2003年1月その3
日記の効力 投稿者:こんにちわに  投稿日: 1月21日(火)11時53分40秒

入学して落ち着いた頃の6月、「おしゃべりも文字も書けないけど、学校のことをネタに何とかコミュニケーションが取れないかしら」と始めた日記が思わぬ副産物をうみました。

日記を始めた頃は、その日の出来事の写真を撮って見せて、
○「だれ?」「どこ?」「何をしている?」の質問に対し、用意した単語カードを選択して答える。
○助詞カードを加えて、文に組み立てる。
ことをやっていました。とにかく、自分が過去に活動したことを報告するなんて高度なことは難しいので、これまでにできていた「写真の刺激に対し、応答する」ことを使いました。

それから、写真の枚数を増やして、今日行ったことの順に並べ、上と同じふうに文を構成していくと、何やら日記らしくなってきました。そうして少しずつ写真をなくしていき、コミュニケーションブック(使うだろう言葉を集めた手作りの本)を使いながら、書き込む内容(例えば、時・様子・感情)を広げていきました。

とにかく、自分がしたことを大好きな文字に置き換えられていく過程がおもしろいらしく、私との言葉のやりとりが楽しめるようになったり、自分から「にっき」を眺め、別の相手とのコミュニケーションを生むきっかけになったりと、毎日いろいろな発見があって嬉しかったです。

今では、日記の取り組みを2本立てにし、
いつもと違った活動をした日は、日記文のパターンを教えるために、
○質問して(音声あるいはブックで)答えてくれたことを単語カードに書いてあげる。書けそうな単語1つは模写する。活動内容は2〜3文程度。
○そのカードと助詞を並べて、文を作る。
○様子や感情語を尋ね、文として付け加えたり、絵に描いたり(模写や塗り絵の段階)する。

もう一つは「やりとり日記」と称し、
○いろいろなパターンの質問をして、言葉を引き出す。文字化して見せる・読む。
○音声で答えられそうな質問をする。(「だれ」「どこ」「何をした」「はい・いいえ」)
○感情語をより引き出すようにする。(例えば、大好きな○ちゃんがお休みした→さびしい、ジャングルジムからなかなか降りられなかった→こわい)

このような取り組み以降、自閉的傾向の部分の改善、日常での自発語の増加(質問に対する音声での返答、要求以外の挨拶や感情語等、いきたい場所・活動したいことの要求)が見られます。ハンデの大きい子どもでも何とかなる。。。日記の効力には正直驚いています。特に、やりとり日記は、日常での簡単な会話のパターンや感情語を教えるのに有効だと感じています。ですが、最近は、他の課題が多すぎて、週2回程度しかやれていません・・・互いに楽しんでやっている量でこれもよしかなと思っています。


習い事 投稿者:とも母  投稿日: 1月21日(火)14時57分55秒

こまったときだけカキコしてます。スミマセン。
ご報告が遅れましたが、先月、
トモ♂は2歳6カ月で知的遅れのない自閉症とあっさり診断がつきました。
2歳過ぎて、お名前は?とか、いくつ?とかに答えられるようになり、
もしかして心配しなくてもいいのかな??なんて期待しつつも、
単にパターンが入りやすい自閉症の特性そのものかもとも思っていたので、
やっぱりねーーー(-_-)・・・・。という感じ。
このパターンの入りやすさが、悪い方に働かないように気を付けないとなぁ、
と、あらためて気を引き締めておるとも母です。

ところでご相談したいのが、習い事についてです。
診断はでたものの、トモはリハセンの通園施設でのフォローはなく、
今後は心理の先生と主治医の先生の面談が、当面それぞれ
半年に一度くらいのペースで行なわれていくようです。
母としては、年少で入園するまでの間、まだ1年少々ありますので、その間に、
何かフォローになるようなことができないかなぁと思っています。
ちなみにトモは昨春から某全国規模音楽教室に通っていて、
歌を歌うのが好きなことと、母子一緒のせいかそれなりに参加していますが、
本人的にはそれほど積極的というわけでもないんですよね。
3月で現在のコースが終わるので、4月からどうしようか悩んでいます。
現在のトモは、言語理解はそこそこですが、
集団の指示には従いにくく、こだわりもけっこうあり、
みんなでいろいろなリズム楽器を叩くというようなときには、
毎回同じ楽器をつかんで放さなかったりするので
教室ではちょっとハタ迷惑をおかけしてるかもしれません(;^_^A 。
オムツが取れれば、水泳などもやりたいなと思っているんですが。。。
皆さんの中で、こんなの通ったよ〜っていうのがあったら、お話聞きたいです。
ぜひぜひヨロシクお願いします。


作文のこと 投稿者:カンガー  投稿日: 1月21日(火)17時03分06秒

>親の口述筆記がかなりの数含まれていると思う

実はね、冬休みの宿題ではなくて、学校の授業中に書いたものなんです。
だから、親は口出しできない状況なんです。
それを目の当たりにしてしまって、焦ってしまったわけで・・・。
確かにルーとそれほど変わらない子もいるにはいるんだけれど、やっぱり皆良く書けていました。
うちの子は文章を書くことは大好きだけれど、やはり話し言葉自体に問題があるから、それが原因かなと、思ったりします。
でも、今日持ち帰った、学校で作った「四月になったら」という作文は、

四月になったら、二年生になります。
○○ちゃん(一番仲良しの子の名前)と、先生と一くみのともだちと「またいっしょだといいな。」といいました。

そう書かれていました。
上手な文章ではないし、短いものだけれど、気持ちが伝わってきて、親としてはなんだかとてもうれしかったです。
言いたい気持ちが伝われば、それだけでいいなあと思えました。
先生のことやお友達が好きなら、それが一番だなあとほんとうれしかった。
良く書けたねと誉めてやりました。


習い事 投稿者:みっき  投稿日: 1月22日(水)01時19分40秒

とも母さん

うちも娘ハイジが2才の頃、某全国規模音楽教室に通ってました。
そのときの先生がとても子ども好きで、多動のハイジとも上手に付き合ってくださってましたので、
2年目のコースも行ったのですが、2年目から先生がビジネスライクでとても子ども好きとは
言えない人に変わって、居心地が悪くなりやめました。
先生との相性は大事です!

スイミングも1才から(オムツはまだとれてませんでしたが)、親子スイミングに通ってました。
1才だから、水着も男の子用の水泳パンツ。(笑)
最初は嬉々として水と戯れていたハイジでしたが、秋口になると、プールの水温が冷たく感じるのか、
大泣きして、プールサイドにしがみついて離れないので、そんなに嫌がるものを無理にやらせるのは
私も嫌だったので、7ヶ月通っただけでやめました。
その後、こんなことで水が嫌いになるといけないと思い、お風呂でめいいっぱい遊ばせたおかげで、
水嫌いにはならずにすみましたけど。どころか、海水浴に行けばふやけるまで海につかってます。

何か身につけられるような、本人にとって楽しい習い事はないかとずっと考えていて、
結局、ハイジは歌が大好きだったし、やはり音楽関係で楽器をやらせてみたいなと思い至り、
今度はグループレッスンではなく、個人レッスンで探してみました。
見学に行って、ハイジが興味をもつかどうか様子をうかがっていると、何度目かの見学のときに、
ハイジの手が動いていることに気づきました。
見学していたのは、初歩のリズムレッスンだったのですが、手がぴたりとそのリズムに合っている。
レッスン風景を見ている間に、覚えてしまったんですね。これは脈ありと、早速お願いすることにしました。

見学に行く前に、電話で「自閉傾向のある子どもですが、大丈夫でしょうか?」と尋ねると、
「1曲でも弾けるようになると、きっとお子さんも自信がもてますよ。是非いらっしゃい。
 先生方が数人おりますから、見学して相性の合う先生のところで習うといいですよ。」という
うれしいお言葉でした。

そして、ある優しそうで根気良く教えてくださる先生について、レッスン開始。
リズムレッスンはもう見学の時点でマスターしてしまってたので、曲も1曲どころか、
どんどん進んでいきました。(音がきれいかどうかは別として)

習い始めて今年で6年、7年目に突入です。4年目に一度中だるみになりましたが、
先生が絶対に無理をさせないで、長い目で見てくださるので、今はまたそれなりに
家でも練習をしています。嫌いではないのですね。
長く細くで構わないから、続けてくれるといいなと思っています。


音楽教室 投稿者:ガンコママ  投稿日: 1月22日(水)17時23分23秒

うちのガンコちゃんも2〜3歳の時行ってました。
(みなさんと同じとこかな?ひよこがキャラクターのとこ。)
その頃言葉の遅れが気になっていたのと、幼稚園入園前に少し
集団に慣れさせたいなと思って通わせることにしました。

うちの子も歌や踊りが大好きだったので、嫌がることはなかっ
たのですが私が期待してたのとはだいぶ違ってました。もっと
伸び伸びと音楽を楽しむ感じかと思っていたのですが、椅子に
じっと座って先生の話を聞く場面が多かったです。教室も狭く
てガンコちゃんはそれほど多動ではなかったのですが、きゅう
くつな感じでした。同じグループでも元気な男の子は嫌がって
ました。1年続けてやめました。

みっきさんの最初の先生はいい方だったということなので、
先生によってクラスの雰囲気もずいぶん違うのでしょうね。
うちの先生もあまり子供好きって感じじゃなかったな。

今はエレクトーンなんていいかなと思ってるのですが、
今後習うとしたらやはり障害児を教えた経験があるもしくは
理解があって気長に指導してくれるところにしたいです。
その方が親も精神的に楽だと思うので。


きゃあ〜 投稿者:カンガー  投稿日: 1月22日(水)19時31分50秒

恥ずかしい!
ルーの書いてきた作文は、完全に教科書のぱくりでした。
よくあることなんですよ〜。
今日、「もしかして・・・」と思って教科書を見てみたら、友達の名前やクラス、あと助詞が一文字違っているだけで、完全に同じでした。
はああ・・・。
またかい・・・。
見本があると、どうしても、そのまま書きたくなるみたいで、ほんとによくあること。
どうりで、いつもとパターンが違うなあと思ったわ。


寒いとギャグが冴えない 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 1月22日(水)22時13分33秒

寂しいねえ…ギャグがでないって

お稽古事ですか。
私はピアノを一年生からやっています。先生との相性が最強にいいです。
先生のお宅でやっている個人レッスンです。
ヤマ○系列の先生ですが、教材は使わず、先生が見ていいと思った
本でレッスンをしています。
音楽から果ては政治まで、空き時間でお茶のみながら話したり、
好きな楽譜が見つかれば持ち込んだりと、楽しくやってます。
最近はジャズに傾いていますが、クラシックでもポップスでも
ミュージカルでも何でも指導してくれる先生です。
(以前は宝塚の曲をちょっと遊んだり…)
ある日言われた一言「ほんとはタヌちゃんレベルだと
レッスン代がもっと高いんだけどねー」安い方がいいです。
歌も好きですよ。タヌキの隣にいれば音痴がばれないと以前言われました。
(私の声は大きい。そして、音程をはずすようなことがない。)

もうひとつのお稽古事(?)の剣道の先生は、いいところがあれば誉めてくれます。
悪いところがあれば、尾をひかずにぴしっと言う。
体重は減った(グラム単位で)。
合宿で良き先輩&同い年にめぐり合えた。
いいことずくめです。
ただ、金がかかるのよね。


ナゾタヌちゃんの 投稿者:M  投稿日: 1月22日(水)22時58分49秒

立ち入り禁止話もちょっとだけネタに使わせてもらうねぇ。
他にも、ここや教材情報掲示板やメールで頂いたネタ、満載!
只今、制作中です。
 
 名付けて、お笑いSST  < おい
     ↓

http://435.teacup.com/ma2ma3/bbs


公式 投稿者:まつこ  投稿日: 1月23日(木)13時50分16秒

>友達の名前やクラス、あと助詞が一文字違っている

ここに拍手したい。

少年は英会話の構文レッスンみたいに、日本語を操るようになったの。

そもそも「冬休みの思い出」や「4月になったら……」で
作文を書くこと自体がかなり紋切り型の課題だという気もしますので
お互い様かも〜♪


公式かあ 投稿者:カンガー  投稿日: 1月23日(木)15時55分54秒

そう言ってくださると、ちょっと救われます。
まだまだこれからってことで、親に焦りは禁物とわかっているつもりなんですけれど。
最近、もうすぐ二年生なのに、いろいろな意味で、このままでいいのかなと。
言えば出来るし、わかるのだから、もう少し強く言って聞かせたほうがいいのかなとか、叱ったほうがいいのかなとか、ちょっと親として甘いんじゃないかなとか、でも障害由来のことだから叱るのはかわいそうなのかなとか、親の気持ちがぐらぐらしてしまって、迷ってばかりです。
いわゆる子育てとしてというか、しつけとして、必要だと思う「叱る」という行為を、どこまでやってしまってよいのか、子供の成長とともに、だんだんわからなくなっていくんです。


お稽古事 投稿者:るんるん  投稿日: 1月23日(木)23時33分23秒

うちのPも音楽教室いってましたよーーー。幼児科はやりとげました。親も行って監視できるし、小学校の集団行動(とっても苦手)の予行練習もかねてって感じで。まわりのお母さんたちには『才能があるっていうのはP君みたいな子なんでしょうね』って言われるほど音感はよかったです。それに指を使うのは不器用なPには良い訓練になったし、自信にもなった様に思います。今は親がついて行けない年なので、辞めましたが、ピアノは続けてます。
スイミングも5才くらいから習ってます。初めはもぐるのも水をかけられるのもいやがってプールサイドに逃げてました。他の子の倍以上の時間がかかっていますが、今では(2年生)クロールを泳いでます。(習ってなかったら絶対泳げていないでしょう)専門のお医者様も『水泳はバランスが良くなるのでP君みたいな子にはいいらしいですよ』といってました。小学校でも必ず授業であるのでお勧めですね。


ずるだと思ったの? 投稿者:まつこ  投稿日: 1月24日(金)10時42分33秒

価値観は人それぞれなので
一概には言えないでしょうけれども
私には

>障害由来のこと
について
>しつけとして、必要だと思う「叱る」という行為
で対応できるとは思えないんですけど?

「叱る」べきときはありますよね。当然。しつけは必要ですよね。

一人の人間で「障害由来のこと」と、一般的な成長とは判然としませんから
私にも迷いはありますが
どんな課題でも彼の独特のニーズを踏まえての対応になるだろうと感じます。

叱ってできたりわかったりするんなら簡単なんだけど〜


うん、迷うよね 投稿者:sara  投稿日: 1月24日(金)13時27分10秒

しつけと療育の部分が、複雑に絡み合う部分があるよね・・・
どっちにしても、人として育てていく部分は一緒なんだけど。

叱る時もあるよね?
うちの場合は、危険な時かな?

↑以外の時は、なぜそうしたんだろう?って、考えた方が近道って、最近気がついたの。

していけない事を知らなかった。
しなければいけない事を知らなかった。
する方法を知らなかった(方法を誤解して知っていた)
知ってはしたけれど、忘れてた(その時は、浮かばなかった)
したら、どうなるかを考えることが難しかった。
・・・・

それを、踏まえて、どうしたらいのかの代替案を考えるかな?(公式?)

>↓の作文の場合
自分なりに考えた行動だと思うけど

書かなければいけないことはわかってるけれど
ルーちゃんには、どうやって書いたらいいのかわからなかった。
そこで、お手本を使って書いたんだと思うけれど。
自分なりの公式を使ったのよね。
 


んっと 投稿者:カンガー  投稿日: 1月24日(金)15時41分02秒

ずるだとは思わなかったけれど、どうしていくら説明しても、同じことを繰り返すのかなとちょっとイライラっとしてしまったんです。
自分で文章を書く力がないわけじゃないのに、どうしていつもまねばっかりするのかな?
それが好きなのかな?
でもそればかり続けていくことはこの先できないんじゃないかな・・・と。
もちろん、最初に誉めてしまったので、あとから叱るなんてことは混乱のもとだから、しなかったのですけれど。

叱るということは、この件とは別件で、授業中いけないことだとわかっているのに、ぶつぶつしゃべったりしてしまうこととか・・・。
授業中静かにしなくちゃいけないことって、言ってみれば学校内の常識で、皆が出来ていることで、ルーだけ出来ていないと先生から言われました。
障害由来のことなんだけれど、しつけ(その場の常識を教えると言う意味の)として、ある程度我慢するように言い聞かせてきたけれど、どうしても出来ないみたいで、私が甘いのかなあ、なんて思ったり、仕方ないのかなと思ったり、最近そんなことがちょっといろいろあったものですから。
話してみると、本人はわかってるみたいなんですね。
いけないことをしているってことは。
でもやるってことは、本当にどうしようもないことなのか、それとも「叱る」ことである程度は本人に我慢する力が出来てくるのかなと思ったりもして、迷うのです。

知ってはいるけれど、我慢できない・・・ということでしょうか。

>それを、踏まえて、どうしたらいのかの代替案を考えるかな?(公式?)

どうしたらいいのか、考えてみます。

皆が迷惑してしまう・・・という先生の言葉に、やはり親としてやれることはやらなくちゃと思うんです(涙)。


理由はいろいろ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 1月24日(金)17時29分12秒

例えばの話ですが、

>授業中いけないことだとわかっているのに、
>ぶつぶつしゃべったりしてしまうこととか・・・。

声が出ている事に気がついてない場合もあるのよね。

注意されて初めて気がつく。
   ↓
いけない事だと知っている。
   ↓
自己嫌悪に陥る。

という人を知ってるので。

どうしてぶつぶつしゃべるのかというところから、探る必要もあるかも。
どんな事でも「いけない事をしているから止めさせる」前に、
どうしてそうするのか理由を探ると、解決策が見えてくる気がします。
理由がわかると、周囲が妥協できる事もあったりするし。


うーーんと 投稿者:sara  投稿日: 1月24日(金)17時33分20秒

知ってはいるけれど、してしまう(無意識で)ような気がしないでもない。
だから、叱る事で、ひとり言を我慢できるかどうかは、ちょっと疑問。

いつかは、授業中のひとり言も目立たなくなるし、なくなってくると思う。
時間がかかるけどね。
ただ、24時間全部のひとり言がなくなるかどうか、
また、なくなるようにする事がルーちゃんにとっていいことかどうかは・・・わからない。
次郎君、養護の試験の時「うろうろしてきていい?」と言ってた(ひとり言付きです)
そうすると、落ち着くんだって。
言ってもいい時間や場所も必要なのかもしれないなぁ・・・。

先生に言われると、気になるよね。私もそうだった。
でもね、代替案がすぐに見つからない時には、
「話してみます」と言って対応している素振りをすることも、ひとつの代替案かもしれない。
(ここにいらしてる先生方、読まなかった事にしてくださいませ)



ぶつぶつ言うわけは 投稿者:カンガー  投稿日: 1月24日(金)23時51分37秒

たぶん、不安だから・・・かな?
声を出すことで落ち着こうとしてるんじゃないかと私は思っています。
ほんとのところはわからない。

私もね、パニック障害で、乗り物に乗れない。
きつく叱られても、乗れないものは乗れない。
だから、不安でぶつぶつ言うなら、叱れないな。

あとね、私は爪を噛む癖があるの。
それはね、叱られるとやめられるの。
なんとなく噛んでしまうのだけれど、我に返るとやめられる。
そういうものなら、叱るのも有効かな・・・。
原因をさぐるのも、難しい状況ですが、がんばって話し合ってみます。

それから、家では独り言は許しています。
要するに、人の迷惑にならない場所ならいいのです。
クラスの皆がルーの独り言で迷惑しているということが問題で、誰も迷惑していないのなら、問題ないと思うのです。


その一言はグッサリ 投稿者:みっき  投稿日: 1月25日(土)01時33分54秒

迷惑と言われてしまうと、みもふたもないですねぇ。
親も子も傷つくなぁ。

>たぶん、不安だから・・・かな?
>声を出すことで落ち着こうとしてるんじゃないかと私は思っています。

不安感から安定のためにひとりごとを言うなら、ひとりごとを止めることが本当の意味で
解決にはならない気がします。
「授業中」「静かにする場面」って、いちばん緊張するわけだから、落ち着きたくて
ひとりごとが出てしまうのは、ルーちゃんが不安や緊張からの回避策を自然と
身につけてるってことになりますよね。

何か代替案があるといいですけど、今すぐどうこうできるものでもないかも。
先生の方で、「迷惑」と思わずに「緊張してるのね?」「だいじょうぶよ。」などと、
落ち着かせる方向で考えてもらったら、他の皆も「迷惑」だと思わないでくれると思いますが。
でも、先生にそう伝えても、言葉鵜呑みにルーちゃんに「落ち着いてね!」ってダイレクトに言葉かけされたら、
押し付けがましくなって、かえって緊張しちゃうかもしれないですね。A^^;)
いい案が浮かばなくって、ごめんなさい。


みっきさん 投稿者:カンガー  投稿日: 1月26日(日)07時46分45秒

ありがとうございます。
「月曜日はがんばる」と本人が言っているので、見守って行きたいと思います。
「がんばらなくていいよ」って言ってあげるのが、正解なのかもしれないけれど、今の私には言ってあげられない。
折角本人ががんばるといっているのだから、もう少しだけがんばらせてみます。
それでもだめだったときは、できる限りのフォローをしてやって、自己評価が下がらないように、考えていきます。
先生には、何かお願いするということが難しいので、なんとか家で対応したいと思っています。


遠足で、 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 1月26日(日)20時42分13秒

立ち入り禁止の札が立っているところにわざわざしゃがんではいるのは私です。
怒られますが。
あと、「踊り・書道」を踊りながら書道をするのかと思っていました。
曲芸ですね。

はいはい、前置きは置いといて。
今年に入って嫌なこと思い出しました。
毎週月曜日と水曜日は五年生の音楽があるんですが、
和太鼓が毎回あるんですよ。
対策として、表を作り、音楽の先生に和太鼓のある時間帯に丸をしてもらい、
その時間帯は耳栓をして、空き教室で勉強する事が確定しました。
が、
ふと思ったのは中学のこと。
もし、「和太鼓を通じて 分かり合える 心と心」みたいな標語を掲げているところだったら、
(実際市内の中学校はそんな感じのところがある)
つらいを通り越して怒りにかわるんで、今の内に話をつけといたほうがいいと母と言っています。
通学予定の中学校はかなり曲者揃いらしいですから。
どぞ、お知恵宜しく。

母が、「教ざい情ほう掲じ板」のほうに、なにやらカキコんでおりました。


注意集中 投稿者:謎のタヌキの母  投稿日: 1月26日(日)20時43分03秒

ちょっと前のことになります。
11月の終わりに、Dr.がわざわざ電話をしてこられて、「謎のタヌキの弟くんに注意集中のテストを受けてもらいたいんですけど・・・」と。
なんでも、そのテストはこれから世にでるらしく、テストのテストにお声ががかったようです。なんでうちにお声がかかったかというと、深い意味はなく単純に、テストをする会場まで、うちから歩いていける距離(実際はチャリンコで行くのですが)だからだったらしい。
謎のタヌキの弟は、「がんばるぞー!」とはりきり、謎のタヌキは、「なんで?なんで、私をさしおいて弟に声がかかるわけ?ちょっと、どうなってるの?私もしたい!」とわめきまくるので、Dr.にお願いして、謎のタヌキもテストをさせてもらいました。普通「テスト」って言われると、身構えるものらしいのですが、うちの二人は、ルンルンでした。謎のタヌキなんか、Dr.にプレゼント用の得意の立体折り紙工作をせっせと作って、持参しました。
「医療の力」をかりるって、病気?、みんなと違う?、なんか悪いこと?って、ちょっとひいてしまいそうですが、うちは何故か、今のところ明るくクリアしています。これはDr.のお人柄ゆえです。
テストの内容は詳しく書けませんが、耳と目と手をフルに使います。子ども向けなのでゲームみたいなもんです。目からの情報処理に専念したいところに、耳から邪魔がはいるとか、いろいろ邪魔がはいるのですが、めげずに課題にとりくまなければなりません。
子どもがしてる部屋で、保護者の私はみてるだけかな?と思ったのですが、「お母さんもどうぞ」って問題用紙とペンをわたされたので、私も思わず必死でやってしまいました。
「ふふふ、なかなかいい調子」なんて思って、ふっと「さて、今日の晩ご飯は・・・」なんてことが頭にうかぶと、とたんにエラーです。私って、こんなに注意集中できない人だったのね・・・トホホ・・・って感じでした。
私の分は、回収されなかったのですが(よかった!)、そのうちDr.に結果をきかなくちゃと思っています。


娘のことで・・ 投稿者:ねこじた  投稿日: 1月27日(月)01時32分10秒

こちらでは「はじめまして」です。ねこじたです。
4月で4才、今年から幼稚園に入園する娘の事で、相談します。
(小2のADHDの兄がいます。)
娘の行動で最近気がかりな事が有ります。
私や夫に怒られたとき、気に入らない事があったとき
などに、すねて泣くのはいいんですが、
「しゃべらなくなる」「犬や猫のような奇声を上げる」というのがあります。

何か有ったときに、言葉で自分の意思を伝えられないで、
奇声を上げたり、返事もまともに出来ない。
機嫌がいいときだけ、よくしゃべる・・。
そして、この間、幼稚園の1日入園の時に
先生のいう事も聞かず、自分の好きなように振る舞い
部屋を出て園庭で遊ぶ。友達とも関わりを持とうとしない。
ということもありました。

考えてみると、あんな兄がいて、うつ病の母がいて
外で遊ぶ事も少ない。友達と接する機会も無いので、
娘にも相当なストレスがあり、情緒面で
何らかの異常?が出てきてもおかしくないのかもしれません。
ネットで調べたら「緘黙」というのがあるのをしりました。
娘もそうなのでしょうか。。。
もし、そうだとしたら、これから娘にどう接したらいいんでしょう・・。
幼稚園入園を控え、何だか心配になってきてしまいました。


作文 投稿者:  投稿日: 1月27日(月)12時27分21秒

おひさしぶりです。作文ネタが続いていたので書き込みしたくなりました。

作文というより日記ですが、小学校低学年の頃はこんな文章ばっかりでした…。その日1日をひたすら羅列。

「今日は○時に起きて、それから朝ごはんを食べました…(略) 7時にテレビを見て夕ご飯を食べました。△△がおいしかったです。それからお風呂に入って寝ました」

その都度、特に何も思わない、もしくは何か思っても気がつかない、覚えていられないからかなぁと今は思います。そのくせ記憶力は良いので、起こったことを全部書き尽くそうとするので、こうなってしまいます。

今は思ったことを意識できるようになったので、それなりに日記は書けます。
トピックを意識した作文・小論文はやはり苦手なままなんですが、構成を考えるためのメモに力を入れることで、かろうじてなんとか書いています。

思えば、子供の頃の作文の授業って、いきなり「感じたことを書きなさい」→立ちはだかる白紙の400字詰め原稿用紙、なんですよね。書けるわけがない。
書きたいことをメモにして書く→並べ替えてみる→付け加える→だいたい固まってはじめて文章を書く、というような小プロセスにしてもらわないと、発達障害系の子にはきついです。

大人向けの「文章の書き方」本には、だいたいこのプロセスについて書いてあるのに、どうして教育では思ったことをいきなり書く、という方式なんでしょうね?
大人になって論理的な文章を要求されるときに、障害のない子でもつまづいているんだと思うのですが…。


本の利用 投稿者:カンガー  投稿日: 1月27日(月)12時39分39秒

「イラスト版学習のこつ」という本があります。
「紙を折る」とか、「椅子に座る」とか比較的簡単なことから、「角度をはかる」とか「彫刻刀・バレンをつかう」とか「グラフにあらわす」というようなことまで図解で載っています。
「給食の配膳をする」とか「体操服をたたむ・袋にいれる」とか「掃除をする」など、学校によってやり方が違うのかなと思うものは、使えませんし、ほんとにこれが正解?と思うものもあるのですけれど。
その中で「落ち着く」というのがあって、
@自分で落ち着く
動きをとめ、背筋をのばして座ります。
話をしません。
考え事をしません。
呼吸を整え、気持ちを静かにします。
Aこれでは落ち着けない(悪い例)
教室へ駆け込む。
あわてて準備をする。
おしゃべりをする。
何かにこだわる。
B全員が落ち着く
全員が落ち着くと、教室が静かになり、すぐに授業をはじめることができます。
1人でも落ち着かない人がいると、みんなが気持ちを静かにできません。
C非常時でも落ち着いて

ひとつずつ絵で説明されています。
1人だけおしゃべりしている子がいて、周りの子が心の中で「だまってくれないかなあ」「うるさいなあ」。はっきりと「静かにしろよ!」と言っている子もいます。
多分、今のルーの状況そのもの。

本を見せて、なんども説明しました。
本が大好きなルーは嫌がらずに何度も何度も読んでいました。
健常児対象の本ですから、場合によっては、子供や親にぐさっとくる内容もありますが、目で見てわかるという意味では、ルーにはわかりやすいかなと思って購入しました。


(無題) 投稿者:sara  投稿日: 1月27日(月)17時16分53秒

>何か有ったときに、言葉で自分の意思を伝えられないで、
>奇声を上げたり、返事もまともに出来ない。
>機嫌がいいときだけ、よくしゃべる・・。

さぶ君(年長さん)と娘(中2)が、そんな風でしたよ。
うちには、子どもが4人います。
怒られた時の反応も、それぞれ・・・
すぐに泣いて謝る子・黙って固まる子、いろいろです。
すぐ泣いて謝るから、わかっているかと言うとそうではありませんし
黙って固まるからといって、わかってないわけではありません。
こどもの個性でしょうね。
今では、2人とも・・・うるさいです(笑)

娘さんと向かい合える時間に、向かい合ってはいかがでしょうか?
できる時に、できることを・・・で、いってはいかがでしょうか?
あまり、無理しないでくださいね。

ご心配ならば、お兄さんのかかりつけのドクターに相談してみてもいいかもしれません。


LDと視機能 投稿者:ススワタリ  投稿日: 1月29日(水)01時07分32秒

初めてカキコします。
書くことが苦手、板書の写しが遅い
などの原因が単に斜視や近視、遠視などが原因でなく
目の動きというか動かし方がスムーズに行なえなくて
遅れをとってしまったり、飽きっぽくなったりしてしまうこともあるようです。
アメリカなどではそのための視機能訓練が有ったりするそうです。
そんな内容のHPどなたかご存じないでしょうか?(日本語でないと読めません…苦笑)


saraさん 投稿者:ねこじた  投稿日: 1月29日(水)10時23分05秒

ありがとうございます。
>怒られた時の反応も、それぞれ・・・
>すぐに泣いて謝る子・黙って固まる子、いろいろです。
>こどもの個性でしょうね。
と言っていただいて、少し気が楽になりました。
息子がそうだったように、娘も幼稚園で友達と触れ合う中で、
大きな成長をする事を信じて、入園までの時間を無理せずあせらず、
娘と過ごしたいと思います。


Re:LDと視機能 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月29日(水)14時01分03秒

>ススワタリさま

えじそんくらぶのブックレットに
『ちゃんと見えているかな?
 <視覚の専門家オプトメトリストからのメッセージ>〜改訂版〜』(定価400円)
というものがあります。

視覚性ディスレキシアの専門家であるオプトメトリストの方が書かれています。
視機能に関しては
「3つの視機能」という章の「入力機能」という項目に
 遠方視力/近方視力/両眼視機能/眼球運動機能
がのっています。
他に「視覚情報処理機能」「出力機能」という項目もあります。

具体的なトレーニング方も出ていますが、
これがススワタリさんのおっしゃる視機能訓練ではないかと思われます。

注文はえじそんくらぶのHPの「参考図書」のところからできます。
直接情報が載っているHPではないのですが、参考になりましたら・・・。

http://www.e-club.jp/


Re.Re:LDと視機能 投稿者:ススワタリ  投稿日: 1月29日(水)22時17分55秒

>朝倉玲さま
紹介のレスありがとうございます
一度読んでみたいと思いますので
取り寄せてみます。


言葉が出て会話ができるようになりました! 投稿者:まり  投稿日: 1月30日(木)16時47分16秒

こんにちは!
去年の11月、息子の幼稚園入園選考の際、上の子供の通っている幼稚園ともめて、
悩んだ末、別の幼稚園に通わせることを選んだ母親のまりです。

あの時は、皆様から心のこもった温かいご意見をいただきました。
どうもありがとうございました。
今でもあの一件を思い出すと,切ない気持ちになりますが、
貴重な経験(?)をしたことで、いろんな意味で自分が強くなったように思います。

息子は3歳10ヶ月になりました。
年が明けてから言葉が増え始め、はっきりと発音できない言葉もありますが、
今では、言葉のやり取りができるようになりました。
親として、嬉しい喜びです。

幼稚園の園長先生から
「入園選考で私のやり方が良くなかったことを反省しております。今でも心を痛めています」
という内容の年賀状が届きました。
私としては、別の幼稚園を選んでよかったと思っています。後悔はありません。

ただ言葉の遅い子供を持つ母親の気持ちを、
もう少し考えて、対応して欲しかったと思うのは間違いでしょうか?
このことをどうしても園長先生に伝えたくて、
上の子供が三月に卒園したら、手紙を書こうと考えています。

今でも、息子は言葉の教室に通っています。
同じくらいのお友達とグループで、STの先生と母親たちと遊んでいます。
私も同じ悩みを持つお母さん方とお話しでき、息子も思いっきり遊ぶことができるので、
とても楽しいひとときをすごしています。

STの先生から、「落ち着くにはもう少し時間がかかる」といわれています。
でもどうにかやっています。

「子供の言葉が遅いことで悩んだことが、後で笑い話になるから、、」
と義母に慰められたことがあります。
私としては「笑い話」で終わりにしたくありません。

今回のことで、もっと専門的に勉強して、
少しでも私と同じような立場の母親の皆さんの、
何かお手伝いができればいいな、と漠然と考えるようになりました。
どんな小さなことでもいいんです!
この年齢から始めるには、無理かもしれないけれど、、、。

掲示板過去ログ案内に戻る