2003年8月その2
お知らせ@再掲&追加 投稿者:  投稿日: 8月10日(日)23時10分02秒

講演会「イギリス自閉症協会に学ぶ」〜自閉症の人たちと家族への総括的な支援(全国)

イギリスの自閉症協会は独自に自閉症学校を作り、
先進的な取り組みをしているんですよね。 
自閉症協会のリチャード・ミル氏を招き、その活動・実践についてお聞きするのだそうです。

前回は京都だけの案内でしたが、仙台と熊本でもあるそうです。

◇【仙台】9月11日(木)午前10時〜午後4時
  仙台市情報・産業プラザ「アエル」5F多目的ホール(仙台駅前)  

◇【京都】9月15日(祝)午前10時30分〜午後4時30分
  京都市呉竹文化センター(京阪・近鉄「丹波橋」駅前)  

◇【熊本】9月18日(木)午前10時〜午後4時
  くまもと県民交流館パレア(熊本駅前から市電10分「水道町」前)  
 
◇講師 リチャード・ミル(英国自閉症協会リサーチディレクター)
    ジュディー・ラスティー(同副会長)=仙台会場のみ  

◇コーディネーター
 〔仙台〕内山登紀夫(大妻女子大学)  
 〔京都〕門眞一郎(京都市児童福祉センター)
 〔熊本〕矢輔渉(日本自閉症協会)  

◇内容 「イギリスの自閉症教育」
    「本人・親への直接的なサービス」
    「高機能・アスペルガーの人たちへのサービス」ほか  

◇定員になり次第締め切り(仙台・熊本300人、京都600人)  

◇参加費3千円  

◇氏名・住所・電話番号・職業と「参加希望会場名」を明記の上、
 FAX(03・3593・0688)か、Eメール(tokyohojin_office@nta.co.jp)で
 日本旅行東京法人営業部「NAS講演会」係(電話03・3593・0321)へ。  

主催 日本自閉症協会、朝日新聞厚生文化事業団  
後援 厚生労働省、文部科学省ほか 


青! 投稿者:まつこ  投稿日: 8月11日(月)15時17分13秒

>先生が赤取ってと言うと赤が取れるしその他の色も間違わずに取れるのに
>色を聞くと間違うのはどうしてなのか分かりません。

色とその名前は結びついているのに
なぜ言わないか、

「あお」は言いやすい(口を動かして音が作りやすい)けど
「あか」「きいろ」「みどり」はいいにくいから、かな?
発音が苦手だと本人が感じてしまったときに
無理やり「発音させようとする」のは
逆効果になることも……?と感じます。

ちょっと話がずれるんですけど
私が療育センターで色の名前についてSTと話した時、教えていただいたこと。
子どもにとって一番わかりやすい「色」は「白と黒」ですよ、って。

赤という色がわかるというのは、「あか」と言えることよりずっと大事ですから。
りんごもトマトも消防車もポストも「赤いもの」の仲間だとわかることのほうが。

なんでも「あお」と言うのなら
できるだけたくさんいろいろ青いものを集めて、
「あお!」といったら大正解〜!!賢い〜!!という遊びをしてみたくなる。


ある地域では 投稿者:タヌカセ  投稿日: 8月11日(月)19時02分36秒

子育て相談の場ができて 今年からは そこに心理カウンセラーが配置された。
保育士 保健士 栄養士 心理専門員 が 相談を受けてくれる。 電話相談もある。
いきなり行ってもいいらしい。
じゅうたん敷きの部屋があって 親子で好きに遊んでもいいし 相談したいことをメモしておくと 上記の専門家が 一緒に遊びながら 相談に乗ってくれるというありがたいシステムが動き始めた。
個別の相談には 時間予約で個室で行ってもらえる。
障害児に対しての教育や訓練の場ではないので それはその道の専門家(学校や療育センター等)の仕事になる。
正直 訪問してみて 行政もやるじゃない! と感じた。

学校というところで仕事をしていて 子育てに疲れた保護者の精神安定の場が必要であることを 近頃 特に感じている。
私が 上記の相談センターに 今 お願いしているのは子供ではなくて 保護者である。
子供については 学校サイドで懸命にやっていく。
相談内容は あくまで子供に関してであるが 実際には 保護者の精神安定である。
父親が精神的に不安定になっていて 仕事も人間関係の不和から続かなくなっているという。 
そのことに学校は立ち入れないが その父親の不安定さは 子供や母親を見ているとすぐ分かる状態まできている。
父親も 良い父親でありたいという思いはあるが 実際には 母親と子供を 不安にしたり怖がらせたりする行動になってしまうようだ。
父親を傷つけず なおかつ家族が安定するように カウンセリングをお願いしている。
今の世の中は複雑になり 保護者自身の生活の問題や子供の発達上のことで もともとの精神的な弱さが 病的に発現してくる率も上がってきているように思われる。
自己管理きちんとしていたり 家族の意識が高くて 病院等に行く方は立派であると感じている。
現在 このシステムは 優秀なカウンセラーとの連携で進んでいるが・・・
まだまだ知られてはいない。
とても弱小な組織であり きちんと続いていくことを願っている。

日本全国に こうしたシステムが できてくることを願うものである。
子育ての相談をする場は 各地の保健所等にもできつつある。
そして 保護者自身の精神安定を応援するシステムには 指導者のほかに カウンセラーの配置が必要だと実感した。
そういう配置を 要望していこうと考えている。





 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 8月11日(月)21時14分29秒

全然外れるのですが、スイカが大好きな息子達のために、植えました。
そして、収穫。
黄色いスイカと、赤いスイカ。
黄色いスイカを見せると、「偽物じゃん!!!」・・・拒絶(TT)
臭いも味も、ほとんど同じなのに、色が違うと絶対食べてくれませんでした。

この3ヶ月の苦労が悲しい。


suica 投稿者:rishou  投稿日: 8月11日(月)22時30分28秒

>黄色いスイカと、赤いスイカ。
>黄色いスイカを見せると、「偽物じゃん!!!」・・・拒絶(TT)
>臭いも味も、ほとんど同じなのに、色が違うと絶対食べてくれませんでした。

昔 黄色いスイカは 珍しく また高価なものでありました。
その当時 味は 赤いほうが 絶対においしかった。
偽者でも食べたい と思うのは まちがいなのかな〜。 自信がなくなってきた・・・。


空音さま 投稿者:pico  投稿日: 8月12日(火)00時15分10秒

アダルト・チルドレン・・。
夫の家庭は祖母と父にやや問題があり、姉も精神不安定になって
子供二人と夫を連れて実家に身を寄せていた時期がありました。
夫は感情を表現するのが下手で、イヤと言えない、自分の意見が言えない人です。
何滴か自閉エッセンスも入ってるかな、という気がしないでもないです。
でも今は、原因より対策ですね。
A・Cは精神科で診てもらえないようですし・・。
空音さんのHP拝見したことがあります。
こんな風に育ってくれたらな(育てられたらなあ)と思っていました。
今回のアドバイス、
>「あなたがいてくれて良かった」とか、「さすが夫だ」
実は私は言えそうもないです・・。
こんなことを聞くのもなんですが、
アスペの人は照れるということは、あまり無いのでしょうか?
だとしたら、鬱の人にとって、適度に放っておいてくれて、たまに暖かい言葉をかけてくれる
程よい距離感のある相手かもしれません。
曖昧なことがわかりにくい男性の脳(自閉的?)は
こんな風にはっきり言ってくれたら嬉しいでしょうね。
明日、夫は病院に行って、会社は午後だけでお盆休みに突入します。
夫の実家に二泊しますが、鬱であることは言ってあっても、
もともと喋らないんで変わらないらしい(--;)


(無題) 投稿者:こよみ  投稿日: 8月12日(火)07時39分44秒

すみません、アダルト・チルドレンに反応しました。

わたしアダルト・チルドレンを自覚してます。
母によく思われているか、をとても気にして生きてきました。
生きづらいと感じて、自分を少しずつ変えてきたつもりでした。

でも、わたしは、まわりに気を使っているあいだは
子どもにもわたしと同じ立場にさせようと無意識のうちにしてきていた
ことに気がついて、昨日母に電話で話したところです。
人として尊重されるものを、求めていたわが子に与えることが
できなかったと思います。それはわたしが幼いころ求めていたものです。

話は変わりますが、わたしの主人は数年前
仕事・家庭・介護に疲れて不安神経症になりました。
口数の少ない人で、ポツリとひとことしゃべったことばが
意味が深くて、驚きます。わたしが、
「がんばってきたんだから、しばらくゆっくり休んでもらいたい。」
「思うようにやってみるのがいちばんだよ。」
と言ったことをしっかり覚えています。
たまにボンッとわたしが爆発すると、言ってたことと違う…と主人は困った顔。
いろいろ試行錯誤して、結局精神科医にしかわからない、ということに。

それでも延々とセーブしすぎた仕事のことで、
あまりしなかった夫婦喧嘩をしたのが6月の下旬。
それがきっかけで親子関係の基盤の弱かった子どもが摂食障害。

自閉症外来の精神科医師に言われてやっと意識して
誰の目の前でも遠慮せず子どもに、
「大好きよ」「いい子だね」と抱きしめているこのごろです。

学校の勧めで行った教育相談は気がついたら毎週予約して、
よく話をきいてくれるので気持ちの整理ができて助かっています。


こよみさん 投稿者:pico  投稿日: 8月12日(火)13時13分58秒

>誰の目の前でも遠慮せず子どもに、
「大好きよ」「いい子だね」と抱きしめているこのごろです。
これ、本当に大事ですよね。
さっき公園から帰ってきましたが、
どうしても、他の子との違いを埋めるためのごまかし笑いになってしまう。
まだカミングアウトするつもりはない相手なので、仕方ないですが。

ここに来るといろんな立場の人がいて、少しずつ違うけれど、少しずつ似ている。
自分ひとりじゃないと元気付けられます。


お疲れ様でした 投稿者:ひまわり  投稿日: 8月13日(水)00時58分23秒

匿名HPとのことでしたので
学会中こちらのお話しませんでしたが
愛読者としては「いつか」こちらのお話も
聴かせて下さると嬉しいです。
HP私の周りで非常に評判いいので。


照れという感情 投稿者:空音  投稿日: 8月13日(水)12時37分58秒

>ももさん、みなさま
色の件は、私ちょっとはずしたカキコをしてしまったようです。
不快に思われましたら、すみません(^_^;)

>picoさん
照れ、恥じらいという感情は、他者との関係で生まれてくるものって聞いたことがあります。
ですからお察しの通り、私はあんまり恥ずかしいとか照れくさいとか、感じないです。
そもそも「照れ」ってどこから来るんだろう?って悩んでいた時期があるくらいです。
どう考えても世間の常識とずれたことを大っぴらにやって、後日そのことに気づいたときは
恥ずかしい〜というより、ああ外して失敗してしまった〜!っと思います(苦笑)
世間の常識でのやってはいけないルールと比較して、はまってる、外してる、としか考えられないので。
だから例えば、世間の常識が「人前で大っぴらに’愛してる’を叫ぶのが普通」だったら、
きっと何も考えずに、素直にそうしてるでしょう(爆)
さすがに奇妙な目で見られるので例えなどは普通はしませんが、本当は我慢してるのーって事もあります。
夫や子どもに言う「大好きよ」の言葉も、ふつーに(^_^;)言ってるので、照れとか考えたことなかったです。
さりげなくってのが難しいので、スキンシップも全くしないか、大げさかの両極端だと思います。
何事にもやたらめったら感動してるのに、どう出すものか、わからないって感じなのかもしれません。
普通の人がどんなとき恥じらいを感じるのか、は親や友人、経験から教えられ逐一記憶しています。
とりあえず、普通の人が恥ずかしいと思う行為はやめておけば問題ないと、理解してるのです。

ダンナは週末から鉄道旅行へ行ってくるようです。なんでも九州新幹線でなくなっちゃうものを
今のうちにビデオに撮っておくためなんだそうです。
夫婦バラバラで行動することが多いのが、周りの人(親も含め)不思議に写っているようですが
私にはこれぐらいがちょうど良いバランスなんだろうなと思っています。
夫の方は最近「夫婦で出かけたり、家族一緒に遊びに行ったりしたい」って言ってますが
これは私の努力がもう少し必要だなと反省している点でもあります。

夫にも自閉が入ってるんかな?と思って色々話をしたり、夫も本やサイトなど見たようですが
自分は違うみたいって言ってました。私も夫は非自閉圏と思ってます。ACが一番近いって。
ACの人って、夫以外にも身近にいるのですが、よくよくお話を聞いていますと
「人の気持ち、周りの状況などが、わかりすぎて苦しんでる人」なんだなと思っています。
(あくまで私の考え方で、外していると思いますが)
だけど「自分のやりたい、思い通りにしたい気持ち」も強くあって、辛そうで・・・
夫が自分の野心的欲望と、人に譲る控えめ欲望がぶつかってるなと思うときが多いのです。
そんなときは
「自分が頑張りたいときは頑張ればいいし、自分が逃げたいときは逃げればいい。」って言ってます。

なんか、脱線しまくり。

http://motom.pinky.ne.jp/


恥ずかしさ 投稿者:  投稿日: 8月14日(木)00時20分32秒

「恥ずかしさ」をうまく感じ取れたら、
○○として「恥ずかしい」から、こういうことはしないでおこう
↑自分の期待されている役割を入れる
逆に、これもできないと「恥ずかしい」から、できるようになろう

というように、動機付けにうまく利用できるよなぁと常々思っているのですが、
第一段階の「恥ずかしさ」を感じる辺りでストップしています。


楽会 投稿者:  投稿日: 8月14日(木)09時01分53秒

>学会中こちらのお話しませんでしたが
>愛読者としては「いつか」こちらのお話も
>聴かせて下さると嬉しいです。

 あ・・・はい。
 楽しいたのしい音楽会から、何故か一昨日やっと帰宅しました。
 
 わたしたち指導者も支援の立場を忘れてはならないなと、
 脳外科や歯科医の方々のお話をうかがいながらつくづくと思いました。

 帰宅後、こんなページを読みました。
       ↓
 http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/kado/book1/ASDdental.pdf

児童精神科医の門眞一郎先生のサイトに掲載されています。

http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/kado/index.htm


楽会2 投稿者:まつこ  投稿日: 8月14日(木)11時50分08秒

受付で名札をいただいて、所属と名前をといわれて 
まったく個人的に参加したので所属を書くのもためらわれて
名前だけ書いて首から下げていました。

大きな反省は二日目のお昼ご飯を用意しそこなって、
不案内な町に買いにでて見事に道に迷って(T.T)

↓の歯科衛生士さんの発表の前半を聞き逃したことです。

口頭発表の内容もさることながら、
その後の質疑の堂々としておられたことに感動しました。

偏食による口腔内の発達や状態への影響についての質問に
偏食の影響は口腔だけでなく全身の栄養状態に関係することでしょうから……と。
偏食より異食の方が気になる、口の中から虫が何匹も出てきたり
砂でじゃりじゃりになっていたり、というお返事でした。
自閉症の人たちの<生活>を力強く「支援」しておられる、と感じました。

歯科の「支援」の発表はその後の学会企画シンポジウムの中でもありました。
こちらも、自閉症の歯科患者がもつ当然の不安や緊張や恐怖を
いかに軽減するかということに全力を注いでおられました。
医師としてプロフェッショナルな仕事を目指す以上の熱意をひしひしと感じました。

脳外科医師の発表は自閉症の外科患者への「支援」でした。

歯科も外科もたいてい状態のよくないときにお世話になるところです。
そんな「ピンチ」の場面でこそ、こういう「支援」がとてもありがたいし
日ごろの生活の質をささえる安心感の元になるように思います。

次回は理容・美容関係や、公共交通機関や、小売店や……
いろんな生活場面で自閉症の人たちを「支援」している話が
でてきたらいいなぁ〜などと感じました。

一日目の特別講演では、「支援」の第一歩としての診断の重要性について
とても勉強になりました。

発表が同時に何箇所かであるので、苦渋の選択で聞けなかったものもあり……

教訓:もしも来年も勉強にいけるようなら、昼食を申し込む。


自閉症かどうかの判断はどこで? 投稿者:まな  投稿日: 8月14日(木)17時10分21秒

娘が障害を持っているのではないかと不安を感じています。
その事を内科の先生に話すべきですか?
そのような不安を持っている場合精神科や専門機関を見つけ出して、初診をみてもらうべき
なのでしょうか? 不安に感じている事がありますので、医者への掛かり方
アドバイスください お願いします。

そのような


まなさんへ 投稿者:ブースか  投稿日: 8月14日(木)17時49分57秒

以前にももという名前で本の紹介をpico
さんにしましたが、同じネームの方がいるようなので、簡単に
ブースカに変更してしまいます。

きっと障害を持っているのではないか?
と思われるには理由があると思いますが、
年齢はおいくつでしょうか?
年齢によっては、保健センターから療育センター
へと移行していき診断となることもありますし、
児童相談所で診断と言うこともあります。

最近では小児科の先生もいろいろ理解が進んでいる方もいます。
でも、まだまだ多くの一般の病院ではこの障害の理解がないDr.
もいますので、是非慎重になさって欲しいと思います。

診断を受けるに当たっては、やはり、検査などを行いますので、
自相等はどうでしょう?

障害と言っても様々ですので、内科で適切な診断が受けれるのかも
しれませんが、自閉症スペクトラムの場合は、必ずしもそうでは
ありません。

不安を持っているなら、まず、まわりの専門家に尋ねてみませんか?
全国には自閉症・発達障害支援センターという物もあります。
また、保育士さんや、保母さん、保健士さんも力になってくれるはずです。
就学しているなら、児童相談所に相談してみてもいいかと思いますが、

地域性もありますので、是非地域の情報をそのまわりの専門家から
集められることをおすすめします。


楽会3 投稿者:ひいろ  投稿日: 8月15日(金)00時03分05秒

>次回は理容・美容関係や、公共交通機関や、小売店や……

耳鼻科、何とかなりませんかぁ?(笑)・・・心底困っているんです。

MH学園の先生の就労のお話しは大変面白かったです。
本人の希望を無視して、スキル重視で就労させると失敗しますよというお話しでした。
・・要は障碍があるなしに関係なく、自分がやりたい仕事には積極的になれるというお話し。

今年は大変面白かったです。
きっと来年はタイトルに「支援」が入っている事でしょう・・・と念じておきます(笑)


まなさん 投稿者:まつこ  投稿日: 8月15日(金)09時00分18秒

>医者への掛かり方

ブースかさんもおっしゃっていますが、
きっと不安を感じておられるからには理由がありますよね。

それを整理してメモにでもしてもって置かれるとよいかと思います。
それから、生まれてから今までの成育暦というか
何歳何ヶ月にどんな様子だったか具体的なエピソードがあれば
よいことと不安要素と両方を整理してみるのもよいでしょう。
小さなお子さんなら、公園などでの様子。
幼稚園や小学校へ行かれているのなら、同年齢集団と過ごしている時の様子はどうか。

保健所でも児童相談所でも病院でも、そういう情報をきちんとふまえて
子どもを見てくださるところが、ご近所にあれば、
そこが最初の入り口になると思います。


宣伝モードですみません 投稿者:空音  投稿日: 8月15日(金)09時53分39秒

A-spectrum RINGという軽度発達障害に関するサイトを結ぶWebRingが始動いたしました。
軽度発達障害(アスペルガー症候群、高機能含む自閉症、ADHD、LD、PDD、知的障害など)の当事者&保護者&指導者が互いにつながりを強め、情報を得るため、お役に立てればと思います。
Ringは始まったばかりなので今は参加サイトが少ないですが、当事者の皆様および関連サイトの皆様、どうぞご参加下さいませ。よろしくお願いいたします。
このWebRingをきっかけに軽度発達障害に関わる皆様の「輪」が出来ることを期待しております。
私も管理人の一人としてお手伝いさせていただくことになりました。
不慣れな点もあるかもしれませんが、少しでも皆様のサポートが出来ればと思います。
詳しくは以下のリンク先をご覧下さいませ。
http://www.a-spectrum.net/~ring/
"A-spectrum RING"です。

管理人様、不適切でしたら削除して下さい。

http://www.a-spectrum.net/~ring/


一瞬勘違い 投稿者:空音  投稿日: 8月15日(金)10時08分05秒

みなさまの「楽会」カキコにハテナ?と一瞬なってしましました。
よくよく拝見していたら「学会」っすよね??多分・・・。
楽しい音楽会なら行きたいーって思ったんですが、「がっかい」違いでは(^_^;)
こういうとき、自分がアスペルガーなんだなって思いますね(笑)

こちらでご紹介いただいたグニラ・ガーランドさんの新刊、買ってきました。
わかりやすくていいですね。
この本は「読む」もんじゃなくて「使う」ものだなと理解しました。
本の厚みも少なく、ポケットサイズなので携帯に便利ですね。
アスペな自分のことを理解するために、自分のアスペの部分を理解してもらうために
役に立ちそうだなと思いました。
夫に「時間あるときにでも読んどいてねー」って言ったんですが、「ふーん、あっそう」でオワリ。
こういうところにも壁があるなあと、ちょっと凹んだ私でした。
夫は私がアスペの診断下った事は知っておりますので、読む必要ないやって思ってるかも。
機会があれば健常の友人(私がアスペなのを知ってる)にも見てもらおうと思います。

次はペンギンさんの絵本が楽しみだなあ。
どこまで理解出来るかわかりませんが、5歳娘に読み聞かせようと思っています。

本当は歯医者へ行かなくてはいけない状態なのに
以前のひどい治療がフラッシュバックしてきて、どうしても行けない私でした。
えーん、勇気と付添人が欲しいよぉ〜<エエ年こいて・・・・
だって麻酔がちゃんと効く前に親知らず抜かれちゃったんだもん〜!
このときも我慢してても勝手に涙が出てきて、大人が何泣いてんねんと、めっちゃこけにされて嫌でしたわ。
私の感覚は普通と違うんやから〜(T_T)<陣痛も普通じゃなかったっす

http://motom.pinky.ne.jp/


わくわく 投稿者:  投稿日: 8月15日(金)10時35分35秒

>よくよく拝見していたら「学会」っすよね??多分・・・。

 はい、そうです。ごめんなさい。
 ここのお狸さまたちを思い浮かべながら書いていると、
 “学会”の文字が自然に“楽会”に変換されてしまっていたようです。
                             < うそ 

>次はペンギンさんの絵本が楽しみだなあ。
>どこまで理解出来るかわかりませんが、5歳娘に読み聞かせようと思っています。

 プロジェクトメンバー特権で、先に読ませてもらいました。
 ここで、
 「是非、本にして〜!」
 と叫んだのが1昨年の末。
 本当に長かったけど、でも、待っただけのことはありますよぅ!!
 
                  もうすぐです。わくわく。。。。

http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Epengin-c/bookbook.htm


わくわくわくわく 投稿者:みっき  投稿日: 8月15日(金)13時20分39秒

Mさんが下のほうで再掲して下さってますが、
講演会「イギリス自閉症協会に学ぶ」〜自閉症の人たちと家族への総括的な支援(全国)が
仙台・京都・熊本で行われます。
とっても興味があって、期待に胸が躍るような講演会のようですね。

ちなみにイギリス自閉症協会の理念は、SPELL。

S・・・Structure 構造化
 日常のスケジュールや教室の配置等の環境を、子どもにより分かりやすく提示すること。

P・・・Positive approaches and expectations  肯定的アプローチ 
 達成可能である課題を設定し、成功的に課題が行えるように指導すること。

E・・・Empathy 共感 
 一人一人の子どもが、どのように世界を感じ、どのように考え、どのように学び、どのようにコミュニケーションをとり、
 なにを楽しみ、興味をもち、なにが嫌いであるか、等を理解し指導にあたる。

L・・・Low arousal 低い覚醒(興奮)
 覚醒(興奮)してしまうような環境を減らすことにより、不安や動揺を少なくし、混乱をさけるようにすること。

L・・・Links 連携
 優れた成功的なアプローチのために、両親や行政や他の機関等との連携。

前にメモしておいたものなので、正確ではないかもしれないですけど、概ねこういうものでした。
自閉症教育に本当に必要な、的を得た理念だと、修行中の狸(私)は感激しております。

イギリスの自閉症学校は、少人数クラス(約7〜8人)、正教員1人にアシスタント教員が数名、
1クラスに担当するそうです。自閉症の特性にあった教育を提供することが目的とか。
断片的に聞きかじっただけなので、実際どんな風な取組みをされているのか、知りたいところです。

   なのに、私は行けないかも。。。(涙・涙)
   機会のある方は、ぜひどうぞ。 感想などこちらでお知らせ願えたら嬉しいです。


ううっ 投稿者:ひいろ  投稿日: 8月15日(金)16時11分02秒

>L・・・Low arousal 低い覚醒(興奮)
 覚醒(興奮)してしまうような環境を減らすことにより、不安や動揺を少なくし、混乱をさけるようにすること。

・・・ミミが痛い(笑)
わかっていてもついついやってしまいます(笑)
でもあまりにも興奮しない環境ばっかりに置いても
「新しい糸口はたどれない」と思い、ついつい〜♪

いいですねぇ〜♪私も行きたいですぅ〜。でも関東方面はないんですね。
・・・これって、コーディネイターがおられなかったからなのかしらん?


(無題) 投稿者:pico  投稿日: 8月16日(土)22時09分06秒

ブースカさん、TEACCHの本2冊とも読みました。
何度か読んで頭に入れたいです。ありがとうございました。

夫の実家に帰省してきましたが、
義姉が一晩戻らず、自殺未遂・・。無事に見つかりましたが。
彼女には年頃の子供が二人います。
夫の家系には何かメンタルな問題を感じさせる人が多い気がして、
こういった(言葉は悪いですが)負の連鎖が子供に伝わりませんように、と願っています。
夫と義姉はACの要素があると思うんですが
ACの原因になった人も、性質のほかに誰かから影響を受けてきた気がするんです。
虐待する親は虐待されていたことが多く、
その当時ならば、被害者なのに、現時点では加害者とされますよね。
彼らが子供の頃に見つけてあげられれば・・。
夫は現在、SNRI、四環系、睡眠薬合わせて6種類飲んでます。
医師も「本当はこれ以上出したくない」と言いながら最近増やしました。ギリギリのようです。
義母は、夫の顔色が良くて安心したと言っていましたが、そんなことないんですよね。
義母はいい人なので、二人しかいない子供がこのような状態で、義母こそ可愛そうに思います。
子供の自閉症のことも、いいスタンスで理解してくれそうな感じの人です。

空音さん、やっぱりそうですよね。
照れとか、緊張が無いのって、場合によっては有利に使えそうですね。
うちの夫の場合は「見えすぎる」というより
自閉圏か?と思うくらい、鈍く、テンポが悪く、自分を出せないのが問題。
私は一緒に行動するのが楽しいとは思うけれど、
それぞれが単独が楽しいと思うならそれが一番ですよね。
夫はとにかくイヤが言えない、断れない(自分の意志が無い)ので
私が言えば大抵は聞いてくれます。
でもこっちとしては、どう思ってるのか言って欲しいです。ケンカにもなりようが無いです。
夫は、昔家庭で(一方的に)ケンカする人がいたので、
自己評価がものすごく低く、自分の意見が出せなくなってるらしいです。
私も空音さんが言うように、
「自分が頑張りたいときは頑張ればいいし、自分が逃げたいときは逃げればいい。」と思います。
自分を丸ごと受け入れる、認める
そういうことができなくて、彼等兄弟はとても苦しんでいるようです。
人に相談できない、頼めない、自分達に引け目を感じる、そういうことが共通しています。
どこから彼等の心をほどいてあげられるのか・・、皆が悩んでいます。


(無題) 投稿者:こよみ  投稿日: 8月17日(日)04時38分30秒

祖父が厳しい人で約20年前母と姉が疲れて心の病気になりました、
父は我慢強い存在感のない人でした。
現在はそれぞれ徐々に強くなり、おおむね健康です。
祖父の最期も感謝の気持ちで見送れました。
わたしがACと自覚したのは、
母が更年期だったと思いますが、イライラのはけ口にされ、
悩み、保育所のお母さん友達から本を貸してもらってからです。
『愛情という名の支配―家族を縛る共依存―』信田さよ子(海竜社)
子育てにゆきずまったわたしを実家近くに呼んでくれて助けてくれたのに
気持ちの通わない時期を作って、申し訳なかったと思います。
今ではいろいろ話せる間柄です。
このところ姉の子が疲れてしまいました、まじめでやさしい子です。
わたしはACの連鎖を断ち切りたい。
自分を自分で認められる人に。
また、だっこして、とやって来た。
お母さんボクのこと本当に見ていてくれるの?と確かめに。
はじめて手ごたえが、ある。ごめんね、遅くなってしまって。


はじめまして!! 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日: 8月18日(月)17時03分24秒

昨晩、そして今日とたくさんの「声」を読ませていただきました。
うちの小3の息子は言葉の遅れ&行動面に問題があり、悩む日々です。
1才6ヶ月検診で指摘されて以来、2歳7ヶ月からは療育相談室に通い、親の意地で幼稚園に2年間通い、現在は普通級で何とかがんばっています。
現在に至るまでには大きな病院で見てもらったことはありませんが、かかりつけの近所のお医者さまには絶対に普通級に入れたほうが良い、と言われていました。
市の保健婦さんや療育施設では「自閉症」とは一度も言われていませんが近所のお医者さまは「ボーダーの子」という表現をされていました。
書き込めばいろいろあるのですが、たとえば合唱やお遊戯のような全員でやるものは口パクもしなければ大して動きもしない・・出来ないのかな?と諦めつつもやるように促すと歌いながら踊ったり、手話ソングなんかも出来る。発表会は過ぎてしまったのでがっかりしましたが、人前で皆と同じように出来る、という山をどうしたら越えられるのかを模索しています。(皆がやっているのを見ているのが”好き”なようです)
一番困ったのは出先で行方不明になったことです。彼の弟が〇〜1歳のころは捜しきれず3回ほど警察のお世話になりました。(前抱っこでは走れませんので・・)
昨年ごろから「今度はどこへ行くの?」「〇〇に行きたい」と的を射た言葉が言えるようになるとそんなこともなくなりましたが、言葉で言われれば不思議と親の私もピリピリしなくなり、時間の許す限り付き合ってあげています。
私と同じような思いをされている方はいらっしゃいますか?
よろしかったらお話をお聞かせください。」
今日はここまでにしますが、私も時々参加したいと思います。



もうすぐ2学期 投稿者:てけてけの母  投稿日: 8月18日(月)23時11分17秒

久しぶりに書き込みさせていただきます。
小学校入学した今春から出てきた問題にこちらで色々アドバイスしてもらった者です。
自閉症スペクトラムと診断された「てけてけ」小学校1年男子の母です。

5月に情緒障害の通級の申し込みをしていたのですが、1学期終業式の前日に結果
の面接があり、固定級の方がよいと勧められました。
確かに授業参観に行くと立ち歩きなどはせず、じっと座ってるものの先生の話は
まるで聞いてません。
でも塾に行かせているので、プリントやテストはできています。(まだ1年の1学期
で簡単ですが)
運動機能はそれほど問題はありません。
しかし対人関係が非常に大変そう・未熟であるという理由でこのまま普通級にいると
傷つくばかりだというのが主な理由です。
もちろんそのうち勉強も大変になるだろう、そうするとやる気をなくすというのも
理由のひとつ。

確かにそういわれると本人の為には小人数で丁寧に教えてもらえる固定級がいいのか
とも思いますが、現在住んでおります市は交流級というものがなく、修学旅行、遠足
はもちろん、音楽や体育の授業を普通学級と一緒にやったり行ったりはありません。
せいぜい運動会の100メートル走を一緒に走るくらいです。

1学期障害児学級の授業を見学しました。1年の2学期からするどちらが長いかと
いう問題を「物の長さを計る時は端をあわせる。」という結論の為1時間近くかか
っていました。(2年生以上の授業で)
てけてけは長さの問題を塾で先取りしてやってますけれども別に問題なくプリント
をやっています。

次に高学年の音楽の授業を見学しましたが、ピアニカを用意して音を出さずに全員
静かにさせるだけにかなりの時間を要しました。
てけてけはピアノを習っていてシャープ、フラット2つくらいの楽譜なら自分で
譜面を見て両手で弾いています。
なんだか音楽の授業にも失望しました。

こちらのほかの皆さんの書き込みを見ていますと障害児学級に在籍しながら得意な
科目は普通級で一緒にお勉強できるような学校もたくさんあるみたいでとてもうら
やましいです。
うちの学校では障害児学級は同じ学校内にありながら全く別の学校なのです。

今夏休みで7・8月の後半に水泳教室がありますが(7月は寒くて全然なかった
けど)その教室すら普通学級は毎日あるのに障害児学級は週に2,3回です。

固定級にしてしまうとてけてけの出来ることも出来なくなってしまいそうで
できれば行かせたくなく、無理を言って2学期から通級でお願いすることに
しました。でも「体験」扱いで改善がみられない場合は固定級にするよう
圧力がかかると思います。通級の申請なんかするんじゃなかったと後悔も
しています。

伊豆っ子ちゃんさんの投稿を見てふと2学期の不安がよぎってしまいました。
交流級のない地域のお子様はどうなさっているのか教えていただきたくも
あり書き込みしました。よろしくお願いします。


Re.もうすぐ2学期 投稿者:朝倉玲  投稿日: 8月19日(火)10時08分18秒

てけてけの母さん、お久しぶりです。
実際に障害児学級の見学に行かれたのですね。

>でも塾に行かせているので、プリントやテストはできています。(まだ1年の1学期
で簡単ですが)
>運動機能はそれほど問題はありません。

これを拝見して、ボーダーならではの悩みかな、という気がしました。
学力や運動的には特に問題がないとなれば、普通学級で過ごさせたいのが、まぎれもない親心でしょうね。
本人もそれを望んでいたり、現在のクラスに仲の良いお友だちがいたりするならば
そちらの関係を大事にした方が良いのかもしれません。

ただ、学校側で固定級を勧めてくるのが
>対人関係が非常に大変そう・未熟であるという理由でこのまま普通級にいると
>傷つくばかりだというのが主な理由です。
という部分は、しっかり親の目で確かめ、
子どもさん本人の意思も確認した方が良いところだろうと思います。
授業参観などでは、普段の教室での様子はほとんど見えてこないでしょう。
普段、教室で我が子がどう過ごしているか、まわりのお子さんはそれをどう受け止めているのか
そこのところをしっかり確かめるほうが良いと思います。
二学期になったら、個人的に見学を希望してみてはいかがですか?
その際には、授業時間はもちろんですが、
休み時間のお子さんの過ごし方をつぶさに観察するのが大きなポイントかと思います。


http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


Re:もうすぐ2学期 投稿者:まつこ  投稿日: 8月19日(火)15時17分36秒

>現在住んでおります市は交流級というものがなく、
>修学旅行、遠足はもちろん、音楽や体育の授業を普通学級と一緒に
>やったり行ったりはありません。
>せいぜい運動会の100メートル走を一緒に走るくらいです。

なるほど。それではてけてけの母さんが不満に思われるのもよくわかります。
なぜって
「てけてけ」くんの抱えている問題は
>対人関係が非常に大変そう・未熟であるという理由で
>このまま普通級にいると傷つくばかりだというのが主な理由です。
ということだからです。

少年(小6・自閉症)は譜面は読めないし、譜面にドレミをと書いてもだめで、押さえる指の番号を書いて
ピアニカにもリコーダーにもとても苦労しているのですが、
>ピアニカを用意して音を出さずに全員静かにさせるだけにかなりの時間を要しました。
という場面は、私も、少年にとっては不向きだな、と、思いました。
……っていうか、そんな音楽、だれでも楽しくない。(^_^;)

というわけで、現状の「障害児学級」のあり方が不満だということについては
よくわかります。

ところで、以前おっしゃっていた
てけてけ君と似たタイプのおとなしいお子さんと出会いはあったのでしょうか?
休み時間や下校後、一緒に遊ぶお友達ができましたか?

以前の書き込みで私がとても心配になったのは、日ごろおとなしいのに
>「お前何いってんだよ、全然わかんないよ、ちゃんと話聞けよ。・・・」
もし、これをお友だちにやってしまうと、みんなかなりびっくりすると思うので。
てけてけ君がもしも誰かの真似をして使った言い回しだとしても
日ごろから口が悪くて場面のムードをつかむことがうまい子が同じことを言うのとは
周りの反応は違ってくるでしょう。

少年は(今、ここで、それをいってはだめよ〜!)というようなことに限って
とっても大きな声ではっきりと言ったり、したりするのね。

これは、なんとなく集団に入れておいたんでは、溝が深くなるばかりで
よくない人間関係をはぐくむために集団生活をしているかのようになってしまう……
そう思ったので、

少年には(同じことを表現するのでも、こんな風に言ったりしたりする方がいいよ)
周りのお子さんには(彼はこう感じて、こう考えているんだよ)と
説明する通訳・インストラクター・ナビゲーターとしての「障害児学級担任」

大きな集団では、刺激が多すぎ、
同時に処理しなくてはならない社会性に関する課題も多すぎるので
ついついがんばりすぎて、体調を壊したり、気持ちもささくれたりしてしまう場合の
彼が彼らしくなれる、安心できる場所としての「障害児学級」を
考えています。

ひょっとすると「世の中は怖い」「みんな僕が嫌いだ」と感じてしまいかねない人だから
彼自身が学校で収集したさまざまな情報が、彼の将来にわたっての力になるように
自分を好きで、自分の周りの人を好きで、やりたいことがあって
毎日が充実していると感じられるような……それにできるだけ近づくように
いろいろ考えています。

http://homepage3.nifty.com/~tinker/


はじめまして 投稿者:イチゴママ  投稿日: 8月19日(火)15時36分32秒

初めて,投稿させて頂きます。イチゴママです。アスペと思われる小学3年の男の子、おまんじゅうくんの母親です。(普通学級です。)ここは、ずっとロムさせていただいてました。過去ログも全部読ませていただきました。わたしは、ここの皆様と違って、なかなか子供のことがわかりませんでした。今年の1月になって児童相談所の心理の先生から、(一年前くらいから教育相談で通っております。)「アスペの疑いがある。」と言われ、それからインターネットで調べて、こちらへたどり着きました。こちらに来て、「子供のあのときのあの行動はそういう意味があったのか!」と気づき、自分がいかに子供の心を踏みつけ、非自閉の世界観を押し付けていたか反省しております。どうぞ、よろしくお願いします。ここのお母さんがたのように、優しく、強く、明るく前向きな母親に、私も少しでもなりたいです。子供の心を傷つけてしまったことは、もうとりかえしがつかない。
児相の先生は、「ついてしまった傷は消えない。でも、その子にあったフォローをしていくことで、傷は薄れていくことができる。」と、言ってくれました。私はそれを信じたいです。どうか、こんな母親ですが、お仲間に入れてください。


イチゴママさんへ 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 8月19日(火)16時51分07秒

あの過去ログを制覇するなんて、すごいですわ。
うちにも小4のアスペ君がいます。
いっしょに、色々考えて行きましょうね。
私は、すっかり息子の行動のなぞ解きにはまっている母です。(^^;)


パソコンの調子が悪くて 投稿者:てけてけの母  投稿日: 8月19日(火)23時31分59秒

朝倉さま、まつこさま毎回適切なアドバイスありがとうございます。

パソコンの調子が悪くってあまり頻繁につなぐことができません。
あ、MSブラストではないです、あれにはかかれない程うちのパソコン古くって。
ですから見られる今のうちに投稿してしまいます。

前回の私の書き込み見にくいですね。春に書き込んだ時読みにくかったので今回改行をしてしまったらあんなになってしまって。自動改行するって書いてあるのに。
ピアニカなんて今時言いませんね、鍵盤ハーモニカですね。後で読んで恥ずかしかったです。

お友達の件ですが新しいお友達、似たようなお子さんは学校では見当たらないようです。それは担任の先生に確認しました。休み時間は幼稚園時代仲良しだった友達のクラスまで出かけて行ったりしているようです。でもそのお友達もてけてけがいいなりになったり、冗談をすぐ本気にするのをおもしろがっているようなお子さんです。
本人に聞くと休み時間は相変わらず校庭を一人で走ってるとか。

私は最初お勉強面を心配しておりましたが、担任の先生とお話して人間関係の方がかなり問題と思い知らされました。幼稚園時代から冗談が通じず、ムキになってお友達をたたいたり、泣いたりはありました。
小学生になると子供たちの仲間意識が強くなって、仲間内で楽しいことをしに行こうという場面でそれが面白そうだからとてけてけがついて行って「なんだお前、仲間じゃないし、しかも入れてとも言わずに。」ということで殴られたりみたいなのが1学期に何度かあったそうです。

前は一人で遊んでいるのが平気、その方が好きだったてけてけは小学生になってからお友達が気になり仲間に入れてほしいと思うようにはなってきたようです。でもそのやり方があまりにも未熟でトラブルになっている様子。

それに自閉症の特徴からかすぐ「あれは悪いことかよいことか」という問題にすぐ結び付けます。気が弱いのでお友達の前でそれを言うことはないので今のところ大丈夫ですが、私の前ではそれを追及してきます。

このままではそのうちいじめの対象になるのではと心配で、それを回避するにはやはり固定級かなと思うのですが、前に書いた様にお勉強面ではかなり不満なので途方にくれてるのです。今住んでいる地域では普通学級に在籍の上、通級週2回が私の希望ですが、それは許してもらえそうにありません。

担任の先生も授業を聞いていないながらもプリントなどやらせれば素直にやってそれなりに出来ているので、てけてけよりもできない子供の方に目をかけてやっている、だからてけてけ君の事あまりみてあげられなくて、みたいなことを何度かおっしゃって逆にそれが私は気になりました。このクラスではてけてけはあまり見てもらえない、だから固定級にと言われている気がして。

望みうすですが、2学期からの週一度の「体験」の通級で少しは人間関係で改善が見られるよう期待しております。
ありがとうございました。


息子のこと 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日: 8月20日(水)15時11分36秒

2回目の投稿です。
夏休みが残り少なくなり、宿題は山のように残っている・・・なんて昔の話。算数と漢字書き取りのプリントそれぞれ2枚ずつと読書感想文だけです。今週中に終わらせるつもりですが、うちのように習い事をしていないとどうやって一日を過ごそうか困ります。
学校の勉強は3年生になるとそれなりに難しくはなってきていますが、大きな問題はないようです。ことばの出具合いも年々良くなっていますが、やはりコミュニケーションをとりたがらないところに先生は苦労されているようです。
1年生のころはいじめとは言い切れませんが、いくつかの幼稚園・保育園を卒園して集まった120人あまりの同級生ですからそれだけでも個性の坩堝・・本当にからかっている子もいれば一所懸命がアダになって怪我を負うことともしばしばでした。相手の母親に文句を言ったこともありましたが、とても空しかった事を思い出します。今はうちの子もずいぶん認知されたようで、息子をからかうことはむしろナンセンスなくらい、からかわれることはなくなりましたよ。
この夏休みに入る前に、ちょっとした出来事がありました。いつもと違う方向から帰ってきたので注意すると、「〇〇が追いかけてきた」といって泣き出しました。昨日も同じことを言っていたので先生に事情を話すと「本人に聞いて見ます」とのこと。翌日先生から、「どこに住んでいるか知りたくてついていった」と聞き、つまらないことするなよなあ〜と思いました。それは小さなことかもしれませんが、本人にしてみれば「怖かった」の一言だったようです。
普通級に入れて、今のところは良かったと思えることのほうが多いです。問題のない子のほうがかえって厄介な場合もあります。1年生のときの先生は「大きくなるに連れて問題も変わってきますよ」と言っていました。今までは手伝ってあげるのが当たり前で通っていたものが「先生はよしくん(息子のニックネーム)に甘い!」とクラスメートに指摘されたこともあったそうです。出来ることまで手伝われてしまうので矛盾を感じますが、来学期に向けての課題にしたいと思います。
昼過ぎになってようやく青空が広がってきたので子供たちと遊んできます。
それでは。





こくっぱの母さんへ 投稿者:イチゴママ  投稿日: 8月20日(水)15時28分34秒

こっくぱの母さん、お返事ありがとうございます。
すてきなこくっぱファミリイの母さんから、お返事もらえて、とても嬉しいです。

私は仕事をしているため、家に帰って、家事を済ませ、子供を寝かしつけ(時にはそのまま朝まで寝てしまいます。)夜に起き出し深夜にかけて、カコログを少しずつ読んでいました。家ではインターネットが使えないので、仕事場でつないでページを保存して、家に持ち帰って(ノートパソコンなので)読んでいました。だから2ヶ月くらいかかりました。

我が家のアスペ君(おまんじゅう君改め、ちび太)は、家では全然違和感がないのですが、(私が気がつかないだけ?)集団の場面では、変に目立ちます。
授業参観に行っては、私は打ちひしがれて帰ってきます。

クラスにお友達はいなく、休み時間は一人で本を読んでいます。
お友達と遊びたい気持ちはあるのですが、「いれて」も言わずに遊びの中に入ってしまい、遊びを中断させたりして、周囲のひんしゅくをかい、(本人は何が悪いか全くわかっていません。)はじかれているようです。
学童に入れているのですが、同様のトラブルを起こしています。指導員の方には、ちび太の特徴を話しているのですが、あまりわかってもらえません。(というか、全然わかっていないというのが最近わかりました。)

ちび太は勉強はついていけますが、対人関係がとても弱いです。勉強は私が教えることができますが、対人関係は、教えることは本当に難しいです。Mさんのソーシャルスキルの絵カードも3種類ほど購入させていただきました。ちび太は、絵カードではとてもよく状況がわかっていました。しかし、実際では・・・・・・。これを書いていて気がつきましたが、絵カードではとても情報が整理されて、絵としてわかりやすいから状況がわかるのでしょうね。しかし、実際では、状況の中から自分に必要な情報を、自分で選択しなくてはいけない、いつもあさっての方向を見ているちび太にこれは難しいなー。

いつも私がそばにいて、ちび太の通訳としてちび太の気持ちをみんなに、みんなの気持ちをちび太に伝えていくことができたら、トラブルはだいぶ減ると思うのですが・・・・・。実際にそれが無理な場合、親としてどうやって手助けしていけばいいのか悩んでおります。


まだまだお聞きしたいことはあるのですが、今日はこの辺で失礼します。
まだ2回目なのに長く書いてしまいました。読んで下さって、ありがとうございます。

一つ、気になることが・・・・・・。カコログで2003年の3月の2が、1月の2になっているようです。
本当の3月の2はどこへ・・・・?


本当だ。 投稿者:  投稿日: 8月20日(水)21時06分14秒

>カコログで2003年の3月の2が、1月の2になっているようです。

 失礼しました。

>夜に起き出し深夜にかけて、カコログを少しずつ読んでいました。家ではインターネッ
>トが使えないので、仕事場でつないでページを保存して、家に持ち帰って(ノートパソ
>コンなので)読んでいました。だから2ヶ月くらいかかりました。

 ひぃーえぇぃ!!
 そこまでして読んで頂けたなんて・・・。過去ログを残した甲斐がありました。

 そう言えば・・。 
 根性で?全部印刷して読破された方もおられたような・・。
 印刷したものでないと、読む時点で記憶がこんがらがってしまうのだとか。
                      < ねぇ、水○ちゃん。

>本当の3月の2はどこへ・・・・?

 では、今から3月の2探しの旅に出ます。しばしのお暇を。


検査 投稿者:  投稿日: 8月21日(木)10時30分32秒

はじめまして
4歳の頃に言葉が遅く検査をしましたが特に問題はありませんでした。
成長するにつれADHD(不注意のタイプ)ではないかと思える行動が目に付くようになり
一度検査を受けて見たいと思っているのですが
どこで受ければいいのでしょうか
子供は中学生ですが、どんな検査をされるのでしょうか
ご存知の方、検査を受けられた方がおられましたら教えてください。
よろしくお願いします。


Mさまへ 投稿者:イチゴママ  投稿日: 8月21日(木)15時34分17秒

ここの管理人のMさまからのお返事をいただいて恐縮です。
優しくてふわふわしてて、ほわーっとしているMさんは、(私が勝手に想像しております。違ってたらごめんなさい。)私には女性の仙人のイメージがあります。(もちろん美人の!おばあちゃんではない!)掲示板で起きるさまざまなことを、天空から見ていて、時々空から降りてきて、とても深い意味があるのだけれど、聞いただけではすぐにわからないことばをつぶやいてまた空へ帰っていくような、そんなイメージがあります。その言葉はすぐにはわからない。修行を積んだ人にしか・・・・・・・。たくさんの涙と、それにも負けない明るい強い心を持っている人にしか、その言葉の真意はわからない。    いつか、私もそんな母親になりたいです。

2003年の3月の2を探してくださってありがとうございます。またページを保存して家で読ませていただきますね


葵さま 投稿者:pico  投稿日: 8月21日(木)17時13分58秒

お住まいの地区の児童相談所で紹介してくれると思いますが、ここはどうでしょうか。
情緒障害 について受け付けている機関のリストです。
http://www.nise.go.jp/sodan/kikan/Datas/Syuso_5.html#Area1
またえじそんくらぶのHPはごらんになりましたか?
重複することの多い、LDの診断機関リストがリンクされています。
http://www.normanet.ne.jp/~zenkokld/soudan.html
検査は子供の様子を見て、簡単な知能検査と成育暦、親への質問などだと思います。
予約の際に、内容を聞いてかまわないと思いますよ。
お子さんも中学生でしたら、事前に配慮が必要かもしれませんよね。
子供の様子が普段と違っていても大丈夫だと思います。


ブハ〜〜ッ! 投稿者:  投稿日: 8月21日(木)17時22分02秒

コーヒーを噴き出してしまった・・。

うちの教室の方から大笑いの声が・・。
あ、西の方からも、東の方からも・・・。
            < あ、その高笑いはケ○ー。しゃん?
              見てたのね!

>聞いただけではすぐにわからないことばをつぶやいて

うぁ〜ん、また言われてしまった。
ずうっ〜と以前、こう言って私を虐めたのは確かリ○コしゃん。

そう、
そう言えば、こうやってここで鍛えられる前には、
繊細でガラス細工のような人だったような気もしてきた・・・。

あ、葵さん
担任、学校の方でも相談されましたか?
まずは学校で、特学や養護教諭など発達障害についての知識や理解の有る方がおられれば
そこを窓口にされるのが一番だと思います。


愛車 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日: 8月21日(木)18時17分22秒

うちの「よしくん」は、小2になってから自転車に乗れるようになりました。乗る気がまったくなかったので乗れなくてもいいかな・・と思っていたのですが、私の自転車の後ろに乗せ、そして3才になった次男が前に乗る、といった形では限界を感じていたので、毎日20分ずつ、2ヶ月ほどかけて乗れるようになりました。それから1年以上たちましたが、
どうしても気になるのが「よそ見」なのです。今日も片道30分のところをサイクリングと称して某大型家電店まで行ってきたのですが、「前を見ろ!」と何度注意したことか・
・・当分は私と一緒でないと自転車には乗せませんが、乗れるようになったことで、彼はずいぶん成長しましたよ。ちなみに、よそ見の対象物は「車」と「自動販売機」です。

キックスケーターも彼の愛車なのですが、家の前でしか乗せません。うちのほうは歩道の幅が結構広くて乗りやすそうだけど、何かあったときの対応に不安を感じているので、私の叫び声が聞こえる範囲で乗せています。唯一?一人を満喫できるときかもね。

だいぶ状況を理解できるようになりましたが、対人関係はまだまだだし、お金の勘定も出来ません。そろそろおもちゃのお金でも利用して金銭感覚を身につけてあげたいと思います。大好きなバスに乗るためには、私がサポートしなくてもお金を出せるようにしたいです。降りるときに押すチャイムの押し時はすばらしい!!の一言なのにな。

母から一言
頼むからあらゆる場面で実況するのはや・め・て!
(競輪・競馬)


呼びました?<女性の仙人さま 投稿者:水兎@新参者  投稿日: 8月21日(木)19時10分37秒

> 根性で?全部印刷して読破された方もおられたような・・。

ええ、ええ。そうでございますとも。
帰省した時に、妹のプリンターを占領して、呆れられながらも印刷いたしました。
当然、インクも紙もなくなって、自分で買いにいきまいたとも!<しかも何度も(爆)
妹のプリンターには、「両面印刷」とか「縮小印刷」という機能はなかったので、
A4の紙に1枚ずつ、丁寧に印刷しましたとも!
カコログは、横にビローンと長いので、印刷に失敗もよくしましたし。

現在、おかげで厚みのある2穴ファイルに10冊以上(爆)。場所取るってばないわ〜(泣)。
今はプリンターを自分で買ったので、経済的に印刷してますが♪

> 印刷したものでないと、読む時点で記憶がこんがらがってしまうのだとか。

はいはい。そうでございますよ〜♪
線を引き引き、じっくり読んだあの日は、もう遠い昔…のことではありません(爆)。
一度読んだだけでは、サラサラと流れていってしまうんですね〜。
記憶にとどめたいと思ったら、ペンを片手に読むのでございます。
線を引いて読んだからといって、絶対記憶に残ってくれるわけでもなく。
ときどき、引っ張り出してきては別の色で線を引き引き読むのでございます。

何度読んでも味わい深いのが、ここのカコログでございます。

◆Mさんへ、ちょっとだけ私信
御礼が遅れてしまいましたが、Pさん情報ありがとうございました。
おかげさまで、ごそごそと動いております。×新車→○深謝!

掲示板過去ログ案内に戻る