2003年5月その4
(・_・)/ ハーイ 投稿者:まつこ  投稿日: 5月26日(月)09時17分51秒

pipiさん
>確かに体を思い切り使った後、集中力が上がるという話は聞いたことがあります。

少年が多動満開の頃、通園バスを待つ間、
ダッシュ5本とかしっかり体を動かしてからの方が
明らかに後の活動もスムーズでした。

療育センターのセッションでも
まず
バランスボールやハンモック・ゆれ木馬・スクータボードなどをした後
机といすをだしてマッチングなどをしていました。

体をしっかり動かすことで脳のいろんな部分が活動しだすんですね。
動くより、じっと止まっているほうが難しい子というのは
考えて動いているのではなくて、うっかり動いてしまっているんです。

お子さん、年少さんですよね。
アンパンマンって一話10分ぐらいじゃなかったですかね?
ドラえもんズやポケモンピチューの映画でも
幼児向けのものはせいぜい15分程度でしょう。
よほど気を引くように作ってあるものでも、
集中して楽しめる時間はそれくらいだからでしょう。
つまり、一般的に幼児は好きで楽しいものでも集中できる時間は短い。

じっとできる時間を気にする方向より
じっくり楽しめるものをいろいろ見つけることのほうが今は大切なんじゃないかしら?

>でも今日来た友人に何度も「何これ?」と正面から指差し、
>「誰?」って聞くんだよと言い直していたら
>夜に絵本を見ていて、物なのに「これ誰?」と聞きます。

私たちは何も考えずに「人と生き物と無生物」を区別しますね。
よく考えたらその方が不思議。
少年は「音」ということばと「声」ということばの使い分けがなかなかできませんでした。


かずりん様 〜ノビノビ園のその後 投稿者:pipi  投稿日: 5月26日(月)18時29分19秒

はじめまして。またまた先輩からのアドバイス嬉しいです。
うちの子の通う園も同じ位の自由さです。
集まりの時の紙芝居で真正面で立ってしまうので、毎日注意したり
(見えない角度から「これ何?」と聞いたり、他人の視線を意識するのは苦手)
山歩きも「抱っこ」と甘えが出るのを、距離を伸ばしながら応援してくれています。
これがきっと「やりとげること=達成感」の経験になりますよね。
他の子への興味で言葉を吸収していくのは、かずりんさんの長男と同じタイプです。
見通しへのないことへの耐性は同じ自閉児でも個人差、性格もありそうですね。
自閉児も個性さまざまとわかっていたのに、そんなことも見落としていました。
生半可な知識に振り回されたかなあ・・。目の前の子供が教えてくれることが多いのに。
園ではメリハリのつく場面があるかどうか、今度確認してみます。
なければ自分で他に機会を作り出せばいいですね。
入学後はいきなり45分とならないと聞いて安心しました。
今日母子グループで会った人の子供が、時間割のきっちりした指導型の園に通わせたら
「園で楽しかった思い出はひとつも無い」と言い、下の子は別の園に通わせたそうです。
普通でもちょっと変わっていても、幼児期の楽しい集団生活は経験させてあげたいですよね。
明日からは一度もトイレで成功していないのに、園でも布パンツとなります。
どうなることやら・・。


まつこ様〜動く必要のある子供 投稿者:pipi  投稿日: 5月26日(月)19時09分35秒

自閉症者が動きながら映画を見ていた、動かないと考えられないということを
後で語っていたりしますよね。
普通の人でも貧乏ゆすりがあったりするし・・。
うちの子はいわゆるこだわりはないけれど、
ぴょんぴょん飛ぶことがとても好きで「常同行動」だからと診断名がつきました。
そんな風に動くことが必要な子供が、
いずれ社会に合わせて、集団で座って何かしなければいけない、話を聞かなければならない
徐々に、徐々に・・、とやっていくことにします。
>一般的に幼児は好きで楽しいものでも集中できる時間は短い
そうですよね。
>じっくり楽しめるものをいろいろ見つけることのほうが今は大切
はい。いろんなことを経験させて、好きなものを見つけてあげたいです。
>「人と生き物と無生物」を区別
>「音」ということばと「声」ということばの使い分け
うちの子の方が典型的(象徴的?)ですが、通じるものがありますね。
人は「誰?」、人じゃないものは「何?」と教えつづけています。
擬人化したキャラクターなどもあるけれど、
こうやって、何事も都度教えていかなくてはいけないのですね。
なるほど体験することが大切だと思わされます。


メリハリ 投稿者:かずりん  投稿日: 5月26日(月)22時46分11秒

pipiさん
>集まりの時の紙芝居で真正面で立ってしまうので、毎日注意したり

これもメリハリのうちだと思うんですよ。
みんなが座っている時には、自分も座っていないといけない・・・たとえ今は短い時間であっても毎日の積み重ねが後にいきてくると思います。
うちの子供の園の場合は集まりの時は絵本の読み聞かせでした。
最初のうちは短いお話からはじまり徐々に文章の長いものへ、そして年長の頃にはかなり長い文章の物も読んでおられたようです。
発表会の練習にしても年少の頃はごく短い時間で少しずつ練習時間が長くなり、年長は幼稚園最後の行事(2月にやってました)ということで出し物も多く1時間近くは練習していました。

こうしたものが無くても
>自分で他に機会を作り出せばいい
と思います。
普段の生活の中でも、何か興味のあるものをじっくりと取り組んでいく経験をつんでいくことでメリハリは付いてくるとも思いますし、外に出かけた時に少しずつ静かにしないといけない場面を教えていくのもいいかもしれません。

応用がききにくいため場面ごとでひとつひとつ教えていかないといけませんが、実際に経験して覚えていったことはゆっくりではあるけれど確実に身に付いていってると長男を見ていて思います。

>明日からは一度もトイレで成功していないのに、園でも布パンツとなります。
どうなることやら・・

実は、うちの子はふたりとも幼稚園でおむつを取ってもらったようなものなんです。
長男は周りの子供達がトイレに行っているのを見て自分で行けるようになりましたし(それまで誘わないと行かなかった)、次男も家では誘っても行こうともしなかったのが幼稚園で先生が友達が行く時に一緒に連れて行って様子を見せていると時間はかかりましたが出来るようになりました。
ここでもお友達への興味の力は強いと思います。


びっくりしました 投稿者:もっきゅ  投稿日: 5月27日(火)09時25分38秒

金曜日のことなのですが、4時過ぎになって同じクラスの男の子と1つ上の近所の女の子が突然訪ねてきたのです。私と子供は裏庭にいたのですが、インターホンの音がするので見に行くと、何と玄関に入っていく2人を見たのです。棒立ちになって固まる子供を裏口に押し込め、私も一緒に様子を伺っていました。彼らは各部屋を「すいませ〜ん、いないんですかあ?」と言いながら周り、5分くらいでしょうか、ようやく外へ出ていきました。子供は泣きながら「こわかったぁ」と言い、私も腹が立ちました。
この子たちはいわゆる鍵っ子で、入学して間もなく、家が近所にあるということがわかったので、ちょくちょく来るようになったのですが、うちの子がいいなりになってしまい、お菓子やジュースを用意させ、子供のベッドに入ってテレビを見ながら食べたり、飲んだりし、持っていったものが気に入らなければ、勝手に冷蔵庫や戸棚を開ける始末でした。そして、5時になっても帰ろうとせず、うちの子が「うるせぇんだよぉ」などと、今まで言わなかったことばまで発するようになってしまいました。担任に「うちの子がいいなりになってしまって、一緒に遊んでいるという感じではないんですけれども…」と話しても、「せっかくできたお友達ですから、そこのおうちのルールをわかってもらうように、厳しく指導、監督してあげてください。」と言われるだけでした。自分の思ってることを半分も言えない、行動で表せないうちの子が、この子たちを友達として受け入れていたとは思えません。その時点では何の診断も下されていませんでしたので、何もできませんでしたが、不登校になって半年を過ぎ、ようやく療育も始まり、落ち着きだしたところにこのようなことがあり、また来るのではないかという不安感を持ってしまっているようで、3時くらいになると慌てて外から入ってきます。インターホンが鳴ったり、子供の声がするとびくついたりします。
もし、また来た場合、どういうふうに説明すればいいのか、それに、この子たち以外の子供が来たらということもありますし、また、学校とは少し距離を置くということになっているので、担任に話していいものかどうか、思い悩んでいるところです。


あまり 投稿者:さとか  投稿日: 5月27日(火)09時52分49秒

いろいろとうちの人に言われない子なのかもしれませんね。
親もそういうことを知らないのかも。

うちの場合はうちのルールとして
学校では4時半、(5時)には家に帰る決まりだから30分前には片付けさせて、
終わったら帰らせます。
だから、遅いかなあと思う時間にきたら、
「もう、すぐ帰る時間になるから今日は遊べないよ。」
と言って断ります。
家にあるものを出す場合、必ず私に許可を取る。
決まった部屋以外には入らない。
うちの子供にお菓子出させようとすることもあったけど
それはだめなときはだめって言います。
その子にも言います。
ついでに、うちには出す量が決まっててもう今日は終わったから、
自分の家に帰って食べたらいいんじゃない?といいます。
その時その時にやって欲しくないことはひとつひとつ言わないとわからない子もいます。

あとは、しばらくその子たちと距離をおきたいのであれば、
「最近おばちゃん調子悪いから家に入れてあげられないの。ごめんね。」
と言ってもいいのでは?


繰り返し、繰り返し 投稿者:pipi  投稿日: 5月27日(火)10時39分34秒

「社会性が幼い子への援助法」という本を読んでいたのですが、
それでいくとうちの子の社会性年齢は乳児期後半〜1歳半みたいです。
実年齢なりの振る舞いは教えなくてはいけないし、言い訳にはできないけれど
何でも人の倍かかるわけだ・・、と思ってしまいました。
娘なんですが、なぜかいつも男の子用のトイレに入り、観察しているそうです(ーー;)
去年は保育園に週1度母子通園してましたが、今思うと他の子と並んでトイレに座っても
興味しんしんって感じではなかったですね。
今、タイミングが巡ってきたのかな。

園の行事は、割とぶっつけ本番のものが多いんです。
「助かった!」と思っていたけど、地下鉄に乗せたり、人形劇やイベントなど
多少おとなしくする必要のあるところに行こうと思います。

この頃注意されることにやや敏感になってる気がします。
皆に注意している時や、他の子を注意している時に、先生を叩きにいくそうです。
自分がぶつかった机やドアを叩いたり、くつがはけないと投げたり踏んづけたり、
かんしゃくもやや増えました。
でもそれも発達段階だと思うので、こえたらまた成長しますよね。

昨日すくすく子育てをみて思い出しましたが、うちの子は手を洗うのが非常に下手です。
泡なんてもちろん作れないし、指をそらして表面だけポソッとを合わせて終わり。
タオルで拭く気もまったくありません。対象がモノである、こぼしたものは拭くんだけれど。
アスペの大人が手をいまだにうまく洗えないという書きこみを見たことがありますが
こういうところにもボディイメージの低さ、不器用さが現れるんだったりして。
体を洗う、歯を磨くというハードルも高そうですね。

>実際に経験して覚えていったことはゆっくりではあるけれど確実に身に付いていってると長男を見ていて思います。
先生も「繰り返し、繰り返し、と思っています」と連絡ノートに書いてくれました。
この言葉を支えに日々過ごしていきたいです。


101匹ワンちゃんを引用 投稿者:まつこ  投稿日: 5月27日(火)13時28分07秒

>紙芝居で真正面で立ってしまうので

少年がこういう行動をしたとき、うしろから
「ラッキー ラッキー 座ってよ、見えないわ〜」というと
振り返ってにやっと笑って、座りました。
たしか、まだ、会話が成立しない頃です。


(;^_^A  投稿者:まつこ  投稿日: 5月28日(水)08時29分35秒

少年(小6 自閉症)に
「『ラッキー ラッキー 座ってよ、見えないわ〜』って何か覚えてる?」と尋ねてみると
「え?知らん……。あっ?あの、マギーシンジの。笑いがいちばんでしょう。ラッキーって。」
「笑いがいちばんって、TV番組なの?」
「日曜 午後1時45分から」

101匹ワンちゃんのセリフはすでにデータから削除されてしまっているようです。
そういえば、二ヶ国語音声多重再生で「変な声!!」と大パニックをおこして
二ヶ国語版のアニメは完全撤収しなくてはならなかった時期がありました。

かくして、「うれしかった母の記憶」だけが残っていくのね。


ラッキー♪ 投稿者:pipi  投稿日: 5月28日(水)10時03分16秒

それを幼稚園の先生にしこむわけには・・(^^;)
しまじろうでやってくれないかなー。
うちの子アニメ大好きなんだけど
魂抜かれたような顔するので、一般のは殆ど見せてないんですよ。
紙芝居でもそうで、まったく周囲の声は聞こえてない。
うちも笑える思い出が沢山あるけれど、本人は忘れていくのかなあ。
まあ今の内にせっせと恩返ししてもらいましょう。


ショックな出来事 投稿者:ガンコママ  投稿日: 5月28日(水)13時02分12秒

今日はガンコちゃんが入学してから一番ショックなことが
ありました。今日は通級の日だったので朝の会が終わる頃
お迎えに行きました。その時先生がガンコちゃんに
「キーッてしたらだめだよ。」とおっしゃったのです。
何だろうと思ったけど、詳しくお聞きするひまが無かった
のでそのまま通級へ。車の中でガンコちゃんに「何をキーッ
ってしたの?」と聞いたけど、「わかんない」とか「はっぱ」
とか言うだけです。授業中に机でもひっかいたのかと思って
いたのですが・・・。

給食に間に合うように学校にもどって車から降りると、
ちょうどガンコちゃんのクラスが体育から教室に戻るところ
でした。私を見つけると先生がひとりの女の子の手を持って
やって来られました。そして
「今日朝からガンコちゃんがひっかいちゃったんです。」
確かにその子の腕には赤いひっかき傷がありました。
今日は朝から校庭の清掃があったのですが、その時
ガンコちゃんがブランコにのっていたので、その子が注意
したらガリッとやったそうです。「つめは後が残ることが
あるので向こうのおうちにもお知らせしておきます。」と
言われました。私が「ごめんね、痛かったね」と言うと
その子はうなずいてくれました。

ショックです。傷自体はそれほどひどいものでは無かった
のですが、ガンコちゃんがお友達に手を出すなんて幼稚園
では一度もありませんでした。どっちかというとやられる
方だと思ってたのです。

車の中で聞いたとき言わなかったのは、自分でも悪いと思って
いたからだと思います。いきなり手を出すということは考えに
くいのでたぶんみんなから責められたか、無理に手を引っ張っ
たりされたのかもしれません。

今日ガンコちゃんが帰ってきてからどのように注意したらいい
かわかりません。お友達のお家におわびの電話をしようと思う
のですが本人にも謝らせたほうがいいのかな。


戸部けいこさん今夜NHK出演 投稿者:hikaruファン  投稿日: 5月28日(水)13時37分41秒

いつもROMさせていただいています。
今日の夜8時から、NHK教育テレビに漫画「光とともに」で有名な戸部けいこさ
んが出演されますね。
知らない方、忘れている方がいるかもしれないと思い、書き込みさせていただきま
した。突然出てきてすみません。取りあえずお知らせさせていただきました。


うちの場合 投稿者:カンガー  投稿日: 5月28日(水)14時44分39秒

年中さんの時にありました。
引掻くというより、爪をたてるという感じ。
担任の先生にだけですが、数回続けてあり、連絡を受けました。
先生には思い当たることはなく、本人にはその頃状況を説明する力はなく、いまだに原因はわかりません。
おそらく娘にとって、とても嫌なことをするように指示されたとか、そのあたりではないかと想像しました。
言葉で言い返せない分、そういう形でしか自分の意思を伝えられないのだろうと思いました。
とりあえず、できるだけ爪を短く切り、やすりで爪の先を丸めて、相手の傷が浅くてすむように気をつけました。
あとは、繰り返し、どんな理由があっても人を傷つけてはいけないことを言ってきかせました。
うちは、相手が先生だったので、参考になるようなレスが出来なくて、ごめんなさい。


療育手帳と幼稚園 投稿者:ととろ  投稿日: 5月29日(木)00時30分52秒

「ことば」について検索していたら、こちらへ辿り着き、数日前から過去掲示板を読みあさっている ととろと申します。こんなに参考になる掲示板に初めて出会いました!初めて投稿します。うちの息子(3歳9ヶ月)は、言葉がまだ出ません。単語は、ごくわずかで、ほとんど ナンゴです。発達遅滞と言われ、週2日の療育機関への通級と言葉の教室などに通っています。

年少の年なので、4月から私立幼稚園への入園を希望したのですが、受け入れてくれる幼稚園の都合(今年は、年少の障害児が多いの)で、2学期からの通園となりそうです。最近、「療育手帳を持っていると、息子専属で 保母さんを一人付ける事が出来るかも」というような情報を他で知りました。幼稚園の方には確認していないのですが、そう言う事は可能でしょうか?息子は、指示が聞けて輪を乱す事をしない、外に飛び出したりする危険性のない子だけに、言葉の介助という形だけでは 付かないのでは?という意見も聞いたりします。どなたか御存知ないですか?
ちなみに、療育手帳は取れるレベルにあるようですが、とっておりませんでした。

また、悩みに悩んだ末、家からは遠い、遊びを主とした自由保育の小人数の幼稚園(と言っても18名クラス)に決めたのですが、これで良かったのかなという不安もあります。息子と同じ歳の近所の子は、ほとんど家の近くにあるマンモス幼稚園に入園しており、息子が入る予定の幼稚園に通っている子は誰もいません。マンモス幼稚園は、ほどなく行事もあり色々な体験を出来るメリットもあり、また 園児が多いと、それだけ 息子の周りで 言葉が飛び交っているわけですから、息子の言葉が増えるきっかけになるのでは?と思ったりもしています。皆さんは、どう思われますか?



(無題) 投稿者:みどり  投稿日: 5月29日(木)08時54分42秒

はじめまして。小学1年の息子がいます。2歳の時から自閉傾向で療育をしていました。
その後よく伸び幼稚園では特に問題なくすごせました。昨年受診した児童精神科の先生にも『診断名はありません。初めての事に慣れるまでに時間のかかる子供の様なので、ゆったりとかまえてあせらずに育ててください。』といわれました。

学校には幼稚園からの仲良しの友達も多く、元気に通えています。
聴覚処理の弱さがあるので担任の先生に子供の生育歴をはなし配慮をおねがいしてあります。このままなんとかみんなと一緒に遊んだり勉強にもついていければ‥と願っていました。

算数の勉強で今〔10は2と〇、5と〇〕といった数の分解をやっているのですがこれが
なかなか解らない様子でびっくり、というかショックでした。足し算は好きでできるのですがやはり概念が弱いということでしょうか?こんな1年生の最初の所でつまずいてしまうなんてこれから先はどうなっていくんだろうと心配です。


数の分解 投稿者:朝倉玲  投稿日: 5月29日(木)09時11分56秒

みどりさん、始めまして。
小学2年生のADHD児の母です。

>算数の勉強で今〔10は2と〇、5と〇〕といった数の分解をやっているのですが
>これがなかなか解らない様子でびっくり、というかショックでした。
>足し算は好きでできるのですがやはり概念が弱いということでしょうか?
>こんな1年生の最初の所でつまずいてしまうなんて
>これから先はどうなっていくんだろうと心配です。

数の分解。私たちが小学1年生の頃には、まだ算数に導入されていなかったんではなかったかな、と思います。
息子さんは、初めてのお子さんですよね?

数の分解に戸惑うお子さんは、意外と多いです。
足し算、引き算はちゃんとできるのに、「いくつといくつ?」と聞かれると、「え〜???」と悩んでしまう子はけっこういます。
うちの子も、算数は得意なのですが、数の分解では少しひっかかりました。
大人の我々にしてみれば、「なんでこんな簡単なことが分からないんだろう?」と思えるんですが、普段の生活の中では、数を分ける、ということをあまり経験してきていないからなのかな、と思っていました。


対応としては、とにかく、具体物を使って「いくつといくつ」というのを実際にやってみること。
おはじきや数ブロックでも良いですが、果物とかお菓子とかだと、楽しくできるんじゃないかな。
それがスムーズにできるようになったら、今度はクイズ形式に「7は5といくつ?」とか「3は1といくつ?」なんて具合に、具体物なしで数を分けることに慣れていくと、その後の算数の計算に結びついていきます。

数の分解は、その後の算数の基礎になるところなので、できればしっかり身につけさせてあげたいですが、焦らず楽しくお勉強できると良いですね。(*^_^*)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


お知らせとお願い 投稿者:いくた  投稿日: 5月29日(木)10時14分03秒

こんにちは。
相互リンクしていただいています「障害児の情報局」の管理人いくたです。

このたび、プロバイダーの都合により当サイトのURLが変更となりました。
新しいURLはこちらです。↓
http://home.p05.itscom.net/binalike/puti4.html

お手数をお掛けして恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

http://home.p05.itscom.net/binalike/puti4.html


遅れ・偏り 投稿者:まつこ  投稿日: 5月29日(木)10時23分19秒

>こんな1年生の最初の所でつまずいてしまうなんて
>これから先はどうなっていくんだろうと心配です。

自閉傾向の子については「算数」とひとくくりにはできない、ということです。
一般の成長発達とは違った育ち方をするので。

少年(小6自閉症)は「量」がわかるまでには時間がかかりました。
今でも、私が「量」をわかるようには、つかんでいない感じがしています。
とてもデジタルなとらえ方をしているように感じます。

計算はできますよ。数を決まった方法で操作するのは得意だからです。

計算ができれば算数はわかっているか、といえばそうでもない、ということに
みどりさんがはやく気がついたのは良かっただろうと思います。

それでも計算ができるというのは強みですから、しっかり注目してあげて欲しいと
感じました。

国語も、読み書きできることと、
表現された内容がわかることや自分の考えや思いを言語表現することとが
必ずしもつながらないです。

でも、しっかり読めれば、意味があまりわかっていなくても
行事の司会もできるし、グループ発表のナレーションもできます。

苦手はあっても、得意なことを活かして生き生きと暮らすことはできます。


リンクについて 投稿者:空音  投稿日: 5月29日(木)10時38分07秒

はじめまして、ずっとこっそりと読ませていただいておりました。
こちらのサイトはリンクフリーだったのでしょうか?記述を探したのですがわからなかったので先にリンクを張ってしまいました。
不都合があれば削除いたしますので、遠慮なくおっしゃってください。
ちなみにリンク張った当方はアスペルガー症候群の当事者が作ってるサイトです。
(現在専業主婦をしており子どもも二人おります、確定診断は専門医よりハッキリ受けました)

こちらへいらっしゃってる保護者の皆様・・・
皆様がいかにお子さんを大切にされているのか、とても伝わってきます。
とても心強くうれしいです。自分の両親のことに重ね、感謝の気持ちが沸きます。
私も幼い頃に母が「この子は普通からはずれてる」と気づいていたのですが
当時は知的障害のない自閉という診断はありませんでした。

幼い頃は母の言っていることがなかなか理解できなかったけど、言った言葉は覚えています。
そのため、理解できるようになった今、その言葉を思い出して生活に生かしています。
両親は本当によくしてくれました。今になってわかったことですけど・・・
(成人するまで実感することができませんでした、理解できなかったのです)

教育も特殊な小中学校だったので、良かったと思います。
「同和教育推進校」という学校全体が「通級制度」みたいなところでした。
普通のクラスに健常児も障害児も一緒に学びました。
身体障害(車いす、補助具、視力など)知的障害(いろんなレベル)の子も同級生にいます。それがあたりまえでした。
ハンディで大変な科目だけ、別の養護クラスへ行き1対1で学びました。
養護クラスは出入り自由で、当時健常扱いだったLDと思われる子どもも遠慮なく学べました。
クラスには担任と養護教諭の副担任がおり、理解が特に難しかった低学年の時の私は
養護教諭に配慮されて、一人でも楽しく遊び、学びました。
聴覚過敏があって運動会のピストル音を避けるために耳栓をしても
「大変だね」って同級生は言ってくれました。
いろんな面でいじめられたこともあったみたい(本人理解できてなかった)ですが
誰かが守ってくれていました。先生も、同級生も、助けてくれていました。
障害があることが「当たり前、自然」と思える環境だったからです。

環境の良さも大きかったようで、私はアスペルガー症候群の成人当事者に多い二次障害を発症せずにすみました。
発達障害のドクターからは「奇跡の存在」とも言われました。
検査でハッキリ認知の悪さや脳波の所見があったのに社会で暮らしていけてるからです。これからもこういう学校が増えていってほしいものです。

長々書いてしまいました。読みにくい&この場にふさわしくなかったらお詫びします。
これから成長していくお子さんたちに、光ありますように願っています。

http://motom.pinky.ne.jp/


ととろさんへ 投稿者:かずりん  投稿日: 5月29日(木)11時29分28秒

はじめまして。
小3のADHD&PDD(普通学級在籍)と小2の自閉症(特殊学級在籍)のふたりの子供の母です。

療育手帳に関しては私もあまり詳しくは知らないのですが、公立の園の場合は加配がつくと聞いたことがあります。
うちの子供達は私立の幼稚園で次男が療育手帳を持っていましたが、年少の時に担任の先生から「手帳の番号を教えてください。」と聞かれたので何らかの(補助金とかだと思うんですがぼ〜っとしてて聞かなかった)恩恵はあるのかもしれません。
この辺は自治体によっても違うかもしれないのでわかりませんが・・・。

うちの子は、自転車で10分ほどのところにある比較的小規模(年少の定員45人で3クラス)の自由保育の幼稚園に通っていました。
私の住んでいる辺りはそんなに遠くはないところにいくつもの幼稚園・保育園があるためか、行っていた幼稚園には同じ学校に行く子供はいませんでした。(違う学年にいましたが・・・)

>息子は、指示が聞けて輪を乱す事をしない、外に飛び出したりする危険性のない子
ということですね。
うちの次男も、多動がないタイプで周りの様子を見て同じように動ける子です。
幼稚園に入る前に通っていた母子通園施設で言われたのは、「じゅん君は、小人数で先生の目が届きやすい所が良い。」ということでした。
大人数だとおとなしいために、周りに埋もれてしまって必要な配慮がしてもらえない可能性が出てくるということでした。

次男が入園した時は、定員オーバーで1クラス18人、年中からは3クラスが2クラスになるため30人を超える人数となり心配しましたが、フリーの先生がほぼ次男専属となる形で配慮していただけたおかげで、楽しく3年間を過ごすことができ、入園当時はお友達が遊ぼうとよってくると逃げていた次男が先生を介して友達と遊んでいるうちに自分から仲良しの友達によっていくようにもなりました。

長男も、入園時は2語文が少しでてきた程度でしたが友達との遊びの中で吸収していった部分は大きく年長の頃には、ほぼ会話が成り立つまでになりました。

マンモス園だと設定された時間もあると思うのですが、そうなると子供によっては先生の指示を聞いて理解して動くというよりは、周りの子供達の動きを見て動くということも多くなります。(うちの子はふたりとも、学校ではこのタイプです。)
先生方の理解がありきちんと配慮していただければ、直接子供達がお子さんにかかわってくることの多い自由保育は、行事などの内容の決まっている経験以外の実際に人とかかわらなければ出来ない経験もたくさんでき、私は入れて良かったと思っています。

>園児が多いと、それだけ 息子の周りで 言葉が飛び交っているわけですから、息子の言葉が増えるきっかけになるのでは?と思ったりもしています。

ただ自分の周りで飛び交っているだけだと、雑音にしか聞こえていないこともあると思います。
自分に向けて発信されている言葉は拾える場合があるので、その意味でも友達と直接かかわる事の多い方がきっかけにはなりやすいかもしれません。

ととろさんのお子さんがどういったタイプなのかわかりませんので、あくまでも参考程度でという感じにはなりますが、私の感じたことを書かせていただきました。


空音さん 投稿者:朝倉玲  投稿日: 5月29日(木)11時49分19秒

管理人さんより先にご挨拶してしまいます。
古狸の一匹、朝倉です。
書き込み、本当にありがとうございました。

私たちは、今育ちつつある我が子に希望のある未来を保証してやりたくて、日々努力し、苦労しています。
でも、ときどき、それが本当にこの子の将来のためになるんだろうか・・・と不安になる瞬間に襲われます。
誰も将来を確実に知っている人はいない。
こうすればきっと、この子のためになるだろう。この子の生きやすい世の中になっていくだろう。
そういう見通しだけで日々を過ごしているのです。

私たちが理想とするような環境で、まっすぐに生きてこられた空音さんのようなお話を聞かせてもらえると、とてもとても、勇気が湧いてきます。
ありがとうございます。

>これからもこういう学校が増えていってほしいものです。

はい、私も本当にそう思っています。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


図々しくもご挨拶 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 5月29日(木)13時01分56秒

空音さん、はじめまして。 水兎と申します。
まだ新参者ですが、数日前に空音さんのサイトを拝見したばかりで、嬉しくなったのでご挨拶を。

私もアスペルガー症候群傾向のADDと診断を受けている本人です。
私も、なかなかよい環境に育ったと自負しているのですが、
成長するに連れて自分と世の中の軋轢が大きくなり、二次障害を起こして現在にいたります。

空音さんのサイトで、
>「「極端な低血圧(ショックを起こしている)、めまい頻発、フラッシュバック頻発」
>などが起こるときは自閉的な危険信号であり、
>環境を換えることや時には投薬も必要であることを心にとめておくように」
という主治医の先生の指摘は、まさに私に起きたことそのままでした。
そのおかげで診断に至ったともいえるのですけれど。

こちらに集う親御さんのお子さんたちは、将来、
>検査でハッキリ認知の悪さや脳波の所見があったのに社会で暮らしていける
大人になってくれるコトでしょう。
空音さんのように、たくさんの「奇跡の存在」になることでしょう。
奇跡の存在がたくさんになったら、「奇跡」じゃなくて、「当たり前」になるんでしょうね。

空音さんの尊い経験が、ここに集う皆さんの力になってくれたら、私も嬉しいです。


カンガーさんへ 投稿者:ガンコママ  投稿日: 5月29日(木)13時03分13秒

レスありがとうございます。帰宅した娘の爪を見たら結構伸びてました。
これは親の責任ですね。早速つめを切ってやすりをかけました。

相手のお宅におわびの電話をいれたら、とても感じのいいお母さんで
「気にしないでください。入学したばかりだからいろいろありますよ。
うちの子も、しばらくはお腹が痛いといって学校にいきたがらなかった
んですよ。」と言ってくださいました。
子供さんはまだ帰ってなかったし、学校でいちおう謝ったみたいなので
娘を電話には出しませんでした。

ガンコちゃんには「嫌なことは口で嫌と言うこと」「たたいたり、ひっかいたり
してはいけないこと」「そうじの時間はブランコなどで遊んではいけないこと」を
言い聞かせました。「わかった」と言ってましたが、どこまで理解したのか・・・。
根気よく言い続けるしかないのでしょうね。


空音さんの 投稿者:ガンコママ  投稿日: 5月29日(木)13時12分39秒

書き込みに少し勇気が出てきました。ありがとうございます。
娘も空音さんのような大人になってくれたらと思います。

>幼い頃は母の言っていることがなかなか理解できなかったけど、
>言った言葉は覚えています。
>そのため、理解できるようになった今、その言葉を思い出して生活に生かしています。
>両親は本当によくしてくれました。今になってわかったことですけど・・・
>(成人するまで実感することができませんでした、理解できなかったのです)

この部分、心に染みました。今はあまり理解できなくても将来役立つことが
あるかもしれない。娘へかける言葉にもっと配慮しなければと反省しました。


アスペルガー症候群を知っていますか?」増刷注文受付中 投稿者:紅茶キノコ  投稿日: 5月29日(木)18時36分25秒

自閉症協会東京都支部で、「アスペルガー症候群を知っていますか?」の増刷予約注文の受付を開始しました。
期間は、来月の14日までです。

超人気の冊子ですので、この機会に是非、ご予約ください。

また、プリズムレポート 篁一誠「問題行動をどう受け止めるか」
も、大好評販売中です。

どちらも、支部サイトの刊行物のページhttp://www.autism.jp/m-00.htm
より、注文ができます。


自閉症児の漫画 投稿者:pipi  投稿日: 5月29日(木)21時30分43秒

かわしま梨花さんという漫画家が、自閉症児の漫画とエッセイを描いています。
ご自分の妹さんと娘さんが自閉症なのだそうです。
私は偶然見つけた本人のHPがあまりにも楽しくて大好きなのですが
リンクする訳にもいかないので・・。気になる方は検索かけてみてください。
自閉症児の漫画は竹書房「ウーマン劇場」(増刊号・・だったと思います)に「伝えたいこと」
娘さんについてのエッセイは同出版社の「ご近所スキャンダル」
両方とも、今本屋さんに並んでいます。


あら 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 5月29日(木)22時48分18秒

ご本人のHPって
「亀好き!漫画好き!!自閉最高!!!」じゃないですか?
私も大好きですよ。よく笑わせてもらっています。

>リンクする訳にもいかないので・・。

あちらには「リンクフリー」と書いてあるし、こちらの趣旨に
反するサイトとも思えないので、ご紹介しておきましょ。
こちらです。↓

http://www.hpmix.com/home/ririkarin/index.htm


かずりんさんへ(療育手帳と幼稚園について) 投稿者:ととろ  投稿日: 5月30日(金)00時03分04秒

ご意見ありがとうございます。

なんとなく、かずりんさんの次男さんは、うちの息子と似ているタイプのような気がします。
そうですね。かずりんさんの「行事などの内容の決まっている経験以外の実際に人にかかわらなければ出来ない経験もたくさん出来て良かった」と言う事などを読み、いろんな体験よりも、それよりも大事な事があるという事に気ずかされました。ありがとうございます。

入園予定の幼稚園(年少)は、あっ、ちなみに、障害児統合保育?を行ってます・・は、2クラスあり、障害児1名含む18名クラスは先生一人。もう一つの(障害児2名含む17名クラス)は、先生と補助の先生が一人付いています。園長先生も時々、両方のお手伝いをされているようです。うちの息子が どちらのクラスに配分されるかわからないのですが、(どっちでしょう??)近々、幼稚園の園長先生に「療育手帳をとったら、息子専属で加配できますか?」と率直に聞いてみるつもりです。(ずうずうしい?)

加配がないとすると、幼稚園に入園しても、最初の子供が園に慣れるまでの1〜2ヶ月は、子供と一緒に親も付いていかなければならないシステムの幼稚園です。(現に、他の障害児のお母さん方も4月から2ヶ月間、付いて来られてました・・)ちなみに、障害児3人の中の2人は、幼稚園と併行して、息子と同じ療育機関に通級中で、療育手帳は「持ちたくないから」という理由で持たれていないようです。

今年は障害児が多いだけに、園の方も余裕がない感じがします。それだけに、加配が付かないままだと、入園しても、お友達と遊ぶ時に、保育者の配慮が行き届かないような気がして不安です。
仮に 加配が付いたとしても、息子専属ではなく、全体に付くような気もします。
あぁー どうしましょうっ。。。


ととろさん 投稿者:まつこ  投稿日: 5月30日(金)08時59分41秒

ずうずうしくないですよ。
尋ねたことを全部その場で回答して貰えるかどうかはわからないですし
予想外のちょっと寂しいお答えがあるかもしれないですが
事前にこれからのお子さんの生活がイメージできるようになれば
手に入った環境を踏まえて、心の準備もできますよね。

それから、加配がついてもつかなくても不安があるのでしたら
しばらく母子で通うことも、
お子さんと他の子どもたちと先生がどんな風に園で過ごしているのか
じかに見る機会になるわけですから、貴重な機会ととらえることもできます。
……母子で年少さんのクラスに通ったら、
きっとととろさんにも他の子どもがなついてくるでしょうね。>予想


かわしまさんとこのHPは 投稿者:さとか  投稿日: 5月30日(金)09時01分47秒

私も好き。
いつも笑わせてくれるから。


かわしまです。 投稿者:りりかりん  投稿日: 5月30日(金)09時31分57秒

またの名を「管理人一号」と申します。ちびくまママ様のご紹介(?)で「亀と自閉」からやってきました。こちらのサイト、まだじっくり見ていないのですが、(のちほど、じっくりまったり・・・。)掲示板が盛んでよいですね!!皆様、現役バリバリの自閉関係者の方ばかりで、迷っている時、すぐに体験に基づいた実践的なアドバイスが返って来る。本当にこういう場は私達には絶対必要ですね。
私の拙い作品を読んでいただいた方が、いらっしゃるのですねえ!!うれし、恥ずかし・・・。です。読者様からアンケートを頂くのですが、「障害児」の話を描くとやはり、反応が大きいようです。大抵は「障害児」って、子供の頃近所にいた、あるいは通っていた学校に特殊学級があったので、そういった人たちの存在は知っていたが、自分とは無関係な人たちだと思っていた・・・。等の反応が多いです。殆どが二〇〜三十代の子供が一人か二人いるお母さん達です。「障害のある子の親の気持ち。」の全てをわかってもらうのは無理な話ですが、身近な「漫画」で読むことで、「障害児」や「その親」を少しでも身近で、等身大の存在として受けいれてもらえれば・・・と思いつつ描いています。
これからも時々こちらにお邪魔したいです。
「亀と自閉」にも遊びにきてくださいね!!


まとめレスで失礼します 投稿者:空音  投稿日: 5月30日(金)10時56分30秒

わーレスがいっぱい(*^_^*)ありがとうございます。
へんてこ文になってるかもしれませんので、わかりにくかったら遠慮なくご指摘下さいませ。

私のような環境があることはとても大事だと改めて思います。
発達障害のドクターから言われたことは「経験したことを伝えていって欲しい」ということでした。
それくらい稀だと驚かれました・・・
自分では当たり前のことと思ってたので本人が一番驚いてますけど(^_^;)
いろんな方とお話しする機会を持つようになって、しみじみ思います。
いつか、私のケースが「稀」ではなく「当たり前」になっていって欲しいと思います。

みなさんが暗中模索の中で頑張っていらっしゃるんだなとも、改めて思いました。
確かに私は、幼い頃は本当になんにもわかってなくて
「わかってない」ということ自体すら、自分で知らなかったのですから。
でも「もしかしたら教えてくれたことはこのことかな?」といずれ気づきます。
そして気づいてからまたしばらく時間があって「このことだったんだ!」ってわかります。
このあたりは私は高機能なので他の障害の方とは違っていると思いますが・・・
(幼い頃は全くしゃべらず、まともな会話を始めたのは9歳くらいですけどね)

私にとって両親は「両親である」だけでしたが、しかしとても心強い存在でした。
幼いうちは「いつも一緒に居てるなー」ぐらいの認識しかないのですが
幼稚園くらいには「私のことをわかってくれてる人なんだ」って思いました。
(どう表現したらわからないか困っているときは、いちいち確認してくれたから)
(イエスとノーだけは示せるようになりました)
小学校へ上がる頃には「私はこの人のおなかから生まれたのだ」と教えてもらい
親の生物学的な意味を理解しました。
中学校へ上がるまでには「私を無条件に守ってくれる人たちなのだ」と認識しました。
(愛情という基準では考えられなかったけど、大切なのだと、この時点ではわかりました)
今では自分が子供を産み育てる経験をしたことで、初めて親の慈しみがわかってきました。
(それでも標準とはずれてるかもしれませんけど(笑)

だから皆様、親であることそのものに自信を持って、誇りを忘れないでください。
ハンディのある子でも、そうでなくても、親であることそのものが誇りです。
中学ぐらいだと「尊敬する人は?」って聞かれて「なにそれ?」って状態だったけど
今では自信を持って「両親です」と答えられます。私の誇りです。

そうそう、最近ふと思ったのですが
「普通の人は暗号会話で親近感を高める」んだと知りました(笑)
つまり「あの」「どの」など、仲の良いわかる人でないとわからん会話・・・
(主語がない、「こそあど」だらけ、略語、普通の人はみんな好きですね、こんな言葉)
だから私がこだわり趣味をいろいろ持っていて、趣味の話なら
上記の暗号会話になっても大丈夫だからやっていけてるんだろうし
友達がいっぱいできたんだと思います。
いまだにご近所の井戸端会議会話は理解ができませんけど、聞いてるふりだけして
さっさと「用事あるから先帰るね」って逃げております。
逃げですが、私にとっては心乱さないための「守り」です。
ちょっとアスペ当事者からヒントになるかと思って書きました。

>水兎さん
サイトを見てくださったんですね、ありがとうございます。
どうか無理はされませんよう、ゆっくり休んでくださいね。
うちはダンナがうつ持ちなので、辛さはわかるつもりです。
危険信号が体に来るのが同じなんですね。お互い気をつけましょうね!

http://motom.pinky.ne.jp/


ととろさんへ 投稿者:かずりん  投稿日: 5月30日(金)21時05分14秒

私もまつこさんと一緒でずうずうしくはないと思いますよ。
入園してからのお子さんへの対応がどういった形になるのかは、きちんと確認しておいた方が良いと思います。

>仮に 加配が付いたとしても、息子専属ではなく、全体に付くような気もします。

うちの子も専属といってもべったりとくっついておられたわけではないんですよ。
学年全体の補助の先生がつかれたので、他の子供達の面倒を見ながらも次男には特に気をつけているという感じでした。
ひとりでも機嫌良く遊んでいるときはそっとしておき(先生の手の空いている時はさりげなく遊んでいるところに入ったりもされてましたが。)、手持ち無沙汰になっている時に遊びに誘ったり先生が次男を連れてお友達の遊んでいるところに「一緒に入れて。」と入ったりしておられました。
次男にとっては、つかず離れずのほどよい距離を保ってもらえたという感じかもしれません。
あんまりベタベタとくっつかれるのは嫌な方なので・・・。

>幼稚園に入園しても、最初の子供が園に慣れるまでの1〜2ヶ月は、子供と一緒に親も付いていかなければならないシステムの幼稚園です。

私もいい機会だと思いますよ。
うちの子が行っていた幼稚園は、入園して一ヶ月は親が出入りすると入園したての子供達に里心(?)がつくと言われ、どの親も出入りできませんでした。
出入りが解禁されてからは、PTAのお手伝いやサークルに顔をだし出来るだけ幼稚園に行って子供の様子が見られるようにしていました。
しょっちゅう顔をだしていると子供達も「じゅんくんのおばちゃ〜ん」と声をかけてくれて、すっかりなつかれてしまいました。
おそらく、ととろさんも子供達になつかれることでしょう。


まつこさん、かずりんさんへ 投稿者:ととろ  投稿日: 5月31日(土)01時50分35秒

お二人の前向きな文章に勇気が出ました。
しばらの母子通園で、幼稚園の様子を見ながら、色々考えてみたいと思います。私が息子に付いて行っていたら、年少の子供たちに なつかれるというのは考えてもいませんでした。それも楽しみですね。頑張ります。ありがとうございました。


はじめまして。 投稿者:じょん  投稿日: 5月31日(土)02時16分14秒

自身がADHDかも。と悩んで色々検索していたらぶち当たりました。そう思ったのは現在3年の娘の登校渋りがきっかけです。もともとかんしゃくや鬱っぽい所がありました。1年の時"宿題をやっていないから行きたくない”という理由で渋りだしたのをきっかけに段々酷くなりました。学校まで連れていっても、車から降りるのに激しく抵抗、男の先生と二人がかりで教室まで抱えていきました。人前であろうがなかろうが癇癪がパニック状態になり手がつけられませんでした。エクソシストのリーガンみたいに。言い過ぎじゃなくてホントそうなんです。そうかと思えばいきなり押し黙ってうずくまり、何も喋らなくなったり。まだまだ沢山気になることはあるんですけど。そんなこんなで児童精神科を受診しましたが、軽くあしらわれてしまいました。他のカウンセラーには子供を障害者にしてまで自分を正当化したいのか!みたいなことまでいわれるし・・・。正当化したいわけじゃない、解決策を導き出したいだけなのに。今は信頼できるカウンセラー(不登校のですがASやADHDも診てくれる先生です)に出会えて、落ち着いていますが、カウンセリングの翌日に万引きで補導されたり、もうトホホです。(T.T)5月になってまた渋りが再発しています。またまた「この子はひょっとして・・・」の考えが足りない頭一杯に駆け巡ります。異常なしと言われつつ、結局そうだったって方、経過を教えて下さい!冒頭にも書きましたが、私自身もちょっとケがあります。片付けられない、キレ易い、遅刻多し、思春期にはよく意味もなく吠えてたし。(吉田 栄作かい)家族でマチに出れば”わざと”迷子になってたし。問題児は遺伝するっ!?


じょんさん 投稿者:みっき  投稿日: 5月31日(土)14時07分26秒

ADHDかどうかはともかくとして、

>人前であろうがなかろうが癇癪がパニック状態になり手がつけられませんでした。

これは、本人が一番辛いことなんじゃないですか?
登校を嫌がるのは、何が原因かわかりませんか? 宿題をやってないからという理由以外にありそう。
友達関係、先生の対応、学校で自分にとってイヤなことがあるとか、悩みとか、
お嬢さんの様子をご覧になってて、何か具体的なことはわかりませんか?

>児童精神科を受診しましたが、軽くあしらわれてしまいました。

ということですが、ADHDについては軽くあしらわれたという意味でしょうか?
登校を渋って、パニック状態になることに関しては、何かアドバイスや手立ては
教えていただきませんでしたか?

>信頼できるカウンセラー(不登校のですがASやADHDも診てくれる先生です)に出会えて、落ち着いていますが

カウンセラーの先生は、どのようにおっしゃってます?

>問題児は遺伝するっ!?

問題児という決め付けではなくて、今現在、問題行動を起こしてしまっている状態を
何とかしてあげたいですね。
くりかえしますが、本人が一番、辛いんです。障碍の有無にかかわらずです。
そこのところを理解してあげないと、診断がつこうがつくまいが、解決策にはつながらないのでは?


じょんさんへ 投稿者:もっきゅ  投稿日: 5月31日(土)17時42分37秒

>車から降りるのに激しく抵抗、男の先生と二人がかりで教室まで抱えていきました。
これって、本人にとって一番つらい…。うちもまったく同じでしたから。学校に行ってくれさえすればと、私が着いていったり、それでもだめなのでお友達のお母さんに頼みましたが、「うちの子にまで影響したら…」と拒否され、結局はじょんさんと同じことをしました。学校の中では「話さない・黙ったまま」「すぐ泣く」など、家ではその反動で「暴れる」「奇声をあげる」など、もうお手上げ状態でした。いじめもひどくなり、そしてとうとう、去年の2学期から「もうがんばれっていうなあっ!!」という言葉とともに小学1年にして登校拒否となり、とりあえずと精神科へ行きました。その時は「軽度発達障害」という診断名でしたが、もっと詳しくと思ってほかでもう一度診ていただいたら「自閉症の疑い」と言われました。そこではこれからどうするべきかということを何も言われなかったので、またまた自分で調べ、そして見つけた療育施設に週1回通うことになりました。そこでは、「学校や人に恐怖心があるので、今の状態での登校や大勢の人の中に入れることは無理でしょう。ここでゆっくりやっていきましょうね」と言われました。それなので、24時間、癇癪の嵐を受け、こだわりに泣き、ちょっとしたきっかけのパニックにこっちもパニックを起こしたくなりますし、家の中ことは半分もできてませんが、スタッフの方とのメール交換やここで皆様とお話しできることで、励まされ、救われております。
>正当化したいわけじゃない、解決策を導き出したいだけなのに。
私もそう思っていました。今でさえ、主人や姑、小姑、自分の両親、そして担任にまで、なかなか今の状態を理解してもらえてませんし、しまいには私が精神科に通うべきだとさえ言われていますが、1つ1つやっていけばいつか…という思いで頑張っています。
私は7年間悩み苦しんできて、ようやく解決策を見つけられたような気がしています。じょんさんのお子さんもうちと同じというわけではないかもしれませんが、もう一度、何かそういう施設が見つけられればいいですね。
うちの子は今休学という形をとっていますが、そういうことはできませんか。あまり進めることではないのですが、苦しんでいるのはお子さんなんです。一度、お子さんや担任の先生とじっくり話し合ってみてください。そして、カウンセラーの方にも思いのたけをぶつけてみて…。

掲示板過去ログ案内に戻る