2003年1月その1
謹賀新年 投稿者:かなりや  投稿日: 1月 1日(水)01時54分20秒

M様、みなさま、新年あけましておめでとうございます。
昨年は、いろいろとこの掲示板で勉強させていただきました。
今年もよろしくおねがいします。


新年のご挨拶 投稿者:M  投稿日: 1月 2日(木)12時07分54秒

遊ぶのに忙しくなかなかここに出てこられませんでした。
例年の如く茶飲み友だちのトマト婆さんの大作絵を貼り付けさせて頂いて,
新年のご挨拶とさせていただきます。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
\             /~~~~~~~~丶              \
\            (@(..)@  p               \
\             (_u____ _)               \
\             //  / /                \
\                                 \
\    /~~~~~~~~丶 /~~~~~~~~丶 /~~~~~~~~丶 /~~~~~~~~丶    \
\    (@(..)@  p(@(..)@  p(@(..)@  p(@(..)@  p    \
\    (_u____ _) (_u____ _) (_u____ _) (_u____ _)    \
\     //  / /  //  / /  //  / /  //  / /     \
\                                 \
\             /~~~~~~~~丶               \
\            (@(..)@  p               \
\             (_u____ _)               \
\             //  / /                \
\ /~~~~~~~~丶 /~~~~~~~~丶 /~~~~~~~~丶 /~~~~~~~~丶 /~~~~~~~~丶 \
\(@(..)@  p(@(..)@  p(@(..)@  p(@(..)@  p(@(..)@  p \
\ (_u____ _) (_u____ _) (_u____ _) (_u____ _) (_u____ _) \
\ //  / /  //  / /  //  / /  dd  / /  //  / /   \
\                                 \
\       /~~~~~~~~丶 /~~~~~~~~丶 /~~~~~~~~丶        \
\      (@(..)@  p(@(..)@  p(@(..)@  p        \
\       (_u____ _) (_u____ _) (_u____ _)        \
\       //  / /  //  / /  //  / /         \
\     /~~~~~~~~丶   /~~~~~~~~丶    /~~~~~~~~丶     \
\    (@(..)@  p  (@(..)@  p   (@(..)@  p     \
\     (_u____ _)   (_u____ _)    (_u____ _)     \
\     //  / /    //  / /     //  / /       \
\   /~~~~~~~~丶    /~~~~~~~~丶      /~~~~~~~~丶   \
\   (@(..)@  p    (@(..)@  p      (@(..)@  p   \
\   (_u____ _)    (_u____ _)      (_u____ _)   \
\    //  / /      //  / /        //  / /    \
\                                  \
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


サリーさん  投稿者:M  投稿日: 1月 2日(木)12時23分01秒

VOCA 私も興味あります。
単独使用が 混乱がないのか、
併用使用が よりコミュニケーション場面、内容のはばを広げるのか

とその二つのプラスマイナスで考えれば良いのかな?
それに、
PIC、マカトンなども含めて、何が一番使いやすいか、
その子によって違うのだろうし、難しい・・迷うよね。

音声入力にも恐怖や混乱が無くなって来たのなら、
VOCAを使う使わないは別にしても、音を添えるということ自体は大事にしていく
時期にさしかかっているのかな?


きーさん 投稿者:M  投稿日: 1月 2日(木)12時28分13秒

>そして今現在、電話で話しただけのところですが、
>「自閉症ではない」と言われたそうです。

 ごくたまに、特に子どもがまだ小さい時などに、
 Dr.でさえも、
 自閉、ADHD、情緒障害と
 診断が分かれてしまう場合もあるそうだから、電話だけでは難しいのではないかなぁ。
 
 でも、最近思うのは、
 診断名等は知らなくても、その子の行動をしっかり観察し分析できる親の立場が
 どんな名医よりもより確実にその子の味方になれるのだなという事。
 
 ペアレントトレーニングってご存知? これは、その子の反応を見ながら
 より良い対応を考えていくものだから(ADHDに限らず) 今、できそうな事、
 始められる事がみつかるかもしれないかも・・・と。   

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/parent-t/top.htm


A HAPPY NEWYEAR! 投稿者:謎のタヌキの母  投稿日: 1月 3日(金)09時22分35秒

一応滑り込みセーフ。なんだかなー

今年は、「狸辞苑ナショナル版」の作成に励みたいと思います。
「困ったタヌキは目でわかる」 けけけ。


あ、ごめんなさい 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 1月 3日(金)09時23分34秒

↓のは謎のタヌキ本人です。
でも、「狸辞苑ナショナル版」は母も作るので…
まあいいか。


VOCA 投稿者:サリー  投稿日: 1月 3日(金)11時52分41秒

結構なお値段ですので困ります・・・
手軽に手に入れられません(^^ゞ


>単独使用が 混乱がないのか、
>併用使用が よりコミュニケーション場面、内容のはばを広げるのか
>とその二つのプラスマイナスで考えれば良いのかな?

どうなのでしょうか・・・私にも解りません。
ただ・・・単独使用と考えると、電子手帳タイプの物を使いこなせないことには
とてもではありませんが、言葉の数が足りません。
併用することに意味があるのか・・・それを悩んでいます。
対社会に対してのアピール度は音声の方が高いですから、家庭や学校以外
の場所、公共施設利用の時や買い物などは、VOCAの方が伝わりやすい
のかも・・・と思っています。
併用することで、混乱しないかなぁ・・・というのも心配しています。


>PIC、マカトンなども含めて、何が一番使いやすいか、
>その子によって違うのだろうし、難しい・・迷うよね。

とっても悩むところですよね。
私もしっかり悩みました(^^ゞ
シンボルとしては・・・
PCS→PIC→マカトンシンボル
というように、難しくなっていくように感じます。

私は、写真でもPCSでもどなたかの書いた絵でも、悠くんに解りやすそうなら
何でも使いますし、絵や写真で表せないことについてはマカトンサインを入れます。
マカトンにないものは勝手に作りますし・・・
ただ、PICやマカトンシンボルは・・・悠くんには難しいです(^^ゞ


>音声入力にも恐怖や混乱が無くなって来たのなら、
>VOCAを使う使わないは別にしても、音を添えるということ自体は大事にしていく
>時期にさしかかっているのかな?

そうですね(#^.^#)
声かけをきちんとしていきたいと思います。
・・・と言いながらも、今までは意識して音声をシャットアウトしてきましたので、
ついつい、声を添えずに伝えてしまいます(^^ゞ
まず、私が行動を変えないといけないみたいですが、これがなかなか難しいです(^^ゞ

http://www.asahi-net.or.jp/~sm4s-ogw/


ここのプロバイダの 投稿者:M  投稿日: 1月 7日(火)23時47分41秒

justnetがso-netに統合されたため、あと1年少しで引っ越しをする予定。

で、少しずつ荷物の整理を始めている。
やっと掲示板過去ログの絵の張り替えが終わった。
   < お茶の道具やら動物のぬいぐるみやらケーキやら、京菓子やら
     いっぱい出てきたわ。

ついでに、
ログを読みやすいように整理できないかなとも思ったけど、
とてもとても手に負える量ではなかった・・。


作業をしながら 投稿者:M  投稿日: 1月 7日(火)23時48分29秒

一部読み返してみたのだけど、
ここで語られて来た事は、図らずも”スペシャルニーズ教育”と
同じ流れで来たのだなと。

今後は、そのスペシャルニーズの中身を考えていくことになるのだろうね。
でも、子どもの状態像が多様である事を知れば知るほど、
そのすべてのニーズに応える事に不安や限界も感じるのも事実。

聴覚障碍のサイトを見ていたら、
文科省の”障害種にとらわれない学校制度”への不安を訴えていた。
その学校制度は、インクルージョンの場だからこそ、
きっと”より高度な専門性”が求められるのだと思う。
今まで以上に多様な場面、多様な困難が出てくるだろうから。

今、”養護学校”の先生が
「自閉症のことは素人です。」などと言うと顰蹙をかうように、
その”障害種にとらわれない学校制度”は
「補聴器の特性のことはわかりません。」などと言う先生を作ってはならない。
ジェネラリストでスペシャリスト。可能なのかなぁ・・。


ジェネラリスト 投稿者:かめ兄弟の母  投稿日: 1月 8日(水)01時30分10秒

TEACCHセンターみたいに、
大学でスペシャリストの教育を受けて、
センターでジェネラリストの訓練を受け、
スペシャリスト(教師)に助言するという制度になるといいなぁ・・・。



スペシャリスト 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月 8日(水)09時19分35秒

普通学校の担任は、
まず、学級運営と学習指導(全般的な)のスペシャリストであるべきだと思う。
                              >意外ですか?(笑)
でも、これは実は、一番総合的で一番難しいスペシャリストだろうと。
すべての障碍・すべての問題にスペシャリストであろうとすると、
担任としての一番基本になる部分で何かが落ち始めるんじゃないか・・・という予感がするから。

すべての担任がスペシャリストになる、というよりは
スペシャリストが学校に関わって、学級担任に助言指導のサポートを行ってくれる
そういう体制が理想的ではないかな、という気がしている。

先日、福島のADHDの会で行われた、
親と専門者(発達障害に関わる教師や心理職などの会員)との合同懇親会でも、
普通学級の担任にかかる負担が大きすぎることが問題として上がり
(先生が熱心であればあるほど、その負担が大きくなってきてしまうのね)
子どもたちをフォローする学校以外の機関が必要、という意見が
専門職と親の両方から出てきていました。


http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


たしかに 投稿者:まつこ  投稿日: 1月 8日(水)10時29分15秒

>ジェネラリストでスペシャリスト

なんて、無理ですね。先生個人では。

学校というシステムがその役割をすることを目指して欲しいです。
有機的に柔軟に。

補聴器のことを知らない先生も「知らない」で終わらせないで調べたり、
せめて補聴器に詳しい先生に橋渡ししたり
自閉症には素人の先生も「わからない」で終わらせないで
自閉症児本人や保護者、自閉症を知っている先生と連携していくような。


親も 投稿者:ケロ  投稿日: 1月 8日(水)22時03分50秒

>「知らない」で終わらせないで調べたり

する手間を少しでも省けるように
自分が蓄えたものを伝えて行きたいです。
決して押し付けではなく。

家庭で足りないものを学校で、学校ではカバーしきれないものを家庭で。
そんな関係が築けたらいいなぁ・・・と願いつつ、入学式を待つ今日この頃。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/mcss5884/


障害種にとらわれない学校制度 投稿者:M  投稿日: 1月 8日(水)23時52分38秒

今まで、
盲学校は盲者、聾学校は聾者、養護学校は知的障害者、肢体不自由者、病弱者に対する学校
と位置づけられていたわけよね。
今後は、
盲・聾・養護学校は、これまでの経験やノウハウを活かして、地域における教育の中核的機関
として機能することが期待されているわけでしょ。
と、同時に、
教育的支援の必要性が大きい児童生徒のための教育の場として障害種にとらわれない学校とし
ての役割りを担わなければならないのだから、
少なくともその障害種にとらわれない学校の先生は、
ジェネラリストでスペシャリストにならなければ機能していかないよねぇ。

特に
盲聾なんかもともと絶対数が少ないわけだから、各校に初めから専門的知識がある人が配置
される可能性は限りなくゼロに近い・・。 <言い過ぎ?
まぁ、
>地域によっては視覚障害,聴覚障害等に対応して特定の教育部門のみを有する学校を設ける
>ことが可能であり,どのような障害に対応した教育や相談の機能を持たせていくかは,地域
>の実情にも応じて各自治体が弾力的に判断する

って所に落ち着くのかな。


うん 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月 9日(木)08時42分34秒

>家庭で足りないものを学校で、学校ではカバーしきれないものを家庭で。
>そんな関係が築けたらいいなぁ・・・

と願いながら、日々、学校との連携をめざしています。
同時に、病院とも。

親は我が子の究極のコーディネーターだと思うこの頃です。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


始まっているのかも? 投稿者:sara  投稿日: 1月 9日(木)10時09分17秒

>盲・聾・養護学校は、これまでの経験やノウハウを活かして、
地域における教育の中核的機関として機能することが期待されているわけでしょ。

次郎の養護学校の役目として、↑の役目も持って、活動始めてる。
地域の支援センターとしての役割かなぁ?
学校のお便りにあったの。

利用している状況は、よくわからない(すみません)
広報しているのかな? 最近はじまったのかな?

ただ、次郎の学校は、都道府県立で、住んでる市には市の教育相談センターもあって
小中学校の場合、市の管轄だから、市の教育相談センターがあたる。
小学校時代は、市の相談センターにお世話になりました。

家庭での相談は、次郎の学校でもできるけれど、学校側への働きかけは、どうだろうか?
学校の管轄地域によるのかな?


同じく・・ 投稿者:sara  投稿日: 1月 9日(木)10時11分55秒

>親は我が子の究極のコーディネーターだと思うこの頃です。

私も、そう思います。

ただ、次郎君位の年(高等部1年生)になると、
その役目の引継ぎも考えなければいけない年になってくる。


他に誰もやってくれないから 投稿者:まつこ  投稿日: 1月 9日(木)10時38分28秒

>親は我が子の究極のコーディネーターだと思うこの頃です。

そういうことなんだけど

あれもこれも支援費制度とか後見人制度とかなんだかんだでてきてくれて
頭がパフパフしてくる。


そーなのよ 投稿者:ひいろ  投稿日: 1月 9日(木)16時11分24秒

>あれもこれも支援費制度とか後見人制度とかなんだかんだでてきてくれて
頭がパフパフしてくる。

特に法律関係の話になると、もう頭が拒否しちゃってねー(笑)
基礎知識が全くないのよぉぉぉー。


支援費制度とか後見人制度 投稿者:sara  投稿日: 1月 9日(木)21時21分18秒

年末に両方聞く機会があって、
とりあえず、相談してくれるところだけチェックしてきた(汗)


つみきの会学習会のお知らせ 投稿者:はーにゃ  投稿日: 1月10日(金)23時11分13秒

自閉症児のための教育プログラム
−応用行動分析(ABA)の可能性−

日 時
2003年3月9日(日)13:30〜16:30
会 場
国立オリンピック記念青少年総合センター
センター棟401号室
(新宿から小田急線各停2つ目、参宮橋駅下車徒歩7分)

参加費
資料代 1000円

プログラム
1.「自閉症の神経学的考察」
  講師:星野恭子(医師・瀬川小児神経学クリニック)
2.「自閉症児のための教育プログラム−応用行動分析(ABA)の可能性−」
  講師:藤坂龍司(つみきの会代表、神戸文化短期大学助教授)
3.「自閉症児の健康−体の内側から教育効果を増幅させる−」
  講師:飯嶋良太(福島大学教育学部助教授)

今回のセミナーでは、当会の代表が、自身の子が2歳の時から取り組んできた家庭でのABAの体験をもとに、応用行動分析(ABA)の成果とその具体的な方法について説明いたします。

 また、ゲストに瀬川小児神経学クリニックの星野恭子先生をお招きして、 脳神経学の面から自閉症についてお話していただきます。 さらにアメリカでABAとしばしば併用されているビタミン療法やCFGF(カゼインフリー・グルテンフリー・ダイエット)などについて、会員の飯嶋が簡単に紹介いたします。

 自閉症もしくはその心配のあるお子さんをお持ちの保護者の皆様、及び治療教育関係者の皆様の参加を心よりお待ちしております(なお、託児はありませんので、ご了承下さい)。

申し込み方法
ハガキまたはメールでお申し込みください
参加者代表氏名、住所、電話番号、参加人数を明記してください
 
〒371−0026
前橋市大手町2丁目15−6 SY大手町ビル201号
内田徹 deseret60jp@ybb.ne.jp
主催/「つみきの会」学習会事務局
http://www.tsumiki.org/

http://www.tsumiki.org/


CM 投稿者:まつこ  投稿日: 1月11日(土)14時18分22秒

この頃よく見るCMで「ししおどし」の映像に
「じょぼじょぼ」という歌(?)が流れているのがあるじゃないですか。

少年に「これ、なんのCMだと思う?」と聞いてみました。

「えっとな。竹。水が流れてるの。」と。
「お薬のCMよ。何のお薬だろうね。」
「……わかんない。」

NHK大好きで土曜日夕方のドラマ「どっちがどっち」を
ずっと楽しみにして欠かさず見ていた少年ですが
やっぱりこのCMのような象徴的な表現はぴんとこないようですね。

とりあえず説明しましたけど。(^◇^;)


CMってぇと 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月11日(土)15時56分41秒

うちで一番先に出てくるのは、やっぱり例の
♪きのこ〜のこ〜のこ 元気のこ♪ のフレーズですね。
子供より親の方が先にはまってしまっていたのは
「だんご三兄弟」のときと同じです。(笑)
でも、あのキノコの種類の順番が、いまだに覚えられない。(^o^A

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


順番 投稿者:ケロ  投稿日: 1月11日(土)20時17分31秒

エリンギ、まいたけ、ぶなしめじ。


エリンギだけ覚えてた 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月11日(土)20時40分01秒

今、我が家で一番人気のキノコだから。(笑)

で、その続きはなんだったっけ?(^o^A


実は 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月11日(土)20時56分30秒

今夜、エリンギが食卓に出たのです。
昇平も、これは食べられるの。>網焼きして、スライスして醤油をかける。
彼はマヨネーズが大嫌いなんだけど
おばーちゃんのおみやげのたこ焼きにかかっていたマヨネーズを
「味のついたバターだよ」と言ってみたら
ぺろっと平らげてしまった。
(いや、嘘をついたのではなく、ほんとにバター風味のマヨネーズだったの。
あまり酸味がなかったのです。)

前と比べると、味覚に幅が出てきているような気がします。
それだけ成長してきたってことなんでしょうね。


CM 投稿者:M  投稿日: 1月11日(土)21時03分22秒

>「えっとな。竹。水が流れてるの。」と。
>「お薬のCMよ。何のお薬だろうね。」
>「……わかんない。」

あのぅ・・・、
何のCMなのでせうか?

中居くんの最新のロ○6の意味もわからなかった。
・・・・・・・娘に聞いて、納得したけど・・。

教室で、状況の読みとり教材として4コママンガをよく使うのよ。
今度、CMでもやってみようか。
あ、でも・・、
私がわからないのでは、どうしようもなかった・・・・。


じょぼじょぼ 投稿者:みっき  投稿日: 1月11日(土)23時12分32秒

頻尿、尿もれ・・・(以下略)  の薬のCMですね。 A--;)

ハイジがやっぱりこのCMには反応しました。
「竹がコーンと鳴って、水が流れるの、なぁに?」
最初、何のことを言ってるのかと思ったら、CMが流れたとき、「お母さ〜ん、これ、これ!」と。
竹筒が「ししおどし」だとは教えましたが、「ししおどし」と「尿もれ」の関係がわからず、

>とりあえず説明しましたけど。(^◇^;)

はい、私も説明しました〜。
でも、ハイジの中で、「ししおどし」イコール「尿もれ」と定着するのも何だかなぁ。。。A^^;)

最近は説明に困る質問、多いです。
「はりー・ぽったーはなんでカッコいいのかなぁ?」 <あんたにもカッコよさがわかるようになったのね
「何でみ○もんたさんは、顔がシワだらけなの?」 <そういうみ○さんが好きなくせに〜

こういう質問に、Mさんなら興味津々でお付き合いくださるでしょうね。


きのこの歌 投稿者:Nave  投稿日: 1月12日(日)09時16分35秒

聞き取りにはあまり自信がないのですが、こんなだったような。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
きのこ のこーのこ げんきのこ
えりんーぎ まいたけ ぶなしめじ
きのこ のこーのこ げんきのこ
おいしーいきのこは ほ○と

♪はらほりほりほろりん(byクラリネット)

きのこ のこーのこ げんきのこ
はごたーえ ぽりぽり えりんぎ ぽりっ
きのこ のこーのこ げんきのこ
おいしーいきのこは ほ○と
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

このあとメロディが変わって8小節+ブレイクが2小節あるのですが
歌詞は覚えていません(^^;)
(そのあとは、転調して最初のコーラスを繰り返し)
メロディはばっちり、アタマにこびりついてるんだけどな…
(いらん、ちゅうに(^^;))

ちなみにうちのこ(5才になったばかりのアスペくん)は、
「ぶなしめじ」のところを、まちがえて「うらしめじ」と歌います。
それを聞くたび、うぷぷぷ(^。^)です。
(「ウラベニホテイシメジ」という、山で採れるキノコがあるのです。)

それから、保育園児はスーパーで流されているのとは別バージョンを
うたっているみたいです。(テレビのコマーシャル?)

http://homepage2.nifty.com/a-type/index.htm


訂正 投稿者:Nave  投稿日: 1月12日(日)09時19分53秒

ブレイクは1小節でした。>きのこの歌


ハーイ(^O^)/ 投稿者:まつこ  投稿日: 1月12日(日)09時26分10秒

>「何でみ○もんたさんは、顔がシワだらけなの?」

みのさんはお話も上手にしはるけど、
話しことば以外に顔の表情で気持ちを表そうとするでしょう。
顔全体をいろんな形にしていろんな気持ちを表すから
しわもたくさんになるんだと思うよ。

若いうちは、顔をいろんな形にしてもすぐに元に戻ってシワはできにくいけれども
大人になって年を取っていくと、いつもニコニコしている人は笑いジワができたり
しょっちゅう怒っている人には眉間にたてジワができたりすることもあるよ。

お年よりは、何年も何年も生きて、いろんな気持ちになって
いろんなしわが顔に残ってきたのかもしれないね。


きのこ〜どこ〜のこ♪ と歌ったことも 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月12日(日)10時00分51秒

Naveさん、ありがとう。
これで少しすっきりしました。

>「ぶなしめじ」のところを、まちがえて「うらしめじ」と歌います。

私は「ほんしめじ」と歌って旦那に笑われました。(^_^;)∂<ぽりぽり

ただ、キノコの種類、これだけでしたっけ?
もっともっといろんな種類が歌われていたような気がするんだけれど。
それがテレビバージョンなのかな?



うううっ・・・、 投稿者:M  投稿日: 1月12日(日)11時29分41秒

>でも、ハイジの中で、「ししおどし」イコール「尿もれ」と定着するのも何だかなぁ。。。A^^;)

 私にもしっかり定着してしまったやん。
 ししおどしを見て漏らしてしまったら、みっきさんのせいだからね。
     < あ、漏らすのはくすくす笑いの声です。念のため。


いやぁ、そのぅ・・・ 投稿者:M  投稿日: 1月12日(日)11時39分40秒

>「何でみ○もんたさんは、顔がシワだらけなの?」 <そういうみ○さんが好きなくせに〜

 真っ直ぐなハイジちゃんだから、

>みのさんはお話も上手にしはるけど、
>話しことば以外に顔の表情で気持ちを表そうとするでしょう。
>顔全体をいろんな形にしていろんな気持ちを表すから
 
 笑顔も怒り顔も心配顔も、心をそのまんま映したものとして、真っ直ぐに受け取るから
 好きだと思うのね。
 
 因みに、
 ハイジちゃんと真反対で曲がりくねった性格の、とある人には、
 ”白々しくて横柄”と映ってしまうみたいで、
 あの手の人は苦手らしいよ。 


きのこの唄[正解編] 投稿者:Nave  投稿日: 1月13日(月)03時01分05秒

気になったので調べたら、やっぱり聞き間違えていました。
あたらずといえども遠からずだったということでご容赦を(^^ゞ
正しくはこちら↓
http://www.hokto-kinoko.co.jp/chokusoubin/song.html


保育園児がうたっているのは、たぶんニューバージョンの「バレエ編」

http://www.hokto-kinoko.co.jp/chokusoubin/cm.html

#そういえばマイタケが踊っているCMをテレビで見た記憶が…

ところでうちの子は、きのこの歌はご機嫌でうたいますが、
きのこは頑として食べません。
以前は好き嫌いなく何でも食べていたのですが…
きっと味がわかってなかったのね(^^;

最近、この子は、味に限らず、いろんな感覚の認知力がアップして、
物事への反応が格段に良くなりました(当人比)。
その副作用(?)で、雑多な刺激をカットできず、情報過多で
つらそう(耳ふさぎとか増えた)なのがかわいそうです。
ファンヒーター点火音(←今いちばん苦手で、
点火が終わるまで氷点下の土間に避難している)などの
生活音は無くすわけにはいかないし…
耳栓など使うと少しはラクになるのでしょうか。


わーい! 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月13日(月)05時58分28秒

Naveさん、ありがとうございます。
これですっきり、気分良く暮らせます。<大げさな・・・(笑)

二つのCMを見て分かりました。
私、二つの歌をごちゃ混ぜにして覚えかけていたんですね。
特に新作は早口だったし。
それで、覚えきれない感じになっていたんでした。
今度は覚えた・・・けど、早口はやっぱり歌いにくいな。(笑)

>最近、この子は、味に限らず、いろんな感覚の認知力がアップして、
>物事への反応が格段に良くなりました(当人比)。
>その副作用(?)で、雑多な刺激をカットできず、情報過多で
>つらそう(耳ふさぎとか増えた)なのがかわいそうです。

うちでも1年前くらいに、丁度そんな感じになりました。
本人の認知力が格段に伸びたのに伴って、
それがとても辛そうになって。うん、耳ふさぎも頻繁に出るようになりました。
それまでは難でもなかった音まで苦になり始めて。

でも、時間の経過と共に、理解力の伸びがそれを追いかけてきて
だんだん平気になってきています。
今も時々耳ふさぎはしますが、前のように辛そうじゃないです。
とはいえ、どうしても苦手な音(・・・というか、声。お兄ちゃんの怒った声がものすごく嫌い)があるので、
ソフトな素材の耳栓をネット注文で買いました。
お兄ちゃんは勉強をしていると機嫌が悪くなることが多いので
お兄ちゃんが勉強を始める、となると、自分であわてて耳栓を取り出すようになりました。(^_^;)
音を完全にシャットアウトすることはできないけれど、精神的に負担が違うみたいです。

参考に耳栓のサイトをご紹介。
ちなみに、うちで買ったのは、こちらの「サイレンス70」という商品です。

http://esearch.rakuten.co.jp/search/e.mh?url=%2Fkoken%2F423942%2F422515%2F413489%2F%23364316&shop=%A5%DE%A5%B9%A5%AF%B2%B0%A4%B5%A4%F3&surl=koken&sv=3

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


な、長すぎた・・・(^o^A 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月13日(月)06時00分55秒

下のURL、長すぎてジャンプしませんね。
コピペで全部写して、見に行ってください。すみません。


耳栓試してみます 投稿者:Nave  投稿日: 1月14日(火)02時37分24秒

朝倉さま
耳栓情報、どうもありがとうございました。
このソフトタイプなら、子供の耳にも納まりそうですね。
近所で手に入る耳栓は大人用のものばかりで、
どうしたものかと思っていたのです。

>でも、時間の経過と共に、理解力の伸びがそれを追いかけてきて
>だんだん平気になってきています。
うちの子も、きっとそうなるんじゃないかな、
という予感はします。
なんか、バランスは悪いのですが、
あっちへ転びこっちへ転びしながら、
雪だるま式に成長していくのです。


耳栓 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月14日(火)08時49分44秒

>このソフトタイプなら、子供の耳にも納まりそうですね。

うん、痛みとかはないようで、平気で装着しています。
ただ、私自身も試してみたのだけれど、耳の中に入れてから膨らんで元の大きさに戻るので
ちょっと圧迫感があるんですよね。
一日に何時間も・・・というような長時間の装着は、避けた方がよいかな〜、と思ってます。
うちの場合は、たいてい10分から15分くらいで、辛い時間を乗り切れるみたいで
あとは自分で耳栓をとってしまっているので、大丈夫なようですが。

>うちの子も、きっとそうなるんじゃないかな、
>という予感はします。
>なんか、バランスは悪いのですが、
>あっちへ転びこっちへ転びしながら、
>雪だるま式に成長していくのです。

その感じ、すごくよく分かります。
お母さんの予感、当たるんじゃないかな〜。
失敗も数多くあるし、トラブルもいろいろ起こるんだけど
長い目で見ると、それも成長のためにひとつのステップだったかな、なんて
思えてきたりもするんですよね。(^_^)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ありがとうございました 投稿者:のり  投稿日: 1月14日(火)10時24分35秒

以前、補聴器の取得について質問したのりです
詳しい情報、ありがとうございました

県内の聾学校に学期に一回のペースで教育相談に行っているんですけども
二月に教育相談をしてもらえるようになりました
私が教育相談に行くのは次回が2回目です
一回目はスピーチバナナとか聞き取り違いがどうしておこるかということを説明してもらいました。そのほかに呼気練習や舌、唇の訓練の仕方を少し教わりました。
A君は大学病院に受診しています。そこで、もしかしたら手術をすると聴力が改善できるかもしれないという診断だったんですけども、CTなどの詳しい検査をしてみると手術では改善は見込めないということになりました。
聾学校でも手術できるかどうかがハッキリしてから補聴器については考えましょうということだったので、次回の教育相談から本格的に補聴器取得に向けて動き出すと思います。
教育相談の時に、説明はあると思うんですけども、分からないことがあるときには投稿しますのでよろしくおねがいします。

A君は軽度の難聴と言うことです。A君は、その他の障害も併せ持っています。
言葉に関することでは、知的発達障害・巨舌症・気管切開などです。
気管切開していて声が出るの!?と思われるかもしれませんが、でるんです!
いろいろな障害を併せ持った子どもを担任するのは本年度が初めてです。(まだ2年目なんですけど)それで、周りの先生に相談したりしてなんとかやってきました。最近になってこのHPをみつけました。掲示板だと子どもの詳しい状況などが伝わらないと思いますけど、いろんなご意見を聞きたいと思ってます。

今、やりたいなと思っていることが
「〜は〜」「〜が〜」などの助詞・助動詞をいれたいなとかんがえています。
「僕は行くよ」「○○君は来たよ」というのがやっと出てくるようになってきました。
いつもは「僕 昨日 サッカー みたよ」とか「きのう テレビ みたよ」というように話してきます。これでも十分伝わるんですけども、これから先のことを考えると少しずつでも取り組んでいったほうが良いんじゃないかと思っています。
なにかいい指導方法があれば教えてください。

まとまりのない文章でごめんなさい。

掲示板過去ログ案内に戻る