2002年11月その2
・・・・・・ 投稿者:朝倉玲  投稿日:11月 5日(火)08時54分51秒

「いくつ?」
と聞かれて、きょとんとすることが多い、私。(^_^;)

場の流れ、会話の流れから、「分かっているもの」として出てくる質問は
ことばが省略されていることが多いものだから、
私には唐突に感じられて、けっこう苦手です。
それが流れにはまっていれば大丈夫だけど、
ちょっと飛躍していたりすると、とたんにまごついてしまう。

かと思うと、私自身が、頭の中で思考を進めていて、その流れで質問したりするものだから
相手にとって唐突になって、面食らわれることもしばしば。
いつも、良くない癖だな〜、と思っているのだけれど・・・・・・直らん・・・・・・

子どもの頃、場を読むのが苦手でした。
大人になって、経験値が上がって、よほど読みやすくなったかな。
でも、今でも、あとに残らない会話よりは、文字で残る文章でのやりとりの方が
私としては、正確に理解&応答できるので、好きですね。

ちなみに、うちの昇平
長いことなぞなぞはキライだったのだけれど
最近になって、けっこう答えられるようになって
自分でもなぞなぞを作って出したりするようになりました。
学校に上がって、生活の幅が広がり、本人の理解力も伸びてきたのが、大きな要因かと。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


面接って・・ 投稿者:まゆぞう  投稿日:11月 5日(火)09時26分12秒

知り合いで、元幼稚園の先生が数人います。
園の方針とかもあるようですけど、やっぱり先生の負荷
を考えてのことのようです。面接でおとすのって。そりゃ、
身辺自立やことばのしっかりしている園児ばかりなら楽ですから。

うちの長男は抽選ではいりましたが、クラス編成の為の
面接・適正テストは後日受けました。それも、
性格的に順応力が今一歩の子とかを、なるべく均等に振り分ける為の
様です。平均台や靴を整頓するなどでしたが、見事なほどに
全滅でした。すがすがしいくらい(笑)「お月様と同じ色どれ?」
などと絵本片手に聞かれた時も、笑顔で「ママ」と答えてました(笑)

長男も「いくつ?」はキョトンとしてます。
「何歳?」と聞くと、指で教えてくれますが・・。
あと写真を見て、「これは誰?」とママや自分を指して
答えさせるのは、必ず拒絶です。わかりきった答える必要のない事を
聞かれるのは、「何いってるの?知っているでしょ?」という
気持ちみたい。

それから、ハロウィンのレスありがとうございました!
今後の子供だけの約束とかも、へこむことあるのでしょうね・・。
「ひどい」と共感して頂けてうれしかったです。


なぞなぞ 投稿者:はりも  投稿日:11月 5日(火)10時39分30秒

>「やおやさんにある、オレンジ色のものはなぁに?」
年中の兄は、すぐに答えられました(^^)
年少と同じ年の萌は、「オレンジィ〜」と答えました。
まぁ、これは萌には難し過ぎるので、
「ニンジンは何色?」と聞けば分ったので良しとしました。

兄の通っている幼稚園、萌の通う予定の幼稚園の、
クラス編成は、年中の場合、バスのコースによって別けているので、
クラスによってはだいぶ差があります。
先日、消防訓練の見学に行ったら、隣のクラスは全員防災頭巾をかぶり整列しているのに、
兄のクラスは「これどうやってかぶるの?」って子がたくさんいて、
整列どころではありませんでした。(担任によっても違いがあるでしょうけど…)

今朝、ふと思い出したのですが、
萌がまだ、1,2歳の頃、顔を指して「これ誰?」と聞くと「鼻」と答えて
いました。離れたところから指せば「萌ちゃん」と答えられたのですが、
この頃、姉兄は「鼻」なんて言わなかったのになぁーと
思ったことがあり、「誰?」「どこ?」「何?」等の
理解が遅かったのは、もっと小さいうちから気付けたのかと思いました。
今朝鏡の前で、ほっぺを指し「これは誰?」「萌ちゃん」
「これは何?」「ほっぺ」と言えました。

自分の呼び方・・・
萌は自分のことを「萌ちゃん」「萌たん」と言います。
この前、兄の友達に「萌たんだってー」と大笑いされました。
幼稚園に行っても自分のことを「ちゃん」と言うのは(「たん」に聞こえることも多い)
おかしいのかな?笑われている姿を見ると可哀想に思うのですが…
でも直すのは難しそう。


>「やおやさんにある、オレンジ色のものはなぁに?」 投稿者:リンコ  投稿日:11月 5日(火)12時12分20秒

おっちゃんの手袋のイボイボと、天井から下がってる小銭のザルの2段目と、ニンジンと、ミカンと、玉ねぎやジャガイモのバケツ売りに使ってるバケツと、奥のレジの前の椅子のカバーと、見切り品コーナーのPOPと〜、

というような返事をする子どもがいても、必ずしも大人をなめているとは限りません。本人は必死で思い出している可能性がありますので、頭ごなしに怒鳴ったり、体罰を加えたりするのはやめましょう。(って、いまどきそんなひどい人いないよね)

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/petmain.htm


あー、でも、 投稿者:リンコ  投稿日:11月 5日(火)12時20分47秒

頭ごなしに怒鳴ったり、叩いたり、蹴ったり、いっぱいいっぱいされてきても、ほかの所でいっぱいいっぱい大事にされていれば子どもは幸せに育つし、ちゃーんと大きくなります。

だから、これまでちょびっとくらい怒鳴ったり叩いたりしてしまった人がもしいても、申し訳ないと落ちこんだりすることはないですよ。すんだことより、これからのことだしね。

私の座右の銘は、「いくつになろうと、いつになろうと、取り返しのつかないこと以外は取り返しがつく」です(笑)。萎縮させるのは本意ではありませんので。

http://member.nifty.ne.jp/unifedaut/petwmpr.htm


自分の呼び方 投稿者:かずりん  投稿日:11月 5日(火)15時43分37秒

うちのしょう君も、幼稚園の頃は自分のことを「しょうへいくん」と言ってました。
別に幼稚園でそのことで笑われたということはなかったみたいです。(というか、笑われてても本人が気にもとめなかったのかも・・・。)

小学校に入学してしばらくするとこんどは「〇〇(苗字)くん」に変わり、半年ほどで「ぼく」という言い方が混じりだしましたが、「ぼく」という言い方をするときは必ず間があくんです。
どうやら、「〇〇くん」という言い方をしていて友達に指摘されたようです。
ちょうどその頃、前にも書いたように「お父さん」「お母さん」が名前じゃないということに気がついた頃だったので、やっと自分のことを「ぼく」と言うんだと気がついたようです。
それまでは、名前がわからない友達に「ぼく〜」と呼んでいたので、これも名前だと思っていたんですね。

あれから一年、何時の間にか詰まることなく「ぼく」という言い方ができるようになりました。


幼稚園合格したけれど、、 投稿者:まり  投稿日:11月 5日(火)17時07分59秒

こんにちは!
前に幼稚園選びについてスレをたてた者です。

言葉が遅くて、落ち着きがない息子がいます。
今は聴能言語療育に月二回通っています。
知能テストも受け、問題はないし多動とも診断されていません。

三歳五ヶ月になります。
三語分が出てきて、言葉が増えてきました。
落ち着きも親から見ればやや出てきたように思います。

この息子の幼稚園選びを迷った末、上の子供の通う幼稚園の選考を受けました。
兄弟がいるので抽選なし面接のみです。
願書に言葉がやや遅いと書いて提出しました。
近所でもよく子供を見てくれると評判が良い幼稚園です。

親と別れて子供だけ別室に入り親は廊下で待っているのですが、
ほかのお子さんは教室から出てくるのですが、わが子はなかなか私の手元に戻って着ません。
戻って着てさらに親と一緒に園長先生と面談をうけるのですが、しばらくたっても呼ばれません。

嫌な予感がしました。
やっと呼ばれて私は子供の状態、言葉の教室でSTの先生に診てもらっていること、
知能テストを受けて何も問題はないといわれたこと、言葉が増えていることなど説明しました。

園長先生は「こうやって見ていると多動の様子が伺えます」
確かに落ち着きがないけれど、、こんな短い時間でどうして言われなければならないのでしょう。「もう一度日を改めて面談したいと思います」
「お母様の不安がお子さんの言葉に影響しているのでは?」
「叱りつけるのではなく、お片付けなどは一緒にやってみることが大切です」
!!!
私は悔しくて、、、。
30分以上私は粘り、また改めて子供のことについてお話すると約束して
とりあえずは入園許可を得ることができました。

今日は制服注文の日です。
この連休に園長から留守電に連絡が入っていました。
「また改めてお話したいと思います」続けて主任の先生から
「園長先生から留守番電話に伝言があったと思いますが、この件につき説明したい」
という趣旨の電話も入っていました。

入園は取り消しかも、、と思っていたところ、主任の先生から電話が有りました。
わたしは入園はできるのか確認しました。
「合格です。ただこれからのことについて、お子さんのことをお話したい。」といわれました。「明日の制服注文はいってもいいのですか?」
「どうぞお越しください」ホッとしました。

今朝子供を園バスに送り出し、家事をしていました。
8時50分ごろ電話がありました。
園長先生でした。
「手続きは改めてお話が終わってからにしてください。
これからお子さんのことについてお母様にご協力をお願いしたいと思います。」
「、、、、、」

私は疲れてしまいました。
上の子供が通っている幼稚園です。
どうしてここまでいわれなければならないのでしょうか?
今まで信頼してきたものが崩れていくように思いました。
私が感情的になっているのでしょうか?

幼稚園に面談に行くのはあさってです。
私の幼稚園選びは間違っていたのかもしれません。
何かご意見いただけると嬉しいです。


えっと 投稿者:sara  投稿日:11月 5日(火)17時32分38秒

論点がずれているかも知れないけれど。

入園してから、こんなはずではなかった・・・となるよりは、よかったのかも?
↑私の場合ですが・・。



我慢するべき? 投稿者:しのちゃん  投稿日:11月 5日(火)18時21分22秒

しのちゃんです、自閉傾向の小学校2年のむすめがいます。
4月に転校して、現在・・・2限目まで教室、3限目からは保健室、ことばの教室が
空いてるときは、お世話になっています。で、この状態が2ヶ月近くになるのかな。
そろそろ、気持ちの負担もちょっとは軽くなったから、3限目まで頑張れないかな?って
母として欲が出てきているんですが・・・やっぱ、もうすこし我慢すべきですかね。

自信なり、やってけるんじゃないのって感じになったら、自然に教室に居られるように
なるのかな・・・
今、京都の大学に療育に行ってるんですが、その先生がね「頑張らせるのではなく
自分で目標を決めさせてというか、他からの目標を目指させるのではなく
自分の調子でやっていくのがベスト」と言われているのだけれど
・・ついつい背中を押して、ほらほら早くやんなよ!ってやってしまうんだなー

もうすこし、様子を見ていくほうがいいですか?
もう11月過ぎちゃったぞ!ってあせりがありますが・・・9月に運動会の連日の練習の時から
すれば、娘のようすも変わって、いい方向には向かっている気がしてはいるんですが。
まあ、我慢かな・・・・・

12月に大きなマラソン大会があります。良くなって来たのに、また大きな行事。
東京ではあまりなかった行事なんだけど、こちらは本当に目白押し!
でも、学校側が娘にたいして、まだ理解があるので気は楽なのですが・・・

2学期は、我慢の時期なのかな・・・うちの場合。去年の2学期もいろんな問題が
あったような気が・・・・(笑)

愚痴でした、失礼しました。

http:/


あの・・・ 投稿者:しのちゃん  投稿日:11月 5日(火)18時29分51秒

httpが最後に入ってるんですが・・・関係ないので。
(消したいんだけど、消し方が分かりません)
パソコンわからんちんなので・・・ごめんなさい。


えらい! 投稿者:まつこ  投稿日:11月 5日(火)18時41分10秒

>私は悔しくて、、、。
>30分以上私は粘り、また改めて子供のことについてお話すると約束して
>とりあえずは入園許可を得ることができました。

よく、「もーけっこうです!!」とあきらめなかったですね。

>三語分が出てきて、言葉が増えてきました。
>落ち着きも親から見ればやや出てきたように思います。

よかったですね。ほんとに。
ちょっぴり手のかかるお子さんをしっかり育ててきたまりさんの思いを
入園前に先生方にしっかり伝えておくチャンスにしてしまいましょうよ。

誤解されるのは本当に悔しい。
理不尽な先入観をもたれるのは納得できないです。

お子さんにとって居心地のいい楽しい幼稚園生活を準備するために
お子さんの好きなことやよいところ得意なこと、
まりさんが持っている情報をいっぱい伝えれば
保育のプロである先生はきっときちんと活用してくれることでしょう。

ねっ、幼稚園、小学校の先生方、そうですよね。

面接だって、子どもの様子を見てどんな風に関係を作っていこうか
その情報収集の意味があるんですよね。

先生だって初対面の子どもたちと仲良くなるのに何にも材料がないまま
一から手探りではたいへんですもの。
ちょっぴり手のかかる子を預かることを不安がっている園長先生に
自信を持ってもらうためには、丁寧な情報提供とコミュニケーションが
必要なのだと思いますよ。

それでもなんだかんだいうようだったら
…………(こちら側のどこからでもキレます)……………キリトリ…………
(以下自粛)


さみー(人名ではなく単純にさみー) 投稿者:謎のタヌキ  投稿日:11月 5日(火)20時39分38秒

今日は十二月並の寒さだそうです。八時ごろ、塾から家に帰ると石油ストーブがついてました。
どうりで肌が異様に乾燥して唇が荒れるわけだ。リップクリームを塗らねば。
関西でさえこの寒さ、他の地域はどうなんだろうとか思ってみたり。

微妙に笑えた想像。「Dr.コパタリロの開運術 あなた、その状態じゃお金たまりませんよ」
という書物の内容。バンコランとマライヒが(嫌々)絶賛してました。タマネギが全員買わされそうです。
内容は、要するに「ぼくにお金をプレゼントすると運があがります」ばっかり。
いや、それはそれで楽しいんだけどね。

そうそう、以前家庭科のエプロンの申し込み袋から紙切れが出てきて、見たら
「ふんどし申込書」でした。サイズってあるんだ…
てゆーか日の丸ふんどしだのラメ入りだのなんか想像したくないような申込書が…(ちなみにカラー)
五年生の時の話です。


まりさん 投稿者:りんか  投稿日:11月 5日(火)20時57分05秒

>「手続きは改めてお話が終わってからにしてください。
>これからお子さんのことについてお母様にご協力をお願いしたいと思います。」
>「、、、、、」

よく我慢できましたね。
昔々、そのまた昔のわたしだったらキレて、そのまま幼稚園入園許可が下りても
そこには入れなかったと思う。

お兄ちゃんはお兄ちゃん。弟さんは弟さんで、お兄ちゃんがいても、やはり「弟」だからといって、園に甘えもあったのかな?って(厳しく思えたらごめんなさいね)思います。
お兄ちゃんには楽しくても、弟さんにはきついとか・・・

一生懸命選んだ園でしょう?とても頭にくるのも分かりますよ。
「お母さんに協力」と言われた場合、一学期は丸々付き添いとか、行事の時には必ず母子一緒で、というのが前提になってくると思います。慣れたらそんなことはなくなりますよ。

もしくは、加配の先生をつけるとか、この時点でその話題だと、「来年度の先生の入れ替えがある」のかもしれませんから、今まで通りにはいかないのかも。
 
園に出向くというのも良い意味にとらえたら、「保育の様子が見ることができて良かった」「なるほど」と思うこともたくさんあるとは思うんです。

>私は疲れてしまいました。

疲れちゃいますよね。
今度の面談の時に、理解を得てもらって、先生方とまりさんおこさんの連帯が生まれると
いいですね。
そのためには、話すことはきちんと話をつけることですよ〜。

「多動の傾向」と園長先生が断定する権限はないです。ただ、入園前に「お医者様に診てもらってください」などとは言われるかもしれません。

正直、あんまり不愉快だと思ったら、別に探せばいいわけだし・・・。
なんかね、園長先生の出方が、気に入らないのですよ。(経験上)


まりさんへ 投稿者:こなつ  投稿日:11月 6日(水)11時40分11秒

先生の言い方に思いやりがかけてますよね。
なんか読んでて悲しくなりました。
上のお子さんが通ってる幼稚園の先生から言われると余計辛いですよね。
疲れちゃう気持ち、とてもよくわかります。
うちの子(「うん」「いや」以外はジェスチャー)は、年少さんですが、入園初日のお迎えの時は「○○くんのペースで焦らずにゆっくりみてあげたい」と言ってくれた園長先生が、次の日迎えに行った時には「どこまでできるようになるか・・・」と言われて、その日はすごく子供が泣いたようで先生も困ってしまったんだと思いますが、見事にその日の気分で言われるので、しばらくは毎日しんどかったです。
園長先生は、いろんな講演会とか講習会とかに参加されていて、普通の人よりも障害のこととかに詳しくて、でも専門家ではないので自分の解釈で子供を見ちゃうんじゃないかなーって思います。
だからまりさんのお子さんをちょっと見ただけで「多動」って言っちゃったりするのかも。
でも専門家でもない人がそんなことを口にするのは間違ってますよね。
勉強されてるとわかってもらいやすいことも多いけど、余計わかってもらえないこともあると感じています。
でも私は何回も先生とお話するうちに、だんだん先生は隠さずに率直な気持ちを言ってはるんだなぁと思えるようになって、本当の気持ちを隠されてるよりはいいかもって今は思っています。
まりさんが先生とのお話でお互いに分かり合えることをお祈りします。
できれば上のお子さんと同じ幼稚園に通わせたいですもんね。


就学時検診 投稿者:ガンコママ  投稿日:11月 6日(水)19時55分14秒

明日はいよいよガンコちゃん(高機能自閉症)の就学時検診なのですが、
いまから不安で一杯です。まず弟のガンペイちゃん(ただの自閉症)を
私の実家に預けるつもりだったのに、母に予定があってだめだったこと。
私にべったりのくせに5分とじっとしていられないガンペイちゃんを
連れてってだいじょうぶだろうか?おまけに天気予報は雨。いちおう
気をひくための新しいおもちゃを購入していくつもりだけど・・・。

もちろん肝心のガンコちゃんも心配です。言葉の指示はそこそこ理解
できるし、病院での診察もなれてるから大丈夫かなと思ってたけど、
さっき「明日は小学校で健康診断だよ。お腹をもしもししたりお目め
の検査をしたりするよ。」と言ったら、「いやだ〜、おめめの検査
こわいよ〜。」なんて言うし、今口内炎が出来てて口をあけると痛がる
し。聴力検査のやりかたなんてわかるんだろうか、などなど考えだすと
きりがありません。

そして何より事前にもらった検診表に自閉症ということを書くべきか
どうかまだ迷っているのです。今のところ普通学級を希望するつもり
なのですが、療育の先生はあまり先入観をもたれないように、検診は
普通に受けてそれから少しづつ学校へアプローチしていきましょうと
おっしゃるのです。でも本当にそれでいいのだろうか、どうせ言うの
なら早いほうがいいんじゃないか、「言葉に遅れがある」くらい書い
とこうかなんて思ったり、鼻づまりでただでさえ重い頭がますます
重いです。


ガンコママさんへ 投稿者:かなりや  投稿日:11月 7日(木)00時01分21秒

はじめましてこんにちは。ガンコママさん。私にも来年就学する息子がいます。
先月に就学児検診を無事に終了させることができました。
>療育の先生はあまり先入観をもたれないように・・・
私も同じような事を療育の先生から言われましたが迷った末にこちらからカミングアウトして
(健康診断のあと親と子が離されるのですが)保健の先生に付き添っていただけました。
私の息子の場合「言語発達遅滞」と診断をうけていて、2語文がはなせるかなという状態なので
特殊学級を希望してます。療育の先生の意見もあってなんですが。
>鼻づまりでただでさえ重い頭が・・・
すごくわかります。わたしも近々、手術を予定してるので。
あんまり参考にならなくてすいません。


ガンコママさん 投稿者:カンガー  投稿日:11月 7日(木)06時53分57秒

就学時検診ですか。
もうあれから一年たつのですね。
私も、ここで相談させていただきました。
不安で不安で・・・。

うちの子の場合ですが、入学の1年近く前には、もう学校に相談していました。
普通学級に入れたかったので、幼稚園で普通にやれていることをお話したり、療育センターで作ってもらった書類と知能テストの結果と自分で作ったプロフィールノートを提出しました。
診断名は、高機能自閉症やアスペルガーという言葉は使わずに、Yクリニックの先生のアドバイスで、広汎性発達障害を使いました。
就学時検診は、ごく普通に特に配慮もなく行われ、問題なく終わりました。


カンガーさん、かなりやさん 投稿者:ガンコママ  投稿日:11月 7日(木)08時20分58秒

レスありがとうございました。療育の先生がおっしゃるには、あまり
はやくから動いても先生の移動などがあると、せっかくの情報が全く
担任の先生に伝わらなかったり、やたらに特殊学級を勧められたりす
るそうなんです。わりと年輩のベテランの先生なので、たぶん今まで
の経験からそう言われるのだと思うのですが。

とはいっても、実は私以前校区の小学校の特殊学級を見学に行って、
校長先生にもごあいさつしてるんですね。「普通学級と特殊学級の
どちらにするか迷ってます。」とも言いました。他のお母さんと
一緒だったしたぶん名前も覚えてらっしゃらないかも。
その時の校長先生の対応があまり熱心な感じじゃなかったのも不安
です。

まあ取り繕ってもしかたないので、とりあえず普通に行ってきます。
天気もどうやら夕方までは持ちそうですし。べつに隠すつもりはない
ので、状況によっては娘の障害のことも話すかもしれません。
結果はまたご報告しますね。

ところでかなりやさん、手術ってひょっとして副鼻腔炎ですか?
私はいつも中途半端で通院をやめてしまって、風邪をひくと悪化
するんです。


就学時検診 投稿者:まっくろくろすけ  投稿日:11月 7日(木)11時10分15秒

娘のメイも先月就学検診を終えました。何日も前から緊張していて「嫌だよー。怖いよー。」と言っていたのですごく心配でした。うちは普通級にするかまだ迷ってますが教育委員会にも校長先生にもお話はしておきました。当日は各検査の教室の前まで付き添いましたが聴力検査も視力検査もやり方はすごくゆっくり丁寧に教えていましたよ。何回か練習もさせていました。そしてみんなが理解したのを確認してから進めてました。
>診断名は、高機能自閉症やアスペルガーという言葉は使わずに、Yクリニックの先生のアドバイスで、広汎性発達障害を使いました
横からですみませんがそれはどんな理由からなのでしょうか?メイもアスペルガーなのでこれからきちんとした説明をしようと思っているので迷っています。よかったら教えてください。


幼稚園合格したけれど、、その2 投稿者:まり  投稿日:11月 7日(木)12時36分31秒

先日の私のスレにご意見くださったsaraさん、まつこさん、りんかさん、こなつさん、
どうもありがとうございました。
心が軽くなりました。

園長先生から「手続きは後日」という電話があった後、主人と連絡を取り合い、もう一度園の方針を知りたかったので電話をかけました。
主任の先生が出ました。

「申し訳ないことをしました。」
と先生は謝ってくださいました。
「園の方針としては園長の申し上げたとおりです」
間に入ってくださった主任の先生の声は辛そうでした。

「もう一度お子さんの様子を見て、お話したいと思います」
「入園許可はどうなのでしょうか?」
「そのあたりも含めましてお話したい」
こんなやり取りがありました。

私は面接の中でどうしても許せなかったことを話しました。
1.面接の際、園長先生が子供の様子を見て多動の様子が伺えるといったこと。
2.多動とは専門の医師が判断することであり、幼稚園の園長先生が判断する言葉ではないこと。
このことで私が深く傷ついたことを説明しました。
もう最後は涙声になってしまいました。

翌日の朝、園長先生から電話がありました。
「私の発言でお母様の心を傷つけてしまったことをお詫びいたします。
入園許可を取り消しするつもりはございません。
ただ今後のことについて、もう少しお話したい」
しばらく涙がとまりませんでした。

主人と話し合いました。
これから先、3年お世話になる幼稚園です。
こんなにもめた幼稚園に入園させていいのだろうか?
本当に子供にふさわしい幼稚園なのか?

確かに私にも反省すべき点はあったと思います。
どうしても許せなかったとはいえ、
年長者の先生方の前で
「合格証を頂かなければ家に帰れないのです」
と半ば脅して入園許可証をもらってきたのです。

多動という言葉に私は敏感に反応してしまったのかもしれません。
深い意味ではなく、ただ子供が落ち着きがないと園長先生は言いたかったかもしれません。
でも納得できなかったのです。

私はわかって欲しかったのです。
どんな気持ちで三歳児検診に臨み、心理の先生の面談を受け
療育センターを紹介され、知能テストをうけ、
療育に通うようになった母親として不安な気持ちを!!

子供が落ち着きがないのは事実です。
興味が移りやすく、言葉が遅いのも本当のことです。
親としてどんな幼稚園を選べばよかったのか

これから幼稚園に面談に行きます。
この幼稚園は上の子供にはふさわしかったと思っています。
でも下の子供には?
今となっては自信が薄れてきてしまいました。

感情的な文章で申し訳ありません。
また何かご意見いただければ嬉しいです。


ガンコママさん 投稿者:sara  投稿日:11月 7日(木)12時59分35秒

うちの子(弟)も今日なんだ。
同じ学校だったら、一緒にいてあげられるのに・・・



診断名 投稿者:カンガー  投稿日:11月 7日(木)15時50分07秒

>横からですみませんがそれはどんな理由からなのでしょうか?

広汎性発達障害という障害名が、一番なじみがないので、先入観や誤解がないだろうという理由です。
娘が面接を受けて、校長先生と実際にお話をして、その印象を一番大事にしてほしかったからです。
娘に会って話をする前に、障害名だけが一人歩きすることが怖かったからです。
アスペルガーはあの当時、「ある事件」の印象から危険な子と思われる可能性があったので、使いませんでした。
就学前検診の時に、校長面接もあり、娘が穏やかな子であることを直接きちんと見ていただいて、入学に問題はないというお返事をいただいた後、アスペルガーであるということをきちんとお話しました。
高機能自閉症、アスペルガー、広汎性発達障害、どの名を使っても、うそではない。
診断名などはある意味どうでもいいこと。
子供に一番利益があると思われる診断名を使い分けて良いという考え方です。
これは療育センターでも同じ意見で、臨床心理士の方も広汎性発達障害という障害名で学校に提出する書類を作ってくださいました。


終わりました 投稿者:ガンコママ  投稿日:11月 7日(木)18時08分56秒

拍子抜けするくらい何もなく、就学時検診。いや視力が悪いとは言われたん
ですが。つきそっていこうかな〜と思ってたんだけど、あっと言う間に
上級生に連れていかれてしまいました。後の様子はわからないけど、泣いたり
騒いだりはしてなかったみたい。ごほうびはハーゲンダッツのストロベリー
アイスでした。

でもこれからですね、大変なのは。sara様あたたかい言葉をありがとう。


ヒューマンインタフェース研究の第一人者が大いに語る! 投稿者:とよた  投稿日:11月 7日(木)18時52分07秒

こんにちは。
慶應義塾大学出版会の豊田と申します。
セミナーご案内のためお邪魔しました。

来る11月17日(日)に障害者支援セミナーがひらかれます。
以下に概容をご案内致します。
皆様にご参加いただければ幸甚に存じます。

講師は慶応大学の安村通晃教授とIBMの鳥原信一氏です。
お二人はコンピュータの専門家で、
「人にやさしいコンピュータ」を実現すべく活躍されています。
去る9月には、
PCをつかった障害者支援技術が網羅されるガイドブック
『アダプティブテクノロジー』(ジョゼフ・ラザーロ著)を
共訳されました。
今回のセミナーは同書をさらに使いこなすための
ガイダンスでもあります。

PCの技術者、認知心理の研究者、
ボランティア、障害者、
高齢者、人事担当者、行政担当者、
プロダクトデザイナー、学生
などなど。
障害をめぐる様々の立場からの意見が集まれば
有益な議論ができるよう思います。

「コンピュータと障害者のパートナーシップ」

 ■と き:11月17日(日)16時〜17時30分
 ■ところ:池袋西武イルムス館8階 池袋コミュニティ・カレッジ
 ■参加費:1000円(税別)
 ■定 員:150人
 ■主 催:リブロ/池袋コミュニティ・カレッジ
 ■申込み:リブロ注文カウンター 03−5992−6996
http://college.e-doc.co.jp/ikepri/files/200210/homepage/public/hp/20021018122.html

【講演内容】
情報化が進む現代において、
障害者が情報に、ひいては社会にアクセスするとき、
コンピュータは有効なツールとなります。
『アダプティブテクノロジー』(ジョゼフ・ラザーロ著)
を訳されたばかりの
慶応大学SFC安村通晃教授とIBMの鳥原信一氏とが、
障害者支援技術の紹介を中心に、
コンピュータと人間との共生について語ります。

ご参加お待ち致します。

http://www.keio-up.co.jp


ちょっと気になる誤字訂正 投稿者:  投稿日:11月 7日(木)21時11分35秒

就学時検診ではなく、就学時健診ね。
  
  つまりは、就学時の健康診断ってことです。


すみませんでした 投稿者:ガンコママ  投稿日:11月 7日(木)21時58分29秒

間違った字を使っちゃって。どっちかな〜って迷ったんですけど。


まりさんへ 投稿者:ひろち  投稿日:11月 7日(木)22時51分27秒

 まりさんの投稿を読んで、まりさんの不安な気持ちが我が事のように感じられて、思わず投稿してしまいました。幼稚園の事では本当にご苦労されているようですね。うちの子は3歳児検診は受けていません。視力検査・聴力検査の方法も理解できないと思ったし、
各機関で発達年齢のチェックなども受けているので、あえて苦しい思いをする所に出ていきたく無かったからです。1歳の時から保育園に入っていて、遅れがハッキリ分かってきた時にはすでに在園児だったので、入園の苦労は無かったのですが、小学校の就学時には
また色々な事で気をもむ事になるんだろうな・・と不安な気持ちです。毎日見ていると、
子供は何となく歌を口ずさんでいたりと、少しずつでも成長している姿を実感できる場面はあるのですが、普通の3歳児とは比較にならないくらい赤ちゃんなのです。やはり興味が移りやすく、落ち着きはありません。言葉も単語がやっとで、本当は欲しい物に関しても「いらない!」などと首を振っている事が多くて、意志の疎通もおぼついていません。
このページを毎日読んでいるので、不安なのは自分だけじゃないんだ・・といつも励まされています。まりさんの悲しい気持ち、不安な気持ちを和らげるお手伝いは出来ないですが、何か良い方向が見えてくる事を祈りつつ、応援しています。


ありがとうございます♪ 投稿者:Lee  投稿日:11月 7日(木)22時53分52秒

「Leeの障害児教育」のLeeです。
さっそくリンクしていただき、また教材の欄にも紹介いただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

http://www.geocities.co.jp/NeverLand/1544/


カンガーさんへ 投稿者:まっくろくろすけ  投稿日:11月 8日(金)07時39分20秒

レスありがとうございました。
無知な私はあまり考えずにアスペルガーであることを伝えてしまいました。校長先生の反応は「何それ????」って感じで娘の特性などをお話しても「そんな子もいますよ」とあまりわかっていただけませんでした。今度こそちゃんと理解してもらうために書面で持って行こうと思っているのですが臨床心理士の方の書類ですか。メイも作成していただけるようお願いしなくてはと思いました。ありがとうございました。


入学してからかな・・・ 投稿者:カンガー  投稿日:11月 8日(金)08時25分33秒

>娘の特性などをお話しても「そんな子もいますよ」

そうそう、うちもそうでした。
「お母さんのお話を聞く限り、お子さんに問題があるとは思えません」と言われました。
面接でも、娘の弱さは出ませんでした。
でも、入学してから少しずつわかってもらえるようになってきました。
実際に入学して、クラスの子供たちとかかわるようになって、やっと問題点が先生たちにも見えてきたという感じです。
残念なのは、娘が我慢して、がんばって、耐え切れなくて、辛くて大泣きして、はじめて周りの大人が気づくという現実です。


就学児健診 投稿者:sara  投稿日:11月 8日(金)10時55分59秒

うちの学校の場合、
歯科→内科→相談(全員)
で、ずっと、親が付いて回りました。
(以前は、6年生が連れて行って、親は待つだけ)

笑えるような出来事があったわ(汗)

子どもって、緊張すると、舞い上がっておちゃらけるタイプもいるのね←うちの子


…… 投稿者:まつこ  投稿日:11月 8日(金)14時01分34秒

>主人と話し合いました。
>これから先、3年お世話になる幼稚園です。
>こんなにもめた幼稚園に入園させていいのだろうか?
>本当に子供にふさわしい幼稚園なのか?

もし、どこか別の幼稚園で
まりさんが「もめずに」お子さんにとって適切な配慮をうけられたとすれば
以前にどなたかが「もめた」からだと思いますよ。
「もめた」というのは「くいちがう考えや気持ちをやりとりした」ということで
そういうぶつかり合いの中でしっかりした人間関係が生まれます。

>どうしても許せなかったとはいえ、
>年長者の先生方の前で
>「合格証を頂かなければ家に帰れないのです」
>と半ば脅して入園許可証をもらってきたのです。

どうして、反省するの?反省しなくっていいと思いますよ。
相手が年長だろうと社会的地位が高かろうとかまうことはありません。
子どものことを一番一生懸命考えているのはその子の親です。
確かに、一生懸命すぎることがあるかもしれない。
でも、それも、親だからこそです。親が一生懸命になってやらなくてどうします。
いいんですよ。


>でも納得できなかったのです。

>私はわかって欲しかったのです。

そうですよね。よくわかります。何も言わなければ伝わらない。
納得できないことは言いたいです。わかってもらう努力をしたいです。


>この幼稚園は上の子供にはふさわしかったと思っています。
>でも下の子供には?
>今となっては自信が薄れてきてしまいました。

幼稚園はこどものためにあります。
下のお子さんにとっても楽しい幼稚園になってもらいましょう。
ほんのちょっと丁寧に保育できるように考えてもらえばいいんです。
そのためには人手を増やすことも必要かもしれません。
ということは予算がいりますから行政になんらかの申請をすることになるかもしれません。
ということは、「保護者からの希望」「保護者からの提出書類」が必要になるかもしれません。

お子さんのためのそういう建設的な話になっているといいなぁ、と
思いながらこれを書いています。


手前味噌? 投稿者:ケリー。  投稿日:11月 8日(金)22時59分55秒

>「もめた」というのは「くいちがう考えや気持ちをやりとりした」ということで
>そういうぶつかり合いの中でしっかりした人間関係が生まれます。

今年の担任とは、どうもうまくいってませんでした。
鳴り物入り(モックの担任として校長が呼んだとか)で移って来たらしいのに、
こちらから何を聞いても「大丈夫です、心配しないで^^」と、
まるで私をシャットアウトしたいかのような対応に、
実はとても腹が立っていました。
大丈夫なんかじゃない事があれこれ起こり、そのたびにモックは混乱し、
対応は後手に回る・・・
「この人全然わかってない!」と、衝突覚悟、半ば妬けで行動を起こしたのがこの9月・・・

でもね、先日の個人面談の2時間半(!)。
言葉を選びつつ(大事ね^^)、こちらの思いをぶつけていくうちに、
担任の想いもようやく見えてきました。
>「くいちがう考えや気持ちをやりとりした」
というわけです。くいちがいが見えれば後はスムース^^。
「モックのため」という根本が、お互いに確認できたら、
やり方の違いはいくらでも折り合いがつけられるのね^^。

日も暮れて、暖房もない教室で、
同じことを何度も話し合って身体はすっかり冷えましたが(;;)、
心はホカホカ。(言い過ぎ?)
今日も、連絡帳に担任からの一言が書いてありました。
40名弱のクラス運営で忙しい中、たとえ一行でも様子を知らせてくださる事に感謝しています。

わが子とはいえ自分ではない、でも時として自分以上に大切なこの子。
「もめる」のは辛いけど、
「もめる」ことで問題点が見えてきて解決方法を考えられる、という事もありますよね。
>建設的な話になっているといいなぁ、
と、私も思います。

ただ、がむしゃらに頑張るのではなく、「逃げる」のもOKと思いましょうね。
そこから離れて新たな選択肢を探すのも、もちろんOKなんだから^^。

そして、疲れたら休みましょう。ココなら誰かがお茶を入れてくれますよ。


よろしければ 投稿者:みっき  投稿日:11月 9日(土)00時10分15秒

>そして、疲れたら休みましょう。ココなら誰かがお茶を入れてくれますよ。

粗茶ですが。

       ( ^-^)_旦~~   旦~~ 旦~~ 旦~~ 旦~~ 旦~~


どうしていいのか… 投稿者:さちこ  投稿日:11月 9日(土)14時42分48秒

私は現在、高機能自閉症だと数年前に診断された中学3年生の男の子の家庭教師をしています。彼は普通学級に通っています。私は英語と数学を指導しています。
彼の担当になったいきさつは、私が大学で社会福祉を専攻している(まだ1年生なのですが)ということと、家が近いということで、派遣会社より紹介を受けました。
けれどもなかなか成績があがりません。この前学校で行われた実力テストでは、数学が0点でした。
いくつかの原因がかんがえられます。
・わからない問題があるとそこから先に進めない。(こだわり行動のひとつだと思います。)
・問題を解くのに時間がかかる。(字を書くのもとても丁寧なので、書くのにも時間がかかります)
・単元ごとには解ける問題も他の単元と一緒になると解けなくなってしまう。
・基本的な計算問題も、数字が記号に変わったり、XがX2乗になると解けなくなってしまう。
・文章問題は特に苦手。
などです。これから高校入試を控えている状態なので、彼の母親よりどうにかしてほしいと(なんとか数学の成績をあげてほしい)いわれてしまいましたが、正直どのように指導していいのかわからなくなってしまいました。今までは問題集を単元ごとに解いて、わからない問題を解説するという形をとってきて、解説にも図を使ったり自分なりには工夫したつもりだったのですが。
何でもいいですので、”こういう指導法もありますよ。”ということを教えてください。他にもなにかアドバイスがあればよろしくお願いします。


講演会に行ってきました 投稿者:謎のタヌキの母  投稿日:11月 9日(土)19時29分46秒

Mさんの関西研修・研究会会にでてた「高機能自閉症・アスペルガー症候群セミナー 2002 」に
行ってきました。講師の先生は、うちの子どもが通う通級の先生が言われるには、
「具体的な話は、日本で最先端」ということで、なるほどと思いました。

「だれにも生まれてきた意味がある! 幸せな人生を!」

という最後の講師の先生のことばに、私たち親の頑張る全てがあるように思います。


へっ、 投稿者:  投稿日:11月 9日(土)20時21分10秒

>Mさんの関西研修・研究会会にでてた「高機能自閉症・アスペルガー症候群セミナー 2002 」

 それ、今日だったの?
 9日ではなかったの・・・ううう・・・今日が9日・・!!
 
 今、私も、一番知りたいのは、本当に具体的な話。
 こんな指導があるよとか、こんな指導をしたらこうだったよ・・とか。

 本当にこれから必要なのは、
 診断名がどうとかこうとかいうことではなく、
 では、どのような手立て、援助、指導が必要かということ。
 
 医療と療育と教育とが、
 そこの所を中心に見据えて連携していければいいな・・・と。 


(^_^;) 投稿者:朝倉玲  投稿日:11月 9日(土)21時32分43秒

>9日ではなかったの・・・ううう・・・今日が9日・・!!

ごめんなさい。 >と、謎の返答をして去っていく朝倉でした。(苦笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


はははは! 投稿者:リンコ  投稿日:11月 9日(土)21時36分22秒

ふふふふ。くくくく。

わかったもんね。


ガンコママさんへ 投稿者:かなりや  投稿日:11月 9日(土)23時20分48秒

レス下さってありがとうございます。
就学児健診が無事にすんだそうでなによりです。
持病は鼻炎アレルギーと慢性扁桃腺炎です。
手術するのはお腹です。どうも年越しは病院でしなければ
いけないみたいで少々ブルーな気分です。

掲示板過去ログ案内に戻る