2004年12月その2
うれしかった教師(保育士)の一言 投稿者:かんかん  投稿日:12月17日(金)22時10分17秒

今中二の息子が小1だったときの担任の先生は「息子さんはとても心のきれいな子ですね。」と言っていただきました。自分のペースを崩さず、やりたくないことを絶対にしないのですが、人の嫌がることはしないことをきちんと見ていただいた先生の一言があったので、私の息子に対する気持ちが変わりました。今でも感謝しています。


(5)家での工夫、こんな子育て 投稿者:ちひろ  投稿日:12月19日(日)00時05分19秒

とにかく、姫には、いろんな工夫をしてきましたが、ほとんどが上手くいきませんでした。(笑)
う〜ん、目で見れる工夫をして教えても、それを見ないんですもの・・・トホホ。
上手くいっているのは、着替えを入れる色別の大きな籠と靴を脱いで揃える為の色別の枠くらいかしら?
これは、お〜〜〜お!と言うくらい上手くいきましたね。(^^)
特に、靴を脱いで揃えると言う事が全く出来なかったのが、うそ〜〜〜!!!と言うくらい出来るようになりました。
ただだらしないだけではないって言う事が、こういうところでわかるのよね。

姫もだんだん成長してきているし、着替えも籠に入れておかないと、どこに着替えがあるのか全く覚えないと言うか・・・何をどう着るべきかわからないと言う事もなくなってきました。
2年程前までは、タンスに入っているものがわかるように引き出しに張り紙をしていても、「タンスってどこ?」(爆)って言ってる状態だったし、それを教えても、何を出していいかわからない状態だったから。
今でも、季節の変わり目とか気温による調整なんて言う高度な技は私の手助けが居るけれども、パーターン化してあれば、これとこれとこれを出して着ればいいと言う事は解ってきました。

他にも工夫というか我家独特なものがあるんだろうけど、他所の家がどうなっているのかわからないから、何を紹介していいのか?
もちろん、1ヶ月のスケジュールは、家族別に書いて張り出してます。
そして、毎日の予定は、ホワイトボードに書き出してます。
おやつは、子どもごとに、お皿に入れて置いておきます。
食事も、家族別にしたほうが、子どもがどれだけ食べたか把握出来ていいんだろうけど、我家は7人家族・・・そこまでの体力は、私にはないので、テーブルの中央に大皿盛りです。(^_^;)

子育てか・・・姫と女王ちゃんは、それなりに順調かな?
今の心配は殿君ね・・・わからないの〜何考えてるんだか???
思春期なのよね・・・パパをお手本にしようとして、パパは私の保証付きのADHDだから、几帳面な殿君はいろいろと考える事があるみたいで・・・困ったわ。(T_T)
中一・・・今が正念場かな・・・。


(1) うれしかった教師のひとこと 投稿者:かずりん  投稿日:12月19日(日)12時34分30秒

(その1 校長先生)
しょう君(ADHDを伴う広汎性発達障害・小4)が2年の3学期の時のこと。
3年生進級に伴い、クラス変えや担任が変わるといった環境の変化など親として不安な面を校長先生に相談しました。
一通り話をした後、校長先生が「しょう君はいつも元気がよくて笑顔が素敵な子だと私は思っています。その笑顔がなくなってしまうことは私も悲しいですし、そのようなことが無いようにしていきたいと思います。」と言われました。
校長先生にはじゅん君のことに関してもいろいろと配慮していただいたりと、お世話になりっぱなしです。
子供たちが気持ちよく学校に来られることが一番といった感じの先生で、そのことが↑の言葉によく表れているように感じました。

(その2 1〜3年の担任の先生)
しょう君が2年生の時の個人懇談会で・・・
通知表を見ながら成績の話をしていたのですが、算数の評価のところで「しょう君の場合細かく見ていくとすごく理解ができている部分もありますし、授業での様子を見ていてもとてもがんばっていることは良くわかります。
ただ、成績をつけるとなるとそういった部分をなかなか反映させることができないということもあり、こうなってしまいました。
ただ、しょう君のがんばりは僕もよくわかっていますのでお母さんからもそういってあげてください。」と言ってくださいました。
また生活面でも「しょう君の良いところは、クラスのどの子に対しても同じ態度で接することができることですね。」と言ってくださいました。
どんな小さなことでも気がつけばほめてくださり、悪いことをすれば何故いけないのかを納得がいくように説明してくれる先生で、しょう君はこの先生が担任をしてくださった3年間が特にいろんな面で伸びた時期だと思います。


投稿有り難うございます。 投稿者:M@管理人  投稿日:12月19日(日)21時19分24秒

良い話を聞くと、
「自分も、そんなふうに言ってもらえるような教師になりたいな。」
とパワーが湧いてきます。 
              < ねぇ  ROMの先生方

出版予定の本のポジティヴエピソードの編集担当は、
年末は、普段に増して多忙になる人なので、
投稿しめきりは1月10日ごろということにしますね。


本人の体験談ですが(^^ゞ 投稿者:空音  投稿日:12月20日(月)18時04分20秒

1〜5、どれになるかわからないので、Mさんのご判断にお任せします。

小学校4年くらいだったかな・・・
友だちの中へ入っていく、ということを知らない私に対して担任の先生がした作戦は
「得意なことでクラスメイトに注目さす」(^^ゞ
先生が本当にピアノが苦手だったのかは、今となってはわかりませんが
6歳から楽器を習ってきてた私に
「先生の代わりに、伴奏してよ」って言い出したのが、色んな始まりだったのかもしれません。
それからなにかあると音楽の授業では自分は歌うよりもピアノ弾いてることが多かったかも。
「○○さんてピアノ弾けたんや!」って同級生たちに言われたのを覚えてますね。

それから
「休み時間に、エレクトーン弾いてもいいよ」すなわち作戦第二弾。
私は自宅の楽器が安い(初心者向け)ものだったので、音楽室に置いてあった
レバーがいっぱいの、鍵盤も多いエレクトーンが触りたいな〜と思ってました。
そしたら、担任は「休み時間なら良いよ」で、気軽に許可するではありませぬか。
で、音楽教室で習っている曲を色々弾いちゃったんですよね。
そのあと、同級生の人だかりができてしまい
「あれ弾いて」「この歌は弾ける?」なんて、音の外れた子どもの歌から耳コピしたり(^^ゞ
いろいろ弾いていた覚えがあります。
音楽を通じて、人と話が出来るきっかけになりました。

この先生、親と一緒の懇談の時に言うてた言葉を思い出したけど
「どうしたら、友だちが出来るんだろう・・・・」って一緒に悩んでくれた。
何か良い方法がないか考えるね、て言うてたような気がする。
たぶんそれが、以上の作戦だったんでしょう。

http://motom.pinky.ne.jp/


LD親の会「けやき」2005年1月例会 投稿者:けやき管理者  投稿日:12月21日(火)01時37分34秒

■ LD親の会「けやき」2005年1月例会 中川克子先生講演会 2005/01/15 ■
------------------------------------------------------------------------

主催者からのご案内です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−


日 時 : 2005年1月15日(土) 13:30〜16:30

場 所 : 国分寺ひかりプラザ 203,204号室
     http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/HTML/KEYAKI/HIKARI_P.html

今月の例会は、LDや軽度発達障害をもつ子どもの指導と親の指導ついての第一
人者である中川克子先生をお招きして「LDや軽度発達障害児・者の自立のため
に」をご講演いただきます。けやきにとっては、久しぶりの講演です。皆様のご
参加をお待ちしています。質問にも多くお答えいただく予定です。

プログラム:連 絡 13:30〜14:00
      講演会 14:00〜15:40
      演 題 「LDや軽度発達障害児・者の自立のために」
      講 師  中川 克子先生
      質 疑 15:40〜16:30

※ 一般の方の参加費用 1,000円(当日受付にて)
  事前申込みは不要。直接会場へおいで下さい。

<中川克子先生プロフィール>
日本LD学会理事、東京女子大学文理学部卒業後、米国に留学。ニューヨーク市
立大学、カリフォルニア大学の各大学院を修了し、サンフランシスコ公立学校群
のスクール・サイコロジスト、帰国後世田谷区教育相談室相談員、ナカガワ・エ
デュケイショナル・クリニック主宰を経て、現在は講演活動を中心にご活躍中。

著書:「子育て質問箱」を初めとして多数。


・・・・ぜいぜいぜい 投稿者:ひいろ  投稿日:12月21日(火)10時06分25秒

お知らせだけ。

ドラもお世話になった事がある「旅のプレゼント」のドキュメントが
首都圏で放映されるようです。
この企画、今年は最後なのだそうです。とても残念なのですが。
詳細はまだどこかで書こうと思います。
・・・今は、息切れしてるのでご容赦下さい(爆)

http://www.jreu.or.jp/


(1)うれしかった教師(保育士)の一言 投稿者:深月  投稿日:12月21日(火)11時21分46秒

現在5歳の自閉症の娘が、4歳の時に1年間療育センターに通った後、幼稚園の年長に入りました。
担任の先生は自閉症の子供を受け持った経験はなかったそうですが、とても熱心にみてくださいました。
本も「貸しましょうか?」と言っても「自分で買います」と勉強してくださいました。
幼稚園でも、ホワイトボードに1日の予定を書いてくださるようになりました。そのことでお礼を言うと、「○○ちゃん(娘の名)にわかりやすいことは、他の子にもわかりやすいですから」とさらりと答えてくださいました。
また「○○ちゃんがいることで、他の子にも得ることがきっとあると思います」とも言ってくださいました。
まだまだ特定の友達を持つことはできませんが、嫌われることなく「ようちえんたのしい」と娘が毎日通ってくれるのも、先生のその姿勢にあるからだと深く感謝しています。


(1)うれしかった教師(保育士)の一言 投稿者:桃里  投稿日:12月22日(水)01時27分59秒

ぴーち(5歳・高機能自閉症、現在年中さん)

今年、幼稚園に入園して、はじめて担任の先生とぴーちが会った時、先生が握手しようとするのを、ぴーちは思いっきり視線を反らして避けました。
「じゃあ、抱っこね。先生はぴーちくんが大好き」
先生がぴーちを好きになろうとしてくれているのが分かりました。
しばらくしてから、ぴーちが幼稚園に慣れて、先生のことを「大好き」と言うようになった頃、
先生はきらきらした笑顔でいいました。
「ぴーちゃんはほんとにかわいい。大好き!」

単純だけど、幸せ感は長持ちするんだよな〜


よこはま発達クリニック 投稿者:よこはま発達クリニック  投稿日:12月22日(水)08時48分45秒

平成16年度・後期の講演会の案内です。ご覧下さい。

http://www.ypdc.net/2005haru.htm

http://www.ypdc.net/2005fuyuseminar.htm


例のエッセイ 投稿者:M@管理人  投稿日:12月22日(水)22時58分32秒

作者さんのHPでは11で更新が止まっているけど、
13まで行ってたんだ。

まつこさん所で発見。
   < あの毎日新聞のネット版、どこを探せば良いのか良くわからなかった。
     まつこさんに感謝。

http://kent.parks.jp/30/19981023/bbs.cgi


例のエッセイのURL 投稿者:水兎  投稿日:12月23日(木)00時05分48秒

お許しがあれば、全部貼り付けられますけれども。

あの毎日新聞のネット版のインデックスで探すのって、結構めんどくさいんですよね。
土曜連載だから、月曜か火曜に覗いては、探すのが最近の習慣でございます。


よろしく 投稿者:M@管理人  投稿日:12月23日(木)08時55分8秒

>お許しがあれば、全部貼り付けられますけれども。

姫のHPにも既にリンクがあるし、特にここにリンクを貼るのも必要ないかなとも
思ったけど、
HP暫く更新されないみたいだしねぇ。
それに、
ここにリンクを貼ってもらっておいたら、
この掲示板の通りすがりの人にも読んでもらえるかもね。


>土曜連載だから、月曜か火曜に覗いては、探すのが最近の習慣でございます。

おお、
では、次も、次も、その次もず〜っと、探したら、いち早くリンクお願いね。
          
             < 姫のお笑いネタが楽しみなのだ♪


ではでは。 投稿者:水兎  投稿日:12月23日(木)11時30分59秒

お許しありがとうございます♪

例のエッセイのURL 13〜1

13:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200412/417.html
12:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200412/276.html
11:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200412/102.html

10:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200411/549.html
9:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200411/430.html
8:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200411/271.html
7:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200411/114.html
6:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200410/587.html

5:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200410/446.html
4:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200410/285.html
3:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200410/324.html
2:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200410/030.html
1:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200409/542.html


そうだよねー 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月23日(木)11時32分7秒

>ここにリンクを貼ってもらっておいたら、
>この掲示板の通りすがりの人にも読んでもらえるかもね。

まつこさんのところの掲示板に書いたことと、ダブってしまうかもしれないけど、
今回、毎日新聞というメジャー紙で連載されているってのは、
今まで自閉症とか発達障害についてまったく知らなかった人たちにとって
ものすごーく意義のあることだと思うんですよね。

「自閉症」・・・聞いたことはあるけど、どういうことだろう?
最近ドラマでもよく見かけるけど、実際のところは、どういう人たちなの?
中には、知人の子どもが自閉症だと聞いたのだけど、それに対してどうリアクションしていいのか分からなくて・・・なんて人もいるかもしれない。
そういう人たちが、あれを読んで
「そうかー。これが本物の自閉者の文章なのかー」(←失礼に聞こえたらゴメンね。姫様)
と思ってくれているんじゃないかなぁ、
と想像するんですよね。

理解してもらいたかったら、
まず「どんな人か」を知ってもらわなくちゃいけないと思うんだわー。
どんな人かが分かってくれば、いつのまにか、自閉もADHDも・・・ひっくるめて、分かってもらえてくるような気がしています。
あ、これは、あくまでも、身近に自閉やADHDを持つ人たちがいない人たちを想定して言っていることですけどね。

ってことで、これからの姫の連載も楽しみです。
実家の母に切り抜きをもう一度頼んでおかなくては。(笑)

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


おぉ 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月23日(木)11時33分42秒

書き込みを送信したら、水兎さんがリンクを載せてくれていた♪


自閉症児者と社会をつなぐために 投稿者:YAMATO  投稿日:12月24日(金)21時20分43秒

   ■〜自閉症児者と社会をつなぐために〜■
篁(たかむら)一誠先生=社会福祉法人横浜やまびこの里
「よこはま・自閉症支援室」で心理相談を担当の講演記録。

就労ばかりではない、日常場面での「働く力」を持つことも含めて、
「自律した働く人」となるためには、小さいときからの積み重ねが大事。
そのための具体的な方法を提案する。

V『自閉症の人の働く力をどう育てるか』が発刊されました。
   A5判 64ページ 定価600円(+送料、手数料)
詳しくは、自閉症協会東京都支部HPの「刊行物」の頁をご覧下さい。
      http://www.autism.jp/
  〇発送は05年1月10日過ぎとなります。


ほえっ。。。 投稿者:M@管理人  投稿日:12月25日(土)10時53分21秒

一昨日、話題になったなったばかりの姫のエッセイ、
連載修了だって。

ううん、消化不良を起こしそう。

姫が、
そんな中で、どうやって折り合いをつけてきたのか、
知りたいぞ。。。
       ↓

http://www.sets.ne.jp/cgi-bin/asakura/ryoiku/light.cgi


で、 投稿者:M@管理人  投稿日:12月25日(土)11時05分33秒

この際、
姫だけではなく、色々なタイプの自閉者がいるっていうのをアピールして欲しいな
というのも新聞社宛のメールに書いて見ようと思う。

あの寒い寒い南の島のペ○ギン姐御のエッセイも新聞で読んでみたい。


そうだそうだ 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月25日(土)16時15分30秒

>この際、
>姫だけではなく、色々なタイプの自閉者がいるっていうのをアピールして欲しいな

それも大事ですね、ホントに。
いろんなタイプの自閉者(プラス、ADHDやその他の発達障害も含めて)の話が聞いてみたい、と本当に思います。
あ、自分のところでも、その点を書き加えておこうっと。


(6)その他 元気が出るエピソード 投稿者:ちひろ  投稿日:12月25日(土)20時38分44秒

今年の冬休み、LOVE(姫から改名しました、ややこしいから。(-_-;))ちゃんは、お手伝いを、自分の得意な洗濯物を干す、たたむと言うのを、初めて自分から生活ノートに書きました。(^^)
これも嬉しかったんだけども、今まで全く興味も何にもなくて、しようとしなかった料理を、私といっしょに出来るようになりました。

なぜ、急にできるようになったかと言うと、進学先を養護学校に決めて何度も体験に行ったり、先生と私が何度も話をする中で、自立とか、仕事とか、結婚(苦笑)の事まで、急に考えるようになってきたからです。
ずいぶん悩んで来たけど、やっぱりLOVEちゃんにとっては、わかりやすい環境(経験)って言うのがよかったみたい。

・・・と言っても、まだ入学出来るかどうか不明!???
暑い壁の総括教頭先生様がいらっしゃるから。
主治医の先生に、診断書(養護学校向けの)を書いていただきました。
もう、やるべき事はやったのだから、悔いはないです。
当然、強運のLOVEちゃんは、来年の春には桜満開に決まってますけど〜〜〜♪(^^)
いえいえ、これがただの運になってはいけないのです。当然当然の事なのですから!!!


常同行動 投稿者:もどき  投稿日:12月25日(土)23時29分1秒

はじめまして。二歳四か月(男)の母です。どなたかご存じの方がいらっしゃったら教えて下さい。
常同行動というのは、健常児にもみられる事があるのでしょうか?


もう少し詳しいお話を… 投稿者:コマサコ  投稿日:12月25日(土)23時54分23秒

はじめまして。もどきさん。うちには2才10ヶ月の男の子(自閉症)がいます。

>常同行動というのは、健常児にもみられる事があるのでしょうか?

なぜ、そういったことを質問されるのか?ということを少し疑問に思っています。
ここは、たくさんの人たちが訪れる場所ですし、いろいろな質疑応答がされていますが
答える側としても、いろんな配慮をしながら答えなければと思っています。
ですから、なぜそういった質問をされるのか、またはどういった疑問をもたれているのか
教えていただければ答える側も答えやすいかと思うんですが・・・


コマサコ様 投稿者:もどき  投稿日:12月26日(日)13時07分20秒

確かに簡単にまとめすぎでした。
うちの息子(2.4ヵ月)は、1.6ヵ月の頃に少し自閉傾向といわれましたが、最近ことばがよくでるようになって小児科の先生に「多分、大丈夫」といわれました。この子が一歳代の頃、(手をヒラヒラ、その場でクルクル)をよくやっていましたが最近はやらなくなりました。そのほかにも気になる行動はあるのですが、お医者さまは言葉のみを重要視されているように感じ、もう一度発達検査をお願いしたほうがいいのか迷っています。
ちなみに気になる行動
@指差しがあまりできない
Aテレビなどを見ていて耳ふさぎをする(顔はニコニコ)
B他の子がないていると大笑い
Cおそろしく手先が不器用&さわられるのを嫌がる
などで、言葉はよく出ているのですが、独り言やオウムがえしも多いです。


(5)家での工夫、こんな子育て 投稿者:でんでん  投稿日:12月27日(月)08時42分28秒

・ひきだしや箱の底に、しまうものの絵を描き、パズルのように片づけさせたところうまく片づけしてくれるようになりました。(ただし定位置に置いてないと怒る)
・100円ショップや雑貨店で、息子の喜びそうなものを探すのが趣味になっています。普通の子どもとは喜ぶツボがちがうのですが、最近のヒットは12色のマグネット!!積むもよし、並べるもよし、数えるもよし、で2,3時間熱中して遊んでいます(^^)熱中しすぎてトイレに行くのを忘れてしまうのが難です。


もどきさんへ 投稿者:みっき  投稿日:12月27日(月)14時39分26秒

発達検査を再度受けられるかどうかは、私達周りの者がとやかく言うことでもないので、
ご自分の判断で決められたらよいと思いますよ。

お医者さまには、1〜4の気になる行動や独り言・オウム返しについてご相談なさいましたか?
小児科の先生でも意外に発達障碍に詳しくない方もいらっしゃるので、気になるようでしたら、
他のお医者さんや専門機関へご相談してみるのもいいかもしれません。


(5)家での工夫、こんな子育て 投稿者:ぽっぽ  投稿日:12月27日(月)17時55分39秒

どんどん外出するように心掛けています。

どうしても家の中では子供は一人遊びにハマってしまいがち。
家の中にいると私が煮詰まってしまうことも多く、叱る回数が増えてしまう。
外出中は、人目を気にしてか?ちびねこがよくないことをしても、
頭に血が上らず冷静に諭してあげられるような気がします。
会話が成立するようになってからは、車より電車やバスを使うようにして、
それまで必携だったおもちゃやらくがき帳も持たずに、色々と話をしながら
外出そのものを楽しめるようにこころがけています。


もどきさんへ 投稿者:コマサコ  投稿日:12月27日(月)18時00分25秒

もどきさんへ

気分を害してしまったかもしれないと思ったけど、
きちんと答えてくださってありがとうございました。
私は自閉症児を持つ母親としてのアドバイスしかできませんが、ご了承ください。

お子さんの主治医の先生は、発達障害のことにお詳しい先生なのでしょうか?
私もみっきさんと同じように思っていて、お子さんに自閉症の疑いをもたれているのでしたら、
発達障害に詳しい専門の機関又は医療機関へ一度ご相談されたらと思います。
もし、専門の機関へご相談される場合には、かなりな待機期間になると思われます。
機関によっては、早くて半年、遅くて2・3年待ちという所もありますので、
もし、専門の機関へ相談されるということでしたら早急に予約をしたほうがよいかと思います。
ご家族ともよく話し合って前向きに考えられてみてください。

そして、そういった機関を探される場合には、もどきさんの主治医に紹介してもらうとか、
主治医に話しにくいということでしたら、お近くの保健センターや福祉総合相談所
又は、日本自閉症協会等に訪ねられたらと思います。


お薦めのサイト 投稿者:M@管理人  投稿日:12月27日(月)22時48分34秒

>常同行動

>手をヒラヒラ、その場でクルクル
>耳ふさぎ、手先が不器用、さわられるのを嫌がる

 きっと、お子さんの状態像を知り、
 手立てを考える時に役立つのではないかと思います。
      ↓

http://home4.highway.ne.jp/matsu1/kayano_si.htm


ところで 投稿者:M@管理人  投稿日:12月27日(月)22時53分18秒

[自閉姫の見聞記]/14

まだだよね? 
水兎さんお留守なので、どなたか探したら教えてね。
             < 探し方がわからない・・・。


[自閉姫の見聞記]/14 投稿者:みっき  投稿日:12月27日(月)23時57分25秒

↓ こちらです。

http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200412/559.html


自閉姫の見聞記14 投稿者:コマサコ  投稿日:12月28日(火)00時01分54秒

みっけましたです。今度も面白かったです。
本当に終わっちゃうんですか〜ぐすん

14:http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200412/559.html


す、すみません 投稿者:コマサコ  投稿日:12月28日(火)00時03分3秒

みっきさん、だぶっちゃいました。ごめんなさい(爆)


あら〜ん 投稿者:みっき  投稿日:12月28日(火)00時26分24秒

>だぶっちゃいました

同じ時間に書き込みしてたんですね〜。

         ( ^^)/\(^^ )  お仲間〜♪(嬉)


(5)家での工夫〜  その2 投稿者:ちひろ  投稿日:12月28日(火)09時35分26秒

LOVE姫ちゃんは、小さい頃、服を着るのが大の苦手だったっけ。
とにかく、前後をわからせる為に、服の前側に大きく名前を書いてたっけ。
でも、なかなか、私が毎回言わなきゃわからなかったけど。
小学校低学年までだったかな。

それから、我県は繊維産業(学生服)が盛んな県。
公立と言えども、ほとんどの学校が制服義務化してます。
これが困った、制服一人で着れないし・・・。(^^ゞ
頑張って練習させましたわよ。
でも、どうしても出来ないスカートのホック(これが、難しい形をしているのよ)と、袖口のボタンは、全部スナップに付け替えました〜。

もち女王ちゃんは、なぜかくつの左右を逆に履くのがお得意。(^^ゞ
ちなみに、帽子もいつも前後逆なのよね。
くつの底には左右合わせると、アンパンマンの絵になるように私がお絵描きしてたっけ。
今は、もうしてないけど、でも時々まだ逆になってるね。
↑でも、これは、皆やってる事だと思うので恐縮ですが・・・。

でも、懐かしいな〜〜〜。(^^)


「14止」って…… 投稿者:まつこ  投稿日:12月28日(火)14時17分54秒

最終回ということなんですかぁ〜? 知らなかったぁ……

でも、「自閉は急に止まれない」んだから〜

私はスペクトラムの人ではないけど、「見聞記」の予告編だけで
本編がないまま終わられては……

なんだったら、他の新聞社ででも、全国ネットで広く本編を原稿依頼して
掲載してもらうわけにはいかないもんかしら。


そうか・・・、 投稿者:M@管理人  投稿日:12月28日(火)22時08分3秒

>「見聞記」の予告編だけで 本編がないまま終わられては……

 なるほど・・。
 あれは予告編だったと? 


余談というか、一応(5)というか 投稿者:桃里  投稿日:12月28日(火)23時08分46秒

>くつの底には左右合わせると、アンパンマンの絵になるように私がお絵描きしてたっけ。
>今は、もうしてないけど、でも時々まだ逆になってるね。
>↑でも、これは、皆やってる事だと思うので恐縮ですが・・・。

器用度に自信のない私は、「合わせると絵になる」お絵描きに
自信がなかったので、
他に、「くっつくもの、くっつくもの…」と考えて、
(ハッ、そうだ、磁石!電気!)※うちの子は電気とか機械とか大好きv
と思いつき、うわぐつの内側に「+」「−」と描いて、
「プラスからマイナスに雷が落ちるのよ」とこどもに教えました。
こだわりネタなので、こどもも喜んでやってたし、私もらくちんだったv

その話を別所でしていたら、違う方が、とてもステキな方法を教えて下さいました。
書いてもいいのかなあ?
やはりくつの内側部分に、目立つ色糸をかがって、それを目印にする方法でした。

目印があっても、それが「内側の目印か、外側の目印か」は分かりにくいけれど、
色糸であれば、ごく自然に合わせたくなるだろうなと思いましたし、
とても簡単ですし、いい方法だなと思いました。


なるほろっ!! 投稿者:M@管理人  投稿日:12月29日(水)09時50分31秒

>うわぐつの内側に「+」「−」と描いて、

 受けた!

 そうか、くっつくものねぇ・・。
 右と左という 全体的な“関係”ではなく、
 くっつけたい     “部分”に着目するわけね。
 その発想、色々使えそうだね。


「14」止って・・・ 投稿者:むぎあめ。  投稿日:12月29日(水)10時13分9秒

インパクトありすぎ。紙面では違和感なかったんだけど でも私の事だから気づかないだけかな?
次の方の予告が載っていたけど ネットではないですね。障碍を持った人のコラムとして続くみたいでした。

>予告編・・・そうですねタイトルは<自閉姫の見聞記>なのに<姫の見聞記>でしたね。
自分は、自閉姫だったのねと気づいてから本編ですよね。
別枠で始まらないかしら はじめて欲しい〜!!

掲示板過去ログ案内に戻る