2004年11月その1
面接行ってきました。 投稿者:ちょみ  投稿日:11月 1日(月)17時07分46秒

先日は大変お世話になりました。
先ほど幼稚園の面接に行ってきました。
集団面接、親子面談はなんとかクリアでき、入園許可をもらえたのですが、
制服の採寸になって・・・やっぱりやってしまいました。
広いホールだったので、楽しくなってしまったのか、走り回りなかなか試着できずに、閉口しました。やっと着たと思ったら、今度は脱いでくれなくて(><)
他の方を待たせてしまいました。
言葉のことや、お遊戯が苦手なことは伝えましたが「お友達がやっていたらやるようになるのではないか」みたいなことを言われました。う〜ん、そう思いながらサークルに3年通ってるんだよぉ〜(^_^;)
ま、言うだけのことは言ったので、あとは入ってからおいおいわかってもらえるかな。と。
さんざんな一日でしたが、ひとつ良かったのは、主人も一緒に行ったので、私が言っている「他の子供とは違う」ということがよく理解できたようです。いままでは、「気にしすぎ。4歳児なんてこんなもんだろ」といっていたのですが、あまりにも他の子供と比べて落ち着きがないということをわかってくれたようです。
帰り道で子供をしかりつけていました。←言ってわかる相手じゃないのでそれも違うんですけどね。(^_^;)
これからもいろいろと大変かもしれませんが、頑張ります。


面接お疲れ様ですm(_ _)m 投稿者:桃里  投稿日:11月 1日(月)19時47分20秒

ちょみさん&お子さん面接お疲れ様です〜(ぁ、パパも←ゴメンナサイ)
とりあえずおくつろぎ下さい。まま、ざぶとんでも…
無事入園先が決まったようで、一安心ですね。
>制服の採寸になって・・・やっぱりやってしまいました。
ひとつくらいやっとかにゃ!
うちもそういう小さいのはイロイロとやってます。
(幼稚園の先生と真剣に話し合いをしててふと気がついたらコドモはソファーの背もたれの上〜とか)
>言葉のことや、お遊戯が苦手なことは伝えましたが「お友達がやっていたらやるようになるのではないか」みたいなことを言われました。う〜ん、そう思いながらサークルに3年通ってるんだよぉ〜(^_^;)
うち、入園後、お遊戯けっこう好きになったのですが…
「好きになった」のと「できるようになった」のは別でした。あはは(^▽^) 
↑つまり、けっこう「好き」だけど「できない」
(動作模倣がとても苦手なので、しょうがないですね〜)
ちょみさんのお子さんも、入園したら世界が広がって、好きになることやできることも増えると思います。お楽しみに…(とか言っていますが、去年の今頃は鬼火をしょって歩いてるぐらい不安でした;)

そして旦那様、現実を直視されたようで、良かったです。
これを機に、パパも変わられていくかもしれませんね。楽しみのような、怖いような?

大変な行事を終えたので、とりあえずひとやすみしてくださいね。お疲れ様でした。


怖くて仕方ありません。  投稿者:悩める母  投稿日:11月 3日(水)05時06分56秒

いつもROMで勉強させていただいてる者です。「噛み付き」という言葉に反応して出てきてしまいました。現在年中の一人息子のことで相談させてください。
 息子は0歳代で既に身体面の遅れがあると言われ(1歳7ヶ月で歩行)、2歳では発語が無かったものの、目が合えば笑う、名前を呼べば振り向く、簡単な言語理解はあり、多動・パニック・偏食等が殆ど無く、主治医からは「自閉症ではない」と断言されてたんです。
 しかし、3歳で保育所に入れた直後、言葉が出始めてから、自閉症の疑いが・・単語はどんどん増えたけど、絵本の暗唱ばかりで会話にならない。発語の前に既に50音の並びは異常な速さで覚えてたし・・・3歳半、別の場所で自閉スペクトラムと診断されました。
 といっても保育園ではパニックになったり問題行動が一切なく、集団行動のとれる大人しい子・・・身辺自立は2歳代、手先も不器用、何より小心者だから、できないことも多いのですが、手の掛からない子。いつもニコニコして、頑張っていると・・・。
 だけど、内心やはり色々我慢しているのでしょう、4歳から手順や私の行動へのこだわりが始まったんです。トイレ、洗面、電子レンジやトースターの操作、洗濯等、物書き等決められたものについて、一度自分が介入しなくては気がすまない。
 特に、電話には憎悪感があるようで、電話が鳴っただけで、受話器を投げ飛ばすようになってしまいました。(今は押入れに隠して、私は絶対出ない。夫だと「お父さんは電話」とか言って笑って過ごしてる)
 そして、何か気に入らないことがあると、私の顔を叩く、眼鏡を飛ばす。。。そしてついに先日、軽く噛まれてしまいました。なるべく平気を装ってましたが、今夜も歯の仕上げ磨きをしてるとき急に怒り出し、私の方に向かってくるその顔に「噛んでやる」って書いてあって。。。夫に抑えてもらい、なんとか気をそらして実行させませんでしたが、「一瞬の狂気」が、もう、怖くて怖くて・・・。普段は本当に聞き分けよく大人しく、にこにこしてるのに、どうして・・・?
 このほかにも、何でも臭いをかいだり口に入れたり、最近は「注意書き」を読んで、それと逆のことをやることに凝っている様子。石鹸をなめてみたり、ビニール袋をかぶったり。「かぶってはいけない」とか言いながら。
 今年の3月でIQは50そこそこ。保育所では「状況判断できてる」という評価。友達の名前や顔、誕生日も全て覚え・・。数は1万まで数え、目次の検索の仕方や英語も知りたがり、教えればどんどん覚え、規則的な応用はできている。「ぼのぼの」等の漫画を見て、おかしいところや変な言い回しが出てくると、大笑い。駄洒落が大好きで、しょっちゅう、思いついては言ってくる。いっぱい甘えても来る。


怖くて仕方ありません。(続き) 投稿者:悩める母  投稿日:11月 3日(水)05時08分42秒

 今のところ、他害の意思(?)は身内に対してのみだけど、「知らない人に触ってはいけない」と言いながら通行人の胸(これも相手は微妙に選んでいる)を触ったり、私や夫がそばにいると、小さい子の頭を叩いて泣かしてしまうことも増えてきた・・・。

 もうとにかく、何が何だか分からない。成長とともにどんどん悪くなっていく息子、小さいときの様子とあまりに違いすぎて・・・。例えば動物園につれてっても、2歳代では、動物に興味を示してニコニコしていたのに、最近行ったら、掲示板や溝にばかり気を奪われ・・・(ま、少しは動物も見ましたけど)。知らない人を触りまくって、私たち、もう気が気でなくて、疲れ果て・・・あの可愛かった息子はどこに行ったのでしょう?

 何より、「強度行動障害」ってこういう感じのことをいうのでしょうか?(最近たまたま「低機能広汎性発達障害なんてこわくない」って本を立ち読みして、すごくすごく怖くなったんです)パニックって、皆さん、具体的にどういうものですか? 私の知る限り、パニックといっても泣くだけとか、自傷だったり(それも辛いでしょうけど)。それと、母親の言動にこだわるお子さんも私の周りにはいないので・・・。

 最近、やはり「こだわり」は不安感・ストレスが原因だろうと、自閉に詳しい療育の場にも相談に行き、スケジュールを取り入れたり、声かけを少なくしたり、ドアや消音スイッチを使って音に反応しなくてすむような工夫をしたり、保育園の先生方にも、できるだけ事情を説明して協力を促したり(難しいけど)、できる限りのことはやってるつもりですが・・・。何か追いつかず、しかもどんどん悪くなるようで怖くて仕方ないのです。
 何ができなくても、普通にならなくても全然構わない、だけど、暴力だけは悲しすぎるのです。育てていく自信も、自分自身、生きる気力も無くなってしまう・・・。

 長々と愚痴になり、申し訳ありません。「攻撃」を増長させない方法や、様態が一定しない、または急激に変わったお子さんの例等ありましたら、アドバイスいただけるとありがたいです。弱気な私への喝、でも・・・。本当に強くなりたいのですが、子供以外のこともトラブル続きで、苦しくて眠れません。どうかよろしくお願いいたします。


悩める母さんへ 投稿者:朝倉玲  投稿日:11月 3日(水)07時53分15秒

初めまして、朝倉です。

うちの子は診断名がADHD(でも、自閉スペクトラムの傾向も強い)なので
直接どうこうアドバイスができないのですが、
今、悩める母さんにはレスが必要なようだな、と感じたので
場違いを覚悟で出てまいりました。

成長と共にお子さんが「悪く」変化していくように見えることは
きっと本当に恐ろしいだろうと思います。
特に、小さい頃「問題がない」と見えていたお子さんであれば、なおのこと。

でも、実際には、成長に連れて出てくる変化というのは常にあって、
上のレベルに発達したからこそ起こってくる混乱というのもあるものです。
これは障害の種類にかかわらず、共通して言えることだと思います。

今、悩める母さんに一番必要なのは、
自分のお子さんが「今、どういう状態・気持ちにあるか」を知ることだと思います。
そこが分かることで、その先、どう対応していけばよいかを知ることができますから。

本としては、私は「高機能自閉症・アスペルガー症候群『その子らしさ』を生かす子育て」(吉田友子・著/中央法規)をお薦めしたいです。
子どもの視点に立って、「なぜ、そういうことをするのか」について書かれているので
自閉スペクトラムを初めて知る親御さんにも、とても分かりやすいです。

パニック、噛みつきに関しては、
きっと他の方たちから、私よりずっと適切なアドバイスがあるでしょうから
私はこのくらいにしておきます。
失礼しました。

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


うちも最近スゴイっすっ! 投稿者:ひいろ  投稿日:11月 3日(水)14時56分41秒

自閉症+知的障害(♂小3)がいます、ひいろです。

いや〜、ウチも最近スゴイんですよぉぉぉぉ〜っ!!
ニコニコ笑ってたかと思うと、突然泣き出したし怒ったり。
突然くるのでもびっくりしますよねぇ。
でも「突然」も日々「突然」だと「突然」ではなくなり(爆)

ドラの場合ですが、やっぱり突然知らない女性の胸を触ったりするのです。
で、いろいろと観察していた時気づいたのが
「洋服が気になるのかも?」と思ったのでした。
触る洋服はスパンコールやらベイズリーやらで、無地の洋服の人はいなかったからです。
なので「うーん。きれいなんだね。気になるんだね。でも人の洋服だから触りません」
と説明しました。ウチは重度なので、それが理解できるかどうかはわかりませんが(笑)
最近は触る事は少なくなったのかもしれません。
それが理解できたとは思っていませんが「キラキラなら家にあるよ〜」と
キラキラなシートを買ってやったり、以前毛糸を買った時にオマケでもらった糸見本や
パソコンソフトのカタログとか(いろんな壁紙やらがある)
そんなものを、おもちゃや絵本の替わりとして見せています。

・・・・まあ、そんな事だけですぐに解決できないのも事実ですけど・・・

ウチも最近は完全なる「かかわり障害」です。
家にいる時に、母に要求に答えなかったり、手が離せなかったりすると
それだけで、ひっくり返って怒ります。
昔のドラを知ってる人にとっては、びっくりするような話ですけど。
4歳の時、親が部屋にいてもいなくても、全く反応なしだった子だったので。

実は私、今年学校のPTAの役員をやっていて
学校でドラとバッタリ逢ったりする事があるのですが。
以前のドラなら知らんぶりですが、最近は母がいると「帰るの?」となってしまうので
保護者用の名札カードに「仕事中」のカードも付けて持ち歩いています。
すると一応納得してくれます(笑)
なのて、家でも「仕事中」カード付けようかと、考えています。
・・・せめてごはんの支度だけでもさせてくれーっ!

でもこれって、よくよく考えると
「ただいま勉強中」とか「ドントディスターブ」と同じですよね?(笑)


思い出してます 投稿者:こくっぱの母  投稿日:11月 3日(水)20時30分55秒

こくっぱが年少〜年中の頃、母と担当の先生は噛みあざだらけでした。
なぜか、他の人は噛まないのに、特に母は血がにじむほど噛まれてました。
噛まれた時は手を引くと傷がひどくなるので、
顎の付け根を噛まれてないほうの手でぎゅっと握ると、口が開きます。

今考えると、こくっぱが母を信頼し始めた頃で、その母が思うようにしてくれないと
強烈なストレスが発生し、母に噛みついていた気がします。
噛む人を選んでいるのなら、噛みついた相手にわかって欲しい事があると思います。
絶対に、理由があるはずです。
何がストレスなのか、見つかるといいのだけど。



難しいね・・。 投稿者:  投稿日:11月 3日(水)21時34分26秒

右向け右と言ったら、
    右を向かずにはおられない状態になる子と、
    左を向かずにはおられない状態になる子と、
両方いませんか?

上の方の子は、大人から見ればよい子だし、“素直”という肯定的な評価をもらえます。
下の方の子は、大人から見たら困る子だし、“反抗的”と否定的に見られがちです。

この両者、正反対に見えるけど、実はどちらの子の中にも、
もともと“状況が見えにくい、先の予測ができにくい”とう同じ特性を持つ場合もあるのではと思います。

この子たちは、もしかしたら乳幼児の頃から、
見知らぬできごとや人に遭遇したときに、養育者の表情などから次の行動の手がかりを得ることや、
その後の、状況や対人理解、社会的な慣習やルールを了解することなどが苦手、
つまり、ソーシャルスキルの学習も困難が大きい子という点でも共通していそうです。

>最近は「注意書き」を読んで、それと逆のことをやることに凝っている様子。
>石鹸をなめてみたり、ビニール袋をかぶったり。「かぶってはいけない」とか言いながら。

社会のルールが学びにくい、わかりにくいという特性を補う為に、
書かれたことを確認し自分なりの秩序、ルールを作りあげているという事なのかも。
  < うん、確かに、確認するには、書かれたことの反対をしてみるのが手っ取り早い。。。。


そんな時、 投稿者:  投稿日:11月 3日(水)21時57分55秒

親を含む指導者がすること、できることは・・・。

<信頼感を築いていくこと>
   “安全基地” 不安感を和らげる。安心感を育てる。
   “社会的参照の対象” 信頼できる人が、どのような態度を示すか、どう言うかというのは、今後の
    社会理解に大きな意味をもつ。

<毅然として駄目なことは駄目と理解しやすい方法で伝えていくこと>

   >何か気に入らないことがあると、私の顔を叩く、眼鏡を飛ばす。。。

   それはある意味、試し行動になっているのかもしれない。
   (文字や図で説明したら、わかりやすくないですか?)

   >4歳から手順や私の行動へのこだわりが始まったんです。

   その独特のルールや秩序に敬意をもって接すること。
   (いつも通りにことが運ぶ事で安定できるのね。この長所をお手伝いなど家での役割分担に
    利用できないですか?)
 
   >私や夫がそばにいると、小さい子の頭を叩いて泣かしてしまうことも増えてきた・・・。

   これも試し行動・・・? 
   いや、困らせたり不快がらせる言動をわざとしてというより、
   お母さんやお父さんの反応から、しても良いことか悪いことなのかを確認し、
   彼のルールブックの中に書き込もうとしている?
   (これも、その場で毅然とした簡潔なことばなどで “駄目に代わる良い行動”を伝えることが最優先だね。)


今まで指導したことのある子の似ている特性を念頭に置きながら考えてみました。
でも、本当はどうなのかは、掲示板だけではわからない。
日常、お子さんに接しておられる方で、お母さんと一緒に考えてくださる専門家の方がおられると
良いのだけど・・。


関係作りの生みの苦しみ 投稿者:まつこ  投稿日:11月 4日(木)10時45分47秒

>「強度行動障害」ってこういう感じのことをいうのでしょうか?
いいえ。違うと思います。

悩める母さんの書き込みにあるような状態は
自閉症スペクトラムの幼児には
発達検査の結果の数値とは関係なく、一般的に見られる状況だと思います。

特に
>母親の言動にこだわる
なんて、定番中の定番ではないかしら……

>普段は本当に聞き分けよく大人しく、にこにこしてる

いるほうが、不愉快なことが起こりにくいということを学んだ子は
自分が耐えられる限界ぎりぎりまで、
ニコニコしている、という場合もあるかもしれません。
切羽詰って、暴れたり、噛み付いたりしてみたら、
不愉快な状況が回避されるということがあると、
その手段はその子にとってはとても有効な自己防衛になる。

> 最近、やはり「こだわり」は不安感・ストレスが原因だろうと、
>自閉に詳しい療育の場にも相談に行き、スケジュールを取り入れたり、
>声かけを少なくしたり、ドアや消音スイッチを使って音に反応しなくてすむような工夫をしたり、
>保育園の先生方にも、できるだけ事情を説明して協力を促したり(難しいけど)、
>できる限りのことはやってるつもりですが・・・。
>何か追いつかず、しかもどんどん悪くなるようで怖くて仕方ないのです。

わかります。私は少年(自閉症・中1)が4歳から療育センターに母子通園したのですが

「思い描いてきた一般的な子育て」と違うことをしなくてはならない
何が苦しいって、自分がしていることがいいのか悪いのか、どうしたらいいのか
自分がまちがえたら、失敗したら、この子はどうなるんだろう……って。。。。
療育センターで先生に愚痴ってベソベソと泣いたことがありますから。

でも、今になって言えるのは
あれから私がしてきたことも、
それまでしてきたことと、まったく違うことではなかったということです。

ただ、いわゆる子育て本や一般的な子育てテクでは間に合わないことは確かで
あのころはまだ少なかった「療育本」もそのまんまつかえるものはありませんでした。
彼の行動はやはり独特だったし、私もまた私らしく暮らしたかったからです。

こちらから見れば、驚くような行動も、不思議な生活ルールも、
彼にとっては何か理由がある、ということが基本だと思うようになりました。

悩める母さんにとってだけでなく
お子さんにとっても、

おこさんに何か気に入らないことがあったときに
>私の顔を叩く、眼鏡を飛ばす。。。
>噛み付く

よりも、もっといい方法でコミュニケーションできるといいですね。

なによりもまず、何らかの方法でしっかり眠ってくださいね。
睡眠不足になるとろくなことを考えませんから。

ここには何回かリンクをはったと思いますが
もう一度、ご紹介したいです

「閉じた情報の環っか 俺ルールの世界に生きる人々」


他の親御さんへの説明 投稿者:でんでん  投稿日:11月 4日(木)22時12分27秒

頂いたアドバイスなど参考に息子に向き合ってはいるものの、やっぱりかみついてしまうようです。本人も、「お友達をかみません」といいながら登園し、迎えに行くと、「かまなかったよ」「かんじゃった・・・(その後言い訳が続く)」という調子で、神社に行っても「かまないよい子になりますように」サンタクロースにも「かまないので、プレゼントください」・・・頭の中がかみつきのことでいっぱいになっているようで、逆に気になるのですが、実際にトラブルになるとやはりガブっといってしまうようです。(やや、かみかたが甘くなってきた気もしますが・・冬で衣服が厚くなったせいもあるのでしょうが)
 保育所でも担任の先生と話をしていて、2歳児くらいなら発達の段階として、お互い様という面があるけど、もう4歳なので噛む子もほとんどいない状況なので、懇談会などの時に一度、うちの息子の対人関係の弱さなどを説明して、理解をもとめるのがよいのではないだろうかとのことです。かみつきにたいしてだけではなく、他の変わった言動についても、話せば分かってもらえるのではないかともいわれたのですが。
確かに、何人かの他の保護者の方からは
「ちゃんとしつけていないのではないか」
「このままだといじめられる。いじめられてもしょうがないことをしている」
などと言うひともいて、実際、自分の子がかまれて、気分が良い親などいるわけがなく、
社会性の弱さなどといっても、言葉が一見普通以上に巧みに見えるので、なかなか理解されません。 私自身懇談会などという席が非常に苦手で、しかも数人ならともかく十数人以上の間で、かみあった話をするというのは最も苦手とすることで、理解してもらうことが大変難しいのではと危惧しています。
お手紙というのも考えましたが、おそらく読んで欲しい人に限って読まれないだろうというのと、文書にしてしまうと一人歩きするおそれがあるというので、できれば口頭にしたほうがよいだろうという意見もうかがいました。

・かみついてしまった相手には大変申し訳なく思っていること
・かみつきをなくすよう真剣にこどもとむきあっていること
・厳しくしかって対処できるものではなく、本人のストレスを減らし根本から対処したいこと。
個人的には以上三点を説明して、息子自身の発達障碍については、対人関係が苦手である程度にとどめておこうと思っているのですが・・・
 どうして花火大会に来ないのか、ファミリーコンサートは出席したけど、マイクがハレーションをおこした瞬間外に飛び出すのか、そして二度とコンサート関連に来ようとしないのか?本当は行事の際の役もあるので、参加は必須なのですが、今のところほとんど欠席させてもらっていて、そろそろ行事の度に病気になるのも限界で、(^^;)結構辛いものがあります。


もしも頭で考えるより前に、してしまうと仮定するなら 投稿者:桃里  投稿日:11月 6日(土)17時45分24秒

でんでんさんへ。
懇談会のこと、全然助けになれそうもありませんm(T T)m すみません…
が、少し気づいたことがあるので、書いてみます。

先日、うちの4歳高機能君ぴーちが、小さい子に叩かれ、スコップで叩き返したという話を、本人と目撃していたママから聞きました。
それで、子供と話をしたり、ロールプレイングしたりしたのですが、
その時ふと気がついたことがあります。

ぴーちは、私に説得され、「小さい子が叩いてきた時、叩き返すのは?」
ぴーち「絶対いけない(^▽^)/」
しかし、ロールプレイングで私が小さい子役になって、ぴーちの大事な物を奪い、あまつさえ彼を叩いた時、彼は叩き返そうとして、そこでハッとして手をとめました。
ロールプレイングだったから、手を止めました。しかし、ロールプレイングでなかったら、叩いていたはずです。
私は思いました。この子は、「叩かれる」→「叩き返す」というのは、パターンとしてやっている。
つまり、叩き返す時は頭で考えず、反射的にやっている、ということを。
そしてその相手が、「戦いごっこ中の同じ年の子(遊びとして叩いても良い)」、であるか「幼い子供(絶対に叩いてはいけない)」であるかの判断は、とっさにはできない、ということを。

そこででんでんさんのお子さんのことを思い出しました。
もし何かのスイッチ(きっかけ)を押されると反射的に噛んでしまうのなら、頭で考える前にすでに噛んでしまっているわけで、本人自身も困っているのだと思います。
考える前に反射的にやってしまっているのなら、理由も後で自分で推測して話すことしかできません。

…できれば、その場に、噛みそうになったら止めて、「噛まなかったね!」とほめる、違うパターンに切りかえる助けをする、そういう人間が、園にほしい、と思いました…
他の子がお子さんに対して怒った時、その場で説明できる大人がほしい。いじめがおきそうならいじめを防ぐ大人がほしい。
彼の自力の成長を頼むのは、ちょっとキツイと思いました。また、先生一人だけでは、とっさの行動に反応するのは不可能です。
加配…つける手立てがあるなら、もう一度考えてみてくれないでしょうか。
厳しいことを言って、本当に申し訳ありません(j-j)


ありがとうございました。 投稿者:悩める母  投稿日:11月 8日(月)04時09分49秒

朝倉玲様、ひいろ様、こくっぱの母様、M様、まつこ様、
お忙しいのにアドバイスと温かい励ましを頂き、本当に本当にありがとうございました。
M様、ここは本当によく管理された安心できる掲示板であり、文字通り学べる場所ですね。
そして書き込んでくださった諸先輩方、いずれのホームページも過去に訪れさせていただき、皆さまみたいに強く賢くなれたら、といつも尊敬しておりました。感情的な文章に、こんなにレスいただけるなんて夢にも思わず、恐縮です。開眼点も多くありました。

 あの日は、実は親子遠足で動物園に行った当日であり、息子は風邪ひいてたのに「楽しみにしてたから」半ば無理やり連れて行ってしまったので、一番調子悪かったんですね。それで、色々と悲しいことが起こってしまったので、すごく辛くなってしまったんです。
先に書いた本があまりにも怖かったので自信がなくなってしまってた矢先のことでした。
 恥ついでに申しますと、息子以外の不安材料が我が家には絶えなくて。息子が産まれる直前から急に身内が亡くなったり、何か楽しみにしてることがあると当日に事故や火事にまきこまれてぽしゃったり、夫が不運続きで職を転々としていて、経済的にもどん底で。(夫の精神も不安定で、息子を叩くこともある。悪いと分かってて抑えられないようで、息子と似てる。)
 それでも毎回何とか気持ちを建て直し、自分の心の基準をどんどん低くして、明るく明るく努めてるつもりだったんですが、最近、親の痴呆・介護問題まで入ってきて。正直、自分がパニックに入ってます。でも、皆さんがアドバイスしてくださったこと、参考にして、もう少し気を落ち着けて頑張るつもりです。

特にまつこさまが書いてくださったこと、私の心を代弁してくださいました。
>「思い描いてきた一般的な子育て」と違うことをしなくてはならない
>何が苦しいって、自分がしていることがいいのか悪いのか、どうしたらいいのか
>自分がまちがえたら、失敗したら、この子はどうなるんだろう……って。。。。

そうなんです、今、私は本当にそんな感じでビクビクしています。
保育園では、こだわりやパニックがなく先生の指示に従い、歌や遊戯を喜び、行事に参加し、他の子と同じようにやろうと努力するのに、私の前では反抗的、パニックになると泣くだけでなく暴力的で(先生は他の子も自分の力を試す時期ですと言われるが)、じゃあ私なんていない方が、この子はよっぽどいいんじゃないかと思ってしまうし、腹も立つ。
 「自信」そう、今、私に一番必要なのは、これなんです。息子は元々多動や無反応等の苦労がなかったのは有難いんですが、物理的にできるようになったことが少なく、私には子育ての達成感が全くありません。認知・言語は伸びていて療育の先生は毎回手ごたえを感じておられますが、何か私自身が手を入れてできたことって・・・?初めての子育てで(しかも自閉で)手探りとはいえ、ウツもあって怠慢でダメな母だと思います。ただ、子供の気持ちは常に考えてるつもりだし、息子の独特言語は私が一番分かるし、9割方はラブラブ(?)なんですが、それだけに後の1割、突然不満のはけ口のように、私の行動にこだわられたり暴力ふるわれると、辛いんです。(息子も辛いとは思いますが)

 また、息子のような状態のお子さんって、私には見当たらず、何か寂しい気持ちもいつもあるのです。「皆それぞれ違う」ということは分かってるつもりですが、つい・・・。

息子はあの日、生まれて初めて泣きながら眠ったんですが、今日は幸せそうに眠りにつきました。沢山の不安材料で押しつぶされそうですが、私も、もう少し眠ることにします。


親自身が 投稿者:朝倉玲  投稿日:11月 8日(月)08時36分34秒

いっぱいいっぱいになってしまうのが、本当に辛いんですよね。
本当はこうしたい、こんなふうにしたい、と思う気持ちはあるのだけれど
どうしても、それができない苦しさ、辛さ。
それが自分自身を追いつめるし、子どもにも辛い思いをさせるのだと思うと、なお辛くなって・・・。

ここに集う人たちも、
書き込みに書く書かないは別にして、いろいろなものを抱え込んでいます。
いっぱいいっぱいになって、精神的に身動きとれなくなってしまうときも。

そういうときには、無理せず休みましょう。
休めば、きっとまた元気が出てくるときが来るから。
他人の助けも借りましょう。
困っているとき、苦しいときに助けを求めるのは、恥ずかしいことでもなんでもない。
相談すれば、きっと、理解して手をさしのべてくれる人たちはいますから。
ただ、みんな、どうやったら手助けができるかわからないでいるから、
こちらから声を出さなければ、助けられないんですよね。
Mさんも言っているように、お母さんと一緒に子どもを見て、一緒に考えてくださる専門家の方が見つかるといいですね。
自分の好きなことをする時間を、自分に許すのも大切だろうな、と思います。
「そんなことをしている暇はないのに」なんて思わないで・・・
自分を護るためにも、それは大事な時間だと思います。

悩める母さんが、ぐっすり眠れますように。
そして、少しでもいいから、この掲示板から、元気のタネを拾っていってくれますように・・・。

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


(無題) 投稿者:でんでん  投稿日:11月 8日(月)09時52分53秒

 桃里様、アドバイスありがとうございます。実は先日から、制度を利用してではないのですが、あまりにもクラスが大変なので、保育所の判断でヘルプの先生をつけてもらったのです。息子の他にも、ほっておくと、教室の外へ出てしまうタイプの子などがいて大変のようです。(予算的には厳しいことをしていただいているわけでありがたいかぎりですが)ところが、ヘルプの先生が見ていても間に合わないそうです。健常の子の「かみつく場面」と違うせいかとも思うのですが・・・
 家で、ロールプレイをやってみたところ、「返して」「ちょーだい」などの息子の発話を無視すると、そこからどうしてよいのかわからず、かみつくようです。
ロールプレイでは相手の子役の私をかもうとして、はっと我に返ったかと思うと、隣にいた無関係の妹にかみつこうとして、一応そこで「あかちゃんはかんじゃだめ」と自主的にセーブがかかって本人は落ち着きました。これがクラスメートだったらかんでいるんでしょうが、「おともだちはかんじゃだめ」という自主セーブがかかるようになればよいのでしょうが。


ヘルプの人がつかれたのですね 投稿者:桃里  投稿日:11月 8日(月)10時58分23秒

でんでんさん(泣) 何から話したら良いのでしょう。いきなり飽和してごちゃごちゃ。

■保育所の判断でヘルプの先生がついた

本当に良かったです。ああ言ったものの、高機能の子では加配がつかない場合もあると聞いてますし(現に、うちの幼稚園では知的障害を伴った自閉の子がおりますが、加配ナシ)、いたずらに辛く心すさむだけという可能性も否めませんですし;

■見ていても間に合わない

ローマは一日して成らず。一日では健常と呼ばれる子のことだって理解できません。ましてや一日でハッスルする自閉さんをうまく扱えるなら、逆説的ですが加配の必要性はないように思います。その方に、たゆまず修錬を積んでいただきましょう。努力と才能の方でありますように(祈)

…ホントは、加配の先生がいて、なお親が自分の意志以外で他の親たちに理解を求めなければならないこと、ない方が良いと思うのですが…。
正直なところ、園の方が責任を持って対処され、他の親の方の納得の行くようにお話ししてくれよと願わずにいられません。

あと、いきなりでんでんさんに「こうしろ」というような話をして、懇談会のことだけでも頭がいっぱいでしょうに、負担をかけて本当にすみません。
…私は、療育の先生にいきなり「こうしたら?」と言われると、心の中で激しい拒否(ごねごね)がはじまります。それは、「いきなりだとびっくりしてイヤ」「はじめてのことを強制されるのがイヤ」という、『想像力の障害』の領域から来るのだと、昨日ふいに気づきました。
でんでんさんも、辛かったでしょう。意見自体は変わらないけど、その辛さに、ごめんなさいと言いたいです。


はぁ〜あ。(ーー;) 投稿者:ちょみ  投稿日:11月 8日(月)16時48分7秒

こんにちは。
先日はいろいろとアドバイスをいただき、ありがとうございました。
今日は療育センターでの言語訓練でした。
何式かわからないのですが、(きちんと聞いたんですけど忘れました)テストをしています。
ただ、普通は1時間で終わるのでしょうが、なかなか集中できずにちょっとやってはまた来週。という感じで、もう3週目なんです(^_^;)
しかも、今朝は混雑した電車を見てしまい、もうダメ。(満員電車に乗るとパニックになります)←隣の駅が始発なので、1駅のがまんなんだけどな〜
そして、始発を待とうとしても、乗りたい種類の車両が来なくて、気に入らない電車に乗り、ほかにもいろいろあって、センターの玄関で一泣き。
そんな状態だったので、2問で飽きてしまい、結局また来週に持ち越し。
こんなんで、本当に幼稚園なんてやっていけるのかしら。
ぼやいてばかりですみません。


眼球運動のトレーニング 投稿者:きらり  投稿日:11月 8日(月)23時35分31秒

質問です。うちの子(5歳)はアスペルガー症候群です。
最近気になっている事ですが、
眼球運動が未熟な為、目で追う作業がとても苦手です。
かなり狭い範囲(10センチ四方)でも、苦労しています。
遊びの中で眼球運動を促したいのですが、よい方法はないでしょうか。
教えてください。よろしくお願いします。


桃里さんへ(ごねごねの件だけ) 投稿者:でんでん  投稿日:11月 9日(火)03時57分38秒

>心の中の激しい拒否(ごねごね)
私もあります。が、ネット上の掲示板は書かれた言葉なので、まだマシです。大丈夫です。
話し言葉だったら、いくつものことを、いきなり言われると、パニック!一応表面上はニコニコしているんですが、心の中では泣いていたりします。
 こどもの保育所で、子どもは二人いるので、双方の担任の先生から、口頭でいきなりいくつも以上の「こうしたら?」とかいうことを言われると、本当、泣きたい気分です。

 普通に暮していくため、普通でないルールをたくさんつくって暮しているのですが、それを否定されると特にとても混乱してしまいます。
でも、ここの掲示板でわかっていただける方と話できてとても嬉しいです。日常生活ではがんばってがんばって普通にふるまっておりますので・・・


眼球運動 投稿者:  投稿日:11月 9日(火)07時11分26秒

オプトメトリストの訪問者さ〜ん、
おられないですか?
        私も、是非、教えて頂きたいです。


HPのURL変更のお知らせ 投稿者:かずりん  投稿日:11月 9日(火)10時50分52秒

お久しぶりです。
仕事やPTAがめちゃくちゃ忙しくパソコンの前になかなか向かうことができません。

今回はクローバー管理人としての投稿です。
今月からプロバイダーを変えたためHPのURLが変わりました。
リンクしてくださっている皆様方、URLの変更をお願いします。

http://www.eonet.ne.jp/~clover-kyoto/


かずりんさん 投稿者:朝倉玲  投稿日:11月 9日(火)11時13分14秒

当HPのリンク集を修正しておきました。

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


具体的には? 投稿者:まつこ  投稿日:11月 9日(火)15時42分58秒

うちの少年の場合は、
平面特に左右の移動は比較的得意なのですが
奥行きになるととたんにしんどくなってしまうんですね。

小さなころは急なくだり階段はとても慎重に下りていましたし
今でもとんでくるボールは自分で投げたボールのリバウンドでも身をすくめています。
でも、バドミントンのシャトルだったら怖くないようで、
上手な人とならラリーになりました。

>眼球運動が未熟な為、目で追う作業がとても苦手です。
>かなり狭い範囲(10センチ四方)でも、苦労しています。

きらりさんのお子さんは具体的にはどういう場面で、
どんな風に苦労しておられるのか、教えていただけませんか?


眼球運動 投稿者:ととら  投稿日:11月 9日(火)21時18分34秒

うちはよくびー玉を転がす遊びをしました。
いろんなおもちゃがありますよ。ただし・・・値段が高い!
ドイツ製などが多いですけれど、日本製でも最近はみかけます。

びー玉を落として、それが流れていくのを
じーっとみたり、くるくる回って落ちていくのをみたり、
そのコースを組んでみたり。

びー球を落とす作業も指先を使ってよかったです。

木のおもちゃ
http://homepage1.nifty.com/hitsujiya/woodentoys/movement/index.html

http://www.kerorin-honpo.com/kinoomotya/kinoomotya.htm

参考にしてみてください。




悩める母さま 投稿者:  投稿日:11月 9日(火)22時13分20秒

5歳年長で広汎性発達障碍(以前は自閉傾向と診断されていました)の息子の母Qです。

>保育園では、こだわりやパニックがなく先生の指示に従い、歌や遊戯を喜び、
>行事に参加し、他の子と同じようにやろうと努力するのに、
>私の前では反抗的、パニックになると泣くだけでなく暴力的

もしかしたら、お母さんだからこそ甘えてしまって
そういう行動に出るのではないか?
と思いました。

それと、お子さんは保育園では先生の言う事を聞こうとする
姿勢があるのですよね。
それってとてもすごい事なのではないかと思います。
しっかり場を弁えて行動しているのですから。
保育園では普段の自分を抑えて頑張っているからこそ、
お母さんの前では甘えて本当の自分の姿を
さらけ出しているのかな…。
そんな風に感じました。

だから、決して
>私なんていない方が、この子はよっぽどいいんじゃないかと思ってしまう
ことはないと思いますよ。

悩める母様とお子さんが以前の私と私の息子に似ている感じがして
思わずレスしてしまいました。


RE: 眼球運動 投稿者:Black Ice  投稿日:11月 9日(火)22時49分25秒

数年来のROMですが、初めて投稿します。オプトメトリストではありませんが、
オプトメトリーの一般向けの本を編集したことがありますので、出てきました。

ととらさんがおっしゃるように、いろんなおもちゃがありますが、お高いですね。
そういうおもちゃもひと通りそろえて
子どもたちの視覚認知機能の検査とトレーニングをおこなっている方々が、
家庭や学校などで身近なものを使ってお子さんといっしょにできるトレーニング法を
イラストをまじえて紹介した本があります。
学校の先生は教材づくりの参考にもなさっているようです。

ビー玉やおはじき、メンコ、お手玉、折り紙、塗り絵、などなど昔の子どもの遊びは
みんな、眼球運動や視覚認知、目と手の協応作業の発達に役立つものだった、
と著者はおっしゃってます。また、こうした小さな動きだけでなく
ゴム段跳びや縄跳びみたいな大きな動きも視覚認知機能の発達をうながすとも。

『「見る」ことは「理解する」こと
      −子どもの視覚機能の発達とトレーニング−』
本多和子・北出勝也著、山洋社、A5判、62ページ、2003年、税込\735.-

お安いし、アマゾンや楽天、bk1などでも買えますので、
まずはこれをご覧になってみてはいかがでしょうか。
この紹介文を我田引水と割り引いてお読みいただいたうえで。


わぁ・・・! 投稿者:  投稿日:11月 9日(火)23時47分31秒

Black Iceさん、ありがとうございます。

眼球の動きがついていけないのか文字を眼で追えず、
      文字の読みとばしの多い子、
      作り読みをしてしまう子、
      行をとばす子、
      読んでいる所がわからなくなる子、
      
図形、文字などの形の認知が難しく、
      文字の読み書きが困難な子、
      図形や、表やグラフの読みとりが困難な子、
      
本当に多いです。
そうなんですね。昔ながらの遊びって本当によく目を使っているんですね。


でも・・・・・、
この掲示板、
打ち出の小槌みたいですねぇ・・。

              < 今度は何をたのもうかな。


眼球運動 投稿者:はれ  投稿日:11月10日(水)09時38分53秒

6歳年長がアスペ+ADHDです。我が家で良かったものですが、タイルの目地やレンガやブロックの塀の目地をなぞる迷路あそびです。
目の動きと手の動きが(速さが特に)合わないのですが、重心の位置がわかりにくいタイプだったので、小さな動きより、大きな動きの方がとりかかりやすかったように感じました。
現在は、ニチガンオリジナル
http://www.nocorp.co.jp/playwood.html
ここのブロックアートやエリート掛け算マスターのようなものと迷路(プリント等)をしています。
指差しとものの位置が連続して合うようになってきたかなと、思います。
エリート掛け算マスターは、順番に押していくので、絵を作ったりしてあそんでいます。


ビー玉転がし 投稿者:ぽっぽ  投稿日:11月10日(水)10時52分5秒

6歳年長女児(PDD、アスペとも言われています。)ちびねこが最近はまっているのが、
自分でコースを組み立ててビー玉を転がすプラスチック製のおもちゃです。

夏休みに私が見かけて「ちびねこが気に入りそう♪」と安価で小さいものを購入。
http://www.apollo-sha.co.jp/Educational-Toys/coaster.html
これですごくはまったので、
数多いセットを秋の誕生日におばあちゃんからのプレゼントにしました。
http://www.rakuten.co.jp/kumon/412392/412938/414298/#344148
最初はなかなか出来なくて親が作っているのを見ているだけでしたが、
今では毎日勝手に大きいスロープを組んでビー玉転がして喜んでます。

先日の療育ではビーズ通しをしました。先生もびっくりの上達ぶりでした。
不器用なちびねこですが、毎日のスロープの組み立てとビー玉の扱いで、
手先の能力がが促進されたのではないかと思いました。

このおもちゃは、親も一緒に遊べて楽しくて、旦那(多分アスペ)が作ると
すごい大作が出来ます。ちびねこのパーツを奪ってまで作るなって!>旦那!


目で追うキーボード 投稿者:ぽっぽ  投稿日:11月10日(水)11時23分57秒

http://www.casio.co.jp/emi/key_lighting/lk39.html
こんなのもあります。
電器屋の店頭で見本を使って遊べるので、時々行って遊ぶのもいいかも?

ちびねこは毎回長時間やっていたので、この秋旦那側のおばあちゃんからの
誕生日プレゼントにしてもらいました。右手人差し指1本で楽しんでます。
買ってからは、自動演奏で創作ダンスをよくしている。CDと変わんないかも〜。


おお! 投稿者:こくっぱの母  投稿日:11月10日(水)20時04分10秒

>自分でコースを組み立ててビー玉を転がすプラスチック製のおもちゃです。

うちも、つい最近までやり倒してました。
ハカセが作ると、強烈なコースがで来てましたわ。
全然、どんな効果があるのかなんて知りませんでしたけど。

ビーズコースターとかも、「何がそんなに面白いんだろう?」って言うくらい、
よく遊んでおりました。

・・・そうか、意味があったのか。


あら? 投稿者:かずりん  投稿日:11月10日(水)21時40分59秒

>自分でコースを組み立ててビー玉を転がすプラスチック製のおもちゃです。

これなら我が家の子供たちもパーツを奪い合って遊んでいました。
気がつくと兄弟で大作を作っていたことも・・・
ビー玉も付属のものだけでは足らずに家中のビー玉を総動員して、一気に転がしては喜んでいます。
いまだに思い出したように引っ張り出して遊びだすこともありますね。

結構長く(5年くらい前から)遊んでいまだに遊んでいるので我が家のおもちゃの中では大ヒットの一つです。


そうなんですよ 投稿者:ぽっぽ  投稿日:11月10日(水)21時42分20秒

>こくっぱの母様、かずりん様
おお! お子様方、夢中だったんですね? なんだか嬉しいな〜♪
夢中になってやっている姿って、微笑ましかったりしますよね。
>ビー玉も付属のものだけでは足らずに家中のビー玉を総動員して、
>一気に転がしては喜んでいます。
同じです。微妙に大きさが違い、詰まってしまうのですが、押しながら嬉々として
やってます。やりだすと、すごく音がうるさいですね。(^_^;)

私も効果など考えず、ただちびねこが気に入りそうなんで買ったんです。
それで気に入ったもので、数が多いバージョンを…と検討していたら、
く○んのくみくみスロープの外箱に、色んな効能(?)が書いてあって、
「これはいいかも〜♪」と思ったのです。
個人的な気持ちとして、「どこから出てくるかわからない、透明でないものがいい?」
なんて思って、最終的にこれを買い足した訳なんですが。

そう…昔ながらの遊びって、とても意義あるものですね。
昔(私が子供の頃)は、外に出れば誰かしら遊ぶ相手がいて、幼稚園世代でも
好きに出歩いていたのに〜…、それがままならない最近の子供達を見ていて、
ちょっと気の毒に思ったりもしています。


1960年代 投稿者:  投稿日:11月10日(水)22時33分3秒

そう言えば、
まり付き、ゴム跳び、石蹴り
学校の遊び時間にも遊んでいましたね。

全国どこでもあったものではないらしいのですが、
広島近辺のゴム跳びには
おさるのかごやなどの歌に合わせて
ステップを踏むようにして跳ぶものがあったんですよ。

そう言えば、
跳び箱も、鉄棒も、平均台もこわくてできなかったある子も、
あれは、結構、その気になってやっていましたね。

あの子、あの遊びで、
感覚不統合度が少しは改善されていたのかも。


ゴム跳び 投稿者:ぽっぽ  投稿日:11月10日(水)22時55分19秒

懐かしいですね〜。
私の子供の頃流行っていたのは「郵便屋さん、おはいんなさい。」って言うものでした。
「一枚、二枚…」と言いながら、落とした手紙を拾っていたのか?記憶が定かでは
ありませんが、跳びと同時にしゃがみ、落ちた手紙を拾うそぶりをしながら、
長ゴムに合わせて飛んでおりました。今考えると、かなり厳しい運動ですね。

今は、チョークや石ロウで道路に書くこともままならず、(きっと苦情が…
それがなくても交通事情で厳しい…昔の“路地裏”が懐かしい。)
幼稚園から帰宅後に、「ケンケンパ!」をやることも出来ません。
両親ともども自営業に従事していた事情もあり、親ナシで遊びまくっていた私から見て、
どうにも気の毒に見えてしまう。

ちょっとコワク感じたのは、今日の就学時健診では早く済ませたい事情があって、
受付開始よりかなり早い時間から並んでいたのですが、もちろんじっと並んでいられる
訳のないちびねこ、校庭で遊んでいましたが、許容範囲かな?と見守っていました。
が、親から遊びを禁止されて、親の傍にただ立っていられるお子様も結構いらして、
その間30分以上、それを指示出来る親にも、従えるお子様にも驚愕しました。

そんな中で、ちびねこは生きていけるかしら〜…? 不安になりました。
やっぱり私って、かなりユルイタイプの親だったようです…。結果オーライですが。


ありがとうございます! 投稿者:こなつ  投稿日:11月11日(木)00時21分20秒

いつもROMばっかりの六歳の言葉の遅れのある男の子の母です。

うちの子は「視覚認知が弱い」と言われていますが、それについてあまり考えた事がなくて、
話したことはよく聞いて理解しているので、絵で説明されることが苦手なのかなぁと
勘違いしていました。
今、みなさんのお話でよくわかりました。

ボールを投げても受け取ってくれなかったのは距離感がわからなかったんですね。
最近ボール遊びが上手くなったのは以前よりわかってきたからなんでしょうね。

最近、バスケットに夢中で一生懸命シュートしています。
こんな遊びの自然に自分のためになってるんですね。
私にはすごい発見でした。
ありがとうございます。


うちも♪ 投稿者:まつこ  投稿日:11月11日(木)08時49分0秒

>バスケットに夢中で一生懸命シュートしています。

大好きです。
ストラックアウトも、全然当たらないのに、
お祭りやなんかで見かけると自分から挑戦します。

ボウリングも好きですね。(ガータなしのレーンで)

あんたがたどこさを私がするのを見ているのが好きで、
小学校に入ってからは、ボールをつく=ドリブルを 
体育でやってみたりしていたと思います。

もっとちいちゃなころだったら
シャボン玉を追いかけたり、風船を落とさないようについたりすることも楽しみました。

これらは全部大きな運動なので、狭い範囲で小さなものを追うというのとは
ちょっと違うのですが。
少年は…狭い範囲の平面で小さなものを追うのは……多分私よりうまいと思うのです。
スーパーマリオやクラッシュバンデクーはとってもうまいから。
この間、「太鼓の達人」でも負けてしまいました。

掲示板過去ログ案内に戻る