2004年1月その1
今年もよろしくお願いいたします。 投稿者:ケリー。  投稿日: 1月 1日(木)00時34分22秒

これまでもずっとでしたが、去年もいろんなことがありました。
この頃ご無沙汰ばかりの私ですが、
今年はモックも中学生。進学も含めて、また皆さんにお世話になる事と思います。
本年も親子共々どうぞよろしくお願いいたします。

国内だけでなく、世界中で、助けを必要としている人たちがいます。
私たちのの可愛い子ども達も含め、
少しでも多くの人たちが、幸せになれますように。
心から願っています。


今年もよろしくお願いいたします。 投稿者:  投稿日: 1月 1日(木)07時21分41秒

昨年は最後の方にちょこっと書かせて頂いただけでしたが、M様始め皆様に色々な事を教えて頂き、ありがとうございました。
今年は就学相談の年…
たくさんの道の中から選択出来る事を忘れず、息子Yと家族で頑張りたいと思います。
今年もよろしくお願い致します。

M様
私なんぞの名前も書いて下さり、ありがとうございます!(T-T)←嬉し泣き


今年もどうぞよろしくお願いいたします 投稿者:朝倉玲  投稿日: 1月 1日(木)11時22分35秒

元日だというのに早起きさせられて眠い朝倉ですぅ〜。(^_^;)
というのも、
昇平が「今日はお正月〜!!!」と『遠足の当日の朝』状態になっていたモノですから。
大騒ぎしながら初日の出を拝み、朝食に餅とおせちを食べ
初詣にも行って、今帰ってきたところです。

あ〜、今年もこんな感じでばたばたと過ぎていくんでしょうかねぇ。
今年の目標は「もう少しのんびりと暮らす」なんですけれど・・・。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


(無題) 投稿者:ブースか  投稿日: 1月 2日(金)13時06分26秒

2004年が始まりましたねー。
今年はどんな壁が待ち受けているのか、楽しみながら、はねたり飛んだり、打ち砕いてたりしていきたいと思っています。
来年は初詣のスケジュールも用意しようと、新年始まって早々に思うのでした。


あけましておめでとうございます。 投稿者:ドエット  投稿日: 1月 2日(金)14時48分52秒


HPを拝見いたしました。充実した内容に感激しました。
皆様の活動、陰ながら応援させていただきます。


あけましておめでとうございます 投稿者:カンガー  投稿日: 1月 2日(金)19時40分10秒

箱根でお正月を迎えて、今、帰ってきました。
のんびりしてきましたが、犬が一緒だったので、少々疲れました。
今年はルーも三年生になります。
身長も伸びました。
大人としての扱いも必要になってくる頃かなあと思っています。
今年も皆様に助けていただくことが多いと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。


今年もよろしくお願いします 投稿者:てけてけの母  投稿日: 1月 3日(土)23時58分10秒

年末年始信州にスキーに行き、昨日戻りました。
実家に帰る事や年越しそば、おせち等を作るわずらわしさから逃れる為毎年そうしてます。
おかげで人より遅れている事が多い息子「てけてけ」はスキーだけは自慢出来る腕前。
恐ろしい急斜面も平気で滑るその姿に「ほかの面でもそのように積極的に・・・。」とつい思ってしまう母でございます。しかし元日そうそう急斜面でころんで上から下まですごいスピードで滑り落ち顔面ぶつけて泣いてしまい、今年最初の私のサポートはそれで怖くなったスキーを嫌がらずにまたさせるよう慰めることでした。

今年もいろいろあると思いますが、Mさまはじめ皆様この掲示板にて叱咤、激励よろしくお願い申し上げます。


私も・・今年もよろしくお願いします! 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日: 1月 4日(日)10時47分47秒

年末は長男の耳鼻科通いに振り回され、大晦日はおせち料理と年越しそばの準備まで何とかこぎつけて無事に新年を迎えることができました。
うちは主人が二日から仕事なので正月気分は元旦のみ・・
それでも元旦の午後には近所の神社へ初詣、参拝客の長蛇の列に驚きながらも家族四人で最後尾に付きました。
ここでも長男らしさが・・なぜ列に並べないのか?一応そばにはいるんだけど体二つ分はみ出していました。
一人ではOKなんだけど家族でいるとだめなんですよね、私がうるさいからかも・・

二日・三日は「箱根駅伝」がありましたね。
カンガーさんは箱根にいらしていたようですが駅伝もご覧になりましたか?
私は神奈川在住で、家から15分も歩けば駅伝を見られるのですが、いまだに見に行ったことがありません。
毎年「連れて行きたいなあ・・」と思うだけの私たち、そろそろ実行したいですね。

新年を迎えたとはいえ、特に何も考えてはいませんが、家族みんなが健康であってこそ明日がある、と思っていますので、そのサポートをこれからも続けていくだけです。

皆様がよい1年を送れますように!

 


たまにの 投稿者:たんと  投稿日: 1月 4日(日)15時11分49秒

投稿ばかりですがいつも皆さんに励ましていただき教えていただきながらこの1年も無事に・・・そして幸せに迎えることが出来ました。カンガーさんはワンちゃんで疲れたとかいてありましたが・・うらやましいですね。うちは息子だけでどっと疲れます。(笑)

  改めて

     明けましておめでとうございます。みなさんが幸せな一年を迎えられるように心からお祈りします。そして今年もどうぞよろしくお願いいたします。


遅ればせながら・・・ 投稿者:かずりん  投稿日: 1月 4日(日)17時23分17秒

明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

去年から、少年野球を始めたしょう君が3日に初練習ということで今年は一日に初詣に行った以外はどこにも行かず家でのんびりと過ごしました。

初練習の方は、グラウンドから歩いて30〜40分ぐらいの所にあるK天満宮までランニングしてお参りをした後またランニングで帰ってくるというものでした。
K天満宮まで上り坂が続くので三年生には結構厳しいものでしたが、コーチに伴走してもらって最後までがんばって走っていたようです。(ゴールしてから座り込んでしまいフラフラ状態でした。)
実は、しょう君はかなり走るのが遅くて校内のマラソンでも学年の男子の中で一番遅いという状態・・・なので今回の初練習は前日まで嫌がっていたんです。
でも、実際に走りきれたことで本人の自信にはなったような気がします。
その後は、上級生チームのお母さん達が作ってくれたトン汁やヤキソバを食べてご満悦のしょう君でした。


賀正@臥床 投稿者:  投稿日: 1月 4日(日)23時07分41秒

M@管理人の2004年の計画

<閏年>  いつもより1日多く遊ぶ。
<特別支援教育の正念場>
      支援教育の場としての通級教室での指導の充実。
      通常の教室での支援、指導の方法の模索。
<新たな学習目標>
      昨年度、
      支援というキーワードを追っているうちに、
      論理療法、認知行動療法、解決志向アプローチ等に巡り会う。
      今年度は、
      それを自分なりに消化吸収し、
      SSTや教育相談の場で生かして行きたい。
      
    と言うわけで、
    気まぐれ管理人の出没回数、ますます少なくなるかも。
    今後も相互扶助掲示板を宜しくお願いいたします。


お久しぶりです。 投稿者:ととら  投稿日: 1月 5日(月)11時22分35秒

Mさん、みなさま、あけましておめでとうございます。
ずいぶん、ご無沙汰していますが、ロムだけはしていました。

今年はリク(5才・通園施設3年目)もいよいよ保育園へと
集団生活の場を変えることになります。
就学前の1年ということもあって、いろいろな経験を通して、
ますます成長してくれることを期待しつつ、不安でいっぱいなんですけどね。

去年は妹が生まれたり、主人が単身赴任になったり、
環境が大きく変わったので、
どうなることやら・・・と心配しましたが、
妹が生まれたことは、とてもいい刺激になったようで、
ずいぶん、お兄ちゃんらしくなってくれました。
パパがいないことはなんとなくわかっているようですが、
自分も新幹線や飛行機に乗りたい!っていう気持ちの方が強いようです。

園ではすっかりお山の大将となり、のびのびと過ごしています。
(入園した頃が信じられないくらいです。)
いろんな場面で、できることを増やしてもらえたことで、
たくさん自信をつけてもらったような気がします。
やらなかった遊びなども、去年の秋くらいからは自分なりのやり方をみつけて、
ずいぶん参加するようになりました。

ここでのお話はいつもとても参考にさせていただいています。
1年1年、時がたつのは早いけれど、みなさんの子どもさんの成長の様子を感じ、
自分たちも・・・・と、いつも励まされています。
それに、困ったことがあれば、ここで相談できると思うだけでも、
とても心強いです。

今年もどうぞよろしくお願いします。


箱根・・・ 投稿者:カンガー  投稿日: 1月 5日(月)12時35分44秒

>カンガーさんは箱根にいらしていたようですが駅伝もご覧になりましたか?
>私は神奈川在住で、家から15分も歩けば駅伝を見られるのですが、いまだに見に行っ>たことがありません

見に行きたかったんです、とっても!
私が、パニック障害になって、はじめての車の旅だったので、渋滞はさけることになり、結局行きませんでした。
それでも、最大20分が限界だった車の旅が、ぐんと距離が伸びました。
説明のできない恐怖と闘うのは、久しぶりでした。
ルーの気持ちに久しぶりに、ぐっと近づいたような気がします(でもすぐ忘れちゃうんだけれど)。
私の育ったところも駅伝の選手がすぐ近くを通ります。
子どもの頃、よく旗をふって応援したものです。
懐かしいです。

>カンガーさんはワンちゃんで疲れたとかいてありましたが・・うらやましいですね。う>ちは息子だけでどっと疲れます。(笑)

たしかに娘にはまったく手がかからなくなりました。
毎年箱根には行くのですけれど、五年前はすっごく大変だった。
植物園の温室の中の噴水に入りたがって、暴れるのを、羽交い絞めにして・・・なんて感じでした。
突然、泣き喚いて暴れて、何が気に入らないのかわからなくて、こっちが泣きそうになったり。
すぐにどこかに行ってしまうので、目が離せなかったり。
疲れにいくための旅行みたいだったなあ。
毎年、植物園やトラブルのあった場所の前を通るたびに、「あの時は、ああだったね、こうだったね」と夫婦で話をします。
ルーにきいても、まったく覚えていないそうです。
ご本人様たちの書かれている本を読むと、幼いときのことを良く覚えていらっしゃる記述が多いのですが、ルーは本当に何も覚えていないみたいです。
理由を聞きたいことがたくさんあるのになあ。


東京LD親の会連絡会講演会 投稿者:けやき管理人  投稿日: 1月 6日(火)02時03分3秒

ご無沙汰しております。下記のような催事がございます。
よろしかったらお近くの方、ご参加下さい。

■ 東京LD親の会連絡会講演会教室の中の気になる子どもたち 2004/01/24 ■
------------------------------------------------------------------------

http://www.ne.jp/asahi/tokyo/ld/kouen06/

−−−−−−−−−−−−−−−−− 以下転載自由。

日 時: 2004年1月24(土) 14:00〜16:30  受付開始 13:30〜

講演会の内容

講 師 上野 一彦 東京学芸大学 副学長・日本LD学会 会長

LD(学習障害)、AD/HD(注意欠陥/多動性障害)、高機能自閉症などの児童、生
徒はどのような子どもたちなのか。学校での支援や配慮の必要性についてお話
しいただきます。

講 師 半澤 嘉博 東京都教育庁指導部主任指導主事・特別支援教育担当

2001年度から始まった学習障害モデル事業の内容、今後の東京都の特別支援教
育の取り組みと課題についてお話しいただきます。

会 場: 南大沢文化会館 主ホール
   〒192-0366 八王子市南大沢2丁目27番地
   鉄道: 京王相模原線「南大沢駅」徒歩3分
   バス: JR八王子駅 京王線聖蹟桜ヶ丘駅発「南大沢四丁目」徒歩1分

主 催: 東京LD親の会連絡会(LD児・者を支援する親の会)

後 援:東京都教育委員会 八王子市/多摩市/町田市/稲城市/日野市/立川
    市/府中市/国分寺市/国立市 各教育委員会(申請中含む)
    21東京パイロットクラブ/NPO CEセンター/東京LD教育研究会/全国
    LD親の会

資料代: 500円 (当日受付で申し受けます)

申込み方法: 電子メールで 電子メール: tokyold@mcn.ne.jp

1 氏名、2 住所、3 電話番号、メールアドレス、4 所属 を明記しお申込み
下さい。講師の先生に対してご質問のある方は、申し込みの際、併せてお知ら
せ下さい。

http://www.ne.jp/asahi/tokyo/ld/kouen06/


こんな時、どうしたら一番いいのでしょう? 投稿者:宝島  投稿日: 1月 6日(火)17時10分11秒

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

さて、お正月に親戚が集まり
みんなが居間でTVを見ていました。2階にいた娘(小3)が降りてきて、いきなり
「くさいから、この部屋に入らない!」と言い張ります。
どうやら親戚の中の一人が、ワ○ガ臭までではないのですが
ほのかに(?)においがするのが原因みたいです。まあ気になる人は、気になるが
大声で騒ぎ立てる程では無いくらいの臭いです。
結局、居間のすみっこに座ってTVをみていましたが、こんな時
どうするのが一番なのでしょう?
娘には「人に対して臭いと言うのは、失礼なことだよ」と言い聞かせましたが
あまりわかっていないようです。


私ならこうかな・・。 投稿者:  投稿日: 1月 6日(火)21時30分57秒

(1)嗅覚が鋭くても、認知ができれば 平気な場合もある。
(2)嗅覚が鋭く、  認知もできたが なお不安な場合もある。
(3)嗅覚が鋭く、  その上、認知ができなければ かなり不安かもしれない。
(4)嗅覚が鈍い為、 不安もなくやり過ごせる。

視覚や聴覚が過敏な為に、社会生活を送っていく上で大きな困難が伴うという話は
よく聞くね。嗅覚だって同じ事が言えるかも?

>まあ気になる人は、気になるが大声で騒ぎ立てる程では無いくらいの臭いです。
多くの人は(1)か(4)なのだろうけど、お子さんの場合、(3)だったって
ことではないのかな? 臭いの原因を教えてあげたとしても、やっと(2)の状態。

>居間のすみっこに座って
この方法、お嬢さん、自分で見つけたのかな。だったら、
「お母さんは気にならないけど、あなたは嫌な臭いがするんだね。そうやって自分でよい
方法をみつけたんだね。偉いね。」
と、まずは、認めてあげる。

それがあってはじめて、
>「人に対して臭いと言うのは、失礼なことだよ」
を、受け入れる素地ができてくる? こんな説明はどうでしょうか。

「人にも臭いがあります。煙草やお酒や油などの臭いがしみついている場合もあるし、お化粧や
香水の臭いがする場合もあります。
人は、“くさい”とか“いやな臭い”など否定的なことばを言われると、いやな気持ちになる
ことが多いです。だから、それらのことばは、口に出さない方が良いのです。
どうしても我慢できなかったら、『私、このにおい苦手だから。』とお母さんに言ってから、
そばを離れる方法もあります。」

この場合は、そばを離れてもO・Kの場面だと思うけど、
何らかの理由で離れるのは望ましくない場面なら、その状況で許容され,本人にも可能な何らかの
方法をより具体的に提示して安心させてあげることが必要ね。

一般的な文にするとしたら、
「自分のことをよく知ってくれている人(お母さんなど)に伝えてみる方法もあります。その場
での適切な行動について教えてもらえるかもしれません。」
かな。
  
要は、
「自分で対処する方法がわかるようになるまで、
味方になってくれる人に訴え、対処法を教えてもらえばよいのだ。」
と教えて安心させてあげるということではないかなと。


今頃、恒例の年賀状が到着 投稿者:  投稿日: 1月 6日(火)21時45分14秒



     〇
          「うっほ、うっほ。」

    ___   mm
   ε(・ ・)3( )
 ( ((nn))_( )
( ) (↓)  ( )
( )(    )   
( )( G  )   
( )( __ )   
( )( )( )   
 m (m)(m)   




日本猿の着ぐるみに入ろうと思ったら小さすぎて入れませんでした。
それで、しょうがなしにゴリラの着ぐるみに入ってみたらピッタリ。
お正月早々から不気味な格好でご挨拶となりました。

                       by トマト婆さん


講演会の内容について 投稿者:ウイリー  投稿日: 1月 7日(水)10時06分15秒

こんにちは。
初めてカキコします。
年末によがわさんのカキコを見て、岐阜から大阪まですっとんでいきました。
NHKLDフォーラムはとっても良かったです。
竹田先生、若宮先生、藤井先生のお話はもちろんのこと、
最後の金先生のお話には、涙がこぼれ落ちました。
よがわさん、とってもいい情報をありがとうございました。(お礼が遅くなってごめんなさい)

で、その続きのチラシをもらって次も是非行こうと思っていたのですが、家の都合で行けなくなりそうです。
どうしても内容が知りたいのですが、どこかでわかるところはないでしょうか。
次の講演会です。


日時  1月10日(土)1:00〜4:00
場所  西山記念会館(神戸市中央区)
テーマ 「これから始まる特別支援教育と軽度発達障害への関わり」竹田契一先生
    「LD・ADHD・高機能自閉に対して担任はどのような指導ができるか」米田和子先生主催  国際ロータリー第2680地区 新世代委員会

また、岐阜・名古屋近辺でもこのような講演会がありましたら、是非行きたいと思っています。
ご存知の方は是非教えて下さい。よろしくお願い致します。






です。





私ならこうかな・・2 投稿者:sara  投稿日: 1月 7日(水)14時04分49秒

Mさんと同じだけど・・・
感覚過敏と、会話と、二つに分けたアプローチはどうかしら?

■会話へのアプローチ
本当のことを話すことは、正しいこと。
だけど、本当のことを話すことが、正しい行動(態度)とは限らない。
正しい行動(とりあえず、会話だけを考えて)とは、容姿・自分で変えられない部分(臭いはここかしら?)など、いやな気持ちになることを話さない。
 ・この正しいは、年齢によって変えるといいかもしれない。
 ・お姉さん、お兄さん、小学○年生、こどもじゃない、大人・・・

宝島さん、親もヒヤヒヤすることと思いますが、
この時期を通りすぎると、ぐーーんと、成長しますよ〜〜

いろんな出来事楽しんでください。


特別支援教育の勉強会 投稿者:紅茶キノコ  投稿日: 1月 7日(水)14時08分47秒

あけましておめでとうございます。
時々このHPを覗かせていただいております。

自閉症協会東京都支部で、おやじの会主催の勉強会が
あります。どなたでも参加できますので、よろしければご参加ください。

*************************************************************************
自閉症協会東京都支部おやじの会主催「おとうさんのための勉強会」第4弾!
特別支援教育について(パート2)

 12月25日に東京都から特別支援教育のあり方について最終答申が発表されます。また、八王子市において来年度から東京都のモデル地域として特別支援教育が段階的にスタートするという情報も入ってきております。
 平成16年最初の勉強会は前回にひき続きこの「特別支援教育」をテーマとします。

○東京都の最終報告と今後の展開について
 高橋 浩平 先生 障害を持つ子どものグループ連絡会事務局
  (心身障害児学級担任)
  *自閉症のお子さんを持つお父さんでもあります。
○八王子の特別支援教育東京都モデル事業適用について
 新行内 敏弘 日本自閉症協会東京都支部幹事(八王子在住)

※今回は後半約1時間で参加者全員による意見交換・討論を行います。

■日時:2004年1月16日(金)19時〜21時
■場所:新宿消費生活センター(新宿区高田馬場4−10−2)
■参加費:東京都支部会員無料、非会員500円
■申込み:参加ご希望の方は事前に必ず申込み願います。  
■問合せ・申込み先:杉山Eメール mas_sugiy@yahoo.co.jp
          携帯電話 090−1792−6036


http://www.autism.jp/


遅すぎるご挨拶 投稿者:空音  投稿日: 1月10日(土)22時01分10秒

Mさん、みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もたまにお邪魔させていただけたら嬉しいです。
そういえば随分久しぶりですね。
はじめましてのかた、σ(^_^)5歳と1歳の子どもがいるアスペルガー主婦です。

嗅覚過敏は私もありますが、具体的に臭い時に「くさい」と言えなかった状況って
あんまり覚えてないです(汗)
幼い頃はひたすら匂いに耐えて気持ち悪くなって吐いちゃう子だったので・・・。
いつ頃だったかなあ・・・人に臭いと言えるときと言えない時があると知ったのは。
小学校5、6年くらいかもしれません。中学の時は知ってたんで。
(母親から教えられたか、マナーの本で学んだんだと思います、うろ覚え)

何が臭いのかにもよりますよね、、、言っていいかどうかってのは。
おなら、体臭、香水、化粧品、たばこ、これらは言えないですよね多分(正しいのか私にはわかりません)
でもたばこは最近は言ってもオッケーじゃないかと思ってますけど。
香水もこの香りは苦手なのーって言えるし、おならは堂々と臭いぞって怒ってもええかも(爆)
それと酔っぱらいの酒臭さも嫌だって言ってもいいと思うー。

絶対ダメなのは体臭ですよね。これは絶対言えない・・・相手の人が気にしている時が多いから。
それと海外では体臭はあって当たり前って事もあるし、これだけは言わないで逃げるしかないかなと。

私は家でダンナが納豆やキムチなどを食べると文句を言いますが
ダンナがおならをしても文句は言いません。
防ぎようのあるものは協力して欲しいと思うけど(私の目の前で食べないならオッケーなんですよ)
防ぎようのないものは仕方ないってわかっていますからね。

いつか「危険探知能力(腐った食べ物、ガスなど)」として活かせるといいかも・・・です。
独身時代も私は母から頼まれて冷蔵庫の食べ物の腐敗度探知機してました(笑)

http://motom.pinky.ne.jp/


うちの子は・・ 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日: 1月12日(月)12時49分51秒

うちの長男は、においに対してすごく鈍感です。
その代わり、視覚と聴覚にとても敏感で恐怖を打ち消そうと耳を塞いだり声を上げたりと、必死になっている姿にため息が出ます。

うちの場合は言葉でなく行動で訴える・・といった感じです。
年齢が上がるとともに落ち着いてはきているし、ごく限られた音や状況なので、1メートル以内ではだめだけど3メートル離れれば大丈夫、といった自分の中の許容範囲を持っているので、できるだけこちらから声を掛けるようにしています。

今は冬なのでくさいからといって窓やドアを開け放つことができないので、限られた時期のお悩みかもしれませんね。

私が子供の頃友達に「腕に『とりのふん』てかいて、こすってからにおいをかいでみて」と言われたのでやってみると確かにそれらしきにおいがし、騒ぐと大笑いされた記憶があります。
誰もがにおいを放っていることを理解してもらえると、対応の仕方が変わってくるんでしょうね。
数十年前よりも家の機密性が高いこともあり、より過敏になってしまうのでしょう。

ちなみに、長男の手は、いつも唾のにおいがします。
私が気になって手を洗わせたりしますが、本人は気になりません。
クラスメートは不快じゃないのかな・・気になります。


におい 投稿者:まつこ  投稿日: 1月14日(水)09時11分9秒

年末の交流担との個人懇談で話題になりました。

少年の場合は聴覚が一番本人に意識されているから
うるさい場への反応が一番はっきりしているけれども
視覚や触覚や寒暖の情報も一緒に処理するのはやっぱり一般的な状態より負荷が大きいだろうと思う、
言葉で表現するのが上手な子には「8人以上いる部屋はくさくて居られない」ということもあるそうです、と話すと、先生から

クラスには墨汁のにおいがダメで気分が悪くなる子がいること
体育の後、教室がムンムンすると
「先生、空気悪いわ、窓開けよ〜!!」って、必ず窓を全開にする子もいると。

程度の軽い特徴をひとつふたつもっている子は、全然特別じゃなくて存在しているんだ、と。
少年がみんなと一緒に居るときに抱えるしんどさについて、
ほかの子たちにわかりやすく説明するには……

先生と一緒に考えた個人懇談でした。


ワキガだから言えば角が立つってのも 投稿者:まつこ  投稿日: 1月14日(水)09時29分35秒

かなりレベルの高い判断が必要なことだなぁ、と。


>結局、居間のすみっこに座ってTVをみていましたが、こんな時
>どうするのが一番なのでしょう?

上手に折り合いをつけたんですね。
一瞬とても強く気になるにおいでも、「TVが見たい」ことの方に気持ちが向いて
だんだん気にならなくなることがあると本人にもわかると

次に同じような場面で
「ちょっと我慢してそこに居る」か「その場を離れる」か自分で選べるようになるかもしれないです。

どちらにしても
「くさい」と言う事自体が悪いのではないし
もちろん「くさい」と感じるのが悪いのでもないし

とりあえず、うちの場合は、<いやな感じ>はその場でみんなにではなくて
その場にいるサポーター(自宅なら母、学校なら担任)にそっと相談するように提案しています。
(このごろ「指示する」と気分を害することがある思春期君なので)


匂いに敏感 投稿者:はれ  投稿日: 1月16日(金)21時16分52秒

我が家の娘、5歳(PDDとADHDを併せ持っています)も、敏感な方です。
匂いの理由や原因がわかると落ちつきますが、耐えられないときは何度も声に出して言ってしまうので、好きな匂いを持たせています。

わたしと一緒の時は、香りビーズなどですが、幼稚園には香りつきティッシュを持っていっています。
また、ハンカチや衣類、手提げバックを大好きなソフターの香りで香りつけてあげています。
幼稚園で嫌なにおいに出会ったら、洋服や、ティッシュの匂いを嗅いだりして避けているようです。
手提げバックを抱きかかえると、良いらしいです(笑)


退院しました 投稿者:腐乱検死体@プー  投稿日: 1月16日(金)22時18分18秒

既にご存知の方は流して下さい。

他のサイトからの情報ですが、NHKの福祉ネットワークでアスペルガー
の特集があります。(1/21と1/28、再放送は翌週)
Mさんもよくご存知の服巻先生がご出演です。

http://www.nhk.or.jp/fnet/calendar/401.html


障害児への支援セミナー 投稿者:岡島  投稿日: 1月18日(日)22時07分38秒

テーマ「応用行動分析による障害児への支援」

講師:谷 晋二 (発達研究所アトム 大阪人間科学大学 心身障害博士 専門行動療法士)
<講義内容>
障害を持つ子どもたちへの支援のあり方を、行動分析の立場からお話します。親として、教師として、保育者として、知っておくべきこと、ちょっとしたテクニックなどを分かりやすくお話します。実際の例を紹介しながら、どんなテクニックを使ったかご紹介します。

<日時>2004年2月1日(日)午後2時〜午後4時(受付は1時20分から)

<場所 >アミティ舞洲 研修室1(大阪)

*託児施設あり・・・「アミティ舞洲」内にて1時20分より託児施設を設置します。

<参加費>¥2500

<申し込み方法>お名前(ふりがな) 電話番号又ファクス番号を御記入のうえ
112051@std.ohs.ac.jpまでご連絡ください。

定員になり次第締めきらせて頂きます。

問い合わせは112051@std.ohs.ac.jp(岡島)までお願いします。


おっ 投稿者:腐乱検死体@福岡  投稿日: 1月18日(日)22時38分55秒

谷先生のお名前を久々に拝見しました。
一度だけ、以前住んでいた(ボロ)アパート迄来て頂いて
ご指導を賜ったことがあり、その後の息子への指導の指針
となりました。
大阪へ行くことがあれば、また是非お会いしたいと思っています。


臭いについて 投稿者:宝島  投稿日: 1月18日(日)23時56分26秒

みなさん、アドバイスを本当にありがとうございました。

>自分で対処する方法がわかるようになるまで、
>味方になってくれる人に訴え、対処法を教えてもらえばよいのだ

M様、具体的なアドバイスありがとうございます。

>宝島さん、親もヒヤヒヤすることと思いますが、
>この時期を通りすぎると、ぐーーんと、成長しますよ〜〜
Saraさま、そんな成長する時期が来るのでしょうか?毎日、ヒヤヒヤの連続です。

空音さま、伊豆っ子さま、まつこさま、はれさま
「臭い、臭い」と大きな声で叫ばれると、どうしていいかと途方に暮れます。
相手が親戚のご年配だったりすると
「何、わがままいってるの〜。○○ちゃんは敏感だね〜」と半分嫌味で反論(?)されます。
>かなりレベルの高い判断が必要なことだなぁ、と。
本当にそうです。
とにかく娘には
「臭い!と思ったら小さい声でお母さんにいってね。」と約束させました。

小5にお兄ちゃんがいます。先日、彼の友人が遊びに来たときの会話で
「クラスの〜君は、臭い。でも、そのことを言うと担任の先生に怒られる。
 そんなことを言うものでは無い!と言われる。だけどみんな、その子が臭くて
 嫌がってる。」   高度な判断が必要ですね。この場合、なぜ、その子が臭うのか
疑問です。(風呂嫌いらしいとのウワサもあり)

昨日、娘と食事にいきました。バイキング形式でした。
おいしそうだ、と彼女が判断したおかずを取ってきて、食べたらいきなり
「これ不味い!不味い!」
周りがちらっと私たちを見ます。ひえ〜どうしよう。小さい子供なら許された
言動も、年齢を重ねると許されなくなります。で、アドバイスを思い出し
「小さな声で言ってね、お母さんにそっとお話してね」といいました。
そしたら
「この杏仁豆腐ね、いつものお店とちがう味、おいしくない」と・・・。
(確かにあまり美味しくなかった)
そのときは、食べなくて残しておいてもいいんだよ、とも言っておきました。

連れ歩くとヒヤヒヤする場面も多いけれど、その場面を経験していかなければ
やっぱり前進できない訳で・・・。
とにかく「味や臭いで困ったら、お母さんか先生に小さな声で相談しましょう」と
しました。

大人でも、食事をしていて
「これマズ〜イ。」と平気で言う人っていますよね。
自分は、美味しいと思って食べてるのに・・。自分の味覚を否定された気になります。


同感です 投稿者:まつこ  投稿日: 1月19日(月)10時31分43秒

>連れ歩くとヒヤヒヤする場面も多いけれど、その場面を経験していかなければ
>やっぱり前進できない訳で・・・。

本当にそのとおりだと思います。

>この杏仁豆腐ね、いつものお店とちがう味、おいしくない

メニューの品名や見た目はそっくりでも味は違う場合があると知ったんですね。
そのことをとても上手にお母さんに伝えているなぁ、と感心しました。
それに「いつものお店の杏仁豆腐」は好きなんですね。

<これは私が好きな味>と自覚していることはとても素敵なことだと思います。

旅のグルメ番組を見ていると
レポーターがいろんなコメントをしますね。

「上品な味」=味が薄い?
「歯ごたえがある」=かたい?
「今までたべたことのない味」=まずい?口にあわない?
などと、変換して面白がっています。


敏感ゆえに・・ 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日: 1月19日(月)12時25分27秒

以前書きましたが、うちは宝島さまのお子さんのようににおいや味覚ではなく、限られた音に対して敏感なので、やはり家族以外の中で苦手な音が聞こえたときは、どう対応したらよいものか困ることはあります。
私の出身地「伊豆」を走るローカル線には子供連れでは一生乗ることは無いでしょう・・
2歳のときに、すでに怖がっていたのに乗せてしまった私が悪かった・・彼にはあの電車の揺れと騒音、そして各駅でけたたましくなるブザー音は恐怖の一言だったと思います。
怯える長男と、その姿を見て驚く次男の姿、狭い車内で乗客の視線が私達母子だけに向けられたときはさすがに泣きたくなりました。
その後は主人の運転する車でのみの移動なので、故郷へ帰る回数はめっきり減りました。
彼はとても電車が好きなのですが、「〇〇鉄道」だけはNGです。
克服して欲しいとも思いません・・あれは人にやさしくない、そう思うようにしています。

においであったり、場所であったり、音であったりと嫌なものは嫌、なんですよね。
小さいうちは苦手な理由を代弁できるけど、大きくなるにつれてそうも行かない場面はうちも多くなってきています。
幸い学校にはそういうものが無いので良いのですが、音に対する本人の対処法としては今のところ耳を塞いで通り過ぎる、しかありません。
とどまるのはとても無理、です。

苦手な音のする場面にはとても敏感なのに、においやにおいの元となるものに対してはとても鈍感な息子・・「おえっ」とするのはにおいやにおいの元となるものではなく、「聴覚と視覚的な恐怖」というのも親としては見るのもつらいです。
人間て、ややこしい・・でも私が彼の母親で良かった、と思います。


言葉たらずだったかしら 投稿者:まつこ  投稿日: 1月19日(月)12時39分9秒

>においであったり、場所であったり、音であったりと嫌なものは嫌

こっちも同感です。
うちでも、感覚の不快の程度は本人にしかわからない部分があるので
大きな混乱を引き起こすと明らかにわかっている場面は極力避けてきました。

成長過程の中では、いろんな場面で混乱が多い時期と
比較的安定している時期とがあるので
安定期は経験を広げるチャンスと考えています。

何が好きで何が苦手か周囲の支援者も本人も知っていることが
「どうしても辛い」ものを避けるためには必要ですからね。
克服するために体験するのではなく。
それが生活の安定や安心の元になるので。


みなさん、うらやまし〜 投稿者:ネコまま  投稿日: 1月19日(月)16時39分59秒

うちの子は、いろんな音が駄目でした。

小さい2,3歳の時は、認識すら出来ていなかったのでしょう。
4,5歳から泣き始め、大騒ぎをし始めました。

オートバイ、車、笛、赤ちゃんの声、怒鳴り声、カセットデッキの音、クラシック、食器の音・・・一緒に生活できない!!と彼のパニックに泣いていた毎日でした。
もっとも、音だけではありませんでした。感覚にも目覚め、服が着れなくなったのです。

地元のTEACCHIの先生には、「嫌なものから遠ざけて」と言われましたが、耳に触られるのも嫌な息子は、ヘッドホンにもパニック。

そこで出会ったのが「精神科医の子育て論」という本でした。
嫌なものにも慣れさせる。乱暴なやり方ではいけないが、少しずつ励ましながら、そのものの本質(オートバイとはどんなものか教える。食器を洗わせ、そのものがどんなものか教える。)を体験を通して教えることで、平気になっていきました。
今では、自転車で国道を走り買い物に行き、料理をし、食器を洗い、恐れていた掃除機で掃除をし、泣き喚いていたバスや電車にも乗っています。
バスの中で喚いた時は、降りて、雨の中3時間かけて歩きました。バスのありがたみが分かったようで、泣き喚かなくなり、そうして今では楽しんで乗っています。

アウシュビッツでも、人は慣れたと聞きます。
私達は恵まれすぎている。人ってもっとタフではないでしょうか。

息子は、慣れさせないと、生きていけなかった。
それだけ大変だったけど、親の覚悟が出来たので、結果、今、色々な事が平気になっている息子は幸せだと思います。
慣れないものもあるかもしれないけれど、慣れる機会だけは失わないで欲しいと、息子を見ていて思います。


新刊の紹介 投稿者:編集部  投稿日: 1月19日(月)18時52分46秒

ここの場を借りて宣伝失礼させて頂きます。

大橋弘枝の自伝本が1月23日発売!予約中!
本のタイトル:「もう声なんかいらないと思った」
値段:1300円/四六判・並製・224頁 
出版社:出窓社 URL:http://www.demadosha.co.jp/index.html  

■作品内容
第7回読売演劇大賞・優秀女優賞を受賞するなど、女優・ダンサーとして活躍す
る著者の感動の青春記!

「聞こえない世界」に生まれ、血のにじむような努力の末、習得した言葉と口話。
「聞こえる世界」との狭間で、もがき苦しんだ少女時代。自暴自棄と虚無の時間
の中、自分の喉をつぶしてしまおうとまで考えた著者が、表現者として生きる道
を発見するまでの心の軌跡。読んだ後、勇気と希望が湧いてくる感動の書。


【著者紹介】女優、サインボーカル・ダンサー
 1971年生まれ。先天性聴力障害のため、生まれつき耳が聞こえないが、両親の献
身的教育により口話を習得する。私立作新学院を卒業後、手話演劇やダンス、自主
映画制作を始める。1997年に制作した『姉妹』で「サイト映像展」入選。
 1999年俳優座劇場プロデュースの「小さき神のつくりし子ら」の主役・サラ役に
一般公募で選ばれ主演、第7回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。その後、渡米して
演劇やダンスの勉強をする傍ら、手話ソング&ダンスのユニット「ソウル・レイン
ボー」を結成。2002年、初制作のミュージック・ビデオが、アメリカの「メディア・
アクセス・アワード賞」で第2位を受賞。
 現在、女優、手話ソング&ダンス、ダンスの講師として活躍中。

大橋弘枝のWebside:http://www.ne.jp/asahi/hiroe/home/


諦めることも大事・・かな? 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日: 1月20日(火)11時02分56秒

まつこさま、ネコままさま、ありがとうございます。
昨日投稿した「伊豆のローカル線」の話は、今後よほどのことが無い限り乗ることは無いので、似たような場面に出くわしたときには、本人に確認してみるか、極力避けて別ルートでも可能であれば高くついてもその方法で行きたいと思っています。

うちのお隣で犬を飼っているのですが、これがまたよく吠えまして、我が家の悩みでもあります。
我が家は同じ敷地に主人の父の家、弟夫婦の家が建っていまして、うちの子たち(9歳・4歳)と、弟のところの5歳の幼児にめちゃくちゃ吠えるんです。
舅はあまりにも吠えると、留守をいいことに小石をぶつけるそうです・・孫の前ではやらないで!
元々はそこのお子さんたちが思春期になり、命の大切さを教えるために飼いだしたようですが、お子さんたちも20歳前後になり、ご夫婦も共働きとあって、ほとんど相手をできないようなのです。
長男は耳を塞ぎ「うわ〜っ」と叫びながら通り過ぎるか、裏口から出て遠回りするしかありません。
これは本人が「そうするしかない」と思ってやっていることです。
5歳・4歳の幼児は、なかなか一人では通り過ぎることができません・・はあ〜

幼児はともかく、長男には近所迷惑でも叫んで気が済むのであれば仕方がないです。
とても気さくで評判のよいご夫婦ですが、そこのうちでも悩みのようですね。

自分が求めていないところに恐怖のほうから飛び込んでくることもあるんですよね。
息子の感じる恐怖感のほとんどは外で体験するもの(こと)です。
慣れることも必要ですが、普段の生活にはほとんど関係の無いことだけに慣れる機会も乏しいのが現状です。
無理をせず、急がば回れ、ぐらいの気持ちでいるようにしています。


はじめまして。 投稿者:クロ  投稿日: 1月20日(火)20時13分13秒

タイムリーな話が出ていましたので、初めて書き込みさせていただきます。(読むだけの訪問はしょっちゅうですが。いまは過去ログのMさんの孤独な日々を読ませてもらってます。)
我が子はもうじき7才ですが、聞く方が3,4才(ちょっとよく言いすぎかな)で、話す方は1歳児って所です。単語だけはたっくさん知ってるので、本当に成長のアンバランスさを大きく感じます。
さて、今問題になっている(?)

>においであったり、場所であったり、音であったりと嫌なものは嫌

というところですが、今度の4月に普通学級(しかない学校)に入学します。特定の建物と音が恐怖の元です。つまり学校です。無理強いしてはまたいやという気持ちが強くなるし、どうしても避けて通れないと言うところが今の悩みの種です。まあ、やってみないと分からないし、今までのことは何だったの?となる可能性も高いので、つまりどうなるか分かりませんが、とにかくやってしまおうって所です。成長を信じて・・・


うちも… 投稿者:  投稿日: 1月21日(水)11時13分20秒

うちの息子Y(現在年中、自閉傾向、精神発達遅滞があります)もにおいは鈍感ですが、音には敏感です。家の中だと、電子レンジの音(オートストップで自動に止まった時の音)が苦手で、鳴るとパニックになり電子レンジの色々なボタンを押し捲ったり、最近は石油ファンヒーターの運転ボタンを押して、点火しなかった時になる音に反応しパニックになります。特にファンヒーターは点火しなかったら…という不安もあるらしく、ボタンを押す前から「つく?つく?」と何度も聞いたりしてきます。(「つかないかも…」と言っただけでパニックです)
先日はファンヒーターの調子が悪く、30分くらいチャレンジしてもつかなかったので、その間ずっとYはパニックで泣き叫んでいました。機械を冷やす為に窓を開けたりもしたので、Yの泣き声がご近所にも聞こえていたと思います。うまく点火した時はYも嬉しそうに笑い、私も点火した安堵感から嬉し泣きをしてしまいました。
(「よく頑張ったねー」と言いながらYを抱きしめ、泣いてました! 笑)
ファンヒーターの音も「いつか慣れるだろう」という甘い(?)期待を持ち、そのファンヒーターを使い続けている状態です。しかし、Yにとってはかなり辛い事なのでしょうね。
パニックを避けながらも、苦手な音を克服する良い方法があれば嬉しいのですが…

あと、Yは2歳頃から民放テレビが苦手で(笑い声のあるバラエティやトーク番組が特に苦手)、民放の番組になってるとテレビを切られたりしていたので私も面倒になり、Yがいる時は自分の好きな番組を見ないようにしていたら、私がテレビをつけるとYが怒り出す状態になってしまいました。パパはYがどんなにパニックになっても「パパはテレビを見るんだ!」という姿勢を貫いた為、今現在はパパがテレビを自由につけても何もしないのですが(嫌な番組は耳を塞いでいます)、私がテレビをつけるとYの好きなビデオに変えるまで暴れたりします。これもYのこだわりの強さ(ママはテレビをつけないというパターンとでも言うのでしょうか)からくるものでしょうね。
電子レンジやファンヒーター等、生活に欠かせない物とは違って、テレビは見なければそれで済んでしまう物ではありますが、私が好きな番組を自由に見られない常態が、この先もずっと続くのかと不安になったりもします。
正直、どうしたら良いものか考えてしまいます…


音、最近のこと 投稿者:こよみ  投稿日: 1月21日(水)14時15分31秒

月雄(小4自閉症)も聞こえるもの、見えるものに敏感ですね。
つい数ヶ月前まで「大丈夫だよ」と励ましながらも内心不満の私でした。
今は、つらいとき、伝えてくれたときは、よかったな、と思います。
最近では、電車に乗車中、反対方向の電車のすれちがい通過にどきどきするので、
自分から「耳栓をつける」と言い、通過時には小さい声で「んー」といいながら耳を塞ぎます。
私は路線図を見せて「次の反対方向の電車のすれちがいは○○駅あたり、終点まであと何回」と予想を提供。
こわいのに、電車の形の美しさに魅了されて、乗りたいんですね。
小さいときは泣き震えて拒否でしたので、乗れる日が来るとは思いませんでした。
乗れても、また乗れなくなったりしました。平気ではないけど、わずかなきっかけをつかもうと
してるのかなと思うときもありますし、もう避けたほうがいいと思うときもありました。
そう思うのはたいていあとで。どうしてなの?などの、思いがいっぱいで、
月雄はどうかしらと、冷静に思えなかったです。
この前のクリスマスにクッキーを一緒に焼いたときなんですが、電子レンジのファンが途中から
鳴り出すのではないか、と思ったらしく、隣の部屋に移り、ときどき顔をだしては
できたクッキーがなくなりました。ところが多めにつくったので焼くのに時間がかかり、
ついに外へでてしまいました。そして、少しして帰ってきたとき、なぜかクラスの女の子が一緒でしたが、
「音がするので外に行ってました。」と言ってくれました。


海外(上海)で子育て、経験者の方 お力を・・・ 投稿者:しのちゃん  投稿日: 1月21日(水)15時30分45秒

・・・すみません、お話中申し訳ありません。
しのちゃんといいます。

海外(上海)に転勤になるようで、ちょっと困っています。
パスポートも持っていない私なので・・・、まったくちんぷんかんぷん・・・

日本人学校へうちの子供は受け入れてもらえるのか・・・
どう動いたらいいのか、ちょっと考えています。

経験のある方、詳しい方 よろしくおねがいいたします。
(突然、自分の話題を持ち出してすみません)


中国の事情はわからないのですが 投稿者:ちびくまママ  投稿日: 1月21日(水)20時14分58秒

障碍のある子を連れての海外赴任の不安はよくわかります。

ちょっと調べてみたら、上海に住む外国人のボランティア団体に
自閉症・LD・ADHDなどのお子さんを持つ保護者のグループ活動があるようです。
日本人のスタッフの方もおられるようですので、一度お問い合わせに
なってみてもいいのでは。

下にリンクしておきますね。

http://homepage.mac.com/taitainet/shfoh.html

掲示板過去ログ案内に戻る