2002年11月その5
その5 投稿者:ケリー。  投稿日:11月29日(金)22時07分13秒

パニックだったら・・・ 投稿者 ○○(ご本人に確認していなかったので、ごめんなさい)

アスペルガー症候群とパニックの対処方法(02.9.6発行)
東京書籍 http://www.tokyo-shoseki.co.jp/

第1章 アスペルガー症候群の特徴と行動へのインパクト
第2章 パニックはなぜ起きる? その機能的評価
第3章 自分に気づき、落ち着き、自己管理をうながす手立て
第4章 親御さんの理解のために

--------
パニックといっても、その様子はいろいろ・・・
行動で表すお子さんもいるし、表せないお子さんも。
問題となってしまうような行動だけが、パニックではありません。

なぜ、起きるのかを知り、どう援助していけばいいのか・・それをサポートしてくれる本です。

表題に、アスペルガーとありますが、それにこだわらず、読んでほしいと思います。

学校での援助方法について、詳しく載っていますが、家庭でも使えると思います。

印象に残った事は・・・・
 親に対して
   大事なのは、力ある者の「鶴の一声」でなく、
   親が自信を持った「不動の言葉」を使っていく事です。


その6 投稿者:ケリー。  投稿日:11月29日(金)22時08分05秒

私の書いたこと 投稿者:まつこ

程度の内容はケリー。さんならちゃんとわかってることばかりだと思ったのね。

それでも書いてみたのは、ケリー。さん、
今すっごい辛い気分なんじゃないかと思って。>違ったらごめん>深読み?

自傷を目の当たりにするのはほんとにきついから
本人に自己コントロール力を育てる前に
こちらが気持ちで巻き込まれないように踏ん張れないときは……もう(T.T)
……ということかな


ちゃんとかどうかは怪しいけど、 投稿者:ケリー。  投稿日:11月29日(金)22時46分30秒

少しはわかっているつもりです。
行為の背景や、中長期的な対応などは・・・
でも、もう、どうしても今、たった今やめさせたい。
もう、見たくない。
そう思ってしまったのね・・・
>こちらが気持ちで巻き込まれないように
巻き込まれそうです。

そして、自傷行為の頻度が増えるのとともに、
友人とのトラブルの中で、相手を殴るという事が目立ってきました。
叩くではなくて、殴るです。

自分傷つけることと、他人を傷つけること。
これって、ただの裏と表なんじゃないか・・・

今日は、モックの不注意で友人にぶつかったことからケンカになり、
相手が「つんとやった」(相手談)ことの仕返しにとびかかったそうです。
昨日は、トラブルの末、自分のメガネを踏みました。
おとといは、友人とトラブル中、それを止めに入った子を殴ったそうです。

一つ一つには理由があり、相手の対応がもう少し違っていたらとは思います。
そして、モックが攻撃的になってきた事の背景には、
この半年ほどの、学級の彼への係わりも原因していると思います。

でも、私はモックを叱ってばかりです。
「後ろから羽交い絞めにされたらいやだよね。」
「ファウルした事をいつまでも言われて、いやだったね。」
「わざとじゃなかったのにね。」
って、言ってやれなかった。
口を開いて声を出せば、モックを責める言葉ばかりがでてくる。

洗濯を口実に、階下にこもっていました。
ピノコと二人、なにやら楽しげに遊んでいたようですが、今は寝ているようです。


ケリー。さん 投稿者:きーちゃん  投稿日:11月29日(金)23時38分05秒

1年前を思い出します。
当時私の子は
「やらなければいけないことをやらない」で同級生に注意される。
「休み時間が終わっても戻らない」で腕をつかんで連れ戻されようとされる。
勿論、その子達に悪意はなかったと思います。思いたいです。
それでその子達の顔を引掻いたりもしました。
ごめんなさい。自傷はありましたがそれが原因ではなかったかもしれないです。
でも、泣き叫んだり、暴れたり・・・でもそれが理由だったかもわかりません。
ごめんなさいわからなくて。
担任と連絡をとりながら毎日を過ごしてました。
家では、「○○の家に行く!」と泣きながら暴れながら言ったりもしてました。
○○ちゃんは上級生でとてもよくしてくれた子です。
でも「泣きながら行ったらびっくりするから」と言って、
下の子を留守番させて二人で散歩したりしました。
ごめんなさいい、何も参考になりませんね。
ただただ、本人が暴れた結果産まれた事と、
相手に危害を加えた行為のみを、伝え、
本人に考えてもらい、判断してもらいました。
勿論、落ち着いてからです。
散歩に行くのは、
「この引っくり返したゴミ箱を片付けてからにしようね」
と言ったり、その時に応じて対応してました。
謝ってばかりでごめんなさい。
1年前のことが今日あったみたいに思い出されてしまって、
支離滅裂になってしまって、
読みにくくなってしまいました。




一例 投稿者:  投稿日:11月29日(金)23時53分50秒

>一つ一つには理由があり、相手の対応がもう少し違っていたらとは思います。
>そして、モックが攻撃的になってきた事の背景には、
>この半年ほどの、学級の彼への係わりも原因していると思います。

 個人情報にかかわることなので詳しくは書けないけど、
 ごく身近に同じような例があります。いや、ありました。
 
 担任の先生が子どもの状態像の背景にあるものについて勉強され、
 対応を変えられたら、それまでのパニックや攻撃的な行動がうそのように
 なくなった子があるの。

 例えば、それまでは
 
 担任には
 ”わざと友だちの邪魔をしている”ように見えていた行動があった。
    ↓
 邪魔をしているのだから叱る。
    ↓
 子どもの方は叱られた意味がわからない。
    ↓
 回を重ねるごとにパニックや攻撃的な行動が増えてしまう。

 
 担任が
 ”わざと友だちの邪魔をしている”わけではないという見方に変えた時、
    ↓
 ”結果的に邪魔をしたことになってしまっている”のだと教える。
    ↓
 子どもの方もそれを少しずつ認識する。  < 一度には難しいけど
    ↓
 子どもにとっての理不尽な叱られ方がなくなった事で見違えるように落ち着いてきた。

 今、うちの教室では、
 対処的なものだけではなく、
 場面の意味を認知したり、予測したり、相手の考えを推し量ったり
 常識や社会的なルールを学んだり等々、
 嬉々としてSSTに取り組んでくれています。
 
 本当に知りたかったのね、自分がどうしたらよいのかを。 


(無題) 投稿者:ケリー。  投稿日:11月30日(土)00時51分52秒

>本当に知りたかったのね、自分がどうしたらよいのかを。 
そうですね。
この1年・・・もうちょっとかな、成長とともに周りが見えてきたようでした。
でもそこでわかったのは、決して彼にとって気持ちのいいものばかりではなかった。
同時に、周りのお子さん達も急激に「自己」を確立しようとしてくるときでもあるわけです。
自分がわかるということは、自分以外も浮き出てくるのでしょう。

残念ながら、今の担任にそう多くは望めないかもしれません。
それよりも、少数ではあっても、モックそのものを肌で感じてくれているクラスメートに期待しているのですが・・・
> ”結果的に邪魔をしたことになってしまっている”のだと
わかってくれるクラスメートもいるんですね。若干10歳にして・・・頭が下がります。

でも、担任やお友達を頼っていると(私が)他力本願・人のせいになってしまう。
私はモックのエキスパートです。いま、私にできることは何なのか。
それが「巻き込まれている」こととは感じても、探ってしまう。
そして、そう考えながらモックをさらに追い詰めている自分がいやです。


きーちゃん(さんをつけると変だよね^^;) 投稿者:ケリー。  投稿日:11月30日(土)00時55分14秒

辛い事を思い出させてしまってごめんなさい。
でも、書いてくださったことで「私だけじゃない」と思えます。
ありがとう。


DAISYセミナー  投稿者:けやき管理人  投稿日:11月30日(土)04時10分43秒

■ DAISYセミナー −みて、ふれて、考えよう−/奈良教育大 2002/12/08 ■
--------------------------------------------------------------------

主催者からのお知らせです。転載・転送自由。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

タイトル 「DAISYセミナー −みて、ふれて、考えよう−」

 ※ DAISY (デイジー)の詳細ついては、下記サイトをご覧下さい。
   http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/

日 時:2002年12月8日(日) 13:30〜16:30

場 所:奈良教育大学
    http://www.nara-edu.ac.jp/NUE/kotu.htm

参加費:無料

申し込み:たんぽぽ生活支援センター
     〒630−8044 奈良市六条西3−25−4
     TEL:0742-40-1030 FAX:0742-49-5523

主 催:日本障害者リハビリテーション協会
    http://www.jsrd.or.jp/

共 催:社会福祉法人わたぼうしの会

−−−− プログラム −−−−

「第一部」 DAISY体験 13:30〜14:50

操作が簡単なタッチパネル式のDAISYが登場します。自由にさわって、DAISYを感
じてください。そしてご意見をお聞かせください。障害がある人の参加、大歓迎
です。

「第二部」 講 演 15:00〜16:30

1.知的障害者の豊かな生活について
  松友了 (全日本手をつなぐ育成会常務理事)

2.軽度発達障害とディスレクシア(読み書きのLD)
  加藤醇子 (LD発達相談センターかながわ)

 講 師 プロフィール

 松友 了 (まつともりょう)

1947年8月、佐賀県唐津市生まれ。長男が生後4ヶ月で難治性のてんかんである
「点頭てんかん(ウエスト症候群)」を発病。その後、重度の知的障害を併せも
つ。そのため幼児(保育)運動を革きりに、てんかん運動から育成会(知的障害)
運動へと、障害者運動に父親として参加。

1972年3月、早稲田大学第一文学部社会学専攻卒業。東京都民生局(現・福祉局)
心身障害者福祉部勤務後、1973年2月、「小児てんかんの子どもをもつ親の会」
の事務局長に就任。1976年、「日本てんかん協会」設立。1996年、社会福祉法人
全日本手をつなぐ育成会、常務理事に就任。早稲田大学文学部非常勤講師。

現在は新しい障害者計画に関する懇談会(内閣府)委員、障害者就業・生活総合
支援事業検討委員会(厚生労働省)委員、社団法人日本知的障害福祉連盟・理事
、「発達障害白書」編集委員、等。著 書 に「父は吠える−知的障害の息子と
共に」(ぶどう社)、「てんかんの子と生きる」(ぶどう社)、「知的障害者の
人権」編著(明石書店)等がある。

 加藤 醇子 (かとうじゅんこ)

横浜市立大学医学部卒。関東逓信病院・伊豆逓信病院(現、NTT東日本病院)に
て、LD、自閉症診療。その後、横浜市南部地域療育センターにて、障害児の診療
およびLDグループ指導、更に小児療育相談センターに勤務、LDグループ指導およ
び平成4年LD懇話会かながわ(各職種の人たちの勉強会、情報連絡)運営。平成
7年横浜市緑区に診療所開設、LD発達相談センターかながわ(NPO機関。LD・高機
能自閉・ADHDなどの子ども達の個別指導、小グループ指導の場)設立。平成14年
クリニック川崎に移転。LD学会及びIDA会員。


ケリー。さんへ 投稿者:こくっぱの母  投稿日:11月30日(土)06時48分08秒

うちのハカセ、パニックになると暴れます。
先生が約束を破ったと「思い込んだ」時は、クラスで共同で仕上げた地図を、
びりびりに破って、教室をぐちゃぐちゃにしました。
友達をぶん殴ったことも、飛び蹴りを食らわしたことも、
こくっぱの顔を踏んづけて鼻血で血まみれにしたこともあります。

本人は、かなり悩んでいました。
「怒りが出てくると、ぼくはひどいことをしてしまう」と。
そして、暴れるハカセを、大好きな女の子が止めに入った時、
ハカセはその女の子を突き飛ばしてしまいました。
「ぼくがいると、○○ちゃんが痛い目に遭う」と、教室にいかなくなりました。
・・・教室に行かなくなった原因はこれだけではないのですが。

原因は必ずあります。からかわれたり、ちゃんとしろと説教されたり、
勘違いだったり、一緒にお風呂に入っては、どうしてそうなったのか、
どうすれば良かったのか、ゆっくり説明してきました。

同時に、学校では暴れそうになったり(表情が大魔神のように変わるのですぐわかる)
暴れている時は、きっぱりと声をかけ(時には強制撤去で)先生の更衣室に移動させ、
落ち着くまで待ちます。落ち着くと、先生が状況を説明して、
どうすればいいかはカセと一緒に考えるようにして下さっています。

ただ、全く教室に行かなくなったハカセは、現在障害児学級に席があるので、
障害児学級の先生がパニックにとことん付き合って下さっているという
特別な事情もあります。

最近では、怒りが出てくると、自分からその場を立ち去ることができるように
なりつつあります。家まで走って帰ってくることもしょっちゅうですが。

うちもまだまだ真っ最中ですが、一時期に比べれば落ち着いてきました。
学校で逃げ込める人(ハカセの場合養護の先生)と場所(保健室)があることが
一番よかったような気がします。


ちょっとだけ 投稿者:朝倉玲  投稿日:11月30日(土)07時26分16秒

自傷や他人への攻撃となると、うちには(まだ)あまり関係ない話なのですが
でも、ひとことだけ・・・。

ケリー。さんたち、お引っ越ししましたよね。
環境の変化もモック君を攻撃的にさせている一因になっていませんか?
変化に対する自己防衛が、攻撃という形になって出てきている・・・とは?

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


(無題) 投稿者:sara  投稿日:11月30日(土)09時20分55秒

自傷や他の人に対する行動には、背景があるよね。
背景を探って、環境を整えても、難しい場合もあるよね。

もちろん、お子さんがわかるような環境を整えて、
お子さん自身が物事や対人関係の理解を深めていくことも大事。
だけど、お子さん自身が向かう方法を変えるだけでは、ちょっと辛い部分もある。
感じ方が違う部分があるから、子ども自身に行動の変化を求めるのは辛い。

次郎君は、新聞が苦手。
それを、平気になりなさいといっても、感じ方が違うから。
A新聞をY新聞に代えてとか、家族と折り合いをつけながらも、
TV欄しか読まないようにとか、家族は、見たらすぐ、回収袋とか
もちろん、新聞の有効なところもはなすけれども。

自分で落ち着く方法でやり過ごすしかない場合もあるよね。
お子さんには、イライラして、しそうな感じってわかるかな?
爆発しそうな前触れな感じ・・
そんな時には、どうすればいいのか? を、一緒に考えてあげるといいのかも?
危険な行動から、より危険でない方法へと。

その場から、離れる。
出会わないようにする。
誰かに、言う。

自分でコントロールするために、落ち着く方法を考えていく
次郎はしてないけれど、リストバンドをするとそこに感覚が集中して、落ち着きを取り戻せると聞いたことがある。
リストバンドを、離して、戻しての刺激で、落ち着くこともあるらしい。
そういえば、イヤな感じがしたり、パニックを起こしそうになったら、手をぎゅっと握って、30数えてごらん・・・と言った時期もあったっけ。
イヤな感じがしたら、手を見るんだよって。
何か、あった物が見つかるといいんだけど。

下の本のこと・・・投稿者は、私。
気にしてくださってありがとう。


母親だって 投稿者:まつこ  投稿日:11月30日(土)09時35分22秒

>洗濯を口実に、階下にこもっていました。

クールダウンする時間と空間は必要です。
自分にタイムアウトかけられたんだからよかったのではない?

私は巻き込まれそうなときは↑のようなことをわざとします。
そして、そうできた自分を「えらいじゃん」と思うことにしていますよ。


(無題) 投稿者:sara  投稿日:11月30日(土)09時55分15秒

ケリーさん、
今が一番大変な時期かも(次郎もその頃・・・)
この時期を乗り切ると、大人になるから。
思春期の波が、越しやすくなるからね。

今は、「わかってくれない」「また」と思うことばかりかもしれない。
でも、通じる時が、必ずくるからね。


ケリーさんへ 投稿者:るんるん  投稿日:11月30日(土)22時24分21秒

うちのPもほんっとに小さなの頃から泣く時には壁に自分の頭をがんがんぶつけながら泣いていました。大きくなるにつけ、自分のげんこつで頭をぶちながらだとか、自分の手で首を絞めるだとかのバリエーションがでてきて、『自分が悪い子だ』とか『助けてくれ』とか叫ぶこともありました。そのたびに私は『あなたが大すきよ!大好きなあなたを痛めつける事は私は許さない』と伝えて、きつく言い聞かせて(叱って)きました。
そう言えば、ここ数ヶ月は自傷を見ていないような気がします。(最近は泣きながら私から逃げていきます。もしかして叱られると思っている?)が、そんな方法で良かったのかどうかはまだ全然わかりませんが・・。

Pは幼稚園の年長から一年生くらいの時、特にあれていて、自分が失敗したり、からかわれたりするとまわりの人にやつあたりのような行動を良くしていました。なぐりかかる、鉛筆を刺す(フリ?)首を絞める(フリ?)(この辺は本気で刺したり、絞めたりするつもりは無かったのだと私は信じています)いすを投げる等など。。。私はPの先生にこんな話しを聞いた時はまじで泣けました。(しかも何度もありました。)通っていたお医者様に精神安定系のお薬ももらい飲ませましたが、あまり効き目は無かった様に思います。半年ほど飲ませてやめました。
彼がパニクル度に先生方もPを落ち着かせた後『その方法は間違っている』と強く言い聞かせて下さっていたようです。自傷と他傷は本当に同じもののようですね、ここ数ヶ月は学校でも落ち着いているらしいです。自傷や他傷は親も本人もほんときついですよね。もうすぐ良くなると信じて、いっしょにがんばろうね!!


みなさま 投稿者:ケリー。  投稿日:11月30日(土)22時26分26秒

ありがとうございます。

>最近では、怒りが出てくると、自分からその場を立ち去ることができるように
>なりつつあります。
>自分でコントロールするために、落ち着く方法を考えていく
目標ですね。時間がかかるものでしょうけど、忘れずにいなくてはいけないよね。


>学校で逃げ込める人(ハカセの場合養護の先生)と場所(保健室)がある
今、ここのところが微妙かな。
このところは、ない方に近いかも。

>リストバンドを、離して、戻しての刺激で、落ち着くこともあるらしい。
「ぎゅっ」が好きなモックには、あうかも知れない。
リストじゃなくて、上半身バンドとかがあったら、尚いい?
でも、リストだけでも試してみる価値はありそうです。

>お子さんには、イライラして、しそうな感じってわかるかな?
>爆発しそうな前触れな感じ・・
私が見る限り、前触れはあまり感じられません。本人に、聞いてみようかな。
どちらかというと、「否定的な言葉に反応」という感じです。
>(表情が大魔神のように変わるのですぐわかる)
あっという間で、わからん・・・・
でも、その日の体調とか、いっぱいいっぱい具合(?)から、
想像はできるかもしれない。

>お引っ越ししましたよね。環境の変化も
短い期間(4ヶ月)に、2回の引越しでしたから、
>変化に対する自己防衛
は、必ずあると思っていました。
なるべく新しいものを置かず、買物には付き合わせて、
変化のあったところ(物)は説明して・・・くらいはやったかな。
ただ不思議と、全体の変化にはあまり反応がなかったように思います。
ストレスが身体症状にも出やすいのですが、それもあまりなかったかも。
(ピノコの方が、そこは大きかった)
でも、環境の変化によって・・・を否定はできないですね。
今読んでいる本に、「ダムの底が浅い」という話が出てくるのですが、
環境の変化が、さらに上底状態を作ったかもしれません。
ただ、それは影響小だと思う。

やはり大きなものは、本人の成長と周りの成長と学校の対応。
だから、
>今が一番大変な時期かも(次郎もその頃・・・)
>この時期を乗り切ると、大人になるから。
>思春期の波が、越しやすくなるからね。
>通じる時が、必ずくるからね。
もう少し頑張ってみます。

>自分にタイムアウトかけられたんだからよかったのではない?
そうだよね。私も、
>「えらいじゃん」

それでもまた、巻き込まれそうになったら書かせてくださいね。
ありがとう。


聞いてみたこと 投稿者:ケリー。  投稿日:11月30日(土)22時33分22秒

「どういうときに、自分を痛くするの?」
「ぼくが悪い事をしてお仕置きする。おこり(怒?)を押さえる。」
「痛いでしょ?」
「時々」
「やめたいと思ったこと、ある?」
「そりゃあ、やめられるならやめてますよ。それができないから苦労してる。(喫煙者風)」
「じゃあ、痛くないほかの方法があったらその方がいい?」
「もちろん。(政治家風)」

皆さんのご意見を参考に考えてみますね。


るんるんさん 投稿者:ケリー。  投稿日:11月30日(土)22時40分51秒

似てるぅ!
引っ越してからは、「落ちる!」が加わりました。・・・ココは3階。

自傷と他害は、同じシステムで起こるような気がしてなりません。
>もうすぐ良くなると信じて、いっしょにがんばろうね!!
はい。ありがとう^^。

掲示板過去ログ案内に戻る