2003年6月その3
りのさん 投稿者:まつこ  投稿日: 6月11日(水)10時05分42秒

自閉症と難聴の重複ということでは、
毎日の生活の中でさまざまに難しい問題があるかと思います。
二箇所への通園は大変でしょうね。
今、いちばん困っていることや、心配なことはどういうことでしょうか?


謎のタヌキさん 投稿者:まつこ  投稿日: 6月11日(水)10時11分12秒

>良い意味で「変」な先輩ばかりで、非常に楽しいです。

私も高校の時の「音楽部」の先輩に「ヘン」な人が多くて
「ヘン」な方がフツウの集団だったせいか、とても居心地がよかったですね。
大学生になったOBが楽器を持ってふらあ〜っと遊びに来て
不思議な話をして帰っていく、そういうクラブでした。


謎のタヌキさん 投稿者:ととら  投稿日: 6月11日(水)11時09分41秒

口の周りの筋肉を鍛えるには、
ヨーグルトやプリンのようなものを
太め(ここが大事!)のストローで吸うといいそうです。

この前、講演で聞いてきたばっかりです。

かくいう私も中学時代は吹奏楽部でアルトサックスを
少々やっていました。


たんとさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日: 6月11日(水)11時49分35秒

いろいろと大変そうな状況でいらっしゃるのですね。

まず、子どもがADHDや自閉症を持っている場合、子育てには通常の何十倍、時には何百倍も手がかかるようになります。
これだけは、大前提として持っていてください。
そういった障害を持たない子どもであればOKの子育ても、この子たちに対してはOKになりません。
もちろん、普通の子育てにだって大小様々な困難や問題は起こりますが、その大きさと頻度が違います。
普段、その子との関わりがあまりない人は、しつけのせいだ、うんぬんと言うだろうと思いますが、そういっている人自身に同じような障害を持つ子が生まれたときには、やはり同じように苦労するのです。
もしかすると、私たちよりもっと苦労することになるのかもしれない。
障害について知らない人たちの意見は、参考にできる部分はあったとしても、全面的に子育ての舵取りを任せるわけにはいかないですよね。

私は、腐乱検死体さんもおっしゃっているように、主治医の判断を信じて、
>可能な限りあらゆる手段を使って、何とか投薬を説得できるよう頑張ってみられたら
良いのではないかと思います。

もちろん、薬を使えばすべて問題解決するわけではありません。
リタリンの解説のページにも書いておきましたが、あれは本人が「適切な行動を学ぶための基礎を整える」ためのお薬です。
飲めばたちどころにADHDの困難が解決する、と言うわけではありません。
(うまく効けば、多動そのものはかなり落ち着きますが)
ただ、その子がADHD特有の多動や衝動性のために、自分が今何をするべきか、とかどう行動するのが正しいか、を学べないでいる場合、お薬の助けでそこが落ち着けば、かなり学習効率が上がることになります。
(この場合の学習は、国語や算数のような学科学習だけでなく、日常生活において学ぶべき様々なこと全般をさしています)
ADHDを合併しているお子さんなら、ADHDの多動・衝動性の部分が落ち着くことで、自閉に必要な対応が効果を上げる、ということもあるだろうと思います。

それから、衝動性には、主治医の先生もおっしゃっているように、てんかんのお薬が効く場合が多いです。
どのお薬を使うかは、お医者様の判断になりますが、「効果があるだろう」と言われているからには、試してみると良いのではないかなぁ、と本当に思います。

ご主人の後ろにそのご家族、特にお姑さんがいて、それが説得の妨げになっているのであれば、やはり、お姑さんを主治医に説得してもらうのが良いのではないでしょうか。
お孫さんをかわいい気持ちはもちろん、よく分かりますし、そんなふうに見てもらっていることはありがたいことだと思いますが、でも、ほんとうにその子を心配してくれているのであれば、その子に必要な手だてもきちんと認めてもらいたいと思いますよね。


http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


たんとさんへ 投稿者:カンガー  投稿日: 6月11日(水)12時02分12秒

>どうして他のお友達は出来るのに自分は出来ないのかと聞いてきたり

はい、うちでもよくあります。
「練習すれば、できるようになるよ」と言ってきかせています。
もちろん、練習して出来ることと、出来ないことがあるとは、思います。
でも、本人にやる気があるので、少しずつでも出来るようになっていけばいいかなと思っています。
先日の運動会でも、どうしても1人だけ肩膝立ちができなくて、相当本人もがんばって、当日はみんなと同じように出来ました。
先生はひとりだけしゃがむ形でかまわないと言ってくださったのですが、本人が納得しませんでした。
家族に出来ることは、どういう工夫をすれば、とりあえず出来るようになるか考え、教えてやることでした。
左右の足の幅は前後、左右、どれくらいとるのが安定しやすいか、お尻はかかとに乗せるほうが楽か、それともあげているほうが楽か等など。
みんなには、できるのに、自分には出来ないこと、みんなは我慢できるのに、自分には我慢できないこと、みんなには理解できるのに、どうしても自分にはわからないこと、そんなことがたくさんあることに気がついて、娘も苦しんでいます。
「いつかできるよ、だからがんばろうね」と言うと、「がんばる」と答えてくれます。
なんだか、かわいそうになるときがありますが、本人に、やりたい、がんばりたい、方法を教えてほしいという気持ちがある限り、ひとつひとつ子供の様子を見ながら、教えて行きたいなあと思っています。
簡単にはいかないことのほうが多いですが、あきらめず、小さな積み重ねをしていくしかないかなと思っています。


たんとさんへ 2 投稿者:カンガー  投稿日: 6月11日(水)12時27分50秒

>それからどのように質問が続くかということですが、例えば

これも、同じ。
内容も似ていますね。
私もずっと悩んできたことです。

とりあえず、ひとつ娘と約束をしました。
家では良いけれど、外ではやらないということです。
たとえば、マンションのエレベーターの中、電車の中、学校の授業中などです。
短い質問はいいけれど、延々と続く質問は外では禁止してしまいました。
家の中では、できる限り娘の質問に答えます。
辞書をひけば答えが出るような類のことは、自分で辞書をひかせます(ここの掲示板で教えていただいたことです)。
辞書には答えが載っていないようなことは、私が答えます。
私にも答えようが無いときは、「ルーはどう思う?」と聞き返します(これもここの掲示板で教えていただきました)。
子供が答えられないときは、「じゃあ一緒に考えよう」と提案し、一緒に考えます。
私も人間ですから、あまり長くなったり、疲れているときなどは、逃げることもします。
「ママおつかいにいってくるから留守番しててね」と家をでてしまうこともあります。
トイレにこもったり、シャワーをあびることもあります。
実家の母に電話したりもします。
電話中に話しかけてきたら、「今、ママ何してる?」「電話」「電話で人と話をしているときには、ルーとお話できないんだよ。」と言い、静かにしてもらいます。
何か集中してやりたいときに、話しかけられると「今、ママ、何してる?」と娘に聞きます。「本読んでる」。「「そう、本を読んでるときに、しつこく話しかけられたら、どう思うかな?。ルーならどお?」などというような話をして、相手の状況を考えて動くことも教えています。
まだまだ難しい部分ですが、少しずつですが、今話しかけて良い時かどうか、考えてくれるようになってきました。
学校でも、担任に話しかけて良い時と、悪いときがあることがわかって、ちゃんと待てるようになりましたと言われ、少しずつ出来るようにはなってきたかなと思っています。


りのさん 投稿者:maki  投稿日: 6月11日(水)13時52分13秒

1つでも大変なのに、コミュニケーションがとりにくくて大変なのでは?とお察しします。
自閉症に詳しい先生でも、聴力には詳しくなかったり(その逆もあったり)で、とまどわれることも多いのではありませんか?
でも、早くに2つのしょうがいが発見されて、専門機関でケアが受けられたのはとてもラッキーなことだと思います。
素人の私の感想ですが、手話は口で話す言葉よりも、より相手と真正面から向かい会わなくてはならず、人との係わりが薄い自閉症傾向の子供は、苦手なのでは・・という気がします。
ですから、目でみて分かりやすい絵カードの方が、今は良いのでは・・?園とかスーパー、近くの駅とかよく行く所の写真とか、身近な人の写真を見せて、出かける時、スケジュールを提示してあげると、本人にもわかりやすいのではないかなと思います。後は、動物園だとか出かけた場所の写真をスケッチブックのようなところに貼っていつでも見れるようにして絵も描いたりしたら、楽しめますよ。経験や思い出を親子で共有できるようにしていくと、後々、言葉やコニュニケーションにつながっていくのではないか?と思います。


おお、 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 6月11日(水)20時06分05秒

私は、パーカッション。
吹奏楽クラブが作れるかな?


謎のタヌキ様 投稿者:るんるん  投稿日: 6月11日(水)20時24分11秒

実は私も中学からずーっと楽器吹いてます。それも、アルトサックスとクラリネット。。。
楽器仲間よーーー。息子Pもラッパ吹き!!!
舌を鍛えるコツはねぇ、メトロノームに合わせながら、下の音から16部音符のタンギングで半音階で上がって、さがる練習がいいよ。(ド・ド#・レ・レ#・ミ・ファ・ファ#・・・・とね)メトロノームは慣れたらだんだん早くしていくの。今日は=100までできたなんてはげみになるよ。(SAXなら下のドから上のドくらいで十分ね)
どうかしら?またやってみてね!


もそもそもそ 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 6月11日(水)22時34分50秒

市教研があるとかでクラブができなかった。残念。
先生たち(顧問含む)が全員出払っていたわけで、
吹奏楽部とか、先生がいなくても部長さんが仕切ってクラブをやれるのに…と皆漏らしていた。
で(何)、先輩たちと一緒に帰ってきた。
とてもブラックな空間が広がっていたことに気づかなかった自分はなんだ。
そう、うちのクラブは変というよりブラックなわけで。
学生の本分を逸脱するような人はいませんよ
(念のため。みなさん根がしっかりしていらっしゃるので)

>空音さん
リコーダーもSaxも所詮木管なわけですが…
音量は充分だと言われたので、とりあえずテクニック面が必要かな、と。
ロングトーンは何とか続いてるんですが。

>saraさん
ホルンですか〜。一緒に帰ってる先輩もホルン(関係なし)。
当面の目標は、「腹筋を割る」です。
割れたらビキニもきれるよね〜と先輩と話しておりました。
夏のお嬢さん
ついでに指も動かないという悪夢。
>曲
とりあえずヒット曲が多いです。今ごろの時期だとどこの吹奏楽も
コンクールに向けて忙しいのでは。
コンクールの課題曲はヒミツですが、自由曲は、「ローマの祭」とか
いう曲で、ぜんっぜんどんな曲かわかってないのに(一年だからか)
顧問から練習しろといわれました。

>まつこさん
吹奏楽は変というのがもはや定説。
楽器の腕と比例して変なのです。
ねっ>変というよりブラックな方向の先輩方へ

>ととらさん
やってみます。あさって以降のおやつに挑戦してみます。
食すのではなく吸うのがポイントですね。
太目のストローで思い出しましたが、中華街で売っている
大きい黒タピオカ入りミルクティーで鍛えられますかね。
あれ好物。ぐにぐに感が美味いです。

舌の件ですが、三連符等のタンギングで、ひたすらトゥトゥトゥ(エンドレス)
というが如く舌を動かさなければならないので、舌の技術が必要なのです。
ようは慣れですが。

うちのクラブはやたらと人が多く(67人)、夏のコンクールでは
四十五人ぐらいしか出られないので、オーディションで
出る人を決めるそうです。
くわばらくわばら。


りのさんへ 投稿者:ケロ  投稿日: 6月12日(木)00時18分19秒

はじめまして。私は難聴児を持つ母です。
息子さんが通われている聾学校がどのような方針の学校かわかりませんが、
だいたいこんな感じよね?と想像してレスします。

幼稚部では絵カードや写真カードを活用しているし、
何をするにも事前学習をしっかりやっていると思いますので、
どちらもきっと自閉の子にとって良いことなんじゃないかなと思います。

ただ、聾学校というのはやはり非自閉であることが前提の指導が多いですから、
お子さんにとって苦痛なこともあるかもしれないなと思いました。
それでも生徒数が減っていることもあって、
重複の子(近年、割合が増えてるそうです。単に以前は気付かれてなかっただけ??)
に対するきめ細かな対応もなされるようになってきていますね。

二つの機関に通っているとのことですが、どちらの方が楽しそうですか?
または、どちらの方が嫌がらないことが多いでしょうか。
そのあたりから、息子さんに今必要なことが見えてきませんか?
子供って(大人もですが)、好きなことから伸びるものだから。

広〜い意味で、どちらもコミュニケーションに困難を抱えているということで、
それぞれの使えそうなところは取り入れ、重複ゆえ使えないものは切り捨てて、
「ウチの子仕様」を考えてみてはどうでしょうか。

>何を目標に療育に取り組んでいけばいいのかわかりません。

あまり先々のことまで考えすぎないで、
今困っていることの解決からでいいのではないでしょうか。
「とりあえず生活習慣」とか、
「とりあえずイエス/ノーだけはしっかり伝えられれば」とか
ピンポイントに絞って1つ1つ解決して行くってのは、どうでしょう?
試行錯誤の中から次第にコツがつかめてきて、他の事にも応用できたり、
あわせワザで相乗効果があったりするかも。


面白いですね 投稿者:ひいろ  投稿日: 6月12日(木)00時45分24秒

吹奏楽器は肺活量が少ない私は絶対できないので、譜面を書く事しかやった事がない人(笑)

タンギングで検索してみたら、結構面白かったですわ。
舌の動きを強化したいという事でしたら、楽器抜きで「タタタタ・・」と唄うのが1番かも。
タ行以外でやってもいいそうですよ(微妙に音が変わるそうです)
ロングトーンというよりは、いかに「音を調整するか」って事でしょうね。
1番難しい所かもしれません。

以前ある先生に「自分の頭の中にある音は、今弾けなくても必ずクリアできる」と
言われた事があります。「こうゆう風に弾きたい」という気持ちさえあれは、きっと大丈夫。


タンギング 投稿者:朝倉玲  投稿日: 6月12日(木)08時43分50秒

>舌の動きを強化したいという事でしたら、楽器抜きで「タタタタ・・」と唄うのが1番かも。

それ、ほんとうにそうだろうと思いますよ。
私は学生時代、吹奏楽ではなく合唱をやってきたんですが
「タタタタ・・・」と歌うことが(鼻歌程度でも)多くて慣れていました。
授業でリコーダーを吹くと、指使いはあまりうまくいかないのに
タンギングだけはばっちりできていましたからね。
歌うことは肺活量も増やすから、これだって立派な練習だろうと思います。


口の周りの筋肉なら 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 6月12日(木)10時06分06秒

ゆっくりと「あ・え・い・お・う」と動かすのはいかが?
それに伴って舌も大袈裟に動かしてみるとか。
ちなみに、「う」は、「タコぐち!」のイメージで。

実は私も朝倉さんと同じで、学生時代は合唱をやっていました♪
そしてやはり、「変な人」がたくさんいたので、楽チンでした(笑)。

ちなみに、末妹が吹奏楽でアルトホルンでした。フモン館に聞きに行った事あります。
…末妹もやはり変な人つうことだな。きっと(爆)。
曲は、バーンスタインの「キャンディード序曲」が好きです。


本を探しています 投稿者:P-suke  投稿日: 6月12日(木)11時37分52秒

小学校1年生の男の子の母。
健診のたびにつまづいていた子ですが、就学児健診はなぜか通り普通クラスに通っています。
友人に私が発達のことで悩んでいると話すと「○○ちゃん全然普通じゃ〜ん」と必ず言われました。そう、ウチの子はボーダーラインの子と言えます。
しかし、今普通クラスに通ってはいるけれど、他の子供たちとはあきらかに違い、私も先生も大変苦労しています。
先日ネットをうろついていると「共生幼児精神病」という文字が飛びこんできました。母親との強い繋がりを特徴とするこの症状が実にわが子の様子にそっくりなんです。今は「自閉症」に含まれるそうですが、「共生幼児精神病」についてもっと知りたくなりました。
やはりネットでこれを扱った本を探しているのですが、今のところありません。誰かご存知の方がいれば教えていただけませんか?
ちなみに「精神科診断学 18 vol.5 No.2」については、出版社に問い合わせたところ品切れ中で、返品があったら連絡を頂くようにお願いしてあります。


みなさん、ありがとうございます。 投稿者:りの  投稿日: 6月12日(木)18時30分30秒

まつこさん、困っていることはたくさんありますが、一番は、コミュニケーション手段が少ないことです。カードや写真、手話や身振りで多少のことは伝わっているようですが、うまく伝えられないことの方が多いです。生活の中や学校行事などで、子供が何をしていいのかわからなくなって怒ったり泣いたりするとき、本当に情けなくなります。子供側からの発信はほとんどありません。クレーンか、たまに、カードを抜き取るくらいです。音に対する関心も薄く、聴力検査がはっきりとできません。姿勢が不安定で指先の細かい動きが苦手です。生活習慣面で自立できていることはほとんどありません。

makiさん、
〉動物園だとか出かけた場所の写真をスケッチブックのようなところに貼っていつでも見れるようにして絵も描いたりしたら、楽しめますよ。経験や思い出を親子で共有できるようにしていくと、後々、言葉やコニュニケーションにつながっていくのではないか?と思います。

このごろ自分のアルバムを出してずっとみているので、遠足や運動会の写真を子供用のアルバムにピックアップしてみようと思いました。(最後は破ってしまうので)実際の場ではほとんど関心がなさそうなのですが、多少なりとも記憶に残っていけばいいな、と思います。

ケロさん、どちらの機関もそれなりに楽しんではいるようです。ただ、聾学校はケロさんのおっしゃるように難聴のみの非自閉的な子供の指導が主なので、集団行動や諸行事が多く、重複クラスの先生は子供にとって無理のないようにいろいろ配慮してくださっていますが、やはりちょっとつらそうです。

 聴力がはっきりしていないとはいっても、かなり重度の難聴です。手話もほとんど見ず、自分からの発信もなく、音に対して関心が薄く、音源に対する興味がない。時々、聾学校へ通う意味ってあるんだろうかと考えてしまいます。


聞いた話ですが 投稿者:sara  投稿日: 6月12日(木)18時39分06秒

自閉症の子どもが、聾学校に入学したことがあり
(聴力には問題がなかったのですが)
話し言葉・聴く言葉ではないコミュニケーションの方法を学習して
そのお子さんにとっては、得るものがあったと聞いた事があります。


なるほど〜 投稿者:空音  投稿日: 6月13日(金)09時23分41秒

>謎のタヌキさんと吹奏楽なみなさん
タンギング・・・!忘れてた(爆)
リコーダーでも言われてたし、練習もきっとしてたはずやのに〜。
音量が十分ってうらやましい〜!私はとにかく肺活量が大変でした。
吹奏楽には憧れましたが中学には吹奏楽部がなかったし、高校は自分の精神状態が大変で
クラブ活動完全拒否してました(^_^;)
私は専門が鍵盤楽器(エレクトーン)なのでなんともはずしまくりですね。
ちなみにエレクトーンの世界も自分(AS)と似た傾向の方が多い気がします。
結構ディープでコアな世界ですので(笑)

>P-sukeさん
お近くの図書館で所蔵がないか問い合わせされましたか?
なくても大きな図書館から取り寄せてくれるそうですよ。
部数の少ない専門書でも以外と図書館には置いてあったりしますので。

http://motom.pinky.ne.jp/


りのさん 投稿者:まつこ  投稿日: 6月13日(金)09時34分18秒

>音に対する関心も薄く
ということは、音に全く反応しないわけではない、と考えていいですか?

例えば、少年(自閉症)は、小さい頃、人が呼びかける声には全く反応しなかったり
寝ている時に掃除機をかけても平気でしたが
コップに氷をいれる「コロン」という音や、ポテチの袋の「ガサガサ」という音には
とても敏感に反応してくれるので
寝かしつけている時に旦那がそーいう音を立てると台無し、という記憶があります。

オージオメーターでの聴力検査は今(小6)でも正しくできているのかどうか、
怪しいものです。
どの音を聞いてどのタイミングでボタンを押せばいいのかが、
本当にわかっているかどうか????

お子さん、3歳ですよね。
好きなもの、好きなことは何でしょう?
お子さんの好きなことをコミュニケーションに使いましょう。

>生活習慣面で自立できていることはほとんどありません。
ほとんど、ということはできることもありますね。
何ができますか?

補聴器をつけたり、療育に通いだして期間はどれくらいになりますか?
生活に変化があるとどんなお子さんでも慣れるまでしばらくかかります。
お子さんのためにもりのさん自身のためにもできるだけ楽しい時間をもてればいいなと
思います。


またまた、りのさんへ 投稿者:ケロ  投稿日: 6月13日(金)12時07分26秒

> 聴力がはっきりしていないとはいっても、かなり重度の難聴です。

3歳の難聴児って、非自閉でもなかなか正確な検査をするのは難しいです。

幼児の場合、
「(音を聴いて)ん?という顔をしたのを、周囲がにこにこ顔で返してくれる」
のを喜ぶような子だと比較的検査しやすいのですけどね。

音が聴こえたらボタンを押すというような検査は、
「ルール」というものの理解ができてないと無理ですね。
そのために聾学校では、ルールのある遊びをよくやってるでしょう?

聾学校、確かに集団行動と行事は多いですね。
通う意味があるかないかは、う〜ん、難しいな。
「片方だけの方が良い」とか、
「本人に苦痛」というのがハッキリするまでは、いいんじゃないかなぁ。
子供は少人数で先生の数は多いから、きめ細かい対応をしてくれる幼稚園くらいの位置づけで。

難聴児であることは確かだけど、今ははっきりした聴力レベルよりも、
どうしたら意思疎通ができるかを考える時ですね。
手話にしてもカードにしても、「使うと便利な道具」だと分かってもらう。
音というものが、「何らかの合図」である場合もあるということを分かってもらう。

> 好きなもの、好きなことは何でしょう?
> お子さんの好きなことをコミュニケーションに使いましょう。

ですね♪


プール開き 投稿者:ガンコママ  投稿日: 6月13日(金)18時59分23秒

娘(小1、高機能自閉症、普通学級)の学校で来週の月曜日にプール開きが
あります。今日担任の先生から、プールの授業の時は私に付き添ってもらい
たいと電話がありました。
来週は月、火、水とプールがあり、月曜日は3,4時間目がプールです。
付き添うには下の子(3歳、自閉症)の預け先を見つけなければならないし、
週に2回は母子通園をしているので毎日はちょっと無理かも、と言ったので
すが学校の方も応援の先生が全くいないし、先日プール開きで小学生が溺れて
無くなったという事故のニュースもあるし万一のため・・・と言われました。
とにかく初日の月曜日は本人も不安があるだろうし、何とかやりくりして
付添い、その様子を見て火曜日以降のことを決めたいとお返事しました。

娘の場合、水遊び自体は好きなのですが、周りがきゃーきゃー騒いだり
水しぶきがかかったりするのが嫌みたいで、幼稚園のひざまで位の浅い
プールにもほとんど入らなかったそうです。だから学校の深いプールは
たぶん恐がって入ろうとしないと思います。でも去年の夏休みに家族で
大きな波の出るプールに行った時は、頭から波をかぶったりしてもめげ
ずに浮き輪で泳いでいたのです。周りの雰囲気によっては全くプールが
だめというのでもないので、どうにかして楽しくプールの授業に参加
できるようにしたいのです。

学校のプールに付き添った経験や、プール嫌いを克服した経験のある方
いらっしゃいませんか?


はーーい、行きました 投稿者:sara  投稿日: 6月13日(金)20時16分23秒

1年生の時行きました。
その時、妹は保育園だったので、付添えましたが。

プールの授業では、バディといって、2人で1組になって、活動する場面が多いですね(安全面もあると思います)
30人以上の児童、しかも、初めての1年生のプール授業は、先生も緊張するでしょうね。

付添いは、どのような事をするのでしょうか?
私の場合、安全確認のため、子どもから目を離さないことでした。

最初のプールが終われば、先生もガンコちゃんの緊張も解けるとおもいますが。

息子の場合、プールでの活動よりも
曇りなのに、水温が低くて、プールが中止になった時の対応が、大変だったようでした。
今思えば、懐かしい♪


りのさん 投稿者:ひいろ  投稿日: 6月13日(金)23時23分02秒

小2自閉症♂の母、ひいろです。知的障碍もあります。

>一番は、コミュニケーション手段が少ないことです。カードや写真、手話や身振りで多少のことは伝わっているようですが、うまく伝えられないことの方が多いです。

うちの子の場合ですが、写真でのコミュニケーション方法がよくわかったみたいです。
よくスーパーの広告をじーっと見つめてたので、「ジュースは?」などと言うと
指差したりしていました。でもジュースと聞いても醤油も指差ししてた事もありましたっけ?(笑)
要するに形で分類していたのだと思います。

ただそれも3才くらいの頃は「気が向いた時」とかが多く
毎回そうやってコミュニケーションを取れた訳ではありませんでした。
要するに「ぬかに釘」状態でした(笑)

>子供側からの発信はほとんどありません。

うちの子はこちらが何をやっても、全く知らんぶり。
無理矢理何かをさせようしても、それを予測する事にはとてもたけていて
見事に逃げまくっていました(爆)
なので知的な遅れもあるので、私の言っている事なんか全然わかってないんだろうなと
思ってました。つい、この間まで(笑)

最近、突然何年も前に教えた動作模倣(手話)を自分からやりはじめています。
大抵が1年位前のものが多いのですが、もっと昔の事を想いだしたように
やりはじめたりしてます。あ〜、無駄なんかじゃなかったんだと
びっくりする毎日です。

言葉をもたない自閉症の子供とコミュニケーションを取るのは
本当に大変なのは、身をもって実感しています。
答えを見つけてやりたいけど、やっぱりなかなか上手くいかない事も多かったです。

7年も付き合ってると、6〜7割くらいはわかるようになったかな?
でもわかってやれない事もたくさんあります。
最近はもうそうゆう時はね(笑)・・・開き直っちゃいまあ〜す♪
「ごめんよぉぉ、かーちゃんは、わからんのだよ。
でも悲しいのはわかるよ。ごめんな」と言います。

その気持ちは、後々子供にじわじわと効いてくると思います。
でもなぁ・・3才は大変ですよねぇ。はあ〜、想いだしてしまった。
りのさん、体調だけはお気をつけて下さいね。


ほよっ? 投稿者:ひいろ  投稿日: 6月13日(金)23時32分15秒

>ちなみにエレクトーンの世界も自分(AS)と似た傾向の方が多い気がします。
>結構ディープでコアな世界ですので(笑)

呼びました?(爆)
空音さん、この間は突然お邪魔して失礼いたしました。

音楽をやっている人に「あなたは変人ですね」とい言うのは、誉め言葉ですよ〜♪
「変わっている」「個性がある」がウリの稼業ですからね。

大学の時に流行った遊び。メジャーの時をマイナー(逆もやる)にして演奏する。
それだけなら結構やる人はいるんですけど、
うちらの間で流行ったのが「ちょうちょ葬送曲」
ひとりがピアノでちょうちょをマイナーで葬送曲風にひいて
みんなそれに合わせてピアノの周りで泣くっ!
「きれいなちょうちょだったのにぃ」とか言って(爆)

・・なにが楽しかったか、今考えるとよくわかりません。


少年の場合 投稿者:まつこ  投稿日: 6月14日(土)09時01分20秒

>水遊び自体は好きなのですが、周りがきゃーきゃー騒いだり水しぶきがかかったりするのが嫌みたいで、
>幼稚園のひざまで位の浅いプールにもほとんど入らなかったそうです。

うちは就学まで療育センターでしたし、就学後も介助の先生がついてくださっていたので
私(母)は付き添っていませんが、

少年の場合、そもそも体が過緊張なのに、気温も水温も低い梅雨時の水遊び・プール遊びでは
いよいよ体ががちがちになって、唇を紫にして震えだすことがありました。
そこまで寒いとは思えないときでも、です。
慣れるまでに20分ぐらいかかって、やっと体がなじんでくると動き出しました。

小学校のプールでのネックは最初のシャワーです。
とても冷たいのもイヤなのに、密集してシャワーの下に立ってみんなの阿鼻叫喚にまみれるのがいやで、
2度目から完全拒否。
(みんなが「地獄のシャワー」と命名したのもイヤだったかも)

それでも、「プールに入るときは体を流す」決まりは守らなきゃね、と
介助の先生がホースで水をかけてくれました。
長いホースの中で温まった水なら、大丈夫だったんです。

そのうち、気温もあがってきて、天気のいい、暑い、シャワーが恋しくなるような日に
みんなが「ぎゃーきやーうわー」とシャワーを済ませたあとに、挑戦してみようか?と
事前に約束をして、挑戦して、シャワーを使えるようになりました……。

夏休み中のプール開放にも遊びに行くようになりましたが
(水中を歩いてるだけだけど〜)
学校のプールは広いので、他の子があげる水しぶきがかからないところで和んでるようです。


プールのこと 投稿者:カンガー  投稿日: 6月14日(土)10時23分30秒

うちは付き添いの話は出なかったので、わかりません。
でも、プール嫌いを克服したので、そのことについてかきます。
幼稚園にあがるまでは、「水が顔にかかること」をこわがっていました。
水遊びが好きでしたが、顔だけはどうしてもぬらすのがいやという感じでした。
幼稚園は、週に一度、スイミングスクールからお迎えのバスが来て、授業の一環としてスイミングがありました。
年中、年長と二年間、毎週通ったおかげで、水にもぐることが出来るようになりました。
参観日に、我が目を疑いました。
さすがにプロなんだなあと感激しました。
そして、小1の夏、思わぬことでプールで顔をつけられなくなりました。
虫です。
学校のプールには虫がたくさん浮いていて、先生方が授業の前に必死に網ですくっても、すくいきれないほどの虫が浮いているそうです。
担任の先生も「あれは、たしかに、すごいんですよね」と言って理解を示してくださり、結局、顔を一度もつけることなく、終わりました。
最後に「認定証」がでるのですが、ルーは「級なし」で、まわりはみんな級があって、何度も何度も担任に「ルーは何級?」と聞きにくるので、かわいそうになってしまいました。と報告を受けました。
そのことがあって、またスイミングスクールに通わせることにしました。
泳ぎが上手になり自信がついたら、ゴーグルをつければ、なんとかいけるのではないかと想像したからです。
スイミングスクールの先生方は、赤ちゃんからお年寄りまで指導しています。
水恐怖症の子でも、指導は可能だと思います。
見ていて、さすがだなあと思う場面も多く、驚くほどルーは上達しています。
今年の夏は、学校のプールが楽しみだと言っています。
虫への恐怖心よりも、泳ぐ楽しさが勝っているようで、とてもわくわくしています。
少々お金はかかりますが、プロにゆだねてしまうのも、ひとつの方法かと思います。


空音さん、ありがとうございます 投稿者:P-suke  投稿日: 6月14日(土)10時59分55秒

空音さん、アドバイスありがとうございました。
近くの市立、県立の図書館でタイトルを知っているものは調べたのですがなかったのです。
ただ、空音さんのアドバイスで「やはり狙い目は図書館か」と思い、司書さんに直接訊いてみました。でも、今のところ良い返事はありません。医学部のある大学の図書館なら所蔵してる可能性が高いと言われました。ちょっと遠いんですけど引き続き探してみます。


プールの授業 投稿者:かずりん  投稿日: 6月14日(土)11時38分42秒

うちの次男は特殊学級ですが、プールの授業は交流級で必ず障担がつきそっていました。
ただ、夏休みは障担に出張が入ったりで人手も少なくなり、うちの子供に誰も付くことができないということが何度かあり、その時に私が行ったことがあります。
付き添いと言ってもプールサイドで見ているだけなのですが、暑いし蚊は多いしでこれなら入った方がましとよく思っていました。

授業はsaraさんのところみたいに二人一組というのは無く、人間洗濯機といってみんなでグルグルとプールづたいに歩いたり大きなビート版に何人も乗って遊んだり、クラス対抗で底に沈んでいる碁石をいくつ取れるかを競ったりで自分の子供を目で追いかけるのが大変でした。

うちの学校では、足首くらいの深さから初めて徐々に深くなっていったので、そんなに恐怖心は持たなかったようです。
うちの子も幼稚園のプールでは小さなところにたくさんの子供が入ることになり入ってもすぐに出てしまうこともありましたが、学校のプールはとにかく広いので出ていってしまうこともなくのびのびと入っていたように感じました。

それとカンガーさんもおっしゃっていましたが、場合によってはスイミングスクールに通わせるのもいいかもしれません。
次男は年長の3学期から一足先に入っていた長男と一緒に行き始めました。
最初は水に顔をつけるのも嫌がっていましたが、一年の夏・・・ちょうどプールの授業が始まる頃には潜れるようになり水中で目も開けられるようになりました。
小人数でじっくりと指導をしてもらえるため二人とも楽しんで行っていますし、なによりも自信がついたことは大きいと思います。
次男が学校のプールでのびのびとしていたのは、そのこともあるかもしれません。


ヘンで楽しい音楽系 投稿者:Nave  投稿日: 6月14日(土)19時24分10秒

謎タヌさま、みなさま、こんにちは。
実は私もA.Sax吹き(だった)です。

口周りの筋肉、課題ですよねー。
マ○クシェイクで鍛えるとか、どうでしょう?

音量が十分だなんて、うらやましいな。
私は肺活量はそこそこあるのに、大きな音がでないのが悩みです。
(声も蚊の鳴くような声しか出ないので、なにか根本的な問題が
あるのかも…)

学生の頃に流行った遊び。
一時期、ジャズ系のサークルにいたことがあるのですが、
前を歩く人の足音に合わせて、ウラウラ(裏泊)のリズムで歩く

(んった んった んった んった...)

ってゲームが流行ってました。

…怪しすぎる(^^;)


かずりんさん 投稿者:じょん  投稿日: 6月15日(日)01時08分54秒

丁寧なお返事ありがとうございました。早速リンクしてみましたが、すごく参考になりました。うちの子は全然違うようですね。黙り込むのは癇癪を起こしていじけた時に限定してるようだし、最近は余りそういう状態にならなくなってるので。
>たんとさん
投薬するのに、離婚して親権のない父親の同意がいるんですか?うちは下の子が一歳になったばかりの時に別れましたが、2歳前に心臓手術を受けるのに同意はいりませんでした。投薬と手術では違うんでしょうかね?(泥沼離婚だったので、たとえ同意が必要でも無視したかも(f^_^))


質問あれこれ 投稿者:ととろ  投稿日: 6月15日(日)02時20分19秒

こんばんは。3歳9ヶ月の言語障害を持つ母です。特別児童扶養手当というのは、所得制限があるのでしょうか?また、療育手帳を持っていると、幼稚園で加配が付く可能性あるのは、A、Bどちらも同じでしょうか?

そして、言葉の教室、小学校関係など、障害に対して理解があり、療育関係が充実して住みやすいのは、やはり関西、関東、名古屋などの大都会なのでしょうか?もしかしたら、主人の転勤で四国方面へ異動かもしれないので、子供にとっての良い環境(場所)の希望を申し出ようかと考えております。四国の療育関係の事で 何か御存知の方がいらしたら、メールでも かまいませんのでお教えくださいませ。

また、私の息子は、かなりの言葉の遅れがあり、3歳5ヶ月で滲出性中耳炎が発見され、それから治療開始。言語指導も始まりました。以後、切開、投薬などして、今は、耳の中に水も溜まらず安定しているものの、発音が不明瞭です。滲出性中耳炎と言葉の遅れというのは、つながりがあるようで それも3歳までに中耳炎が発見され、言語指導などが なされないと、言葉の獲得は、かなり難しいと聞き、目の前が まっくら状態です。息子の場合、それだけが原因かどうかは分からないのですが(3つという指の形を作るのが苦手だったり、高い所からのジャンプも苦手など、運動能力も悪い)、親として、毎日一緒にいたのに、なぜ気がついてあげられなかったのだろうと自己嫌悪です。ネットで、言葉について、いろんな情報を読んだりして 一喜一憂して、でも なんだか 軽く考えていた事が そうじゃない現実になりつつあるかな。でも、希望は持ちたい・・・。

今、未就園児を対象にした遊びの場がある幼稚園に遊びに行ったりしていますが、普通の3歳児(園児)と接して 親子共にカルチャーショックです。え?こんな事も話せるの?こんな事も考えられるの?という感じ。。
言葉の遅れは、知能の遅れでもある事を再認識している日々です(悲)。


ととろさんへ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 6月15日(日)08時42分50秒

>特別児童扶養手当というのは、所得制限があるのでしょうか?

あります。

>療育手帳を持っていると、幼稚園で加配が付く可能性あるのは、A、Bどちらも同じでしょうか?

加配は、肢体不自由のために常時介助が必要な場合が最優先です。
次は、多動など危険な行動(目が離せないような)がある場合。
療育手帳は、知的障害の程度で判定されますが、知的障害が重くても日常生活に介助を必要としない場合はつきません。
つまり、療育手帳の程度で加配が付く訳ではないのです。
ただし、自治体によって考え方が違いますからこれは一般的な話です。

さて、地域差の話ですが、残念ながら自治体によってものすごく開きがあります。
同じ県内でも、まったく違います。
また、どんなに良い施設や制度があっても、定員オーバーで利用できない事もあります。
確かに大都会には施設も多いのですが、生活する場としては、自然が豊かで、のんびりした田舎のほうが、危険な事も少なく落ち着いて生活できるというメリットがあります。

あくまでも私の経験ですが、就学前の子どもが通う療育施設がある地域は色んな面で充実している気がします。
「愛媛 障害 施設 子」と言うようなキーワードを打ち込んで、
まずは検索してみてはどうでしょう?
あと、それぞれの県のサイトで情報も得られます。
たとえば高知県なら、↓ こんなページもあります。
http://www.pref.kochi.jp/~kodomo/index.htm


いろいろレス 投稿者:空音  投稿日: 6月15日(日)08時43分49秒

>ひいろさん
ちょうちょ短調バージョンっ!私もよく遊びました。
昨日のレッスンで先生にも「こんなんやりましたよねえ?」って弾いたら
「やったやった!」って受けておりました(笑)
果たして元ネタはいつ発生した・・・?

>Naveさん
んった、んった、んった・・・楽しそう♪
一瞬、中古車買い取りのコマーシャルを想像しました(ゆー●す、爆)<ちゃうちゃう

>P-sukeさん
図書館に蔵書がないなら購入のリクエストをしておくといいですよ。
予算と司書さんの考えがかみ合えば、買って入れてもらえる可能性があります。
私が住んでるところは発達障害の取り組みが進んでいるらしくて
(大人のアスペルガーと保健士さんに言ってもすぐわかってくれた)
書店には出ない論文の冊子や自費出版物も置いてあったりしますから・・・。
(多分リクエストで入れたんだろうなあ) 

>たんとさん
わたしもじょんさんと同じことを思ったのですが、書いて良いやら判断できなくて
だまっておりました・・・(^_^;)
同意は親権持ってる人だけでいいと思うんですけどね。先生の方針かな?

>ととろさん
ネットで検索してみたところ、所得制限あるようです。
でもその制限金額は一般家庭ではクリアできる金額かな?って思ったんですけど。
障害者年金をもらっていると特別児童扶養手当はもらえないみたいです。
大阪府の場合>>>
http://www.pref.osaka.jp/jido/teate/tokuji.html

http://motom.pinky.ne.jp/


音頭 投稿者:まつこ  投稿日: 6月15日(日)09時23分19秒

私は吹奏楽ではなくて、ギター部(クラシックギター合奏)をしていたのですが。
大勢でバッハやビバルディのリズムを付点つきにしてチョチョンガチョンと
「音頭」風に弾いて遊んでました。

かえる道々、くち三味線ならぬ、くちギターで合唱してたり。>かなり怪しい

ギター部なのに、
「俺は指揮がしたくて入部したんだからギターは弾かない」と明言したり
「コントラバスはプロ級だけど、ギターは弾かない」とかいう先輩もいました。
すっごいいかついのにもちネタの18番は「キャンディキャンディのテーマ」とか。
あぁ〜楽しかったナァ。


ありがとうございました 投稿者:りの  投稿日: 6月15日(日)14時46分46秒

〉まつこさん
 今の音は確かに聞こえてる、という音は5種類くらいです。ただ、その音が聞こえる場所は決まった場所でなければ反応しなかったり、決まった人が決まった場面で出す声でなければ反応しなかったりします。
 生活習慣面で完全に自立できていることはありません。でも、やろうという気持ちは少し出てきたと思います。靴をはくとき、こちらが手を出す部分が少なくなりました。
 聾学校には2年、自閉症の療育機関へは1年になります。理解できるサインは15種類くらいになりました。場所やものは写真でいくらかわかるようです。

〉ケロさん 聾学校には健常児との交流学習が週一回あります。うちのばあい、聾学校に行くのが交流になるのかなと考えています。行事についていくのは大変ですが、先生方も参加できる形で楽しめたら、といってくれています。ただ、参加、というものの、人によっていろんな捉え方があるようです。ただその場にいる、他のことをしながら座っている、別の場でもいいから同じことをする。どれがうちの子供にとっての参加になるのか、先生と相談しながら毎回試行錯誤しています。

〉ひいろさん、無駄じゃなかったって思える日が来る…いいなあ。うちもそんな日が来るんだろか、と思ってしまいました。今日、室内で所在なさそうにしている子供に行き先カード10枚位を渡してみました。じっくり見て選んだカードは「買い物用カート」でした。そこで一緒に買い物に行きました。今は子供からの発信はこれだけですが、少しでも増えていってほしいので、子供が好きそうなものや、興味をもったものを見つけるたび写真をとっていこうと思いました。


代々伝わっていくんでしょう 投稿者:ひいろ  投稿日: 6月15日(日)14時52分28秒

>果たして元ネタはいつ発生した・・・?

本当に調を変えるだけで、何であんなに面白いのか。一応頭の練習にもなりますしね。

エレクトーンを一緒に勉強していた友達とよくやった遊びは、絵本に即興で曲をつけていくの〜♪
人魚姫とか、桃太郎とかね。まあ要するに即興の練習ですね。

ひとりが「昔々あるところにおじいさんとおばあさんが・・」と言うと、それ風の曲をつける。
最初はまともやってたんだけど、そのうち脱線して話しがぶっ飛んでって、
どんどん変な話しにいってしまい、そうなると曲もぶっとんでってねぇ〜(爆)
死ぬほど笑ってましたわ。

ジャスをやってる人は、10人いたら9人はお笑い好きなんですよ。
そんな体質がそういう遊びを産むんでしょうね。


りのさんへ 投稿者:まつこ  投稿日: 6月15日(日)16時27分35秒

>うちもそんな日が来るんだろか
来ます。必ず来ます。

>ただ、その音が聞こえる場所は決まった場所でなければ反応しなかったり、
>決まった人が決まった場面で出す声でなければ反応しなかったりします。

ということは、場面と音が結びついていて
その場面ではその音が聞こえるかもしれないと予想していれば聞こえる、
程度にしか聞こえていないのかもしれないですね。
と、考えると「予想する」力は育っていると考えることもできますよ。

>でも、やろうという気持ちは少し出てきたと思います。
>靴をはくとき、こちらが手を出す部分が少なくなりました。
さ、3歳とおっしゃいましたよね。えらいなぁ。お子さんも、りのさんも……
私、子どもが3歳の時、靴もって、追っかけてたような……。


>先生方も参加できる形で楽しめたら
いい先生ですね〜。

>どれがうちの子供にとっての参加になるのか、先生と相談しながら毎回試行錯誤しています。
素晴らしいです。

母子通園も2年を超えると、なかなか辛くなってくるかと思います。
(私だけかな……も〜やだっ、と思ったのは……)

でも、10枚のカードをじっくり見て一枚選べるのって、
かなりのコミュニケーション力ではないか、と思います。

お買い物、好きなんですか?


介護教員免許 投稿者:ナオ母  投稿日: 6月15日(日)16時40分38秒

時々覗かせて貰ってます。小4になる息子が、知的障害の特殊学級でお世話になり、
私自身は、小学1年生のクラスで補助指導講師をしてます。
先日、資格取得のあるホームページで介護教員免許というのがあるのを目にしました。
平成17年度から、特殊が廃止になり、普通学級に講師や介助員を置いて障害や発達に遅れのある子も共に行こう?すごそう?生きよう?というふうになると耳にしてます。

親としてそれが本来あるべき姿だと思いつつ,どんな方についてもらえるのか?すべての先生方に
受け入れて貰えるのか?不安です。
そこで、目にした介護教員とは、どんな教員なのか?どうすれば資格がとれるのか?
ご存知の方があったら、ぜひ教えてください!お願いします!!


詳細は分からないのですが。 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 6月15日(日)17時51分30秒

放送大学で、「介護教員免許」についてのちらしを見たことがあります。
http://www.u-air.ac.jp/hp/


今日は、 投稿者:M  投稿日: 6月15日(日)20時52分56秒

巨○ファンの方が指定討論者で、
阪○ファンの方がシンポジストをされたシンポジウムに
参加してきました。


>平成17年度から、特殊が廃止になり、普通学級に講師や介助員を置いて障害や発達に
>遅れのある子も共に行こう?すごそう?生きよう?というふうになると耳にしてます。

いや、そうではないです。
多様な選択肢を用意しようという事だと思います。
「すべての子に介助をつけるから、
 なにがなんでも、
 通常学級で全時間を過ごしましょう。」
などという横暴な最終報告もでていないはずです。

”自閉症専門学校への期待”という話題もでたぐらいです。

掲示板過去ログ案内に戻る