2003年10月その3
食事を 投稿者:こよみ  投稿日:10月18日(土)22時52分54秒

口に運ぶ量(ほおばりすぎ)や間隔(次々口に入れる)や
噛み具合(よく噛まないうちに飲み込もうとするときがある)といった
適度・適量の感覚について、息子がずっと困ってきていることを
食の形態を離乳食状からやり直す機会を得ている今、
息子の側から考えていきたいと思っています、手探りですが。

亡き義父の晩年同じような(ほおばりすぎ、次々口に入れる、
よく噛まないうちに飲み込もうとする)ようすがありました。

還るころは生まれでたころにかえっていくのかな、とか
息子はこの面で育ちがゆっくりなのかなと、今は思ったりします。


この夏までは、困っている息子の思い、を
中途半端にしか受け取ることができない私でした。
見るところが変わると、ひとつひとつ私が間違っていたと分かってきてこわいです。
息子の側から考える、なんて当然のことを情けなくも今からなのです。


さて、集団登校で歩くときいつも列から遅れてしまう息子に
「前を見て遅れないようにちゃんと歩きなさい。」と3年半も言い続けていた私が、
先日(朝に見える月を眺めながら歩くので列から遅れる)息子に
「列から遅れたな、と思ったら10数えながら走りなさい。」と言いました、一回だけ。
するともう…私の出番はなくなってしまいました。

やっと今からです。


ゆかママさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日:10月19日(日)05時06分31秒

たしかに、ルーちゃんの学習面に限って考えれば良い考えなんですが、
他のお子さんにも多大な迷惑がかかっている以上、カンガーさんも自
分の子供だけ助かれば良いとお考えでは無いと思います。


説明が足りなくて 投稿者:ゆかママ  投稿日:10月19日(日)10時19分32秒

腐乱検死体さん、私は学習面はどうでもいいのです。
それよりも、騒々しいクラスでルーちゃんがいることで落ち着きをなくしたり、苦手な子ができたり、ひどいストレスを与える事が一番いけないことではないのかなあと心配しているのです。
苦手な子が出来たり、他の子が叱られているのをみるのがイヤなどの理由で不登校になったり、チックがでたり、うつになったりしている子が、私の回りに実際にいます。そうなってからでは、元にもどすのは本当に大変な事なのです。もちろん、そんな状態では勉強なんか全然できなくなります。
カンガーさんが自分の子供のことだけを考えられないから、悩む気持ちはもちろんわかっています。
でも、父兄、教師、教育委員会などすべてをクリアーして落ち着いたクラスになるまで、そのクラスにルーちゃんがいることは本当にいいことかどうかと言いたかったのです。
特別支援学級にいても普通学級の席はなくなるのではないのですから、とりあえずルーちゃんは落ち着いた場所に避難させ、カンガーさんは普通学級の父兄、校長等に呼び掛けるというのがベストではないのかなあと、、、。


論点 投稿者:sara  投稿日:10月19日(日)17時39分10秒

話の論点が、ずれてきているような・・・

カンガーさんは、ルーちゃんのクラスの状態を、どうしたら打開できるのかを相談しているのでは?

ルーちゃんの様子を、カンガーさんがじっくり見守っているから、大丈夫。
何か気になる事があったら、カンガーさんが、また、お話してくれると思いますよ。

ルーちゃんにとって、今のクラスから、違うクラスに移すことがよい事なのかどうかは、一概には言えないと思いますよ。
移すことへのストレスもあります。
今、それをしなくてはならない、決定的なことがルーちゃんに起きているならば別ですが。

ですから、カンガーさんが今なさっているように、現状をよい状態にするのが、今のベストに思われます。


カンガーさんへ 投稿者:ゆかママ  投稿日:10月19日(日)20時56分10秒

私はわざと論点ではなく視点をずらしたのです。カンガーさんがルーちゃんのことを見守っていないとは全然思っていません。とても心配している気持ちもとてもよくわかります。
担任、保護者会、校長、教育委員会、皆さん、だいたい流れは同じですよね。わたしも、このクラスの解決方法はみなさんと同じです。付け加えると、娘の学校では、4年の1クラスが荒れて、自閉症児に暴力をふるったという時は、全保護者にアンケートをとり、その結果を公表しました。一クラスの問題にせず、学校全体に問いかけるのも一つの方法かと思います。
ところで、一つに方向が流れていくと見えない部分がででくるのです。それが一番大切なルーちゃんだったら大変だなあと思ったのです。
だから、特別支援学級はルーちゃんがおちつかなくなった時にカンガーさんがそういえばこんな意見もあったなあと参考になればということで、断定しているのではないのです。不愉快にさせてしまったら、ごめんなさい。
また何か解決していく時に少し視点を変えると見えるものが違ってくるのです。私が入っている親の会で、支援学級の担任が子供がお漏らしした下着をそのまま持ち帰らせたといった親がいたら、皆がその担任は何を考えているのか、何のために学級にいれているかわからない、校長に言ったほうがいい、、、などどんどん非難が集中した時に、一人の親が、その学級は多動の子が多いから、先生も時間がなかったかもしれない、一度その時の様子を先生に聞いた方がよいといったのです。それで、その場の流れが違う方向にいきました。
例は悪いかもしれませんが、ある問題を解決するには、あらゆる事に目を向け、一つに固執せずに柔軟に流れを変えることも必要だと思います。
そんなような事が言いたかったのですが、、、、。


ゆかママさんへ 投稿者:腐乱検死体  投稿日:10月19日(日)22時39分34秒

障害があるから逃げ道がある、という風にも受止められかねないので、
敢えて反論させて下さい。

少なくとも、もう一人の子の方が重い障害を抱えていると思います。
でも、その子には親が聞く耳を持たない以上、逃げ道が無いのです。
また、障害の無い子にとっても、通常の授業ができない状態というの
は後々学習面で影響がでてきます。

他の学年でもっと問題が発生していると校長がおっしゃっているので
したら、PTAの総会でも緊急の議題として掲げるべきです。
PTAの総意として、現状の改善を断固として要求されるのであれば、
校長としてもなおざりにはできないでしょうし、それでも改善が見ら
れない状況であれば、PTAから市の教育委員会へ訴えることもでき
ます。

学校は、子供達が将来より良い自立ができるよう教育を施す為に創ら
れた施設であり、却って悪影響を及ぼすような状態であれば、行かせ
ずに塾に頼った方が子供達の為になります。でも、それでは学校の存
在意義はありません。なにより、たくさんの税金で賄われているもの
ですから、いくらでも文句言っていいんです。

カンガーさんへ私から伝えたいのは、決して一人で抱え込まないで、
みんなと連携してできる範囲で関わって欲しいということです。


暗い話ばかりでも何なので 投稿者:腐乱検死体  投稿日:10月19日(日)23時23分29秒

明るい話題を一つ。

ウチの息子が、市のこども童話発表会の1〜3年生の代表に、1年生ながら
選出されました。(他に、4〜6年生の代表も一人いて、各学校から2名ず
つです。)

かつては言語発達遅滞、自閉症中度との診断も付いていた息子ですが、絵カ
ードや読み聞かせ、○文式等の一般的アプローチと、専門家による発音指導、
応用行動分析、ポーテージプログラム、親業等専門的アプローチの効果がは
っきりした形で他の人に認められたことに他なりません。
(全て妻です。私もところどころ手伝っています。)

もちろん、本人の能力あってこそですが、診断名だけに囚われて本人の能力
を低く見積もっていたら、現在のような状況を生み出すことはなかったでし
ょう。息子の行動を乳児期から観察していたからこそ、きちんとアプローチ
すれば伸びると親が信じることができたのです。

診断されたばかりのご両親に是非言いたいのは、診断名ではなく、「その子」
を良く観て欲しいということです。今のありのままのお子さんを丸ごと受け
入れた上で、今何ができて何ができないのか、何が得意で何が不得意なのか、
伸ばしてあげるべき点は何か、改善すべき点は何かを考え、数年後の改善を
目標に今やるべきアプローチを発見して実施することです。

そしてそのために最も重要なのは、大変な子育てをされている保護者が精神
の安定を保ち、正常な思考と判断ができる状態にある事だと私は思います。


ゆかママさん 投稿者:M@一応管理人  投稿日:10月19日(日)23時44分00秒

きっと大丈夫よ、ルーちゃんは。
だって、カンガーさんは、
ルーちゃんの様子をみて、その時々の最善の方法を探って来た人だもの。


うん、でも、
確かに、ゆかママさんの言われるような方法をとる方がよい子もいるよね。
子どもの状態と、
周囲に用意されている環境とで変わってくることだし一概には言えないけどね。


苦悩 投稿者:M@一応管理人  投稿日:10月19日(日)23時57分51秒

ほんの少しの配慮で良い方向に向かうこともあるけれど、
様々な要因がからみ、周囲が総出で動いても容易には改善できないことも少なくない。

十人十色、
四十人四十色の子どもたち。

その四十人の中には、例えば、
想像を絶するような辛い家庭の事情を背負いながら、
何とか学校にだけは来ているという子だっているというのが現実。

子どもへの言い聞かせや、
親への注意喚起レベルのこと、

そして、敢えて言うなら、
加配が一人入るだけで解決に向かう程度のことなら、
今のように苦悩する教師が続出することもないかもしれないな・・と。


だからこそ 投稿者:M@一応管理人  投稿日:10月20日(月)00時03分00秒

教師と親が知恵と力を、
出し合わなければならないということ。

具体的な案や策について、
もっともっと考えていかねばね。


法律上の限界 投稿者:腐乱検死体  投稿日:10月20日(月)05時04分06秒

>その四十人の中には、例えば、
>想像を絶するような辛い家庭の事情を背負いながら、
>何とか学校にだけは来ているという子だっているというのが現実。

まず間違いなく、性格や行動に将来的に影響は残ります。
(他人からは見えなくとも)
私達夫婦も機能不全家庭の一種の出身ですのである程度断言
できます。(それが社会貢献に向かわせる事もあります。)

子供には、自身の命名権と親の選択権はありません。そして、
みんながみんな、可能性を伸ばし、将来の選択肢を増やしてく
れるような親ばかりではありません。

しかし、行政は親が余程の虐待が無ければ隔離できませんし、
隔離しても心を入れ替えたと訴えれば容易に連れ戻すことが
できます。また、そこまで行かない家庭へ指導に訪れても、
聞く耳を持たない保護者が数多く存在します。(だからこそ
子供へ問題が発生している。)

私自身は自閉症スペクトラムかつADHDで超貧乏で超放任
家庭で育ったため極端に社会的スキルを学ばないまま成人し
ました。(何より父親自身が改善されないままなので、教え
ることができない。母親は精神障害者で子育て不能。)
「私をしっかりとコーチングしてくれる人が欲しい。」これ
が、社会へ出た成人当事者の一人の心の叫びです。

USの障害者支援法は「障害者」と診断された方以外でも利
用できると聞きます。日本にも是非そのような制度が欲しい
し、また、育てられない親に対しての指導権限の強化と、義
務教育への「子育て学」の導入も実施して欲しいところです。

昔のようなムラ社会でなくなり、親に子育ての権限が集中し
過ぎた弊害が根底にあると私は思います。

そのような中で孤軍奮闘されている教師の方々はかなりつら
い立場にあると私も思います。


カンガーさぁん 投稿者:まつこ  投稿日:10月20日(月)08時20分42秒

カンガーさんがルーちゃんの就学の時も
それ以降もいつもしっかりその環境のことを考えてきていることは
ずっとここで聞いてきているし
その葛藤の上で選択した環境をよりよいものに整えようと努力してきたことも
うかがってきているし、

軽度発達障害、特に高機能自閉症やアスペルガー症候群や高機能広汎性発達障害の児童が
普通学級に在籍して必要な配慮や援助を受けながら、
しっかり学校生活をおくっているケースも身近にあります。

私は少年の在籍を障害児学級において、そこでよりよい環境を作ることを目指しているけれども
それは、普通学級を高機能自閉症の子どもも学習しやすい場にということと
なんら反するものではありません。
畑は違っても、そこをよりよくして行きたい気持ちは同じ。

いろんな子がいて、いろんな経緯があって、いろんな条件がある。
だから、いろんな選択があって、いろんな「畑の耕し方・肥やし方」があると思っています。


来年は中学 投稿者:まつこ  投稿日:10月20日(月)08時48分37秒

少年が来春入学する予定の地元中学校には、現在情緒障害児学級はありません。
3つの小学校を卒業した子どもたちが入学して、一学年は6クラスになる予定です。

3つの小学校のスペクトラム仲間の母親3人で
7月にその中学校の知的障害児学級の見学をしてきました。
そのうち一人は普通学級在籍で、転籍も視野に入れながら中学でも普通学級を
学習の場とする予定ですが、昼休みや長い休み時間など、ずっと教室にいることが
難しい場合もあると予想されるので、障級でリフレッシュさせてもらえるよう
お願いしてきました。

夏休みの宿泊交流会では、先生方が、この三人の6年生を
「**中学校入学予定トリオ」として、同室にしてくださいました。

先日、中学校区同和教育研究授業で
少年の交流級の「渋染一揆」の授業を(もちろん少年も参加)
中学の障担を含む先生方が参観にこられました。

そろそろ就学指導委員会が開かれていると思います。
(今月初めに書類を提出したので)
6年前とは世の中も変わりました。でも一番変わったのは私かもしれませんね。


ゆかママさんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日:10月20日(月)09時48分36秒

ゆかママさんがルーちゃんを心配なさったお気持ち、わかります。
えてして、そういう状況では、肝心の子どものことが置き去りにされがちですから。

でも、カンガーさんの場合は
>きっと大丈夫よ、ルーちゃんは。
>だって、カンガーさんは、
>ルーちゃんの様子をみて、その時々の最善の方法を探って来た人だもの。
と管理人さんもおっしゃっているとおりだと思います。
きっと、クラスの子たちや他の親御さんたちと協力しながら
クラスにとって、より良い道を探していかれると思いますよ。
クラス全体が良くなっていくことで、我が子もまた良く変わっていく、ということも、あると思いますし。(*^_^*)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ありがとうございます! 投稿者:カンガー  投稿日:10月20日(月)13時25分37秒

ゆかママさん、
心配してくださってありがとうございます。
ルーのことを一番に心配しなくちゃいけないことはわかっているつもりです。
そして、そのことを心配してくださったこと、ありがたく思います。
本当にありがとう。

ここの管理人さんをはじめとして、古だぬき様たちが、いろいろ書いてくださったので、私から書くことはもう必要ないくらいです。
こんなにも、皆さんが私のこと、ルーのことをずっとずっと見守ってきてくださったこと、理解してくださっていること、すごくうれしくて、感激しています。
古だぬきの皆様、ありがとうございました。

そうです。
ルーは自閉症ですから、特別な配慮が必要な子です。
でもね、自閉症の子供にもいろいろあって、うちの子は、みなさんがおっしゃってくださったように、大丈夫です。
学校が大好きで、みんなからのいじめにも合っていません。
まだ二年生ですから、今後のことはもちろんわかりませんけれど、今のところは、勉強も運動も出来るほうですし、落ち着いて授業を受けています。
そんなルーをクラスメイトは時として守り、時として尊敬してくれ、助け合って生活しています。
ルーがお友達に勉強を教えてあげる場面も何度も見ましたし、身辺自立が今ひとつの子供たちの着替えを手伝っている場面も担任から報告を受けていますし、私も見ています。
また、逆に、ルーが動揺して泣きそうなときに、笑わせてくれるお友達もいます。
運動会のピストルの音に耳をふさいでおびえているときも、励ましてくれるお友達がたくさんいました。
そして、耳栓をつけながら、リレーの選手もこなし、徒競走も一番になったルーを、クラスメイトは誉めてくれるのです。
クラスで一番の悪がきも、鉄棒でルーにかなわないことを素直に認めて、「ルーはすごいんだぜ!」って言ってくれるんです。

確かに荒れているクラスですが、ひとり、ひとりの子供は決して悪人ではありません。
良心のかけらもない人間ではないのです。
指導の仕方や、その子の心に寄り添うことで、改善する可能性がたくさんあると私は思っています。
ルーのことを理解してもらえるように、ずっと働きかけてきて、仲良くなった子供たちの中には、私にいろいろな話をしてくれる子もいます。
M先生がおっしゃっているように、家庭の問題がある子もいます。
みんな、寂しくて、自分の話を聞いて欲しくて、かまって欲しくて、騒いでいるような気がして、私はそのことを学校に訴え続けています。
授業中に問題行動を起こす子供たちも、自閉症の男の子をいじめる子も、そうすることで、担任の気をひきたいだけではないかな?というのが、私のクラスに入っての実感です。
だからこそ、もうひとり先生がついてくれたらいいのになと思うのですが。
もちろんそれだけですべてが解決するとは思っていませんが、少しでも良くなるかなと思うのです。

今回の騒動に、ルーが動揺しているかどうかですが、それは多少の影響はあると思います。
うるさい状況は良いとはいえません。
頭痛を訴えることもあります。
でも、授業を受けることが、大きな苦痛になっていることはない様子です。
良く手をあげて発言していますし、彼女なりに授業を楽しんでいます。
担任のことも、クラスメイトのことも大好きで、学校に行くのがとても大好きです。
人の悪意もわからない純粋な子(ご本人様たちには、嫌いな表現でしたね、ごめんなさい)ですし、完全受動型というか、自分からは行かず、来るものは拒まずですから、敵をつくりにくいです。

これからも、ルーのことは注意深く見守って行きたいと思います。
クラスの子供たちのことも、なんとか良い方向へ進んでいけるように、がんばっていきます。
なんだか、親ばか丸出しの書き込みでごめんなさい。
皆様、本当にいろいろとありがとうございました。


こどもが学校で荒れるとき・・・ 投稿者:りしょう  投稿日:10月21日(火)06時10分06秒

・・って 
必ずしも その所属する場が(この場合は学級かな)悪いからばかりとはいえないんです。
「出しやすい場で出してくるな〜」と経験上感じています。
それは表出してもよいと 子ども自身が感じている(無意識かも知れない)から出してくると思う。

>みんな、寂しくて、自分の話を聞いて欲しくて、かまって欲しくて、騒いでいるような気がして、私はそのことを学校に訴え続けています。
授業中に問題行動を起こす子供たちも、自閉症の男の子をいじめる子も、そうすることで、担任の気をひきたいだけではないかな?というのが、私のクラスに入っての実感です。<

そのとおりなんですよね。40通りの気のひきかたに対して 対応がうまくできないので 子供が荒れてくるというのは 現実にありえます。
個別への対応と 集団指導の中で子供を育てるとこととの 両方が必要になります。
教師は1人ですから 物理的に不可能な場合もあるのです。
確かに他の援助が入ったほうがよい場合がある。
今起きていることを読み取る力が必要ですが・・・・

ルーちゃんの組では どうかわからないけど・・・
絶対に秘密を要する事柄というのもあるんですよね 子供の表出するもの奥には・・・。
教師と子供の関係だけで生じているものではないこともあります。
公にできないことが荒れのきっかけのこともあります。
たとえ カンガーさんの様に協力しようと思ってくださっていてもね・・・。

>これからも、ルーのことは注意深く見守って行きたいと思います。
クラスの子供たちのことも、なんとか良い方向へ進んでいけるように、がんばっていきます。
なんだか、親ばか丸出しの書き込みでごめんなさい。<

親ばかに守られていることが どの子にも必要なんですよね。だけど・・・
教師としては 親には替われないけど 「子ども自身が少しでも自分が守られている」と感じる「時」を持たせたいですよね。


(無題) 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日:10月21日(火)21時07分04秒

担任の先生から見て、うちの息子に頼られている、もしくは信じてもらえているように見えるのだろうか?
私の目から見たらYes,ですね。
彼は学校生活においては私の存在が疎ましいようです。
疎ましいのか照れなのか・・周りの男子を見て立ち居振舞っています。
学校では不思議なくらいパニックは起こさないし、ルーちゃんの一件のように授業中にケンカが始まったとしても特に気にならないようです。(これでもいいのかな?)
家庭生活のほうがむしろ問題?だとしたら私はどんな育て方をしているんだろう・・悩みます。
息子にとって自分の気持ちを出しやすい場が家庭ならば、その光景を見た同級生は絶対引きそうです。
パニックだけでなくこだわりも独特なものですから。
友達と関わるよりも一人が好き、表現(ことば)が苦手・・この部分は今の段階では学校生活では補えません。

自分から関わりを持たないことで争いの震源地になることはありませんが、何かあったときに先生に対してどれだけ自分のことばで思いを伝えられるのか、その時が先生にとって息子に頼られていると思えるときではないのでしょうか。
だいぶ前にも書きましたが、「僕に任せてください」とおっしゃってくださったので、それを信じている私を彼が信じてくれれば、今のクラスの中は彼にとって快適なもので、私は無理に入り込まないほうが良い、そんな風に思います。
これで居残り勉強がなければもっと良いのですが・・



(無題) 投稿者:わらしべまめちゃん  投稿日:10月21日(火)23時45分44秒

親と学校がより良い関係を築くことで子どもも良くなる。
それが本当の理想の形ですね。
カンガ−さん、がんばらずにゆっくりゆっくりルーちゃんのクラスを見守ってください。

ここで、遅ればせながらご報告。

以前、私が書き込みしたこの市の学区外通学の申請の件ですが、教育委員会がHPにて
詳しい見解をUPしていました。
これで、学区外の通学について誤った認識を持つ人が無くなればいいのですが。
(家のトンちゃんみたいに「あっちの学校に行けばいいのに。」なんて言われる子もね。)

伊豆っ子ちゃんさんへ

担任の先生を信じる気持ち、きっとお子さんにも通じていますよ。
トンちゃんも、最近母の存在が疎ましいようです。
小学生にもなると自分の世界がどんどん出来始めてくるとき・・・。
親からも少し自立を始めているのかも知れませんね。
個人的には、それが頼もしくもあり、寂しくもあり、彼の個性を考えると
ハラハラでもあるのですが。

今月は学校公開週間もあったので、トンちゃんの様子を特に個人的には見には行っていません。
担任とも徐々にではありますが、いい関係になりつつあります。
初めは、即転校なんて脳裏によぎったのですが、周りの色々な方々・ここに書き込みをなさる
皆様のおかげでふてくされず、ゆっくりトンちゃんの事を学校に理解してもらえるようになりました。(うちは、教育委員会も使いましたがね・・・^^;)


この間、学校に行く回数が他の保護者よりも多かったせいもあるのですが、今の学校や児童は
私が小学生だった頃よりも環境が大きく変わっていることを感じます。
本当に様々な問題があります。
「そんなに何でも学校に(問題を)持ち込むなー。」なんて感じもします。
(実際にそう思われている先生もいるのではないでしょうか。)

学校で出来る事・家庭で出来る事、今一度考え直さないといけないですよね。


いいですね。と ありがとう。 投稿者:りしょう  投稿日:10月22日(水)04時25分26秒

伊豆っこちゃんさま

>彼は学校生活においては私の存在が疎ましいようです。
>疎ましいのか照れなのか・・周りの男子を見て立ち居振舞っています。

保護者が学校に来ることを喜ぶのは 低学年くらいではないでしょうか。
ほどなく 本当はうれしいけれど いやそうにしてみせる時期もくる。
そして 今日は来ないでほしいな〜と思う時期が 当然生じる。
成長とともに 子供の反応は変わってきます。
保護者に 守られていれば居るほど 自立していくのです。
(成長に合わせて親の態度も変えないとね。見ない振りして しっかりと目を見張っていることが大切。)
私のことを嫌いになったのかしら? なんて思う必要はない。

>学校では不思議なくらいパニックは起こさないし、
>家庭生活のほうがむしろ問題?だとしたら私はどんな育て方をしているんだろう・・悩みます。
>息子にとって自分の気持ちを出しやすい場が家庭ならば、その光景を見た同級生は絶対引きそうです

もし ご家庭が子供のストレスを引き受ける場になっていて 子どもが集団の中で自分の行動コントロールできているということなのかな?
ただし この場合は 引き受ける人(多くの場合は母親)の ストレスやつらさをどこかで発散しないとね・・・。
あまり立派な母の連続では 身体が(心も)持たない。
時にはだめな自分を許していきませんか?

わらしべまめちゃんさま

>「そんなに何でも学校に(問題を)持ち込むなー。」なんて感じもします。
>(実際にそう思われている先生もいるのではないでしょうか。)

>学校で出来る事・家庭で出来る事、今一度考え直さないといけないですよね。

はい この書き込み とてもありがたいです。
学校の現場のものとして お礼申し上げます。
多くの教師は うわ〜 この問題にどう対処しようか・・・? と日々悩んでおります。
こういうことばに励まされます。ありがとう。


ありがとうございます。 投稿者:S  投稿日:10月22日(水)09時40分50秒

朝倉玲さんまつこさんレスありがとうございます!

まつこさんのおっしゃるようにプラスの部分があると思います。
やはり兄弟っていいもんです。
でもなかなかプラスの方には目がいかないんですよねー。
マイナス面ばかりを見て「はー」とため息をついてたりします(ーー;)
いけないですね〜

三男は保育園に行き始めました。
といってもなかなか入園ができず・・・一時保育というもので月に9日ほど
ですが。一時保育の先生にも言葉が出ない云々を話していましたので
そのあたりを見てくださっているようです。
でも1歳くらいの子が「アンパンマン〜」とかふつーに話しているのを見て
ブルーになってしまう私。
けど、同年代の子と触れ合ういい機会と考え続けて行ってみようと思います。


あら(^o^) 投稿者:まつこ  投稿日:10月22日(水)10時41分59秒

>一時保育の先生にも言葉が出ない云々を話していましたので
>そのあたりを見てくださっているようです。

良かったですね。
私は坊主が保育園に行くようになって
1歳児が「みんな集まって〜!」に反応して集まったり
「並んでいこう」といわれて、何人も縦に一列に並んで前の人の肩を持って
教室移動をするのを見て……ぶっとびましたわ。

保育園はいいですよ。同い年の子同士の係わり合いも体験できるし
上の子も赤ちゃんも見られますからね。

Sさんはその間にリフレッシュして
Sさんご自身も、お兄ちゃんもみんな楽しくなるような時間がもてると
回り道のようでもきっと三男君の成長の基盤になると思います。


急に 投稿者:こよみ  投稿日:10月22日(水)11時22分07秒

摂食障害の息子(小4広汎性発達障害)が、
色々なものを少しずつですが食べはじめています。
「食べたんですよ!すぐお母さんに電話しようかと思ったぐらい嬉しくて!」
と障担が。その逆もあって、夕食中に思わず学校に電話かけようかと、私も。

時を同じくして学校で、お互いのよいところや夢を披露しあう内容の
『1/2成人式』という授業をやっていて、参観日でちょっとハイでしたが、
友だちに囲まれて自信にあふれ、心躍ってる顔をしていました。
何だか気が抜けるくらい、ほっとしました。

ちなみにふだん生活している普通学級のカラーは、地味、です。
でも、地道に対話のつみかさねをやっている、というのが最近の印象です。
担任は、シャイなひとで、言わないんですね、やってます、とか…。

特別に何かをではなくて、日々に確かなものを感じていって、
少しずつ登りながら重い荷物を下ろしはじめられるなんて、
学校ってところは…すごいです。

先生にはご心配ばかりおかけしてしまって
本当に申し訳ない気持ちです。


私がもし足を引っ張らずに来れているのならば、それは、
ここにめぐりあったから…。

すみませんが放しません。


同じ意見です 投稿者:ポップス  投稿日:10月22日(水)15時55分06秒

管理人さんは、自閉性障害のページの「TEACCH1」のところに、このようなご意見を書かれていましたよね。

>で、個人的な感想としては…、
> 行動療法の技法とTEACCHの理念の互いに良いところを取り入れればよいのにと思うわけで、 >「行動療法で子どもの行動や、対人関係の問題の解決ができた」という事実があるなら発達の初>期の段階では大いにそれを活用し、ある一定の段階にくれば
>「自律、自発性に関する可能性を引き出すことに力を注ぐ」
>事に主眼を置いたTEACCH的考え方に切り替えていけば良いのでは・・・・と。
>えっ、そんな簡単なものではない? 私の単純思考回路を使うとそういう結論になるのだが、安>易すぎるって?

これに、ほぼ賛成です!! 「ほぼ」というのがミソなんですが、分けて考える必要は全然無いからなんです。古い時代の行動療法家がTEACCHの批判をしました。それを受けてか、今TEACCHを積極的に学んで取り入れている人たちの中には、行動療法を批判する人が多いんです。それって、悲しいっていうか、むなしい・・・。

まず、狭義の「行動療法」を考えるのはやめましょう。今は「行動分析」しかも「応用行動分析」です。これは、○○療法といった療育法や治療法ではなく、人間の行動そのものの捉え方です。だから、自閉症や障害のある方々だけに関係するものではなく、人全てに共通の理論です。応用行動分析では、個人だけをみるのではなく、環境との相互作用にも焦点をあてています。「行動の変容」とか「新しい行動をつくる」とかっていう言い方をするから誤解を生むのでしょう。決して個人だけをみて、個人だけに負担をかけて・・・ではないのです。

それから、TEACCH。場所などの構造化と写真カードをつかったスケジュールやコミュニケーションだけがクローズアップされていますが、そのカードが何を意味するか、どう使うか、その場所で何をするのか、などを個別的に指導しない場合は無いでしょう。そして、この指導には行動分析の理論を知らず知らずみなさん適応しているのです。TEACCHをしっかり活かすには、行動分析の理論を学んでおくことがとても大切だと思います。実際、ショプラー先生は「自分は行動分析家です」とおっしゃっていますよ。

だから、二つを比較して非難し合うことなんて、ほんとバカバカしい。両方の理論をしっかり学んで、その子に合わせたシステムを使うことが重要なんだから。


まつこさんへ 投稿者:S  投稿日:10月22日(水)20時20分26秒

ほんと!保育園っていいですね!うちの子は週に2日ずつ行ってます。
で、先週は先生から「今日は0歳の赤ちゃんも一緒でしたけど、赤ちゃんの側ではそーっと動いてくれていました。」と教えていただきました。
一番下の子っていつまでも赤ちゃん扱いしてしまいますが、そういう面もあるんだーとびっくりでした。明日も行ってきます!
自分の時間も持てるし貴重な時間です!(^o^)丿


TEACCH1? 投稿者:M@一応管理人  投稿日:10月22日(水)21時28分36秒

いやぁ・・・それ、
1999年頃に書いた古文書!?です。
このHPには他にも、
今現在は違った理解の仕方をしている所もあるのですが、
それも管理人の通ってきた道の一つには違いないので、残しているわけです。


>二つを比較して非難し合うことなんて、ほんとバカバカしい。

TEACCHをうたい文句にしながら、
内実はTEACCHの理念からはほど遠い療育をしていたり・・、

ABAを名乗りながら、
それとはほど遠いあの古典的な行動療法そのまんまであったり・・、

そんな理由の非難なら大いに歓迎されるべきかと。   <えっ?

というか、
“本物”なら、そんな実りのない非難はしあわないかな?


先日某学会で 投稿者:あきあき  投稿日:10月23日(木)00時01分06秒

ABAを古典的に使ってらっしゃる発表が有りました。
パニックが収まるまで2時間でも3時間でも小部屋に閉じこめるってもので。
本人は長時間頑張ってるつもりなのかもしれないけど、見てて気分すごく悪くなりました。
<結果が欲しい気持ちも少しは分かるけど>


では、古典的ではない 投稿者:M@一応管理人  投稿日:10月23日(木)07時12分05秒

こんなページを。

http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/kado/book1/PECS.pdf


『1/2成人式』 投稿者:まつこ  投稿日:10月23日(木)09時35分13秒

少年も4年生の時にありましたよ〜♪
他のお母さんたちもやっぱり感慨深い様子でした。

悲しい時に一緒に泣いてくれる人も大切だけど
うれしいときに一緒に喜んでくれる人って、貴重ですね。

その「うれしいこと」が
他の人にはあまり共感してもらえそうにないことだったりするとなおさら。

少年は後期は「飼育委員」になったそうです。
「ウサギにな、えさ食べさせたり、水やったりします。」
帰宅してすぐ自分からその話をしてくれたのがうれしくて。


物思う秋に… 投稿者:もっきゅ  投稿日:10月23日(木)14時54分47秒

このごろ、2つほど気になることがあります。

今まで親しくさせていただいていたご近所の方が、ねこだぬきが不登校になり始めてから、何となくよそよそしいなあと感じるようになり、でも考え過ぎ、思い過ごしだろう、私の悪い癖だなんて思っていたのが、やっぱりそうだったんだと確信に変わったことがありました。
先日、その方への荷物をお預かりしたのですが、その日は来ず、次の朝、6時30分にピンポーンとなるので出てみると、憮然とした顔のご主人が立っていたのです。そして無言で玄関に入り、荷物を抱えて出ていかれました。私は唖然とし、ねこだぬきはパニックを起こしてしまうし、さんざんな1日の始まりでした。
その方には、「自閉症」ということと、もしもの時の対処法もお話ししていたのですが、反応があまりなく、聞き流しているような雰囲気もあったので、やはり「障害」というものに何か思うところがあるのでしょうか。ご近所にはどう対処したらよいのでしょう…。

もう1つは、ねこだぬきがほんのちょっとのことでパニックを起こしてしまうことです。
ご飯にかけるふりかけが決まらない、置いたはずのところに帽子がない、私の返事の仕方が気に入らない、お気に入りの服が乾いていない(フリースとか、黄色とか、非常にこだわりが強い)などなど、上げればきりがありません。
そのたびに、大事にしている物や重たいものであろうが、奇声をあげ、半泣きになりながら、手当たりしだいにそこらじゅうの物を投げつけ、蹴飛ばし、そしてはね回り、壁やドアにぶちあたり、最後に私に蹴りをいれ、叩いたり、かじりついたり、もうさんざんな目にあっています。
本やネットで対処法を調べて、部屋を出てみたり(必ずついてきてしまう)、無視したりしてみますが、効果のある時とない時があります。
投薬も考えていますが、それ以外にも何かよい方法はあるでしょうか。
ぜひ、教えていただきたいと思います。


TEACCHといえば・・・ 投稿者:謎のタヌキの母  投稿日:10月23日(木)19時04分49秒

ノースカロナイナ大学です。
そこのメジホフ教授の書かれた本が、日本語訳ででています。
「アスペルガー症候群と高機能自閉症ーその基本的理解のためにー」です。
メジホフ教授と言えば、TEACCHのお家元。
(おっと、こんなこと言ったら失礼だわ!!)
なんとなく、試行錯誤しながら、悪戦苦闘しているんだけど、
私、基本的なお勉強がキチンとできていないんだわと思いつつ読んでいます。
日本語版の前書きだけでも読む価値があります。
「高機能」だと、なんとなくフツーにやってくれるのでは?と思ってしまいます。
でも「自閉症」のところに配慮が必要なんですよね。


来年は小学校なんだけど… 投稿者:ももママ  投稿日:10月23日(木)22時32分56秒

久しぶりに来ました。
先日、地域療育センターのドクターと会い子供の就学と子供の診断結果を聞きに行きました。
診断結果はADHDとLDと診断されIQは82でIQでけで見ると、普通学級には行けるけど、数字、言葉、文字の読み書きが、出来ない為、精神知的、学習障害、多動もあるので、ドクターは普通学級は絶対に無理だと、何回も言われてしまいました。
聞いたときは自分では理解していたつもりだったけど、いざ、ドクターから面と向かって言われると、かなりショックで言葉もでませんでした。
子供を見る限りは普通の事変わらなくて生活をしているのにと思いつつ、今は普通の事違って、感性も豊かで、色んな物に対してきずかされる所もあってこの子の障害が個性と思っている毎日です。言葉や数字など他の子よりずっとずっと、遅いけど、この子のあったペースで一つずつゆっくりとやっていこうと思うし、この子の才能を沢山見つけて、伸ばしていこうとおもっています。
一つは運動神経が保育園で一番悪いのに跳び箱が一番飛べて、初めて体操をして見たいと言ってきたことです。来月から体操教室に行って楽しめながら色んな事を学んで欲しいと母はおもっています。近じか小学校の校長先生とお話してきます。
特別支援クラスがあると聞いたので、うちの子が入れるようにお願いに行こうと思っています。
なんせ公立なのに区でとても有名なお勉強学校なので受け入れてくれるか心配です。
支援クラスといっても今いる子が車椅子の子でうちの子みたいな子は一人もいなくて心配です。
でも、子供の為には母は強くなって頑張りたいけど、色々悩んだり、考えたり、子供の障害にも勉強したり、して、胃と体を壊してしまって主人にも怒られてしまいました。
一人で悩まないで何でも話せと!


ももママさんへ 投稿者:ととら  投稿日:10月24日(金)07時51分09秒

診断されたばかりで、いろいろ不安な状態だと思います。
身体も壊してしまわれたようで、つらかったんですね。

なかなか、ありのままの子供を受け入れようとしても、
母もそうすぐには強くなれませんよね。
日常生活で他の子供たちと変わりなく生活していると思うと、
よけいに、通常学級でやれるのでは?って思いますよね。

ウチの息子はひとつ下の年中さん(広汎性発達障碍)です。
息子さんとは違いますが、数字、文字、読み書きはできる(同じ年の子供に
比べて)けれど、いつもと違うことに、とことん弱かったり、
手先が不器用だったりします。

だけど、プールが大好きで、先週スイミングの体験に行ってきたばかりです。
うちも自分からやってみたいと言いました。
好きなことをいっぱいして、自信をつけていって
ほしいなぁーって思っています。

いろいろ時間がかかったり、ひと手間かかったり、大変なことも多いけれど、
感性は豊かで、とても優しい子供たちですよね。
これから先、不安もあるけど、そういう時はここで先輩たちのお話を聞いて、
ゆっくり進んでいけばいいかなって思います。
お互い、がんばりましょうね。


手帳のこと 投稿者:くりきち  投稿日:10月24日(金)09時39分03秒

はじめまして。
高機能自閉症と診断されて6年になる小学校5年生の子が一人います。
男の子です。
こちらでは療育などちゃんとしたところはあまりありませんので、
学校に私がなるべく行き来して、先生と相談しながらやっている状況です。
児相にも何度か行きました。
手帳のことも相談しました。
何度行ってもIQが90以上あるそうで手帳は出ないと言われます。
でも、いつも担当の方は上の人に話をしに行ってくれ、
「ごめんなさい、ダメでした。IQがギリギリくらいならなんとかしてあげられるのに」
という感じです。
手帳がなければ、親としては大げさな言い方かもしれないけど、
「この子をのこして死ぬこともできない」という気持ちです。
でも反面、自立するにはもっと伸びたり、周りもみえたりした方がいいのか?
とも思ったりします。
三角形の面積が出せても、少数の文章題ができても、
自分の本当に言いたい事が伝えられないことがとても見ていてつらいです。
こういう子には何も行政はサポートしてくれない、
保障してくれない、とつい意地になることさえあります。
なぜ、数字だけで決められるのか・・・・と思います。
毎回同じ思いをするのなら、もう児相に行きたくないとさえ思います。
はじめての投稿で愚痴ばかりになってしまいましてすいませんでした。
納得できなかったので。




(無題) 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日:10月24日(金)10時13分13秒

りしょうさま、わらしべまめちゃんさま、レスありがとうございます。
子は親の背中を見て育つ、とよく言いますが、行動だけでなく「思い」も見られているんですよね。
親が学校や教師に対して熱心に接しているところを見ればクラスが荒れることはないんじゃないのかなあ・・と思います。
心の中で思うのは勝手だけど、親同士の会話とか行動には気をつけたいものです。
子供の視線は侮れません・・

Sさま
三男くんは保育園に行くことになったんですね。
お子さんより小さい子がなんでもできちゃうとめげちゃうこともあるでしょうが、まだスタートラインに立ったばかりなのでこれから、ですよ。
大きいお子さんもいらっしゃるので大変でしょうが、三男君のためには良い選択だと思いました。
ママの笑顔が増えるといいですね。

2学期になって週末には小学校と幼稚園の行事が毎週のように何か入っているのでもう体と心はヘロヘロです。
私もリフレッシュしたらまたこちらを覗きに来ます。


伊豆っ子ちゃんさんへ 投稿者:S  投稿日:10月24日(金)12時58分54秒

そうなんです!保育園に行ってます。
私自身は凹むこともあるんですが・・・子供はそんなのおかまいなしで嬉しそうに
広い園庭で走り回っているようです(^o^)丿
それを聞くと、大丈夫かな?小さいのに・・・などと心配するのは無用だったみたい。

この季節は忙しいですよね。お体に気をつけてくださいね。


ものさしの違い 投稿者:謎のタヌキの母  投稿日:10月27日(月)19時33分55秒

くりきち様
謎のタヌキの母です。どぞよろしく。m(__)m
謎のタヌキの弟が小学校五年生なので、よばれたのかな〜と思って、勝手に狸穴から出てまいりました。
謎のタヌキも、その弟もアスペルガー症候群という診断名をいただいております。
要するに「自閉症」です。

>三角形の面積が出せても、少数の文章題ができても、
>自分の本当に言いたい事が伝えられないことがとても見ていてつらいです。

そうそう、そうなの。
IQというものさしでは、自閉症ははかれません。
算数の成績では、自閉症は絶対はかれません。
自閉症は自閉症をはかるものさしでしか、はかることはできないんですよ。
うちは、まだ自閉症のものさしではかってもらったことがありませんが、
実は結構、高い自閉の度合いがでるんじゃないかなあと思ったりしています。
楽しみ!ひやひや、どきどき・・・)

ちょっと前にこの掲示板で紹介させていただいた、
TEACCHのお家元、メジボブ教授の書かれた本、
「アスペルガー症候群と高機能自閉症ーその基本的理解のためにー」
に自閉症をはかるテストがいろいろ紹介されています。
これではかったら、うちの子ダヌキ達はどんな結果がでるのかなあ、
是非やってほしいなあと思うテストには、
”この検査は、日本では翻訳出版されていません”という但し書きつきです。
日本は遅れているのね・・・・

謎のタヌキの弟って、いろいろやってくれて、私しょっちゅう学校に行っております。
(担任の先生やら、管理職の先生とお話をしに)
彼のやらかす「えー?なんで??」と思うようなことは、本当に「自閉症」的です。
でも、異分母の分数の掛け算、割り算もバッチリだし、本を読むのも大好きだし、
英語だって中一の内容をやっています。
なんかそれが「目くらまし」になっていて、彼の「自閉症」の部分がみえなくなっているように思います。
「自閉症」と診断されたら、「自閉症」の治療教育をしなければならないということです。

私、日々、四苦八苦、悪戦苦闘、試行錯誤etc・・・しているのだけど、
実は、「しているつもり」なだけかなと思ったりもしています。
ソーシャル・ストーリーズの講演会にも行ったけど、
どこかできちんとTEACCHの勉強がしたいと思っています。

教育現場でも、やっとそういうことに気がつきだしたみたいだけど、
学校の現場の先生がたをトレーニングする専門家の数が全然足りてない、というのが実情のようです。
そう言っててもしかたがないわけで・・・・
あー、何書いてるのかわからなくなってきた・・・・

まあ、ボチボチがんばりましょうね


全く同感!! 投稿者:空音  投稿日:10月28日(火)13時49分21秒

>くりきちさん、はじめまして。
えーっと、成人アスペルガー主婦(子持ち)の空音と申します。たまに気まぐれに出没します(汗)
私もIQがやたらと高いため(総合114、言語125、動作97)何にも手帳持ってません。
鬱などの二次障害も全然ないという状態なので、精神障害の手帳も持てません。
それでもサポートが必要なのが現状なのです。
自閉症の物差しで測ったら、私も結構すごいかもしれません(爆)
何とか現状を打破したいと、地元の発達障碍支援センターにコンタクトを取ったり
保健センターで相談したり、色々手を尽くしてはいますけど・・・。

ちなみに算数やら数唱とかはすごい点数高かったです、私。
絵画配列、絵画完成が低くて、配列は特にめちゃくちゃ悪い状態。
だから目に見えるテストでは全然自閉っぽくないです。
テストじゃなくて、人との交流場面では自閉が出てきます。
先日も息子の1歳半検診で、保健師さんが「私のこと覚えてますか」とおっしゃっていたのに
自分に語りかけられていることすらわからず、もちろん覚えておらず(爆)
うーむむ・・・申し訳ないなあ・・・と萎縮しちゃいました。こういうとき辛いです。
もちろん相手は保健師さんですから、怒ったりしないし、わかってくれてますけどね。

私からも、ぼちぼちがんばりましょうね〜♪

http://motom.pinky.ne.jp/


もっきゅさんへ 投稿者:ゆかママ  投稿日:10月28日(火)15時42分35秒

御近所のおつきあいは大変ですよね。お子さんが大変な状況なのに、近所づきあいも、、と考えるとめげてしまいますよね。つらいでしょうね。
私の娘も3年生の秋から不登校になり、初めは休んでましたが、そのうち、皆より少し遅れて登校するようになりました。
心配で私はストカーしてたのですが、ある日失敗。娘を見失いあたふたしてた時、近所の同じ学校のお母さんが「◯◯ちゃんはGSの所を歩いてましたよ」と声を掛けてくれた事もあり、やはり近所の人は大切だなあと思いました。つきあわなくて、いいや!などとは割り切れませんよね。
娘が、学校を止めると言い出した頃は、学校から帰るとランドセルは外に投げ捨てる、喚く、泣く、先生は毎日家にやってくる、、、、近所の人も何か大変な事が起こっている、普通じゃないと思ったでしょう。
私もそう思われてるかなあ、と思うと気分が滅入って、、、。
でも、私は、どんな状態でも近所の人がいたら、挨拶だけはしました。娘がパニックをおこして喚いていようと、私がどんなに憂鬱でも、相手が気まずくて顔をそむけても、どんな時でも声をかけました。返事がなくてもです。
それに、まわり2、3軒には田舎から何か送ってきたりしたら、必ずおすそわけをしてました。
また、「おねえちゃんは遅く行くけど、僕(2才下の弟がいます)と違う学校にいっているの」などと聞いてくる人もあり、そんな時はつとめて明るく(これがつらい)「時間差でいってるんですよ〜」などと返事していました。
こういう人は、どんな理由にしても子供に興味を持ってくれる人なので、とてもありがたいのです。こんな人が「どうしたの」などと聞いてきたら、自閉症のことや不登校だということを詳しくお話してみるのもいいかもしれません。
あと、弟が老若男女をとわず誰とでもなかよくなる子で、、前の家の人と毎日バトミントンをしたり、そのお隣に上がり込んでお話をしたり、、こんな潤滑油的な人、、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟などが間に入ってくれたら、スムーズにいくかもしれませんね。

あくまでも我が家のことなので参考にならないかもしれませんが、、。

それから、ねこだぬきちゃんがそのような困った状態になったのは、不登校になってからですか?以前からありましたか。




はじめまして 投稿者:アス  投稿日:10月29日(水)00時18分35秒

はじめまして
現在、小学校の教師をしており、6年生の担任をしています。
実は、学級に一人、最近になってアスペルガーと診断された
子どもがいます。
その子への対応についてどうしたらいいのか悩んでいます。
いろいろと、本を読んだり、HPを見たり、講演を聞いたり
しながら悪戦苦闘しているのですが、正直、自分のやっていることが
正しいのか、またその子の為になっているのか、これからどうしていいのか
わからない状態です。
その子の学校での様子としては、

1、学習を全くしない。授業中は本を読んだり、たち歩き他の児童に話しかけたりする。
2、話しかけても、通じないことが多い。
3、虫や動物に興味があり、虐待する傾向がある。
  特に、虫を殺しだすと止まらなくなることが多い。
4、性的関心が高く、セックス、精子などの言葉を言って楽しんでいることがある。
5、特定の友人に依存している。
6、規則正しい生活ができなく、1時間ほど遅れて登校することが多い。
7、机の中などは、非常に几帳面に整頓されている。
8、問題行動を注意されると、閉じこもったり、無視をしたりする。
  また、叱責されると、興奮し、激しい暴力(殴る・蹴る・噛みつく)をふるい、
  殺してやるなどと話す。
9、落ち着きがなく、じっとしていられない。
10、母親への依存が高いが、母親にも暴力を振るったり、きつい言葉をかけてたりしている。
などが挙げられます。

毎日、学校に来ているのですが、気ままに過ごしているといった感じです。
幸い、他の子どもたちは、彼を受け入れており、多少のことは多めに
見ているようです。ただ、来年は中学に進学することになります。
彼の将来のことを思うとこのままではいけないと思うのですが、
自分の力不足だけなのかもしれませんが、
実際どうしたらいいのか分からないまま、毎日過ごしています。

長くなりましたが、なにかご意見をいただけたら幸いです。


ありがとうございます 投稿者:くりきち  投稿日:10月29日(水)08時58分09秒

謎のタヌキの母さん、空音さん、ありがとうございます。
先は長いからゆっくりでやってもいいんだな、と落ち着いてきました。
書き込んだ日は「手帳がまたダメだった日」ということもあり、
恨みがましい内容になってしまいましたね。

ほんとに毎日連絡帳を開くのがこわいです。
「やっちゃってくれること」に対しては「またか・・・」とがっくりもしますが、
「友達に何度も何度も話しかけてました」とか「受けない冗談を言ってました」とか
「自分から手を挙げて発表していましたが関係ないことを言っていました」とか、
「窓の外の車が行き交うのを休み時間ずっと見てました」とか、
書かなくてもよさそうなことまで書いてきます。
面白い子だな、と思って書いてくれてる、と解釈するように頑張っています。

掲示板過去ログ案内に戻る