2002年10月その4
自信のつけ方… 投稿者:はりも  投稿日:10月10日(木)13時32分36秒

まつこさん、いつも有難うございます。

すごく勉強になりました。
やはり頭のどこかに診断名のことは入れておき、萌にとっての方法を見つけていけば
いいのですよね。
療育センターからは何度も「自信をつけさせて」という言葉を言われ、
スモールステップでという事ですが、私自身も萌には、それが一番と考えては
いるものの、萌と家族での間では自信のない場面は殆どなく、
どうやって自信をつけさせれば良いのか分らないでいます。
無理をさせてはいけないという先生の言葉に反して、こんな事をためしてみました。
友達に何かをもらったら「ありがとう」と言うまで、何度も「ありがとうは?」
と言いました。そしたら小さな声で「ありがとう」と言い「聞こえないよ」
と言ったら、大きな声で言えました。
ちゃんと言えて相手の反応もあったのが、嬉しそうでした。
その後も「ごめんなさい」など、同じようにしてみました。
やはり言えた事が嬉しそうで、これが自信に繋がるのかな?と思いました。
その後は気分も良かったのか、公園に来ていた小学生の男の子と言い合いをして
最後には「あっかんベー」まで言う始末。
あまりの変わり様に、みんな唖然でした・・・
ちょっとした事でへこんでしまう事もまだまだあるので、
その場その場での配慮は必要だけど、すごく頑張る気持ちになれました。

ほかに自信のつけさせ方はまだ分らないので、アドバイスあったら
教えてもらいたいです。


あさゆめさんへ 投稿者:りんか  投稿日:10月10日(木)20時38分51秒

私自身、ものすごく狭量な人間で、ADHDというのを受け入れられなかったし、
またはっきり言われないことをいいことに、「???」の状態が続きました。
よそのお子さんと比べて、落ち込んだことだって、たくさんあります。

海外に住まいを移して、家ではなんともなかったのですが、言葉のハンデや文化の
ギャップから不安定になりつつあったので、

>基本的に「子供が楽しく、お友達を作りながら、勉強に励める」理想的な状況を家族と学校と医療機関で求めていきたいとわたしは思っています。

に変更したのです(^^+ だって、お友達とも話ができなくて、勉強面でもある程度はがんばってもらうっていうのは、息子にとってきつい状態(精神的に)だと思うし、幸い担任の先生が理解ある先生なので、連絡ノートの交換をお願いしています。

あと、ボランティア活動に参加を申し込んで、学校での様子をみてくるというのも・・・
昔の私からは信じられられないのですが。
疲れない程度に、(もうすでに疲れていますが)乗り切っていこうと思っています。


ご存知ですか? 投稿者:謎のタヌキ  投稿日:10月10日(木)20時49分43秒

狸は涼しくなると活発になるんだそうですよ。めでたいめでたい。
それはともかく、また名前間違えてました。
毎度のことで感覚が麻痺しますね(どっかの会社の偉い人みたい)
めんたこです。


自信のつけ方。 投稿者:こくっぱの母  投稿日:10月10日(木)21時06分54秒

自信は、「自分でできた」「自分だって捨てたもんじゃない」という、
自分を自分で認めていく事の積み重ねじゃないかな?

ちょっとしんどいけど、頑張ったらできる経験。
昨日の自分と違って、ちょっと今日はお姉ちゃんになったねと思える瞬間。
そんな事だと思います。
そして、そんな自分を丸ごと肯定してくれる(褒めてくれる)人がいて、
更に自分のものにしていくの。

具体的に言えないのだけど、「やった〜」と思えた時に、
「すごいね」などと言われると、すごく嬉しいでしょ?
でも、たいして頑張っていないのに「やった〜」といわれても、
「あたりまえじゃん」とか思ったりして、たいして嬉しくは無いはず。

私は、この褒めるタイミングが、一番難しいと思ってます。


もぎゅもぎゅもぎゅもぎゅ 投稿者:謎のタヌキ  投稿日:10月10日(木)21時32分29秒

うん、じゃがいもはおいしい。

はい、アスペです。小六です。普通級在籍で、クラブの部長で、
児童会の会長に立候補したけど、どっすん落ちました。
通級に遊びに行っても門前払いです。来るなって(でも飴もらえたからいいや。ぺろぺろ)。
自閉症は奥が深いですから、ひとくくりには言えませんね。
自分の診断名を聞いた時、弟の診断名と一緒だったので、
「おいおい、なんであいつと一緒やねん」とツッコミに行きました。
それほど奥が深いです(今でもムカツク)。
名前は書きませんが、ギョーカイで有名な先生です。
私たちの教育について、あのっ!有名なっ!某先生と学校で昼飯を食い
(当然給食です。ほんとは千円ランチが良かった)
、「アスペルガー症候群を知っていますか?」という最新の冊子
をサイン入り(もちろん某先生のです)で貰ってきました。
で、話がずれて、宝塚歌劇の話に飛び、某先生が宝塚がお好き
ということが分かりました〜。
実は弟は軽度・母は中度・私は重度のヅカファンなのです。
「エリザベート―愛と死の輪舞―」も観に行きましたよ〜
久々の正統派トップスター誕生です。
知らない人はごめんなさい。知ってる人は分かるよね。

あ、ツッコミおおいに可能です。


どこかで呼ばれているような気が 投稿者:M  投稿日:10月10日(木)23時08分21秒

したのは・・・1ページ前だったのか・・。

>ところで、現在私が住んでいる市では、小学校を卒業すると通級も終了となります。
>中学生を対象にしたことばの教室はありません。

 ことばの教室は、口唇口蓋裂、構音障害の子たちの指導の為に作られてきたという
 経過があるので、中学生対象の教室は全国的にも数は少ないのでしょうね。
 情緒教室ならもう少し多いのかな?
 
>また、母親は通級を希望しても子どもは嫌がるといった話も聞きます。

 本当にその子が必要としている事の支援ができるのなら、
 たとえはじめは嫌がっても、その内に変わってくるのではいかな?
 
 個人的にも、卒業した子で気になる子は沢山います。
 普段は、小学生で手一杯なので、中学生は教育相談で来てもらおうかなと、
 前回来たときに、
 「又、夏休みに連絡するね。」
 と言っておきながら、今年の夏も、あれやこれやで連絡しそびれてしまった・・。

 中学生に限らず、高校生になっても大学生になっても、いや大人になっても
 支援、サポートを必要とする子はあるよね。
 理想のサポート体勢とは・・・・・・・?
       < と言うことで、誰かさんのページにリンク。
                        事後承諾宜しくぅ、誰かさん。
  http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/petwmpr.htm
 

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/petmain.htm


自信をつけさせるのは、 投稿者:かずりん  投稿日:10月10日(木)23時10分29秒

簡単そうで難しいですよね。
特にこくっぱの母さんも書いておられましたが誉めるタイミングって難しいです。

しょう君も幼稚園のころから、「自信をつけさせてあげてください。」と言われていました。
我が家の場合は、いつも私が言わないと出来なかったことが言われなくても自分から出来た時や、いつもよりちょっとがんばれたとき、そして自分から小さな発見をしたとき(これ、わかりにくいですよね。たとえば、よく見ていないと気がつかないようなてんとう虫なんかを見つけた時に「よくこんな小さいのを見つけたね、すごいね。」みたいな感じかな。)こんなとこです。

後は、本人の好きなことで時間がかかってもいいから、少しでも難しいことが出来るようになれば誉めてあげるぐらいでしょうか。
しょう君はプールが大好きでスイミングに行っています。
何度も進級テストに挑戦し何度かくじけそうになっていましたが、少しずつ進級していくうちに「時間がかかってもやれば出来るんだ」という自信がついてきているようです。

本当にちょっとしたことの積み重ねですし、すぐに成果がでてくるものでもないのでこれでいいのかと不安にもなります。
それでも、少しずつ自信がついてきたのかなと思えることが増えてきています。
あせらず、ゆっくり時間をかけてやっていけばいいと思います。


ごきゅごきゅごきゅごきゅ 投稿者:M  投稿日:10月10日(木)23時21分12秒

コーヒーだってはおいしいよぅ。

>で、話がずれて、宝塚歌劇の話に飛び、某先生が宝塚がお好き
>ということが分かりました〜。

 あ、そうなの。ふ〜む、なるほど・・。 <意味不明

>実は弟は軽度・母は中度・私は重度のヅカファンなのです。
>知らない人はごめんなさい。知ってる人は分かるよね。

 某管理人はかすり傷程度のファンだったことがあるけどね。
 というか、
 多分、謎のタヌキちゃんはもう知らないだろう伝説のただ一人だけのね。
 ここに、こんなページもあるの知ってた?

http://www005.upp.so-net.ne.jp/ma2ma3/tukihosi.html


自信をつける? 投稿者:ひいろ  投稿日:10月10日(木)23時25分03秒

自分自身の頭で考えて良いと思った行動を、本人が納得して行い
それを誉められた状態じゃないかと思っています。・・なんか私にしちゃ文章固いな。
さっき○○大学の講義を聞いたばっかりだからか?(爆)

この間ドラの通っている養護学校で運動会がありました。
プログラムの出来不出来は別として、とにかくその場にいて「ガマン」する事はできました。
私は一応我慢した事を誉めましたが、でもそれがドラにとって
「いい経験になった」とは思いませんでした。
「人に言われた事をやる」という事も大事ですが、自分でやる気になって
自分で選択したものでなくては、意味がないような気がします。

でも実はそれって自閉症児にとっては、1番難しい事なんですけどねぇ(笑)


小学生でも 投稿者:力士  投稿日:10月10日(木)23時44分32秒

先生によって放置されてまーす。あんなに多数の生徒で4人の先生でマカナエル?と心配していたら。案の定でした。私の悪い性格で申し訳ないのですが、今長男のクラスにどーみてもADHDの子がいるんです。在籍に、ん?でわなく、担任の先生が「言うことを聞かなかったり、暴れたら叩いて聞かせなさい。それで聞かなければ強く叩いて注意しなさい。」と、長男及び他、3名にお達しが出ているそうです。気がついたのは、運動会、参観日2回珍しく下2名連れだって行った時のこと。あまりうちん子と他3名が連打して話をするので注意してみたら、口をそろえて申し述べるのです。うちは力士もいるしそういう接しかたをして欲しくないし、彼にしたら、やはりそういう扱いをされる事って悲しいと思うのです。しかし、彼のママはちょっと悪いぐらいと思われているぐらいで
参観も運動会も働いているという理由でこられません。担任の先生はほめ殺しの得意なかたです。で、実はシビアだと評判です。私、先生にお願いしにいくべきでしょうか?叩かすのはやめてくださいって


損する顔・・・ 投稿者:しのちゃん  投稿日:10月11日(金)00時48分30秒

とつぜん、すみません。今日は、児童相談所へ行ってきました。
なんだか、言われっぱなしで、悔しい思いが残って・・・書かせてください。

4月に転校して、娘(小2、自閉傾向)が、9月からちょっと不登校に
なっていまして、担任の先生もいろいろと配慮していただいているのですが
なかなか改善しなくて、日に日に悪くなるのが分かるほどでした。
私の下手なアドバイスやちょっと熱っぽくなる説明では、担任の先生も
冷静に娘の障害の理解や対処もできない、と私は感じて、児相へ相談し、
児相の先生(自閉を理解できてる人)が、担任の先生にアドバイス出来るよう
・・・その手続きとはいいませんが、娘と一緒に児相へ行ったわけです。

男の職員の方と心理の女性の方でした。
心理の方は、私の話を少し聴いてから、娘の様子、状態を見に
娘が待つ部屋へ行ってしまいました。
私は、男の職員の方と娘のことを聞かれることになりましたが、
娘が不登校になったのは、私の過ぎた一生懸命な子育てのせいだということに。

私の叱り方、私の追い詰めたような子育てが、不登校の原因になっていると・・
きちんとしていないと、お母さんに怒られる。
誉めた子育てをしていないから・・・などなど。

私のせいか・・・・久しぶりに責められて、なんにも言い返せなかった自分が
悔しかったです。私は一生懸命話すところがあり、順序だてて話さないから
イマイチ本当の話が伝わらないのかな・・・
あとは、この顔。なんでも言われちゃう、言いやすい、この顔。
やさしい顔といいますか、きつくない顔。

「あなたの言い方聞いてると、子供を追い詰めてる子育て・・」と職員の方。


悔しくて、涙が出てきた。お父さん、お母さんはどんな性格?とか聞いてきたので
「私のせいかも、しれませんね。」と答えた。もう話したくない、と思い
「私はいいです!」と答えたら、「いや、お母さんと話さないといけないな。」と職員の方。

私の感じ方なのかもしれないけど、あまりいい感じはしなかった。
泣いているのを楽しんでいるようにも見えた。困った話を聞くという感じでは
なかった。あとから、不愉快な気持ちになった。
本当に、くやしいです。


自信 投稿者:ケロ  投稿日:10月11日(金)01時10分15秒

自信をつけさせるのは難しい・・・とお考えなら、
まずはハードルを低くして「自信をなくさせない」ことを心がけてみたらどうかなぁ?

「○○を××の上に置いて」がよくわからないなら、
「○○を置いてね。××の上だよ」と、その子に分かるように話してあげる。

「上に置く」がわからないなら、
片方の手の上にもう片方の手をのせる仕草などをして、イメージが湧きやすいようにする。
(親子だけで通じるサインでいいんです)

理解しやすいようにヒントをたくさん用意してあげるの。
毎回毎回丁寧にやってれば、ある時うっかり手抜きしちゃってもできたりして。

言われたことがわからない、できない、では大人だってくさっちゃいません?
私なんて「わかるように言えよ〜 できることを頼めよ〜」って怒ってしまう・・・。


あとは、一人では出来ないことは、99%のところまでママがお膳立てしたとしても、
最後の1%は萌ちゃんの手で仕上げてもらうなど。
例えば、ボタンをはめるのを教えるときって、半分以上は大人が穴をくぐらせてやって
子供に引っ張らせたりしますよね? 
生活すべてがそんな感じにやって行けたらいいなぁ、と思うのです。
達成感を味わうと、次もやってみようって気持ちになるかもしれないから。

あと、ありがとうやごめんなさいは、
「こういう時は、ありがとう、だね」と気長にやってった方がいいのではと思います。

毎回言うまで強要してると、何ヶ月か何年かして、お友達や兄弟に
「ありがとうは!?」と強要する日が来そうな気がします。


癒し系のしのちゃんへ 投稿者:ケロ  投稿日:10月11日(金)01時11分30秒

児相の職員が自閉症に詳しいかというとそうでもないそうですよ。
そんなワカランチンのためになんか、流す涙がもったいない。


>一生懸命話す

>なんでも言われちゃう、言いやすい、この顔。
>やさしい顔といいますか、きつくない顔。

どちらも美点じゃないですか。


む・・! 投稿者:みっき  投稿日:10月11日(金)01時38分23秒

>「いや、お母さんと話さないといけないな。」と職員の方。

だったら、もっとちがった話し方ってものがあるでしょうにねぇ。
やな感じっ!
本当に相談に乗る気があって、事態を改善してあげたいという気があるなら、
こういったものの言い方は普通しませんよ!
この職員の方、お嬢さんの詳しい状況を把握しているわけじゃないんでしょう?

心理の方は何かおっしゃってましたか?
不登校、心配ですよね、しのちゃんさんにしてみれば。
4月に転校してきたってこともあるし、親子とも、気疲れしてるかもしれないし、
その辺のことを考えるだけでも、追い詰めるような言い方でなく、
もっと優しいものの言い方ってあると思うんですけどね。


はぁ・・? 投稿者:みっき  投稿日:10月11日(金)02時01分37秒

>担任の先生が「言うことを聞かなかったり、暴れたら叩いて聞かせなさい。それで聞かなければ強く叩いて注意しなさい。」と、長男及び他、3名にお達しが出ているそうです。

これもひどい! 「叩いて注意する」のもひどいけど、子どもにけしかけるのも・・・。
言語道断ですね。
叩かせるのはやめさせてもらった方がいいでしょうね。
子どもに悪影響です。教育上、全然よろしくないですよ。
叩く方も、叩かれる方も、それを見ている周りの子達にも、すべてにおいて悪影響ですもん。
「叩いて注意する」ことが正しい接し方だと子どもが認識してしまったら、
次第に流れでイジメに変わるかもしれないし、その先生はイジメを助長してることになりませんか?

他の親御さんたちは、このことをご存知なんでしょうか?
親御さんたちで、この先生にご意見してみられたらどうでしょう?
絶対よくないですよ、こんなこと!


はじめまして 投稿者:サリー  投稿日:10月11日(金)02時13分14秒

小2の娘の行動(言動?)に「??」と思うところがあり、LDやADHDなどの
軽度障害の子供へ支援を知りたくて、いろいろ探していてこちらを見つ
けました。
その娘の他に小5の自閉症の息子がいます。
こちらはあんまり手のかからないとっても大人しい息子です。(#^.^#)

ここは、濃い内容が飛び交っているのですね。
過去ログの量も半端じゃなかったです・・・・・
(流し読みですけど・・・(^^ゞ)


「自信をつけさせる」
「やる気を育てる」
という事に気をつけようと思っていますが・・・ついつい、切れてしまう
ことも多いです(^^ゞ

皆様の書き込みでこれからいろいろと勉強させていただきたいと思って
いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


自信のつけかた・・・なんて私がいえるのかな 投稿者:りんか  投稿日:10月11日(金)05時55分59秒

は、難しいですね。親の一言が・・・どよーんとさせてしまうことがあるので。

で、わたしは「今日楽しかった?」「うん」「まあまあ」といわれたらよかったね〜。
とフォローを入れ、「まあまあ」の時はホームワークの出来と連絡帳(頼んで作ってもらってる)を見ます。
高学年では通用しないやり方ですけど。(--;;

ただ、日本から送られてくる通信添削の提出には、厳しいチェックを入れます。
ただ「馬鹿」「あなたはできないの」ではなくて、「ほら、ここちゃんと書けてるね。
同じ調子でやってみよう!」とか、いろいろどこかをほめようと努力します。

わたしなんて、「ばかもの〜」「もうベランダにでていなさい」などと言いたいこともたくさんありますが、『児童虐待』ととらえられるのはまずいので、怒れなくなりました。
持ち上げて褒めて、なんでもいいから褒める!(なんてかわいいの!などとも言っている)

幼稚園の頃は着替えに時間がかかったので、それだけでも「かーっと」来てましたが、今じゃ朝のひととき、悲しい気持ちでスタートさせたくないので、遅れそうなら、ちょっとは手伝います。

1つでも2つでもちゃんと着替えられたら、「褒める」
学校に間に合うようにトイレで、きちんと用をすませたら「褒める」

朝だけですけど・・・


う〜ん 投稿者:はりも  投稿日:10月11日(金)08時50分21秒

ケロさん、アドバイス有難うございます。

萌は家では姉兄よりはるかに、お手伝いが上手だったり、挨拶は欠かさず元気に出来るのです。
食器の洗い物、洗濯物の取り込み、畳む、などなど大好きで殆ど毎日やるんです。
挨拶も小さい頃から自然と出る子で、(家の中だけ)つられて姉兄がする感じです。
兄の幼稚園の支度(カバンにお弁当を入れるなど)も兄に言うより、
萌に頼んだ方が早く済んでラクな位、手早く上手にできるんですよね。

問題は家族以外の大人が見ている場面で勇気(?)が出なくなるんです。
家に中での自信が外では、全く出ないんですよね。
やっぱりこれも、家での「できた!」ってものを増やすしかないのでしょうね。
「上に置く」などのアドバイス、試してみますね。
エレベーターのボタンの上下・2段ベッドの上下は分るのに、
上向いて、上にあるよ、上に置いて、は分らないんですよ。

本当に、自信って難しいですね。


ふふふ 投稿者:ケロ  投稿日:10月11日(金)09時13分08秒

さすが3番目!

ウチの下の子も、自信のないものには絶対に手を出さないタイプでした。
それでも少し興味を持ったものは家族にも隠れてこっそり誰もいない部屋で試してから、
家族の前でもやるようになったり・・・と。

独特な発達をしている子ではなく、ゆっくりと発達する子なので
今ではそんなことはなくなったのですが。

萌ちゃんの場合、兄姉がいるメリットや、お手伝いや挨拶が上手にできるという長所を
フルに活用できますね。

ちなみに、上下や左右の概念って、大人が考えるよりも遥かに難しいそうです。
それを聞いたとき、「へぇ〜 そうなんだぁ」と私も思いました。


自信のつけ方 投稿者:sara  投稿日:10月11日(金)09時58分32秒

たくさん失敗してます。はぁーーー。

>自信は、「自分でできた」「自分だって捨てたもんじゃない」という、
>自分を自分で認めていく事の積み重ねじゃないかな?
そうだよね。

まず、自分でできるような、わかりやすい指示を最初に考えて(周りの人が)
失敗の経験をなくすよう方向に持っていき、
成功体験を積み重ねる。
もちろん、できたことは誉める!

子ども自身も、失敗経験は、こたえているから、
先に親が、視点をかえた見方で、誉めることも大事だと思う。
なくさなかったことだって、じゅうぶん、ほめることだしね。


あさゆめさま 投稿者:sara  投稿日:10月11日(金)10時11分42秒

>また、母親は通級を希望しても子どもは嫌がるといった話も聞きます。

定期的に通級することを、よーーく、考えてみたのですが、
中学生の生活って、忙しいし、しかも、みんなと同じという枠で考えることが多いと思います。
例えば、部活は毎日あるし、委員会活動もあるし、学習のこともある
親からしてみると、「こっちの方が大事でしょ」と思うこともありますが。
娘にしてみても(中2)「今日は、○があるから、皮膚科にはいけない」とよく言います。
子どもの視点から考えると、確かにそうですよね。

通級することも、聞かれる場合もあるでしょうし、
この年代「みんなにどう思われるか」など、みんなの視点もかなり気になる年代です。
「みんなはみんなで、あなたはあなた・・・」と言っても、
そこまで、思える子って、なかなか・・・。

そんなこともあるのかぁーと、思えました。


みっきさま 投稿者:力士  投稿日:10月11日(金)10時53分26秒

ありがとうございます。よくないですよね、こんな事。でも他1名のママしか気づいてないんです。彼への対処を見て力士は、障級にしようと決めたんですが・・・。やっぱり言いに学校行ってきます!


力士さま 投稿者:みっき  投稿日:10月11日(金)11時40分33秒

昨晩は興奮してしまいまして、畳み掛けるような書き方で失礼しました。A^^;)
でも、どう冷静に考えても、よくない影響しか考えられませんよね。
叩いて注意することで、一体何がどうなるというのか。押さえつけるだけのため?
学校で教師が言うことではないですよね。

「叩いて注意する」指導を受けた子たちが、その通りにやって、それを見た他の子たちも、
同じように真似てやったら、指導という名のもとで、イジメに近い状態になるのは
目に見えると思うんですけど。
他の親御さんも、自分の子がそういうことをやってると知ったら、心穏やかでは
居られないと思いますし(力士さんもそう感じられたんですもの)、
もし一人で先生に掛け合っても相手にしてもらえなかったら、
他の親御さんたちにも声を掛けてみられてもいいんじゃないでしょうか。
味方は多い方が、説得力も増してきますし。


Re.しのちゃんへ 投稿者:MAKI  投稿日:10月11日(金)11時50分49秒

さっきの書き込みを読ませてもらってわたしもすごく悔しかったです。

登校拒否を本人や親のせいにしてしまうのは、一番簡単だけど
それを責めても問題が解決するとは、思えません。
学校側ももっと柔軟に対応していただきたいし、そのことを
促すためにより専門職と思われる児童相談所に相談にみえたのでしょう?
児童相談所の職員の方は、自分の仕事をしてないと思う。
事なかれ主義で自分は動こうとしない担当者ってけっこういます。
不愉快な担当者をかえてもらうとか、責任者である所長などに訴えてみては
どうでしょうか?
その際、陳情書という形で、こちらの訴えを文章化したほうがより有効だと思います。


叩いて・・・(--;) 投稿者:サリー  投稿日:10月11日(金)12時17分40秒

こんにちは
先ほど自己紹介をしました新参者です(^^ゞ
叩いて・・・に反応してしまいました。

叩いて指導することは教育現場ではタブーになっているのではないでしょうか・・・
もしかしたら、先生は叩けないから周囲の子供達をあおっているのかも・・・なんて
思ってしまいました・・・

私だったらどうするか・・・と考えてみました。
担任の先生にこんなことを聞いたのですが、まさかそんなことはありませんよね
というだけでも効果があるかもしれません。
他の子供たちにも暴力を推奨することになりますということも付け加えて、もう一歩、
子供同士でこんな話になっていることを指導してくださいということも付け加えて
お願いしてくるかなぁ・・・

叩いて指導するということからは何も良い結果は出ないと思いますから(#^.^#)


ちょっと気になったんで自己レス 投稿者:ケロ  投稿日:10月11日(金)12時23分01秒

>兄姉がいるメリット

比較して「あなたの方がおりこう」と褒めるんじゃなくて、
他に兄弟がいるとママが第三者になれるってことです。

一人っ子のお宅では『パパと子供』のやりとりの中でママが第三者の立場になれるけど、
大人対子供の関係って、子供対子供とは微妙に違うでしょう?

でも、兄弟がいるというのは、その子一人だけに集中してあげられないという
デメリットもあります。
丁寧に関わろうと思ってもままならない事の方が多いです。

一人っ子も兄弟がいる場合も、それぞれにメリットがあるのだから
それを活用しない手はないですよね〜

・・・・と、言いたかったのでした。


兄弟 投稿者:はりも  投稿日:10月11日(金)17時28分56秒

本当に、メリット・デメリットありますね。

うちは12・5・3歳の姉兄妹ですが、
萌には常に年子の兄の存在があるので、萌1人の行動って見過ごす点が多かったと
療育センターで質問されたときに改めて感じました。
兄弟で仲良く遊んでいるように見えても、年上の子とのやり取りは、指示されて
動いているだけが多いらしく、先生に遊びの発展には繋がらないと言われました。

メリットは、やっぱりいつも楽しそうですよね。
萌のような妹を持った兄は、とても優しい子に育ってくれていますし。
比べてはいけないだろうけど、うちの場合は3人目だからこそ、
萌の発達の遅さに早く気が付いたんだと思います。


saraさんへ 投稿者:こなつ  投稿日:10月11日(金)17時47分30秒

こんにちは 4歳のしゃべらない子供のことを相談させていただいた、こなつと申します。
やさしいお言葉ありがとうございます。
私も”この子は今言葉を溜め込んでいる時期なのかな”という気持ちもあるのです。
心療センターの先生も「この子のペースで成長してるから、この子のペースで見てあげて」と言われたし、ゆったり見守っているつもりでした。でも下の子(1歳5ヶ月)の単語がどんどん増えてきて、上の子がまだ単語も言えないことに焦りを感じてしまいました。
言葉の教室は保健婦さんに相談して言語聴覚士?の先生を紹介していただいたのですが、そこは月1回というので、週1回だったらいいのになぁとちょっと不満なんです。(来月から通います)
saraさんがおっしゃったように、心療センターの先生に相談してみます。
また(あつかましく)結果を報告させてください。


いえいえ 投稿者:力士  投稿日:10月11日(金)18時17分00秒

いわゆる健常だけの家族構成なら、あら!そうなの?だけで済むようです。あんだけ叩かれていたのに・・・運動会で・3人組の1ママは気になるのであればあなたおっしゃったら?と返されました。寂しい〜。一人アラスカだわ。他のクラスのママは「うちのクラスのできない子、お行儀も悪いからみんなの前で、なかよしさんに行きなさい!とさけんだらしいよ」と言ってました。他の役員さんもソノ話を言ってたので、ウソでわないでしょう。あ〜学校荒れる前兆かな?
とりあえず、来週担任のところえ行ってきます!


(無題) 投稿者:力士  投稿日:10月11日(金)18時19分40秒

すいません腹立ちまくりなので、ビール飲み飲み打ってたら変な文でした。反省


皆さんに読んでもらいたい 投稿者:sara  投稿日:10月11日(金)19時59分25秒

「ぼくはうみがみたくなりました」

ネタばらしが、できないのですが(笑)

とってもいい本です。
心に染み入るストーリーです。
涙がこぼれる場面もあって(かわいそうの涙では、ありませんっ)

自閉症に関りのない方も・・・・
もちろん、関係のある方も・・・・

皆さんに、読んでいただきたいと思います。

※ここから頼むと、作者のサインつきだそうです(笑)
http://ktplan.net/anamama/

コピペで、すみません。


これって、権利侵害だと思う! 投稿者:sara  投稿日:10月11日(金)20時43分32秒

以前、敬意利侵害の講演会で、印象に残ったこと

見て見ぬふりをされる事によって権利侵害する側の良心のタガがひとつずつはずれていくことだと思います。
起きたことが悪いのではなく、起きたのになかったことにすることや、気がつかなかったことにして済ませてしまうことが悪いと思います。

絶対に、気が付かない振りなんて、しないっ(怒)


教えて下さい。 投稿者:みぃ  投稿日:10月11日(金)20時50分37秒

はじめまして。
ただ発達の遅い子と、広汎性発達障害って、どんな基準で決められるのでしょうか?
広汎性発達障害も自閉症と同じく一生治ることのないものなのですか?
何も知らなくて、こんな質問ですみません。


saraさん、 投稿者:あさゆめ  投稿日:10月11日(金)21時43分02秒

ていねいなお答え、ありがとうございます。
レスが遅くなったのは、ずっと考えていたからです。
いまも、あまり考えがまとまっていないかもしれません。
なぜ、この質問になったのかというと、ことばの教室の親の会で、
市に要望書を出すことになったのですが、その中の項目として、
「中学にもことばの教室を・・」というものがあり、その話し合いの中で
いろいろ考えさせられてしまったからです。
「通級したいというお母さんの話を聞いていると、入学して当面の不安や相談事の窓口が欲しいみたいな感じ」
「子どもはだいたいが行きたがらないんだよね」
などの発言がありました。
息子はまだ小3ですが、ただ漠然と通級させたいと考えていた私は、「告知」という
ことも絡んで、とてもフクザツな心境に。
実際問題として、現在ある”ことばの教室”に通級することも、中学校の中に教室を
作ることも、どちらもとても難しいということもあります。そして、親の会として
要望書に盛り込み訴えていくことに、もっと信ぴょう性を持たせるために
「もういちど、アンケートをとってみよう」ということになり、今はその結果待ちです。

saraさんへ

>基本的には継続したフォローが必要だと思います。中学校生活で実際の
フォローを必要とするのは、お母さんだけでなく、お子さん自身であり、先生でもあると
思うからです。

ほんとにそのとおりです。
ハッと気付かされました。
目が覚めたというか・・・
あまりにぼんやり考えていました。
フォローは絶対必要なんです。
逆に通級歴のない子でも、必要な場合だって出てくるかもしれないし。
息子が中学に入ってから(普通級に通う場合)、今のままではなんのフォローもないことに気付かされ、ぞっとなりました。

だけど、
>定期的に通級することを、よーーく、考えてみたのですが、
中学生の生活って、忙しいし、しかも、みんなと同じという枠で考えることが多いと思います。

そうなんですってね。
つまり通級時間を確保するだけでも大変みたいで。
うちの場合、まだはっきりとは自分のことを知っていないので、一体どうなることか
まだ想像もできません。だから、
>そのあたりをていねいに関わらないと
肝に銘じます。
また、そちらにご相談にもうかがいます(笑)

Mさんへ。
>個人的にも卒業した子で気になる子は沢山います。
息子の先生も同じことをおっしゃってました。
>中学生に限らず、高校生になっても大学生になっても、いや大人になっても
支援、サポートを必要とする子はあるよね。
理想のサポート体制とは・・・・・・・?

行ってきました(笑)
これからひとつひとつ探求してみます。


早期診断・早期療育にくらべて、長じてからのサポートは追いついていないように
感じられます。
中学にことばの教室を作るということも含めて、中学からのサポート体制には
これから真剣に考えていきたいと思います。

また、よきアドバイスをお願いいたします。
ありがとうございました。


saraさん。 投稿者:あさゆめ  投稿日:10月11日(金)21時46分24秒

おすすめのご本、ついさっき注文してきました。
届くのがとても楽しみです。
saraさんのところにもまた遊びに行きます!!


みぃさんへ 投稿者:ちびくまママ  投稿日:10月11日(金)22時17分51秒

「広汎性発達障害」と「自閉症」のことはつい2,3日前に
話題になったばかりなので、そちらのほうもひととおり
読んでいただけますか?

自閉のなくてどの分野でもほぼ均等に発達が遅れている場合は、
「知的障碍」または「精神発達遅滞」と言います。
広汎性発達障碍は広義の自閉症なので、発達に偏りがあります。
(ごめんなさい、めんどくさいので、以下広汎性発達障碍も
含めて「自閉症」と言います)

偏りも遅れも両方ある場合が「知的障碍を伴う自閉症」
遅れはないが偏りはあるのが「高機能自閉症」です。

自閉があるかないかは、観察や発達検査の結果をもとに
専門家が判断します。熟練した専門家なら一目見れば
自閉のある子はわかると言われています。
ちなみに、私は自閉症児のお母さんをやっているただのシロートですが、
やっぱり自閉が入っていそうな人は、見ればだいたいわかります。
それくらい、雰囲気が独特なのです。

ただし、掲示板の書き込みや伝聞などでは判断がつきません。
また、血液型や性別と違って、「自閉症かそうでないか」の
線引きをきっちりすることは出来ないので、
「自閉があるともないとも言い切れない」という子どもも
少なからずいることも確かです。
この場合も、ついこの間まつこさんがおっしゃっていたように
「自閉の特徴を持った子どもかも知れない」ということを
念頭において育てていくことで、その子をより望ましい形で
支えていってあげることができます。

自閉症であることは、もって生まれた髪の色や
肌の色のようなものです。年齢や状態によって見えかたが
変わったり、「自閉でないこと」を装ったりすることはできますが
本質は変わりません。
一生治るものではないし、私個人としては「治す」ようなものでも
ないと思っています。

「自閉症のまま」でも、子どもは年々成長しますし、
楽しく学校生活を送ることもできますし、大学に行った人も
専門職について活躍している人も、結婚している人もいます。

自閉症の子どもは、まわりの人間がその障碍特性をきちんと
理解して育てれば、幸せな人生を送ることについては
なんら「非自閉」の子に劣るものではないですよ。

うちの子は、自閉症で、知的障碍もありますが、
素直で可愛くて努力家で、自慢の息子です。>完全なる親ばか(^^ゞ

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/


ちびくまママさん 投稿者:みぃ  投稿日:10月11日(金)23時18分57秒

という事は、熟練していない専門家がみると判断を誤る可能性もあるのでしょうか?
4歳なのに、3歳くらいの幼さだと思っていた子が「自閉症」と判断されて、
納得がいかない場合は、他の専門家に診てもらう事って、良いのでしょうか?
初対面の人に知能テストをしてもらって、出きる事もやらない、分る事も言わない
事ってあるますよね。それでIQを出されての判断だと確実ではない気もするのですが、
そういうものなのでしょうか?


みぃさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日:10月12日(土)01時03分56秒

医師や専門家も人間ですから判断を誤ることもありますが、
その時は判断を誤っていなくても、後で誤りとなるケース
もあります。(ちょっと分かりづらい?)
これは、医師や専門家もその時点での判断しか下せないか
らです。つまり、その時点では「自閉症」の診断基準に適
合していたが、その後の成長により診断基準から外れる場
合です。
もちろん、もって生まれた性格が変わったはずは無いので、
その子の状態からたまたまその時期はそう判断されただけ
であり、自閉症が治った訳ではありません。
脳を切り開いたり組織を切り取って調べる訳にいかないの
で、このようなことは日常茶飯事です。
ということで、診断名だけに囚われるのではなく、お子さ
んに何が今必要かを考えて、お子さんに合った指導で課題
を一つ一つクリアさせていくことが大事だと考えています。
指導の効果はすぐには表れませんから、お子さんの発達を
信じて、気長に指導し続けて下さい。


IQで自閉症診断? 投稿者:ちびくまママ  投稿日:10月12日(土)01時10分36秒

>熟練していない専門家がみると判断を誤る可能性もあるのでしょうか?

もちろん、ありますよ。
一般の小児科の先生などでは、まだまだ正確な自閉症の診断が
難しいと聞いています。
例えばADHDなどの別の発達障碍と間違えてしまう場合もありますし、
本人の状態が変わってくることで、適切と判断される診断名が
変わってくることもあります。
ですから、例えば自閉症に詳しい専門医の先生にセカンドオピニオンを
求めたりすることは、決して悪いことではないと思いますよ。

ただ気になるのは
>それでIQを出されての判断
というところです。
「IQが○○だから、自閉症です」って言われました?それはちょっとおかしいですね。
何度も言うようですが、IQの数値と自閉症かどうかは全く関係ありません。
IQ140の自閉症児もいますし、IQ50で自閉症でない子も当然いるんですよ。

>初対面の人に知能テストをしてもらって、出きる事もやらない、分る事も言わない

発達検査・知能検査のようなことをすると、つい「できた・できない」と
いうところにばかり目が行きがちなのですが、
こうした検査に携わる人は、それだけでなく、検査をしながら、
「初対面の人とどういう風に関わりかたをする子なのか、
検査をする部屋や周りにあるものへの関わり方はどうか、その
関わり方が標準の範囲と言えるかどうか」
「標準的な課題の与え方ですんなりできるのか、それとも
その子独特のスタイルがあって、それに合わせないとうまくできないのか」
「こちらの言うことに対して、どのような反応をしているか」
「お母さんとの関係はどうか」
というようなことまで合わせて判断しています。

ひょっとしたら、そのあたりで自閉を疑わせる要素があったのかも
知れないですよ。
でも、こればっかりは、その診断をした人に診断の根拠を聞いてみないと
わかりませんけどね。もし、セカンドオピニオンを求めに行かれるのなら、
自閉と診断されても、否定されても、「なぜそういう判断になったのか」を
是非説明してもらってください。

納得がいかないまま診断名を受け入れたつもりになってしまうと
いつまでも「でもこういうことができるから、やっぱり違うんじゃ・・・」と
否定する方向ばかりにいつまでもしがみついてしまいますし、

専門家の目にははっきりしているのに、親が自分の願望を優先して
いつまでも否定ばかりしていると、子どもにどんどん傷がついていくからです。

ちなみに。
世間一般では誤解されがちなのですが、自閉症の子って、自分の家や
慣れている人や場所ではちゃんとできることが結構多いんです。
うちの息子は重度障害の手帳を持っていて、小学校の障害児学級に
通っていますが、授業によっては普通学級のお子さんたちより
態度も出来もいいくらいなんですよ。
でも、慣れていない人や場所では途端に障碍ゆえの弱さが露呈される、
それも自閉症の子の特徴ではあるんです。

みぃさんのお子さんが自閉症だと決め付けたいわけではないのは
わかっていただきたいのですが、少し誤解が多そうなので。


自閉症スペクトルの人たちの特徴 投稿者:まつこ  投稿日:10月12日(土)08時14分45秒

>初対面の人に知能テストをしてもらって、出きる事もやらない、分る事も言わない

個人差はもちろんありますが
非自閉の子に比べると自閉症の子にはこういう特徴が顕著に現れることが多いです。

環境の変化や状況の違いによって、人に対する様子も
できることもずいぶん違ってくるという特徴ですね。

掲示板過去ログ案内に戻る