2003年4月その2
テレビ番組のご紹介。 投稿者:ペンギン  投稿日: 4月20日(日)12時41分20秒

5月7日、14日、21日、28日に、NHK教育テレビ福祉ネットワークで「自閉症の子どもとともに」が放送されます。

@「行動を理解する」・・・自閉症の理解と障害の受容
A「コミュニケーションの力を育てる」・・・受容性コミュニケーションと表現性コミュニケーションの指導とその意義
B「家庭を暮らしやすく」・・・家庭の中の構造化の工夫と問題行動への対応の原則
C「トーク・「光」に込めた思い」・・・漫画家、戸部けいこさんを招いてのインタビュー

詳しくはリンクをクリックして、下さい。

http://www.nhk.or.jp/fnet/calendar/index_next_m.html


下の情報 投稿者:朝倉玲  投稿日: 4月20日(日)15時36分13秒

うちの掲示板に転載させていただきました。m(_ _)m

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/cgi-bin/ryoiku/light.cgi


初めまして 投稿者:野木  投稿日: 4月20日(日)21時06分22秒

私は、今年から非常勤として特殊学級の補助をしています。現在、自閉症の児童の学習指導と給食介助をしています。上手くできなくて、児童に迷惑と自分自身の力のなさを痛感しています。このサイトを見て勉強していこうと思うので、よかったら皆さんのご指導をお願いします。


今は、 投稿者:M  投稿日: 4月21日(月)23時33分53秒

 そうやって、
 指導者が自力で学んでいくしかないんですよね。

 学ぶことをせずに、
 今までの常識や知識、経験にだけたよっていると、
 とんでもない間違いを犯してしまうかもしれません。 


自閉症の児童 投稿者:カンガー  投稿日: 4月22日(火)07時22分21秒

といっても、皆、違います。
診断基準があるわけだから、同じところは、ほんとに同じなんだけれど。
具体的に、学習指導と給食介助のどんなところが上手くいかないのか、書いていただければ、きっと経験談をたくさん聞くことができるのではないかしら。
勉強しよう、教えてもらおうという姿勢を、先生が持ってくださることは、親として本当にうれしいです。
どうもありがとうございます。
いろいろ大変なこともあるでしょうけれど、どうか子供たちのことをよろしくお願いします。


基本 投稿者:まつこ  投稿日: 4月22日(火)13時33分06秒

>非常勤として特殊学級の補助
(^。^;)…………
大変ですね。
大丈夫ですか?
……というのは自閉症の子は一般的な関わり方で人間関係をつくろうとしても、
拒否されるか、するりと身をかわされて取り付くしまがないということが多くて
「情緒的な見返りがなかなか得られない」ので、指導はとても辛いです。

そのお子さんが何が好きで何が嫌いか
どういうときにどういう反応をするか
何をどんな風に見て、感じているか、
保護者やこれまで関わってきた先生方から情報を集めるとともに
ご自身の目でそのお子さんがその時何をどう感じどう考えて行動しているのか
しっかり観察してください。
これまでの常識や一般的な子どもがどうかといいうことと切り離して
そのお子さん自身をしっかり観てあげてほしいんです。

「人間関係を作ることがうまくいかない」ことが障害の根本である自閉症児と
関係を作るには、
心身ともに侵襲的にならないように、大きな風船を間に挟んでいるような気持ちで
と、この掲示板で、sadakoさんという先生から教わりました。


はじめまして 投稿者:もっきゅ  投稿日: 4月25日(金)16時59分34秒

はじめまして。もうすぐ8才の子を持つ母です。去年、2学期に入ったとたん、「もうがんばれって言うなっ!」という悲鳴とともに、不登校になりました。7年間、常に「おかしいな」と思い続け、でも誰にも言えずにいたのですが、思い切って精神科に連れて行きました。そこでは「軽度発達障害」と言われたのですが、専門ではないので他に行くように言われ、行った先では「自閉症の疑い」でした。診断名があやふやなこともあり、主人をはじめ、自分の両親、主人の両親と姉弟、そして学校の先生や父母(特に幼稚園からのお母様方)の理解が得られず、結局は私の「躾のしかた」で片づけられています。〈母子分離ができない〉、〈家ではうるさいぐらい話すのに外では話さない〉、〈初めての場所や人、ほんの少し慣れた場所や人の前でも、固まったり、逃げようとする〉、〈家では落ち着きがなく、片づけができない〉、(集中が続かず、次々と違うことをしだす)、(突発的な行動に対し、奇声をあげたり、暴れたりする)、これが主な症状です。これからどうすればいいのか、途方にくれる中、ここを見つけたので、書き込みしてみました。


(無題) 投稿者:みーちゃん  投稿日: 4月26日(土)22時59分29秒

はじめまして構音障害、言語発達遅滞で調べていたら、たどりつきました.7歳の息子(小2)の事ですが、4才の時に、言葉の遅れが、気になり調べた結果左側頭葉低形成(珍しいとのこと)とわかり、構音障害、言語発達遅滞の疑いと診断されました。約3年間言語治療士に付き言葉の教室に通いましたが、この春、晴れて?卒業しました。現在通級のかたちで言葉の特殊学級に通ってます。いまだに、発音が悪く、聞き取れない時もありますが、だいぶ会話出来るようになりました。幸い今までいじめには、あっていませんが、「お前何言ってるかわかんないよ」とか「英語しゃべってるみたい」など、いろいろ言われてきましたが、本人が、ぜんぜん気にしていないことが、よかったと思います。知能の遅れは、ありませんが、言葉の遅れがあるため国語が苦手です。将来どうらるか、心配です。こういった事例ってあるのでしょうか?


はじめまして 投稿者:ちゃぴ  投稿日: 4月27日(日)00時07分31秒

アスペルガー症候群を調べていてこちらにたどり着きました。
昨日、病院の方で「アスペルガー症候群」と診断されました。 現在小学校6年で、普通学級に在籍しながら週に1日(午前中の2時間)だけ「言葉の教室」というところに通っています。
5年になってから普通の学級でのいじめがひどくなり、2学期3学期には不登校になってしまいました。進級して担任の先生も代わり、気を取り直して学校にいったのですが・・・待っていたのはみんなからのいじめでした。
2時被害の傾向も強いとの事でしたので、今からでも特殊学級に移ったほうがいいのだろうか・・・と、悩んでいます。
正直言って、まだ考えが整理できていない状態なのですが皆さんの経験や考え方を参考にさせていただけたらと思います。


えーーと 投稿者:ぴいママ  投稿日: 4月27日(日)10時00分29秒

みなさーん、連日、はじめましての方がみえていますよ。
とりあえず、いらっしゃいませ、もっきゅさん、みーちゃんさん、ちゃぴさん!
新学期が始まって約一ヶ月、こどもたちの新しい環境の様子がわかってくる頃ですね。

もっきゅさんのお子さんの
>「もうがんばれって言うなっ!」
という言葉が胸を締め付けます。一生懸命がんばってるのに、つらかったでしょうね。
今も学校には行っていないのですか?
身近な方々の理解もないようなので、もっきゅさんとお子さんのホッとできる居場所は
あるのだろうか?と心配です。


はじめまして 投稿者:朝倉玲  投稿日: 4月27日(日)16時58分44秒

もっきゅさん、みーちゃんさん、ちゃぴさん。ようこそ。
古狸の1匹、朝倉と申します。
小学2年生のADHD男児の母です。

アスペルガーや自閉症に関しては門外漢なのですが
今は新学期シーズン、さらGWに突入した時期とあって
なかなかレスが集まりにくいかもしれないので
とりあえず、参考になりそうなサイトをご紹介しておきます。


☆あたらしい自閉症の手引き
 http://www.nucl.nagoya-u.ac.jp/~taco/aut-soc/rainman/#sc


みーちゃんさん

うちの息子もことばが遅れています。
会話はずいぶんスムーズになりましたが、幼児発音がまだずいぶん混じっています。
徐々に発達していくのを待っているところです。

とにかく、子どもに聞き取りやすい話し方、理解しやすい内容を心がけ
相手のことばにも、聞き取りにくいなりに、一生懸命話を聞いてきました。
それしかなかったし、これからも、そうして行くしかないだろうと思っています。
でも、そうやって、たくさんコミュニケーションができたという経験が
将来のことばのためにきっと役に立ってくるだろうとも思っています。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ちゃびさんへ。 投稿者:月代  投稿日: 4月28日(月)10時00分24秒

はじめまして。高機能自閉症の娘(小2・中2)の母です。
子どもの状態、親の考え、学校などなどで一概にどうしたらよいかとは言えませんが、ウチの長女の時の事を書きますね。

ウチの長女(普通クラス)は、小4の頃から学校へ行きたがらなくなり、遅刻から登校拒否へと進んで行きました。
小4小5では、クラス内でのトラブル、でもそれは私とクラス担任の対応で、なんとか乗りきって来ました。
小6では、学校ではリーダーと言う事もあってトラブルが多くなり、特に小5の男子からの罵倒が恐ろしくて、子どもを見るとパニックになり、6月から学校へ行けなくなりました。

障害児クラスへの入級もお願いしてみたのですが、我校では受け入れられませんでした。
鬱、昼夜逆転、パニック障害、拒食などなど、いろいろありましたが、最後には、生活パターンをきちっとさせる事だけに重点を置きました。
それでも、小学校卒業まで、昼夜逆転は直りませんでしたけどね。(^^ゞ

週1回一時間の「ことばの教室」への通級だけは、授業中の子どもの姿が見えない時間に裏口から学校へ連れて行って帰って来ると言う、泥棒のような事をしていました。(爆)
実は、「ことばの教室」のない日も、「ことばの教室」に私といっしょに行っていました。
(「ことばの教室」が、よく空いている学校だから。(-_-メ))
唯一、学校内では、そこだけが娘の落ちつける場所だったから。
毎日、学校へ行くと言うパターンを壊したくなかったから。

実は、これは学校が快く受けとめてくれていたわけではありません。
私がいっしょに行っていると言う事、娘の登校拒否に学校が対応出来ない事などから、私のやってる事に対しては、学校側は、ほぼ放任していた状態でした。
娘は、皆と同じように教室に行っていない(行けない)と言う事に対しては反発しました。
かと言って、保健室は病気じゃないから行ってはいけないと思いこんでいましたから。(^_^;)
でも、「ことばの教室」だけは、「お母さんがつくった教室だから、来ていいんだよね。」と変な理屈で通い続けてくれました。
私は目が点(・。・)になるような事をよくしますので、あんまり参考にならないかもしれませんが・・・。(ーー;)

今は、理解のある中学校(障害児クラスですが)で、充実した(皆勤賞)毎日を送る長女です。
開けない夜はない!(^^)


障害児クラスと普通クラス。 投稿者:月代  投稿日: 4月28日(月)10時24分45秒

どちらにするかと言うのは、とても難しい事だと思うの。
そのつど、子どもの状態と子どもの将来、学校の対応、親の考えといろいろと考えなければいけない事がいっぱい。
そして、どちらかのクラスに籍を置いていても、いつも子どもへの対応は考えなくてはいけない事がいっぱいなのが障害児(健常児でもそうね。)なのではないかな。

長女の事を書けば、必要があって「障害児クラス」に籍を置いてますが、高校は皆と同じ普通の高校に進学する予定です。
今のままの状態では、パニックがあってかなり苦しいです。
その度の対応は、毎日、先生と私とで、生活ノートで意見を交換しています。

一時は高校進学の事もあって、健常児並にと考えていた事もあったけれども、今は我慢させるところは我慢、先生に対処してもらえる所は甘えてと折衷案をとっています。
後2年、先生にわからない事(特に生活面で)は、いっぱい教えてもらって、パニックを少なくする事を目標にしています。
明日を信じて!<まあ、なるようになるわ〜、なるかな???(ーー;)


うちの場合 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 4月28日(月)11時03分24秒

小2の冬に、「学校はやめた」と宣言。
どうして学校が嫌なのか聞いて見ると、
「臭い」「うるさい」「頭がおかしくなりそう」
人間関係とか、いじめとか以前に、「生理的」に耐えられないという事が判明しました。
とても臭い(人間がたくさんいると臭いそうです)教室で、
色んな音がしてうるさくてたまらない事を我慢しつつ
みんなと一緒に課題をこなす事はできないと、本人が教えてくれたのです。

4年生の現在、情緒障害児学級に毎日元気に通っています。
この先、どうなるのかは分からないけど、障害児学級に籍を置く事で、
毎日充実して楽しく過ごせるようになっています。

前途多難ではありますが、やはり「なるようになるさ〜」という心境ですわ。


同じ小6です 投稿者:ままはっち  投稿日: 4月28日(月)14時30分51秒

少6のアスペ男児です。普通クラスです。
授業は普通に受けて、休み時間の多くは保健室や障害児学級で過ごさせてもらっています。
問題が起こるのは休み時間が多いので、休み時間教室にいないようにしてます。
昨年いじめっ子の標的にされるということがあったのですが、
その時は休み時間、職員室のソファで本を読んだり、落書きしたりもさせてもらってました。
先生の目のあるところが一番安全なので。

いろいろありますが、学校は嫌いではないようで毎日行ってます。
大勢の中で疲れるようですが、休み時間一人で静かな場所(保健室)で
自分の世界に浸れることで安定できるようです。

賑やかでバタバタ走り回ってるようなうるさい男子が苦手なのですが、
男子の多くはそういう感じなので男子は嫌いだそうです。
男子の中にはいじめということでなくても手や足がすぐに出る子もいますので、
そういう苦手な友達となるべく接触しない場所で一人でゆっくりできる休み時間は
貴重です。先生と女子は優しくしてくれるので大好きです。

来年中学校ですが、
同じようなスタンスで中学校生活を送ることになると思います。
でも、と〜っても心配してます。
今から打てるだけの手は打っておきたいと思います。

本人も「そんな態度じゃそりゃみんな怒るよ」「そんな事言ったら相手傷つくよ」と
いう事がまだまだわかってないので、これからもトラブルは山積みだろうと思います。
来年からの中学校は2/3以上が違う小学校からの子になるし・・・。
いじめ問題を一番心配しています。
とりあえず目の前の問題を一つ一つクリアしていきたいです。


↓はちゃびさんへ 投稿者:ままはっち  投稿日: 4月28日(月)14時34分35秒

下はちゃびさんへです。
「いじめ」や「からかい」は、いつも心配ですね。


ありがとうございます 投稿者:もっきゅ  投稿日: 4月28日(月)16時26分38秒

ぴいママさん、お返事いただき、また、ご心配いただき、本当にありがとうございます。
私は、家で仕事をしているし、子供も目が離せないので、ひとりになれたり、ほっとする場所、時間はほとんどありません。主人に「息抜きする時間がほしい」と言っても「現実から逃げたいだけだ」とか「何が自由な時間だ。自分が楽したいだけじゃないか」などと言われるし、今ではまともに話もできず、そばにいるだけで、また帰ってくる時間が迫ると、体が震えたり、胃が病んだり、頭が痛くなったりします。
子供は生まれて2日目にしてほ乳びんをいやがり、私以外の人に抱かれるとぴぃぴぃ泣いたり、むずがったりと、もうその時点から「おかしいな」と思い、主人に何度も話しましたが、結局は「育児ノイローゼ」、「教育や躾ができないお前が悪い」の一点張り、もちろん主人の両親や妹(同じ年のこどもがいるので余計にやっかいなのです)、自分の両親も同じでした(今でもですが…)。
そして、4才で幼稚園に入れたのですが、やっぱり適応できず、園長先生のご配慮で園長室で過ごさせていただきましが、園側からは何も言われずじまいで3年間が過ぎました。その中で、ほかの父兄から「園長びいきだ」「お母さんが強くないから」など、いろいろ言われました。
小学校へは、入学式からつまづきました。前の日から高熱を出し、事前に点滴をしてのぞみましたが、硬直し押し黙ったまま、私にしがみついたままで終わりました。
3日後から私が着いて行ったのですが、担任から「ずっとこのままでは…」と言われたので、幼稚園からのお友達2人に一緒に登校してもらうようお願いしたのですが、両方の母親から「うちの子までおかしくなる」と断られ、結局、主人が車で連れて行き、校門の前に置いてくる方法をとりました。でも、運動会は不参加、そのうち靴を隠される、石を投げられる、意味もなく追いかけまわされるようになりました。原因は「話さない」「すぐ泣く」からのようです。でも、担任に話したら「いじめと取るのは親御さんの判断ですが、私はそう思いませんが…」と言われ、ものすごく腹が立ちました。
不登校になり、その原因を探るべく思い切って病院へ連れて行き、2軒目でようやく出た診断結果を告げても「本当にそうでしょうか」と言われ、未だに納得はしてもらえてませんし、話し合いにならないままです。何よりも、本人が「学校は恐い、もう行きたくない」と言っています。
別の病院で「自閉症の疑い」という診断をもらったのですが、これからどうするのかということがなかったので、結局は自分でインターネットや電話帳などでいろいろ探しまわり、ようやく相談にのってもらえる所を見つけ伺ったところ、「軽度発達障害とか自閉症の疑いという診断はないですよ。自閉症と言い切っていいと思うので、うちで療育してみましょう」と言われ、つい最近から通い始めました。
でも、やはり周りから「またそんなところ見つけて…。週に1回で何かかわるの?あなたの気休めじゃないの?」「学校はどうするの?あなたが行かせたくないだけじゃないの?」「あなたが精神科通ったほうがいいんじゃないの?」と言われています。
自分で言うのはおかしいですが、本当に孤軍奮闘という感じです。


お風呂屋さんのノレン対策 投稿者:まつこ  投稿日: 4月28日(月)17時37分54秒

はじめまして、もっきゅさん。
少年(小6自閉症)と坊主(小4カブスカウト)の母、まつこです。

風呂屋のノレン=湯ばかり……ゆうばかり……言うばっかり
 ばんざーい。(・_*)\ペチ
そんなものはひらひらさせておくことにして
本当に自分と自分の子どもの力になってくれるところを
自分の力で探し出したもっきゅさん、えらい!!

>つい最近から通い始めました。

どうですか?他の人がどういうかではなくて、
ご自身で行ってよかったと感じられますか?

お話をうかがっていると外野の雑音があまりにも大きくて
本当に大変だろうと思います。
雑音対策はなにより正確な知識です。
きちんと知っていれば、わかってない人にわけのわからないことをいわれても
聞き流して、心の中で「フン」と丸めて蹴っ飛ばせます。
インターネットで探し回ったということなのでもうお読みになったかもしれませんが
http://www.autism.jp/l-00.htm

「高機能自閉症アスペルガー症候群入門」(中央法規)は
無理解な外野の雑音を聞き流すのに有効だと思います。

その療育施設が、もっきゅさんの思いを受け止めて
一緒に考えてくれる支えになってくれれば良いなと思います。


(無題) 投稿者:みーちゃん  投稿日: 4月28日(月)19時54分57秒

朝倉玲さんありがとうございました。約3年間言語治療士につき言葉の教室に通っていた時、「珍しいケースなので、言語能力が、のびるかどうか何とも言えません。彼の可能性を信じましょう」と言われました。今のところのびていますが、いつとまってしまうか、気になるところです。「たぶん苦手は、のこるでしょう」とも言われました。まわりの言ってる事は、わかるけど言えない本人が、一番辛いと思います。家族全員が、彼の可能性を信じて前向きに過ごしています。


ありがとうございます 投稿者:ちゃぴ  投稿日: 4月28日(月)20時39分41秒

月代さんを初め、みなさまに色々な経験段やお話を聞かせていただき、本当に嬉しかったです。
皆さんも頑張ってるんだ!と、とっても勇気付けられました。
今日は子供の診断結果を言葉の教室に持っていく事になっていたので、先生とも色々な話をしてきました。
皆さんの言われる通り、子供にとって落ち着ける場所を確保する事が一番大切なんだと実感しました。 ワタシが迷っていたのは子供を中心に考えていたつもりでも、どこかで自分の都合を考えていたのかも知れないと思います。
現在の普通級は本当にいじめの問題がひどく、学級崩壊に近い状態です。
いじめの理由は、やはり みんなとは少し違う・同じ行動がとれない・いじめたときの反応が面白い・・・など、その子の欠点が大きな理由らしいです。あと1年・・・という期間が、親にとっては「後1年だけ」ですが、当の子供にとっては決して短い時間だとはいえないですよね。
幸い、「言葉の教室」の先生方が 「今の状態ではお子さんにとって苦痛以外のものはないと思うので、毎日の通級も受け入れるつもりです」とのお言葉をいただいて、本当にありがたいことだと思いました。
息子の思ってる事や感じてる事も聞き、今度障害学級の方も見学に行く事になりました。
今は普通級に在籍していますので、少なくとも担任の先生にはお知らせしないと・・と思い、検査結果をもって説明しに行ってきました。
が、やはりアスペなどの知識がなく、良く分かってもらえなかったみたいです。
でも、普通学級の中にも大人が気づいてないだけで、そういったハンデを持っているお子さんがいるのではないかと思うんです。
先生が少しでも理解してくれていたら、そういったお子さん達の接し方や見方が少しでも変わるのではないか?というような気がしてなりません。
実際、息子もどの担任の先生からも 「我侭すぎる」・「自分勝手」などといわれ、かなり怒られていました。
今日の担任の先生も、あまり関心がないような感じの受け答えでした。それが悔しいやら悲しいやら情けないやら・・・ ちょっとカチンときてしまいました。
全部がそういった学校ばかりでもないと思いますが、とても悲しかったです。


おやおや 投稿者:謎のタヌキ@遅いよね?遅いよね?>レス  投稿日: 4月28日(月)22時44分53秒

学んでくださる方がここにいらっしゃる。
嬉しい。
ほんと、学ばんと何にもなりません。

>野木さん
ども。中一の現役バリバリ中学生です。
自閉症っていろいろいますからね。
私と弟はアスペルガー症候群ですが、
共通点もありますが違うとこの方が多いです。
よっく観察してください。
まつこさんがおっしゃるように、
>そのお子さん自身をしっかり観てあげてほしいんです。
こうして欲しいんです。小学校時代は見てもらえんかったから、
いろいろとしんどかったです。

若さだけがとりえの偽善者もいます。
小三の時の担任でした。
私がもっている感覚を認めず、給食で食べられないものがあれば
掃除時間まで食べさせました。
私の場合、聴覚過敏があり、和太鼓がだめなのに、
無理やり押さえつけて音楽鑑賞会に引きづり込みました。
タッパーのごとく密閉された体育館で、死ぬかと思うほど
和太鼓をきかされつづけました。
意味があるのでしょうか?そのことで私の情操が豊かになるのでしょうか?
私はピアノを習っているし、今は吹奏楽部でサックスを吹いています。
それだけじゃダメなの?やっぱり叩くのは大事?

そのときの担任は趣味で和太鼓をやっており、
和太鼓は素晴らしい!みたいな考えで、いつも太鼓の撥をかばんに入れておりました。
わたしは、努力して和太鼓関連の本を借りて読みましたが、目と手が拒絶反応を起こしました。
最近は和楽器の授業が出てきて、中学の器楽の教科書にも和太鼓が出てきました。
お琴も三味線も余裕でOKだけど、雅楽の太鼓も祭りの太鼓もダメです。
韓国の伝統楽器「チャング」もダメです。無理やり叩かされました。
あの音もダメなのです。どーぅしても。

そして、五年生のとき、「なんで和太鼓があかんのや。ちゃんと授業は受けろ」
と捕まえられて言われました。
悲しくて悲しくて泣く事しかできません。こいつはこの程度の男だったのかと、落胆しました。
生徒のウケだけを考えている。生徒さえよければいい。今回想すると、そんな言葉が出てきます。
ただ、休み時間にドッヂボールをして、当てられたら今日は宿題なし等と言うので、
生徒には人気がありました。あと、パソコンが触れたから。
でもね、それは若いから。若さを盾にして自分を肯定している。
もうすでにシーラカンス(生きた化石)かな。


遅くないですよ>謎タヌちゃん 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 4月29日(火)09時41分10秒

ここに書き込みしてる私たちの多くは、「親」だから、
子どものことをわかりたいと思っているし、
まわりの人にもわかってもらえるよう代弁していきたいと
思っているけど

それはあくまで、「観察」や「想像」や「人の話を聞いたり
本を読んだりして身につけた知識」であって
子ども本人の「実感」まで代わりに体験する事はできないから。

あなたを含め、「ご本人」の言葉で、その実感を語ってもらえることは
私たち親にとっても、自分の言葉で説明することのできない仲間たちにとっても
いつも大切な機会です。

「光とともに・・・」の4巻に
「つらいことって忘れられないでしょ?
 記憶力のすごくいい自閉症の子供達は私たちよりもっともっと
 忘れないでいるのよ。
 どうせなら楽しい思い出でいっぱいにしてあげてね」
という台詞があって、私は学校の先生に差し上げる分は、ここに
蛍光ペンで線をひきたいくらいでした。

先生方にとっては、長いキャリアのうちのほんの1年、1学期、ひと月、1週間、1日で
その間、わからなくて失敗しても、悩むだけに終わっても、やっつけ仕事で
時間を過ごすだけに終始してしまったとしても
それはそれでひとつの経験として肥やしにしていただくことはできるだろうけれど

子どもにとっては、一生に1回しかない、2度とは取り戻せない大切な時間です。
嫌な思いをしたり、我慢をするだけの学校生活にならないよう、
子どもたちの感じ方に寄り添って、教えてやってください。

ここをご覧になっている先生方、ぜひよろしくお願いします。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/


ご指導ありがとうございます 投稿者:野木  投稿日: 4月29日(火)20時03分13秒

皆さん、ご指導ありがとうございます。本当に勉強になります。私は、給食介助をしているのですが、なかなか食べてもらえません。しかし、他の先生から、生徒に無理やりたべさせようとしているとご指摘されました。確かに、自分が生徒の立場ならという視点が抜け、ただ命令しているだけでした。生徒の立場になるということが基本なのに・・・この反省を生かしがんばっていきます。また何かご指導いただければ幸いです。よろしくお願いします。


ふむふむ 投稿者:もっきゅ  投稿日: 4月30日(水)10時26分09秒

まつこさん、お返事ありがとうございました。
みなさんのおっしゃるとおり、学校や先生の対応によっては、励みになることもあれば、逆に不信感を抱くことがありますよね。私の場合、今の学校ではだめだと思って、これまたいろいろ調べ、今通っている所に相談し、発達の問題などに取り組んでいらっしゃる校長先生のおられる学校を訪問し、相談させていただいたところ、「ここを選んでくださるのは嬉しいですし、来ていただいてもかまわないのですが、はいどうぞというわけにはいかないので、教育委員会へ聞いてみてください」と言われました。その結果は、「週に1、2回でもそこへ通って、慣れたら転籍してみたら」という返答でした。学校恐怖症と言ってもいい状態の子にそれはないだろうと頭にきました。今お世話になっている所でも「それはやめたほうがいい。今は学校という場を考えずにおきましょう」と言われました。
通い出した所には週に1度行き、2つのプログラムをやっています。色カードを決められた箇所に仕分けたり、ひらがなの練習など、そしてもう一つは自分の興味あること、やってみたいこと、好きなことをやります。今はまっているのは「パーラービーズ」という、ビーズを並べてアイロンで押し固めるものです。これは家でもやっているのですが、やはり外野から「家でできることをそこでやって意味があるのか」などといろいろ言われますが、スタッフの人たちからは「達成感や成功経験をたくさん積ませるのには、同じことだろうが、違うことだろうが、どんどんやらせてあげましょう」と励まされています。それと、スタッフの人とはメールでやりとりもしています。
そういえば和太鼓の話が出てましたが、うちの子供も興味を持っていたのですが、先日、スタッフの人から演奏会のチケットをいただき見にいきました。が、主人が前から5番目あたりを陣取ったので、「音や人の刺激が強すぎるからだめだ」と言うと、「俺には俺の考えがあるんだっ!」と頑としてゆずらず、しぶしぶ従ってしまいました。さらに、おいうちをかけるように、もう一つ興味を持っていたボーリングに連れ出してしまい、その夜、熱を出し、うなり声をあげ、親子ともどもまともに寝られず、次の日、早々に病院に駆け込みました。それ以来、和太鼓やボーリングの話は一切しませんし、嫌いになってしまいました…。
主人といい、学校といい、社会といい、こんなふうに本当に理解がないって、頭にきますよねぇ。そういえば、ネットサーフィンしてて、よりたくさんの情報を得よう、仲間に入れてもらえればと会員を募っているところに打診してみたのですが、診断名を〈軽度発達障害〉もしくは〈自閉症の疑い〉と書くと断られてしまいました。なんだか「診断名」というものに振り回されっぱなしで、どこにいったら決定的な「診断名」がつくのだろうかと悩んでいました。
でも、ここでは会員という手段ではなく、いろんな方が情報の交換をしているので思わず参加させていただきましたが、今はとても良かったと思ってます。これからも、叱咤激励、お願いします。


僕が生きる道 投稿者:rika  投稿日: 4月30日(水)10時27分12秒

のドラマを見て、本まで買ってしまった私・・・
もし余命1年と宣告されたら、子どもにどういう接し方をするだろう?と考えました。
例え、100歳まで生きたとしても、同じように接して行きたいな・・・と思います。


家庭訪問でした 投稿者:ガンコママ  投稿日: 4月30日(水)18時44分29秒

今日はガンコちゃんの家庭訪問でした。
普通学級の担任の先生とこれから通う予定の通級の先生が2人、
合計3人も先生がいらっしゃって、狭い我が家は満員でした。
母が構ってくれない&ビデオが見られない(ビデオのある部屋
で話をしてたから)でガンペイちゃんがかんしゃくを起こして
騒ぎまくったので大変でした。

さて学校での様子ですが、そこそこ上手くやってるのかと思って
いたのですがそれはやっぱり甘かったみたいです。自分の苦手な
課題(字を書いたり、うんていなどの遊具)の時は「出来ない」
とやろうとせずプリントをぐちゃぐちゃにしたり、席を立って
違うところに行ってしまったりするそうです。授業の流れがある
ので先生もガンコちゃんひとりに構っておられず、ほったらかし
になってしまうことがあると言われました。あと給食のことで
嫌いなおかずは最初に減らしてもいいけど、おかわりは全部食べ
てからということになっているのに、ガンコちゃんがおかわりを
したがって、注意されるとふてくされて後片づけもしないで席を
立ってしまうということでした。

先生もどう対処していいか困っているということで、私としては
決められたルールはみんなと同じに守らせたいので、だめな時は
だめと言い聞かせてほしいということと、字を書くことへの苦手
意識については家庭で練習する機会を作って、自信をつけさせた
いとお話ししました。

通級については来月から週に1回、朝から給食の前まで通うことに
なりました。同じ時間帯にもうひとり1年生の男の子がいるので、
ゲームなどのグループ活動と個別指導を織り交ぜた活動になるとの
ことでした。1対1だとだらけがちなガンコちゃんなので、グループ
活動があるといいなと思っていたので良かったです。先生もかなり
ベテランで経験豊富そうな方だったのでひと安心です。

通級のある学校が今改装中で2学期以降はマジックミラーのある部屋
で親も中の様子が見れるらしいのですが、しばらくはガンペイちゃん
を連れての見学は難しいので送迎のみになりそうです。

これから運動会やプールなどいろんな行事があるので、悩みも増えそう
です。今のところ本人は学校を嫌がってないのが救いですが。


お姉さま方へ 投稿者:謎のタヌキ@AltoSax吹き  投稿日: 4月30日(水)20時28分59秒

>もっきゅさん
もっきゅって響き、私好きです。カーラ教授を思い出します(川原泉だよん)。
それは置いといて(どこへ)
ここにたどり着いたら大丈夫です。いろいろ大変だと思いますが、でも大丈夫。
とうちの母が言っております。
タイプの違うアスペ二人の母が言うのだから、間違いございません。
要するに、諸々の症状(突発的な行動に対し、奇声をあげたり、暴れたりする)は不適応なんですよ。
だから、パニックにならなくても大丈夫な方法を教えてあげたらいいのでは…

浅漬けたぬきの戯言かもしれませんが(中一です)。

孤軍奮闘、頑張っておられますね。
拍手です。スポットライト当てて拍手です。
(^.^)旦~どうぞ。お茶です。いただきもののとらやのようかんです(ここでは好きなこと書ける)
一息ついてください。 
自閉とか、ADHDとかって一生の付き合いです。
こりゃ〜自閉入ってるだろうって天才もいます。
しつけや育児の問題じゃないですよ、100%。
ごたごたぬかす輩はどこにでもおります。
うっといですよね〜正直。きもいですよね〜。
謎タヌはたまたまカツラキン市(関西にあります。地図で探してみよう)に
生まれ育ったのですが、こういう軽度発達障害の子どもに対して、先進的な取り組み
をしています。でも、ぜんぜんわかってない先生もたくさんいる。
石投げたら簡単にあたるよ。ためしてみるかい?
だから、ここまで何とか無事にやってこれたというのも、ここの皆様の
お書き込みを読んでわかりました。
普通なら、とっくの昔に不登校してるよな(三年生ぐらいから)。

で、父といふもの、夫といふもの、皆そうです。
私の父もやっと重い腰を上げてまつこさんのご紹介してくださった本を買いました。
「高機能自閉症アスペルガー症候群入門」 よいです(ちからこぶ)
私の友だちの高機能君は、関東から関西に引っ越してくる際、
お母様が、一番よい環境の小学校をとさがしまくって、
私のいた小学校に来ました。中学校どうするかというと、
隣の学区の方がいいので、またお引越しをされました。
現代版「孟母三遷」です。私の家はローンの塊なので、
お引越しができません。残念。
義務教育は「サバイバル基礎コース」と割り切って毎日通います。
足がちいっと細くなったかな。かぶらがだいこんになったかな。

診断名なんて、印みたいなもんなんです。なくても別にいける。
あったほうがよいはずなのだけど。出すんじゃなかったと思うこともあるかなー。
まだわたしはないけど。


んで二個目 投稿者:謎のタヌキ@AltoSax吹き  投稿日: 4月30日(水)20時29分53秒

>ちゃぴさん
この響きもちょび(「動物のお医者さん」を知らなかったらわからないか)に似てて
好きです(だからなんだ)
おおっ!仲間!わたしもアスペです(テンション高/夜だから)!
私の考えでは、この状態で特殊学級に移ると、いじめがひどくなると思います。
みんな、特殊学級=「ガイジ(知的障害など、目に見えて自分たちと違うこを
さげすんで言う言葉。差別用語で、教養のある人は使いません。
でもね、みんなうっといほど連発するんですよ。あーきもい)が通ってるところ」
で、私は違う、私は障害がないと、線引きしてるんですよ。
で、仲間意識だかなんだか知らないけど、集まってそういう話をするんですよ。
「あいつ、キモイ」って。少なくともうちの学校ではそうだった。
表面的には仲良くとか言ってるけど、人間の内面なんてわかったもんじゃない。
情けないけど、これが実態。音は目をつぶっても入ってくるから、
避けるにも避けられない。ストレスで腹痛が起きるわニキビはひどくなるわ、
六年の三学期は悲惨でした。
小六のお母様方、謎タヌがこれから中学の様子をリポートして行きたいと思います。
質問があれば色々きいてください。
はやりもんとか、できる範囲で答えます。

>まつこさん
\(^○^)/ばんざ〜い。同じ事考えてる人がいた。
ばんにゃ〜い。ぱちぱち(拍手)。ひらひら(のれんの効果音)。
>「高機能自閉症アスペルガー症候群入門」
この本よいですよね。絶対オススメです。
開くだけで「外野はだまっとり」というぴしゃっとした空気が
読み取れ、私は告知の前にこれを隅から隅まで読みました。
あと、キャロル・グレイ先生かな。
うちの母は、だいぶキャロル・グレイ先生の本に投資しました。

>ちびくまママさん
そうですか。遅くないですか。よかったよかった。いんぐりもんぐり。

>いつも大切な機会です。
ありがとうございます。肯定されてなんかほっとしました.。
>「光とともに…」
楽しい思い出…徐々に増えてます。
ただ、共有する友達ってのがいないのよね〜。
まあ、中学生で宝塚歌劇好きって、少ないってゆーか少数派でしょうな。


((( ^^)爻(^^ )))  投稿者:ぴいママ  投稿日: 4月30日(水)22時37分59秒

ああ、謎タヌちゃんありがとう〜〜〜。

掲示板過去ログ案内に戻る