2003年3月その4
介護教員というのは 投稿者:まつこ  投稿日: 6月15日(日)21時29分57秒

介護福祉士養成に携わる先生のことではないか、と。


お疲れ様でした 投稿者:サヨちゃん  投稿日: 6月15日(日)22時49分27秒

ずーーーと以前に投稿した者です。

今日は主人と二人でシンポジウムに参加しました。
Mさんもいらしたんですね。

彼も中二になりましたが、相変わらずです。

小学校も大変でしたが、中学校は本当に「不毛の時代」という言葉に大きく頷いてしまいました。
アスペルガー症候群とADHDの両方の要素をしっかり兼ね備えているが、通常学級に在籍していて一見ふつうにみえる彼は、
「親御さんが養護学級を希望されていないので、特別な配慮はしません。」と、
今年も言われました。
 でも、吹田市は指定地域じゃないかと、今日の講演を聴いてなんで?と疑問が湧いてきました。

 確かに、中学校で言葉の教室が市内に一カ所とは言え、ちゃんとあるし通わせてもらっている。
 通級教室の先生方で独自にソーシャルスキルのトレーニングをしてくださっている。
 親も色々勉強はしている。
 
 でも、プリントは無くすし、ノートは真っ白。課題は出せない。やらない。親がチェックしないとカバンの中身が時間割と合ってない。筆箱とその中身は別々。どんな課題がでているかなんか親には分からないからさせられない。昼休みや放課後、笛を吹いたり、英語を暗唱したりする為に、教科担任の所へ行くなんてこと覚えているわけがない。授業中は後ろを向いているか誰かに話しかけてうるさがられている。まあ、ウロウロするのは教室の中だけになったようだし、ほとんど無くなったとは聞いているが。そのかわり、相変わらず細かい。英語のワークブックって今年はないのかと尋ねたら無いと答えたが、何日か後に本当に去年のようにテスト当日に提出する英語の課題は無いのかと尋ねたら有ると答えた。確かにワークブックという表題では無かった。

 「特別な配慮はしないが、各教科担任はそれぞれがそれぞれの思惑で配慮しているはず。」
でも、それじゃ去年と変わらない。

変わったことは新しい担任が自閉症を分かってくれていて、学校からのお手紙のプリントについてはファックスで何枚渡しているか教えてもらえるようになってから、学校行事がわかるようになったこと。たとえば、いつテストがあるかとか。

校内委員会って何?

もう後一年ちょっとしかない。
どう変わるのか

本当に中学校なんてあっという間の三年間なのに

学力は一直線に下降してしまい
進路も日常生活も混迷しています。

 
 でも、嘆いていても仕方がないので
 校長先生に他の学校に先駆けて校内で彼を支援するチーム作りをお願いしようと
思いました。
 仕事があるので、明日すぐには行けないけど、ようく言葉を考えて
おねがいしにいこうと思っています。
皆さん応援してください。





 


あー、ほんとだー。 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 6月15日(日)23時47分12秒

> 介護福祉士養成に携わる先生のことではないか、と。

厚生労働省のトピックス発見しました。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/0103/s0323-1.html


いろいろ 投稿者:たんと  投稿日: 6月15日(日)23時49分46秒

お書きになってくれたのに遅くなりすみません。離婚したのになぜ投薬に主人の同意が必要かということですが皆さんそう思うだろうなと思ってましたが詳しくお書きしなくてすみません。今私が育てていますが20歳になったら、もしくはその前に主人方が息子を引き取るという事で約束が進みました。ですからほとんどの権利が向こうにあると言う形なので学校その他私一人でまったく進められることではない、、、というところがちょっとやりずらいですね。本当に育てられるのか??ということはおおいに疑問がありますし、いざとなったらやっぱり頼む、出来ない。って言われるだろうなあという気持ちで私も経済的な事等は先のことまで考えて生活はしております。

腐乱検さんがおっしゃっていたのはキャロルグレイと言う人の本でしょうか?私もとてもよいと聞きましたがまず売っている書店が見つからないのと例題をみたことがあるのですがどうやってこの吹き出しに言葉を入れていったらいいのか等見当が付きませんでした。
この本のことをおっしゃっているのでしょうか?ただ息子は羞恥心は全く育っていません。だからどうかなあとも思います。羞恥心は自然と育つのでしょうか?それとも教えていかなければいけないのでしょうか?それさえもわからない私です・・・。本の読み聞かせは以前はやっていましたがあまりに内容とかけ離れたことばかりいうので・・・・例えば、なんでダンボは泣いているかわかる?などという問いにいじめられたから(本当はお母さんと離れてしまったから)というようにどう教えたらいいの?という答えが返ってくることが多く本読みはするたびになんかショックであまりさせてませんでした。この子には意味がないかもと国語の授業さえもあきらめてしまっていました。ただなんとなくきめつけているだけかなあと今反省しております。根気よく取り入れていこうと思っています。なにごともやはり息子には意味を細かく教えてあげてマナーなどもどうしてそれをしてはいけないのかという基本を繰り返し教えていくことが必要なのだなと思いました。いつかわかってくれる!!そう信じてやっていこうと思います。
それからルーちゃんはきっと息子より指示が通りやすいですね。息子は指示が通るときと
意味がわかっていない時とがあったり自分モードに入ると約束したことも忘れ自動的に引き込まれてしまうことがあります。そういうときは全くの自分の世界でまるでいつもと違うようにみえます。多動、独り言のモードにかちゃっと切り替わるようなことってありませんか?
今日もよそのお母さんから電話がかかって来て塾の帰りに独り言を言いながらバスをみていていくら呼んでも気が付かないのよ、やめさせたほうがいいよ噂になっているよ。といわれてしまいました。はあ、公文に行っていると思っていたのに・・・。いろいろありますよね。こんなことばかりです。


さよちゃんさんへ 投稿者:たんと  投稿日: 6月16日(月)00時43分46秒

なんだかしみじみ伝わってきます。校長先生とのお話がんばってくださいね。大変でしょうね。がんばりましょう!!応援しています。


 投稿者:腐乱検死体  投稿日: 6月16日(月)04時33分38秒

>腐乱検さんがおっしゃっていたのはキャロルグレイと言う人の本でしょうか?私もとてもよい
>と聞きましたがまず売っている書店が見つからないのと例題をみたことがあるのですがどうや
>ってこの吹き出しに言葉を入れていったらいいのか等見当が付きませんでした。

申し訳ありませんが、本の紹介をした覚えは無いのですが…。
良い絵本はたくさんありますので、図書館等で探してみられてはいかがでしょうか。

>ただ息子は羞恥心は全く育っていません。だからどうかなあとも思います。
>羞恥心は自然と育つのでしょうか?それとも教えていかなければいけないのでしょうか?

教えないと難しいのではないでしょうか。
読み聞かせや、本人の行動を映したビデオを見せての解説も効果があると思います。

>例えば、なんでダンボは泣いているかわかる?などという問いにいじめられたから
>(本当はお母さんと離れてしまったから)というようにどう教えたらいいの?とい
>う答えが返ってくることが多く本読みはするたびになんかショックであまりさせて
>ませんでした。

お子さんの発達レベルに合わせた本を選んで読み聞かせを行ってください。
それと、お子さんは、内容について質問をするにはまだ早い段階ではないかと思います。

>塾の帰りに独り言を言いながらバスをみていていくら呼んでも気が付かないのよ、
>やめさせたほうがいいよ噂になっているよ。といわれてしまいました。

この行為を本人が恥ずかしいことと認識できなければ、止めさせることは難しいでしょう。
止めさせることが適当かどうかも私には分かりません。

まずは、お子さんの今の状態をきっちりと把握し、認めて上げて下さい。
それから、課題分析と発達段階に合った対処を考えつつ、一歩一歩進んでいけば良いのでは
ないでしょうか。


プールについて 投稿者:ガンコママ  投稿日: 6月16日(月)07時45分28秒

皆さま、レスありがとうございました。
今日は雨なのでたぶんプールはないでしょう。
ちょっとほっとしたりして。

冷たいシャワーに虫の浮かんだプール・・・。
う〜ん、ますます不安になりました。(笑)
私自身、泳ぎは苦手で学校のプールにあまりいい思い出は
ありません。娘もそう簡単にプール好きになるとは思えない
のですが、付添も最初の数回ならばいいのですが、ずーっと
ということになると、下の子のこともあってちょっと辛いです。
でも長い目で少しづつ慣らしていくしかなさそうですね。

スイミングスクールがやっぱりいいみたいですね。
小さい時から行かせようかなと思っていたのですが、
幼児のころは自分が一緒に入るのが嫌で大きくなって
からはとても先生の指示に従えないだろうと躊躇して
ました。
でも、夏休みに障害児対象の水泳教室のようなものが
あると聞いたので、そういうのを利用したらいいかも
しれませんね。


おう! 投稿者:まつこ  投稿日: 6月16日(月)08時57分40秒

>校長先生に他の学校に先駆けて校内で彼を支援するチーム作りをお願いしようと思いました。
>仕事があるので、明日すぐには行けないけど、ようく言葉を考えておねがいしにいこうと思っています。
>皆さん応援してください。

(0~)/フレー\(~0~)/フレー\(~0)

:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:


ガンコママさん 投稿者:まつこ  投稿日: 6月16日(月)10時11分25秒

やりくりはほどほどにして、ガンペイちゃんを連れてけば?
百聞は一見にしかず。預けるのも大変。
簡単には付き添えないことが、もっとよくわかってもらえると思いますよ。

校内でのガンコちゃんの安全確保は、原則学校の責任なのだから。
保護者もできるだけの協力はするべきだろうけれど、
学校側の工夫ももう少しあってしかるべきではないか、と思います。

学校ボランティアも各地で募ってますよね。そういうのは、どうなんでしょう?

あ、今、教育実習生が、来てないかな?
そういう人を使うのは、教育行政的にまずいんですか?>先生方

入院中の娘に付き添えなかった時、実習に来ていた看護士のタマゴさんが
ずっとついててくださったんですけど。


たんとさんへ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 6月16日(月)11時22分17秒

うちには、アスペルガー(積極奇異型)+ADHD+LDの息子がおります。

>本読みはするたびになんかショックであまりさせてませんでした。

うちの息子、そんな勘違いはしょっちゅうです。日常生活でも。
私は、「へー、そんな風に考えるんだ」と、おもしろく感じています。
こういう時こそ、勘違いの原因を知る良い機会だと思いませんか?
こういう勘違いが、日常生活での「問題行動」につながっているのです。
そして、こうした感じ方や考え方が違うというところは、
外見からはまったくわかりませんから、
一緒に生活しているものでないと見つけられません。

子どもが何に困っているのか、何をわかっていないのか、
何が好きで、何が嫌いなのか、どうして困った行動になるのかなど、
客観的に観察し、原因を探し当てる。
原因が分かれば、必ず解決策が見えてきます。

>今日もよそのお母さんから電話がかかって来て
>塾の帰りに独り言を言いながらバスをみていて
>いくら呼んでも気が付かないのよ、やめさせたほうがいいよ噂になっているよ。

こういうお話は、「そうですか、ありがとうございます」とでも返事して、
聞かなかった事にしてもいいと思います。
だって、迷惑かけてる訳ではないでしょ?
一度に何もかもやる事はできないので、まずはやるべき事を整理する事です。

問題だと思う事をカードにでも記入して、
1)子どもが困っている 2)親が困っている 3)学校(先生)が困っている
4)世間体が悪い などに分類してみてはどうでしょう?

そして、もちろん「子どもが困っている」ことから取り組む。
「問題行動」はうちにもたくさんありますが、全部が同じ種類ではないと思うのです。

あと、お父さんやそのご親戚の方ですが、一緒に生活をしていらっしゃらないのでしたら、適当に受け流しておかれたほうがいいと思います。
口だけ出して、実際の世話をしないなんて、間違っていると思いませんか?
全ての責任は、いつも生活しているたんとさんにある訳でしょ?
そのたんとさんが、自分で考え、自分で選択して、自分で行動する。
だからこそ、責任もとる。
どうしても「躾けが」という苦情を持ってこられるのでしたら、
夏休みまるまる、一緒に生活してもらうくらいの体験をして頂かないと、
同じ土俵で子育てについて話し合うのは無理だと思います。



妹の園の行事に参加させるか 投稿者:かっぱちゃん  投稿日: 6月16日(月)18時15分29秒

妹の夏祭りに自閉のある兄を連れて行くか相談したものです。
結局今の彼は自分で言葉では言えないのですが多分親を求めていると思われる状態です。
それにうろうろさせてさえおけば役員会に連れて行ってる分には泣きません。
もちろん怒られても同じ事繰り返すし私の言うことをわざと無視しているところもあります。
それでもなんとなく彼だけイベントに参加できないのはかわいそうと思い、夏祭りに一緒に参加させることに決めました。彼の当日の行動は多分私を疲れさせ怒らせるかも知れないけど決めた以上はがんばってきます。またいろいろ参考にさせてください。ありがとうございました。


プール開きありました 投稿者:ガンコママ  投稿日: 6月16日(月)20時32分10秒

朝からは結構な雨だったので中止だろうと思っていたプール開きですが、
プールの時間には止んでたので、付き添いに出かけました。

嫌がるだろうという予想に反して、がんこちゃんすんなりプールに入った
んです。最初のシャワーにはちょっと躊躇してたけど、軽く促しただけで
出来ました。今日は手違いだったみたいなんだけど、水が膝までもない位
の深さでそれが良かったのかもしれません。はじめは顔に水しぶきがかかる
のを気にしてましたが、すぐに慣れてプールの端から端まで歩きまわったり
四つんばいになってぐるぐる回ったり楽しそうにしてました。

プールの底の石を拾う時や、プールからあがる時の指示に従うのには少し
時間がかかりましたが、最後まで嫌がったりせずスムーズに参加できて私も
びっくりしました。先生からはとにかくがんこちゃんの側にいて下さい、と
言われていたのですが、私はプールサイドで見ているだけで水に入る必要は
ありませんでした。

何だあ大丈夫じゃない、付き添う必要もないみたいと思いましたが、先生の
返事はやはりもうしばらく付き添ってくださいとのこと。「お母さんがいる
時と普段は態度が全然違う」んだそうです。そう言われると返す言葉があり
ません。ただ、先生の口頭での指示ががんこちゃんにはほとんど伝わって
いないことは確かみたいです。そこまでゆとりがないのか、今日はわたしが
いるからなのか個別の声かけもなかったし。がんこちゃんは周りの子を見て何
とかついていってる感じでした。もうすこしわかりやすい指示を出してくれた
らがんこちゃんももっとスムーズに動けるのではと思うのは親のひいき目なの
でしょうか。

先生からは後数回は側に付き添って、その後隠れて見学してみてそれでも
大丈夫となるまでと言われました。「下の子のこともあるので、そう毎回は」
と言ったのですが・・・。

がんぺいちゃんを連れてのプールはやっぱり勇気がありません(笑)
去年、小学校の見学に行った時プールで一緒に泳いだのはがんぺいちゃんです。
そこは養護学校だったので、先生も「いいですよ〜。」と親切でしたけど。


療育センターに行ってきました。 投稿者:ゆうママ  投稿日: 6月16日(月)21時26分54秒

今日初めて療育センターに行って言葉の発達を見て頂きました。
児童精神科の先生に色々子供の日常の事、保育園の事を色々聞かれたりしました。
子供ともどんな色とか、カードを見せてどんな物かあてっこする事やどっちが大きいか小さいかとか色々遊びながらどんな常態化見ていました。
言葉の発達は2歳〜3歳ぐらいの言葉の発達と言われました。5才のわりには発音、運動物覚えは5歳の子が出来る範囲は達していないのこと。
今後は臨床心理と、言葉の検査が待っています。
色々覚悟を決めて言ったのですが実際2〜3歳の言葉と言われた時はかなりショクでした。
これからどうなるかはわからないけど頑張っていきたいと思います。



みなさん 投稿者:たんと  投稿日: 6月17日(火)01時04分41秒

いろいろとありがとうございます。
腐乱検死体さんとこくっぱの母さんのお書きくださったのを見て自分自身の事を反省させて頂きました。分かってはいたのですが自分自身は息子の事よりも体裁を気にしてばかりいる人間だなあ。と再確認しています。息子の気持ちはいつの間にか二の次になっています。認めてあげること・・・なによりも大切ですよね。でも私にはどこかでこの子がもう少しきちんとしていてくれたら・・・ですとか、妹の子は大人しくていいなあとかいつも
引け目を感じる存在にしてしまっていたこと、それは十二分に心のどこかにあります。
かわいくてしかたがないのももちろんあります。でも一番困っているのは私ではなく、もしかしたら息子なんだ・・・と思いました。助けて欲しいのは私ではなく息子なんですよね。全くあたりまえの話ですが気が付けば私には忘れかけて、いや忘れてしまっていました。なんかみなさんの言葉を聴いて大げさに聞こえるかも知れませんが、それに気が付いて涙が出てくるんです。(別にうつ病だからではありませんよ。笑)
いろいろとまず自分の気持ちから変えて行こうと思っています。本当にありがとうございました。

ソーシャルストーリーの本ときいてすぐにあの本か・・と勘違いしてしまいました。腐乱検死体さんすみません。それからいろいろありがとうございました。


こんにちは、ガンコママさん。 投稿者:さとか  投稿日: 6月17日(火)10時50分01秒

1回目からそれだけ頑張れたがんこちゃん。えらかったですね、ほんとすごい!

>先生からは後数回は側に付き添って、その後隠れて見学してみてそれでも
>大丈夫となるまでと言われました。

もう、1回目からそれだけできたのなら
「次からは隠れて見学します。」というのはだめなんでしょうか。
次のプールの日に下の子を預けるところが見つからなかったので
近くで待機してます。とか。

>「下の子のこともあるので、そう毎回は」
>と言ったのですが・・・。

やはり、私もまつこさんと同じで、下の子を連れて行ってみたほうが先生にもわかってもらえるような気がします。
私は、下の子が小さいときはいつも連れて行ってました。
で、息子(息子は情緒学級です。)の学校での心電図検査のときに付く時は先生に下の子を見てもらいました。
できないものはできないと私言えなかったときがあったけど行動でわかってもらいました。
いつも、下の子を連れて行きますがいいでしょうか?とか、
下の子もやりたくなると思いますがそういうときはどうしましょうか?とか、
下の子がトイレなど突然席をはずさなければならないときは先生に声を掛けていけばいいでしょうか?とか、
ある程度予想できることは先生に伝えてました。
やんわりと、困ったように。どうしましょう?って感じで。


通級のことで 投稿者:ヘムヘムの母  投稿日: 6月17日(火)12時52分43秒

初めまして。中一の受動タイプのアスペの息子の母です。
小さい頃から、周りの状況の飲み込みの悪さや、マイペース、気の弱さが気になってはいたものの、友達とも遊べていたので、診断が11歳と遅れてしまいました。
4年で転校後、ちっとも周囲になじめず、(声を掛けられるのを待っている)、行動のおそさ、不器用さなどを周囲の子供たちになじられたりするようになり、5年生あたりから、其れまでは全くといってなかった、強迫的な々行動が猛烈に現れだし、学校での言葉の暴力をしきりに訴えるようになって初めて、ただ事ではない、と受診しました。6年になると、登校が辛くなり、さまざまな退行がみられ、休みがちになりました。(現在親は定期的にカウンセリング等にかよっていますが、本人は診察や投薬そのものを拒否しています。状態が悪いので告知もしていませんし、本人は自分の問題に気づけていません。)
中学(公立)に入学にあったって、本人の特徴、経過、対応とうの資料を担任にお渡しして、各教科の先生にも徹底してもらえるよう働きかけはしています。(これが至難の業)ヘムヘム自体も中学では現在の状況を打開してやる、と意気込んでいたのですが、結局周りの話題についていけなかったり、相変わらずのマイペースや、奇妙な行動が目立ってしまい、周囲から馬鹿にされたりで、まったく人間関係を結べない状況です。他人のちょっとした言葉でも、ことごとく迫害的に受け取ってしまい、また、反論も一切出来ないので、帰宅してから、いやだったことを次々に並べた立ててわめきながら、毎日2時間ぐらい、落ち込みから立ち直れず何もできません。そうすると課題をこなしきれず、好きなゲームもできなくなるので、更に苛立ちます。最近はまた1日行って1日休むと言う状態になりつつあります。
情緒の通級に通い始めたのですが、(ここではなんとかすごせている)このことを普通級のクラスの子供たちに上手に伝えて、支援してもらったほうが、本人が楽に通学できるのではないか、と担任にも通級の先生にもいわれています。ところが本人は、今でさえ色々皆にいわれているのに、通級のことが皆にわかったら、絶対に友達はできない、さらに避けられてしまう、と決め付けて頑としてオープンにすることを拒否します。理解してくれない子がいても、理解してもらえる子が増えるというメリットがある、とつたえても、かたくなに嫌がります。
なにかあると、自分に文句を言った子一人一人を呼び出して、個別に先生から注意すればいい、といっています。(いたちごっこになりそうです。)本人に内緒で回りに伝えると言う方法もあるかとは思うのですが。。。なんとかして、今の状況を変えたい、完全不登校にならないようにしたい、と願っているのですが、先が見えません。お子さんが普通級プラス通級という形で学校生活をされている方に、周囲のお子さんや親御さんへの伝え方、経験談等ご披露いただけましたら、ほんとうに幸いです。


こくっぱの母さん、空音さんへ 投稿者:ととろ  投稿日: 6月17日(火)23時40分03秒

最新記事から何度かスクロールして、やっと自分の投稿記事と その返事を見つけました。やっぱり、こちらの掲示板の回転率は高いですね。読んでいても色々 参考になります。

こくっぱの母さん、空音さん、ページ(サイト)のアドレスを添えて情報提供を下さり、ありがとうございます。教えていただいたサイトも見て、色々研究してみたいと思います。ありがとうございました。


御相談にのって下さい 投稿者:せんせい  投稿日: 6月18日(水)01時45分39秒

私は幼稚園で5歳時の担任をしている、言わば「せんせい」です。
今年度、自分のクラスで発達に遅れが見られる子をうけもつことになりました。

口元や手先がうまく動かせず、常によだれがでていたり、又言葉の発音も同じクラスの友達が聞いても理解しがたいところがあります。握力はあるのですが、ハサミや鉛筆、お箸など、うまく扱うことができません。又、体力はあるのですが、バランス感覚がさほどなく、片足立ちができません。言葉の認識も、見ている感じでは2語分や3語分がほとんどで、長い文章は読解することができず、クラスの中で全員に話しかけるときは理解できていないことが多いので、個別に後で一対一の関わりをもって話しをしています。今はクラスの子どもたちの中に入って楽しそうにしていますが、どんどん成長の差がでてくるのは賢明です。
そこで、先生という立場から、今後のAちゃんのことを思って発達の診断をうけていただけるように話をしました。ところが、保護者の方はそれをこばみ、専門の方々にAちゃんをみていただくことができない状況です。また、補助などの特別な扱いもしてほしくないという要望を言ってこられています。
これらのことがあるので、卒園までは園内で成長を見守り、「保育」という専門的なことでしか動くことができません。
何か、保育をしていく上で、Aちゃんに対するよい関わり方や、また保護者の方にどのように話しを勧めていくことで、Aちゃんにとってよい道がひらけるか、何かアドバイスあれば教えて下さい。


さとかさんへ 投稿者:ガンコママ  投稿日: 6月18日(水)07時41分28秒

情緒学級在籍でも付き添わねばならないことがあるのですね。
下のお子さん連れでは、すごく大変だったでしょう。

付き添いについては、あと何回かは行ってみようと思います。
弟が通っている通園施設の先生に、母子分離を予定より少し早めて
もらうよう相談しています。通園の日にちと時間がちょうど上の
子のプールの時間にあっていたので良かったです。
今はまだ担任の先生との信頼関係を作っているところなので、親と
しても預けっぱなしではないという態度を見せたいし、学校の様子
を知るにもいい機会かなあと思うので。

でもこれからもず〜っと付き添いを要求されるようであれば、
はっきり無理だということを伝えようと思います。学校と家庭の
区別はつけたいのです。

最近、普通学級にいる意味って何なのだろうと考えたりします。
まだ始まったばかりで答えを出せる時期じゃないんですけど。
とりあえず、本人が嫌がらず通っているのが救いです。


せんせいさんへ 投稿者:まつこ  投稿日: 6月18日(水)09時21分00秒

保育士や幼稚園教諭の養成にはそういう子どもを保育する視点は
あまり盛り込まれていない(?)でしょうに、
卒園後のことも考えて、どうしたら自分がその子の力になれるのか、
という思いをお持ちになってくださったことを大変心強く思います。

>ハサミや鉛筆、お箸など、うまく扱うことができません。
>バランス感覚がさほどなく、片足立ちができません。

保育園だと、手先やバランスや言葉が未熟な1〜2歳児にも、その発達にあった保育をしておられます。
低年齢の保育上の知恵が参考になるかと思います。
また、障害児の通園施設では、もっとさまざまな工夫をしておられると思います。

幼稚園は教育委員会の管轄ですから
福祉の管轄の施設との関係は普通あまりもてないでしょうけれども
見学したり、相談したり、連携したりすることはできないものでしょうか?

これは、そのお子さんだけでなく、他のお子さんたちのためにもなることだと思います。


せんせい様へ 投稿者:ケロ  投稿日: 6月18日(水)09時25分54秒

はじめまして。

せんせい様にはそんなつもりはなく、その子のことを思っていらっしゃるのに、
失礼を承知の上で書かせていただきます。

もしかして、親御さん(たぶん、お母さんですよね?)の気持ちを閉ざしてしまうような
話の進め方をしていませんでしょうか。

実際に親御さんとのやりとりを聞いたわけではないので想像の域を超えませんが、
発達が遅れていて、皆についてゆけないことを、困ったことのようにお話していませんか?
「他の子よりも手が掛かります」と言われれば、それは申し訳ないから構わないで
下さいと思うかもしれません。
遅れていることを気にしていればいるほど、そうなってしまうかも。

親として、自分の子供が他の子に比べて幼いのは痛感していると思います。
「先生」という立場の方から言われれば、余計に辛いと思います。
そして、お子さんの状態を受け入れられない気持ちがあったり、
普通であることを望む気持ちが強ければ、それは反発に変わってしまうことも
往々にしてあると思います。

お住まいの地域が保守的であれば、世間体という問題もありますし、
ご主人やお姑さんに責められているという可能性もあります。

まずは、お母さんの気持ちに寄り添って頂きたいです。
そしてその背景も考慮した上で、話を進めてゆくのがいいんじゃないかと思います。

せんせい様がちゃんと↑のことを気遣って話しているのだったら、ごめんなさい。


ヘムヘムの母さん 投稿者:まつこ  投稿日: 6月18日(水)09時51分11秒

本人の受診なしで「アスペ」となるほどに
はっきりした「自閉症スペクトラム」のお子さんだとしたら
「学校にいる」だけで、かなりのストレスだと私は考えます。
傍目にトラブルなく過ごしていたとしても、本人の心の中は嵐だったと。

しかも、ヘムヘム君はそれを自分の努力だけで克服しようとしているのでしょう。
「みんなと同じように」しようとしてきた。
それをそのままにして、現在の状況を変えられるとは思えないのですが。

診断名を告知することが必要だとは思いませんが
ヘムヘム君のどこが周りの人と違っているのかを踏まえて
周りの人が何をどんな風に感じ、どう考えているのか知って
トラブルを避けるように自分の言動を調整することを学ぶのは大切だと思います。
それは「みんなと同じようにする」のとは違うことだからです。

そのためにそういう子の力になっている先生に相談することはとても賢いやり方なんだよ、
と言ってみてはいかがでしょう。

病院は病気を治すためにいくだけじゃないんだ、と。


せんせいさんへ 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 6月18日(水)12時25分40秒

はじめまして。私は小3自閉症男児の母です。
うちは、年少の時に、幼稚園の先生の言葉がきっかけとなって受診し、
障碍だとわかったクチです。以来ずっと障碍に即した教育を受け、
随分伸びました。今では、その先生にとても感謝しています。

先生は、せっかくその子のことを思って言ったのに、保護者がそれを
受け入れないことを残念に思っておられるでしょうね。「親なのに、
どうして子どもにとって何が必要なのか、考えてあげないのだろう」と
じりじりしておられるかもしれません。

でも、まずわかっていただきたいのは、他人から我が子に障碍が
あるかもしれない、と告げられ、その言葉を受け入れる事は、
親にとってはひょっとしたらこれまでの人生で最もショックで、
最も高いハードルなのかもしれない、ということです。

私自身も、それを言われた時、大きな石で頭を殴られたような
気がしました。ただただショックで、悲しくて、車で20分の道のりを
どうやって帰ったのか思い出せないほどです。
もちろん、3歳になってもほとんど喋らず、おむつもとれず、工作も
手遊びもお絵かきもできず、先生の指示にも従えず、集団生活が
まったくできない我が子と、他の子どもの違いに気がついていなかった
わけではありません。でも、それが障碍だと認めたくなかったのです。
私がそれを障碍だと認めてしまったら、我が子の将来が全て
閉ざされてしまうような気がしていたのです。
幼稚園に行って、他のお友達に囲まれていれば、刺激を受けて、
学校にあがるまでには追いついてくれるかもしれない。
そう望みを託して、幼稚園に行かせていたのです。

ですから、幼稚園の先生に障碍の可能性を示唆され、受診を奨められたことは、
(すごい理屈ですが)裏切りでもあったし、正直、先生に対して怒りも
感じました。実はそれまでにも「なんかおかしいよ。一度診て貰ったほうが
いいよ」ということは、親類や近所の人や、育児サークルの指導をしてくれている
先生などに指摘されたことがあったのですが、その度に私は、「うちの子を侮辱した」と
怒って、関係を断ち切っていきました。

それがどうしてその先生のときだけ、受診につながったのか。
1つは、他の先生がみんな「おかあさん、これではこまります。なんとかしてください」
という姿勢だったのに、その先生だけは、入園当初からずっと、「子どもの発達は
1人1人違うものだから、○○くんに合った接し方を、一緒に考えさせてください」と
私にも子どもにも寄り添う気持ちを示してくれていたこと、他の先生からもかばってくれていたこと。
2つ目は、「おかしい」とか「遅れている」という言い方ではなくて、「こんなに○○くんも
お母さんも頑張っているのに、苦手なことが沢山あるのは、○○くんの努力だけでは
どうしようもないような原因があるのではないか。もし、その原因がわかるとしたら、
今のような手さぐりの指導ではなく、専門の先生に正しい指導を教わったり、本で
勉強することができるので、協力して欲しい」というような言い方をしてもらったこと。
その2つが大きかったと思います。
もちろん、もう親の私にも何かがおかしい事は否定できなくなっていたこともありますが。

先生が、今のお気持ちのまま、手さぐりででも、まつこさんのおっしゃるように
そのお子さんの発達段階に添った指導を工夫され、ケロさんのおっしゃるように
お子さんとお母さんに寄り添ってくださるなら、いつか(ひょっとしたら卒園には
間に合わないかもしれないけれど)その気持ちは通じる日がくると思います。
報われないというお気持ちになるかもしれないけれど、どうぞその子なりの発達を
応援してあげてください。

最後に、参考になりそうな本を2冊ご紹介しておきます。

「子どもの障害をどう受容するか〜家族支援と援助者の役割」
  中田洋二郎・著 大月書店

「続・子どもへのまなざし」
  佐々木正美・著 福音館書店

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/


せんせいさんへ 投稿者:たむりん  投稿日: 6月18日(水)18時14分30秒

こんにちは。うちの子も幼稚園の先生に勧められたのが受診のきっかけです。
「自閉的だけど自閉症とは言えない」ボーダーラインの小2の男の子です。
うちの子の場合、身辺自立やしゃべり方は他のお子さんに比べて遅れていたし、
少々風変わりな子であったのは確かですが、それも個性の範囲内と思っていました。

遅れてる部分もそのうちみんなに追いつくだろうし、情緒不安定は一時的なもの、
幼稚園に馴染めなかったのはお絵描きや工作が苦手だっただけ、
きっと学校に行けば得意なお勉強で楽しくやっていけるはず、
そう信じたかった年長の2学期に「このままでは学校に行ってからが心配です」と
幼稚園の先生に告げられて、目の前が真っ暗になりました。
先生から「専門家の意見を聞いてきて欲しい」と言われたのには、
最初「プロのくせに子どもの扱いがわからないの?」と非常に不満を感じました。

それでも、じっくり考えてみてやっぱり受け入れる気になれたのは、
その先生を信頼していたからです。
私にお話ししてくださったのは担任の先生ではなくて、ベテランの主任先生です。
未就園児クラスの担任でもあり、4年近い付合いでした。
その先生が、毎日お迎えの時はしっかり膝に抱いて彼の話をちゃんと聞いてくれ、
教室を抜け出した時にも本人の気が済むまで側に付いていてくれていたのを
私は実際に園に出向くたびに見てきました。
それくらい彼をしっかり見てくださっている先生の言うことなら……と思いました。

後はやはり言い方に気持ちがこもっていましたね。
ちびくまママさんのところと同じように
「専門家の意見を聞いて、彼に本当に合った対応をしていきたい」と言ってくださったし、
私に対しては「育てにくいお子さんで今まで大変でしたね」と労ってくれて、
子どもに対しては「うまく気持ちを落ち着かせてあげられなくてごめんなさい」
と謝ってくれたんです。

黙っていても後数ヶ月で卒園してしまう親子のために
言いにくいことを伝えてくださった先生には本当に感謝しています。
実際、小学校入学後はいろいろ問題ありますが、覚悟だけはできていましたから。

せんせいさんが、幼稚園側の都合なんかではなくて、本当にその子のために
試行錯誤してくださっているのをお母さんに見ていただいていれば、
すぐには無理でもいつかきっと気持ちは通じると思います。
その日が来ることを祈ってます。


まつこさんへ 投稿者:ヘムヘムの母  投稿日: 6月18日(水)18時32分23秒

早速のアドバイスありがとうございます。
>本人の受診なしで・・・
診断のときだけは、首に縄をつけて引っ張っていきました。しかし、、先生を前にして、一切の質問に、「黙秘します。」みたいな対応で、WISCのテストも真面目に受けずスコアが出ない状態。(勝手に別のやり方でやろうとしたり、とにかく、自分を調べられるのがイヤなようです。)
その時点で、アスペの診断がでてしまいました。その後時を置いて再トライさせ、やっとスコアがでたのですが、驚くほどのアンバランスで、言語性>動作性が著しく、日常生活で作業的な部分の遅れが出てしまうのは無理も無く、本人は辛いだろうと言われました。
>診断名を告知することが必要だとは思いませんが・・・
おっしゃるとおりだとおもいます。でも、なかなか手ごわいのです。
心理士さんにも自分のことを話すのはいやだし、病院の空間自体も嫌いだと言って、その後いっさい受診はできていません。つまり、医療機関と本人のパイプがまるでできていないので、告知は厳しい状況です。私は告知ができたら。。。と何度も思いました.(いまでもそうです。)でも、様々な退行が起きていて、反抗期に入って親の話は以前に輪をかけて聞かない状況のなかで、
本人に受け止める力があるとは思えず、慎重にならざるを得ません。ヘムヘムはずっと自分を普通と信じて生きてきたし、(親も1年前まではそうでした)こういう特徴があるよ、回りはこう思うんだよ、と話しても、そんなことない!なにもしていない!と大声で言い返してくるのみなのです。(プライドは高い割には自信がなく、ガラス細工のように傷つきやすいです。そして、他人に自分を開示する、ということにひどい抵抗を感じるようです。母親の私にだけは心を開いてくれていますが。)
今後どうやって、自分の特徴に気づき、受け入れることができるようになるのだろうか?この子なりの成長を待つしかないのか、、、途方に暮れています。


ちょっとした質問。 投稿者:ママチコリータ  投稿日: 6月18日(水)21時39分06秒

こんにちは、はじめまして。自閉症児(娘)の母、ママチコリータです。

この掲示板を利用したいと思ったのは娘に壁にクレヨンで落書きされたからです。しつけは困難だし、自分の家は保険の対象外。水性クレヨンで、床とテーブルは簡単に落ちました。ただ、壁だけは材質のせいなのか、薄くはなったけど「クレヨンで落書きしたのを何とか磨いてここまでしました」と言う感じ。タワシ・ボンスター・消しゴム・アイロンの熱・歯磨き粉、いろいろやってみましたが、ダメです。お勧めの洗剤・クリーナー等、通販でしか売っていないものでもいいです。情報を教えてください。

ついでにと言っては、なんですが・・・せんせいさんへ。
私は最近帰国をしまして、年度途中の幼稚園で、自閉症児に対し、配慮をしてくれそうなところをものすごい苦労をして探しています。認可保育園は申請中です。元々娘は保育園に通っていて、私は仕事をしていました。で、海外に引っ越し、私は退職したのですが、
年齢的にまだ、2歳。娘の自閉傾向はプロ(保育士・保健婦・小児科医・小児科看護婦・心理士など)に、みんな「おかしい」「扱いにくい」と言うくせに誰も自閉症を見つけてもらえませんでした。私は外国に行く前に教えてほしかったです。言い方として、含みを持たせていませんか?はっきり言わないで言いにくいことだから・・・と濁した言い方をすると分かりません。それから海外に行かなければ、きっと気がつかなかったと思います。気がついた原因の1つは好意的な友達がたくさんいて、理解してもらった環境から一転!ものすごい攻撃的イジメ(子供ではなく私に)にあったことです。その保護者の環境がどういうものか分かりませんが、今までもいろいろ言われて、「もう、たくさん!」なのかもしれないし、逆にみんなに親切にしてもらいすぎて、障害の宣告を受けることで偏見を受けることがいやなのかもしれない。
それから障害の配慮をしてもらえるか否かは現在、ただの運、です。認可保育園以外、幼稚園探しでよく聞かれるのが「放ったらかし問題」と「たまたま偶然」です。近くにたまたまいい幼稚園があったとか、たまたまいい先生に当たったとか、そんなのが多いです。
つまり私たち障害児(しかもディープな療育を必要としないほんのちょっと細かく丁寧に接してくれれば、そういう配慮さえあれば何とか普通の子とともにやっていける)の親たちは運に頼っているのです。それが制度的に確立されれば何の問題もないのでしょうが、
私の場合多くの人から「自閉症を隠しなさい」と言われています。つまり、自閉症、と隠せるなら隠したままの方が、自然に接してもらえるからです。自閉症、と知った上で適切なサポートを受けられるならしゃべった方がいいけど、責任や事故の心配、配慮、となると、現時点本当に運、なんです。要するに相手側にも「知らなかった」という逃げ道を残しておけば受け入れてもらって何かあってもちょっとしたことなら済んでしまいます。でももし、「自閉症」と知っていたら・・・「やっぱり!」になってしまいます。案外、その保護者は確信犯で、知っていて、受け入れてもらうために隠しているかもしれませんね。それだったら「何らかの障害が発見されても責任を持って、年長まで園で面倒を見ます」と確約してあげたらいいかもしれませんね。


生命力 投稿者:まつこ  投稿日: 6月19日(木)09時20分51秒

>他人に自分を開示する、ということにひどい抵抗を感じるようです。

「ずっと『普通』になりたかった。」(グニラ・ガーランド)にも
「私の障害、私の個性。」(ウェンディ・ローソン)にも
その心情が詳しく述べられていますね。
ヘムヘムの母さんのお宅には、こういう当事者の手記がありますか?

ヘムヘム君は自分の感じている疎外感の正体を知りたいと思っているだろうと感じます。
けれども、相手は思春期真っ只中。
「これを読め」と言えば、絶対に読まないでしょうし、
仮に読んでも「僕は違う」と言うかもしれません。

さり気なく、本棚にたてておいたり、読みかけのままテーブルにおいておいたりするほうが
自分から手にとって、自分探しの糧にする可能性が高くなるのではないか、と思います。
もちろん、お母さん、お父さんが先にきっちり読んでおくことは必要でしょうけれども。

>自分の特徴に気づき、受け入れることができるようになるのだろうか?

そう、「気づくこと」です。教わることではなくて。
受動的な方だと「教わる」のは上手ですが、
自分で考え判断する練習はまだ足りないのかも知れません。

アスペルガーの方はとても論理的に考え、行動することが多いように思います。
ただ、その論拠になる視点が多数派とは違うのですよね。

>母親の私にだけは心を開いてくれています

ということは、彼の実感をそのまま受け止めておられるからだと思います。
となると、「周囲の理解を」とお感じになるのもわかりますが
周囲の理解と本人の本人理解は同時進行でしかありえないと思うのです。
本人不在のまま、周りに歩み寄ってもらうことを希望するのは
ヘムヘム君本人にとっても失礼なことのように感じます。
……私なら、私の知らないうちに私のことを周りの人がいろいろ考えていたら
いやだと思うから。


自分の内面を話すこと 投稿者:sara  投稿日: 6月19日(木)11時23分17秒

息子は、高等部2年、自分が自閉症であることは知っています。
ドクターとは、物心付いた頃(3歳半、診断したドクター)からのお付き合いです。

ならば、息子にとって自分の内面を話せる人か・・・と言うと、そうでもないのです。
(とっても、いいドクターですよ)
素の自分を見せられる人では、ないようです。
受診して「最近どう?」なんて聞かれると、オタオタして、こんな様子久しぶり・・と思える行動をします(しかも、毎回)
ドクターだけでなく、自分の内面に触れてくる人には同じような行動をします。

将来的には、自分でドクターに相談できるようにと願っていますが、
今の段階では、自分でよほど困った状況の時に、「いつ先生のところへ行く?」と聞いてきます。
何もなしに受診しても、オタオタするのは想像できますから、
事前に、メモを作って行きます(それでも、オタオタして、私が状況説明をしますが)
困っている事を話した後は、「ここにいたくない」という感じがわかるので、別室に行きます。

自分が困っている事へのドクターの対処法はききたくないのかしら?とも、思いますが、
その後「こうしたらどうか、と言っていたよ」という話を聞くと安心した表情をします。
今のところ間を取り持つのが息子にとっての精一杯の状況なんだろうなぁと思っています。
まだ、自分の障害について父母以外と話す準備ができていないのでしょうね。
(母親にすら話せないこともあるようです)

まだまだ、障害を受け入れていく段階なのでしょう。

>投薬
なぜ、薬がイヤなのでしょうか?
 それほど、困っていない。
 薬を飲むのは、よくない(障害を認めることになる)
 自分ががんばれば、状況を打開できる。
他にも考えられると思いますが、どうしてなんでしょうか?
 


ママチコリータさんへ 投稿者:おはつです  投稿日: 6月19日(木)15時40分53秒

クレヨンに関してだけ・・・・

消すのは大変ですよね?
それは壁紙でしょうか?
そうでなければ、ペンキで塗っちゃった方が早いですよ。
もちろん、そこだけというわけには行きませんから
その部屋のすべてを塗り替えることになりますが、
今度された時には、同じペンキでタッチアップだけでOKになりますよ。


壁にクレヨン 投稿者:ケロ  投稿日: 6月19日(木)16時17分48秒

ウチの壁紙はボコボコしたビニールクロスです。
白い壁の2メートル四方に渡って描かれた
黒いクレヨン(水性)の落書きは、
台所用クリームクレンザー&スポンジの硬い方で落としました。

もう既に試していて、ダメだったかしら?
ウチも歯磨き粉はダメだったけど、クレンザーで跡形もなくなりました。


ヘムヘムの母さんへ 投稿者:空音  投稿日: 6月19日(木)16時29分48秒

自分の思春期時代のことを思い出しながら書きます。
(ちなみにσ(^_^;)AS診断済主婦で受動型で言語性>動作性です)
的をはずしてるかもしれませんので、半分参考ぐらいで読んでください。

自分が普通と違うと認めることは、自分が壊れてしまう恐怖に近いのではと思います。
あくまで私の視点ですけど、自分の存在そのものが否定されてしまう感じです。
だから受容には時間が必要だと思います。
「普通と違っていても自分は自分でいられる安心感」を自分自身で実感するときまで。
説明や理屈ではわかっても、実感となると簡単ではないのです。

自分の内面を話すことは「受け入れられている実感」がしっかりないと
難しいことです。
お母さまには心を開けるとは、とてもすばらしい環境を整えておられるのだと思います。
でも病院となると・・・今でも私は病院が嫌いです、とくに歯医者(爆)
今ではましになりましたが独特の雰囲気にまず圧倒されます。
圧力というか、拒否感を感じます。病院特有の匂いも感じすぎるのかもしれません。
お医者様には私も思春期時代ではちゃんと話が出来ませんでした。
これは言っても良いのだろうか?いけないのだろうか?って悩んでしまい
私はここに座っていても良いのだろうかと悩み
診察が終わった後、帰るタイミングもわからずに「もういいですよ」って言われて
ああ帰って良いんだってわかったり(苦笑)

そういや4月にアスペルガー症候群の確定診断を受けたときも
受診後に帰って良いのがわからずに先生にうながしてもらったよな・・・・(^_^;)
そして上手く話せないこともあったので、あらかじめワープロで文章を綴りまして
それを先生に読んでいただきました。A4で9枚にもなりましたが・・・(苦笑)
直接お話しできなくても、自分でメモなり書くことが出来るようになれば
先生と対面できずともコミュニケーションしていけるかも?と思いました。

http://motom.pinky.ne.jp/


やってみます。 投稿者:ママチコリータ  投稿日: 6月19日(木)22時07分45秒

ありがとうございます。
明日、クレンザー、買ってきて、やってみます。


最近うちの学校の吹奏楽部では 投稿者:謎のタヌキ  投稿日: 6月19日(木)22時19分57秒

楽器庫(部室)のチューバケース(チューバは三つある)
の隙間で本など (禁止されているマNガ〔一部伏字〕が大半)
を読むのが流行っています。
落ち着くのは分かりますががその行為は大変怪しいです>先輩
やめろというわけではありません。むしろしたいです。
狭いところ(楽しむために作られたところに限る)は好きです。
先週クリニック(市内全部の中学校が一つのホスト校に集まり、
専門の先生を招いて、技術の向上を図る
吹奏楽の学習会。今年はうちの学校がホスト校)
があったんですが、腹筋を使った腹式呼吸
で、ロングトーンが飽きるほど伸びるようになったんですが、
音がファンク系に向いているようで、
「優しい音も出せるように」とのコメントでした。
ファンク系って…課題曲(行進曲)に求められていることと全然違うよ…

とにかく、平和にやってます。
周囲(先輩とか)に「自閉症です」といわなくとも、
「変わっている」ぐらいで普通のクラブですからねー。吹奏楽って。


参考程度に 投稿者:謎のタヌキの母  投稿日: 6月19日(木)22時20分52秒

まつこさまが、グニラ・ガ−ランドさんの名前をだされたので、
ひさしぶりに出てまいりました。謎のタヌキの母です。
うちの中学1年生・謎のタヌキは学校に、クラブ(吹奏楽部)をしに行っています。
勉強してるかどうかは不明。
とりあえず、元気です。
(掲示板に本人が書き込みしたのを読んでいただけば理解していただけるかと思います)
みなさまにレスをいっぱいつけていただいたのでご機嫌です。

謎のタヌキのお友だちが、グニラ・ガ−ランドさんの本を翻訳されました。
謎のタヌキのお友だちというのは、謎のタヌキと同じ自閉症文化を継承者お子さんをおもちのお母様です。

グニラ・ガ−ランド著
英語版のタイトル『Finding Out about Asperger Syndrome,
      High Functioning Autism and PDD』
日本語に直訳すると
(アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害への理解)
になります。

どんな人に読んでほしいかというと、翻訳された謎のタヌキのお友だちやら、
ことばの教室の先生がいわれるには
「これから自閉症を深く学んで生きたい「親」「指導者」はもちろんのことなのですが、
告知を受けた直後の青年期の当事者たちが、自分のことを
整理していくときの読み物として「こんなのがほしかった」と思っています。」
とのことです。

翻訳をちらーっとこないだ読ませていただいたのですが、
うちの子ダヌキたちに是非読ませたいとおもいました。

謎のタヌキは「告知」を受けてちょうど1年になりました。
「とっても個性的な子」でずーっときていましたし、
本人も「ちょっと違う」ということはずっと前から気づいていました。
だから、「あっ、やっぱりね。そうだったの。」って感じ。
アスペルガー症候群だというのは、
ほかの人と違っているということで、間違っているとか、変なヤツということではない。
それだけのことです。

掲示板過去ログ案内に戻る