2002年10月その2
akagumi先生へ 投稿者:ガンコママ  投稿日:10月 5日(土)09時24分30秒

丁寧なレスありがとうございました。親としてはつい目先のことにばかり
とらわれて、目に見える効果を期待してしまうんですよね・・・。

>ガンコちゃんのしらないお話のときも同様のことが
>あったでしょうか。勝手な話をするとか。
>思い出してみてください。

勝手な話が多いですね。この時も紙芝居はシンデレラではありません
でした。先生が読もうとしている本を奪って自分が読んだりすること
もあります。これは音読の練習と思えばいいのでしょうが、歌を歌い
出したりすることもあります。まあ2曲ほど歌って先生が「もういい
ですか?」と言うと素直に「はい。」とやめましたけど。

鉛筆削りは、先生が後で見せてくれたんですが長かった鉛筆がすっかり短く
なるまで削ってました。娘にとっては、あまりむずかしいことではないと
思います。クーピーペンシルだったんで削りかすがシュルシュルでてくるの
がおもしろかったのでしょう。

長椅子寝ころびの時は、先生に聞いたら「でもお話はちゃんと聞いてました
よ。」とおっしゃってました。家でもごろごろしてることが多いんです。

「先生のバカ」については、本気で言ってるわけではなく冗談というか
甘えてる感じです。娘の先生への態度は、自宅で父親に甘えてわがままを
言う時と全く同じなんです。よく「お父さんのバカ」って言ってますし。

娘は別のところでグループでの指導も受けているのですが、その時や
幼稚園ではそれほど自分勝手なことはしません。周りにお友達がいるから
でしょう。私にはどうも娘が先生が優しいのをいいことにわがままを
言ってるように思えるのです。最初は信頼関係を結ぶために娘の要求を
受容することが必要なのかなと思っていたのですが、そろそろステップ
アップして嫌なことでも少し我慢してやってみることを教えたいのですが。

個別の療育の先生も、グループ指導の先生も「ガンコちゃん、前より我慢
することが出来るようになってます。」と言われます。私にはとてもそうは
思えないのですが、少しづつ成長はしてきてるのでしょうね。私があせりす
ぎなのでしょうか?

>大切なことは
>「おしゃべりしたーい。」って気持ちです。
私もそれは大事にしたいと思ってます。時々「ちょっと静かにしてくれ〜。」
と言ってしまいますが。長くなってすみません。


まつこさま 投稿者:ガンコママ  投稿日:10月 5日(土)09時59分37秒

下の長い文章を書いてる間に、まつこさんのレスもあったのですね。

え〜っと、娘がおとなしくしていたのは最初のほんの2,3回だった
ような・・・。ただいつもいつも態度が悪いわけじゃなくて、きちんと
する時もあるんですね。娘は3歳前くらいのほとんど会話が成立してない
頃から自分の要求やイヤなことははっきり伝える子でした。人見知りも
無く、大人(特に優しい人)が大好きなので、わりと早い時期から療育の
先生ともコミュニケーションがとれていたと思います。

>「お話しするからね」……表現する意欲満々
>「先生のバカ」……感情表現を言葉でしている
>寝そべっていても「話を聞いている」……人の話が聞ける

そうですね。マイナス面ばかり見てしまってました。
来年が小学校なので、私にもあせる気持ちがあるんだと思います。
つい普通という型にはめようとしてしまうんですよね、反省。



(^^ゞ 投稿者:まつこ  投稿日:10月 5日(土)10時47分39秒

>わりと早い時期から療育の
>先生ともコミュニケーションがとれていたと思います。

あら、そうだったんですか。自閉症、ときっぱり書かれていたので
少し違うイメージを描いてしまったようです。すいません。

>ただいつもいつも態度が悪いわけじゃなくて、きちんと
>する時もあるんですね。

それはなぜでしょう?どうしてそういう反応の違いが出てくるのかしら。


お天気お姉さん 投稿者:ガンコママ  投稿日:10月 5日(土)15時07分19秒

って呼んでるくらい、気がかわりやすいんです。だから療育を受ける
態度も気分次第って感じです。その日の体調や天気、療育の前に気に
いらないことがあったとかいろいろ関係してるのかもしれません。
もちろん療育の内容そのものに興味があるかどうかが大きいのだと
思いますが。

コミュニケーションがとれてると書きましたが、娘が一方的に要求や
自分の言いたいことを言ってるだけなのでコミュニケーションとは
言えないのかもしれないですね。


ガンコママさんへ 投稿者:かずりん  投稿日:10月 5日(土)15時26分07秒

>娘は別のところでグループでの指導も受けているのですが、その時や
幼稚園ではそれほど自分勝手なことはしません。周りにお友達がいるから
でしょう。

この部分、うちのしょう君(小二)とよく似てるなと思ったので出てきました。
しょう君は、現在週一回ことばの教室に通っています。
幼稚園のときは、二週間に一回、個別療育にいってました。

学校では、小一の3学期ぐらいから先生の話も落ち着いて聞いているようですが、ことばの教室では自分ペースにしてしまうこともしばしばです。
うちの場合もきちんと出来る事もあるので不思議に思っていたのですが、しばらく観察していると学年の変わり目や、行事の前で毎日練習が続いたりなど本人にストレスがたまっているだろうなという時には、態度が悪くなっていることに気がつきました。
当然、この時期は家でも態度は最悪ですが・・・。

集団の中で精一杯がんばって溜め込んだストレスを、信頼できる先生にぶつけているといったところでしょうか。
ただ、少しずつですが自分でコントロールできるようになってきているようです。

私たちだって、いつもしゃきっとしてられないですよね。
家に中や、気の知れた人の前では、本来の自分が顔をだします。
そういう場所があるからこそ、自分勝手なことを出来ない場所で我慢ができるんじゃないかなと思っています。

幼稚園やグループ指導で勝手なことをすることが少ないのなら、小学校での生活は充分やっていけると思います。
といっても私もしょう君の入学前はかなり心配しましたが・・・。


謎のタヌキさま 投稿者:M  投稿日:10月 5日(土)18時33分32秒

なわとびに挑戦しているんだって?
まだ6年生だものね、まだまだ発展途上!!

聞くところによると、
6年生の頃には、
自転車にも乗れず、跳び箱も跳べず、はしご段も登り方がわからず、
やっと登った滑り台の上では本当に目をまわしていたある子は、

24歳で、自転車に乗れるようになり、
27歳で、跳び箱を跳び、
うん十歳の今は、一本橋やはしごのある岩場や洞窟探検に勤しんでいるらしいよ。

”しなければ” ではなく ”やってみよう”
のチャレンジ精神が進化をもたらす・・のかもね。


そろそろ厳しく? 投稿者:akagumi  投稿日:10月 5日(土)22時32分01秒

年長で、しかも10月ってことになると
そろそろ厳しくって思いますよね。
akagumiの個人的な見解なんだけど
「厳しく指導していいのは、中学の部活動から」
って考えてます。何それって、いやあのですね、
だって、基本的には
好きでその部活してる相手だからね。
厳しくするぞーとかいっても
弊害は起こらないわけです。
逆に、就学前の子どもたちに
いわゆる厳しくするということは
その場での指導はうまくいったとしても
抜本的な解決には成り得ないと考えてます。
弊害の方が多いんじゃないかなと思うわけです。
大きな怪我にかかわるようなことであれば
この1発で、ひやっとするくらい
叱っておかないといけないという場面が
あるかもしれませんが、
少なくともことばの指導がらみで
そんな状況が起こりうること自体
大問題ですからね。おっと、本質からそれた。
ことばの指導をしている最中
課題の達成云々で叱ることはないでしょう。
課題ができないことは
大人にとって、都合が悪いことであっても
道義的に悪いことじゃないでしょ。
また、大人の得意なコメントとして
「この子は、せんせいをなめていて、できるのにやらない。」
ってのがありますが。
さしあたって「それができるのなら、求められる場面100回に
100回ともやらなくてもいいでしょう。」
って考えてみてください。
今、パソコンの起動と終了が出来ますか?
では、今すぐやってみてください。と
問われて、何人の人がやるでしょうか?
大人って、結構、子ども相手だとそういう
ぶしつけなことを要求したりする場合もあったりします。
まだそれてる。
厳しいことの弊害ね。
たとえば、思いや気持ちを答えてもらうとき
無難な、いかにも正答らしい妥当な線にとどまってしまうこともあるし。
模倣段階でほめられ続けている子だと
応答に移行するのにとまどったりもします。
つまり、今までほめられていた模倣というストラテジーを
とったほうが怒られないですむということですよね。

口調が優しかったり、座ることを徹底しなかったりというだけで
厳しくないということはありません。
問題は、何に厳しくするかということと
子どもたちがのびていくために
どんな手段をとるかなのです。
そのために、もし「叱る」ことや怖い表情や口調が
効果があると判断できたら、冷静にそういうチョイスをすれば
いいでしょう。
人が人を教える以上、我々も、子どもたちのいたずらや
望ましくない態度に対して、かちんとくることもあります。
akagumiは、「子どもだもん、大目にみませう。」とか
「小さいし、こんなんかわいいもんじゃん。」
とかいう気分になるのは我が子にたいしてだけです。
指導できてくれてる子どもたちに対しては
一人ひとりの子のそういうサインにどう対処したら
もっとも合目的的かを考えて、対応しています。

ガンコちゃんへの指導の場合、
ある程度、許容範囲をもって対応していくなかで
ガンコちゃん自身が課題や机に戻ってきてくれる力や気持ちを
もてる子だと担当の先生は考えているのかもしれません。
akagumiも年長のこの時期で、しかも自分との信頼関係が
できているならば、そういう気持ちを育てていきたいと計画するかもしれません。
クーピーを何本も短くしてしまっている最中、
きっと、何本くらいで「やーめた。」って言ってくれるか
ガンコちゃんの様子を見ながら、待っていたと思います。
そして禁止や抑制の言葉をかける前にほかのアプローチも
していたのかもしれません。
そうした「目的意識のある待ちの姿勢(私の勝手な造語だけど)」で対応することも
大切なのだと考えています。

療育を受ける態度も気分次第というコメントがありました。
でもそれは(失礼を承知で)我々大人の思いこみなんです。
「週1回の言語指導を受けに来ているんだから、来ている以上は
がんばって、自らの能力の最大を発揮しなくちゃ。そうよ、そうしなくちゃ。」
っていう。
でも、指導の場面で「何とか、聞き取り能力も類推力も人並み程度の一般人が簡単に
分かるような流ちょうな日本語音声言語をこの場で獲得して、その成果を見せて。」
なんて目ぎらぎらしてるのは大人だけでしょ。きっと。

ガンコちゃんのお天気お姉さんの側面だって
療育の場面で変化している気分が表に出ているということは
療育の場面が応答性の高い環境でしかも、自分のそのときの気持ちを素直に出せる
「自らの気持ちを言葉に出す力を発揮する」にはきわめて適した環境だといえると
思います。
それをつぶしちゃもったいないって思いますよ。

なんか何年かぶりにきては、わーっとカキコして
また、唐突にromだけになっちゃう私の方が
よっぽど季節風じじいかもしれぬし...
でも年がら年中、こんなカキコもできんしね。


少なくとも個別学級の指導者には、 投稿者:M  投稿日:10月 6日(日)00時05分23秒

見え易い “ 表面の形 ”にだけ囚われることなく、
見え難い “ 裏面の内実”を見ようとする力が求められているのではないかな?


いつも例に出して申し訳ないけど、またまた“身体排除”の話。

今まで私たちは、
子どもたちが良い姿勢でいさえすれば話は聞けているものだと思ってきた。

でも、教室には、
うつ伏していたり、
身体を動かしていたりする方が、
はるかに話の聞き取りが良い子もいる事がわかってきた。

そうすることで、大脳皮質を話を聞き理解することに専念させる事ができるのなら、
やはり、形よりも中身を優先させるべき・・だよね。

他にも、
一見、勝手な行動、我が儘な行動に見えたりするものの中にも、
何かその子なりの理由があるものもあるのかも知れない。
形を整える事に躍起になってしまうと、そこを見逃してしまうかも知れない。

大勢の子が在籍する通常の学級では、
まだまだ、個に応じた指導、つまり一人ひとりに違う指示を出す事は
難しいというのが現状。

教師だけではなく、子どもの側にも、みんなが一緒であることが良いことだという
価値観が、根付いてしまっているからかな。

それに異議を申し立て、その現状を変えていく原動力を持つのは、
障碍児教育、個別教育に携わる指導者であり、
少数派である子ども達自身であり、
その親であるのだと思う。

余談だけど、
通常の学級で厳しく躾られ、一見、よい子に見えた子も、
クラスが変われば、様変わりということも多い。
後の方の担任が甘いのだという見方をする人もいるけど、
担任によって大きく態度を変えてしまう子どもを育ててしまう事こそが問題なのでは
ないかなぁ。


はりも様 投稿者:ひろち  投稿日:10月 6日(日)01時18分21秒

我が家のりょんりょん(3歳4ヶ月)も、最近発達年齢のチェックを受け、実年齢よりも理解力が1歳程度おくれていて、言語に関しては2歳程度遅れている事が判明したばかりです。やはり自閉症の疑いは低そうだと言われています。月一回のおはなし広場と、県外のリハビリセンター、週一回のプレイセラピーに通っています。この掲示板で、皆様の書き込みを読ませていただいたり、落ち込むと相談させていただいたりして、りょんりょんへ明るく向き合えるように頑張っている母です。(すぐヘコむんですが。)はりもさんのお気持ち、分かるような気がします。私は専門的な知識などは持ち合わせていない普通の母親なので、ただ、この個性的な子供にどのように接したら成長の芽を伸ばしてあげられるのだろう?といつも考えています。それで、あちこちの機関を訪ね歩いたり、発達年齢のチェックを受けたりしているのですが、現在の所、「言葉という事に捕らわれずに、この子に合った方法を探りながら、『伝えたい』『共感してほしい』という気持ちを本人が持てるような場面を多く作るように心がけて』などと指導されています。はりもさんのお子さんは、とっても人見知りサンなのですね。りょんりょんも同じです。はりもさんの書き込みを読ませていただいて、必ずしも集団の中に入れる事が本人の為になる訳では無いという事を初めて知りました。どこへ行っても、「集団生活を体験する事は良い刺激になります」と言われるのですが、保育園の集団生活はそれなりにこなしているのに、少人数の集団(プレイセラピー)などでは、耐えられない!といった感じで癇癪を起こしてしまうのです。家でじっくりと相手をしてあげると、集中して遊びに取り組んだり、落ち着いて過ごす事が出来るので、セラピーの先生の「そのうち慣れる」という言葉にあまり魅力を感じる事が出来ずにいました。無理に療育の場になじませようとするよりも先に、落ち着いて過ごせる場所で、本人が安心して、自信を深める方が、漠然とですが良いような気がしていました。それが「この子に合った方法」なのでは・・という風に思えるのです。実際、療育の予約などは月一回という事が多いので、普段接する家族の関わり方が重要なのだと思い、注意深くりょんりょんの「地雷」と「ツボ」を探りながら、気分的には自分がまず「楽しい・明るい」テンションでなるべくじっくり接するように心がけて過ごしてみました。めざましく言葉が・・なんて事はもちろんありませんが、「伝えたい」という
意欲がだいぶ強まったような、声を出す事が楽しいようなそぶりが見て取れるようになってきました。発達の遅れや凸凹が、この先目立たなくなるのか、一生付き合っていくものになるのか今は分かりませんが、最近思う事はどちらにしても母親の私としては、単純ですが「りょんりょんの笑顔」が大好きなので、なるべくたくさん笑顔で過ごせる場面を持てるように、私の方から楽しい雰囲気で関わって行こうという事です。つい、悲観的になったり、先の心配ばかりしてしまう私ですが、「ことば、ことば」「発達、発達」と自分&子供を追いつめてしまうのは良くないな〜と反省しています。3歳4ヶ月という年齢には確かに負けている現実ですが、発達年齢1〜2歳なので、「これから伸びる子」だと思って、いろんな楽しい事を伝えてあげたい・・と思っています。長々とまとまりのない書き込みでご免なさい。


私の見方 投稿者:まつこ  投稿日:10月 6日(日)09時28分41秒

>その日の体調や天気、療育の前に気にいらないことがあったとか
>いろいろ関係してるのかもしれません。

身体的・環境的な条件によって左右されやすいタイプ、とお考えなんですね。
うちの少年はそういう条件に見事に反応します。
感覚の鋭敏さ、身体機能の反応の違いから
いろいろと苦労しているようだと考えています。
反応が気分屋さんなのは私や坊主のほうで、
少年は律儀にそういう条件に反応している感じがします。

>もちろん療育の内容そのものに興味があるかどうかが大きいのだと
思いますが。

少年も少し手ごたえのあることに挑戦しているときは
いつでも逃げ出せるように防衛的な気分を反映した様子になります。
どんな姿勢でも、文句たらたらでも、自分をコントロールして
自分を励まして、なんとか取り組もうとしているんだと思います。

すっかり自信ができたことには「僕、できる。」とほっといても
積極的に取り組みます。

前者ばかりだと身につけようという姿勢になるエネルギーが枯渇します。

後者の場面ばかりだと前には進めません。

両方をバランスよく組み合わせることが必要だと感じています。
いわゆる教科学習的なものもそうなのでしょう(これはもう障担にお任せ)が
日常生活場面(私の担当)でも同じです。


先生をなめていて・・・ 投稿者:ガンコママ  投稿日:10月 6日(日)10時14分27秒

とまさにそう思ってました、私。akagumi先生にはお見通しでしたか・・・。
我が子の個性を大切にしたい、皆と同じであることが必ずしも良いことでは
ない、そう思っていたつもりだったのですが小学校入学が近くなってきて、
やはり形だけを整えようとあせっていたようです。子供にとっては迷惑な話
ですね。

療育の先生に対してももうちょっと毅然とした態度で接したほうが効果が
あがるのではなどと失礼なことを思っていました。

>ある程度、許容範囲をもって対応していくなかで
>ガンコちゃん自身が課題や机に戻ってきてくれる力や気持ちを
>もてる子だと担当の先生は考えているのかもしれません。

こんな風に考えたことも無かったのですが、言われてみるとたぶん娘の
担当の先生もそう思ってらっしゃるのかなという気がします。

娘の自分勝手に見える行動も落ち着いて考えてみると、全て「人から
押し付けられるのではなく、自分の考えたことを自分のやり方でやり
たい」という気持ちからきているようです。家でも最近お風呂に一人
で入りたがるようになったり、何でも自分でやりたがります。ある意味
成長の現れなのに、私はそれをつぶそうとしてたのかな・・・。

実は日常生活担当の私も娘への対応を悩んでいます。身辺自立がいまいち
なもんで。これについてはまた質問したいと思いますのでよろしくお願い
します。


はりもさんへ 投稿者:ぴいママ  投稿日:10月 6日(日)10時32分01秒

うちのゆ〜が(年長)は、広汎性発達障害という診断から先月新たに検査して
『自閉症』に診断されたのですが、その時の発達検査で、発達年齢は3歳でした。

>心理の先生の判断によると、集団の中にいれるのは逆効果で
>専門家と1対1での信頼関係を作り上げ自信を付けさせる方が良い。

と、までではありませんが自由遊びの中に入れるのはやめた方が良いと言われました。
現在保育園に通っており、おしゃべりだし、積極的に他の子の遊びに加わろうとします。
その様子だけ見ていると、お友だちと自分から遊ぼうとしていてよいことだ、と思いがちなのですが、
鬼ごっこなどの簡単なルールもまだ理解していないし、ままごとは自分の好きな役を勝手に始めるし、
結局うまく行かないと手が出ます。
集団の中では、当然「ダメでしょ!」「ごめんなさいは?」と叱られます。
叱られたのはわかりますが、自分の行動の何がいけないかまではわからないのでまた繰り返し・・・
それを積み重ねるとその時はへこんでなくても、失敗のイメージばかり定着することになりかねません。
うちの場合、加配の保育士が付いているので、集団に入り込もうとした場面でうまくフォローしてくれて、
手を出してしまったり、砂をかけたりの困った行動を事前に阻止してくれます。
もちろん100%ではありませんが・・・
そして、まだまだ大人と1対1で学んでいく時期だと言われました(うちの場合)。

「集団にもまれれば成長する」とは、一概に言えません。
心理の先生はその辺を心配なさって、こわい顔をされたんじゃないでしょうか。
かと言って、集団から隔絶せよという訳ではないのですから(当たり前じゃ(^^;;) )
そういった配慮を幼稚園にお願いする事はできませんか?
兄妹が同じところに通えるにこしたことはありません。
うちは3人別々3カ所なので、保護者会だの、行事だので身体も頭もついていけませーーん。


はりもさんへ 投稿者:かずりん  投稿日:10月 6日(日)11時46分28秒

うちの子供達の行っていた幼稚園も自由保育でした。
次男のじゅん君(自閉症)も、療育の先生から自由保育の幼稚園はあわないのでは・・・と言われていましたが、長男のしょう君がすでに年少で通っていて二年間も違う園では私ももたないし、幼稚園での対応もちゃんとしてもらえるようになっていたので、長男と同じ幼稚園に通わせることにしました。

入園当時は、遊んでるおもちゃを取り上げられても取り返そうとしないし、お気に入りのおもちゃなどで遊んでいても他の子が来るといつのまにかどこかに行ってしまい誰もいなくなるとまた戻ってくるといった感じでした。
フリーの先生がじゅん君専属の先生になってくださり、一人で遊んでいる時にはさりげなくかかわってくださり、先生との関係がしっかり出来た年中の頃には先生と一緒なら他の子供達とも遊べるようになりました。
そして、年長の頃には先生がついていなくても他の子供達と遊べるようになりました。
小一(障級)の今は休み時間になると、交流クラスの子供達に誘われて運動場の遊具で遊んだりしているようです。

はりもさんのお子さんと同じで、うちのじゅん君も他の人が見ると「超人見知り」「無口な子」と思われる程度で知的障害があり会話もまったく出来ないにもかかわらず私や主人が言わない限り誰も気がつきません。
じゅん君の場合ほっておくと一人でずっと遊んでいるため、自由保育の幼稚園ではほったらかしになるんではないかということを療育の先生は心配しておられたようです。
はりもさんの所の心理の先生も、そのあたりを心配されているのかもしれないと思いました。
一度、幼稚園の園長先生とお話をするなどして、そのあたりの配慮がしてもらえるというのであれば自由保育でも問題はないのではと思うのですが・・・。
ただ、もっと違う面で心理の先生が心配しておられることがあるのかもしれないので、一度自由保育だとどういった面が心配されるのかを心理の先生に聞いてみるのもいいかもしれませんね。


ありがとうございます。 投稿者:はりも  投稿日:10月 6日(日)17時58分52秒

ひろちさん、ぴいママさん、かずりんさん、ありがとうございます。
今日は兄の幼稚園の運動会でした。
未就園児のかけっこでは、私から離れ一人で走れました。(ビックリ!)
ビデオ撮影に夢中だった私に「友達と遊んでくる」と言い、遊具や砂場で遊んでいました。
そんな姿を見ていると、本当に発達障害なのか?と思えたりもしてしまいます。

療育センターの先生とは次に会えるのは半年後なんです。
その間は心理の先生と1対1で遊ぶのですが、また予定はたっていません。
診断が出たあと、時間もなく質問も何も出来ずに終了になってしまい、
だんだんと、心配なことが出てきて、不安でいっぱいです。

兄が幼稚園に入るまでは、ずっと一緒にいたので、友達とあそぶにしても、
いつも兄の後を着いてといった感じでしたが、
4月から兄が幼稚園に行き、同じ年の女の子を時々預かったりしています。
友達のお母さんがいないと、とっても仲良く遊べて、「貸して、どうぞ」も
お互いにできます。
お友達と遊ぶのが大好きになってきました。
想像力が欠けていて、ごっこ遊びは指示されてやるだけで、
「おかあさん」「おねえさん」などの役割の意味がわかりません。
これは親が相手をしてあげて、覚えていく物なのですか?

そうですね。もう一度、自由保育のどこが合わないか聞いてみたいです。
心理の先生には「先生がクラスのみんなに指示した後、萌ちゃんだけに
もう一度、ゆっくりと指示をしてもらう配慮が必要」とは言われました。
長い言葉の理解が弱い為です

IQは71でした。萌は失敗が怖い子なので、1度間違えると次の問題は
固まってやりません。ちょっと難しいかな?と思ってしまった問題は
おそるおそる手を出し周りの反応を見ながらで、タイムアウトです。
次テストをすれば、もっと上がるはずですが、
2歳の問題でも明らかに分らない物もありました。
「エンピツを取ってください」は分るけど、
「はさみを箱の上に置いて下さい」は私が質問しても分りません。

次に養育センターに行く日も決まってなくて、
今、何をして良いのか分らずにもんもんとしてます。
夫は萌の障害を認めていない様子だし、先の事が全然考えられなくて…


akagumi先生! 投稿者:かっぱちゃん  投稿日:10月 6日(日)18時13分23秒

私がここを知ってからは先生は最近のご登場でしたが今ちょうど悩んでた事を答えてもらった気がします。我が家も息子は通園施設で年長さん、来年は養護に通うと決めています。今の状態は担任を好きじゃない、自分の好きな紙ちぎりしかやらない事です。担任の先生(2人)でとりわけ1人の方を避けています。それでその先生もどちらかというと保育を避けてるように感じます。去年の今頃から彼は人によって態度をはっきり変えていました。好きな人にはカルガモのように後をついて歩く。嫌いな人には最初からやる気なし。今年その嫌いなタイプの担任の先生だったらしくどうもお互いの関係がよろしくない。今は同じクラスの子のお母さんを気に入っていてその人に全てやってもらっています。これって担任をなめてることにはなりませんか?私は厳しくしてでもある意味従わせて欲しいんですが。そのときに読んだ先生の言葉。ちょっと考えさせられました。私の考えはただ大人の都合のいいように動く子供が欲しいのではって。でも先生の言う事も聞かずに過ごす半年はもったいない。どう担任と話し合っていけばいいのか悩んでます。今度の懇談会では絶対話題にしたいのでもし何か私の考えはここが違うとか皆さん思った事があったら教えてください。


白幡 投稿者:コー  投稿日:10月 6日(日)22時08分43秒

東海女子大学『人間関係学部』開設記念
特別公開講座U 人間関係学科
 
【第4回】 10月12日(土)14:00〜15:30
   白幡 富夫 教授  ポーテージプログラムで育つ子どもたち

●受講料 無料(事前の申し込みは不要です。)
●定 員 120名
●会 場 ハートフルスクエアーG 2階研修室
 JR岐阜駅高架下東(岐阜市橋本町1-10-23)
●お問い合わせ 東海女子大学 渉外部 公開講座係
 TEL 0583−89−2200

日本ポーテージ協会副会長 白幡先生のお話です。
先生にお世話になった一人として、今回特に多くの方に聞いて頂きたいです。


先ほどのタイトル修正 投稿者:コー  投稿日:10月 6日(日)22時12分27秒

先ほどのタイトルは「白幡先生の講演」の誤りです。
失礼しました。


はりもさんへ 投稿者:カンガー  投稿日:10月 6日(日)23時10分55秒

>ビデオ撮影に夢中だった私に「友達と遊んでくる」と言い、遊具や砂場で遊んでいました。

こういう状況なら、自由設定の幼稚園でも大丈夫に思えますね。
うちの娘はアスペルガーと診断されていますが、比較的自由な幼稚園で三年間過ごしました。
加配もなく、ごく普通の子のなかで、普通にやってもらいました。
不都合が出る場合もありましたが、大きな問題なくやってきました。
お母さんが行かせたい幼稚園に入れてみて、どうしても問題があるようなら、やめてしまうことも転園することも可能ですよ。
確かに、うちもおとなしいタイプで心配でしたが、幼稚園でいろいろな子と接して得た物も多いと思います。

それから、課題の件ですが、
>「はさみを箱の上に置いて下さい」は私が質問しても分りません。
これは難しいんですよ。
「はさみを箱の上に置いてください」と
「はさみの下に箱を置いてください」は同じ意味だし、
「箱の上に、はさみを置いてください」も同じ意味だし・・・。
「箱をはさみの上に置いてください」は違う意味だし・・・。
うちは幼稚園の時に、色のついた積み木で、
「赤の上に青をのせて」
「青を赤の上にのせて」
などと言い方を変えても理解できるように、かなり根気強く時間をかけて教えました。
下、横、近く、そば、間・・・などもそのときに積み木を使って教えました。
その子その子に合った時期を選んで、選んだ課題をじっくりと教えていけば、認知の力は伸びると思います。


選択肢 投稿者:まつこ  投稿日:10月 7日(月)08時57分09秒

>などと言い方を変えても理解できるように、かなり根気強く時間をかけて教えました。
>下、横、近く、そば、間・・・などもそのときに積み木を使って教えました。
>その子その子に合った時期を選んで、選んだ課題をじっくりと教えていけば、
>認知の力は伸びると思います。

カンガーさんの熱心さには心を打たれます。

私は「この子はこれがわからないから、わからないことを丁寧に教えよう。」として
自分が自然にわかったことをどうやって教えればいいかもわからず
少年のためだけに使える時間も空間もお金も人材も体力も限られていたので
くじけた母ちゃんです。

私以外にもそういう人がきっといると思うので。

こちらが「〜の上」という言葉を使って子どもがわからない場合

子どもの認知が育っていないからだと考えると
<「〜の上」といわれたときには、こうする>と教えなくてはならないと感じるでしょう。

一方で、コミュニケーションが成立していないと考えることもできるんですよ。

それなら、その子の日常生活のなかで必要なコミュニケーションを作りながら
生活に必要な言葉を添えることで言葉も便利な道具のひとつとしてつかえるようになる
かも知れません。
その子にとって「言葉が便利なら」です。

ケーキの上にイチゴ
パンツの上にズボン
頭の上にお星さま
山の上に雪
(ロッカーなどで)Aちゃんの上がBちゃんの

少年は「〜の上」という言葉が使えるようになる前から
そんな位置関係は「映像」としてちゃんとわかっていただろうと思います。

現在は、「〜の上」と読んだり、聞いたりしたとき、
自分で見・聞聞きして集めたデーターの
数ある「〜の上」の場面の中から(……この意味だろうな)という映像を
引き出せるようにはなっていると思いますが

いまだに多分「〜の上」という言葉をほとんど自分で使わないところを見ると
少年にとってはこの表現は便利でないと感じているのではないかと
想像しています。

設定されたセッションの場面で
その子がどんなスタイルがわかりやすいかを知り
整理されたわかりやすい環境の中でコミュニケーションを作ることは
とても重要だと感じていますが、
その形ですべてのことを「教え・教わっていく」のは、
少なくとも私と少年の間では負担が大きすぎました。
家族の犠牲だけでなく、
私と少年の生活と人生の質が損なわれてしまっていました。
わかることを増やすのはよりよく生きるためのはずだったのに。


選択肢… 投稿者:はりも  投稿日:10月 7日(月)11時10分39秒

カンガーさん、まつこさん、ありがとうございます。

全てにおいて余裕があれば、熱心に教えてあげるにこした事はないのですね。
日常生活の中で言葉にしていく…やってみたいと思います。
質問のような言い方をすると「疲れちゃった」「わかんないもん」となってしまいます。
今、兄とのやりとりを聞いていると、
兄「萌ちゃん、どれみちゃんのハンカチどこ?」
萌「萌ちゃんのカバンの中」と言っています。中は分るみたいです。
ちなみに兄はハンカチを使ってお弁当を包む練習をさせようとしているみたいです。

萌は、たぶん単語が2つ入っている質問がわからないのかな?と感じます。
この掲示板で書かれていた、○○と△△どっちが好き?の質問には
最初に聞いたものを言います。
あいうえおボードの質問で「動物の名前をおしてね」「果物の名前をおしてね」
「食べ物の名前をおしてね」などはパーフェクトで出きるのですが、
「好きな食べ物は」と私が聞くと「ママ好き」と言います。
初めの言葉しか耳にのこらないのかな?と思います。


お聞きしていいですか? 投稿者:るくえ  投稿日:10月 7日(月)17時19分08秒

赤ちゃん時代は人見知りもなく順調に発達していたのに、
1歳過ぎてから何かが原因で発達が遅れることってあるんですか?

何かとは…
傷つく言葉を言われ続けた。
他の兄弟との愛情の差があった。
自分だけ可愛がられてないと思って育った、などです。

こういう事があると、自信をなくし自分はダメな子なんだと思い、
人と会うのに恐怖感を抱いたりしますよね。
それで、言葉や発達の遅れっておこるのでしょうか?


るくえさま 投稿者:ちびくまママ  投稿日:10月 7日(月)19時27分00秒

発達や言葉の遅れている子が、1歳や2歳くらいまでは
誰の目にもごく順調に発達しているように見えた。・・・というのは
決して珍しい話ではありません。
私の息子(現在小2)もそうでした。

雑誌や育児書では、よく発達や言葉の遅れの原因が
親の愛情不足や育児態度の問題であるかのように書いていますが
むしろそういうことのほうが珍しく、殆どの場合は
もともとあった病気や障碍が、その時期になってやっと
目だってくるということのようです。

あなたがどういう立場のかたで、なんのためにそういう質問を
されているのかわからないので、それ以上のお答えはしようがありません。
もしよかったら、何故そういうことを訊きたいのか教えていただけませんか。

あなたがわが子の発達のことで悩んでいるお母さんなのなら、
ここには同じ道を通ってきた経験者が沢山いますから。


もしかして・・・ 投稿者:sara  投稿日:10月 7日(月)19時51分31秒

悲しい思いをしてきたのかしら?


るくえさんへ 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月 7日(月)21時20分52秒

>赤ちゃん時代は人見知りもなく順調に発達していたのに、
>1歳過ぎてから何かが原因で発達が遅れることってあるんですか?

人見知りがないというのは、一般的に順調ではないです。
人見知りは、身近な人と、そうでない人の区別がついた証拠で、
程度の差はあっても、必ず通らなければならない発達の課題です。
ちょっと、気になったので。


はじめまして。 投稿者:こころ  投稿日:10月 7日(月)22時02分55秒

突然のカキコを失礼します。
我が息子は、ADHD・LDの診断を受けています。

今回京都府南部で(仮)軽度発達障児ネットワークを作って行きたいと考えています。
日頃の愚痴・情報交換等を行なって生きたいと思います。

賛同していただける人はご連絡してください。

yoshio@rock.sannet.ne.jp


お久しぶりです。 投稿者:マルコ  投稿日:10月 7日(月)23時05分26秒

 久々にカキコいたします。
息子ももう5年生、周りの子供達も目に見えて落ち着いてきて、遊びに来るお友達とも仲良くしているのを見て安心していたのもつかの間でした。
お友達のお母様に新しいお稽古に誘われ、子供もその子が居るならというかんじで始めたのですがその子とは、帰り道が違い、同じ方向に通う子達は普段一緒に遊んだことのない子達でした。
お稽古場所は電車で行かなければならずいつもお迎えに行っていました。
最近、息子は同じ方向の子供達と帰りたがったので何回か一緒に帰ったのですが私の目から見てると明らかにいじめのようなことをされてて、例えば途中で目配せしながら隠れたり、電車の中でもそーっとほかの車両に移ったりと見ててもあまり気持ちのいいものではなくつくづく普段遊んでる友達には恵まれてたなーという思いと、5年生といってもいろんな子供が居るんだなーと、、でもこれが現実なんだなーと、久々に実感しました。
久々に来て、とりとめのない愚痴メールで失礼いたしました。


追加です。 投稿者:るくえ  投稿日:10月 8日(火)02時40分42秒

実際には人見知りがないっていうか、赤ちゃんの時に多少はありました。
でもその時期を過ぎて大丈夫になったのに、1歳半くらいから、あれっ?って
思ったのです。


ちょっと?って思っている子には兄がいて、主人の父がその兄だけを
可愛がり、なつかない、その子に対し愛情がもてないらしく、
傷つける言葉を小さい頃から言われてきました。
その子は、毎週会っていても主人の父の前では身動きすら出来ず、
恐怖心でいっぱいです。
こんな事で発達って遅れるものでしょうか?
例えば虐待を受けた子がストレスで問題が出るって話しもありますよね?
実際の暴力はないにしろ、言葉の暴力に間違いありません。
大人でもけなされると仕事で力を発揮できないとかあるし、
子供もけなされて、自信を持てなくてってあり得ないのかな?
病院で、もともとの繊細な性格が影響しているって言われた事はあるのですが。
何か教えて下さい。


再び、るくえさんへ 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月 8日(火)09時41分37秒

詳しい事がわからないので、よくわからないのですが。

おじいちゃんが、冷たいのでしょうか?
同居もされていないのですね?
とすれば、発達の遅れに大きな影響を与えるとは思えないのですが。

視点を変えてみますと、もともと発達に遅れがあって、
おじいちゃんが働き掛けても、思うような反応が子どもからないので、
おじいちゃんとしてはかわいいと思えない、という可能性はありませんか?
子どもも、おじいちゃんがわからなくて、ますます反応が悪くなり、悪循環とか。

現在の状況(どういう遅れを気にしているのか)がよくわからないので、
あくまでも私の思った事ですが、何が気になったいるのか、
ある程度書き込んでいただきませんと、
原因を特定する事は不可能です。

もっとも、発達障害のほとんどは、原因不明です。


その子のことが 投稿者:まつこ  投稿日:10月 8日(火)09時42分49秒

そのせいかどうかはここで質問してもだれも答えられないと思いますが。
つらい体験の意味はその子の年齢にもよるでしょうし。

毎週会うのは「その子」と「主人の父」ですよね。
それとも「その子」を「主人の父」が育てていて、それを毎週るくえさんが見ると
いうことでしょうか?

言葉の暴力でも、ちいさな子どもが萎縮してしまうことはあるでしょう。

また、発達障害の子どもがコミュニケーションが取れず、育てにくいために
養育を放棄されたり、しつけの名目で虐待されたりする現実はあるでしょう。

でも、自閉症児と暮らす者としてとてもつらく悲しく感じるのは
子どもの様子を見た人から、虐待を疑われることです。

その子の普段の様子がわからず
るくえさんとその子の関係が読み取れないのでこういう返信に
なってしまいますが、ごめんなさい。


どっちにしても 投稿者:まつこ  投稿日:10月 8日(火)09時46分19秒

毎週会わないほうがいいとは思うけど。


やっぱり書いておこう 投稿者:まつこ  投稿日:10月 8日(火)11時08分10秒

はりもさん

選択肢というのは

こちらがある言葉を使って子どもがわからない場合

「子どもの認知が育っていないからだと考える」のが一つ。

「コミュニケーションが成立していないと考える」のが一つ。

ほかにもあるかもしれないけど、……同じ状態でも違う見方をすることによって
いろんな暮らし方があるということです。

私は前者が最善だとは思いません。結果的に後者になったとはいえ
そのことをよかったと思っています。


ごめんなさい 投稿者:るくえ  投稿日:10月 8日(火)11時10分50秒

説明が下手ですみません。

同居ではないです。
育てているのは私と主人で、近くに主人の実家があります。
主人の父は、もともと女の子が嫌いで、初めから可愛くない気持ちでした。
兄は主人の父に似ていて、兄以外は目に入らない状態です。
昨夜、その子の発達の遅れで主人の父と話しをしました。
やはり「あんな頑固な子はいない」「かわいいと思えるはずがない」
「親だって可愛いと思えないだろう」といわれ私はキレてしまいました。
うちにいる時や、私の実家では、言葉は多少遅いけれど、とっても素直な子です。
外でも人見知りはするけれど、優しく話しかけてくれる人には
それほど不信感ももってないように見えます。

このまま主人の父との付き合いを続けていっていいのか、迷っていました。
だけど昨夜「ここにいるのが(主人の実家)苦痛なら来るな」と
その子の気持ちを全く理解してもらえなかったので、
会わせる必要はないんだって分ったところです。

意味の分からない話しでごめんなさい。


私が感じた事 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月 8日(火)13時17分06秒

まず、無理して子どもを連れて、
おじいちゃんのところに行く必要はないと思います。
「かわいいと思えるはずがない」と断言される方の所に子どもを連れていっても、
双方、いい事は無いと思うから。
用がある時は、大人だけが行けばいいと思います。
兄弟で格差をしっかりつけられると、いつもいい思いをするお兄ちゃんの方にも
良くない影響があると思います。

それから、別の問題です。

>うちにいる時や、私の実家では、言葉は多少遅いけれど、とっても素直な子です。
>外でも人見知りはするけれど、優しく話しかけてくれる人には
>それほど不信感ももってないように見えます。

この文章を読む限り、育て方や環境に問題があるのではなく、
やはり子どもの力がまだ育っていないのではないかと思います。
「言葉は多少遅い」というのが、どれくらいのレベルなのかわかりませんが、
言葉や発達の遅れが気になるのでしたら、気がついた時点で原因を探すのではなく、
一番いい関わり方を探しだす必要があります。
どんな事が気になるのか、どんな事に困っているのか、
ここに書き込まれれば、いろんなアドバイスが集まると思いますよ。

>意味の分からない話しでごめんなさい。

いえいえ、具体的な意味はわからないけど、つらい気持ちは伝わってます。
こうやって文章にするだけで、自分の気持ちがずいぶん整理されると思いませんか?


るくえさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日:10月 8日(火)13時51分43秒

農村地帯にお住まいですか?
お義父さんは「跡取りになる男児が何より大切」という古めかしい価値観を、頑固にお持ちの方のようですね。

私も農村地帯に住んでいます。主人の両親と同居です。
我が家は次男が障害児です。ADHDですが、加えて認知にもかなりの困難を抱えているので、ことばも社会性も発達もずいぶん遅れています。
長男は健常児です。
彼がいなかったり、彼も障害児だったりしたら、私は義父からどれほど責められていたか分かりません。
いえ、彼がいても、次男のことではずいぶん責められたのです。「おまえが甘やかしているからこうなるんだ」「育て方がなっていないんだ」と。
そんなふうでしたから、次男の方でも、おじいちゃんにはなつきませんでした。
それがまた、おじいちゃんには面白くない。「こんな言うことを聞かない子は見たことがない」と怒ります。それで、ますます次男の心はおじいちゃんから離れていく。
悪循環でした。
あのまま、義父が変わらなければ、私たちは同居を続けられなかっただろうと思います。

るくえさんの書き込みを読んでいると
るくえさんたちは、お嬢さんのことをきちんと受け止めているように思います。
そういう状態であれば、たとえおじいちゃんひとりがその子を嫌っていたとしても
それが発達に直接影響を与えることは、まずないだろうと思います。
ただ、いつも叱られてばかりいるおじいちゃんの前に出れば、
どうしたってその子は緊張して堅くなってしまいますから
おじいちゃんにしてみれば、実際以上に頑固で未発達な子どもに感じられることでしょう。
それで、おじいちゃんは、ますますその子を責める・・・
という、我が家と同じような悪循環が起こっているのかな、と思うのですが。

幸いというか、るくえさんのお宅は同居ではないわけですから
しばらくは、お嬢さんをおじいちゃんに会わせなくてもよいのでは、という気がします。
無理に会わせて、その度にお嬢さんが責められるようでは
お嬢さんの心がますます傷ついていってしまいますからね。
そちらの方が心配です。

お嬢さんが発達に問題を抱えているかどうかは、掲示板の書き込みだけでは判断できません。
ですが、たとえそうであっても、子どもは確実に成長していきますし
人とのつきあい方も学び取っていきます。
子どもの社会性がのびたところで、徐々にまたおじいちゃんと会わせてみると
おじいちゃんの方でも「おや、こんなに大人になったんだ」と見直すようになるかもしれません。
双方で、少し冷却期間をおく必要があるのかもしれませんね。

我が家では、今は、義父も少しはマシになりました。
次男の障害を「あきらめて受け入れた」という感じです。
いえ、受け入れざるを得なかった、というのが真実かな。(苦笑)
次男の方も、ゆっくりとですが、社会性が伸び始め、
ようやく、おじいちゃんとも受け答えをするようになってきました。
ホントは、自分の気持ちを理解してくれないおじいちゃんが苦手なのですが、
彼なりに、なんとか相手をしているようです。(笑)
今でもときどきいろいろありますが、まぁ何とかなるかな・・・と思っているところです。

でも、本当は、私たちも遠すぎず近すぎずの距離に離れて住みたいな、とは思うんですけどね。(^_^;)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


参考になりました。 投稿者:るくえ  投稿日:10月 8日(火)14時15分48秒

ここに書いて本当によかったです。
うちは都会です。父は会社を経営してますが主人は次男なので、
跡取みないな感覚はナイと思ってます。
息子は結婚前に出来た子なので、父に中絶をすすめられました。
それで息子を見るたびに、その時に言った申し訳なさで
あの時もしも…という気持ちでかわいがっているようです。(昨夜聞きました)
私にしたら、あんなこと言ったくせによく可愛がれると思っていました。
こどもが発達障害だと話しても、連れてこないからなつかないだけだ
と言い張ります。週1で会っていたのに・・・
そう言いながらも、2歳位のときから「あいつの目は異常だった、普通じゃないって
思っていたよ」なんて言ってました。

やっぱり父の影響で発達が遅れたってことではないですね。
昨夜はつい「お義父さんのせいで、この子はこうなった!」
「自分に感心を持ってくれる人には1回会っただけでも話しできるんだから!」
と怒鳴ってしまいました・・・反省かな。。。

これからは気持ちを切り替えて、ゆっくりな子供の成長を見守りたいと
思います。


なんとまぁ。 投稿者:まつこ  投稿日:10月 8日(火)19時49分41秒

ひどいわね。おじいちゃん、3歳児なみの自己中心性だと思う。
(例えば「お母さん嫌い。背中が痒くても教えてあげない。」と3歳児は言います。)
3歳児のむちゃくちゃは笑えますが。

おじいちゃんの影響でないとしても、
キレたことを反省する必要はない気がしますが。

でもそんな場面やそういうムードは
お子さんたちにとって切実にしんどいことでしょう。

主人の父の言いたい放題は、ご主人が防波堤になってもらえないかなぁ。
るくえさんがじかにかぶるのはつらすぎますよ。


広汎性発達障害って 投稿者:あーにゃ  投稿日:10月 8日(火)22時06分17秒

無知で申し訳ないような質問なのですが、広汎性発達障害っていわゆる「自閉傾向があるけれども、自閉症とはっきり断定できるものではない」ということですか?
息子(1歳9ヶ月)は今通っている療育グループで「知的障害」か「自閉症」の疑いがあると言われています。でも私にはどうもぴんとこないのです。確かに言葉も5語ぐらいしか出ていないし、こちらの言っていることも理解していないようで、やはりその辺の言葉に関する遅れからそういう判断がなされたようです。
でも言葉を介さないこと、例えば初めて見る物の使い方を示すとすぐにマスターしたり、歌や手遊びもすぐに覚えて真似をするし、こちらの表情を読み取って笑い返したりすることもあります。確かに家族以外には反応が薄かったり、その療育に行っても、ほとんど勝手におもちゃに向かってひたすら遊んでいるなど気になることはあるのですが・・・。
私としては「知的障害」や「自閉症」という言葉よりも「広汎性発達障害」の方がずっとしっくりくるのです。私が思っているような意味であれは、ですが。勿論まだまだ判断のできない年齢であることは確かなんですが。
広汎性発達障害というと自閉症よりは多少症状が軽いということになるのでしょうか。それでも知的障害を伴ったりするのでしょうか。


珍しく管理人の役目をば 投稿者:M  投稿日:10月 8日(火)23時09分06秒

>「知的障害」か「自閉症」の疑いがあると言われています。でも私にはどうもぴんとこない
>のです。確かに言葉も5語ぐらいしか出ていないし、こちらの言っていることも理解して
>いないようで、やはりその辺の言葉に関する遅れからそういう判断がなされたようです。

 知的障碍も自閉症も、言葉の遅れだけでは診断されないと思うよ。
 因みに、
 知的障碍がなくてもことばの遅れがある子(特異的言語発達遅滞など)はいるし、
 知的障碍の子にもその知的レベルよりも高い言語発達をしている子はいる。

>広汎性発達障害というと自閉症よりは多少症状が軽いということになるのでしょうか。
>それでも知的障害を伴ったりするのでしょうか。 

 自閉症の診断基準をすべて満たしている場合と
 満たしてはいないけれど、その内のいくつかの症状を持っている場合を
 まとめて広汎性発達障害(自閉症スペクラム障害とほぼ同意語)と呼ぶ。
 
 ただし、
 自閉性障害、レット障害、アスペルガー等の特定の診断名以外のものを、
 特定不能の広汎性発達障害とする 
 という使い方をする場合もある。

 それと、
 自閉と知的障碍は全く別のもの。
 つまり、
 知的障碍を伴う自閉症も、伴わない自閉症もあるし、
 知的障碍にも自閉症にも、それぞれ、軽度の場合も重度の場合もあるってことね。

 ここの過去ログのどこかにも、
 訪問者のどなたかが、管理人よりもわかりやすい説明をして下さっていると思うので、
 詳しく知りたい場合は検索してみてね。


広汎性発達障害 投稿者:はりも  投稿日:10月 8日(火)23時13分10秒

うちの3歳7ヶ月の娘(萌)は9月の終わりに「広汎性発達障害」と診断されました。
自閉症と断定出来なかった理由は、こだわりがないって事だけです。
先生の話だと、親が何を食べさせて良いか分らない程の偏食、
ぬいぐるみなどお気に入りの物がないとダメ、など そういうものがないからだと
言われました。
私も診断されてから、療育センターへいってないので、詳しい事は何もわかりません。
あーにゃさんの質問の答えを参考にさせてもらいたいと思います。

下の方で萌の認知の事を書いたのですが、今日お風呂で質問したところ、
「洗面器の中にボールを入れて」
「ママの頭の上にタオルをのせて」
「ママの手の上にお人形を置いて」
「萌ちゃんの頭の上にタオルをのせて」
「クジラの上にお人形をのせて」
などが全部できました。この質問は簡単過ぎますか?

あと、先生から、もっと客観的に様子をみるように言われて
今日、こんなことがありました。
萌の3つあるタオルのうち1つが見当たらなくて、
私が「○○のタオルどこ?」
萌「ウサギのカバンに入れてある」
私「かばんはどこ?」
萌「イスのところにあるよ」
と、別の部屋のイスの上に置いてあるかばんの中に入っていました。

これだけで萌は、それほど遅れているわけじゃないのでは?と思うのは
甘いのでしょうか?


かっぱちゃんさんへ 投稿者:akagumi  投稿日:10月 8日(火)23時29分59秒

文面から類推すると、かっぱちゃんの息子さんがどちらか一方の先生の方を選び、
片方の先生とはお互いに合わないという関係になっているみたい。
>好きな人にはカルガモのように後をついて歩く。
>嫌いな人には最初からやる気なし。
ここで、選んだ先生がどういったアプローチをしてくれているかだと思います。
その1;発達を支援する上で望ましい対応をしていて、
しかも息子さんにとって対応しやすい「適切な接し方」をしてくれる方
その2;息子さんの要求に応えすぎていて、いわゆる「甘えさせてくれる存在」
あるいは
>去年の今頃から彼は人によって態度をはっきり変えて
4月に入園されたのなら、半年くらい経ってということですから、
その3;元々、息子さんの担当として、機能する役割をもって関わっている方
その4;あるきっかけで(たとえば、叱ったりとか)もう一方の先生へのイメージが悪くなり、
相対的に今の先生の方がよくなったのか。
ということも考えられると思うのです。
担任が二人いる場合に、子どもとの相性によって、ある程度担当が決まるということは、
あるようです。障害児保育をしている保育園なんかでは、
○○先生は、何ちゃんの先生だからというのは、ほかの子どもも理解していて、
役割分担が決まってしまうことも多いですね。また、そういうことがなくても、
どちらかが叱り役で、もう一方がフォローに回るということもありえるので。
でもそれなら、さけているようには見えないかな。うーん。
 その1の場合、選ばれなかった先生のスキルに問題があるのであれば、
何らかの対策も考えなくてはならないわけです。
その反対にその2であれば、選ばれた先生の方のスキルを検討しなくてはいけません。
>今は同じクラスの子のお母さんを気に入っていてその人に全てやってもらっています。
この「全て」がやるべきこともお世話してもらっているという意味なのか、
その施設で、先生たちがやるようなことをそのお母さんが代わって関わっているという
意味によっても違います。そのお母さんの関わり方の違いにもよるので、
判断は難しいところです。
大人が気になる問題は、一人の先生の言うことを聞かず、子どもが先生を
「えり好みしている」かのような行動をとっているかなのですが、
「なぜ、そうなったのか。」を考える糸口として、2人の先生と、
お母さんたちの関わり方をよく思い出してみてください。
 後、akagumiが発言したところでは、「個別指導において」という条件がつきます。
子どもと1対1で関わる場面において、いわゆる厳しくしなくても、
課題を適切に行わせることは、配慮次第で可能です。
それに「課題に対しては厳しくあるべき」と考えていますし。
しかし、集団の中で関わる場合は「大人の都合のよいように」などという
安直な結論ではすまないこともあるでしょう。
 だから、かっぱちゃんさんがそのことだけを反省されることは、
問題の本質を見失うことにもなるので、注意してください。
>でも先生の言う事も聞かずに過ごす半年はもったいない。
半年は大きいです。特に前半での色々な迷いや試行錯誤が、
この後半の3ヶ月くらいで互いに結びついてきて、伸びる時期です
(だからakagumiは秋が大好き)。
まずは、息子さんのまわりの大人の関わり方を比較検討してみて下さい。
その上で、担任の先生への依頼の仕方も変わってくると思います。
>どう担任と話し合っていけばいいのか悩んでます。
>今度の懇談会では絶対話題にしたい 
今の情報だけだと、これ以上の意見は出しにくいので、
もう少し書き込んでもらえるとよいかも...

掲示板過去ログ案内に戻る