2004年2月その2
特学について 投稿者:えつ  投稿日: 2月16日(月)09時19分50秒

今年年長になる息子がいます。
昨年10月に広汎性発達障害と診断をうけました。
特学について質問があります。
私の住んでいる近くの小学校には、知的障害時学級がありますが、情緒障害児学級がありません。特学に通っている生徒は3人で、自閉症の子供も含まれています。
情緒障害児学級と、知的障害児学級では、カリキュラムで違いなどあるのでしょうか。
息子に他人とのかかわりあい方を中心に学んでいって欲しいと思っている場合は、教育委員会の人に、ぜひ情緒障害児学級を作って欲しいとお願いしたほうがよいのでしょうか。


先生の数が違う 投稿者:こくっぱの母  投稿日: 2月16日(月)22時13分58秒

>情緒障害児学級と、知的障害児学級では、カリキュラムで違いなどあるのでしょうか。

それぞれの子どもにあわせた「個別のカリキュラム」を組む事になっていますので、
同じクラスだから一斉に同じ授業を受けるという訳ではありません。
ただ先生が1人だと、どうしても同じ授業になりがちだと思います。
知的障害がないのであれば(厳密ではありませんけど)、「情緒」の申請ができます。
そうすると2クラスになるので、先生が新たにもう1人配置されます。
教室も2部屋になります。
当然、子どもに対する手厚さが違います。
ただ、2月に申請して間に合うかどうかわかりません。
あと、空き部屋が無いと新たに教室を作る必要もあります。
うちの場合は、今年度「知的」が4名、「情緒」が2名の構成でしたが、
来年度もまったく同じメンバーで「知的」「情緒」「肢体不自由」、
それぞれ2名ずつの構成で申請し、ほぼそうなると聞いています。
つまり今年がダメでも、来年新たに申請できるという事です。
やるだけやってみたらいかがでしょか?


えつさんへ 投稿者:かずりん  投稿日: 2月16日(月)23時41分53秒

自治体によっても違うのかもしれませんが、うちの市の場合は知的と情緒を合わせて三人までは一クラスで担任も一人、四人になると知的と情緒のクラスを分けて担任がそれぞれのクラスに一人ずつという形になります。
ただ、実際は教室を分けずに一つの教室で担任二人が全体を見る形がうちの市では多いようです。

うちの次男は知的障害を伴う自閉症ですが、教育相談で出た判定結果は「情緒育成」(情緒障害児学級)でした。
うちの市では、知的障害の有無にかかわらず自閉症=情緒育成になっているようです。
入学した時は知的二人と情緒二人で担任が二人でしたが、うちの子だけが他の子達と学年が離れていたため担任一人がうちの次男専属でついていただいていました。
今は合わせて三人なので担任は一人です。

カリキュラムは一人一人の学習の進み具合が違いますしうちの学校の場合交流が多く毎時間誰かが交流に行ってるということが多いこともあって、科目は同じでもやってる内容はバラバラで先生が順番に見ていってる感じです。
唯一、生活単元だけはみんな一緒の内容を勉強しています。
担任の数が変わっても授業自体は変化がありませんでした。

ただ、やっぱり二人のほうが手厚いですね。
それに高学年がクラスにいると就学旅行などの宿泊を伴うものにその子が参加すると当然担任はそちらについていくことになります。
担任が二人だと残りの一人が学校に残ることになり安心ですが、一人の場合はその間学校に残っている子供をどうするかが悩みの種になることもあると思います。
うちの次男のクラスも六年と五年がそれぞれ別の時期に宿泊がありましたが、担任は交流級の担任やTTの先生にプリントをどっさり渡して行ったようです。
対応の仕方も伝えて行ったようですが、それでもその日は次男はTTの先生とあまり面識がなかったせいかかなり疲れて帰ってきていました。
こういうことがあると、やっぱり担任は二人ほしいよな〜と思ってしまいます。
4月からは二人入学で担任が二人になると聞いたのでうれしいです。

えつさんの近くの学校も三人で自閉症の方が含まれているということなら、クラスを分けるのに人数などの決まりがあるのかなど詳しく聞いてみられるといいかもしれません。


要は 投稿者:まつこ  投稿日: 2月17日(火)10時19分47秒

えつさん自身が
>息子に他人とのかかわりあい方を中心に学んでいって欲しいと思っている

それをどんな場でどんな風に行うかってことだと思います。

今年度は知的障害児学級に3名在籍だとしても、
そのお子さんたちの保護者がどう考えているのか
また
えつさんのお子さんと同学年にほかに何人、どんなお子さんがいて
その保護者がどんな希望を持っているのか
一般の保護者につかみきることは難しいですから

とにかくえつさんがお子さんの小学校生活がどんな感じだったらいいな〜と考えているか
イメージをしっかりもって、学校や教育委員会に相談してみたらどうでしょうか。

せっかく「広汎性発達障害」と診断していただいたのですから
診断した専門家とはずっと連絡を取ってバックアップしていただけるように
関係をつくっておくとなにかと安心な部分もあります。

うちの学校では知的2名肢体1名情緒1名で3クラス担任3人介助1でマンツーマンですので
原則入れ替わり立ち代りの指導はありません。
すべての子どもが別々の課題をもって学んでいます。
全員の状態がまったく違うので花壇の手入れなど
障級では年に数回合同で活動するほかは、
それぞれの学年の学習活動に介助つきで参加しています。

だから、学校に「障害児学級」があるというよりは
6年には「情緒障害児学級」がある
1年と2年には「知的障害児学級」があってそれは複式……みたいな感じです。


早く診断を受けたいです 投稿者:ぽっぽ  投稿日: 2月18日(水)10時59分48秒

昨日はちびねこが、幼稚園で何度も泣いたらしいです。
最近幼稚園では情緒不安定のようです。
出来ないこと、わからないこと、みんなについてゆけないことが
どんどん増えてきたせいかと心配しています。

先生が教えてくださったんですけども…
最近みんなと一斉行動がちゃんと出来ないときに、先生は
「そんなことしてたらダメだよ。そんなことしてると○○だよ。」
○○には罰的な内容、例えば「幼稚園にお泊り」などおっしゃって
いるようです。幸いちびねこのクラスには助手の先生がいらっしゃる
ので、担任か助手の先生が隣に座っていると、安心して「わからない。」
ことを先生に伝えたりしているようです。
製作のときも、ぼ〜っとしているので「どうしたの?」と聞くと、
「わからない。出来ない。」と言うそうです。
(この、ぼ〜っとしている様子を先生が真似してくれるんですが、
 あまりにもうまくて笑えてしまい、それがまた切ない思いです。)
「自由にお外遊びをするのが大好きみたいです。」そうなんです。
一人で遊べる時間が、いちばんのびのびしているんです。

抽象的な指示や集団への指示が通りにくいこと、「ダメ。」だけでは
わからないので「こうしなさい。」と言って欲しいことなど言いました。
何度か言ってるんですけど、集団の中での扱いは難しいんでしょうね。
「文科省の特別支援」の資料も渡し、目を通して下さったようなんですが、
「お母さん大丈夫! ちびねこちゃんは障害なんかじゃありませんよ!」
と言われてしまいました。あらららって肩スカシをくらったような…。
危惧していたように、気にし過ぎって思われているのでしょう。
資料にはあてはまる点ばかりなのに、ちびねこが該当するとは
考えてもらえないのでしょうか。
軽度発達障害は、あまり知られていないですし。
私もちびねこがそうじゃなければ全く知らなかっただろうし。

「やれば出来る!頑張って!!」と先生に励まされて、
実はプレッシャーで固まっているちびねこの姿を見ると、
何をどうしたらいいのか、わからなくなってきました。
(先生も「ちびねこちゃんは、”頑張って”を言われると身構えて
 しまいますね。」とわかって下さっているようなのですが。)

ボーダーゾーンなんだろうなあとは思っていますが、
もし医療機関での診断のときに奇跡的にきちんと出来てしまって、
診断がつかなかったらどうしよう?といらぬ心配をしてしまいます。
診断名がない今は、なんだか宙ぶらりんな気持ちです。
担任の先生には、きちんと理解して対応して欲しいと思うし、
そのためにも、診断を受けることって大切なんだと実感しました。

来週は、4月の医療機関での診断に向けて、現況を先生に教えて
いただくことになっているので、今度はHFPDDの資料を持って
行きたいと思います。NETで見つけた、新潟市自閉症親の会発行の
資料がすごくわかりやすそうなので、プリントアウトしました。

家でも、ビデオにあわせて同じタイミングで行動したいのに、
それが叶わないと、「遅れちゃった〜!うぇ〜ん!」と泣く泣く。
これの頻度が上がり、私も応じきれず、リモコンの操作を教え
込みました。ちょっと前はダメだったのに、今回はすんなり上達。
人を巻き込まないこだわりは、いくらでもどうぞ。
もう、何度でも自分で巻き戻してちょうだいませ…。


就学相談について 投稿者:ぽっぽ  投稿日: 2月18日(水)11時17分31秒

うちの地域では、現存する障害児学級に、学区外から通うようです。
ちびねこの場合は、
学区の普通学級から学区外へ情緒障害児学級へ週一度の通級、
学区外の知的障害児学級へ固定、いずれかになりそうです。
在住する区での就学相談は、発達に心配のある子供については
7月から受け付けるそうなのですが、それとは別に、東京都の
児童相談所に相談する必要はあるのでしょうか?

私の場合、はじめから、発達について「児童相談所」という観点が
なく、まだ行った事がありません。(NETのROMで、軽度の発達
障害が、児童相談所で発見されなかった例を多く目にしていたことに
理由があります。)
区の発達支援センターの心理担当の先生には、「広汎性発達障害に
詳しい機関を探したほうが良い。」と言われ、医療機関で探して
みました。

今からでも、児童相談所に行ったほうがよいのでしょうか?


久々にカキコします。 投稿者:みいこ  投稿日: 2月18日(水)18時48分8秒

広汎性発達障害の3月で5歳の男の子のママです。
ぽっぽさんの書き込みを見て・・一言・・・

>今からでも、児童相談所に行ったほうがよいのでしょうか?

結論としては今からでも行かれてはどうでしょうか?です。

ウチの場合保健所→児童相談所→月イチ療育サークル→週イチ療育サークル

と言う手順で週イチのサークルに通うときに児童相談所での
診断がありました。ですから月イチで全く心配なければ
経過観察でそのままですが年度が変わるときにうちは週イチをすすめられて
そこで初めて医師の診断と遠城寺式の検査をうけました。

地域によって児童相談所の雰囲気はキット違うと思いますが
私の市はとても親切で丁寧な気がしています。
診断の告知もこちらから聞いて初めて教えてもらいました。
それがいいのか悪いのか分かりませんが、知りたくない人もいるので
選択の余地があっていいかもしれませんね。

ただ、医師の印象はつっけんどんで嫌な先生もいれば暖かく見守ってくれる
先生もいるのでセラピーの方に「優しい親切な先生でお願いします!」と
私は2回目の時に注文をつけてしまいました。結構こちらの要求は
すぐに応えてくれますよ!
若いセラピーの方が多いのでその点不安なこともありますが、
少なくとも見逃してくれなかったので(広汎性発達障害であるということを・・)
見るべきところは見ていてくれるのかな・・と

でも最近、一箇所の診断も不安なのでもう一度別の医療機関の予約を
とりました。良い結果がでるといいなあ・・・分かりにくいレスでごめんなさい・・


特学についてわかりました 投稿者:えつ  投稿日: 2月18日(水)22時47分43秒

こくっぱの母さん、かずりんさん、まつこさんレスありがとうございます。
今度息子が通う学校は、生徒数が多く、教室が全く空いていない状態なのです。
もし、知的と情緒二つのクラスが同じ教室になっても大丈夫なのかなーと思ったのと、もしかしたら情緒ではなく、知的障害児学級でということになった時に(発達がでこぼこなので、知的にも2歳半くらい遅れていると思われるため)絶対に情緒にして欲しいと言うほど違いがあるのかを知りたかったのです。
どういうことをやって欲しいかを常に相談するようにすれば、知的でも情緒でも関係ないということですよね。
どうしても情緒にしたいときには就学相談の前に教育委員会に相談に行こうと思っていたのですが、とりあえず、就学相談まで情報を集めながら待っていることにします。
学校ってほんとうに悩んでしまいます。後一年あると思っていたら、あっというまに一年たってしまいました。


ぽっぽさんへ 投稿者:てけてけの母  投稿日: 2月18日(水)23時26分35秒

こんばんは。広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)と診断された小1男子の母です。
ぽっぽさんのお子さんの幼稚園での製作の様子が息子の時とよく似てるので思わず反応してしまいました。

我が子は診断を受けてまだ一年になりません。ぽっぽさんは早くから診断がついてその分うちの息子よりも早めに対応が考えられると思います。

児童相談所ですが念の為行かれた方がよいのではないかと思います。
我が子の場合は自閉傾向と言われ、しかし固定級どころか通級するほどではなく個性として受け止められるものとされ自閉症スペクトラムという突っ込んだ診断はなされませんでした。

うちの場合は私がこれに納得いかず自分で探したお医者様に息子を連れて行き、診断がつきました。児童相談所に行ったことで福祉的保障は受けられないとわかったのもある意味行ったかいがあったと思ってます。その為また何か手を打たなくてはならないということですよね。

現在普通学級と週一度の情緒障害学級に通っています。友達が全然いませんが、本人は喜んで学校に行ってます。友達関係がいないことは前からの悩みですが、自閉症の息子に我々の世界の常識を押し付けるのもどうかと最近思い始め気にしないようにしています。家では4歳下の弟とずっと遊んでいます。但しこのまま社会性の乏しいままで成長していくのも将来のことを考えると不安です。やはり我々の世界の常識にも慣れてもらわないと生きにくいですよね。

幼稚園時代のことで「製作の時間が大嫌いだった、僕は勉強の方が好き。だから幼稚園は嫌い、学校は楽しい。」と最近言うようになりました。(でもお勉強も出来るわけではないんです)自由に過ごせる時間が多かった幼稚園は息子にとってはつらかったのだな、逆にきちんと決められたことをする学校の授業の方が楽なのかなと思っています。

今年は去年のバレンタインデーにチョコをくれた女の子(幼稚園から一緒で今も同じクラス)からチョコをもらえませんでした。(TT)本人はそんな事気にしてない(というかバレンタインデーって知らない、わからない)んですが母親の方が気をもんでしまって。
13日の金曜日いつも一緒に帰る彼女は「てけてけ(呼び捨てになってたのも驚き)は先に帰れ。」と言ってなにやらもう一人の女の子と忙しそうにしてたとか。(てけてけの話)息子は一人で帰ってきたようです。他の男の子にチョコを渡すのに忙しかったんだろうなあ、もう相手にされてないんだと母は想像してまた落ち込むのでした。
すみません、ウラの方がよかった内容でしたか。


知的障害児を教えるのは天職! 投稿者:たけのこ塾  投稿日: 2月19日(木)22時00分23秒

お久しぶりです。
M市ボランテイアセンターの掲示板に、「2人の高校生にお買い物や
自動販売機で購入方法を教えてください」という広告を見たのが
きっかけで、、、知的ハンデイのあるお子さんのための学習支援塾
(たけの子塾)を今年から始めました。

今、3人のお子さん(ダウン症、自閉傾向のお子さん)と一緒に
楽しく?勉強しています。
以前、普通の中学英数塾の講師をやっていたことがありましたが、、

今回の塾のほうが、1人1人の個性や段階が違うので、大変です!
授業をしていて、くじけそうになったりします!
でも、これが逆にやりがいがあって、生きがいを感じています。
この仕事で生活できればなあ と 思いますが、、、
夢のまた夢ですね。。。現在は普通の会社員です。

でも、特別支援教育制度もいよいよ始まろうとしており、
この障害教育分野に貢献できればいいなと思っています。

私の塾の掲示板です。またひまなときでも見に来てください。
http://8157.teacup.com/ookini0228/bbs


児童相談所 投稿者:ぽっぽ  投稿日: 2月19日(木)23時18分57秒

>みいこさま
>てけてけの母さま

ありがとうございました。

まだどうも勇気が出ないのですが、4月の医療機関での受診後、
児童相談所に相談してみようと思います。
就学後の療育も気になることだし…。
相談することによって、行政が少しでもニーズを感じてくれたら
少しでも実になるのかもしれない…とも思うようになりました。


ぜひ、行って来てください。 投稿者:sara  投稿日: 2月20日(金)15時36分49秒

>行政が少しでもニーズを感じてくれたら、少しでも実になるのかもしれない

そうそう、その通りです。
やはり、数字が、行政にわかってもらいやすいかも。
先日うちの地域で、行政の障害者政策の見直しの元になる案の説明会+要望を聞く会があったんですよ。
「障害者とは、支援を必要としている人」と、あったんですよ。
ですから、要望を書いてきちゃいましたよ。
「数字では手帳を取得できない障害者への援助をお願いします。
 まず、児童相談所など各地域で、現状を出してもらいたい」と。

それと、個人的なことになりますが
今は、小さくて、学校生活後のことは想像できませんよね?
大きくなった時、支援があったほうが、お子さんが生きやすいかもしれない。
そんなことが頭によぎっているなら、ぜひ、行って相談してきてください。
お子さんがこの年齢のとき、確かに、支援を必要としていることを感じていたことを、残しておきてください。
いつか、変わるかもしれませんから。


発声と呼吸 投稿者:ぽっぽ  投稿日: 2月21日(土)18時10分38秒

娘のちびねこは、呼吸を吸う時にも声を出します。
以前からあったのですが、
歌うときだけだったので特に気にしたり直していなかったのですが、
近頃は普通にしゃべるときも呼吸を吸っています。
しゃべり続けたいのでしょうか?(笑)
呼吸を吐きながら吸いながらしゃべるので、独り言が長くなりました。

こういうのは、直したほうがよいのでしょうか?
それとも自然に治るのを待ったほうがよいのでしょうか?
ご意見を聞かせてください。

>saraさん
そうですね。児童相談所、必ず行こうと思います。
行政として、支援の幅が広がる検討がなされる可能性もありますもんね。
それは、自分のことだけでなく、後に続く人のためにもなるんですよね。
アドバイスをどうもありがとうございました。


飲み物と呼吸 投稿者:こよみ  投稿日: 2月22日(日)20時09分4秒

話が違ってしまって申し訳ありません。呼吸、ということばに反応しました。
月雄はコップ一杯の牛乳やお茶を飲むときに、2回ぐらいで飲んでしまいます。
口にいっぺんに多くの量を入れて、ゴクリゴクリと連続で飲みこんでる間、
呼吸はどうなってるのだろう、しんどくないのかしらと思います。
数回に分けて飲んでみよう、と、ときどき、やってみたりもしていますが…。
クセなのか、それとも、調節しにくいということなのか、いつも考えてしまいます。


海外在住の方いらっしゃいますか? 投稿者:たかしっぺ  投稿日: 2月23日(月)00時33分59秒

初めて投稿いたします。
この春から台北に転勤予定です。
私の息子(2歳10ヶ月)は広汎性発達障害と市の療育センターで告げられ、通園指導を受けています。言葉は単語で数語、指差しをせずクレーン現象で欲しいものを伝えます。歌詞ははっきりしませんが、歌を歌うのが大好きな陽気な2歳児です。
2001年の掲示板でエイリアスさんが台湾にお住まいとか。
この投稿を見たらぜひぜひご連絡ください。
また海外で自閉症児をお育ての方、どのようなところへ相談(病院や通園指導を受けられる場所)へ行かれたか等、お知らせくだされば幸いです。
どうぞ、よろしくお願い致します。


かかりつけって、、、 投稿者:satomi  投稿日: 2月23日(月)12時30分12秒

お久しぶりです。
ヒロもとうとう来年就学です。現在、保育園児で来年度も継続予定です。
ところで、みなさんはかかりつけの専門医を持っていますか?
定期的に医療機関にかかっているのでしょうか。
3月に療育手帳の更新があるのですが、
担当の方に「かかりつけの先生はいますか?」と聞かれて答えられなかったわたし。
かかりつけ、というと息子の障害のこと、その状態などを充分理解してくれている
お医者さまということですよねぇ、、、そうなると「いないなぁ・・・」(^^;
他県にいたころは療育センター内の小児科の先生に診てもらっていたのですが、
こっちに戻ってからはいい先生を見つけることができずにいます。
週に一度、言語療育に通っている病院には小児科があるにはあるのですが、
そのテの専門知識があるような先生ではありません。
同じく週に一度、通園施設の作業療法士さんのところに通っているのですが、
今のところは特別出かけていくのはそのふたつだけ。
医大の精神神経科に行ってみるかなぁとも考えているのですが、
今のところはかかりつけの医師がいないからといって
これといった不便はないのでどうしようかなぁなんて思っています。

手帳の更新、前回は三歳半で一歳二ヶ月くらいと判定されたヒロ。
今回は・・・と、やっぱり気になる。
生活面とかでは解ることもどんどん増えてきているのですが、
そういうことってあんまり反映されないですよね。
まっ、手帳は周りにより理解してもらうための小道具と思っているので、
結果はこれからの指導の方向を見極める判断材料のひとつということで、
(あまりいい結果が出ないと予想されるので(^^;)受け止めよう。

本人はとっても元気、三歳違いの次男とも何となくうまくやってます。
小さい子の鳴き声が嫌いなので次男泣き出すとヒロも泣いてお手上げ状態ですが(笑)
教室に入りたがらずホールで過ごすことの多かったヒロ、
最近は少しずつ少しずつ教室にいる時間を増やしているとか(ムリのない範囲で)。
それでも一緒に過ごしている時に他のお友達がケンカを始めて一方が泣き出すと
ヒロも耳をふさいで大泣き、泣いてた子が驚いて泣きやんでしまうとか(笑)
そうするとヒロもピタッと泣きやむそうで、そこですかさず先生が
「ヒロくんはケンカが嫌いなんだよ、仲良くしようね」と言ってその場がおさまる
こともあるとか。自分から仕掛けていくこともない穏やかな性格なので女の子にも
慕われているようで(笑)そんな中で彼自身にも最近はいろいろ大きな変化が
出てきています。難しい面も増えてはきましたけどねぇ〜〜〜


かかりつけ医 投稿者:かずりん  投稿日: 2月23日(月)14時24分12秒

結論からいうと、かかりつけ医を持っていたほうが良いと思います。
地域差はあると思いますが、児童精神科はおそらくどこも初診待ちの期間が長いと思われます。
私の住んでいる市の児童相談所併設の診療所は市内の人で1年弱、市外の人だと1年半待ちだということです。
今は特に問題がなくてもこれから成長につれていろいろと難しいことも起こってくるでしょうし、問題が起こっている時に1年も待っていられませんよね。
初診さえ受けておけば、もし何か問題が起こった時にすぐに予約を入れてもらうことができます。

それに就学時って、変化に弱い子供にとってはものすごいストレスなので結構不安定になる子も多いと思います。
そんな時に、かかりつけ医がいると少しは親も安心だと思います。
うちの長男は、1年生になってすぐに児童精神科の診察を受けました。
小学生になると公的な療育施設は行けなくなるため、どこかで専門家とつながっていたいと思ったためです。(その頃はまだ待っても三ヶ月程度でした。)
ボーダーぎりぎりで診断はまだつきにくい状態でしたが、Dr.には「普通学級ということで抱えている問題は多いと思うので、長期休みのたびにしばらく様子を見させてください。」と言っていただき、なんとなくほっとしたのを覚えています。
このDr.には次男も診てもらっていますが、二人とも現在は落ち着いているので「何か困ったことがあったらすぐに予約を入れてください。」ということで定期的には行っていません。
なにかあったときにすぐ診てもらえるという安心感はあるので、私はかかりつけ医を持つことをお勧めします。


親次第 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日: 2月23日(月)18時04分34秒

子供の進路は親次第・・ですよね。
幼児期に周りの人に療育を進められても親が拒否(子供の障碍を認めない、ことも含めて)したとしても、時期が来れば地域の就学に向けての「お知らせ」は届きます。
うちは1歳半検診ですでに療育を勧められていたので、ショックだったけどそうするのが良いと思い、言われるがままにその道を通りました。
療育施設を利用せずに幼稚園を選んでしまったのでその時点で「療育」とは離れてしまいましたが、療育施設を利用した方のお話では、施設の先生が独自で2〜3年関わるものの、「専門医」にかかるのはどうやら任意のようです。
悪く言えば、専門医を探すのはそこの施設を信用できないみたいに思われてしまうようです。
利用しなかった私は「そうなんだ・・」と、思うに留めていました。

私の住む市にはそういった専門医はいないかもしれない、隣のY市へ電車やバスをいくつも乗り換えてしかも何時間も待たなければならないでしょうね。
子供のため、とはいえ、その途中でパニックを起こさないとも限らないし、想像しただけで萎えてしまいます。
普通の小児科や耳鼻科に半日費やし、いつもヘロヘロになって帰ってくる私、子供思い、とはいえませんね。

今自分の子供が抱えているものは「治る」ものではないのでしょうが、うまく付き合いながら親意外の支援者を探す必要があると、この掲示板を読むにつれ感じます。
うちの近所に公立中学がありますが、3〜4の小学校から集まるので、彼を知らない子達がどう関わってくるのかが心配なところです。
そういった節目に何が必要なのか、どこに相談するのが良いのか、思案中です。

専門医をつけないことに今のところ不安を感じていませんが、親が必要と感じない限り、「思うだけ」になってしまいそうです。
今主人とは、今は必要としていない療育手帳をゆくゆくは取ろう、と話し始めたところで、我が家にとってはすべてがこれから始まるところです。


そうなんだ、 投稿者:satomi  投稿日: 2月23日(月)23時39分57秒

子どもたちが寝て久しぶりのネットタイムって感じです(笑)
子どもたちがいる時はネットしない=ネット全然できない状態なんですよねぇ。
以前は結構ストレスだったんですが今は昼休みにチョコっとやる程度で平気になりました。

伊豆っ子さん、かずりんさん、早速のレスありがとうございます。

>悪く言えば、専門医を探すのはそこの施設を信用できないみたいに思われてしまうようです。
そういうこともあるんですか、考えもしなかったです。
わたし自身はまず専門医がいて、そこから施設やらの療育に広がっていくって感覚なんですね。
両者は全く領域というか分野が違うと思ってましたし、医療と何だろう、療育・・・
だったら何で専門医いないんだって突っ込まれそうですが(笑)
以前はいたんです。前に住んでいたところ(他県)ではまず療育センターの先生に診ていただき、
その先生の紹介で市のことばの教室やらセンター内の保育を利用していました。
その後、事情があって今のところに移ってからは専門的なかかりつけは持たないままなんです。
ヒロを保育所に入れなければと考え始めた時、ヒロは身辺自立が全くできていませんでした。
ちなみに当時は三歳半、で加配とかも付けてもらいたいがどう説明したものか・・・と悩みました。
そこで考えたのが療育手帳を取ることでした。
百のことばを並べるよりそれを見せた方が効果があるのではと考えたわけです(安易(^^;)
実のところ療育手帳というものがどういうものなのか全然知りませんでしたが、、、
県の女性子どもセンターで申請し、それをきっかけに定期的に療育相談を受けるようになりました。
その中で「どこかで療育を受けたいのだけれど」と相談し
現在通っているところを紹介してもらいました。
こちらでも療育センターを利用できればいいんですけどねぇ、、、行く時間がない(^^;
チョコっと行ける距離ではないんです。
時間が許せば善通寺の小児病院などもいいのではと思うんですが、、、
何せわたしが大黒柱なもので(ふがいない大黒柱だ(^^;;;)とにかく時間が取れない。
今でも月曜の午前中だけ何とか休みもらって言語(個人病院)の方に通わせている状態でして、
通所施設の方は送り迎えできないからムリと話していたのですが、
ありがたいことに保育所まで送り迎えできるということで利用させてもらっています。
(前にも書いた記憶あり、すみません)
だけど、来年は就学だし今後のことを考えるとやはりかかりつけの専門医は必要かなぁと思って、、、
やはり、それぞれの分野の専門の方にしか解らないこと、判断できないことがあるのではと思ったり。
医療的な面では今のところ風邪でくらいしかお医者さまのお世話になることはないんですがねぇ。
まっ、現実としては遠いところじゃムリなんですがね、今は。
・・・マジ、時間欲しい。以前より子どもと接する時間は断然増えたんだけど、
自由がきかない。仕事しないとという現実、今週はずっと残業決定だし(5時までだけど)。
もっとやらなければいけないことがあるんじゃないか、それができないもどかしさ。
思うようにいかないこと多いけど、子どもたちと接する時間が増えて
何にも代え難いものもたくさん得た。のびのびとした子どもの笑顔、ヒロは優しい子だし(^^)
最近は保育所で習った「おひな様」の歌をよく歌ってくれます。
一緒に歌うととても嬉しそう。二番までしか歌わないと人の顔見ながら「さん、はい」って、、、
むむ、またわけわからない長文になっている、すみませんでした。


追記 投稿者:satomi  投稿日: 2月24日(火)00時18分3秒

かずりんさん、

公的な療育施設は就学前の子しか対象じゃないんですか?
そういえば、小さい子どもさんしか見かけませんでしたね・・・
就学後は、学校での対応が重要だってことにもなるんですね。
もし療育を受けさせたいなら民間になるのかな。
まぁ、自宅でもできることはいっぱいありますがねぇ。
いつ使うか分からない教材いっぱいあるし(笑)
タッチパネル大好き、マウスも使えるようになっている。
うちでバンバン訓練しようなんて気はありませんけどねぇ、
楽しく遊びつつ学べるものならと思います。

訓練といえば、最近「自閉症児の育て方ー笑顔で育つ子どもたちー」
(渡部信一著、ミネルヴァ書房)という本を買いました。
一生懸命頑張ってる訓練はホントに子どもの幸せのためのものなのかな?
といっても訓練を否定しているわけではなく、、、
って、これから読むので詳しいことは分かりません(笑)
ちなみにわたしは訓練ということばは嫌いです。
週一通ってる言語療育も訓練という感覚ではないのだけれど訓練なのかなぁ。
本人は楽しく通っているし、落ち着いて椅子に座れる時間が確実に増えているし、
決してムリはさせない、保育所の園長先生も「子どもは笑顔でいることが一番」
と言います、当たり前といえばそうなんですがね。
ムリさせないように、だけど苦手なことも少しずつ挑戦させながら、
スモールスモールステップ、と思いきや、ピョンと高いと思っていたバーを
飛び越えてく。わたしも先生も何度か驚かされたり、拍子抜けさせられたり(笑)
そういえば、いつの間にかしばらく心配していた小パニック(ごくまれ)も見かけなくなったな。
待つこと、あとでね、が分かるようになったからなんだね、きっと。
最近、ちょっとしたコツをつかんだし、、、いつまで使えるか分からないが。

結局のところかかりつけの専門医を捜すのはもう少し先のことになりそう・・・


専門医 投稿者:こよみ  投稿日: 2月24日(火)05時32分1秒

ときに見えにくいかもしれない、しんどいときに現われやすい、弱いところに、気をつけることができるんだな、と、
専門医とつながって以来、感じています。わたしが見えてなかった、うちの場合ですけど。

座れる、返事ができる、課題にとりくめるようになること...に反発して、療育施設を全く遠ざけてしまったけど、
今は、保育所に通いながら、療育もどんな形でか、受けたかったと思ったりして...それは、
専門家とつながっておれば、わたし自身が違っていたかもしれない、という意味で。
見えてなかったのも原因で、苦しい思いをさせたので。


成長に伴って、こまやかにあらわれてくることもあると思っています、伸びるところも、しんどく感じるところも。
本人自身が拠りどころにできると思えるところがあるのは、これから先、大切なんじゃないかな、
と、まだ漠然とですが、思っています。


さらに追記(汗) 投稿者:satomi  投稿日: 2月24日(火)07時18分0秒

わたしはどうも文書が苦手というかよく誤解を受けるので心配になりました。

訓練が嫌いなんじゃなくて、訓練ということば自体が好きじゃないのね。
何か響きが・・・「大変」とか「厳しい」っうのを連想してしまって、
だから言語のリハビリとか言ったりします、一緒なんですけどね(笑)


習い事 投稿者:ぽっぽ  投稿日: 2月24日(火)11時26分53秒

療育…訓練…読んでいて、すごくわかります。
わたしも、機械的に詰め込むするような表現に抵抗があります。

さて来年春の就学まであと1年…ボーダー児で普通学級+通級の
可能性が色濃い様子なので、ちょっと気持ちがあせってきたような?
こちらも、区や、申し込みして受けられやすい民間の療育でも、
対象が未就学児であるところが多く、その後のことが心配です。
希望する療育施設は、まずクリニックの診察を受けなければならず、
この予約が全然取れないのです。初診予約は、対象月分の電話での
申し込み日が決まっていて、頑張ってかけてもなかなかつながらない。
やっとつながったと思ったら、先着順で、もう受付は終了しています。
まるで一昔前のコンサートのチケット取りのようです。
このままでは、初診予約は取れないまま大人になりそうです。(泣き)

集団の指示が通りにくいことで、本人のストレスや周囲への迷惑を
考えて(お金かけて習い事をさせているので、他の子に進行を
妨害されるのは納得いかない!〜という親の話を良く聞く。)、
今まで習い事はあまり検討してきませんでした。
のびのびやらせてくれる英語だけ満3歳から続けています。

就学への準備&集団での療育を兼ねて、某知育教室、水泳、
トランポリンなどもいいかも…と、気持ちが揺れています。
学校に比べたら、まだ少人数だから、今から始めればもう少し
小学校に適応しやすくなるかな?と思ったりしてます。

春休みの短期水泳教室(4日間)は、幼稚園で同じクラスの優しい
お友達が行くというので、申し込んでみました。
グループ分けするようで、それが一緒にならなくても、顔見知りの
お友達がいたら、ちびねこはだいぶ安心できるかな?
「短期」だけど、「集団の指示が通りにくいこと」などは、先生に
お話したほうがいいのか?
それとも、見知らぬ集団の中でどこまで出来るか、私がちゃんと今の
状態を認識するために、何も言わずに観察(イヤな書き方ですね)
してみようか?
これも気持ちが揺れています。


情けない 投稿者:よしこ  投稿日: 2月24日(火)12時02分56秒

大変ご無沙汰しております。
最近は、ずっと拝見させていただくばかりでした。
息子(3月で5歳)が入園する時は、皆様にはいろいろ教えていただきました。
その息子も早いもので年長さん、就学まであと一年となり、私も本当に焦ってきてしまい、
体調が再びすぐれないばかりか、イライラをこどもにぶつけてしまうことが増え、毎日落ち込むばかりです。言葉はやっと2語文3語文という感じで短い会話は成立しますが、長い文章はまだ無理です。一ヶ月くらい前までは割と落ち着いていたのですが、最近はお友達に対して必要以上にしつこくしたり、今まで楽しくやっていた体操も半ベソをかきながらやっていたり・・・。私のイライラのせいかもしれません。
私の接し方はきっと悪いお手本のようなものです。
皆さんもいろいろ考え、乗り越え、一喜一憂しながらの毎日だろうと思います。私はどうして皆さんのように前向きになれないのか・・・。
息子はがんばってひらがなも覚え、数も理解し、時計もわかってきました。でもそれを教える時も褒めながらやらなければとわかっていても、おこってしまったり、自分にブレーキがかかりません。もう、どうしたらいいのか・・・。
今を大切に心を育ててあげたいのに、このままでは、あの子が壊れてしまう・・。
私の顔色をうかがい、すぐに「ごめんね」と言うようになってしまった。
私はこの子と一緒にいていいのだろうか、と思えてなりません。
こちらのHPにはふさわしくない内容になってしまいました。ごめんなさい。
もうすぐ半年に一度の児童精神科医の先生に診ていただく日がきます。
今までは「様子をみましょう」しか言われませんでした。
このまま時間が過ぎてしまうのが本当に怖いのです。



専門医のことですが、、 投稿者:ゆかママ  投稿日: 2月24日(火)15時25分1秒

新しい年になってから御無沙汰しておりました。
娘にあらゆるものをゴミ箱に捨てられてPCがみごとに動かなくなり、直ったもののデータを入れ直したりしてゴタゴタしてました。
今年も皆さんの貴重な意見を読んだりたまにおじゃまさせてもらいます。

自閉症児にとってやはり専門医といえば精神科医になると思うのですが、娘ももちろん6歳から療育センターの先生に診てもらっています。
今は1ヶ月に2回程度、心理の先生が1ヶ月に1回。心理の先生はたっぷり1時間はとってもらえるのですが、精神科の先生はなにしろいそがしく診察5分です。次に待っている人がいると思うとこちらもあせってしまって学校の先生から様子を手紙に書いてもらったり私も聞きたい事を箇条書きにして持って行くというカンジです。そのうえ療育センターまで車で40分もかかり「なんだよ〜」と正直思う時があります。
娘は自閉症以外にも思春期早発症という特発生のホルモンの病気で小2からホルモン注射を打ちに医大に通っています。
この小児科の先生がホントに患者と家族の気持ちを考えて下さる先生で娘の治療というより私の話を聞いて癒してくれるカウンセラーのような人なのです。
精神学会にもはいってらして、それは
「医大にはたくさんの難病の子がくるがその時の告知の仕方によってその子の症状まで変わってしまう。その子と家族が納得して前向きに治療を受けられるように医者は心のケアをしなければいけない。そのために精神学会にはいり勉強している」
と言うのです。
もちろん娘の精神科の先生と連絡をとったり学校にまで来てくれたり、、。
実は2年間で注射は終わったのですが先生も娘の様子を知りたいからと言って下さるので、2ヶ月に1回は診察、、というより私がいろいろ悩みを話して帰ってきます。
もちろん専門医にかかるのは大切とは思うのですが、アスペで有名な先生も本に書いていましたが、診察まで予約で2年待つのなら近くの医者にかかったほうがよいと。それに精神科医でなくても小児科あるいは内科の先生でも自閉症とその家族に理解がある医者が必ずいると思います。
また初めは自閉症の知識がない先生も実際に自閉症の子供を診たり大変な親の姿を観て理解や勉強をしようという医者もいるようですよ。



確かに 投稿者:こよみ  投稿日: 2月24日(火)17時57分51秒

確かに、診断が出たとき、心理検査の結果の詳細な説明と方向付けの前に、専門の精神科医は、
今後、具体的にどのようにやっていくかについては、診断結果をもとに、身近にいる専門的に詳しい人と、
その都度相談するように、言われました。
それで、市の療育相談にも1〜2ヶ月に1度ほどの間隔で行っています、そこで家庭と学校での対応を相談できます。
専門医(診察は30分)までは車で1時間半、市の療育相談(相談は1時間)は車で15分です。
ただ、うちの場合、専門の精神科医でなければわからなかったと思うことは、下位の部分です。
苦しい思いをさせてしまったのですけど、専門的な新しいつながりができました。


(無題) 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日: 2月24日(火)23時29分12秒

この掲示板にロムそして投稿される方は、いろいろなご意見をお持ちだし、とても参考になります。
療育施設から離れ幼稚園で過ごし(加配は2年間ありましたが)、たまに風邪なんかで行く小児科医は、「小学校では普通級に入れたほうが良い」と、子供の様子を見ながらそうおっしゃっていました。
それでその気になって普通級を選んだわけではありませんが、就学前の2〜3ヶ月は本当に悩みました。
今はこのままでもよさそうだけど、中学に入る時期になれば、また悩まなければならないのかと思うと早いうちにある程度考えておいたほうが気が楽かな・・なんてロムしながら考えています。

高学年になってくると、「自閉症」と言う言葉をよく理解しないまま、ことばだけでからかいの対象になるのは嫌だなあ・・と心配しています。
かつての上司が「俺は自閉症だからよお、何するかわからないぞ!」と、よく言っていました。
まあ、誰も相手にはしていなかったけど、情けないなあ・・と思って。

小児科でも耳鼻科でも、うちに子供の様子を見て、「専門医に見てもらうのはどうでしょうか?」と誰も言ってくれないのはなぜだろう・・と、時々思います。
言ってくれるとこっちも話しやすいのですが・・謎です。


satomiさん 投稿者:かずりん  投稿日: 2月25日(水)00時27分14秒

>公的な療育施設は就学前の子しか対象じゃないんですか?

おそらく自治体によって違いがあるんでしょうが、私の住んでいる市ではそうです。
就学後に療育などを受けさせたいと思った時はことばの教室に行ったり民間の療育教室を利用する事になりますが、ことばの教室はうちの市では構音障害、吃音、軽度難聴の子供が対象なのでそれらが無ければ通級することは難しい状態です。
うちの市は情緒の通級というのは無いので、就学後は普通級在籍の子供は民間に通ったり専門医に診てもらわないと専門的なことを相談する相手もいないような状態になってしまいます。

うちの息子達がお世話になっている診療所は完全予約制。
待ち時間もほとんどなく、年2〜3回程度の診察でしたが時間は一時間あるのでゆっくりと話をすることができるんですが、これって恵まれてるんですね。
児童精神科ってどこもこんな感じかと思っていました。

>もし療育を受けさせたいなら民間になるのかな。
>まぁ、自宅でもできることはいっぱいありますがねぇ。
>いつ使うか分からない教材いっぱいあるし(笑)

私の長男の場合はソーシャルスキルが目的なので民間でソーシャルスキルのグループ療育を受けていますが、次男(自閉症・知的障害有り)は今のところ何もしていません。
長男は小人数のグループで学ぶことで理解して学校などで応用していくのが一番ベストなので療育が必要になるけど、次男は家や学校で1対1で教えることで対応できるからそれで充分かなって思うので。
要はその子に一番ベストな方法をとってあげられれば、どんな形でもかまわないのでは・・・と思います。


(無題) 投稿者:こよみ  投稿日: 2月25日(水)05時36分50秒

子どもは、小学校の大きな集団に入ってから、不安に陥りやすいこともあるけれど、
わたしは、特に問題はないと思っていました。

幼少からお世話になっていた、今とは別のところの発達相談の先生からは、
小学校に入学してからは、発達の観点からの相談は終わりにして
精神的な観点からの児童精神科や大学の研究室等への移行を勧められていました。
でも、その意味もずっとわからなくて。


(無題) 投稿者:こよみ  投稿日: 2月25日(水)08時36分9秒

ここに来られているひとには無縁なことだと思うので、もうこれだけにしようと思います。

去年の夏の非常事態は、当時のわたしにとっては晴天のへきれきでした。
子どもが幼少のころに行ったことのある小児科医を思い出して、訪ねて話したところ、
まるで門前払いのようにも思えてしまう応対に一瞬愕然としました。そして、
「このひとがこれからさきどのように生きてゆけるのかの瀬戸際」ということを言われ、
一刻も早く専門医をたずねることを勧められました。
その小児科医を子どもの命の恩人と思っています。

そしてそれからここにはじめて来ました。

すみません、ああ、そんな人もいるのか、と通り過ぎてくださいませ。


よしこさん 投稿者:さとか  投稿日: 2月25日(水)12時36分22秒

私ね、いらいらするときは
子供と勉強は深くはしません。
わかること、簡単なことをします。そして時間を短くします。
「今日はおかあさん、調子悪い。一人でこれできるかな?
 そう、じゃあ、やってね。あとでおかあさん見るから。」
って言って、私は横になってます。
全然やらないときもあります。

子供が風邪とかで病気になったら勉強しませんよね。
熱出したり、吐いたりしてたら寝かせるよね。元気になるまで休ませるよね。

お母さんだって具合の悪いときは休んだっていいじゃない。
いらいらしてるときは「私は今体の調子が悪いんだ」ってことにして
休もうよ。
元気になってからでいいじゃない。

私ね、緊張してるときは頭にすっと物事が入りにくい。
ゆったりしてる時ってするする入る。
うちの子たちもそうみたい。
緊張してるときにいろいろ言ってもなかなか頭に入らないし、進まない。
進まないならやらないときと同じところにいるのかなって思う。
だったら、思い切って休む。
で、元気になってゆったりとした気分でまたスタート。

そんなことしてたら時間がかかるんじゃないかって、
いつまでも進まないんじゃないかって思ったときもあるけど、
でも、これが一番近道のような気がする。


しんどいですね 投稿者:まつこ  投稿日: 2月25日(水)15時42分48秒

>私はこの子と一緒にいていいのだろうか、と思えてなりません。

いっしょにいていいのよ。よしこさんは本当に一生懸命暮らしてるんですね。

うちの少年もも5歳前後に、妙に荒れました。

>最近はお友達に対して必要以上にしつこくしたり、
>今まで楽しくやっていた体操も半ベソをかきながらやっていたり・・・。

よしこさんのせいじゃないと思いますよ。
成長したので、今までより少し周りの様子が見えてきて
お子さん自身でいろんなことを感じたり考えたりして
行動するようになったときも、トラブルが増えることがあります。

あの時はこれが一生続くような気がしてボロボロだったけど……
そうではなかったです。


よしこさん 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日: 2月25日(水)16時34分52秒

私もさとかさま、まつこさまに同意見です。
私も自分が疲れている時は「おかあさん眠くなっちゃったあ〜」と言って少しだけ横になります。
目が覚めた後におもちゃや本が散らかっていても(いつものことだけど)、私が片付けたり、子供たちに「遊んでいないものは片付けて!」と声を掛けます。

確かにつらい時期はありました、特に幼児期には。
でもそれ以上にここにいてくれることのほうがうれしかったし、彼らのいない生活なんて想像できません。
この掲示板でつらい気持ちを吐き出して、楽になって欲しいな。

三歩進んで二歩下がったとしても、着実に前に進んでいるのだし、半年に1回でも診てもらえる先生がいらっしゃるのは、私から見ればとても立派にママしてますよ。
子供の小学校の校長先生が「最近の子供は褒められなれていないのかな?もっと褒めてあげてくださいね」とおっしゃっていました。
真剣に叱れるのも、大げさに褒めて上げられるのもやっぱり親だから、ご自身に自信を持ってくださいね。
よしこさまに伝えているつもりですが、私も自分にそう言いきかせています。

この道を通らない親はいないと思いますので。


嬉しくてもう! 投稿者:ぽっぽ  投稿日: 2月27日(金)19時39分13秒

かなり興奮しています。

今日、担任の先生との面談がありました。
4月の受診にそなえて、最近の状況を教えていただくためだったのですが、
なんと、保育主任の先生も同席してくださいました。
そして状況を教えていただいたあと、「年長になるにあたって、なにか
気をつけることなどはありますか?」と聞いていただき、HFPDDの
資料をお渡ししました。その際に色々なお話もしました。
嬉しい言葉をたくさんいただいたのですが、その中のいくつかを紹介します。

「私達はちびねこちゃんママからの資料(文部科学省の特別支援ガイドライン
 の抜粋)をいただくまでは、このような 障害についてほとんど知りません
 でした。これから勉強します。ちびねこちゃんのために、お母様と連絡を
 密にとっていきたいと思います。」
「園長先生には事前にある程度報告し、今回面談をすることも伝えてあります。
 最終的には園長先生の判断なので、どうなるかわかりませんが、ちびねこ
 ちゃんのために、年長でも先生が二人のクラスに出来るようにしたいと思い
 ます。」(現在はクラスに、夜学に通う助手の方がいらっしゃり、その点で
 かなりちびねこは助けられています。)

もう、感激のあまり、涙が出そうになりました。
「気にしすぎでは?」「思い込みの激しい母親なのでは?」と思われている
のではないかと心配していたのに、すごく真摯に受け止めていただいたことに、
感謝の気持ちでいっぱいです。

「マイペースなお子さんだ」と思いつつ、やはり色々心配な面が多く、年少
クラスの頃から、担任の先生と保育主任の先生で話し合いをされていたそうです。
早期(実はそうでもないんですが…懸念してから実際に動くまでかなり時間が
かかりました。)に気付いたことをほめられたり、ちびねこが沈んだ気分を
外遊びで転換させられるのもお母様の気付きの結果ではないかと、ねぎらって?
いただきました。

これからもどしどし資料を持ち込んでいいそうです。
すごく嬉しくて、さっそく以前図書館で借りて参考になった本を、ネットで
注文しました。

スキップしたい気分です!今夜のビールは極上の味がしそうです。


有難うございます。 投稿者:よしこ  投稿日: 2月27日(金)21時51分55秒

さとかさん、まつこさん、伊豆っ子ちゃんさん、ありがとうございました。
もっと子供を信じて、褒めて育てたい・・・。いつも頭ではそう考えてます。
自分に気持ちの余裕が無くなると、感情的になってしまうんですよね、私は。
昨日、児童精神科医の先生に診ていただきました。半年前に比べ言語の部分だけは12ヶ月位伸びているが、その他の認知、適応などは伸びが少ないということで、言語だけの遅れか、全体的におくれているのか、もう少しみないと判らないとのことでした。今はお友達との関係など対人の面で
嫌だな、と感じるような体験の積み重ねをしないように園の先生にお願いしてください、と言われました。やっぱり、心って大事なんですよね。家の中でも息子が心身共に健康でいられるように、私の養育態度を治さなければいけないんだと痛感しました。まだ私自身不安定ですが、子供と一緒に成長できたらなと思います。今日は少し穏やかな気分です。有難うございました。


良かったですね! 投稿者:  投稿日: 2月28日(土)05時26分56秒

>ぽっぽさん
周囲の方から理解される事、そして理解したいという気持ちが
伝わってくると嬉しいですよね。
それはぽっぽさんの熱意もあってのことだと思います。
本当に良かったですね!
これからも、先生方と連絡を密に取って、ちびねこちゃんの更なる成長に
積極的に関わって下さるといいですね。

裏には書きましたが、私も周囲の方の「理解したい」という気持ちが
伝わってくることの喜びを噛み締めている所です。

掲示板過去ログ案内に戻る