2003年8月その1
(無題) 投稿者:こよみ  投稿日: 8月 1日(金)03時49分37秒

不安に気づいてあげれず過敏が一気に摂食障害に、親子関係の不安定がもとで、
恐ろしいことになっているわたしんちです。
このごろ生活を縮小して、ベタベタとくっついてのんびりとしていると、
離れない、後からついてくる、お父さんと留守番でたった20分の買い物でも
わたしのケータイにかけてくる、自分が一人ではいると言った風呂から何度も呼ぶ、泣く、
など、今までになかったようすがでてきました。

今までになかった、じゃない。対人が3歳とは思っていなくて、
しっかりさせなくては、と、充分甘えさせてなかった。

泣かなくても大丈夫だよ!…じゃない。戻って、
悲しかったんだね…悲しいときにはまた教えてね。


あの〜。 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 8月 2日(土)18時33分41秒

かなちゃんのパパさん。

この掲示板で、個人的な募集をするのは、どうかな〜?と思うんですけれど。

それより、具体的にダウン症や自閉症のお子さんとの
算数指導のエピソードなどを聞かせていただけると、嬉しいのですが。


魚つりゲーム 投稿者:かなちゃんパパ  投稿日: 8月 3日(日)08時53分27秒

水兎さんにしかられました。。。すいません。

先週土曜日、私の自宅で、知的障害者4人のお集まり会?での算数ゲームの話です。
約3時間、ほとんど遊び中心でしたが、その間にみんなで魚つりゲームをしました。
まず画用紙に各自、魚、たこ、いか などの海の生き物を、クレヨンで描いて、かわいい
、個性的な?魚など30匹くらい作りました。
 子供たちは描いた魚などをはさみで切って(これが線どうり切れない)、魚の口にクリップをつけて、私は、わりばしに糸をつけて、その先にクリップを曲げてつり糸を作りました。
さあ、魚釣り大会の始まり始まりです。
みんな夢中でつっていました。自分の書いた魚がつれた時は喜んでいました。ズルをして
ゲームを妨げる?子もいました。
つれた魚を1人1人数える練習をして、得点表に数字を
書かせました。一番多く連れた人はだれ〜だ?とか、何匹多い?とか質問しました。
さらに釣った魚を5匹ずつまとめて数えることもしたかったけど、そこまでは理解しにくかったようなので、これは中止しました。
プリント学習や、夏休みの宿題はすぐに飽きてあまりできなかったんですが、
魚つりゲームは、最後まで楽しくできたようです。
次回も、また子供が熱中できる算数(数)ゲームをしたいと思っています。。。





いいね〜 投稿者:朝倉玲  投稿日: 8月 3日(日)15時37分54秒

こういう実践報告、ステキです。
かなちゃんパパさんのところまで習いに行けない人も
これを参考にやってみることができると思います。

私も報告できるようなことがあったら書こうかな〜。


展望 投稿者:かなちゃんパパ  投稿日: 8月 3日(日)17時54分34秒

朝倉さま ありがとうございます。

実は、下記お集まり会(参加費無料)は、お母さんたちの
(うちの妻も含め)育児ストレスを解消しよう という趣
旨で私が企画したものです^^
(妻から少し気持ち悪がられましたが。。。)

9月は、養護学校のボランテイア講座に参加する予定で
忙しいんですが(もちろん会社の仕事も)、10月から
また、月1回 「一緒に遊ぼう会」なんぞをやろうかなあ
と思っています。
知的障害のある子(私の娘を含め)は、1人で遊びがちで、
みんなと一緒に遊ぶのが下手ですもんね。
ただ、遊んで終わりじゃなくて、
この間に、算数ゲームやプリント学習(学校の宿題でもい
いし)なんかもやりたいですね。

今回は、初めての試みで自宅でしましたが、次回は近くの
公共施設を借りて、少人数でやりたいと思ってます。

いろいろな障害のあるお子様と接し、理解することができれば
いいなあと思ってます。

これについて、なにかアドバイス、ご意見を頂ければ嬉しい
です!


う〜ん、ますますステキ! 投稿者:朝倉玲  投稿日: 8月 3日(日)19時59分23秒

>下記お集まり会(参加費無料)は、お母さんたちの
>(うちの妻も含め)育児ストレスを解消しよう という趣
>旨で私が企画したものです^^
>(妻から少し気持ち悪がられましたが。。。)

ふふふっ、パパさんなりの決意表明だったんですね。
でも、ステキだな〜。
お父さんがそんなふうに子ども達に関わってくれることって、
実は、お父さんが考えている以上に意義があったりするんですよね。
ぜひ、息長く続けてくださいね。

>さらに釣った魚を5匹ずつまとめて数えることもしたかったけど、
>そこまでは理解しにくかったようなので、これは中止しました。

これに関して、ちょっと思いついたこと。
発泡トレイでも紙皿でもいいんですが、
5匹ずつのせて一盛りにする形で5つのまとまりを作ると、分かりやすいかも。
それから、今度はそれを使って魚屋さんごっこにも発展できるかも。
お店屋さんごっこをすれば、必然的にお金のやりとりが必要になってくるし
そこでたしざん引き算も出てくるでしょう。
やり方次第で、いろいろな学習ができますよね。(^_^)


すごい〜 投稿者:かなちゃんパパ  投稿日: 8月 3日(日)20時53分58秒

朝倉さま  いいアイデアですね!
そこまでは考えつかなかった。

そうですね。魚200円、いか50円、たこ30円、貝100円と
いう具合に値段をつけてお買い物ごっこができますね。。。
すばらしい! いろいろ発展できますね。ありがとうございます。

是非次回やってみます。
あと、サイコロとすごろくゲーム(2つ進め、とか、3つ戻れとか・・・
気に入っているキャラクタを書いたりして・・)
を子供たちが作って、サイコロたしざん、引き算の学習ができますね。

こういうのは、子供たち自らが作るのに意義があると思っています。
B社 の○○次郎 などのできあがった教材(かわいいけどね〜)に
頼るだけじゃなくて、自分で作る楽しみ、創造力(想像力)を作り出
すのが大事じゃないか と思っています。

下記お集まり会に、他のお父さんも協力していただければ
うれしいですね。。1人では、限界あるし・・・


楽しみながら学ぶこと 投稿者:朝倉玲  投稿日: 8月 3日(日)21時34分49秒

一般に、学習とか勉強とか言うと、プリントとか漢字・計算とか教科書とか、そういうものを使うことをイメージすると思うんですけど
実際には、生活の中のものや遊びを通して、いろいろなことを勉強できると思うんですよね。
そうやって楽しみながら勉強できたら最高だろう、と思っています。

たとえば、たしざんが苦手な子も、おやつにキャンディやラムネをたくさん準備して、数字カードを準備して、2枚ひいて、それを足した数だけもらえるよ、なんて言うと、一生懸命計算して数えるかも。
(ただし、あまり数に不公平が出るとまずいので、そのあたりは”先生”の目配りや調節が必要ですけど)

すごろくにしても、マス目を多めにしておいて、さいころを2回ふった合計だけ進めることにすれば、それもたしざんの勉強。

以前、ボランティアで障害のあるお子さんに勉強を教えているという方と一緒に考えたのは、巻紙式計算迷路。
これはもっと大きなお子さんと、一対一でやるものかもしれないんですが。

最低でも50センチ以上の長い紙の端にスタートを作り、そこから一本道を書いていき、途中に計算問題を書く。
道はその先二またに分かれていて、それぞれに違う計算の答えが書いてある。
正解の方を選ぶと、道は先に続く。
間違った答えを選ぶと、道は行き止まりになる。(落とし穴とか書いても面白い)
そうやっていくつも計算を解いていって、最後まで正解を選んでいけると、ゴールにたどり着く。

この問題の巻紙を、ゴールの側の端にセロテープか何かで鉛筆か割り箸を貼り付けて、くるくると巻物のように丸めていく。
巻き終わったら、スタートの部分だけ出して、「計算迷路だよ。途中間違わないで、ちゃんとゴールまでたどり着けるかな? よーい、どん!」とやる。
その子の学習到達度に合わせて、引っかかりやすい誤回答などを準備したりする。
計算をいくつも解くのが嫌いな子でも、ゲームや迷路感覚なら、けっこう楽しくチャレンジするんじゃないかな〜、と思います。

でもって、
>子供たち自らが作るのに意義があると思っています。
>自分で作る楽しみ、創造力(想像力)を作り出すのが大事じゃないか
というのには、まったく同感です。
自分たちですごろくとか迷路とか、作り出すようになったら、大成功でしょうね〜。

そんなふうにかなちゃんパパさんが子ども達と関わり続けて
子ども達が楽しそうにしていると
そのうちに、少しずつ他のお父さん方も「参加してみようかな?」という気持ちになるかも。
焦らず無理せず、が大事だと思いますけど、でも、少しずつでも広がっていけたら、ステキですよね。
無理のないように、パパさんも楽しみながら、続けてくださいね。


おろろん。 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 8月 4日(月)00時43分32秒

>カナちゃんパパさん
私に叱ったつもりは全然なかったのですが、
信号を受けた側が「叱られた」と受け取るのだから、私は叱っちゃったんですね。

でも、私としては、レスがついていない理由を推理して、
指摘しただけのつもりでしたのです。
でもおかげで、カナちゃんパパさんの実録が読めたので、よかったです♪


教材 投稿者:まつこ  投稿日: 8月 4日(月)08時43分18秒

はい、はい。作ることが好きで、自分で作ったものを使うことが
楽しみになることって、ありますよね〜!!

子どもの集中力の状態によっては材料を作り上げた時点で
タイムオーバーということもあるので
その場合は出来合いのものを使うこともありだと思いますよ。

一方で
>できあがった教材(かわいいけどね〜)
を、示される使用例以外の使い方を考えるのも面白い。

企画する方は毎回新しいネタを考えることが楽しいしまた大変なんですが
子どもたちは「あの、楽しかったのをまたやりたい」と思っていることも結構あるんですよね。
同じことをベースにして少しずつバリエーション発展していくこともありだと思います。


みんな教育熱心なママですね〜 投稿者:かなちゃんパパ  投稿日: 8月 4日(月)21時56分08秒

みなさん教育熱心ですね〜 脱帽!!子供さんはきっと幸せでしょう!

うちのママは、教えるのが苦手、勉強ぎらいなので、全部私が
教える係りで〜す。

まつこ さん 確かに 子供の集中力を考えると柔軟に考えた
方がいいですね!
うちの娘(ダウン症 小4)も、国語は長続きするんだけど、
算数になったとたんに「疲れた〜」と入ってすぐやめてしまうね。
あ〜いかんいかん まず自分の娘をなんとかしなっくちゃ。。
夏休みは算数強化プランを作成し、明日から実行します。

水兎さま
あの〜 レスがついていない  ってどういう意味ですか?
オジサンなので 流行語わからないです。。

朝倉さん 巻紙式計算迷路 すごいですね^^
プロ級です。いろんなアイデア ありがとうございました。

私の夏休みまでもう少し、、、8/10〜12は山梨県
に家族でキャンプします^^
子供の生き生きした顔を見るのが楽しみですね。。

それでは、みなさんもいい夏休みを〜 


うふふ。 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 8月 4日(月)23時44分16秒

「母親が勉強を教えるのに熱心だから子どもは幸せ」と言われても
ここの常連は喜ばないんじゃないかしら。

でも、「教育」って、算数や国語や、いわゆる「お勉強」を
教える事だけじゃないですよね。

そういう意味では、とびきり教育熱心な人種の集まる場所かも。


えっとですね。 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 8月 5日(火)00時09分09秒

>レスがついていない
というのは、レス=レスポンス=responce=お返事、のはずです。
ネット上の用語なんでしょうかね。
要するに、返事・コメントがついないということ、と私は理解しています。

かなちゃんパパさんが、何度も投稿しているのは <少し前にも投稿されてましたよね、
ここでもレスがついていないし、メールでのお返事もないから、
「読まれていないんじゃないか」→「誰かに読んで返事をつけて欲しい」
と思ったからではないかと推測したのでした。

で、身も知らない、今までやりとりをしたこともない人の、個人的な募集に対して、
コメントしづらいし、メールをするというのも、私だったらしないだろうな〜と思いました。
でも、かなちゃんパパさんのやろうとしていることに興味のある人はいるだろうし、
実践していることを聞きたい人もいるだろうから、
その辺を書いてもらいたいなあ〜と思って、提案したのでした。

ところで、↓ちびくまママさんに一票!


それは〜 投稿者:まつこ  投稿日: 8月 5日(火)08時42分49秒

>算数になったとたんに「疲れた〜」と

私も〜                    ε=ε=ε=ε=(((┌・)┘


(無題) 投稿者:こよみ  投稿日: 8月 6日(水)16時18分33秒

何をどうするにも中途半端、
誤ったことをしてしまったわたしには、
こちらは大変厳しい所。
今は、子どもを守りたい、それだけ。


子どもを“守りたい一心” 投稿者:  投稿日: 8月 6日(水)21時11分03秒

いっしょかもよ、こよみさん。

ここの古狸さんたちとは、
長い人は・・かれこれ4年のつき合いだけれど、
それぞれ、
いっぱいいっぱい迷い道を歩いてきたみたいよ。
              < 過去ログ参照

だからこそ、
近くても危険な道はどこかを見つけたり、
遠回りに見えても小石を拾ったり花を摘んだりの楽しみがある道はどこかを嗅ぎわける
力が備わって来たのかも。

 案内人に頼りきらず、地図さえも疑いながら、     < おいおい
 迷いまよい来たからこその、
 また迷うことがあっても大丈夫との自信も
 見え隠れ。

それが、ここの皆さんの太々し・・・あ、いや・・・逞しさだったりします。


ところで 投稿者:M@役に立たないカエルプロジェクトメンバー  投稿日: 8月 6日(水)21時21分59秒

ここの古くからの訪問者のひとりの
古狸というより・・古狼・・いや・・古ペンギンさんの絵本、もう少しで完成です。

題は「十人十色なカエルの子」に変わりました。
詳しくは、
   ↓

http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Epengin-c/bookbook.htm


こんなのもありますんで 投稿者:rishou  投稿日: 8月 6日(水)21時23分54秒

使えたら使ってください。
せっかく 管理人さんが 残してくれているのでね・・・。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/kensyu/risyousense.html

(これは 冬に書き込んだものなので・・・また 何かアイデアがわいたら書きこみますわ・・・。)


(無題) 投稿者:pico  投稿日: 8月 7日(木)04時00分23秒

3歳の自閉症児がいます。
最近傍目にも奇妙さがわかるようになりつつあり、早く達人の心境に達したいです。
(比べずに、子供自身の成長だけを見ていたい)
今のところは積極奇異型のようなのですが、成長するにつれて、
受動型になることが多いと読みました。
受動型になるきっかけとは何なのでしょう。
本人が周囲とトラブルを起こして、
マイナスイメージから受動型になることが多いのでしょうか・・。
そうだとしてもそのほうが生きていきやすければ、いいのかもしれませんが。
あとTEACCHについて学びたいのですが、
子供はまあまあ耳からの指示が通ります。
高機能かどうかは微妙(DQ82、IQ62)ですが
比較的応用も利くと思われる、お勧めの本がありましたら教えてください。


picoさんへ 投稿者:もも  投稿日: 8月 7日(木)09時47分34秒

3歳でしたら「自閉症の人たちのへの援助システム」TEACCHを日本で生かすには
というのはどうでしょう。ちなみにその後同じシリーズで「自閉症の人たちを支援するということ」TEACCHプログラム新世紀へ
と言うのもあります。どちらも朝日新聞厚生文化事業団から出ています。
とてもわかりやすい内容で、すぐ実践できますよ。


個人的な印象ですが。 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 8月 7日(木)11時04分25秒

picoさん
はじめまして。成人後にAS+ADDと診断された水兎と申します。
自分の謎を解くために、自閉症についてもイロイロ勉強中です。
そんな私の、個人的な印象ですが、現在分類されているサブタイプが妥当だとすれば、
サブタイプは、本質的には、変化はないのではないかと思っています。

私の友人(成人後診断)で、おそらく「受動型」の人がいますが、
子どもの頃の話しを聞くと、やはり「受動型」だったようです。

私の場合、基本は「積極型」と思われますが、
合併するADDのおかげで?セルフ療育されたらしく、多少マイルドになっているようです。
今思うと、衝突を繰り返した結果、中学生くらいから二次障害のうつを繰り返していたようです。

「受動型」と思われる友人と、同じ場面で行動の選択をするとき、明らかに違うことが多いので、
私が「受動型」になったわけではないと、最近感じています。
また、衝突やうつで大変ではあったけれど、
「現実を見る目」を多少なりとも養えたとも思っています。

ちなみに、下で紹介されている「十人十色なカエルの子」作者のペンギンさんによると、
社会に????傾向として、
 ●○○○る自閉症:受動型・療育の成果でマイルドになった積極型・NLD
 ●□□□る自閉症:孤立型・バリバリの積極型・対人関係障害悪化や二次障害
の二つに分けられるようです。<表現自粛。
なるほど〜と思いました。


積極から受動へ 投稿者:sara  投稿日: 8月 7日(木)11時13分59秒

16歳の息子は、積極タイプでしたが、今は受動タイプです。」
息子自身は、気がついた時には(大きくなったら)受動タイプに変わっていた・・・です。

>受動型になるきっかけとは何なのでしょう。
>本人が周囲とトラブルを起こして、
>マイナスイメージから受動型になることが多いのでしょうか・・。

マイナスイメージから、受動型になるとは
これは、トラぶらないように、受身の行動をする・・と、言うことでしょうか?
ちょっと、違うような気がします。

自分なりの行動をする積極から、本人の成長に伴い、周りをみた行動ができるようになり、
いわゆる待ちの姿勢の受動になるのでは?

・・・ちょっと疑問ですが
確かに、自閉症には積極・受動・孤立のタイプがありますが
成人の受動型と、幼児期の受動型とは違うように思いますが・・・
成人の場合、受動型に見えるような行動をしているだけであって
幼児期のように、まるっきりの受動ではないわけで・・・
成人の受動に見える行動には、経験や考えたことによる理由があるような気がするのですが

どうなんでしょう?


うーーん 投稿者:sara  投稿日: 8月 7日(木)13時30分40秒

>社会に受け入れられる傾向・・・

ちょっと、この言葉が気になります。

子どもたちが生きやすくなるために療育や子育てをしています。

どのくらいになったら、社会に受け入れてもらえるのでしょう?
受動型にならなければ、受け入れられてもらえないのでしょうか?

受け入れられる・・・ちょっと、悲しい響きがします。


積極奇異型&teacch 投稿者:pico  投稿日: 8月 7日(木)14時19分34秒

もも様 ありがとうございます。どれが良いか迷っていたのですが早速手配します。
水兎様 sara様
本質は変化しないのですね。
水兎さんの二次障害の話はちょっとつらいですが、やはりあり得ますよね。
早期診断されたことで、それが軽減されるように頑張ります・・。
うちの子の良い面も取っておきたいんです。
積極タイプの自閉の子を持つ親御さんならわかると思いますが、
「真っ直ぐさ」というんでしょうか・・。愛想のよさも両刃の剣ですが、持ってるんですよね。
「常識範囲内の間違いを許せない子」になってしまうのは怖いんですが。
3歳だから大きくなった状態を想像できないんです。
今1年強の遅れがあり、経験から学ぶ・・。本当かなあって。
今までも出来なかったことが、無理強いせずに出来るようになったんだから、って思うけれど。

「受け入れられる傾向」表現は違いますが
目指していることはきっと同じですよね。
自閉症者側の視点からすると、ふさわしいのは共存でしょうか。
健常者側が合わせてくれればそれは理想ですけど
やはり圧倒的に少数派だから、そういう表現になってしまうのは止むを得ないのではないかと。
生意気言ってすみません。

積極型のその後の変化について、他にも何かあればアドバイス願います。


えーっと。 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 8月 7日(木)15時34分09秒

>成人の受動型と、幼児期の受動型とは違うように思いますが・・・
>成人の場合、受動型に見えるような行動をしているだけであって
>幼児期のように、まるっきりの受動ではないわけで・・・
>成人の受動に見える行動には、経験や考えたことによる理由があるような気がするのですが

これは、同感です。
成長とともに受動型に見えるようになった場合を、
「マイルドになった積極型」といえるのだと、私は認識しています。

「周りを見た行動が出来るようになった」「待ちの姿勢が出来るようになった」
という点では、私もマイルドになったんだと思います。
でも、やっぱり自分の本質は「積極型」なのではないかと、最近感じています。

先ほども書いたように、幼児期から「受動型?」だった友人と私は、
対人面での認識の仕方や行動が違うんです。
個人的な差なのか、タイプの差なのか、難しくはありますが。

最近、「バリバリ積極型」の成人の方のお話しを聞く機会がありました。
私より何倍も何十倍も衝突を経験して、それでもなお我が道を生きてこられたそうです。
私よりも年上の方ですから、当然「療育」を受けてはおられません。

「バリバリ積極型」と「マイルドになったかも?積極型<私」の違いは何だったのだろう?
まだまだ謎は深まるばかりです。

saraさん
>>社会に受け入れられる傾向・・・

上手い言い回しが見つからなくて、この言葉を使ってみました。
せめて、「受け入れられ、やすい」傾向の方がよかったでしょうか。
適当な言葉が思いつかなかったので、下の方では、「????」に編集しました。
  <参考にさせていただいた原文に、このコトバが使われているわけではありません。

でも、やはり当事者である私の個人的な実感としては、
「社会に適応する」というのは、「社会に受け入れられる」であり、
「社会に好まれる」「社会で生き易い」なのだろうと思います。

そうだとしても、社会の中に全く居場所がないと悲観しているわけではありません。
大なり小なり、自分が生きていくことのできる居場所、
「マイルドになったかも?積極型」の私を受け入れてくれる居場所は、
どこかにあるんじゃないかなあと、期待しています。

「受動型」でもさまざまな困難に遭遇し、大変なことは、
「受動型?」の友人を見ていれば理解できます。
ただ、「受動型?」の友人は、対人面での不都合をあまり感じていないそうです。

やっぱり、本人が困難を実感する状況や場面は、
「積極型」と「受動型」では違うんじゃないかと、最近思っています。


>受け入れられる・・・ちょっと、悲しい響きがします。

saraさん、悲しませてしまって、ごめんなさい。
でも、やっぱり、これが今の社会の現実だと思うんです。

子どもの頃に、療育を受けて、周囲に理解者がいた「マイルドになった積極型」は、
療育を受けられず、周囲に理解してもらえないまま成長した「バリバリ積極型」よりは、
社会で受け入れられやすいのではないか、居場所が多いのではないかという印象です。


積極奇異型と受動型 投稿者:空音  投稿日: 8月 7日(木)20時25分23秒

かなり横レスです(^_^;)

私は幼い頃が受動型って診断されてます(今はアスペルガーなのでドクターいわく受動型とはつけないそうです)
積極奇異型の成人のかたと直接お話ししてみて思ったのですが
表現スタイル(話し方、言葉の使い方など)はすごい違うけど、感じ方は同じだなーって思いました。

幼い頃の私は自分からどう表現して良いかわからないので、喋らなかったのですよ。
両親いわく「ロボット人間、もしくはお人形」のようで無反応なのに困ったそうです。
今は普通に鍵盤を弾きますが、6歳で習い始めた頃は、弾き方がロボットみたいだったらしいですよ(笑)
感情表現を身につけるのに、私は音楽の力を借りたんだと思います。

積極奇異型の成人さんでも、とても愛嬌たっぷりで素敵な方もいらっしゃいますし
「型」よりも、こだわりやパニックに対処する方法を本人が身につけていくのが大切かな?と思いました。
あと「エチケット入門」なる小学生向けのマナー読本が私には大変役立ちました。

あくまで「受動型」成人の一例って事で・・・。

http://motom.pinky.ne.jp/


マイルドになる、ということ 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 8月 7日(木)21時37分01秒

ご本人の口から語っていただくと、「なるほど〜」と思いますね。
特に水兎さんのおっしゃった「マイルドになった積極型」という感じ、
とてもわかるような気がしました。

私は個人的には、社会性がどの「型」と診断される子どもであっても、
その子の感じ方やあり方、つまり「自閉者としての文化」を尊重しながら育てられれば、
非自閉の社会とガンガンぶつかって傷だらけになることなしに、
それぞれ「マイルドになる」のではないかと思うのです。

マイルドになる、というのは、「自閉者でありつつ、
非自閉者仕様になっているこの社会との、自分なりの接点、
折り合いのつけかたを身につける」ということです。

ただ、元々が「孤立型」であった場合や、
元々が「受動型」であった場合には、むしろ「積極的に
人や環境と関わるようになった」という形になるでしょうから、

元々が「積極奇異型」であった子が、周りの環境や
人とうまく折り合いがつけられるようになってきたことだけが
クローズアップされて「受動型になる」というような
言い方をされるのではないかと。

空音さんの実感とはだいぶ違うのでちょっと自信がなくなってきたんですが
私は息子をずっと「受動型」だと思ってきました。
自分からは関わっていけないが人から関わってくれると大丈夫、という点では
「受身」とも言えるんですが、私自身は「受動的」というより
「受容的」と言ってくれないかなあ、そのほうがぴったりくるんだけどなあ、と
思うことがよくありました。

まわりの、典型的孤立型や典型的積極奇異型のお子さんと比べると、
対人関係が「ニュートラル」というか、社会性に問題があることが
「目立ちにくい」タイプ、
集団の中でもあまり大きな問題がなくて、「手のかからない子」として
ややもすればほったらかし、後回しにされてしまうようなタイプ。

他のタイプと比べると、非自閉者にとっては「とっつきの良い」タイプでは
ないかと思います。
それが、他のタイプの方から見ると「同じ自閉者なのに社会で受け入れられやすい」
という評価になるのではないでしょうか。

でも、(私が思っている)受動型の息子も、人に関わろうとすればやはり
一方的だったり奇妙なやり方だったりしますし、環境によっては
周囲を遮断して「自分の世界」を守ろうとしたりします。

そういう意味では、非自閉者にも内向的な人や社交的な人、
他罰的な人や自罰的な人、賑やかな環境を好む人や静かな環境を好む人が
いるのと同じように、

自閉者にも「人との関わり方」にそれぞれ個性があって、それを
非自閉の側から一方的に種類わけしたのが「孤立型」「受動型」
「積極奇異型」なのではないかと思ったりするのです。


ですから 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 8月 7日(木)21時48分33秒

私達親が、「子どもが何型と呼ばれるか」に振り回されるのは
本末転倒ですし、例えば「受動型にすること」を目標に療育をしよう、と
したりするのはナンセンスではないかと思います。

むしろ、空音さんがおっしゃるとおり、もともとの「**型」なりに
非自閉社会との折り合いのつけ方を学ぶ援助をしていく、というのが、
親にできる「療育」ではないかと考えるのです。

「受動型」の子どもだからこそ「受動的」にならないように、
自分で選んで、自分のものと言える生活を送って欲しい、と
願いながら、私は息子を育ててきたつもりです。


みんなの力 投稿者:まめ  投稿日: 8月 8日(金)00時46分18秒

前回のレスから10日ほど経ちました。
>こよみさん・もっきゅさん・Mさん
本当に優しいレスありがとうございました。
途中ですが,経過を報告します。m(__)m

今日現在、教育委員会から心理テストの結果、通級不許可の通知(文書など)は一切来ていません。(おまけに知らぬ間に担当者が変わっていました)
教育相談所にも、週1回通っていますが、まだ私の話を聞いていく段階で止まっています。
(日時をきちんと決めてくれているだけ、相談所はマシなところですが・・・。)
本当に、引っ越して来たばかりですが、早くこの地を去りたくなるような心境です。

でも、悪い事ばかりでもありません。
まだ知合って間もない私たち親子を心配して、何人かの知人がケースワーカーさんや
親の会の幹事さんを紹介して下さったのです!!
この方たちの力を借りて、何とか我が子が無事に2学期が迎えられるようにがんばっています。
困ったことがあったら、ここでも力を借りるかもしれません。
みなさま、よろしくお願いします。(^^ゞ

そうそう、「心理テスト」の件ですが、担当者は「結果はうちは希望者にしか教えていない」
と言っていたのですが、この方たちのおかげで、そんな決まりは存在しないことがわかりました。
学区外の事といい、本当にいい加減な対応ですよね。


研究会のご案内 投稿者:rishou  投稿日: 8月 8日(金)07時02分40秒

まだ若干名 参加可能です。よろしければどうぞ。
私 ごそごそ 働いております。
   

http://www.asahi-net.or.jp/~aq2t-ueym/matu/kyouikubu/kyouiku_gengotyounou.htm


誰かに説明するのには便利かなと思ったり。 投稿者:月代  投稿日: 8月 8日(金)10時28分41秒

>孤立型、受動型、積極奇異型。

ウチの子たちは、どれと診断された事はないけど。
最近まで、長女は孤立型から受動型かなと思って来たけど違うかも・・・。

周りの事か理解出来ていなくて孤立してるように見えていただけかもしれないし。
女の子だし普段大人しいから受動型みたいだけど、ひとつの事が気になりだしたら何をしてても何を言っても、誰かれかまわず、その事しか喋らないし止まらない。
そんな時の長女は、ウルトラハイパーだし声が大きいし周りの状況見てませんね。
積極奇異型かもしれない・・・。

次女は、いかにも積極奇異!・・・に見えるが・・・。

障害だけではなくて性格もあるだろうし、なんだか下手に使わないほうがいいのかなと思う今日この頃。(^_^;)


どうして〜 投稿者:もも  投稿日: 8月 8日(金)21時51分55秒

うちの子は週1回のペースで地域療育センターで言葉の発音、言葉の発達、色などを勉強しています。特に問題なのが色についてです。毎回のように赤、青、黄色、緑の4色を覚えようとの事で、赤は赤ちゃんの赤、黄色はバナナの黄色、青は空の青、緑は葉っぱの緑と先生は分かりやすいようにうちの子に教えています。色カードを見せて何色と聞くのですが、大きい声で青!!と答え先生がこれは青じゃないよっと言うのですが青!!何度も繰り返すばかりで、この色は葉っぱの何??
と先生がうちの子に聞き返すと葉っぱ青!!と言うばかりで、先生が何度も葉っぱは緑、その他の色もわかりやすいように言ってくださるのですが、当たるのは10回に一回当たればいい方で、青の連発です。
先生が赤取ってと言うと赤が取れるしその他の色も間違わずに取れるのに色を聞くと間違うのはどうしてなのか分かりません。

あと、先生とのお勉強の時間だけもの凄く落ち着きがなったり、茶化していたり親指を口に入れて
赤ちゃんのように指しゃぶりをします。5歳になるのですが家では一切やりません、保育園でもやりません。この勉強の時間だけ指をしゃぶります。この時だけは普段のうちの事違うんです。
私なりですが言葉に対してもの凄くストレスになっているんじゃないかと思っています。


(無題) 投稿者:こよみ  投稿日: 8月 9日(土)06時35分49秒

子どもが会話ができるようになって、
発信する力が細いということを見失ってしまっていた。
「うふふ、おかあさん、ちょっと見て。」大きい声で呼ぶ。
ついこのあいだまで、こんなふうに言うときは、
声が小さかった、あきらめも早かった。
でも、ふりしぼって発信していたんだ、
そして自らを守ろうと必死だったんだ。
ごめんね、ほんとうにごめんね。


こんな人もいます。 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 8月 9日(土)07時35分16秒

ちびくまままさん
>マイルドになる、というのは、
>「自閉者でありつつ、非自閉者仕様になっているこの社会との、
>自分なりの接点、折り合いのつけかたを身につける」ということです。

うう〜ん。納得な表現♪ ありがとうございます。
それに、確かに「受動型」より「受容型」という表現の方が、ぴったりくる感じですね。

>でも、(私が思っている)受動型の息子も、
>人に関わろうとすればやはり一方的だったり奇妙なやり方だったりしますし、
>環境によっては周囲を遮断して「自分の世界」を守ろうとしたりします。

やっぱり、そこは同じなんですね。ちょっと嬉しかったりして(笑)。

>自閉者にも「人との関わり方」にそれぞれ個性があって、
>それを非自閉の側から一方的に種類わけしたのが
>「孤立型」「受動型」「積極奇異型」なのではないかと思ったりするのです。

うんうん。外から見た種類わけと、本人自身の実感とでは、微妙に異なるのは、
そこにあるんでしょうね。
サブタイプにわけることは、何も悪いことばかりじゃないと思っています。
それを目的にするのは、どうかとは思いますけれど、
サブタイプを利用して、社会との関わり方を模索するのに利用するのは、
アリなんじゃないかなと思っています。


ところで、今回のサブタイプの話題で、「受動型?」な友人から新たな証言?を得ました。

彼女の知人に、バリバリの積極・奇異型と思われる人(未診断)がいるのですが、
まったく合わないんだそうです。 彼女曰く、
「その人(バリバリ積極型)には、受動型の人の表現の仕方が分からないんだと思う。」とか。

例えば、枠組みが作れなかったり、反応が遅かったりということ。
  <知人氏は、枠組みが作れるし、反応は遅くないそうです。
 
福引きで2回ひけるのに1回しか引かせてもらえなかった。
けどコレに気が付いたのは福引き会場を出た後で、
どうしたらよいのかわからず、心の中でもやもやしたまま戻ってきた。とか。

明らかに間違っていることを言われているのに、
どうやって反論したらいいのかわからなくて、
考えているうちにすでに話はものすごく進んでいた、とか。

彼女自身の実感としては、「受動型」と「孤立型」を行き来して、
社会の中では「受動型」だけど、対人関係や趣味の個人的な面では「孤立型」。
受動型になったおかげで、社会的になったと思っているそうです。

「孤立型」だけだと、
個別完結型で周りの状況が見えず、関わる必要性を感じないのではないかと。

受動型の欠点(?)はお誘いができないことと、
自分から行きます!やります!と言えないこと、だそうです。
それにお願いもできないから、パンクすることもあるのも欠点の一つとか。
「近くまで来たら電話して〜と言われても、今度誘ってねと言われても・・・」

で、知り合いが減っていくことに関しては、あまり気にしてないらしいです(笑)。

彼女曰く、
「基本的には孤立型だけども、
受動型の化けの皮を被って社会生活を送っている感じでしょうな。」だって(笑)。

私の場合は、
「基本的には積極型だけども、受動型の兔の皮を被って、社会生活を送っている感じ」(笑)。

そんな違いはありますが、
彼女と私は、笑いのツボが似ていたり、目の付け所が似ていたりしますし、
お互い感覚過敏で困っていたりしています。
いっしょにいて、お互いの謎ときをしたりできる、楽チンな仲間です♪


picoさん 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 8月 9日(土)07時46分31秒

>水兎さんの二次障害の話はちょっとつらいですが、やはりあり得ますよね。

私の場合、親も私にも「発達障害」に関しても、「子どものうつ」に関しても、
情報と認識がありませんでしたから、仕方ないといえば仕方なかったんです。
時代のせいとも言えますね。

今の時代なら、両方とも、得ようと思えば情報がありますから、ひどくなる前に手は打てます。
社会で生きていく以上、「うつ」とまったく無縁でいるのは、難しいかもしれませんが、
早期発見・早期治療が可能です。
ちゃんと治療すれば、生活の工夫も出来ます。
picoさんご自身が、うつにならないように、気長に構えて、生活なさってくださいね。


水兎さん 投稿者:pico  投稿日: 8月 9日(土)09時41分20秒

自分も鬱になりそうです。実は・・。
夫は元々結婚前から不眠症(鬱?)で精神科にかかったことがありましたが、
2年ほど前から鬱病を3度発症、
1年以上通院してましたが、春から又調子が悪くなり。先月1ケ月休職し、復帰しましたが
昨日は家を出て会社に行きませんでした。
正直、子供より夫の方が心配だったりするんです。
子供は目でわかるように成長してますから・・。
性格から来る鬱なので、本当に完治するのか、一生の付き合いになりそうな気がしています。
子供は3歳半で私立幼稚園の年少です。
園はあまり知識はありませんでしたが、療育機関や病院の心理士と行き来して
理解してくれる姿勢があります。
夫の会社は理解がありますが、この不景気に小さな会社だし・・。
休職中は夫が会社に行ってるかどうか考えなくて済むので楽でした。
私の市は待機児童が多く、障害児だからといって、優先で保育園に入ることはできません。
それで保育園のほうが障害児に向いているらしいと思いながら、幼稚園に決めました。
でも週何日かの一時保育を利用しながら、パートに出ようかと思っています。
私も家にいて色々考えるのに疲れてしまいました。
家族のことを考えないで済む時間が欲しいです。
生来図太いので時々爆発しつつも(夫の鬱には良くない)やってきましたが
この頃眠りにくかったり、家事も億劫になってきて。
決して働くのは得意ではないんですが、家にいる自分が嫌になってきました。
幼稚園は環境はいいのですが、保育料は安い園の倍近く、当然裕福な家庭が多く・・。
手当てが出てるからと決めて、そんなところまでつらく感じたり。
わかってたことですが、夏も冬も1ケ月休みで集団生活から離れてしまうし。
こんなにこじれた話を人に相談するわけにも行かないので、正直参ってます。
子供はこだわりやパニックが少なく、知能は2歳2ケ月程度(多分社会性も)、
愛想はいいですし、他の子と関わる気もあるし、
場所見知り、人見知りはありません。親との関係も出来てます。
多分園にも慣れるような気はしているのですが保証はありません。
幼稚園から保育園に変えた人がいたら、話を聞かせていただけませんか?


台風一過 投稿者:空音  投稿日: 8月 9日(土)15時06分37秒

みなさま、台風大丈夫でしたか?
これから台風が来る地方のかたは、どうぞご用心下さいませ。
うちは真夜中に台風が通り過ぎていきましたが、何事もなく良かったです。
ただし…災害避難所を開設するため、夫は徹夜で朝9時に帰ってきました〜今寝てます(お疲れ様ですわ)
私も普段はしない、子どもズお風呂2人いっぺん入れたり、2人同時に寝かしつけたりして
でも実家の母に電話したり、ネッ友さんとチャットしたりしてパニック回避できて
ちょっと育児スキルが上がったかもしれません(笑)

>ももさん
お子さんは青色が大好きなだけではないでしょうか?
大好きな色の名前を言いたいから、他の色でも「青」って言うのかも。
似たようなことが数年前にうちの娘(現在5歳の健常児)にもありましたので・・・。
ちなみに娘の場合なんでもかんでも「ピンク!」でした(笑)
もちろん現在は直っておりますが、それでも複雑な色味(紺色、藤色、赤紫とか中途半端なの)は、
まだ呼び方を覚えてませんで、コレは何色って聞いてきます。
時間がかかっても、そのうち直りますよ、きっと♪

>水兎さん
お友達の証言、全く同じですワタクシ!
いやあ、世の中似た人って本当にいるんですねぇ〜ああびっくり。
杉山先生の本に書かれてたんですが
「孤立型」認知の遅れとゆがみが両方大きい
「受動型」認知の遅れは大きいが、ゆがみはあるけど小さい
「積極奇異型」認知の遅れは小さいが、ゆがみが大きい
って、解説が載ってました。なるほどなあって思いました。

>picoさん
私の夫も「抑うつ神経症」でして現在SNRI(1日3回)と睡眠導入剤(寝る前)を服用しています。
根本的な発症の原因は義父母なので(テストの結果アダルトチルドレンなようです)
私の責任じゃなかっただけでも、逆に安心してしまった、イケナイ妻です(爆)
自分を支えて欲しい夫が、逆にこっちが支えなくてはいけない辛さってあると思います。
時々自分の日記に愚痴ったりしますが、でも夫が一番だなと思うときも多いです。
私は自閉症圏(アスペルガー)の人なので、自閉の部分は夫にカバーしてもらい
夫のACやうつは私がカバー出来るんじゃないかと、思ってるこの頃です。
うつが一番きついときはそれこそそっとしておいてあげるしかないのですが
比較的安定している現在は、夫の「やりがい、ありがたみ」みたいなのを刺激してます(^_^;)
「あなたがいてくれて良かった」とか、「さすが夫だ」とか〜ですが。
それで夫は「妻や子どもがいなかったら僕はいなかったと思う」って言ってくれるまでに
回復してきました。
こっちこそ、アスペを理解してくれる夫には「ありがたやー」なんですが。

今が一番きついときだと思います。うちも先日まですごいきつかったです。
どうかご無理はされませんように、picoさんもゆっくり休まれて下さい。
保育園は保育園なりの良さがあると思いますよ。
幼稚園に比べて、保育園は基本の保育時間が長いですから。
ご主人の状態が良い時を狙って(爆)子どもを託して、一人で外出されるのもお薦めです。
うちはそうしてます♪夫の方も私に世話になりっぱなしより、妻の役に立つ方が精神的に楽って言ってましたので。
近々、夫が趣味の鉄道旅行で数日いなくなる隙に、実家へ帰って羽根伸ばす予定です。
どうか少しでもご自身の時間が取れますように。

http://motom.pinky.ne.jp/


「何となく違う」そうなので。 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 8月 9日(土)23時48分39秒

下で私が投稿した文章、「なんとなく違う。」と友人からクレームが来ました(笑)。

友人の「知人」(バリバリ積極・奇異型)氏が
 表現の仕方や枠組みがわからないのではなくて、
友人(基本は孤立型だけど、受動型の皮を被っている)自身が、
 表現の仕方や枠組みが分からないのです。

投稿してある記事では、
友人が福引きで困ったことや、発言ができないことになっておらず、
私が投稿した文章では、
「知人」氏がそういう状況に陥っているような捉え方になっている、
と友人は申しております。

あくまでも書いたことは全部、友人のことで、
「知人」氏のことではないので、そこらへんを訂正してほしい、と申しております。
あのままだと、ちょっと文脈がヘンじゃないかと。

以下、友人の文章をそのまま転載します。===============

「積極・奇異のひとってとりあえず、全部言ったり、行動できるでしょ。
 人の迷惑とか、他人がどう思うか知ってかしらずか、
 自分を表現できるすべを持っていると思う。

 だけど、受動の人ってこちらではアクションを他人にしているんだけども、
 気づいてもらえないか、その方法がわからないのではと。

 孤立の人は他人にアクションを起こさないから、
 アクションの仕方を知らないことすら気づいてないかもしれない。」

==================================
友人、これでよろしいでしょうか(笑)?

私も彼女も、わかりやすい「パニック」を起こせないまま成長しました。
そういう場面で、パソコンのように「フリーズ」してしまうんです。
で、その後に、延々と脳ミソの中で混乱が続きます。あるいは夢の中で。<と最近知った私たち。

ただ、私は混乱した時に「泣く」ことができるので、私の意図と違うにせよ、
相手に「なんかちがった?」と気づいてもらえましたが、
友人は泣くこともなかったので、一人で後で混乱を抱え続けていたということです。


混乱 投稿者:  投稿日: 8月10日(日)22時35分33秒

>特に問題なのが色についてです。
>毎回のように赤、青、黄色、緑の4色を覚えようとの事で、赤は赤ちゃんの赤、黄色は
>バナナの黄色、青は空の青、緑は葉っぱの緑と先生は分かりやすいようにうちの子に教
>えています。

 バナナ・・黄色、長い、皮をむいて食べる・・・・
 空・・・・青色、大きい、雲がある、色が変わる・・・
 はっぱ・・緑色、色々な大きさ・形、色が変わる・・・

色を教えたいのなら、
色だけに着目できるように同じ材質のシンプルなものを使うと良いよね。
色カードと色の名前とのマッチングをしておられるってことね?

>赤ちゃんの赤

には大笑い。 全身に赤い絵の具を塗りたくっている赤ちゃん?
せっかくマッチングができても、後でこれでは・・・。

ことばの指導がプレッシャーと言うより・・・、
私が子どもなら、
混乱して・・・お勉強をしたくなくなっているかも。

掲示板過去ログ案内に戻る