2004年10月その1
あやたんさんへ 投稿者:ちびくまママ  投稿日:10月 1日(金)00時36分41秒

こんにちは。私は9歳の自閉症男児の母親です。
うちの息子が「広汎性発達障碍」だと判定されたのが丁度6年前の今ごろでした。
当時の自分を振り返ると、やはり障碍があるとわかって
「じゃあ、すぐに何かしなくっちゃ!」ととても焦っていたのを
思い出します。なので、お姉さんのお気持ちはよくわかるつもりです。

その上で、今私がお姉さんにアドバイスをさせてもらうとすれば
今お母さんがしなければいけないのは、
「自閉症というのはどういう障碍なのか」
「自閉症の人にはこの世界がどんな風に感じられるものなのか」
「子どもとどんな風に付き合っていったらいいのか」
をよく知ることではないかと思います。

「療育は丁寧な子育て」
この掲示板ではずっとこのフレーズが合言葉のようになってきました。
もちろん、今までも丁寧に育ててこられたでしょうが、その丁寧さを
もう一段ステップアップするというか、「自閉仕様」に書きかえることが
必要になってきます。
専門機関に通って、例えば**法、といった訓練をしてもらったり
専門的なアプローチを学ぶことももちろん療育なのですが
それ以前に「子どもとはこういうものだ」という先入観を捨てて、
「その子自身がどういう子なのか」をつぶさに観察する事、
そして、その子のものの感じ方に寄り添いながら子どもと一緒に
暮らしていくことは、その気にさえなれば
どこの家庭でもできることだと思うのです。

とは言っても、今、診断を受けたばかりのお姉さんに
そんな抽象的なことを言っても、ピンとこられないかもしれませんね。
そこで、お勧めの本とサイトを御紹介しておきます。
「『その子らしさ』を生かす子育て」(中央法規出版・吉田友子著)
「自閉症療育Q&A」

どちらも、私が「息子がもっと小さい時にこういう情報に
出会いたかったなあ、と思ったものです。

それからここの過去ログはもうお読みになられましたか。
もしまだなら、是非ごらんになって欲しいです。特に2000年頃には
自閉症についてかなり濃いやりとりがあったと記憶しています。
あと、ここのリンク集にも参考になるサイトが沢山あると思いますよ。
特に「こくっぱ家の人々」はお勧めかも。

私がどんなヤツなのか、もわからないと不親切かもしれないので
一応、うちのHPのリンクもはっておきますね。↓

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/


歯科検診で大騒ぎの巻 投稿者:satomi  投稿日:10月 1日(金)05時59分6秒

就学前検診と遠足が重なってしまった・・・
そこで遅れてってもいいかと問い合わせてみると
当日はいいから歯科検診だけ小学校の定期検診の時に
来てくださいと言われ行って来ました。
母校なんですがずいぶんと変わっていました。
保健室ってちょっぴり隠れ家的イメージがあったんですが、
以前教室だった場所が改装され
広く明るくめちゃオープンな感じになっていました。
しかも来客用玄関と児童用出入り口を入ってすぐのところ。
(いいんだか悪いんだか・・・)
息子は大きい透明ガラスの向こうに
歯科の先生が見えたとたん廊下の端から端まで逃亡(^^;
ちょうど昼休み中だったため廊下は子どもたちでゴタゴタ、
「この子、誰?」なんて声が聞こえる中、
息子はひっくり返って行くのを拒否、、、
それでもなだめてなだめて何とか抱えて連れて行き、
ひとクラス目の男の子たちが体育座りで待っている中
先に入れてもらったのですが・・・
歯科の先生のつめたーい態度と視線に耐えつつ何とか、、、
後で思えばせっかく言ったのだから息子にかこつけて
後を追うフリして校内をゆっくり見ればよかったなぁ
なんて思いましたが、その時は心の余裕がありませんでした。
その場にいた男の子たちの担任の先生、
何か他人事のように立っていたなぁ・・・
まぁ、全然事情を知らないのでそれこそ
「この子、誰?」だったんでしょうが、、、
疲れた・・・
はぁ、息子にごめんなさいって気分だ・・・

残った知能検査、視聴覚検査は二日目の就学前検診で受ける予定。
歯科検診よりはマシだと思うけど内科検診と親子面接もあるので
とってもながーーーーーい一日になりそうです。


小林隆児先生の講演会 投稿者:YAMATO  投稿日:10月 1日(金)07時21分16秒

    ■講演会のお知らせ■

  テーマ:自閉症と行動障害
  講師:東海大学教授医学博士 小林隆児先生

◆日時〜平成16年11月1日(月)10:00〜12:00
◆場所〜全国心身障害児福祉財団ビル4階 第1,2会議室
 (新宿区西早稲田2−2−8・地下鉄 早稲田駅下車5分)
◆会費〜会員無料 非会員1,000円(当日受付にて)
◆申込み〜10月21日(木)までに
ファックスかEメールでお申し込みください。
 FAX:03−3232−6171 東京都支部事務局
 E-mail・a href="mailto:Fsupport@autism.jp">Fsupport@autism.jp
◆定員〜60名
 参加資格はありません。どなたでもいらしてください。お待ちしています。

※全国心身障害児福祉財団ビルは、場所をお借りしているだけで講演会の担当者はいません。
※当日の連絡やお問い合わせは090−9377−3071(菅原)、または 090−4712−1337(田中)まで。

★小林隆児(こばやしりゅうじ)先生プロフィール      
東海大学大学院健康科学研究科教授
1975年〜九州大学医学部卒業
1975年より〜福岡大学医学部精神医学教室入局、助手、講師、大分大学教育学部助教授を経て…現在に至る。
専攻 児童青年精神医学、乳幼児精神医学、関係障害臨床学
<著書>『自閉症と行動障害』『自閉症とことばの成り立ち』など多数。


SST絵カード5(状況の認知絵カード)の第3版についてのお知らせ 投稿者:  投稿日:10月 2日(土)21時41分12秒

 10月1日に3版が発行されました。
 この3版の絵カードの裏面には、2001年の初版にはなかった説明文を印刷しました。

 下記のページにUPしましたので、初版や2版をお使いの方は参考にして下さい。

 尚、11月頃、
 高学年から中学生の子のエピソードを盛り込んだSST絵カード8(状況の認知絵カード3)
 を発刊する予定です。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/ma2ma3/sst5.html


楽しかった日。 投稿者:ちひろ  投稿日:10月 2日(土)22時36分35秒

先日、中学生の姫とオープンスクールに行きました。
電車電車バスを乗り継いで二時間、ちょっと(いや、かなり)遠いところが難点。(汗)
行きの電車は、姫の2年先輩のYちゃんといっしょでした。

会ったとたんに、「ひさしぶりだね〜。」と言って駅のホームで長い間抱き合った二人。(^_^;)
「女同士は抱き合っていいんだよね。男の人とは抱き合ったらいけないんだよね?」と聞いてきたYちゃん。
「はい、そうです〜!(^^)」
ひさしぶりなので、二人の会話?は、弾んでました。
姫は中学の話、Yちゃんは高校の話・・・すれ違ってるじゃん!(苦笑)
そのうち、しんどくなってきたYちゃん、「体育会が終わって、疲れてるの。疲れてるの。」と、何度も言い始めました。
あ、そっか!姫の声がウルサクなってきたんだなと思って、姫に、「Yちゃんは、疲れてるから、少しお喋りは止めようね。」と注意しました。
それからの二人は、突然し〜〜〜んと静かです。(-_-;)

中学の時は、姫と同じにパニクってたYちゃんが、「疲れてるの。」なんて、高度な技(会話)が出来るようになっている事に感動しました。
姫も、高校生になったら、こういう技も使えるようになるかしら?
なんだか、とっても嬉しくて、幸せな気分になりました。(^^)


栃木限定情報 投稿者:  投稿日:10月 3日(日)13時48分25秒

栃木県教育委員会の「とちぎ教育新事情」という番組で、
特別支援教育への取組みと支援のあり方の紹介にあたって、

「十人十色なカエルの子」ちゃんたちが出演するそうです。
   ↓
 http://www2u.biglobe.ne.jp/~pengin-c/bookbook.htm

でも、残念ながら
とちぎテレビ限定放送、放送日は下記の通り。

10/30(土) PM5:30〜5:50

栃木にお住まいの方、
どんな内容か、ここで知らせてくださいね。


彼にとっての「マイ ブーム」 投稿者:伊豆っ子ちゃん  投稿日:10月 6日(水)16時57分50秒

久々の投稿です。

小4の長男は、この何ヶ月か、小学校の開門時間の前に登校しています。
最近は物騒な話ばかり耳に入るので、学校の外で待っている間に事故やケガでもしたら・・なんて心配しています。
そんなに早く行って何しているんだろう・・

親として口うるさく注意を促していますが、知り合いのお母さんから「お兄ちゃんが校門の前で挨拶してくれたよ」と聞きました。
「え〜っ!?」
想像するには、裏門に当たる運動場側から入り、教室に入らぬまま正門側に向かい人の波が切れるまで挨拶し続けているんでしょう。

挨拶することは良いことですが、ちょっと複雑です。
ほかの事でも「そこまでしなくてもいいよ」と私が言うと、彼は笑いながら「やる!」と。
気が済むまでやらせるのも親心でしょうか・・

今のところは先生に問い合わせるつもりはありませんが、彼の障碍がなせる業の一例です。
学校生活をエンジョイしている長男と、目を引くことをして欲しくないと思う私、かみ合っていません。

次は何をするんだろうか・・・
耳に入るとドキッ、とします。


はじめまして 投稿者:ひまわり  投稿日:10月 9日(土)15時56分24秒

上の娘(高校生)は伝音声難聴、下の息子(中学生)はADHDの選ばれた母親です。
地域の言葉の指導教室にも長い間お世話になりました。

私自身子育て支援の仕事をしているので言葉の発達に関する相談を受ける事が多く、
今回子のHPにめぐりあいたくさん勉強させていただきました。
ありがとうございました。

この間一人旅をした娘、たまたま隣にすわった外国人の方と東京から3時間ほどお話して帰ってきたそうです。
日本語すらままならないはずなのですが本人いわく
「日本語も英語も一緒よ、お互いわかりたいと思ったら身振りや雰囲気でつたわったもん」
そんなものかも知れません。
いじめや登校拒否などつらい思いもしたけれど、いい先生に出会い、
自分が必要な人間なんだと自信を持たせてもらったことがこの子を今のこの子にしたのだと嬉しくなりました。
「言葉を育てる」ことだけにとらわれず言葉の発達に障害のあるそのままの姿を受け止めてあげてほしいなぁと・・・そんな事も思ってカキコさせていただきました。



祝! トップページ70万アクセス突破!! 投稿者:朝倉玲  投稿日:10月10日(日)22時30分53秒

今見に行ったら、700079でした。
おめでとうございます〜!!!\(^O^)/

これからも、みんなの「ことばと発達の学習室」でいて下さいね。
いつも応援しています。


はじめまして 投稿者:ルーノ  投稿日:10月10日(日)22時55分36秒

私はイ行が上手く言えない大学4年生です。
子供の頃からからかわれたり、何度聞き返されても上手く言えないことに苛立ちや悲しみを覚えてきました。
最近は小学校でもことばの学級などがあって、はやいうちに対処されているようですが、
私が小学生の頃は全く何もなく、親も放ったらかしでした。

社会人になるにあたって、このままじゃダメだという気持ちともう嫌だという気持ちでいっぱいです。
大人向けのことばの学級みたいなものはあるのでしょうか?
教えてください。御願いします。
ちなみに兵庫県在住です。


元気掲示板で70万アクセス記念企画開催予定 投稿者:  投稿日:10月11日(月)07時11分19秒

ひまわりさん
 メールありがとうございました。
 たとえ話、とても参考になりました。

ルーノさん
 >私が小学生の頃は全く何もなく、親も放ったらかしでした。

 ご家族の方は毎日接していたので、
 気にならないというか、それをルーノさんの個性として受け入れておられたのでは
 ないかな。
 イ列ということなら、側音化しているのかもしれないです。
 側音化というのは顎や唇が右や左側に動いて舌の位置がずれてしまい、
 口の真ん中からでるはずの呼気が側方に偏ってしまう。そのため、聞き取りにくい
 音になってしまう状態です。
 この状態になりやすいのはリキギチシジなどのイ列音やエ列のケゲなどです。
 下記のコミュニケーション障害便覧で、STさんのおられる病院などを探してみてく
 ださい。先に電話で状態を話し、指導をしてもらえるかどうか聞いた方が良いかも
 しれません。改善するのは結構難しい音だけど、

 >社会人になるにあたって、このままじゃダメだという気持ち

 その気持ちをバネに、がんばってね。
 ダメだとは思わないけど、自分の弱点を克服しようというその意欲にエールを送り
 ます。

http://homepage2.nifty.com/cmd1/index.html


「特別支援教育について」の研修会のお知らせ 投稿者:ピュアコスモ代表  投稿日:10月11日(月)15時50分56秒

お邪魔いたしますm(__)m
題名にあります、研修会を下記の要領にて行います。
たくさんの方のご参加をお待ちしております☆

11月14日(日)14:00〜16:00 (受付13:30〜)
神戸市立生田文化会館 大ホール

講師 兵庫教育大学 井上雅彦先生

参加費 一般参加者 1000円 ピュアコスモ会員 500円

主催 兵庫県高機能広汎性発達障害児・者・親の会
   ピュアコスモ

後援 兵庫県教育委員会 神戸市教育委員会 (社)日本自閉症協会兵庫県支部

詳しくは
http://www5f.biglobe.ne.jp/~h_hfpdd/kenshu.htm

をご覧いただき、お申し込みください。

以上の内容は、転載してくださってかまいません。


切ない親心 投稿者:satomi  投稿日:10月13日(水)12時40分43秒

進路は養護と決まったお兄ちゃん、
あとは放課後対策なんだけど、こっちの方が難関。
わたしの希望としては学童でもって加配を付けて欲しい。
健康推進課のある方といろいろ話したんだけどやっぱ難しそう。
だけどまぁ最初からあきらめていてはことは始まらない、
できる限りの働きかけはしないとなぁと思っています。
ところで、昨日の夕方にお役所(長寿障害課)から電話があった。
「進路決まりましたか?」と聞かれたので「養護に」とお答えして、
で「放課後は?」ってことで「それで頭を悩ませているんです」
という話に・・・
希望としては学童で加配を付けて欲しいんだけど、、、とか、
「今回はどうなっているのかお話聞くだけなんですよ、
予算を立てないといけない時期なので」ということでしたが。
夕飯の準備なんかでバタバタしてた時だったので
「そうですか」で終わらせてしまったんだけれど、
後になって「ん、何の予算だ?」とハタと思った・・・
学童の方は子育て支援課だから関係ないよなぁ、、、
今の人って支援費の審査した方だったような気も
(名前分からないけど)・・・支援費の予算?
公共機関ってとにかく予算が上がらないと
何もできないってところありますよね。
実はお兄ちゃんに来春からどういう環境を用意できるか、
そういう大事なことに関わっていることなんじゃないだろうか?
まぁ、こちらの希望は伝えたからいいのかな。

ところで、学童で希望がかなわない場合、
施設の寮に入りそこから通学することになりそうなんですが、
どうなんでしょう・・・息子は6歳、
いつでも会いにも迎えにも行けるけど現実には週末しか
行けないと思う、、、
そんなにも親と離れて親子関係とか子どもの心とか
大丈夫なのかなぁと心配なのだけれど、、、
あぁ、環境的には学童はちょっと・・・と分かっていつつ、
離れるのが。。。


中途半端で・・・(愚痴モードです) 投稿者:空音  投稿日:10月14日(木)00時35分36秒

70万ヒットおめでとうございます☆彡すばらしい!
で、今日の書き込みは、めずらしく、自分の息子のことを聞いてもらいたくて、書いてます。

うちの2歳半息子(早産で1ヶ月早く生まれてます)の言葉の発達が微妙で中途半端なんです。
一応、地域の保健センターで言葉の教室へ月1通ってますが、具体的な指針が出なくてイライラします。
別に自分が自閉なので、子どもが自閉でも障害名が何であれ別にかまわないんですけど
息子にあった環境を用意したいと思うばかりで、焦る気持ちばかり募るこの頃です。
春に検査したときは「発語は遅れているが、理解はすぐれている」と判断され
療育機関よりも保育所が良いんじゃないかと言われましたけど、保育所は満杯なので待機中です。
(今は認可外の保育ルームに週2回だけ行ってます、高いのでこれ以上は無理で・・・)
来年度も多分入所は無理だろうと言われてます。頑張って交渉してますが。
(息子の発達の遅れ、母親が自閉症である、母親が在宅仕事してる、全ての理由を言うても、
 最優先の母子家庭とフルタイム共働きだけで埋まってしまうんだそうです)

今のところ、二語文は「パパ、お帰り」しか言うたことがなく(しかも2回くらいだけ)
単語の数も少ないです。
(まんま、パパ、ママ、おかえ(おかえり)、いたー(いただきます)、おいしい、などしか言いません)
(ときおり、来て、開けて、と言うときも、ごくたまに・・・)
なにやら「うにゃうにゃ喋り」はいつもしてるんですけど、具体的な単語の発音になりません。
言葉がなくともコミュニケーションできてしまうのが問題でしょうかねぇ…。
未だに指さしがないのだけ、非常に気になっていますが。
(こっちが言葉だけで言うたことは、だいたい理解しているので行動は出来る)
(息子はボディーランゲージ、大人を引っ張って連れて行く、具体的なものを大人に見せる、などで意思表示をしている)
(状況の判断力は優れていると思いますし、保育ルームでも無言なのに知恵が回ると言われてます)
(多動や感覚過敏はありません、こだわりもさほど強くないと思います、反抗期な程度かなと)

12月に再度、発達検査を予約しています。
今度は広汎性発達障害関連だけではなくて、身体的な言葉の発音機能面も見てもらいたいと思ってますが
はたしてどこまで詳細に検査してくれるやら。
息子にあった育て方をする指針が欲しいと、もがいているこの頃です。

ちなみに自閉の子を知っている人たちは「あなたの息子は普通の子だよ〜」って誰もが言いますが(汗)
母親が自閉なんだから、育児方法も変わってるせいとも思ってるので(爆)
そのあたりの自閉母対象のサポートが欲しいと思うこの頃でもあります。


ひとりごとモードです 投稿者:  投稿日:10月15日(金)20時25分13秒


ここに、昔からスペクトラ夢人の来訪が多いのは・・・・・・・、

多分、
「苦手なことを頑張りましょう」とか、
「あなたは変だから、それを治しましょう」とか、
「自分を捨てて、子どもの療育に全力で取り組みましょう」とかの
理不尽な発言が少ない場だからではないかな。


>息子にあった環境を用意したい

自分の存在そのものを無条件に肯定してくれ、、
遠くで、あるいは近くで見守ってくれ、
何らかの手段でコミュニケーションが取れる

そんな環境?

今、空音さんの方が、遠くから見守る環境が必要なのかな?
少子化で、結構空きのある園もあると聞くけど、
こればかりは、地域によって事情が違うだろうからねぇ。
何か良い案はない?  < 皆様

>言葉がなくともコミュニケーションできてしまうのが問題でしょうかねぇ…。

問題?

>言うたことは、だいたい理解している
>意思表示をしている
>状況の判断力は優れている

状況や身近な対人理解はクリアーし、自分の意志も出せているってことよねぇ。
ならば、
次は、その理解や表出が、より複雑で社会的な場面へとひろがっていくのね。

>母親が自閉なんだから、育児方法も変わってるせいとも思ってるので(爆)

そうそう、
より複雑な社会へのチャレンジが苦手なタイプの子なら、
母がお手本を見せられるってことやん。 ものごとはプラス志向でいきませう!


空音さんへ 投稿者:でんでん  投稿日:10月15日(金)23時22分0秒

保育所の件ですが、できたらの話なのですが、保育所の空きが多い地域に移住するのはいかがですか?3歳児クラスで入れないというのはかなり待機児童が多い地域だと思います。
近隣でもう少しましな地域はありませんか?
私は1歳、3歳の子どもを保育園に預けて、自営で働いていますが、待機児童が少ない地域なので、0歳でも年度初めならいれてもらえました。でも、隣の市では待機児童が多くてとてもだめだそうです。私は、妊娠中に今の地域に引っ越しました。
 まだまだ世間での認知はされていませんが、自閉スペクトラムの人が健常と言われる子どもを育てるというのは、耳の聞こえない人が、子どもに言葉を教えるのと同じくらい困難なことだと思うのです。でも聞こえない両親の子でも、小さいうちから保育園に行ってしゃべれるようにもなり、家で手話を覚えて、バイリンガルに育つことは可能なように、自閉者の子でも、保育園のサポートなどがあれば、本人の生来の個性に応じて、すくすくと育つことはできると思うのです。
うちの子は上の子はASみたいですが、下の子は健常のようです。私にとっては上の子より、下の子の気持ちのフォローが心配です。
たとえば、下の子をだっこしていて、上の子もだっこすると、下の子は上の子をおしのけようとします。私には下の子がなぜそんなことをするのか初めさっぱり分かりませんでした。
ちょっと考えて「お母さんを独り占めしたい(嫉妬の心)んだな」と分かったのですが、0歳からこの調子では先が思いやられます・・・(^^;)
保育園も入った後、ASの親は苦労しますよね。
私も、毎日決まった、持ち物を用意するのはできるんだけど、行事で特別に何か持っていかなければならない日などが苦手で、しかもアレルギーのため、行事に合わせた食事も用意しないと行けないのに、今日もすっかり忘れて、行事なのに普段の用意をしていって、あわてて家に帰って昼までに届けました。保母さんへの連絡も、ついつい私の思いこみの世界で、忘れていたりして・・・落ち着いて一つ一つできればクリアーできるんですが、子どもは泣く、回りは騒がしい。朝で時間がない・・・もう最悪です。空音さん偉いですね。子どもさんのために保育所にいれようというのは・・・どっちかというとうちは子どもと家にこもりたい気分です。


衣替え 投稿者:でんでん  投稿日:10月15日(金)23時27分42秒

うちの息子ですが、「さむくなーい」と相変わらず夏服です。
どうやら5月くらいに長袖を着ようとして、保育所の先生に「怒られた」ことを覚えていて、半袖にこだわります。カゼを引くこともなく、真夏と同じ格好をして元気です(^^;)
温度計を見せて23℃に線をつけ、前後に半袖、長袖の絵を書いてみたり、カレンダーの10月に長袖の絵をつけてみたりもしたのですが、初夏に保育所で怒られたということを持ち出して、「半袖じゃないとあかん」の一点張りです。
カゼをひくまでほっておくのもかわいそうなのですが・・・何か妙案はありませんか?


返信ありがとうございます 投稿者:空音  投稿日:10月16日(土)01時09分37秒

Mさんへ

書き込みをしてから、また考えてみたのですが
本当は自分はのんびりでいいやと思っているのに、実家の両親や義母がおせっかいなのが
辛いんだろうなと・・・思います。
つい先日も、実家の母が「あんた(私)にこんなに苦労させたのは、こういう風に産んでしまったから…」
などと言うもので、自閉娘が健常母をなだめておりました(爆)
(母にはカエルさんの本や、その他わかりやすそうな本を数冊貸して読んでもらったのですが)
(言動から予想するに、今は母自身が私を育てた過去を整理している段階のようです、
 50代母はきっと頭の中で革命が起こってるんでしょうね)

息子は基本的なところは理解できてるようで、誰がいると安心なのかも判ってるようで
保育ルームで園外保育をするときでも、自分が行きたい場所があるときは
勝手に行かないで、保育士さんを引っ張っていくんだそうです。
どこかへ行くときも、私の方をちらちらみて、ちゃんと親が付いてきているか確認して待ってます。
最近は手を繋ぐのが好きらしいですが(汗)

複雑な社会的場面、となると息子は経験がものすごく少ないですね(汗)
ようやく保育ルームの子ども達を一緒に遊ぶ環境が出来たくらいで。
ただ、自分は娘(幼稚園年長児)が3歳ぐらいの時に経験したのですが
公園とかで娘に「いっしょにあそぼうね、と誘う」とかの「関わり方」を
幼い子にどのタイミングで教えたらいいのかが判らなくて、かなり困りました(汗)
6歳になった今の娘には比較的教えやすいんですけどね。

でんでんさんへ

実は今年3月に転居したばかりなんです(汗)同じ地域内で。
当初は違う地域も考えてたのですが、夫の通勤が不便になるため反対され、断念した次第です。
でも待機の多い大阪なので、今の地域からちょっと離れても、どこも満杯だと思います。
息子は4月4日生まれなので、来年の入所でも2歳児クラスなんです(3歳になるのに)
それがまた、ややこしいところなんです。
まあ、3歳児クラスも「障碍児枠」扱いでも漏れてしまうことが結構あって大変だと聞きましたが。
4月生というのは余裕があるという良い面もあるんですけど、家庭で育つ期間が長い
(幼稚園だとすると、1年長く自宅にいる)という辛い面もあります。
今通っているクリニックの先生は精神の手帳3級でもとにかく取ろうよとおっしゃってますが、効果のほどは・・・。
(心理の先生ってば、専門医の診断書がきちんとあるのに私が自閉だと信じられないと言うんですよっ(爆)
(なもので保健センターで自分の困ってることを説明しても、平行線なんです)

子どもの嫉妬心って、私もビックリしましたよ。同じです☆
ウチも6歳と2歳が揃って「ママの取り合い」やってくれてます。
さすがにお姉ちゃんは少しは我慢してくれてますが、弟の方は大胆にお姉ちゃんを払いのけますよ〜。
そして姉弟げんかに発展する・・・(汗)

幼稚園は「保護者が楽できるところ(もちろん娘に合ってて)」を探して選んだので、
多分普通よりは楽と思いますが
(お弁当は月1回のみで手作り給食、延長保育毎日でも可能、行事ごとは親の出番が少ない、衣装系は先生が全部用意してくれる、など)
連絡プリントが多いので、マグネットボードに全部貼って毎日チェック、済んだら外して捨てるようにしてます。

息子のことばの教室主催の「遠足」だけは、育児サークルの経験から絶対しんどくなると判断したので
事情を説明して欠席させてもらいました〜。
どうしても無理なことは避けた方が良いと思ってますから(爆)


空音さんへ 投稿者:田舎猫  投稿日:10月16日(土)08時49分10秒

単語カード、2語文・3語文カードは言語訓練に使用されていますか?


田舎猫さま 投稿者:  投稿日:10月16日(土)09時17分24秒

ハンドルが・・・・。


使ってません 投稿者:空音  投稿日:10月16日(土)09時30分35秒

田舎猫さんへ

発達の検査をされた先生からは、そのような言語訓練などについて
何も教えてもらってませんし、するようにも言われてません。
どのようなかかわりかたが良いのかという指導も、全くありません。
私が自閉だと診断書も見せて伝えてあるのに、です。
(だからこそ、逆に不安なのです)

言葉の教室、というのも名ばかりで、どちらかというと「遊びの教室」という感じで
子ども達は毎回スタッフと一緒に色んな遊びをする「だけ」です。
発語を促す訓練などは、全くやってくれません。
この教室は将来的に「行き先」(療育機関・保育所・幼稚園・など)を振り分けるための
前段階という感じなのです。(ウチは保育所が適性、といわれてます)
だからこそ、訓練が必要なら早く療育機関を紹介して欲しいし、教えて欲しいのです。

ただ、周囲の発達障碍児をよく知る人たち(ガイドヘルパーさんや、ボランティアの人、その他専門の人)
からは、息子は心配のないことばの遅れだと思う、と言われるだけで・・・・・
一応、地元の障害を診てくれるお医者様情報はいくつか知ってますが
それを教えてくれた人も「息子さんは心配は全然無いタイプ」と言ってそれ以上踏み込んだことは教えてくれないんです。

まあ、療育機関も満杯なので、ウチのこのようなおそらく知的に問題のないタイプには
受け皿がないって事なのかもしれませんねぇ・・・・。
それならそうだと、正直に教えてくれればいいのに。
ハッキリ言うてくれたら、自分で違うところを探すし、別の所へ予約も入れるのに。


>心配は全然無いタイプ? 投稿者:  投稿日:10月16日(土)11時17分42秒

どれのことだろう???

    コミュニケーション   音声言語
 (1) 得意          得意
 (2) 得意          苦手
 (3) 苦手          得意
 (4) 苦手          苦手

  心配ないよって言う人は(2)のことを言っているのかもしれないね。
  私は、
  (2)〜(4)のタイプの子の指導をしているのだけど、
  すべてに共通するのは、
  伝えることの意味に気付き、伝えて良かったという経験を積む事だと考えている。

  幼児さんの教室では、それを遊びを通してするのではないかな。
  流石に小学校のことばの教室では、お勉強をするけどね。

  カードはね、絵の意味がわかる段階なら、
  ことばを覚えさせるためではなくて、コミュニケーションの道具として使うのね。
  例えば、リンゴとバナナとみかんの絵を並べて、
  「どれを食べたい? 」
  「リンゴ?」
  「では、リンゴを買いに行こう。」
  と、声に出して代弁をしてあげるというコミュニケーション。


  音声言語での絵の命名は出来ていても、会話での表出が難しい段階の子なら、
  コミュニケーション意欲を優先して、媒介に絵カードを使うことはあるよ。

  いずれにせよ、
  苦手なことからではなく、得意な事を使って、力を育てたいね。


今回の話題はこちらのHNで 投稿者:田舎猫  投稿日:10月16日(土)11時37分29秒

あくまでもウチの場合ですけど、メタ認知は優れていたので、絵カード使って教えました。
同時に、動物園などに連れて行ったり、家にあったりするものは、実物で教えました。
一般的な子でも、言葉掛けや単語を教えたりすることで、言葉は早く獲得できます。
その際気を付けることは、気長に憶えるまで待つことです。


秋ですね 投稿者:まつこ  投稿日:10月16日(土)17時25分49秒

>つい先日も、実家の母が「あんた(私)にこんなに苦労させたのは、
>こういう風に産んでしまったから…」などと言うもので

……それをいわれては、愚痴もこぼせないですね。
うちの母も、私のことをかわいそうがるので本当に参ります。

>ウチも6歳と2歳が揃って「ママの取り合い」やってくれてます。
>さすがにお姉ちゃんは少しは我慢してくれてますが、
>弟の方は大胆にお姉ちゃんを払いのけますよ〜。
>そして姉弟げんかに発展する・・・(汗)

行動による意思表示がとてもうまいんですね。
それにしても、空音さんが我が子の兄弟げんかに慣れるのは
大変なのでしょうね。声とか……辛いですか?

>複雑な社会的場面、となると息子は経験がものすごく少ないですね
個人差はもちろんあるでしょうが、
2歳代には子どもがたくさんいて同じ遊びをしているように見えても
相互のかかわりのあまりない平行遊びであることが多いように思います。
この時期に、母子やきょうだいのように遊びの展開をリードしてくれるような人との
マンツーマンの関係をしっかり経験していくことは大切だと思いますし
そういう整理された状況がコミュニケーションや言葉の発達につながると感じます。

>療育機関よりも保育所が良いんじゃないかと言われましたけど

家庭外の環境をということで選択するとすれば、ということであって
集団に入れなさい、ということではない様に思いますが。

ママの取り合いが始まったのはいつごろからでしょう?

>6歳になった今の娘には比較的教えやすいんですけどね。
>さすがにお姉ちゃんは少しは我慢してくれてますが

こういうお姉ちゃんがいる家庭は、理想的な環境になりうると思いますよ。
お母さんと言葉でやり取りする良い見本がいるんですから。

>だからこそ、訓練が必要なら早く療育機関を紹介して欲しいし、教えて欲しいのです。
>息子は心配のないことばの遅れだと思う、と言われるだけで・
>「息子さんは心配は全然無いタイプ」
つまり、息子さんをご覧になった専門家は
現段階で訓練が必要なタイプではないという判断をされているということですね。
で、空音さんは、遅れがあるのに特別な訓練をしないというのは、落ち着かないのでしょうか?

二人の幼児の世話は誰でも大変です。
当事者であるということから、「自分の育て方のせい?」とお感じのようですが
それはどうでしょう?
私には空音さんの苦手な部分についても、
息子さんはしっかり成長しておられると、書き込みからは思えました。



東京都支部の新刊行物のご案内 投稿者:YAMATO  投稿日:10月17日(日)21時39分44秒

みなさま
篁一誠先生講演記録T『自閉症の人とのかかわり方』自閉症療育講座〜自閉症児者と社会をつなぐために〜 を新しく
発売いたしています。
詳しくは、東京都支部HP メニユバ- 刊行物の頁をご覧下さい。
  http://www.autism.jp/index.html

尚、発送は10/25過ぎになります。


ありがとうございます 投稿者:空音  投稿日:10月18日(月)17時39分45秒

Mさんへ

うちの息子の場合、目で見て理解する力は年齢以上に発達してるそうです。
状況判断や、実物で練習する、などは得意だと思います。
あと、手先が器用、大人のマネと工夫はそれなりに上手かな。

発音がとても聞き取りにくいですが、少しずつ単語が増えてきているような気もします。
「おそと、じてんしゃ」…と今日は言うてたような?<発音がハッキリしないので、私のカンですが
これを言うて家の鍵を持ってきて、外へ行きたいことを意思表示していました。

ただ、今日は私はヘトヘトに疲れ切ってて家事もままならない状態で
外出が全く出来なかったんです。
子どもの遊びの欲求を叶えてやれない状況が多くて、とてもジレンマです。
せっかくのチャンスなのに、言葉が伝わって嬉しいと、思えませんよね、子ども側が。
食べ物や飲み物の選択や欲求、家の中でのおもちゃの選択・欲求にしても
お姉ちゃんとのバランスがあるし、だっこなどの甘え行為にしても
叶えてやれないことの方が多いので、そのうち何も言わなくなりそうで怖いです。

自分の疲労回復がもっと早くできるなら、子どもも外で遊ばせてやれるのですが
ちょっと子どもと一緒に外遊びすると、その後自分が3日ぐらい調子が悪くなるので、
最近は外遊びはボランティアさんが来てくれてるときのみ、という感じです・・・。
(自分が外ですぐに調子が悪くなるのは、心理検査した結果、刺激に極端に弱いせいだと判りました)
(治る、という性質のものではないそうです…ちなみに児童精神科医のお医者さんにて)

まつこさんへ

>それにしても、空音さんが我が子の兄弟げんかに慣れるのは
>大変なのでしょうね。声とか……辛いですか?

子どもの声自体が、かなり辛いです。
2人の声が大きいし、自分の欲求が通らないと更に大声になるので
「小さい声で!」と何度も注意しますが、息子はまだ2歳ですしね。
娘1人だったときは、まだなんとか耐えていたのですが、2人はさすがに許容量オーバーで
自宅の中でも耳栓をしていることがあります。

>ママの取り合いが始まったのはいつごろからでしょう?

ハッキリは覚えてませんけど、去年からなので息子が1歳半くらいから?かもです。
息子がしっかり歩けるようになってから、とたんに姉弟げんかが始まりました。
一番激しいのは夜寝るときにママ添い寝の取り合いで、
次に私がゆっくり座っているときに私の膝の上を姉弟で取り合いして
(押し合いへし合い)すごい大騒ぎになります。
小さい息子も一人前にお姉ちゃんを押しのけちゃうんですよ〜。

>こういうお姉ちゃんがいる家庭は、理想的な環境になりうると思いますよ。
>お母さんと言葉でやり取りする良い見本がいるんですから。

お姉ちゃんは、夏頃から弟と上手に遊んでくれるようになりました。
弟が喜ぶと「可愛い!」って言うて夢中になって相手してます(笑)
ただ、おせっかいが過ぎて「小さなお母さん」になってきてるのが何とも・・・。
お姉ちゃんはそんなに怒らなくていいの、叱るのはママの役目、と言うてますが・・・(^^ゞ

>空音さんは、遅れがあるのに特別な訓練をしないというのは、落ち着かないのでしょうか?

指針がないというのは、見通しが持てないので、落ち着かないというか、とても不安になります。
とにかく気持ち的にはマニュアルが必要、教科書が必要、なのです。
でも育児にマニュアルがないことも、重々承知していますが…(汗)

今息子が「おいしい」と言うて、お腹が空いたことを伝えてきた・・・(爆)
ええ加減に料理をしなくては〜。<しんどくても、子どもだけは食べさせないと飢えてしまうー。

http://motom.pinky.ne.jp/


ライオンは大きなネコ 投稿者:でんでん  投稿日:10月19日(火)04時32分29秒

また保育所で「行き違い」をしちゃいました。(^^;)
息子はネコにアレルギーがあり、喘息がでたりするので、ネコのいる家、住んでいる場所には行かないようにしています。今度、動物園への遠足はドクターストップがかかっているので、その旨は早々から伝えていた「つもり」だったのですが。
保育士:「えーー!!動物園行けないの?なんでもっと早く言ってくれないの?行き先変更できたかもしれないのに!!」
わたし:「いえ、ずっと前からネコのいる場所には行けないと言ってありますが(????)」
保育士:「ネコがだめだっていうのは聞いているけど、動物園がだめだというのは聞いていないよ」
私:「いえ、ライオンとか虎はネコですから・・・・」
家に帰って夫に話したら、
夫:「普通の人はライオンをネコだとは思っていないぞ」
私:「えっ!!ライオンは大きなネコでしょ!私の頭の分類ではそうなっている」
夫:「オレの頭の中の分類でもそうなっているけど、普通は犬とネコがペットで分類されていて、ライオンやぞうが別の分類になっているのだと思う。どっちにしてもおまえの言葉が舌足らずだったんじゃないか?」
 「ネコ」をより上のカテゴリーでくくった場合、通常「ペット」が上に来るのは私も知っています。だけど、アレルギーを起こすかどうかというのは「科学的な分類」をするべきものだから、ライオンやチーターを含めた「ネコ科」でくくるのが当然だと思いこんでしまったのですが・・・
それだけではなく、確かに私「動物園もだめ」って前にも言ったような気がしますが・・・
うーん、また思いこみの世界に入っちゃったかな???
さすがに「サリーとアン」みたいな単純な問題は正解できるけど、こういう複雑なのになると、自分の知識や、考えが、万人共通だと思いこんでしまうんですよね(ーー;)

まだまだ修行が足りないや。(^^)




やっぱり、とてもお疲れだったのね 投稿者:まつこ  投稿日:10月20日(水)11時18分47秒

>私はヘトヘトに疲れ切ってて家事もままならない状態
>2人はさすがに許容量オーバー
そいでもって、ヒザの取り合いで板ばさみ
>指針がないというのは、見通しが持てないので、落ち着かないというか、
>とても不安になります。

ここをご覧になっている育児支援の専門家の皆様
空音さんが提供してくれた情報を是非生かして
サポートの仕方を考えてくださるようにお願いします。

空音さん>
>私のカンですが
>これを言うて家の鍵を持ってきて、外へ行きたいことを意思表示していました。
私のカンですが、息子さんは自分の意志がお母さんに伝わったことは
感じているように思います。

>叶えてやれないことの方が多いので、そのうち何も言わなくなりそうで怖いです。
私のカンですが、相手に意思が伝わっていることを感じるのがうまい子の場合
相手に伝わっていて相手の都合で実行できない状況が多くても、そのことがわかるので
伝えることをまったくやめてしまうことはなさそうに思います。

>しんどくても、子どもだけは食べさせないと飢えてしまうー。
とってもしんどくて、食事の支度がなんとしても辛い時のメニューを
何段階か考えておいたりしたことがあるんです。
考えるのがしんどい時はそれも誰かに考えてもらうと楽になったりもしますね。

バナナと牛乳、コーンフレーク、ミニトマト、きゅうり、ハムにスライスチーズ
冷凍のホットケーキやたこ焼きやピラフ
6歳のお姉ちゃんでも「お母さんごっこ」の延長のように
自分と弟の食べる分を支度してもらってもいいような気がするんですよ。

私が子どもに本気で感謝できる場面は、
子どもの自己有効感を育てているということもできると思います。


はじめまして 投稿者:カケル  投稿日:10月21日(木)17時15分6秒

はじめまして、こんにちは。
私は今、言語聴覚士(ST)になるための学校に通っています。
STとは自閉症や脳疾患、その他の様々な理由で言語に障害のある方の言語訓練やコミュニケーション援助をする職業です。現在、あまり数は多くありませんが病院や施設などでSTが活動しています。
もし、言語障害のためにコミュニケーションに困っておられる方がいましたら、STに相談してみるのも一つの手段かもしれません。

初めての書き込みですので、もし、内容に失礼な箇所等ございましたら容赦なくご指摘下さい。


いえいえ 投稿者:  投稿日:10月22日(金)22時25分39秒

カケルさん、
ここにはSTの方も大勢訪問して下さっているんですよ。
“コミュニケーション援助をする職業”という表現、良いですね。


ところで、
ことばの教室でしているのは、
「発声・発語」「言語」「コミュニケーション」の領域の指導。

言語にも幾つか役割はあるけれど、
乳幼児期、学童期には、
“コミュニケーションの手段としての言語”
という視点は決して忘れてははならないものだろうなと思います。


今はまっているやりとり 投稿者:でんでん  投稿日:10月24日(日)04時35分47秒

もうすぐ4歳になる自閉傾向と言われている息子が母の私の前に来て、私の手を取ってあれこれのものを指さし、
「ユウ(息子)の目には熊さんが映っていて、熊さんが見えるの、おかあさんの目にはなにが見える?」と聞きます。私が「おかあさんの目にも熊さんがうつっているよ。熊さんが見えるよ」というと、にっこりしながら、また別のものをゆびさします。それがエンドレスに続きます・・・ちょっと発展して、冷蔵庫を指さし、「お母さんの目に、何が入っていると見えている?(息子の話すママ)」と聞くので冷蔵庫の中身を答えたら、「それは、ユウが食べちゃったよ!!」と妙にうれしそう。おもちゃばこや、せんたくかごでも似たようなことをやってくれました。なにか、新しい遊びのつもりなのでしょうか?それとも本人なりに意味があるのかしら?起きている間中、このやりとりにはまっているので、何か意味があると思いたいのですが・・・(思わないとやってられませんわ(^^:)
その延長で、「ここにボールがみえる」というお約束で、ボール遊びごっこをするようになり、実際のボールは怖くて受けられないんですが「ごっこ」では楽しそうに遊んでいます。
うーん、自閉の診断まちがっていたのかな??と思うくらい、想像力豊かな子だとおもうんですが。。。これもはまっちゃって、特に道具がいらない遊びなので、しょっちゅうせがまれて、少々うんざりしております。
それと、「なにがはいっているとみえている?」とか「おかあさん、絵本にきこえてーー(おはなしして)」とか・・・このへんてこりんな日本語はどこで覚えたんでしょう??でも「絵本にきこえる」のは私的に意味として正しいように思ってしまうのです。私は「絵本がきこえる(絵本は話さない)」「絵本をきこえる(きこえるの主語は息子、「絵本を」だと主語が母になる)」というのは間違いのように思い(()内は私がつけた理由)、息子もそう思っているようです。
でも、普通の会話を成り立たせようと思ったら、どこかで直さないといけないんですよね。何度言い直させても直らないのですが・・・ああ、そうか、主語があくまでも自分と言うことは自己中心的な世界から抜け出していないのね。それじゃしょうがないかも・・・(苦笑


和訳気分 投稿者:桃里  投稿日:10月24日(日)13時13分42秒

「絵本に聞こえて」自発
 ↓
「絵本に聞かせて」使役 

 だと意味は変わらないまま、文法上は正しくなるのだろうか。
  でも硬いなぁ。ニュアンスは「聞こえて」のがずっと可愛い。

そいえばうちのぴーちくん(4歳言葉が優位な高機能自閉症)は以前、
私がごはんを作ってると、

「早くできて!」

って言ってました。
コレ聞くたびに「うーん、この言葉を変換する日本語ってないなー」と思ってました。
「早く作って」だと文法は正しいけど意味が変わっちゃうし、「早く食べたい」じゃ命令の部分がなくなるし。
結局変換されないまま、最近は、「おなかすいたなぁ」「はやくたべたい…」になっています。
すごい意訳だ…(違)


桃里さんこんにちは 投稿者:でんでん  投稿日:10月25日(月)04時33分42秒

「はやくごはんできてー」はうちも言います。
「なにか食べるものちょうだい」とは言うけど、「おなかすいた」とはまだ言ったことがありませんね。そういえば。そのうち「日本語」に置き換わる日がくるのかな。


ようやく復活 投稿者:空音  投稿日:10月25日(月)09時27分4秒

発熱のためネットをほとんど見てませんでした(汗)なんとか復活です。

まつこさんへ
そんな訳でレスが大変遅くなりましたm(_ _)m

非常食は我が家の場合、定期的に生協で簡単調理のものを買っています。
あと冷凍ピラフ、冷凍焼きおにぎり、冷凍うどんセット、インスタントラーメン、ホットケーキミックスとかかな〜。
ところが夫が勝手に使ってしまう(夜食を食べたり)ため、私が使いたいときには無くなっていることがあるんですよ。
おやつにしても、子どものために買ってるのに夫が勝手に食べて無くなってしまうことがあるんです。
かといって「食べるな」とは言えませんしね・・・・。
予定外のことを夫がするため、混乱させられることがあります。
(夫はとても気まぐれなので・・・思いつき行動が多くてねぇ)
(今度、私の主治医に夫を説得してもらうつもりにしていますが)

昨日は子ども達をコスモス畑に連れて行きました。大変疲れましたが(汗)
少しでもいろんなことを経験させて、言葉の芽を育てたいなと思います。

今日は夫が「昨夜、中途覚醒で眠れなくてしんどい」で仕事休んで自宅におります。
何度も医者へ行けと言うてるのですがねぇ・・・。(うつ、および睡眠障害の医者へね)
夫がずっと自宅にいると気になって仕方ないので、気晴らしに息子を連れて外出しようかと思います。
本当に私はいつゆっくりしたらいいのでしょう(T_T


お大事に 投稿者:でんでん  投稿日:10月26日(火)06時19分54秒

私も疲れると(精神的に)発熱よくやります。本当にお疲れだったのですね。
我が家の冷蔵庫は子どもがアレルギーのこともありますが、家族それぞれ用に段を分けています。専用のマークをつけたテプラのシールをつけて。
夫専用のところに適当にレトルトをつめこんでおくので、夫にはそれを食べてもらい子どもの分に手を出さないようにしてもらっています。冷凍庫や、乾きものの食料も家族それぞれの場所を決めてあります。
ゆっくりする時間は、子どもたちが比較的熟睡する早朝に自分の時間をもらっています。睡眠時間は子どもと同じ時間に寝る事でキープ。でも週5日は保育所に行ってくれるのでラクしている方だと思います。我が家は大阪市中心部から30分ですが、比較的保育所事情がよく、自営で0歳児でも4月入所で保育所に入れました。空音さんの夫さんも疲れやすいご気質のようなので、お二人ともお大事にしてくださいね。


幼稚園の先生に対して。 投稿者:ちょみ  投稿日:10月26日(火)14時59分21秒

来春幼稚園に入園予定の5月生まれの4歳の息子がいるのですが、療育センターの先生方の意見が分かれており、どうするべきか悩んでいます。
特徴としては、言葉の理解に時間がかかり、長い説明や抽象的な言葉は理解できません。
「かたづける」という意味が理解できずに、「車を棚に入れてね」というと理解できます。
お遊戯など、いっせいにダンスをしたり、体操をしたりということもできません。
集中力に欠け、説明を半分聞いただけで、(工作など)課題に取り掛かってしまったり、します。
小児科の先生は知能などに遅れはないし、発達は十分標準に達しているので、園側にはなにも言わなくてよいと思う。とおっしゃりました。
でも、言語訓練の先生には理解に時間ががることや、わかりやすい言葉で繰り返して言ってもらえるように、遅れのことを話しておいたほうがよいとおっしゃいます。

私としては、あまり神経質になって、入園前から特別視されるのも避けたいし、かといって、入園してから子供が戸惑うのもさけたいのです。
ただでさえ、年少からあがってくる園児に混じって年中からはいるので、目立つと思うんです。(1クラス3〜40人のなかに、4,5名年中からの入園になります)
11月1日が面接なのですが、みなさんならどうしますか?


うちの場合 投稿者:まんさな(4歳の息子がアスペルガー)  投稿日:10月26日(火)22時00分51秒

ちょみさん

はじめまして。最近ずっとロムばかりしていたのですが、ちょっと気になって。
入園する幼稚園がどういう雰囲気のところかわからないので、アドバイスはできないのですが、うちの体験を。

うちは、早生まれで年少から入園し現在年中のアスペの息子がいます。
入園時は、まだ診断もついていなかったのですが、保健所で相談したりということはしており、気になることはたくさんありました。多動だったし、オウム返しだったし、こちらのいうことの理解も少ないという状況でした。
入園後の生活を心配し、私は事前に(3月ごろ?)園長先生にこういうところをちょっと気にかけてほしいという内容の手紙をかき直接もっていきました。(後にわかったことですが、その園にある幼児教室から通っていたこともあり、入園前の様子などは幼児教室の先生からも連絡があったようです。)入園後、園長先生にお会いしたときは、息子の様子を気に留めてくださっていたようで、様子について話してくださいました。

年少の秋に診断がついたので、すぐに幼稚園の先生・園長に連絡し、話し合いを行いました。
その後、手紙や電話などで、ことあるごとに連絡を取っています。
そのおかげか、年少・年中と同じ担任の先生にあたり、とてもよくしていただいていると感じています。運動会などの行事での対応もよく、苦手なこともわかってもらっているので、できなくても怒られたりせず、本人にとっては楽なのではないかと感じています。
お友達、先生に恵まれたおかげで今はかなり言語面などで伸び、成長したように思います。

たまたま、よいところにあたったのかもしれませんし、たまたま、よい時期に伸びただけかもしれません。でも、私としてはこの対応で間違っていなかったと思っています。

診断がついていようが、いまいが、自分の子どもの状況をうまく伝えて、幼稚園の先生方に理解してもらうのは、向こうにとってもやりやすいのではないか、と思います。(もちろん、伝え方などはむずかしいかもしれませんが)
入園前に先入観をもたれるのがこわい、と思われるなら入園してからでも、少しずつでも大丈夫だと思います。ただ、ロッカーの位置などわかりやすいところに、などの希望があるようなら、面談で伝えておくというのも手かもしれません。(そういった配慮がなくても、大丈夫なお子様なら特に必要ないかもしれません。)地域性や幼稚園の雰囲気、ちょみさんのお考えはどうなのかがわかりませんが、一番よい方法が見つかるといいですね。

ちょみさんのお子様が楽しく幼稚園生活を送れます様に。


うちの場合 投稿者:コマサコ  投稿日:10月27日(水)07時28分46秒

ちょみさんへ

はじめまして。うちには2才8ヶ月の自閉症の息子がいます。
いつもロム専門ですが、出てきてしまいました。スミマセン。

うちの息子の場合には、診断がつく前に入園しました。
入園する前から、相談所などで相談をして入園と同時に
相談所の療育へ月2回の半年通っていました。

入園面接の時に、発達に遅れがあるということを伝えましたが
うちの園の場合には、まだ2才なのであたりまえという感覚でとられていたようです。
入園後、息子の苦手な場面や言語に遅れがあること(言語はほとんど使えません)
相談所へ相談していることなどを
毎日の連絡帳へ書くことで息子のことを伝えていました。
それから診断がついてからは、先生達へ話をさせてもらったり
園長先生と話したりといったこともしました。
困った場面がでてきたら、相談所の心理の先生へ園訪問してもらったこともあります。
とにかく、息子の状態を伝えたことは園側も助かっていたようです。

ちょみさんの息子さんに、幼稚園が楽しい所だと思ってもらえるように
息子さんの苦手な場面や言語の理解が少し難しい面もあるということなどの
配慮はしてもらったほうがいいような気がします。
やっぱり、言葉が伝わらない・理解できないのは本人が一番辛いと思うのです。
解りやすく丁寧に伝えてあげれば理解できる子どもであるのなら
そういったことは、毎日通うことになる園生活では重要なことだと思います。
(あくまで私個人の意見です)
園生活では先生とのやりとりだけではなく、他の子ども達との関係もありますし
得意なことも苦手にならないように、園が楽しめるように
ちょみさんのペースで先生に伝えていく方法を考えられてみてはどうでしょうか?


うちなら 投稿者:まつこ  投稿日:10月27日(水)12時52分48秒

子どもをたくさん見ていて、少年の様子を見て
何でもないと思う人はいなかったと思うのでそういう迷いはなかったですが

療育センターに通っていた仲間のなかには
特にそのことに触れずに幼稚園に進んだ子もいました。

でも、ほかの子より、ちょっと手と目をかけてもらわないと子どもが困るだろうということは
伝えておられたようですよ。
そのことを母親である自分もわかっているということをね。

園の側から考えてみてください。
ちょっと個別の配慮(一言声かけを多くするとかね)をしたほうがいいかなと思っていても
そのことを保護者に伝えて、怒らせたり、ショックを受けさせたりしたら……って
そこからスタートすることになりますから。

こういう伝え方なら
何事もなくうまく行けば「ちょっと心配性のお母さん」になるだけです。

掲示板過去ログ案内に戻る