがあったり、早期教育系のところも避けたほうが
無難です。

またお受験系の幼稚園(・・・小学校受験するお子さんが割といるところ)も、
お母さんたちの軋轢が多く、ちょっとでも問題になるようなことをすると、
(別にたいしたことでもなくても)誰々ちゃんのせいで、「クリスマス会
が台無し!」と難癖をつけてくることもあります。
受験一直線の場合、他の習い事で手一杯で、割り切られる方もいるのですけどね。

まりさんがかかれている幼稚園でしたら、年中のとき30人に先生が1人は、大変かも
しれませんね。でも、ほとんどの幼稚園は年中から30人というところが多いです。
年少さんで2名の先生というのはあたりまえかもしれません。

複数担任制のよいところは、馬が合わない先生に出会っても、他の先生に気に入って
もらえる可能性があるということです。また、やっぱり目が届きますし、グループで
担任していると、考え方に偏りが出ることがすくないです。

あと、ベテランの先生がいるところがたくさんいるといいですよね。
先生が定着しない園はよしたほうがいいです。

それと、自由保育が中心の園は、先生の質が高くないと、放任になってしまう
恐れがあります。
一人で遊んでいる子をうまく輪の中にいれてあげることが出来て、遊びを広がらせる
ことが出来る先生というのは、なかなかいないものです。


生活と人脈 投稿者:まつこ  投稿日: 9月21日(土)09時03分51秒

>帰るとき息子が先生にむかって「ばいばい」といって挨拶したのは驚きました。

こういう場面に出会うととても嬉しいものですよねぇ。(*^_^*)
見学の時のお子さんの様子はどうだったのでしょうか?

うちの少年の場合(また会おうね)も(とっとと帰ろう二度とこないぜ)も
「あいあい」(ばいばい)だったのですが、
そのどちらの意味だったのかは様子を見ていれば感じられました。

まりさんが
>たった一時間半程度、見学しただけなのに子供心にも何か感じるものが
とかいておられると言うことはお子さんの表情もよかったのでしょうね。

まりさんは幼稚園を選ぶために見学しているわけですが
お子さんはあの幼稚園よりこの幼稚園の方がいいなと考えながら見学してはいないでしょう?
お兄ちゃんの行事などで幼稚園に行く時には、自由に遊ぶことはできないでしょうし
先生もお兄ちゃんとお母さんへ向ける意識に比べて
弟君への働きかけは少ない(ない?)でしょう。
伸び盛りでどんどん成長していることに加えて、
反応が違った理由はそういうところにもあるかもしれない、と思いました。

>私にとっては知っているママさんも多く、お付き合いしやすいという利点があります。
これは、とても大きな要素だと思います。
お兄ちゃんは来年、年中か年長さんなのかしら。
とすれば、きょうだいが違う幼稚園に行くと行事の調整やPTAの役の調整でも
負担が増えるかと思います。これも意外と大切な要素でしょう。

先生がまりさんとお兄ちゃんとすでに付き合いがある、ということも
(関係が悪いのでなければ…悪かったら候補にならないですよね)
かなりのメリットだと思います。

いろんな幼稚園をまわって自分の目で見ていろいろなことをきちんと考えておくのは
とてもよいことだと思います。

>目が行き届くか不安です。
>また言葉が遅い息子を受け入れてくれるか

経験がなければ園も先生も不安でしょうし
よくない経験があればしり込みなさる場合もあるかもしれません。
でも、どの子の場合でもきょうだいの入園希望があることは
幼稚園の方でも当然予期しているでしょうから
お母さんの不安や希望や考え方を事前に相談してみれば歓迎される気がするのですが……。
正直に少人数の園を見学に行ったこともお話になると
その反応で園の体質がよりクリアになるかもしれませんよ。


通所する事を決めました 投稿者:ひろち  投稿日: 9月21日(土)09時50分53秒

 ひろちです。先輩ママ様方、貴重なご意見を有り難うございました。私も勇気を持って一歩を踏み出す決心をしました。・・なんてカッコつけても、またヘコんで「愚痴らせてくださ〜い」と弱音を書き込んでしまう事もあるかもしれませんが、お許し下さい。蘭の花を育てる・・という例えは、とても分かりやすかったです。障害という言葉にショックを受けた・・という部分は、読んでいただく中で傷つけてしまう方がいるかもしれない・・と分かっていても、正直な自分をさらけ出せる場がここだけだったので、お叱りを受ける事も覚悟でありのままの心の動きを書いてしまいました。そして、今は皆様のお言葉が胸に染み入り、心から「やってみよう」という気持ちになることが出来ました。本当に・・温かいレスを有り難うございます。10月から週一回、親子で通所します。行く、と決めたからには、楽しもう!と思っています。「子宝」という言葉の通り、子供は宝物です。私の所に生まれついた子が蘭の球根だったのなら、一生懸命に蘭の育て方を勉強して、大切に関わって行こうと思います。今までヒマワリやコスモスと同じに考えて、さして手を掛けなくとも育つはずなのに・・とヤキモキしていたのかもしれません。成長も、姿形も「個性」なのですね。娘に心配事がなかったら、そういう事にも気づかずに一生を過ごしてしまったかもしれないと思うと、この心配事や悩みが、私自身の人生観も深みを
与えてくれたのかもしれません。皆様の授けて下さったお知恵を胸に、頑張ります!


(無題) 投稿者:hyonta  投稿日: 9月21日(土)13時09分40秒

はじめまして。
地域の小学校で、障害児学級の仕事をしているものです。

このHPの中に、
LDの「個別指導の場での特別なニーズ教育」というページにある
算数の力、という項目に教材の写真がリンクされていますね。
その教材「思考力算数?シリーズ」というものは、
自作教材でしょうか?それとも、どこか出版されているものでしょうか?


ふふふ 投稿者:  投稿日: 9月21日(土)17時27分02秒

>特定の雑記の紹介をして良かったでしょうか?

 雑誌?
 なんか過去に特定のコミック誌やらなんやらの紹介をしていた不逞の輩も
 いたみたいですよ。

>LDの「個別指導の場での特別なニーズ教育」というページにある
>算数の力、という項目に教材の写真がリンクされていますね。
>その教材「思考力算数?シリーズ」というものは、
>自作教材でしょうか?それとも、どこか出版されているものでしょうか?
 
 へっ、あの辺境の写真ページまでお訪ねいただいたんですか?
 いや、びっくりです。さきほど、メールしました。 


右手上げて右手下げて 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 9月21日(土)18時44分48秒

掃除する人左手上げない。結構引っかかりますよ。
それはおいといて。
自己完結形ですみませんが、八十八歳は米寿(べいじゅ)ですので。
ベージュ・ベージュ・ベージュは、
ストッキング・パフ・ラクダでいけると思います。天の声次第ですが。
幼稚園ですか。
うち共働きです。
うちは、0歳から6歳まで弟も私も裸足で駆け回る、
公立の保育所でした。裏にびわの木が生えていて、
おやつで食べました。ベテランの先生方に大事にしてもらっておりました。
ほんとにお勉強も何もなく、特に目立った行事といえば、
「運動会・生活発表会」ぐらいでした。あとリトミックもしたかな。
スカート禁止・裸足推奨っす。弟は、靴下になじめず、いまだに裸足で、
靴がくさいの臭くないのってもう(臭いです)
知人も別の保育所育ちで、最近になってから靴下を履いてます。
幼稚園はよく分かりません…(じゃあかくなって>自分)
Mさん>
>雑誌?
>なんか過去に特定のコミック誌やらなんやらの紹介をしていた不逞の輩も
>いたみたいですよ。
はい〜?
聞き捨てならないその言葉。
読み捨てならないこの掲示板。
誰のことでしょうね。
それはた・わ・しじゃなくてわ・た・しかな〜とか思ってみたり。


幼稚園選び 投稿者:べりー  投稿日: 9月21日(土)19時29分10秒

こんにちわ、以前も1度この話題で、アドバイスいただきました。
とうとう、秋になりました。
どうしよう〜まだまだ、とても迷っています。

ちょうどいい所、条件がすべて満たしている所がありません。
今の第一候補は、ミッション系の幼稚園なので、有難い事に何も問題(遅れを気にすること)なく入園できそうです。と言われています。
ただ、自主活動っていうんでしょうか?自由遊びが中心で、ずばりりんかさんご指摘の「放任」の心配をしています。年少は、今年は1クラス20人に先生2人です。3クラスあります。少人数とは言えませんよね?どうなんでしょうか?先生はベテランもいるし、若い人も、男の先生もいます。
後は、行事も多くなく、以前からいろいろなタイプのお子さんを受け入れていたようで、寛容な雰囲気も気に入っています。

まあ、細かい所は、入ってみないとわからない部分ありますよね。
プチタンファンも読んでみます。
みなさんは、条件がすべて揃っていない場合、何を取りますか?すみません教えて下さい。


京都の空はくもっています。 投稿者:  投稿日: 9月21日(土)21時10分00秒

みなさまの地方はいかがですか?


条件がそろってない場合、 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 9月21日(土)21時30分29秒

母が一番楽できそうなところにします。<私だけ?


幼稚園って、なやみますね 投稿者:りんか  投稿日: 9月21日(土)21時49分16秒

ベリーさん;

自由遊びは子供にとって、重要です。年少さんの間はずっと自由遊びのところも
多いですし。
ただ、「言葉が遅かったり」「自分1人で楽しめてしまう子」「対人関係が希薄な子」
には、先生によくお話をして、そこに混ざって、楽しく過ごさせてあげるのが大事なんですよね。
あと、泥遊び・・・感覚統合に良いです。
粘土や泥、からだを使った遊びも・・・(これが、体操の時間となると楽しめなかったりする)たくさんできるところがいいなあ、って思います。
>息子のところとは正反対でした。(でも息子には合っていましたけど)

行事も「参加して、子供なりに達成した!」喜びで、ぐんぐん成長していきます。
形はなんであれ、子供一番に考えてくれる園が一番ですよね。

条件がそろっていない場合・・・難しいです。子供がきらきらしている幼稚園。と
いいたいのですが、それではまった友人も知ってますし、少人数で大変だった<わたし

3年間自由保育で、小学校に入って、お子さんがADHDだったとわかった友人もいます。(ほんとに、目が届かなかったのか、ミッション系だったので、個性として扱っていたのかが分からなかったのか、小学校入学してから大変でした。)

あと、子供の絵や作品をステレオタイプに教える園もあります。
見学の際、似たような絵が並んでいる場合、要チェック。


やっぱり人!納得いくまで見学する 投稿者:はらぺこあおむし  投稿日: 9月21日(土)22時52分44秒


この時期、皆さん、進路先で悩まれていますね。

うちは共働きですので、
赤ちゃんの頃からホント進路先のことでたくさん悩んできています。
上司に掛け合って、長期休暇をゲットし、訓練のための母子入院ということまでしました。
保育園+療育施設への通園というのもありましたね。
そんな中、引っ越して、年長1年間だけの保育園探しっていうのがそりゃあ大変でした。

行ける可能性のあるところを全部見学して回りました。
見学した際に、入園した時にもらうであろう「園案内」や
その月の「園便り」、園で作られているカリキュラム等、
できるだけ多くの資料をもらいました。
また、市でまとめられている数字的な資料も合わせて集めました。

それらを見比べるだけでも、良し悪しが見えてきます。

そして、良さそうだなと思ったところには、何度も納得いくまで見学するに限ります。

そうするうちに、様子だけでなく、
子どもさんや直に接しておられる先生方とお話しできましたし、
多くの園の考えに触れることができました。

決めた園はちょっと遠かったのですが、
子ども達の遊びを保障しながら次なる遊びへと広げる考えもあり、
音楽・造形・体育・季節毎の行事等決められた活動もあり、
何より生活・遊びの環境の温かさに惚れました。
園長先生はじめ接した先生方はどの方もしっかりとした考えをお持ちのようでしたし、
子ども達ものびのびと楽しく活動していました。
もちろん、保護者の様子もチェックしましたよ。

保育園は、早朝から遅くまで生活するところなので、
この人になら・・・という最後は親のカンというようなもので決めたように思います。

(引越の時期の関係で、何となく先生方に対していやな感じを受けたけど
 そこしか空いていなくて、年中の少しの間預けた保育園。蓋を開けたらひどいものでした。)

皆さんもお時間の許す限りの見学を・・・おすすめします。


うわぁぁ。 投稿者:鈴琳  投稿日: 9月22日(日)04時00分08秒

ずいぶんお久しぶりになってしまいましたがお邪魔しますー。
現在教育実習で東京の某小学校の聞こえとことばの教室にお邪魔させてもらっています。
なんかもう……自分のできなさかげんに毎日泣いてますが(苦笑)
何より通ってきてるお子さんに申し訳ないほどいろいろなことを教えてもらっています。
先生方もとても熱心で、とにかく子どものことを第一に考えているのがびしびし伝わってきます。
ことばというのが。どういうものであるのか改めて考えるいい機会になっています…。
インリアルは本当に大事なことを教えてくれて、かつ基本なんだな、と思います。
就学や幼稚園、新しい環境に悩むお母さん方も多いみたいですね。うちの弟も中学になってから学校に行ったり行かなかったりしつつがんばっています。
夏には私が担任の先生にお話したり…(苦笑)
母は中1の弟の就労に今から悩んでいます。私も何か助けになれたらいいんですけど…。
私信のような関係なさそうな書き込みでごめんなさい、近況報告(?)でした。
>M様
指導の際に絵探し、位置探し、すごく参考にさせていただきました(ぺこり)


そうですよね 投稿者:ヨーゼフ  投稿日: 9月22日(日)04時30分56秒

いつも拝見しています。

先日もお話しさせて頂いたように、我が姪っ子もみなさんのお子さまと同じで
来春から年少さんです。

アドバイス、と大っぴらにできる状況にないので、言葉を選びつつも
ご紹介されていた雑誌の内容とほぼ同じような事は
機会を見つけては義弟妹に伝えていました。
(そういうこと自体、鬱陶しいのかな)

が..特にどこを見学するわけでもなく、願書をもらってきたポイントは“近くの”だったようで..

皆様から頂戴したたくさんのアドバイスから
“両親が認めるまでに、今しばらく時間を”ということは私自身、理解したつもりです。
ですが..

もう私の立場では何もできないですか?何を伝えても届かないですか?
私のことばは、余計に傷つけ、不安にさせ、頑なにさせてしまうだけですか?


まつこさんの 
>夫は「誰やそんなことを言うのは!どんな資格があってそんなことを言うのか?
 根拠は何か。」と怒ったので、私は「そんな風に言うこと自体少年に失礼だと思わないか!」
 と、ほとんどつかみ合いのけんかになりました。

朝倉玲さんの
>「障害児」ということばを否定することは簡単です。
 でも、それによって何が手に入り、何を失ってしまうのか。
 なによりも、その子自身が幸せになっていけるのか。

 そこを考えれば、自ずと答えは見えてくるような気がするのですが・・・。


..この書き込みを拝読するたびに、胸が詰まります。

このHPをこのまま伝えたい!
いろんな思いを乗り越え・受け入れて、一歩一歩を大切に歩く、同じ“お母さん”が
こんなにたくさんおられることを知って欲しい!
誰よりもいちばん身近な養育者である“両親”が、「姪っ子そのまま」を
認めてあげて欲しい!

でも、できない。
今の義弟妹にこそ、このHPに出会ってもらいたいのに..

受診をすすめて1年。
「幼稚園選び」は、義弟妹から姪に対しての初めての「具体的・積極的な行動」だったんです。
もしかしたら、もしかしたら、何か相談してみてくれるかも、と思い
いろんな用意もしてはいたのですが..

感情的になってすみません。
責めるように聞こえ、ご不快な思いをされた方もおられるかと思います。
まだまだ、勉強が足りず申し訳ありません。m(__)m
誤解を恐れず、書かせていただきました。

私自身がこのHPに励まされているんですね。


私も 投稿者:sara  投稿日: 9月22日(日)14時21分33秒

>こくっぱかあさんと同じく・・・です。

家族の負担が少ないのは、立派な条件です。
(通いやすいとか、兄弟の関係でできることはここまでとか)
私(母親)が、がんばれば通えるだろうでは、続かないから・・・(幼稚園だけでなく)


近い 投稿者:まつこ  投稿日: 9月22日(日)15時58分14秒

のはとっても大切なことでしょう?

歩いて通えるところに幼稚園があれば私ならまずそこを勧めます。
母子で毎日歩いて通うことはとてもいいことです。

近いということはご近所のお友だちの多くがそこへ行くのでしょう。
そのまま小学校へつながる仲間です。

…………
私たち夫婦の葛藤は
小学校教諭である夫の姉にも
養護学校教諭である夫の兄にも見せたことはありません。

ヨーゼフさんの書き込みを見てさぞ歯がゆかっただろうと今更に思いました。

それでも、義兄は私たちの選択に意見めいたことを言ったことはありません。
ただ私たちの出した結論と選択の報告を静かに聞いてくださいます。
感謝しています。


近い 投稿者:まつこ  投稿日: 9月22日(日)15時58分14秒

のはとっても大切なことでしょう?

歩いて通えるところに幼稚園があれば私ならまずそこを勧めます。
母子で毎日歩いて通うことはとてもいいことです。

近いということはご近所のお友だちの多くがそこへ行くのでしょう。
そのまま小学校へつながる仲間です。

…………
私たち夫婦の葛藤は
小学校教諭である夫の姉にも
養護学校教諭である夫の兄にも見せたことはありません。

ヨーゼフさんの書き込みを見てさぞ歯がゆかっただろうと今更に思いました。

それでも、義兄は私たちの選択に意見めいたことを言ったことはありません。
ただ私たちの出した結論と選択の報告を静かに聞いてくださいます。
感謝しています。


ちなみに、 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 9月22日(日)17時05分40秒

通ってた保育所は激近でした。
母は忙しいので、
遅くまでのこっとって、ジュースがもらえたことを思い出します。


(無題) 投稿者:ヨーゼフ  投稿日: 9月22日(日)18時59分20秒

>歩いて通えるところに幼稚園があれば私ならまずそこを勧めます。

マンモス園でキンダーフェスティバルに向けての練習が多い園です。

>近いということはご近所のお友だちの多くがそこへ行くのでしょう。

古いマンションでお年寄りが多く、同年代の子どもはご近所にはいません。
いつも、母子で家の中で過ごすことが多いと聞いています。
(せめて、と思いリトミックのチラシを姑に渡し、姑からのすすめでリトミックに
 通い始めています)

>義兄は私たちの選択に意見めいたことを言ったことはありません。

意見はしていません。できる立場にありません。

>結論と選択の報告を静かに聞いてくださいます。

報告はありません。
当り障りのない姑との会話から“あぁそうなんだ”と..

ご不快な思いをさせてしまいました。
未熟さを感じています。あくまでも第3者でしかないことを感じています。

“「もっと相談してくれれば」などという傲慢なことを思っているのではない”、
ということだけはご理解いただけないでしょうか..

やはり“第3者”の限界でしょうか..

申し訳ありません。


やはり、 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 9月22日(日)21時03分45秒

ゆっくり待つ他ないです。
集団生活で、いろんな事が見えてきます。

一番大切なのは、「やはりなんとかしなくては」と、親が考える事です。
今をいっぱい考えて、その上で気持ちを決めないと、
いつまでたっても中途半端ですから。


すっごく久しぶり 投稿者:akagumi  投稿日: 9月22日(日)23時44分14秒

この4月に10年あまりつとめた
聾学校を飛び出して
知的障碍養護学校に移りました。
以前、ここにおじゃましていた頃に比べて
持ち時間をむやみに増やして、週に40人近くの
個別指導や検査などをこなしとりました。
今は、何年かぶりの担任稼業です。
Mさん、お元気ですか。
なんか、唐突ですみませんが
おじゃましてしまいました。


大事なことは 投稿者:みっき  投稿日: 9月23日(月)00時46分04秒

★ヨーゼフさま

まつこさんの書き込みの中で、よくご覧になって欲しいのは、

>ヨーゼフさんの書き込みを見てさぞ歯がゆかっただろうと今更に思いました。

ということで、決して、ヨーゼフさんが書かれたような

>ご不快な思いをさせてしまいました。

というようなことはないと思いますし、

>“「もっと相談してくれれば」などという傲慢なことを思っているのではない”、
>ということだけはご理解いただけないでしょうか..

そのことが傲慢だという風には捉えていません。
(ただ正直言えば、かなり焦っておられるということは感じます。)

ヨーゼフさんの書き込みの中からはいつも、姪御さんへの思いが溢れておりますし、
何とかしてあげたいという気持ちがとても伝わってきています。
だからこそ、↑に引用した言葉をまつこさんはお書きになったはずです。

もどかしいのは本当に本当によくわかります。わかっていて、なお、最善と思われることは、
こくっぱの母さんもおっしゃるように、

>ゆっくり待つ他ないです。
>集団生活で、いろんな事が見えてきます。
>一番大切なのは、「やはりなんとかしなくては」と、親が考える事です。

となるのではないでしょうか。

>第3者”の限界でしょうか..

ではなく、第三者としての「役割」も、親と違った形であるのではないでしょうか。


幼稚園、うちの場合 投稿者:カンガー  投稿日: 9月23日(月)08時37分10秒

うちの場合、近所の園は避けました。
マンモスで、テレビドラマの撮影にも使用されたきれいなところで、人気でした。
運動会で鼓笛をするのが有名で、かなり先生方も熱をいれていました。
その他大勢のピア二カを吹く子の中に、ちゃんとできない子がいると、口をガムテープでふさいで、音を出させないようにする・・・という恐ろしいうわさをきいていました。
でも、とても評判の良い園でしたし、近所の公園仲間はみんなそこでした。
秋の運動会では、未就園児の競技というのがあって、うちでは、その園に娘を連れていきました。
運動場に着くなり、娘はとても嫌がりました。
鼓笛の時間は大泣きになりました。
その後の未就園児の競技は、簡単なものでしたし親がそばについていたのに、大泣きで何もできませんでした。
その後、遠い園でしたが、比較的自由で、比較的人数の少ない園の運動会に行きましたが、娘は大喜びで未就園児の競技も親は一緒ではありませんでしたが、ちゃんと参加できました。
結局、娘が気に入った園にしました。
その選択が正しかったのかどうかは、いまだにわかりません。
娘の障害について、本当にいろいろ考えたのは、やはり入園してからかな。
集団の中に入れて、はじめて見えてくるものが多かったと思います。
そうやって、少しずつ、親も成長すると思います。
あせらなくても、大丈夫だと思います。
うちは今年就学でしたが、就学してまたひとつ私自身が娘の障害を受け入れるという意味でステップアップしたと思います(まだまだですが)。
少しずつで良いと、私は思っています。

療育仲間の中には、転園をした人は結構多いです。
ご主人の親に説得されて、お受験をするような園に入れて、いろいろな無理強いをされている子供を見て、退園したとか・・・ね。
入園金とか制服とか、余計にお金はかかってしまうけれど、そういう選択肢もあります。


ヨーゼフさま 投稿者:かずりん  投稿日: 9月23日(月)17時28分48秒

私もやっぱり幼稚園に入ってからいろんなことが見えてきました。
しょう君の場合、仮死状態で生まれてきた関係でずっと大学病院での経過観察を受けていてそこの医師からセンターを紹介されて療育にも通うようになりましたが、それがなければおそらく周りの人たちの「男の子だから話すのが遅くても大丈夫」という言葉を信じてそのままにしていたと思います。
公園で遊ばせていても、当時は私も公園友達も特に変わっているとも思っていなかったですし・・・。
今、思い返せば現在診療所の先生から言われている診断名のADHDや広範性発達障害の兆候はおもいっきりあったにもかかわらずです。

幼稚園は家から通える範囲にあった規模としては小さめの自由保育が中心の幼稚園でした。
家の周りには自転車で行ける範囲で幼稚園や保育園が点在しているため、私の周りの人達はみんな自分の家の方針などで自分の気に入ったところに入園させていました。
そのため、周りがみんな同じ幼稚園なのに家の子だけが違う幼稚園になるということがなくその点ではよかったと思います。
ただ、就学前に心配になったのはしょう君の幼稚園から同じ学年で同じ小学校に行く子がいなかったことでした。
近所でなくても同じ幼稚園から同じ小学校に行く子がいるとそれだけで少し安心できるということはあります。

幼稚園ではベテランの先生が担任になってくださり発達のいろんな面を伸ばしていただきましたが、友達との関わりがへたなために、小さなトラブルがしょっちゅうあって先生方は本当に大変だったと思います。
その頃からようやくしょう君と周りの子供との違いが見えてきました。

公園にしょっちゅう行っていてもこんな感じ(私だけ?)ですから、ヨーゼフさんの義妹さんのように母子で家の中で過ごすことの多い方だと、まだ他の子供との違いなどもよく見えていないかもしれません。
カンガーさんも書かれていましたが、実際に入園してから転園をする人も結構います。
それほど入園して集団生活をするまでは、いろんなことが見えてこないということなんだと思います。

義妹さんたちが「なんとかしなくては・・・。」と思い始めたら、ヨーゼフさんのところに相談されるかもしれません。
その時までは、やっぱり待つしかないのではと思います。


おやま!  投稿者:  投稿日: 9月23日(月)20時07分27秒

GTO akagumiさん、お久しぶりです。

>この4月に10年あまりつとめた
>聾学校を飛び出して
>知的障碍養護学校に移りました。
>今は、何年かぶりの担任稼業です。

 そうなの。どう、養護学校は?
 まぁ、聞かずとも、
 ”碍”の字に、担任稼業での奮闘ぶりが滲み出ているけどね。


>Mさん、お元気ですか。
 
 もともと無口で控えめな性格ではあったけど、
 この頃は、それに拍車がかかって、
 毎日、人知れず、ひっそりと生きておりますよぅ。

>なんか、唐突ですみませんが
>おじゃましてしまいました。

 唐突でもなんでも、それぞれがそれぞれの場で
 変わらずに、
 あるいは一大変身して、
 でも、相変わらずの様子で、   <どっちやねん?
 生きているのを聞かせてもらうのは
 うれしいよ。


akagumi先生 投稿者:ひいろ  投稿日: 9月23日(月)23時59分50秒

本当にお久しぶりでございます。以前お世話になったひいろです。
ドラもおかげさまで今年1年生になりました。知的障碍養護学校に通っております。
相変わらずしゃべりませんが、現在コミョニケーションに困るという事は
おかげさまでほとんどなくなり、親としては本当に生活が楽になりました。
レスをつけていただいてた時とは、はっきりいって別人でごさいます〜♪

お仕事お忙しいでしょうが、またこちらにも顔を出してくださいね〜♪

掲示板過去ログ案内に戻る