2003年11月その2
(無題) 投稿者:こよみ  投稿日:11月14日(金)22時06分35秒

小4自閉症の「月雄」(息子…月の観察にハマってる、私…マンガ『エア・マスター』にハマってる、ので…)
は創作漢字に熱中しすぎて漢字博士を返上、今は学校のパソコンで楽譜を入力し3部合奏させてるらしいです。
楽器を自分で奏でるのは全く拒否なんですが…。
診断以来、マンガメモ+簡単なことばかけのセットで、提案、を月雄に伝えると、
(自己肯定感低いようなので、否定をせず、提案を。手探りですが…)
ややこしいはずの反応が急に素直になった感じで、
変に戸惑ってる変な親です。


久々です 投稿者:てけてけの母  投稿日:11月14日(金)23時33分22秒

自閉症スペクトラムの小一男子「てけてけ」の母です。久々に投稿します。
今日担任の先生との個人面談があってまた落ち込んでしまいました。

2学期から情緒障害学級に通級を始め、最初は在籍校が気になり、「もう(通級を)やめよう。」と言っていたてけてけでしたが、先月末くらいからようやく楽しんで通級できるようになりました。
結構思い出し笑いなんかして、その笑いの内容は全て通級での話で、ようやく落ち着けるところを見つけたつもりになっていた私でした。

でも今週から「通級のお勉強の方が難しい。」と言い出しました。普通級ならわからないならわからないまま済んでしまう勉強の個所が通級ではほぼ先生と1対1でわかるまで教え込まれるのが苦痛なのではと思います。

今日の面談では算数の足し算、引き算の繰り上がり、繰り下がりもできているが、10のかたまりとしては理解していない、頭の中で足したり、引いたりしているだけと言われました。

それから通級し始めてから発言が多くなってきて、先生の質問などに挙手して答えたりも出来るようになり(時たま的はずれな答えをしているようですが)それはよいことなのだけれども、言うと相手が傷つく事を大きな声で言うようになってきたと言われてしまいました。

あー、ついにそうなったかという感じです。よく自閉症の親御さんがいわれる「この場でそれを言ってくれるな。」という状況ですね。
今までは言葉が自由に操れなかったのと気が小さいのとで言えなかったと思うのです。

通級のおかげが言いたい事が言えるようになったのはいいのですが、こういうことになっては・・・とまた悩む私です。

具体的に何があったかというと、障害児学級の1年生のお子さんが交流という意味で息子のクラスにお掃除の時間だけ参加するようになったとのこと。その障害児学級が仮にA組というとしましょう。息子は「えー、A組がうちに来るなんて信じられない。」と言ったそうです。(大声で)
それで皆「えー、なんて事いうの。」という雰囲気になったそうです。(当然ですよね)
障害児学級担任の先生もびっくりなさったそうですが。

多分A組でなくて普通学級の他のクラスのお子さんが混じるということになっても息子は同じことを言ったのだと思います。障害児学級だからという意味はなく。

帰ってその話を息子としました。すると息子は「信じられないってどういう意味?」と言いました。えー、わからないのに使ってたのかよ・・・。
それではお友達が「えー、○○なんて信じらんない!」なんて言っていたフレーズが使ってみたくて、その場面で使ってしまった可能性があります。

これからいろいろ大変そうですねえ。
いつものことですが愚痴っぽくなってすみませんでした。


うちの主人は、 投稿者:かずりん  投稿日:11月15日(土)00時05分17秒

知的障害があって会話がほとんど成り立たない次男のじゅん君のことは認めざるおえないものの(といっても自閉症の特徴や接し方に関してはまったくわかっていませんが・・・)しょう君に関しては全く普通だと思っていますね。
しょう君は、会話はそれなりに成り立つし成績だって国語を除けばそれなりの成績、算数・理科に関してはかなりのものだったりするので、主人にしてみれば全く普通に見えるようです。

実際、親しい人でも自閉症の知識のある人意外はしょう君に障害があるなんてわかりませんし、学校側に理解があり対応が良いこともあり学校生活では落ち着いていて、以前は苦手だった同年代の友達関係も最近はかなり良かったりするので、たいがいの人は「ちょっと話すのが苦手なのかな?」とか「人見知りのつよい子」と感じる程度みたいです。

幼稚園の頃からずっとグレーゾーンをうろうろしているような状態で、Dr.ですら正式な診断名をだすのに2年近くかかっているので、他の人や主人がしょう君は普通に見えるというのもしかたないかな・・・と思っています。


それは家の子も一緒よ^^; 投稿者:わらしべまめちゃん  投稿日:11月15日(土)00時55分29秒

>てけてけの母さんへ

個人面談でいろいろな事を言われて落ち込んでしまった気持ち、とてもわかります。
(本当に他人事ではないから・・・)

我家のトンちゃんも大人や周りの子どもたちが聞いたらドキッとしてしまうこと(つまり
暴言のような事)よくします。
親である私でさえ、彼の発言で本当に頭に来る事あります。
でも、本人はその意味がよくわかっていない時があったりして・・・。
親としては本当に悩みますね。

しかしながら、彼の生活を垣間みると、同じような発言を周りの子どもたちから
浴びていることが良く見かけられます。
(特に最近の小学生の言葉使いは信じられないくらい悪い時がありますからね。)

「相手が嫌な気分になることは言ってはいけない。」

これを教えていかないといけないのは、障害が有無ではなく今の子どもたち共通の課題なの
ではないでしょうか?

個人的には、てけてけくんが通級して良かった事の方が多かったように感じるのだけどな。
(例:@自分の主張を言葉で伝えてくれている。A勉強で解らない箇所が実際に周りの人も
理解できる。)


ハイパーレクシア関連サイト 投稿者:水兎  投稿日:11月15日(土)04時03分35秒

みいこさん、およびこちらをご覧になっている皆々様♪

だいぶ下に流れてしまって、遅ればせなの話題なのですが、
ハイパーレクシアを紹介しているサイトをご紹介します。
   <管理人マコロンさんに了解は得ております。

高機能自閉症でハイパーレクシアのマロンくんのことと、
自閉症スペクトラム関連を紹介しているサイトです。
ハイパーレクシアについての概念をまとめておられたり、
専門家から提供を受けた資料を掲載しておられます。

私的には、管理人さんの鋭い洞察力に感心してしまう「ミニコラム」と、
思わず読みながら飲みたくなる「紅茶の部屋」がお気に入りです。

「STRINGS」
http://www.h3.dion.ne.jp/~aries99/index.htm


水兎さん ありがとうございます! 投稿者:みいこ  投稿日:11月15日(土)10時09分39秒

さっそく マコロンさんのHP拝見させていただきました。
本当に本当に参考になります。
母としてのマコロンさんの気持ちが痛いほど分かり
今の私に力強い指針となりそうです。

おかしかったのはマロン君の好きな本(私がカイに合ってると思って購入した)
「あっちむいてこっちむいて」がカイも大好きだったこと
パソコンの好きなソフトが一緒だったこと
エッーって感じでした(笑)

「受容」という言葉もはじめて知りました。
カイは今までと変わらない可愛いわが子ですが
私の考え方や行動が変わることによって
もしかしたら、より良く伸びていくことができるのかも
しれませんね。

パパに関してはきっと「受容」の域に到達するのは
まだまだ先のことになりそうですが
それも私の今後の在り方で良くも悪くもなっていくのでしょうね。

明日はカイ(年中)の初めての発表会です。
「忍者でござる」のお遊戯にでます。
家でも一生懸命踊っています。どんな失敗をしても踊らなくても
笑って見ることができそうです。
水兎さんありがとうございます。 



観察力と柔軟性 投稿者:  投稿日:11月15日(土)10時49分18秒

10のかたまりを意識できなかったり、数の合成、分解が困難だったりしても、
頭の中で素早く、数えたしや数えひきをする方法で、
結果的に、
数量やその計算のしくみを理解することもあるのではないだろうか。

勿論、
位取りを理解するためには10のかたまりを意識することは必要。
でも、
位を意識しないで、
数を帯状の連続したものとして認識し、
瞬時に 例えば“362”と“18678”の位置関係を認知することができ、
次の段階で、数の量的な側面を認知していくといった順で
数を認識する子もいるのではないだろうか。

計算機の仕組みは10ではなく2が基本だし、
そろばんの暗算では、あたかも数え足しのように、
頭の中で数のカードがパラパラとめくれていって答えが表示されるという。

上の位から計算する独自の方法を自分で編み出した子も知っている。

56458−48375=
試しにやってみたら、
ワーキングメモリーの乏しい私なども、暗算なら上位からする方が断然やりやすいことに気が付いた。


大多数の子にはわかりやすい方法でも、
それが、すべての子に適した方法とは限らない。

聞いたり話したりは困難でも、読んだり書いたりはできる子はいる。
ひらがなは覚えられなくても、漢字やローマ字は覚えられる子はいる。
聞いただけではわからなくても、見たらわかる子もいる。

語彙が多くても、それを適切に使うことができない子がいる。
語彙は少なくても、他の手段も駆使して適切な伝達、コミュニケートが可能な子もいる。

今後の
支援教育の指導者に一番必要なのは、
子どもたちの認知スタイルを探る観察力と、
既成の概念にとらわれない柔軟性かも。

       <・・・あ、そして時間もしくは機敏な処理能力と体力・・も。
                       うううううぅぅぅぅぅぅ・・・・。 


まだあるんです 投稿者:てけてけの母  投稿日:11月15日(土)23時32分40秒

わらしべまめちゃんさま、それに管理人様にまでコメントいただきありがとうございます。

算数の10のかたまりのことですが、塾の宿題などで例えば8+4は4を2と2に分解し、8と2で10のかたまり、それに残りの2を足して12とするように8+□+□という問題があり、それらをてけてけはちゃんとやってるので出来てると思っていたのですが、単純に8+4=とされると頭で8・・・9、10、11、12!と考える方が簡単で早いのでしょうね。確かに5や10のかたまりの概念はなさそうです。

今算数は能力別(!?グループ別かな)になってまして、てけてけは基本ができてるからと応用グループに入れていましたが、面談後基礎グループにすることにしました。基礎でも他のグループのプリントもやるそうなんで。ちなみに3グループあり、あと一つは速く正確にひたすら計算を続けるグループです。確かに応用グループはゲーム的要素が多く、「答えが15のところを通っていきましょう。」なんて迷路やあみだの問題とかで、てけてけは計算は出来るのに迷路がわからない状態で結局答えは×の状態が続いてました。

それから前回もっと書きたかったのだけど長くなるので一度切りました。
今週この掲示板で話題になっている字のことです。
漢字のことでまた先生に聞かれてしまいました。
「漢字がうまく書けてないが(てけてけは自閉症スペクトラムなので)無理にきれいに書かせるようにして彼に負担になってもいけないので、この程度でよしとするか、もっときれいに書かせるようにすべきか。」と。
この掲示板の多く方のお子様同様、息子も読むのは得意、しかし字は「どうしてそんな字になるわけ?」と思うような字。でも彼は一生懸命書いているようなのです。
「私もわからないので今度お医者様に聞いてみます。」なんて情けない答えをしてしまいました。
皆さんはどうされてますか?

しかし1学期同様婉曲に担任の先生からは「固定級に。」という意味のことを言われました。
「彼は丁寧に教えればできる、でも彼一人だけ見ることはできない。固定級なら彼のペースでプログラムを立てて学習できる。私がちゃんと見きれなくて申し訳ない。彼には授業はわからない部分があってもいいと思って欲しくない。」というような言い方で。

ちなみに先生はとてもやさしい方です。過去にお子さんが担任をしてもらったお母様などは「とてもやさしい先生」と口をそろえておっしゃいます。息子は幼稚園時代は厳しい先生で「どうしてあなたはできないの、いつもいつも。」みたいなことを言われていて、その頃は診断もついてなかったので私もだめな息子と思っていたのだけど、それもあって息子は「幼稚園より学校の方がいい、給食もおいしいし(本当に。幼稚園の給食はまずくて高かった)」と言ってるのです。

やさしさ故に息子のことを考えて固定級を勧められていると思うのですが。(と私は信じたい)
しかし息子の友人のお母様によっては「本当にちゃんとみてくれてれば普通級でいけるはず。裁量がないのよ。」という人もいますが。

そろそろ転勤がありそうなので今の学校の間は普通級と通級で通して、転校するときに固定級を考えようと思ってます。しかし次の学校ではもう確信犯で障害のことも告げず、普通級の落ちこぼれで通そうか・・・なんてことも頭をよぎったりします。

また長くなってすみませんでした。


選択的 投稿者:こよみ  投稿日:11月16日(日)09時10分46秒

課題を、(多くやる、少量やる、やらない、を)選んでしまう、月雄(小4自閉症)です。
調子もあるでしょうけど、むしろ、そばでみてくれる人、によって、はっきりしている気がします。

ふさわしい質・量を与えてくれる人か、力量にあわせて認めてくれる人なのかが、
揺れやすい彼にはポイントになっているようです。
新たに挑戦できた、となれば、そばにいてくれた人のお蔭だと思っています。

家では3年半持続できずに悩んでいた、宿題が少量ペースで奇跡的に続いています。
ちょっとは認めてくれてる、と認めてくれたか?

話がそれてしまって、どうもすみません。


価値観と視点の転換 投稿者:  投稿日:11月16日(日)10時28分49秒

「通常級にいるのが当たり前で、
 そこに適応できなければ、
        “仕方なく”
            個別指導の学級に。」

という考え方からは抜け出したいなぁ。

>大多数の子にはわかりやすい方法でも、
>それが、すべての子に適した方法とは限らない。

 だからこそ、
 認知のレベルやスタイルに合わせて、独自なカリキュラムを組むわけだよね。

それと、
 大多数の子には楽しく過ごしやすい教室環境でも
 それが、すべての子に適した環境であるとは限らない。
も考えられる。 
 
 刺激の多い大集団では適応が難しいからというマイナス方向からの視点ではなく、
 大集団が楽しい子もいれば、
 小集団の方が楽しい子も、
 敢えて言えば、一人でいる方が楽しいという子も
 
 「いても良いよね。」という視点に切り替えていきたいな・・学校教育でも。
 
 それがその子の実感なら、その実感からスタートして、
 ルールやソーシャルスキルを学びながら、
 もしかしたら大集団にも面白い面もあるかもと周りを見ていく
 という方法も取れるよね。

 
   < 戯れ言です。
     私自身も、少数派だから、 
     ついつい、そんな子もいるよと代弁したくなったので・・。 


はーいはーい! 投稿者:朝倉玲  投稿日:11月16日(日)12時58分38秒

>ついつい、そんな子もいるよと代弁したくなったので・・。

うちはまさしく「そんな子」でーす!\(^o^)

親が「No」と言えば、普通学級に入れるのは充分承知していましたが、
普通学級では彼に分かるようになかなか教えてもらえないだろう、と予想がついたので
より彼にあった指導をしてもらうために、情緒障害児学級を選びました。
普通学級との交流もあります。
学校での現在の指導、生活、理解、状況、すべてに満足が行っています。(と断言する私もすごい? 笑)

うちの次男はADHDですが、認知、その他の面でもかなりのハンデを負っています。
PDD(広汎性発達障害)とのボーダーライン、ぎりぎりADHD側のところに位置しているような子どもです。
どうしても、場面から状況を読み取ることが苦手。
人と関わる力も、年齢と比べると、まだまだ微弱。
でも、そんな彼を理解して、必要な場面ですかさず援助や指導の手を貸してくれる人(=先生やクラスメート)のいる場所さえあれば、彼は、ゆっくりとだけれど、着実に伸びていきます。

これが普通学級だと、こうはいかない。
人数が多すぎて、本人も混乱するし、先生のほうでも充分な指導ができなくなる。
障害児の指導が大変で、そこから開放されたくて「私では充分な指導ができません」とおっしゃる先生もいるだろうけれど、
丁寧な指導をすればちゃんと伸びると分かっている子どもを、時間や場面の制約から、どうしても指導しきれなくて、口惜しい思いでいる先生も確かにいらっしゃると思うのですよね。
>「本当にちゃんとみてくれてれば普通級でいけるはず。裁量がないのよ。」
と決めつけるのは、現場の先生たちに、あまりにも気の毒かなぁ、と・・・。(^_^;)
少なくとも、うちの子を普通学級で「ちゃんとみてくれ」ようと思ったら
専属の介助の先生が、学校にいる間中、そばについていてくれなくては無理ですから。
そういう条件が絶対に保証されるというのは、日本全国を見たら、まだあまり多くはないですよね。

もちろん、普通学級にするか障害児学級にするか、
通級にするか、固定級にするか、
それは、それぞれのお子さんの状態やご家族の考え方によって違ってくるわけですけど
ベストとは行かなくても、ベターな選択はしていきたいな、と・・・

いつものことですが、そんなふうに考えています。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


みんなスペシャルニーズ 投稿者:まつこ  投稿日:11月16日(日)14時57分13秒

>「通常級にいるのが当たり前で、
> そこに適応できなければ、
>        “仕方なく”
>            個別指導の学級に。」

>という考え方からは抜け出したいなぁ。

本当に、そう思います。

感覚的、物理的環境という点でもそうですが、心理的にも

大集団でみんなと同じことを要求される場より
小さな集団・あるいは個別の課題に取り組むほうが
その子の成長にプラスになる場合も多いということに注目したいです。

そして、ある一人の子がいつも、ずっと個別・小集団が適しているというわけでもない。
ある課題では個別に学び、ある課題では大集団で育つ……
成長過程の状況や将来の生活を見通して、今どんな環境を作って何を課題にするか
そういう視点を持っていたいと思っています。

それは少年も坊主も同じです。


療育手帳と特殊学級 投稿者:きらら  投稿日:11月16日(日)22時45分36秒

お世話になっています。
疑問なのですが、療育手帳を持っていると、小学校に入学の際、自動的に 普通クラスではなく、特殊学級に行かないといけないのでしょうか?


数と漢字 投稿者:ケリー。  投稿日:11月17日(月)00時33分39秒

ご無沙汰しています。
はじめましてのみなさま、小6のモックの母です。
彼の診断名は広汎性発達障害、高機能自閉症、非言語性LDです。
ドクターショッピングの結果ですね(赤);
言語の遅れがあった(た?)ので、アスペルガーには当てはまりません。

モックは計算と漢字(の記憶)に優れています。

加減算ですでに変わった数の分解を確立していた彼は、
かけ算を覚えてすぐ、いわゆる「因数分解」を身に付けました。
彼にとっての数は、パズルのピースに近いのかな?

「漢字辞典」が愛読書だったころもあり、
「字」や音訓・部首などよく知っています。
漢字テストの高得点は、担任の読字力(?)と
「トメ・ハネ・ハライは、書き分けられないけど知ってる」との理解があってこそですが。
先日は、「観」がバツでした。
「貝」と「見」は書き分けを覚えましょうとのことです^^。

色んなことができて、色んなことを知っています。
それを、生活に活用できるようにする事も目標ですが、
彼の中で「遊び道具」になっている事も大切にしようと思います。
将来「モック論」や「モック法」なんて発見しちゃうかもしれないしね。

余談ですが、ピノコ(小2)は『5のかたまり』が基準のようです。
彼女にとっての数は『お金』が導入口だったのですね〜。
買物上手なコになるかしら^^。

そして、追伸。
来年は、学区域の中学校の普通級に在籍し、情緒障害学級の通級に通う予定です。
現在、親学級は私が『貼り付き』なので、その部分をこれから交渉していきます。
介助員獲得作戦を練っています^^;。


(無題) 投稿者:てけてけの母  投稿日:11月17日(月)03時55分31秒

皆様レス(と思ってますが)ありがとうございます。

「先生に裁量がない」とおっしゃったお母様はお子様が言葉が遅れているので通級を勧められていたけれど拒み続けていた方。しかしご本人は教鞭をとった経験もあり、毎年PTA役員になって毎日のように学校に足を運んでらっしゃいます。ですから「私もできるだけのことはしている、だから学校側も。」という立場からそう言えるのかも。
いろんな親御さんがいらしてその一例として書いてしまったのですみません。この内容についてはこれ以上の言及はお許しください。f^^;

我が家はてけてけが生まれてからずっと同じ土地に住んでいて、息子が小さい頃から地域のサークルや市の講座などに参加してきました。
息子の通っていた幼稚園の子供達はほとんど今息子が通っている小学校ということもあり、私達親子は小学校に知ってる人がたくさんいます。

息子の口からや学校からのプリントでは得られない情報もこの多くの知り合いからスーパーや街角で得ることができます。地域の学校に行かせてよかったと実感しています。

息子も知っている子供(遊ばないのであえて友達とはしない)がたくさん学校にいるので通学しやすそうです。いきなり息子が遊びのグループの中に飛び込んできても、その中に前からの知り合いがいれば許されることもあり、知っている子がいるから息子も入って行き易いのです。

どこに行っても知り合いが多いので会う確率も高い。
「てけてけくんどうして通級に?」と言われることあります。隠すつもりはないので簡単に説明します。すると「そんなのお母さんの気にしすぎ」とか言われます。それではと「実は自閉傾向があって・・・。」と説明するとあちらは引いてしまいます。
私がずっとこの地域に住み続けるのならこれは悲しく思います。しかしどうせあと少ししかいないのだからと思うと悲しさはなくただ面倒と思ってしまいます。
今固定級にうつるとお母さん方の関心が一層大きくなりそうで出歩くのがいやになるかもしれません。固定級が恥ずかしいというのとは違って。

今のところてけてけ本人は勉強もクラスの中の雰囲気も大変とは思ってないので今わざわざクラスを変える必要はないかとの思いで普通級と通級で通してます。週に1回の通級も在籍校が気になって行きたがってませんので。
しかし転校するとどうでしょうね、知り合いは誰一人いませんしそれだけで学校に行くのは不安。
その時こそ固定級にするチャンスと私は思っています。

同じクラスに通級しているお子さんがいらっしゃったことを偶然知りました。まだ他にもいらっしゃるのかも知れませんが誰が行ってるという情報はないし、偶然知ったそのお母様は通級を隠したいという態度でした。そんな方がいらっしゃると通級してるのに堂々としている私が彼女にとって迷惑な存在になるのかななんて気にしてしまったりして、今の立場は微妙なんです。


きららさんへ 投稿者:まつこ  投稿日:11月17日(月)09時43分46秒

>疑問なのですが、療育手帳を持っていると、
>小学校に入学の際、自動的に 普通クラスではなく、
>特殊学級に行かないといけないのでしょうか?

少なくとも私はそんな話は聞いたことがありません。
児童相談所へ電話してお尋ねになってみてはいかがでしょう?

肢体不自由の養護学校に入るためには身体障害者手帳が必要だそうですが
知的障害の養護学校に入りたい場合、療育手帳はなくても入れます。


養護学校&障級&特別支援教育 担当者さま 投稿者:  投稿日:11月17日(月)21時20分33秒

>その時こそ固定級にするチャンスと・・思っています。
>知的障害の養護学校に入りたい場合、療育手帳はなくても入れます。

 凄い“果たし状”を突きつけられてしまった!
 こうまで言われるとプロの腕が鳴るよねぇ。
 
 特別支援教育がどちらの方向に向かうのか
 現段階で見えないことは沢山ある。
 
 でも、少なくとも、
 子どもたち一人ひとりのアセスメントをしっかりやり切り、
 
「 この子は、
  このような状態像を示し、
  このような認知特性があるから、
  こういう方法で、
  こういう内容の指導をしていきたいと考えます。
 
  その為には、
  こういうふうに環境を整備して、
  これだけの教員の配置の必要もあります。 」

 との準備は
 今から、できるものね。
 
 えっ!!
 特別支援など関係なく、従来からそんなことはやっていた? 
 
 報告書や冊子作成のための虚しい作業と違いこれは、面白い。
 整理分析する中で、
 新たな課題や手だてが見えてくることもあるよねぇ。


>きららさん 投稿者:KYO  投稿日:11月18日(火)22時52分30秒

初めまして。とつぜんおじゃまします。
とある児童相談所につとめているものです。
療育手帳を持っているからと言って、障害児学級に必ず入れなければならない、という決まりはありません。ただ、療育手帳を取得されているのでしたら、客観的にみて僕も仕事柄「何らかの配慮や支援が必要」と判断します。それでも「どうして子どもを普通学級に入れたいのか」をよく考えていただいた方がよいかと思います。親の期待とお子さんの伸びる力が相反する場合も多々ありますから、現状でお子さんの伸びた力がどの程度なのか良く知っていただいた方がよいです。

いま、お子さんがどれぐらいの発達の伸びなのかを知る材料としてとして具体的には、
・「児童相談所」で子どもの発達相談をして子どもの状態を知る
・「教育事務所」で行っている教育相談を利用する
この2つを両方していただくのがよいかと思います。


きららさんへ 投稿者:ちび丸  投稿日:11月19日(水)13時39分50秒

特別児童扶養手当を受給しているとか
療育手帳をもっているとか、
保護者が話さなければ教育関係者にはわかりません。
役所の担当者だけが知っていることです。
教育委員会から問い合わせられても役所は答えてはいけないことになっているはずですよ。

就学、悩みますよね。
お子さんにとっての良い環境が整っているといいですね。
ファイトです!


うちの場合、 投稿者:こくっぱの母  投稿日:11月19日(水)22時10分41秒

保育所で加配をつけてもらうために手帳をとり、
その後、障害児学級を作るために利用しました。

手帳は、取得しても当事者(保護者)が使わない限り、
なんの効力も無いみたいです。


それから 投稿者:まつこ  投稿日:11月20日(木)01時39分49秒

うちの地域の場合

療育手帳がなくても支援費の申請ができます。
療育手帳がなくても特別児童福祉手当の申請もできます。

が、手帳を持っていると行政の福祉情報のお知らせが自動的に入ってきます。

皆さんの地域ではどうでしょう?


>保護者が話さなければ教育関係者にはわかりません。

そのとおりです。
障担の先生は、どんな福祉的制度があるのか、どこでどんな手続きをするのかは
ご存知ではなかったので、逐一お知らせしています。


>皆さんの地域ではどうでしょう? 1 投稿者:ひいろ  投稿日:11月20日(木)09時30分56秒

>療育手帳がなくても支援費の申請ができます。
>療育手帳がなくても特別児童福祉手当の申請もできます。

ドラは養護に通ってるので、「もらえないお子さん」のママさんとは
あまり繋がりがなく、今は変ってるかもしれませんが。
以前は、手帳をもっていなくては、ケアは受けづらかったと聞きました。

ドラは1年半ほど幼稚園に通っていたのですが。
そこで加配をつけてもらう際に、手帳のコピーか診断書の提出を求められました。
(どちらでもいいと言われました)高機能のお子さんの場合は、手帳があったほうが
話しがスムーズなので、取ったという事を聞いた事があります。

高機能のお子さんの支援費は・・・どうだろう?
うちの地域は、それ以前に支援費を使える場所がないので。
ホームヘルプなどをやってくれる会社がないのです。
緊急に子供を預けるときも、施設が満杯だと預かってもらえない状況です。

>が、手帳を持っていると行政の福祉情報のお知らせが自動的に入ってきます。

うちの地域は全く入ってきません。福祉の情報などは、養護学校から入ってきます。
心障に通ってるお子さんの家庭に知らせが入っているかどうかは未確認です。
何かサービスを受けたいときは、自ら動いて聞きに行かなければ
サービスは受けられません。


>皆さんの地域ではどうでしょう? 2 投稿者:sara  投稿日:11月20日(木)22時59分44秒

1) 療育手帳がなくても支援費の申請ができます。
2) 療育手帳がなくても特別児童福祉手当の申請もできます。
3)療育手帳と小学校

1)は○です。
 児童相談所・更生相談所で判定を受ける
 (療育手帳の基準とはちがい、支援が必要かどうかの視点です)

2)は、ごめんなさい、知りません。
ただ、療育手帳の判定基準ではなく、違う基準で判定するようです。
ということは、手帳の有無とは係わり合いがないのでは?

3)手帳の有無が小学校や中学の在籍級の判断材料にはなりません。
手帳の有無は、個人情報ですから、もれることはありません。

ついでに・・・
数値だけでは、在籍級は決められません(親も。教育関係も)
在籍級に何を求めるかによって、どこを選ぶのかが決まっていくのかもしれません。
うちも、玲さんと同じように、特殊(中学・養護高等部)ではなく、通常級(高校)も、選ぶことはできたけれども
息子や私たちが求めているものは、特殊や養護学校高等部にあったわけです。
その子によって、求めるものはそれぞれです。
それが、求めるものはその時々で変わってくるんですよねぇ・・・。
だから、私の選択には、一貫性が全くありません(汗)

>まつこさんのところって・・・うらやましい
が、手帳を持っていると行政の福祉情報のお知らせが自動的に入ってきます。

うちの地域は、支援費制度の案内だって、手帳を持っている人全員にはこなかったのよっ。
それまで、短期入所・レスパイトその他を利用している人のところだけ。

そのときの合言葉は
「情報は待っていても来ない、掴み取るしかない」でしたね。
今もですけど。


>皆さんの地域ではどうでしょう? 3 投稿者:ちび丸  投稿日:11月21日(金)09時53分32秒

療育手帳がないと児童相談所の管轄になります。
一時保護は児童擁護施設で健常児と一緒です。
他の支援(学校への送迎、ホームヘルプなど)は実費になり援助はありません。

療育手帳がなくても、特別児童扶養手当はもらえます。

手帳や特別児童扶養手当の更新時に役所の窓口に出向くと
新しい「福祉の手引き」をもらえます。
郵送でくるのはアンケートくらいのもので二度くらいしか経験ないです。


自治体の規模 投稿者:まつこ  投稿日:11月21日(金)14時46分30秒

>>まつこさんのところって・・・うらやましい
>が、手帳を持っていると行政の福祉情報のお知らせが自動的に入ってきます。

うちの地域の人口は、*万人弱。
療育手帳をもつ18歳未満は、
役場の福祉担当職員が、顔と名前を覚えられるほどの人数のようです。

専門のケアマネージャーを雇う予算が無いかわりに
役場の福祉課の職員さんが支援費の申請の面談は、
家庭訪問してじっくり話を聞いてくれました。
この方がとても熱心でハートフルで若くてかわいい青年なのよ。(・_*)\ペチ
育成会の先輩たちと「異動しないでね〜お願いよ〜」と頼んでます。

だからいいの。実際使える事業所がないのは大いに不満だけど
毎年、福祉課に少年の状況の記録が残っていくんですもの。
それだけでも値打ちがある。

市町村合併はやめて欲しいと思っています。


(無題) 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日:11月23日(日)11時00分02秒

うちの小3の息子は療育手帳を持っていません。
幼児期に療育施設を1年半ほど利用していたので「そこから来た子」ということで、幼稚園では息子のために補助教員が2年間付きました。
見ていたわけではありませんが、整列とか作品作りに関わっていたようですね。
ひとつ気になったのは「手のつなぎ方」です。
つなぐというより「わしづかみ」だったのです。(運動会の写真で発見!)
多動が一番ひどかった時期だから仕方ないのですが、初めて療育施設に行って母子で手をつないで歩いていいたら、私が最初に注意されたのが「わしづかみ」だったのです。
私も気をつけることで、自然に息子から手を握ってくれるようになったので、携わる先生がそれでは息子も嫌いになるよね、、と妙に納得してしまいました。

小学校も普通級、特学、養護学校を選ぶのも親次第・・と就学相談の方に言われたし、療育手帳の有無は特に言われなかったと思います。
「後から変えられますよ」それなら普通級にして、それでも適応できなければ考えてもいいや・・なんて私も軽く考えていましたが、「こういう子」という風に認めてしまったので診断書は無いけれどそれなりに学校側も関わってくれています。

どうしても息子のためにこうして欲しい、という要望は学校側に対してはありません。
今の時期は就園や就学を考えるピークなので私も悩みました。
療育手帳の申請も考えましたが、療育施設の先生の一言でやめました。
バカヤロー、と思った・・こんな風に思った私は愚かかも知れません。

治るものではないのでしょうが、応援するしかないでしょう、そっと・・


療育手帳の件 投稿者:きらら  投稿日:11月24日(月)01時03分51秒

療育手帳の件では、皆様に 色々なご意見を頂戴し有難うございます。

そんな中で、伊豆っ子ちゃんの「療育手帳申請を考えたが、療育施設の先生の一言でやめた」という文章が ふと気になりました。んー どんな一言だったんだろう・・・


Re:療育手帳の件 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日:11月25日(火)10時40分39秒

まさに療育手帳のことをお考えの方々には、私のようなものの考えは理解しかねるかもしれません。
療育手帳の申請の話は5〜6年前のことです。

長男が2歳7ヶ月から年少さんに当たる4歳まで、療育相談室というところで週に一回お世話になっていました。
長くいると進路(療育施設に残るか幼稚園や保育園を選ぶか)も考えなくてはならないので、そのときに療育手帳のことを初めて聞きました。
私が療育手帳の申請をするにあたっては、条件として療育施設に入園しなければならなかったことが理由のひとつです。
この施設に入れば保育園や幼稚園よりも支払いが安い、療育手帳ももらえていろいろな施設に割引など優遇される・・そういう目先のことばかり並べてきたので「バカヤロー」
と思ったわけです。

市の施設だからそうかもしれませんが、見学もさせてもらっていたので「ここに入らなくてもいいのでは?」という気持ちが固まり、入れようと思う幼稚園に子供のことを相談していたので、私たち家族は葛藤の末、幼稚園を選びました。
そこだけでは「それだけの理由で?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、入る入らないは親が決めることなので、幼稚園入園に当たっては加配もつけられたし、結果としてはそう悪いものではありませんでした。

療育手帳が無いからといって今のところはデメリットは全くありません。
どこで使うんだろう、5〜6年前の話だけでは今の私には思いつきません。
小3の現在、勉強面だけで言えば、できることをがんばってやっている状態です。
水泳もやっていなければ学習塾にもいっていません。
ただ、3年後は中学生なので、中学校のほうには事前に話をするつもりでいます。

療育手帳の申請以前に、施設との確執があったので幼稚園を選び、加配もつけられたので、ことばは悪いのですが「いいとこ取り」をした、とも言えるかもしれません。
そういう家庭もあるのか・・と思っていただければ幸いです。


そうでしたか 投稿者:sara  投稿日:11月25日(火)12時31分04秒

息子が高等部2年生になり、社会に出たあとの方向が見えてくるようになりました。
そんな年になったせいか、
療育手帳の取得をすすめる方の思いが、少し想像できるようになって来ました。

多分、私も療育手帳があると、税金の控除・映画館のチケットの割引、そんな話を取っ掛かりにすると思います(多分しているでしょう)
その割引分をためておけば、いつか必要になった時に役立てるかも・・・そんな話もしているかも。

すすめるお子さんによっては(年齢など)
手帳取得をすすめる本音の部分を、言えないことの方が多いかも知れません。
「福祉的な援助があった方が、お子さんは過ごしやすい」そんな思いがあると思います。
ただ、保護者のお気持ちを考えると、どんな風にアプローチしていいのかは、悩んでの事だと思います。

私たちも、「これで割引を使えるわ」と、話す場合もあります。
本音は、もっと複雑です(特に最初の取得の場合)
「大変ね」と、相手が答えなくてもいいように、
「そうよね」とプラス方向で、答えてもらいやすように話してしまう場合も多いです。

もちろん、↑は、伊豆っ子さんやお子さんを、想定しての事ではありません。

>伊豆っ子さん
「手帳は、取りたい時が取れる時」だと思います。
今、必要だと思えないのならば、それでいいと思います。

取得をすすめた方の胸中もいろいろです。
(運が悪い人に当たったとも考えられますが)


いつも突然、現れて消えるやつ(笑) 投稿者:satomi  投稿日:11月25日(火)22時05分57秒

うちは最近5町合併で市になり町役場は支所になってしまいましたが、
それまでと何ら変わりはないくらい不便は感じずにいます。
で、支援費は手帳がなくても申請できます。
どなたかが書かれてましたが支援が必要な常態かどうかがポイント。
特別児童扶養手当と手帳は別のものと聞いたことがあります。
管轄が違うんですよね。
ただ、障害の等級によって金額が決まるので全く関係なしではないし、
手帳を持ってればみんなもらえるというものではありません(軽度はなし)。
申請するかしないかは自由意志。
その他のメリット、所得税控除とか軽自動車税免除、
保育料とか何かいろいろあるみたいですが、
うちの場合はそういった面での恩恵はないんですが、
保育所に理解してもらう材料としては威力を発揮しましたね。
加配も付けてもらってますし。
うちは近いうちに手帳のない次男の支援費の申請をする予定。
もうすでにSTさん付いてますが、、、実費ってどれくらいなんだろう・・・
実はそれまではみんな無料だったのが、支援費制度ができて所得に応じて
払わないといけない人もいるんですよねぇ(小額ですが)、
まぁそれが助け合いの社会というものなのか、、、
お兄ちゃんはそれのおかげで12月から保育所まで送り迎えしてもらって
通園施設の保育所に週一回通えることになったんですがね。
あっ、うちの自治体では手帳もってる人に月に4千円の援助があります。
就学に関しては親の希望最優先と聞いたことがあります(うちの自治体では)。


うちの場合 投稿者:まつこ  投稿日:11月26日(水)10時24分14秒

>私が療育手帳の申請をするにあたっては、
>条件として療育施設に入園しなければならなかったことが理由のひとつです。

通園施設に入るためには、
通園の必要性があるかどうか、児童相談所で発達検査を受ける必要はありました。

そのとき、「この検査結果を使って手帳も取れますよ。」ということで
同時に手続きをしましたが、通園している人の中でも
手帳はもたないままの人もたくさんいたと思います。

>手帳を持ってればみんなもらえるというものではありません(軽度はなし)。

特別児童扶養手当は、知能検査の数字よりも、
その子どもを育てるのがどれくらい大変かという視点で存在するシステムなので
中・重度の手帳は十分参考にして審査するようですし
軽度の療育手帳しかもらえない場合や
手帳がでない方の場合でも、審査に通る場合があるようですよ。

IQは高くて療育手帳は出ないけど
なんだかしょっちゅう大怪我してる子や、ついついめがねやなんかを壊してしまう子には
とても経費がかかるのですわ。


勉強不足でごめんなさい。 投稿者:satomi  投稿日:11月26日(水)12時03分58秒

すみません、うちの自治体の場合だけなのか、
勉強不足なのか分からないヤツだったりします。
うちの場合は障害の段階で決定されるようなので、
そう書いてしまいました。
長男の場合は療育相談で手帳を取ったらと言われ、
どういうメリットがあるのか全然分からないまま
周りに理解してもらうための道具と思い申請したんですよね。
決定してから、こういう援助が受けられますよと
一覧表を見せられましたが該当するものはあまりなく
持ってるメリットなんてあんまり感じずにはいますが(笑)
旅客チケットとか交通面での割り引きあると助かるんですけどね。
医療費は今のところは乳児医療で補えるのでいいのですが、、、
これも小三まで引き上げてくれないかしらと思うこのごろ。
ゲッ、3月から申請してない、、、また注意されるなぁ、、、
「ためないでね」って(^^;
確かに障害の度合いでお金がかかるかからないなんて決まるわけじゃないけど
基準がないと決めにくいというのもあると思うんですよね。
ちなみに次男の場合は手帳もなく検査も特になく聞き取りのみで
通園施設に通うことが決まりました。
お兄ちゃんが通っているからというのはあったんでしょうが、
一歳半検診の時に「お母さんが心配なのなら通わせてみればいい。
それで何でもないならないでいいんだから」って感じでしたね。
手帳を取ったからといって通わなくてはいけないってことはありません。
自治体によってこういうのって対応とか実情は
大きく異なるのかもしれませんねぇ。


うちの市の場合 投稿者:かずりん  投稿日:11月27日(木)01時03分51秒

>私が療育手帳の申請をするにあたっては、
>条件として療育施設に入園しなければならなかったことが理由のひとつです。

次男は二歳の時に児童相談所で発達検査を受け通園施設に通うことになりました。
通うことが決定してからケースワーカーさんから「今の発達の状態なら、療育手帳が取れるし特別児童扶養手当もおそらくもらえますが申請しますか?」といわれて初めて申請をしたので通園施設に通う条件として言われたわけではありません。
うちの子が通っていたのは母子通園施設でしたが、その後それぞれの状態や親の意思を考慮したうえで単独通園施設や幼稚園・保育園へ通うようになっており、全体の半数以上は幼稚園・保育園に行っています。(ちなみに私の知っている範囲内では全員手帳を持っておられました。)
手帳を持っているメリットといえば、市バス・市営地下鉄・動物園・植物園が無料(本人が子供の場合は介助者も)というのが我が家には一番のメリットですね。
次男がいない時にバスに乗ってお金を払わなければいけないときに何だか損した気分になってしまいます。(爆)

特別児童扶養手当ですが、うちの市では申請時に児童相談所に発達検査の結果をだしてもらい、療育手帳が中度の場合はその他に医師の診断書を付けることになっています。
ちなみに軽度は手帳が出ません。
手帳なしでも取れる場合も乳幼児の場合にまれにあるようですが(人づてに聞いた話なので実際にどうなのかはわかりません)、原則は手帳を持っていることが条件となっていたように思います。
自閉症の場合、得意な部分でIQを引き上げてしまい更新時に手帳を打ち切られてしまうおそれもあるので、中度の診断の出ている子供の親は更新のたびにひやひやしています。
小学生になると民間の療育施設に頼らないと療育がうけられない今の状況では、特別児童扶養手当を打ち切られると、うちみたいな貧乏人は死活問題になってきます。

以上がうちの場合ですがこのあたりはやっぱり自治体によって変わってくるのかもしれませんね。


(無題) 投稿者:pico  投稿日:11月27日(木)03時55分23秒

かずりんさんのラスト6行に当てはまります。
手帳はもらってないけど、3歳になったばかりの頃に特別児童扶養手当を申請しました。
病院で「手当てもらえますよ」と言われ、そこで申請できたのですが
さらに親切に「児童相談所では診察代がかかりませんよ」と言われ
児相の母子グループに参加していたので行きました。
するとIQはクリアして、「お母さん、手当て欲しいですか・・・?」
その頃夫が鬱病(ややアスペかも)で離婚も考え、将来の不安もあったんです。
児童相談所のリーダーは病院で働いていたこともあり、病院側と同じく
「もらえるものはもらっておきなさい」と言ってくれました。
スーパーまではいかないけど多動傾向と言われたし、
育てるのが大変といえば確かにそうだったんだと思います。
なので病院で診察してもらい申請・・。
病院では「役所に嫌味を言う人がいるかもしれない。」と言われましたが、
幸いそういう人にはあたりませんでした。
その後推測するに、児童相談所は役所側の立場で出来るだけ支出は押さえたい。
病院では子供の将来だけを考え、IQにこだわらない、ってことだったように思います。
児童相談所では遠城式でIQをクリアするので相変わらず手帳の話はありません。
田中ビネーだと軽度の手帳がもらえそうですけど。
手当ては環境を考え、先生が多い費用のかかる私立幼稚園(普通の2倍弱)に入れたので
助かっています。
おそらくボーダー〜高機能なので、次回はもらえないような気がしていますが
普通はもらえないようだし、うちは少数派ですよね。
(子供の為に手帳も何ももらわない、という書き込みを見るとドキッとします)
今までもらえただけでも、本当に有り難かったです。


子供はどう生きていくか、、 投稿者:ゆかママ  投稿日:11月27日(木)10時34分23秒

娘は去年小4ではじめて療育手帳と特別児童扶養手当をとりました。
なぜこの歳まで申請しなかったかと言うと(IQはボーダーだけどなんとかB2は取れる)、手帳に関しては経済的にはあまりメリットがないこと、自閉症ではなく知的障害でとることへの反発、手当てに関しては主人が金銭に無頓着で手当てはいらないといっていたためです。
でも、娘が不登校になりパニックもひどくなり、いろいろ勉強したり同じ自閉症の親御さんからお話を聞くうちに、両方取らなかったのは、わが子の障害を認めたくないと言う事がネックにあり、娘もいずれは私と同じように生きて行けるのではないかという考え違い
があることに気付きました。
娘が成人するまでに日常生活は親がきちんと身につけさせる、でも出来ない事は障害者へのいろいろな公的援助でフォローしてもらおう、と思い、両方の申請をしました。IQはやはり70を超えてましたが不登校を加味してもらいB2をもらいました。
やはりどんなに高機能の自閉症であって、学校はなんとか卒業できても、それからの人生の方が長いのです。成人するまでに、働くことができるまでの社会性を身につけさせるのはかなり難しいです。
療育手帳があれば、障害者枠で採用してもらい、まわりもそれなりの考慮をしてくれるということもあります。
また財産の管理も手帳があれば、後見人制度を利用できます。
また、大人になって犯罪の被害者だけではなく、加害者となることもあります。
加害者となった場合、現在の警察、検事、裁判官、そして味方であるはずの弁護士でさえ、自閉症についてまったく理解はありません。
もちろん、罪を犯したら自閉症であろうと罪を償うのは当然ですが、悪い知り合いにだまされて事件に巻き込まれたとか正当防衛などの時に手帳があれば、自閉症と言う証明になります。ただしこの場合は刑務所か精神病院かという究極の選択になりますが。
IQが高くて療育手帳がとれず、親が死んだらどうなるのかと心配している方はたくさんいます。娘も2年後は手帳がとれるかどうかもわかりません。
IQに関係なく、自閉症あるいは発達障害で手帳が取れるように親達が団結して、福祉課に働きかけるのはもちろんです。
でももし制度が変わらないまま娘が大人になったとしたら、まよわず精神障害手帳をとらせると思います。
もし、娘と同じようにボーダーで申請を迷っている方は、絶対取れる時に取っておいた方がいいと思います。
いろいろな割り引き等だけで手帳を取る、取らないを決めるのではなく、もちろん親の体裁を考えるのではなく、子供の将来をみつめるのが1番大切だと思います。


これはあるでしょうね 投稿者:ひいろ  投稿日:11月27日(木)11時19分38秒

>自閉症ではなく知的障害でとることへの反発、

ゆかママさん以外の方でも。よく聞こえてくる話です。

実はひと昔前の国の考え方は、障害者イコール身体障害者だったのだそうです。
法律も身体障害者の為の法律があって、知的障碍は法律がなかったので
身体の法律を適合していったものなのだそうです。さる職員の方に聞きました。
要するに最初から知的障碍者を想定して作られていないのです。
でも福祉という観点から「困ってる人は助けなければ」という事で
そういう発展をしていったのでしょう。
自閉に関してもそういう観点で、最近は手帳が出やすくなってるという『噂』は
よく聞きます。・・・これも自治体によって、かなり違うとは思いますが。

国が自閉症を認めたのが、つい最近の事です。
しかもそれは文科省が認めたという事であって・・・さて、問題の厚生労働省は?
現在どうなんでしょうか?詳しい方、いらしたらお教え下さい。
ここを陥落しないとみんなが切望している「自閉手帳」の立ち消えになってしまいます。

ちなみにうちの子供は「知的障碍+自閉症」のれっきとした重複障碍です。
でも手帳には、重複ナシと書かれていますが(笑)


おっ? 投稿者:ひいろ  投稿日:11月27日(木)11時40分27秒

気になって調べてきました(笑)
保護者の意見を聞いてくださってるのですね。やるじゃんっ!・・エチ*ンリョ−*風

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/07/txt/s0730-2.txt


良いきっかけになりました。 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日:11月28日(金)09時36分41秒

療育手帳取得に関して、いろいろなご意見を寄せてくださった方々、ありがとうございました。
私も意見(取らなかった理由)のひとつとして投稿したのですが、取得にあたっての背景がお子さんの症状や自治体によって、ひとからげにはできない事柄であることだと痛感しました。
5〜6年前には親の感情が先立っていたし、馬の顔の前にニンジンをぶら下げたような言い方にしか聞こえなかったのが「バカヤロー」という心の叫びになったのです。

療育手帳取得については現時点では考えていませんが、子供の様子を見て必要性を感じたときには積極的に動いてあげる気持ちになりました。

ちなみに、うちの主人が労災の障害手帳を持っていまして(10年ほど経ちます)、大人になってからの取得なので結構な金額をもらっています。
やはり、有料道路の割引や、公的機関の優遇措置に関して積極的に活用しています。
傷口を見られなければ、障害者とは誰も思いません。

心に障害を持っていても、外見からはそうと思われない方はたくさんいるようだし、それをナビゲイトする存在は必要ですね。
息子に対しての今の私はナビゲイターとは言えないかな・・
この件に関しては、この掲示板を利用してきたことで思い出されたことなので、利用していなかったらずっと思い返すことは無かったかもしれない・・そんな思いです。

掲示板過去ログ案内に戻る