2005年3月その1


しんどいかも  投稿者: こゆき  投稿日: 3月 2日(水)11時04分16秒
初めて投稿します。パソ自体初心者です。4歳のアスペルガーの女の子の母です。
2歳の時に診断されました。
現在、一般保育園に在籍し、主治医も決まっています。
保育園の対応に困っています。
入園の際には、発達障害の診断があることをお知らせしてあるのにかかわらず、
母に、園での報告がありません。
半年に一度の精神化受診に行く前に面談の時間をとってもらっているのですが、
そのときになって、集団で遅れるとか、よく混乱しているとか、話になります。
毎日の送り迎えの際に報告していただければ、
その都度の支援ができるかもしれないのに。
送迎の際には、他のお母さんの手前もあるので、連絡帳の活用をお願いしても、
文章による連絡は、行き違いがあるので出来ないと。
精神科医がスケジュウルを作って、混乱を解消してあげてください。と、
園宛に手紙を書いても、1ヶ月以上もほったらかし。
そのことで、保育園に苦情を申し立てると、
あなたのお子さんばかり見てるわけじゃないと。
おまけに、主人の給料がいいから、母は気軽なパーとでいいとか、
核家族だから、気楽でいいとか、
子供とは関係ない、家庭の批判までされた。
この面談の後、園長からは、挨拶しては、聞こえないふりをされたり、弟の入園面接の順番をぬかされたりする。
正直、あそこの保育園はしんどい。
知的に問題のない彼女は障害者用保育園にはいけず、
変化の嫌いな彼女には、転園は無理であろう。
ちょっと、今、しんどいです。


我が家の場合  投稿者: ドラえもん  投稿日: 3月 2日(水)15時39分8秒
こゆきさん始めまして。
5歳PDDグレーの男の子の母です。
私も年少のときに、こんな事があったなぁと思い書き込みします。

我が家は年少の時に、4月入園で私立の保育園に息子の事の事情を話して入園しました。
園側で加配をつけてくれたのですが、他害の件で園と話し合いが平行線になり
やむ終えず転園をしました。なんの為の加配だったのか・・・
理解してくれている園だと思い考えて入園しましたが、結局は園全体のことを考えて
息子に転園を進められました。
いまだに、どうして我が家だけが・・・
という事はありますが
結論からいうと転園は成功でした。
やはり、息子にはよい対応がされてはいなかったようです。
入園する前に園情報を仕入れて入園させましたが、入ってみないとわからないし
今のその園の状態も先生が変わったりとかしますので
何がよいか悪いかわからない。という事が母はよくわかりました。

こゆきさん普通の保育園で変わってみるのもいいかもしれませんよ。
現状が悪ければ変えてみるのも一つの手だと私は考えます。
変わって当初は混乱しますが、やがて落ち着きはします。

我が家の場合です選択はたくさんあると思います。
まだ、園生活も2年はありますので検討してみるのもいいかもしれませんよ。
家庭の事情もありますので、ひとつの手段ということで聞い下さいね。

他の方の意見もきけたらいいですね。

親の我慢  投稿者: こゆき  投稿日: 3月 2日(水)17時45分2秒
ドラえもんさん、ありがとうございます。
現在の保育園は、市の保健士と、発達相談員の薦めの園でした。
市立の一般保育園ですが、
市内でも、山奥に位置し、定員60名をきる少規模保育園です。
集団になじめない高機能障害の子供たちは、行政から強くこの園を勧められました。
そのため、相談員などの訪問も多く、保育士達もセミナーに通ったり、指導を受けています。
条件的には、娘にあう園だと思うのです。
来年小学校に行く彼女の残り一年を過ごすには、マンモス園で混乱の時間はこくかな?と思ったのです。
あと一年で就学でどうせパニくるんだもの。
私は、相談員や、主治医の元で勉強し、彼女にどう支援すべきか、
大体把握してるつもりです。
連絡帳や、スケジュウル表、受診前の面談、どれも必要だと思うし、
もっと彼女なりの支援も工夫したいです。
彼女が、スムースに園生活を送れれば、先生方も楽になるはずなのに・・・・
こんなに園長から否定的では、何も出来ない。
担任の先生は、私という保護者と、園長の間でおろおろされている。
とても気の毒です。
園長の態度に、納得がいかなくて、行政に報告をしました。
年配の保健士と相談員が、すぐ翌日に来て、なにやら会議らしきものをしていました。
その日から園長のいけずが続いています。
子供にいけづされていないか、心配ですが、
子供は園長好きと言います。
アスペルガーの彼女には意地悪は気づいていないのかもしれません。
それでも、彼女がつらい思いをしていないのなら、よしとしよう。
親が我慢すのしか道がないのかと思うと、ちょっとしんどいのです。

そりゃしんどい  投稿者: まつこ  投稿日: 3月 3日(木)12時33分35秒
>市の保健士と、発達相談員の薦めの園
>相談員などの訪問も多く、保育士達もセミナーに通ったり、指導を受けています。
だのに、連携がとれない、と。いつからの入園だったのでしょうか?
参観日や行事などのとき、お子さんと先生はどんな様子なのでしょうか?

定型発達の子どもでも、担任や主任の先生と保護者が
保育園で送迎の時にちょっとした連絡をしあったり
連絡帳でその日の様子を知らせてもらったり、
こちらの面白エピソードを書いて笑ってもらったり…って
当然のことだと思っていました。

>年配の保健士と相談員が、すぐ翌日に来て、なにやら会議らしきものをしていました。
それは、こゆきさんの「行政への報告」を受けてのことかどうか、
確認をされたわけではないのですよね。
こゆきさんへの「行政」からの報告はありませんか?

>あなたのお子さんばかり見てるわけじゃないと。
>おまけに、主人の給料がいいから、母は気軽なパーとでいいとか、
>核家族だから、気楽でいいとか、
>子供とは関係ない、家庭の批判までされた。
そんな「面談」ありえないですよね。今度同じことを言われたらどういい返します?

それと、連携が取れないことは、別にしてきちんと考える必要があるように思います。
園長の無理解と「いけず」に、エネルギーを奪われてしまうのはもったいない気がします。
担任の先生に、お迎えの時にその日あったことを聞いてみたらどうでしょう?
それも、無視されるのでしょうか…

親の荷物は軽減しましょ。  投稿者: ドラえもん  投稿日: 3月 3日(木)16時05分31秒
こゆきさん
我が家も本当に同じでした。

>あなたのお子さんばかり見てるわけじゃないと。
おまけに、主人の給料がいいから、母は気軽なパーとでいいとか、
核家族だから、気楽でいいとか、
子供とは関係ない、家庭の批判までされた。
この面談の後、園長からは、挨拶しては、聞こえないふりをされたり、弟の入園面接の順番をぬかされたりする。

このような似たようなことがあり、市の行政相談や、主治医に真剣の相談にいった結果転園でした。

先生との相性とかの問題とかもありますし、先生も集団教育のプロというプライドもあります。私が思うにその、園長の長年のプライドが許せなかったと…
アドバイスを元に今度の園では
先生に困ったことがあった場合お伺いをたてることにしました。
「先生こんな時はどうすればいいか?」と
相手の懐に飛び込む方法のほうが、「親の意見は主張」とばかりに跳ね返す方もいます。
いかに、子供のために方法を考えてもらえるかを考えるのも一案だと思います。

親の我慢をしないよう小出しに「私は・・・」というIメッセージもいいかもよ
応援してるよ。方法はたくさんあると思います。お互い乗り越えようね

他の方の意見も聞けたらありがたいわね。

やりきれない思い  投稿者: こゆき  投稿日: 3月 4日(金)00時01分49秒
まつこ様、ドラえもん様、ありがとうございました。
他のママ友達に相談すると、おひれがついて、誤解した噂になるのがいやで
ずうっと言えなかったことなんです。
レス、うれしかったです。

>こゆきさんへの「行政」からの報告はありませんか?
これは、担当の保健士より、「後日、園長に指導しに行く。」
と連絡がありました。
私は、子供の送迎の際、職員室のガラス越しにその会議らしきものを
目撃しただけで、内容は不明です。
保健士曰く、園長ほどの地位にいる人に、指導、更生は難しい。
この園長は、あまり園児とかかわらないので、あきらめてください。
担任に支援をお願いしてはどうか?と。
主治医も、今後、このような教員に出会う確立は、大きい。
今回は勉強になったと思ってください。
それよりも、来年就学をむかえた彼女に混乱のない1年を・・
と言われました。

悔しいけど、そうしようと腹に決め立つもりだが・・・

アスペの本で先生方に読んで欲しいものがたくさんありました。
多忙な先生方は、そのまま渡しても無理だと思い、
娘に該当することをピックアップし、日常の行動とともに、手紙に書き記し、
理解と支援を得ようとしました。
主治医からも直筆で園宛の手紙を渡しました。
どちらも返事がありません。
おまけに医師からの手紙内にあるスケジュウルは1月以上放置され、
私が、スケジュウルの活用によって何か彼女は変化したか?
の問いに、「まだ作ってないんです・・・」の返事。

さすがに私も切れて、
「半年に一度の受診は大事にしたいし、
往復8時間かけて、主人も会社を休んでいっているんです。
やってませんでは、親としてとても切ないです。」
と、担任にこれでも抑えた言い方でいいました。
このときも、面談の時間をとってもらっているのに、
園長は隣の部屋の掃除をしていて、この話を聞いていません。
後日その担任から聞いたことでしょう。
それからしばらくした再面談で園長の暴言が出たのです。

私は、しゃしゃり出すぎたのかもしれません。
もっと先生方をたてる方法がよかったのかもしれません。

でも、悔しい。
私は何も間違ってないよね。
障害のこと、何も知らない世間の人にしつけが悪いだのと誤解されるならともかく、
こんな園長のところへ、娘を預けないといけないなんて。
アスペだと隠して入園したわけでもない。
行政が薦めるこの園でこんなに否定されたら、
娘はどこへ行けばいいのか?
私は、どこへこの悔しさをこぼしたらいい?

情けない、悔しい。
私たちはどこへ行ったらいいですか?

わかります。  投稿者: perumama  投稿日: 3月 4日(金)09時05分18秒
 悔しい。・・・・気持ちわかります。
私は以前、コチラの掲示板に少しお邪魔したことのあるperumamaといいます。ヨロシクお願いします。
私の子供は、中学生の息子が多分(これから具体的に検査です)発達障害、小学生の娘が構音障害です。
私も今、上の子供の相談員との関係がぎくしゃくしていて悩んでいます。
本当に、わかってもらえない悔しさ・・意見の食い違いの多いとき「なぜか」下手に出てします自分のふがいなさとか・・情けないやら、悔しいやらです。

でも、こんなコトを言うといけないかも知れませんが。
これからも何度も何度も、同じようなことがあります。私は小学校で(特に上の子の時は)対応が不十分ですべてが後手に回っているような状態でした(今そのつけが回ってきた感じです)そこから同級生・保護者の間で「あの子はおかしい」「親もむきになって・・」と噂されていたようです。
本人は・・・アスペなんでしょうね・・・気にしてない様子でした。
そんなこともあって、親が「しゃしゃりでて」いる感じで・・担任も迷惑そうな人もいました。

コチラの掲示板のお母さんは本当にがんばっています。
まだ小さいお子さんが多くて驚きましたが、一生懸命考えてくれるお母さんやお父さんがいて子供たちはすごく幸せなんだと思います。
以前、今とは別のカウンセラーに「こうゆう状態のお子さんに気づいて何とかしようとしている親御さんは偉いんですよ。普通は、この子は仕方ないって諦めて何にもしない家庭もたくさんあります。」と言われたことがあります。
 確かに大変です。自分の子供なのに「わからない」コトの多い子供だけでもストレスなのに、園・学校・人間関係・・・周りはドンドン広がっていくんですから。それに対してぶつかるのは、お母さんなんでしょうね、、、やっぱり。

支離滅裂な文章になってしまいました。
応援しようと思っていたのに、悪いことを書いてしまったようです。でも言いたかったことです。無理してはいけない・・・でもがんばってほしいです。がんばって!!!
時には、キレても良いじゃないですか!!! それだけ必死なんだと訴えて良いと思います。
私は過激なのかも知れない・・・でも「自分はこれからだけがんばっている」と主張してもいいと思います。泣き寝入りみたいなコトはもっと悔しい・・・。

具体的な話じゃなくてごめんなさい。
やりきれない気持ちに共感してしまいました。

う〜んと  投稿者: まつこ  投稿日: 3月 4日(金)13時47分9秒
「悔しいこと」披露大会をしたら、多分私も上位入賞できると思う。(^^ゞ

でも、この掲示板は↑の「初めての投稿の時には必ずお読みください」に
管理人さんが書いておられるように
その悔しさをエネルギーに変えて、前に進むための情報交換を大事にしてきました。

先日、うちの地域の人権同和教育研究大会の就学前教育・小学校分科会で、
幼稚園の先生が「特別支援を必要とする子の姿を通して」という題で発表をされました。
その子が入園した当初はほとんど理解がなく、
理解がないということは支援の必要性も見えないわけで、うんたらかんたらいろいろあって……
お母さんの粘り勝ちです。直球勝負だけじゃなくて、変化球とか牽制球とかいろいろあったんだと思います。
この分科会には地域の幼稚園の先生、保育園の先生、小学校の先生が大勢参加しておられました。
その連携をもっと大切にしていこうという話もあったそうです。
(坊主の担任が司会をしていたんですけど〜)

自閉症・発達障害支援センターでは、保育園・幼稚園の先生方への理解推進に研修会を開いたり
相談業務などの連携も始まっています。

母子通園時代に先輩に教わったことですが
「先生に親の思いはいくらでも投げていいと思う。
ただ、全部打ち返してもらえるわけじゃない。
10球投げて1、2球でも打ち返してもらえればいい。
10球の中には、先生にとって打ち返しやすい球があるかもしれない。
そこからしか始まらない。あきらめて投げるのをやめたら、そこから前には進めない。」
今、まったくそのとおりだったなぁと思ってます。
ぎゃくに、先生から「お母さん、こうしてくださいよ!」と10個言われたら
間違いなくキレル私。(^_^;)すいません。

それから、相手は一人に絞る必要はなくて、いけそうなところから協力者になってもらう。
「こうしたい」という理想形はきっちり保存しながら
自分にできることをやって、人に任せるところは、
一応こちらの思いは伝えながら、
その人なりの方法で取り組んでもらうには
どういう風にもってゆくのが一番現実的か工夫してみる……


あれからまだ10年しかたっていませんが
少年を応援してくれる人がたくさん増えました。
私はまだまだ、ねばりたいです。(多分、長生きすると思う)


こゆきさんへ  投稿者: ちょみ  投稿日: 3月 4日(金)11時29分21秒
さぞかし、悔しかったことと思います。
息子は4歳(春に5歳)でグレーなのですが、これから皆さんと同じようなことを経験するかもと思うと、どきっとします。
子どものことを言われるのって、つらいですよね。

私の場合、保健婦さんといまいち合わなくて、いつも「このくらいなら大丈夫よ!」と大丈夫が多いかたでした。
私は心の中で「大丈夫じゃないから療育センターに通ってるのに」と思っていました。
確かに、グレーで表立って障碍とわかる言動は少ないのですが。
保健婦さんは障碍の勉強をしているわけではないということを知っていましたので、
もういいや。と思い、「保健婦さんがそうおっしゃるなら」と、行政のサポートを終了しました。

保健婦さん同様、保母さんも障碍について勉強する機会は少ないと思います。
(週に1単位程度)ですし、実習先も保育園がほとんどです。
障害児と触れ合ったことのない方も多いのではないでしょうか?
親戚に保育園の園長先生が2人(一人は元ですが)いるのですが、息子のことを話しても
暖簾に腕押し。現役のほうには話しませんでした。
そんなもんなんだなぁ。と思いました。

私が通っていた小学校にことばの教室があったのですが、ここの先生は元私の担任で、ちょっと問題を起こし、ことばの教室の先生になりました。特に障碍について学んだわけではなく、ただ、空きがあったから。だと思います。
今思うと、絨毯敷きで室内に砂場があったり、全身鏡があったり、隣の部屋からマジックミラーで見られるようになっていて、言葉だけではなく発達に障碍のあるお子さん用の教室だったんだと思います。
20年以上前の話ですが、行政もあまり進んでいるとは思えません。
言葉が悪いですが、そういったかたが障害児をみている(自分の子供を担当するかと)思うと、正直げんなりします。

幸い今のところ療育センターの先生方としっくり行っていて、訓練も無理なく楽しい雰囲気でできています。
でも、春から幼稚園ですし、それとなく先生にできること、できないことは伝えましたが、(=イコール)発達障碍とまでは思っていないようで、入ってからもめそう。

悔しい気持ちややりきれないことはどうぞ掲示板で吐き出してください。
(私もそうさせていただいています)
それが解決になるとは思いませんが、書く事によって少しでもすっきりするなら、よいと思います。それに、わかってくれる人もたくさんいます。
その中で経験のあるお母さんからアドバイスもいただけると思います。

お互いに乗り越えていきましょう。

(無題)  投稿者: こゆき  投稿日: 3月 5日(土)00時54分38秒
perumama様、ちょみ様、まつこ様、お返事ありがとうございました。
お忙しい中、親身になっていただき、心より感謝です。

私もまだまだ新米障害者ママなのかな?
園長とのいざこざで立ち止まってしまいました。
園への手紙、苦情、哀願、提案、行政からの代弁と、
何とか理解を深めようと、私なりの工夫が、
園長の中傷と意地悪という結果になったんだもの。
そりゃへこみますって。
ここで負けてはいけないのもわかっています。
娘にとって、どうすべきかも大体わかっているつもりです。

娘は4歳にして暗算をこなすという高知能です。
何でも出来るのに、みんなと一緒にが出来ません。
周囲からしつけの悪い教育ママと思われていることでしょう。
コミニケーション時間を大事にしたい私は、
フルタイムで働く人たちを尻目に、早上がりの条件で就職した。
当然風当たりは厳しい。
対人関係の悪さは、義父母に攻められる。
それでも、ずっと便利屋だった私が「母」に昇格してもらえたのはうれしかった。

あー、また不幸話自慢ですいません。
それだけ、私も娘もがんばったという話です。
今はへこんでて小休止です。
また体力と気力が復活したら、娘がいつでも笑っていられるように
工夫する努力をしたいです。

共感と激励、ホントうれしかったです。
月並みな言い方だけど、皆がんばってるんだなあ、私だけではないんだ・・・と。

ありがとうございました。


牽制球はつらい  投稿者: こよみ  投稿日: 3月 5日(土)02時20分31秒
こんばんは…。私は子どもとの関係の失敗の後に、学び始めた小5の自閉症の男子の母です。
今年度は気分の落ち込みがあったり、母子分離ができなくて、学校に付き添いをしましたが、
今のところ何とか母と離れて、元気に通っています。
先生にお任せするようになっていくにつれ、
何かとお願いしたいことがあるような、でも先生から見ればないような、
中途半端でもやもやした日々が続いていました。

ある日、これは早く対処してもらわないと、と思ったとき、私は牽制球を投げていました。
分かってほしいと思う先生に、子に対して動いていただかないと始まらないと思って。
直球ではなかなかだったので…躊躇をけっとばして、牽制球を投げていました。
でも、牽制球を投げたあとは、牽制球を投げたことにくよくよ悩みました。

一方で、日々ちょこっとやってみようと色々試してくれたのは、
私が分かってほしいと思う先生とは、ちがう先生でした。
たぶん、どうしてこうなっちゃうのかな?どうしたらいいのかな?
と、思ってくれていたのだろうと思います。

思えば、細いながらもその流れがあったからこそ、牽制球がたまたま効いたのだと思うのです。
分かってほしい先生には、私からは牽制球しか飛んでこなくなって、気の毒で…。
でも、だんだん、ちょこっとやってみようとしてくれる先生に直球を投げると、
手元で、分かってほしい先生に向けてカーブ(相談)して共有の変化球になっているようでした。

けど、もし、ちょこっとやってみようの流れが、なかったら、わかりません。
分かってもらえないときは、しんどくてしんどくて…どうしたらいいんだろうかと。

やり始めるのって簡単なようで本当に大変なことだなと思います。
私自身が、何からやっていいか分からず、かろうじてうろうろしながらなのでして…。

うちの場合、学校での様子の方が家での様子よりも、もっとわかりにくい、地味〜なマイナスの気持ちの表現をする子どもでして、
見学して、ああこれは、と思って、話したり連絡帳に書いても、不思議に思われているようでした。
このままの中途半端では、どうなっちゃうだろうと思うところがあり、
このごろ、家での様子と、その様子をどのように思っているか、だからどうしたかとか、ちまちましたことを長々連絡帳に書くようになりました。前よりず〜っと細かく書いています。
それに続いて
1.工夫 2.興味 3.調子のどれが欠けても集団ではなかなかむずかしいと思っています。
今日は3.調子…疲れてるので、1.と2.でカバーできなければ早々に見切りをつけてほしいです。
リラックスタイムが少しでもとれたらありがたいです。
全体のレベルは落として頂けますように。
ちょこちょこと見ないことにしてもらうことがいつもより多いと思います。
など、書くようにし始めました。

付き添いをしてるときは、先生と話す時間があるようでほとんどなくて、連絡帳を書く時間より
とにかく寝ないともたなかったので、毎夕(晩も)学校に電話をかけまくっていました。

毎日顔をあわせ、毎日電話で話し、までは、よかったけど、
子が一人で通えるようになったら牽制球を投げてくる。
どの先生も嫌がる?母になっちって、どうすればよいのだろうか、わからない、まだまだ考える日々です。

牽制球、に反応しました。長々としつれいしました…。

何もしてあげられない気持ち  投稿者: あのね  投稿日: 3月 5日(土)09時08分49秒
はじめまして。小4年のADHDの男の子の母です。
ちょっと前からこちらの掲示板は覗かせていただいていましたが、
昨日、やりきれないことがあって書き込みさせていただきました。

それは、私の子供のことではなくて、姉の子つまり甥っ子のことなのですが…

昨日は、一日遅いひな祭りパーティーを実家ですることになって、
姉の家族と私の家族が集まったのです。
楽しいひと時になるはずだったのですが、小6の甥っ子がなかなか箸がすすまない。
テレビにばかり気を取られ(ドラえもんの時間でした。)声をかけられても
なかなか食べない。甥っ子は小さい頃から小食で、好き嫌いも激しかったのですが、
姉は、イライラしてしまって、『早く食べなさい。」「もうみんな食べたんだよ」
「そんなことでは中学生になれない」などときつい口調でしつこく繰り返していました。
言われればそのときは、一口は食べるのだけど、その後はまた声をかけられるまで
食べない。姉のイライラもつのりまたきつい口調で声をかけたとき
ずーっとそのやりとりをみていた私の母が
『いい加減にしなさい。そんなにうるさく言われたら食べたくなくなる」
と、言ったことから母娘喧嘩。
甥っ子は泣きながら食べていました。

姉と後片付けをしながら、甥っ子にも障害とはいわなくても
少しうちの子に似ている部分もあると思うので
『怒ってばかりじゃ、甥っ子はかわいそうだよ。」
と、言うと
『小6なのに泣くなんて、また家に帰ってお父さんに怒られるのに」
と、怒りはおさまらない様子。

前にも甥っ子のことは姉と少し話したのですが、「もしかして」という気持ちと
『うちの子は障害なんかない。」という気持ちがあるということでした。
姉のだんなは私のことを
「よくやってるなぁ。俺だったら泣いて暮らす。」
と、言っているそうです。
そんなADHDを認めたくないからイライラして甥っ子が傷つくような言葉を言ってしまう
気持ちはよくわかるのですが、帰る時に少し落ち着いてうちの子と楽しく遊んでいた
甥っ子が、姉の怒った顔を見て
『僕なにか悪いことした?」
そのことにまた姉は「あんたのせいだ」というような顔で帰っていきました。

きっと家に帰って怒られているだろう甥っ子のことを考えると、
何もしてあげられない自分に腹が立ち、悲しくて涙がでます。

はじめてのカキコなのに長文で申し訳ありません。
ただ、このどうしようもない気持ちをぶつけることがどこにもなかったので
すみません。

あのねさん  投稿者: 朝倉玲  投稿日: 3月 5日(土)09時16分19秒
私にも、何もしてあげることはできないけれど

でも、そのお気持ち、痛いほどよく分かります。
「そこのところの見方をちょっと変えるだけで、
親も子も、もっともっと楽に楽しく暮らせるのに」
と思う親子に出会うたびに、同じ思いに胸が痛みます。
まして、それが実の姉、血のつながった甥っ子となれば・・・。

だけど。
もしかしたらもしかして。
このあと、もっともっとお姉さんたちがお子さんについて心配するようになり
どうしても、踏み切らなければならないときが来たとき
あのねさんが、誰よりも身近な相談相手になれるかもしれない。
そうも思います。
認めるのには、時間が必要なこともあるから・・・。

その時ができるだけ早く訪れるといいですね。

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


伊藤伸二編 吃音者宣言 言友会運動十年 5章 K君 その後の人生  投稿者: K君  投稿日: 3月 6日(日)10時27分54秒
その復讐心は消えなかった。
中学2年の時に「吃音者宣言」というとても高いハードールを自分に宣誓した。
京都府立A高等学校普通科では、それが何の役にも立たなかった。
吃るがゆえに殴る、蹴る、という暴力を受けた。
ある時いじめるやつらにどうしていじめるかを聞いた、そしたら、吃りさかいにあほ

と言われた。
そして、教科書が無くなり、鉛筆、消しゴム、パンツまで無くなった。
机には、吃り、アホ、とチョークで書かれた。
そしていつも家で泣いていた。
毎日神様に明日死ねますようにと祈りましたが。死ぬことも許されなかった。
そして、出席の「はい」が言えなくなり、ただひたすらに机を揺らすだけだった。
そんな、倉橋を見て高校の先生も笑い私を馬鹿にした。
わたしの高校には「人権」が無かった。そのひとかけらも存在しなかった。
通知表は3以下だったが、なんとか卒業出来た。
吃りから逃げるため、故郷を捨てた。そして、コンピューターの専門学校に入学し
た。
でも、いつも心のどこかに高校の時いじめたやつらを見返えしてやろうと思ってい
た。
つい、5年前、高校の時いじめたやつを許すため宗教に近づいた。
が、そんなもんで僕の復讐心は消えなかった。
そいつらをやる(殺す)ため近くのホームセンターで刺身包丁を購入した。
そして、そいつらの現住所をA高校卒業名簿でつきとめた。
今、その、刺身包丁は消えた。

いわゆる、「待てばいい」ことに気がついた。

そいつらやらんかって(殺さんかって)待てば彼らもやがて死ぬのです。
有機体である以上絶対に「死ぬ」のです。
どんな人も100パーセント死ぬのです。
でも、その事実を確かめるために、私は健康を頑張って維持し、どんにつらい試練が
あっても生きて行かなければならないのです。
そうしないと、仇討ちが成し遂げらないのです。

でも、今、現在、仇討ちが必要無くなった。

以上
                    倉橋 孝夫

K君さま  投稿者: rishou  投稿日: 3月 6日(日)16時18分50秒
ことばの教室の教師です。
吃音のお子さんも通ってきています。
心して 書きこみ拝見いたしました。
子どもがここまで苦しんだときに なにができるのか・・・
せめて 大きくなって訪ねきてくれたら なにもできないけれど 
話が聞ける教師でありたいと考えました。
そのために 今を大切にしていきます。

朝倉さんへ  投稿者: あのね  投稿日: 3月 6日(日)22時57分56秒
わたしのどうしようもない愚痴にお返事ありがとうございます。

> 「そこのところの見方をちょっと変えるだけで、
> 親も子も、もっともっと楽に楽しく暮らせるのに」

ほんとに、今のわたしの思いです。
甥っ子はほんとにお母さんが大好きで、姉もまた子供のことを
とても大事に思っています。
だからこそ、子供の「出来ないこと」が気になって、
そのことだけに目が行ってしまうのだと思います。

> だけど。
> もしかしたらもしかして。
> このあと、もっともっとお姉さんたちがお子さんについて心配するようになり
> どうしても、踏み切らなければならないときが来たとき

もし、検査をしても甥っ子には診断がつかないかもしれません。
今は、学校でも気の合うお友達がいて、学習面でも特に問題はありません。
でも、以前に学校でいじめとはいかないまでもトラブルがあったこと、
ちょっとしたことで泣いてしまうこと、(声をころして泣いています。)
泣くことで父親に否定的な言葉を投げつけられること、
そして最近、原因不明の頭痛や吐き気があること、
(姉はゲームのやりすぎと言っていますが…)
そんな話を聞いていると、なにもしてあげないうちに
二次的障害がでてしまうのではないか、とても心配になってしまいます。

> あのねさんが、誰よりも身近な相談相手になれるかもしれない。

姉は、わたしの子供のこともよく分かってくれていて、いつも話を聞いてくれます。
ADHDのことにも理解があるぶん、余計に不安になってしまうことがあるのだと思います。
でも、姉と義兄が、子供のいいところをたくさん認めてあげれば、きっと甥っ子は
自分に自信がもてるようになると思います。
直接的にはなにもできなかもしれないけど、わたしの「子育て」を姉にみてもらうことは
できるので、良い影響を与えられるように、わたしもたくさんうちの息子の
いいところを認めてあげたいと思います。

K君さま  投稿者: M@管理人  投稿日: 3月 6日(日)23時37分17秒
投稿の内容のことでメールさせていただきました。

遅レスすみません。  投稿者: 悩める母  投稿日: 3月 7日(月)01時19分2秒
一週間ほどカゼで寝込んでしまって書き込めませんでした。
深夜、掲示板乗っ取りのような長文を書いていた罰でしょう。
今日は短く。愚痴は言わず。(なるべく・・・^^;)

>みるくうさぎ様
優しい言葉をかけていただいて有難うございました。思わず涙が出そうでした。

何かを適切な形でできないこと、問題行動も本人のせいじゃない・・・
私も心の底からそう思っています。
だからこそ、辛いです。どうしてやれば良いのか悩みます。

通園施設への移動について「4月から、と決めてしまうのではなく」
というお言葉は私の心を随分軽くしてくださいました。
園長先生とまだお話できてないので、できるかどうかわかりませんが、
少し時期を遅らせて転園させることができないか、交渉してみます。

もしか通園施設に途中から入られた方が掲示板見てらっしゃったら、
ご連絡いただけないでしょうか?
もちろん掲示板への書き込みだけでもOKですし。

何より、我が家のような恐ろしい「大」問題についての情報も
お持ちの方がおられたら教えていただきたいのですが・・。
健康面から、とてもとても心配しています。
(自分自身が、こだわりに近い汚物恐怖を抱えているので、やはりこれだけは
我慢できない、という気持ちも強いです。本人のせいじゃないとは
分かっているのですが・・・自分自身が吐きそうになるんです)

「大」問題以外は全てのこだわりが薄まり、平素はパニックも多動もなく、
聞き分けのよい、楽しげで愛くるしい息子です。(うるさいですが・・・)
何とかしてやりたい気持ちでいっぱいです。

>さえりな様
我が家の息子は元々できないことの方が多いので、「後退」(?)
できること自体少なく、あまり参考にならないかもしれませんが、
それでも、今までやれてたことをやらなくなることってありますよ。
「クチュクチュペッ」をやっとするようになったのに、もうしたくない、
とか、園では握りバシまでは行ってたのに、家では手づかみ主流とか・・。

公文のことが原因かな?とおっしゃっていましたが、逆に園で変わった
ことはなかったのでしょうか? 新たに課題が増えたとか・・。
(3月って制作課題とか、多くありません?)
よく分かりませんが、少し疲れてる、何かのストレスで不安感や抵抗感が
増えてるかもってことは、やはり考えるべきなのかな、と思います。

うちの息子も園ではすごい頑張り屋で、苦手なインタビューにさえ答えようと
いう勢いで・・・。でも、「できた」からって、本当に本人にとっては
ギリギリいっぱいなのかもしれないのですものね。
根が真面目な彼らですから、必要以上に頑張ってしまって、突然したくなくなる
こともあるかもしれない・・・。あくまで推測ですが。

そんなときは、やはり全体の要求レベルを下げてあげて、リラックスできる
時間を取ってあげることでしょうか。わざと公文もお休みを作ってあげるとか、
そして、朝の身支度も、もう一度、絵や文字のフローなどで見せてあげるとか。
きっと、またできるようになられるでしょうからね!

大事なことを言い遅れましたが、私、通園施設への転園はもう決意したのです。
皆さまのおかげで、心を決めました。今一度、ありがとうございました。

悩める母さま  投稿者: にしこ  投稿日: 3月 7日(月)23時57分51秒
>大事なことを言い遅れましたが、私、通園施設への転園はもう決意したのです。

きっと決意されるまでには、色々と悩まれたことでしょうね。
でも、考えに考え、悩みに悩んだ末に決めた事には、
必ず良い結果が伴う気がします。
(これは私の少ない経験上での話ですが…)

お子さんが通園施設に楽しく通えますよう、
また、お子さんと母さまを支えて下さる方が、これからも大勢出来ますよう
心から願っています。

追伸:息子は年少の途中から通園施設に入園しました。
   (5月半ばだったと思います)
   うちの通園施設は途中入園の方が何人もいます。
   途中から入園して、最初は慣れるのが大変でも
   いつの間にか通うのを楽しみにしている…
   そういうお子さんが多いですね。
   うちの息子もいつも楽しんで通っています。
  
   もうすぐ卒園なのですけどね。
   

http://blog.drecom.jp/nishiko-245blog/


題名 詩 抱きしめたい  投稿者: K君  投稿日: 3月 9日(水)19時37分22秒
抱きしめたい

寒い風の中で鼻をすする親のないガキを

抱きしめたい

一人ぼっちで飲んだくれている醜い女を

抱きしめたい

眠たい目をこすりながらおしめを替える夜勤の看護婦を

抱きしめたい

朝の3時に起きて新聞を配っているアルバイトの学生を

抱きしめたい

他人の家の火事なのに命をかける消防士のにいちゃんを

抱きしめたい

行くあてを失った野良犬のような不良少年を


抱きしめたい

通勤電車に揺られている三流会社の父ちゃんを

抱きしめたい

救急車の中で心臓マッサージをする救急隊員を

抱きしめたい

こびりついた便所のうんこを毎朝掃除をしている駅員を

抱きしめたい

地下街にダンボールを並べて寝ている汚いやつを

抱きしめたい

罪を犯し獄中にある人を


抱きしめたい

治らない病で苦しんでいる勇気のある人を

抱きしめたい

勇気を失って死のうとしている人を

抱きしめたい

戦争で子供を死なせた婆さんを

抱きしめたい

その戦争で子供を追いやったことで眠れない爺さんを

抱きしめたい

今も戦争で傷ついている罪のない子供を

抱きしめたい

人を撃つことの罪知らない兵隊を

抱きしめたい

抱きしめたい

抱きしめたい

消え入りそうな気持ちの夜に

吹き荒ぶ嵐の夜に

生きる気力がなくなる夜に


抱きしめたい

幸せを求める人も求めない人も

抱きしめたい

暗黒の中でもがき苦しんでいる人を

抱きしめたい

祈りを知らず血を流し続ける人を

抱きしめたい

すべては終わりがある世の中だから

抱きしめたい

今この体にみなぎる力で殺されるまで

抱きしめたい

俺達にできることは叫び続けることだけ


発音だけが悪すぎる  投稿者: すごく心配  投稿日: 3月10日(木)10時56分38秒
はじめまして。5月に4歳になる男の子です。上に3つ上の兄がいます。もともと言葉は遅かったのですが、発音が余りに悪く、私以外(時には私にも)全く何を言っているのかわかりません。50音中、はっきりいえるのは、あ、え、お、た、と、な、ま、め、も、わ、以上です。これらも、1語ずつならいえるのですが、単語や文章になると途端に発音できなくなり、全てがあ行(母音)になってしまいます。他に発達が遅れているところは見たところないようです。健康診断でも発音以外は何も指摘されませんでした。聴力検査は正常。アゴや、舌にも以上はないと言われました。他に疑うところは何でしょうか。どこへ相談に行ったらいいのか、わかりません。どなたか何でもいいので、アドバイスおねがいします。

構音  投稿者: M@管理人  投稿日: 3月10日(木)19時50分16秒
>単語や文章になると途端に発音できなくなり、全てがあ行(母音)になってしまいます。

 口腔に息をためることが難しい場合に、代償的に喉で作ってしまう声門破裂音が、
 丁度、子音を省略して母音だけで発音しているようにも聞こえる音ですが・・。
 
>どこへ相談に行ったらいいのか、わかりません。

 下記のリンクからたどって、
 STさんのおられる病院などに行かれたら良いと思いますよ。

http://homepage2.nifty.com/cmd1/index.html

]
すごく心配様  投稿者: perumama  投稿日: 3月11日(金)08時48分53秒
 私の娘は小学生高学年です。幼稚園時代から発音が不明瞭で、就学時検診で「ことば学級への通級」を薦められて通っています。在校学級から、低学年の時は週二時限通級に通うため遅刻としたり早退したりしていました。現在は授業をすべて終わってから(午後四時頃から)指導を受けています。
 内容は、うちの子も幼稚園の時から「しゃべる言葉が全部たちつてとに聞こえる」と感じて「あのねー」も「たとてー」、「からす」が「たらとぅ」と言う状態でした。
言葉数も多く、おしゃべりで・・ただ少々早口でしたが・・知能も正常です。
ただ、言葉が不明瞭・口の中の筋肉の未発達と言うことで訓練に通っています。

長くなってしまいました。が、私たちが通っているのは公的な機関で小学校内にある「ことばときこえの教室」です。一対一の個別指導で訓練をしています。
うちの子はメンタルな部分でのダメージが大きく、心理的な部分で訓練のすすみが遅くて悩んでましたが「とにかく、リラックスして安心して話ができるようになろう」という目標で通っています。

メンタルな部分・・・これは三歳の時に「言い直し」を強要されて一ヶ月口をきかなくなったことから始まり(娘・「〇〇」相手・「〇〇でしょ」娘・「〇〇」相手・「違う!〇〇!!」を繰り返す)幼稚園で「みんなから笑われた」ということがあり、なかなか「自分は大丈夫」という気持ちになれないコトが原因みたいです。

通級担任からは「言い直しは絶対ダメ。わからなかったらもう一回お願いとか、ごめんねー聞いてなかったからもう一回言ってくれる?と言ってみて」とアドバイスをされました。
こちらから「〇〇かな?」とか言うのもヨカッタみたいです。低学年の時はそれの繰り返しでした。在級の担任には、音読の宿題などは少し免除して貰いました、一回読むだけでかなり疲れてしまうらしいです。

 「言葉が相手に伝わりにくい」と言うことは小さい頃から本人はわかっていたようです。周りが早く認めて対処した方がヨカッタかも・・と反省しています。

具体的・専門的な話じゃなくてすみません。経験から個人的な話ですが何か参考になればと思いましたので書き込みました。

お返事どうもありがとうございます。  投稿者: すごく心配  投稿日: 3月12日(土)00時11分12秒
管理人さま、声門破裂音早速調べてみました。確かにうちのこの場合、口を閉じて、鼻から息を出して音を出そうとしていることがあり、当てはまるかもしれません。教えていただいたサイトを参考に病院を探してみようとおもいます。

perumama さま、
お子さんのお話、参考になりした。いい先生とめぐり合えてよかったですね。今高学年とのことですが、発音の方は訓練を初めてよくなってきましたか?発音の教え方のアドバイスも参考にさせていただきます。私も最近はなるべく子供と会話する時間をふやして、子供の言ったことを、指摘せず、そのままの文章を正しく言い直して〜〜なの?〜〜だったんだ。というようにしています。子供もうまく話せていないことにおそらく気づき始めているので、負担にならないように、正しい発音を聞かせてあげられるように努力したいと思います。

口演のお知らせ  投稿者: M@管理人  投稿日: 3月12日(土)11時23分3秒
子どものことばの専門家(言語聴覚士)が、脳のはたらきとことばのしくみ、
ことばが育つ毎日の暮らしについて、分かりやすくお話しします。
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜* 
                             
と き  平成17年3月26日(土)午後1時30分―4時30分(1時受付開始)

ところ  全労連会館2階ホール(中央線 御茶ノ水駅歩いて8分)
     〒113-0034 東京都文京区湯島2-4-4

講師   中川信子(言語聴覚士  NPO法人ことのはサポート副理事長)

定員   180名         *託児はありません。

参加費  3500円/人(ことのはサポート会員 2000円/人) 

※下記事務局あてにFAXまたはメールでご連絡の上、郵便振込みをお願いします。 
00150−8−407192「特定非営利活動法人ことのはサポート」
             入金確認後、受講証と地図をお送りします。 

直前申し込みの方は事務局までご相談ください。
  
              問い合わせ・申し込み  ことのはサポート事務局
              134-0091 東京都江戸川区船堀3−5−7−2002
              電話  03−5674−7586   
              FAX 03−5674−7588
                 E-mail  kotonohasuport@dol.hi-ho.ne.jp

http://


あっ  投稿者: M@管理人  投稿日: 3月12日(土)11時30分17秒
口演ではなく講演でした。
このところ、発達協会の「発達教育」の中川先生の連載を読んでのたうち回っているので
つい・・。

東京周辺在中のことばの担当者の皆様、是非ぜひ笑って勉強して来てくださいね。

http://


テレビ番組放映のお知らせ  投稿者: YAMATO  投稿日: 3月12日(土)20時38分46秒
みなさま
「はたらく喜びをつかむ!」〜知的障害者と仲間たちが拓く 新たな旅立ち〜
テレビ番組放映のお知らせ
働く障害のある方々とそれを支える周囲の人間模様を、事例を紹介しながら、
ドキュメンタリーに描きます。番組では、益子直美さんが現地に赴き、
障害者雇用の現場をレポートします。ご期待ください!

   http://www.jeed.or.jp/activity/education/h16_tv.html

こちらこそ・・・  投稿者: perumama  投稿日: 3月12日(土)22時34分38秒
すごく心配様、ウチの娘は少しずつですが進歩(?)してます。
一年前までは指導教室でも何をやっても「三歩進んで二歩下がる」状態で・・・本人もやる気があるのかないのかわからない感じで「このままで・・・この子はどうなるのか」と心配していましたが、この一年で急に変化があって、今まで在級で手を挙げて発言しなかった子が授業参観で手を挙げて発言してました。母は涙出ちゃいました・・・質問があると先生の上着の裾を引っ張って呼んでいたのに。あと学習発表会などで「セリフは絶対いや」と言って、絵を持つ役などをしていたのが自分で「大丈夫」といってセリフを一言だけですが舞台で言えました。小さなコトですが一歩ずつ成長してきました。ゆっくりですが、良いことはあるみたいです。

銭湯…  投稿者: ぽっぽ  投稿日: 3月13日(日)17時08分0秒
「発達教育」、私も読みました。読んで、ちびねこ3才位の頃を思い出しました。
銭湯で1才半くらいの話すか話さないか?のちびっこちゃんが
ママやおばあちゃんとのやり取りを楽しんでいる様子を見て、
「ちびねこはやはり言葉だけの問題ではないな〜。」と実感したものでした。
“自閉症”を念頭に置き、子どもへの接し方を考え始めたのも、この頃でした。

感情  投稿者: 大ママ  投稿日: 3月17日(木)18時59分3秒
いつも読ませていただいています。
今日は、学校全体に入っている補助の先生の送別会があったそうです。
その中に大ちゃんに1学期だけついてくれた特別支援の先生もいます。
この先生方は、1年契約でパートのような感じで市で雇われています。
でも子供たちにとって別れはつらかったようで、皆号泣だったようです。
大ちゃんは全然へらへらしていたようですが、なんとも思わないのか・・・
少し寂しい気持ちになりました。


うちのクラスでも  投稿者: 朝倉玲  投稿日: 3月17日(木)20時12分37秒
限られた期間だけついてくださった補助の先生が
涙で子どもたちと別れていったことがあります。
その中でも一番その先生になついていた子が
当日は、一番クールに見えていました。
もともと表情にあまり出ない子ではあったけれど・・・。

でも、本当は、その日に向けて
「お別れの日には駄々をこねて先生を困らせないこと。
気持ちよく先生を送り出すこと」
とお母さんとその子で何度も約束をしていたのだと
後日、その子のお母さんから聞くことができました。
泣いていなくても、その子は精一杯がんばって、先生を送り出していたんです。

表情に出ないからと言って、
寂しがっていない、悲しがっていない、というわけではないんだなぁ、と考えたことを
ふと、思い出しました。

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


お別れ  投稿者: ネコまま  投稿日: 3月18日(金)15時42分32秒
息子は、困ったとき、ヘラヘラと笑います。どうしようもなくなった時、ゲラゲラわらってしまいます。だいちゃんは、もしかすると、辛かったのかも・・・悲しかったのかも・・・困っていたのかも・・・、と思います。

 それと、息子も大好きな加配の先生とお別れをした事がありました。
先生もお別れを何度も説明してくれ、クラスでも送別会をして・・・。でも、息子はいつも通り、楽しく笑っていたようです。
そして休みを挟んで、新しい加配の先生が来て、楽しく過ごしていたようです。ところが、半月ほどしてから大騒ぎし始めました。
みんなが前の加配の先生との別れを整理できた頃、息子は「どうやら前の先生は来てくれないようだ!」とやっと理解したようで、悲しみでいっぱいになったようでした。
(皆が先生の事を忘れた頃だったので、「訳の分からないパニック」ととられていましたが・・・) 言葉で分かっていても、「別れ」を実感としてないこともありますよ。
でも、感情とは別のように思います。
いい「お別れ」ができ、いい「出会い」が出来るといいですね。

講演会「自閉症のある人を支援する視点」  投稿者: YAMATO  投稿日: 3月20日(日)20時13分55秒
おしゃべりの会主催 特別講演会
     ★「自閉症のある人を支援する視点」★
   講師:香川大学付属養護学校教諭 坂井聡先生
■ 日時 平成17年3月26日(土)  1:30〜3:30(開場1:00〜)
■ 場所 東村山市民センター別館(東村山市本町一丁目1−1)
■参加費 1000円
■ 定員 150名
■ 後援
 ・東村山市
 ・東村山市教育委員会
 ・東村山市社会福祉協議会
 ・東京都立東大和療育センター(社会福祉法人・全国重症心身障害児(者)を守る会)
 ・社団法人日本自閉症協会東京都支部
 ・NPO法人東京自閉症センター
■参加申し仕込み
 下記必要事項を明記の上「おしゃべりの会事務局」までE-mailでお願いします。
 ・お名前
 ・お電話番号
 ・ご住所

 「おしゃべりの会事務局」
 E-MAIL:osyaberinokai@yahoo.co.jp

お久しぶりです  投稿者: 大ママ  投稿日: 3月24日(木)22時48分47秒
> 表情に出ないからと言って、
> 寂しがっていない、悲しがっていない、というわけではないんだなぁ、と考えたことを
> ふと、思い出しました。

感情をもっと表現できるといいな。。。と思います。
できるようになるかな?

Re: お別れ  投稿者: 大ママ  投稿日: 3月24日(木)22時53分44秒
> いい「お別れ」ができ、いい「出会い」が出来るといいですね。

そうですね。

お別れの話をしていたら  投稿者: 朝倉玲  投稿日: 3月28日(月)19時06分17秒
うちの担任が異動なってしまいました。
31日が離任式です。

見送りでは、子どもより私の方が泣いてしまいそう・・・。

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


ひっこし終了  投稿者: でんでん  投稿日: 3月29日(火)17時15分7秒
以前相談させていただいたでんでんです。アドバイスありがとうございました。
なんとかひっこしおわりました。
結局、引っ越し前夜徹夜でこどもの荷物をまとめ、朝は「????」状態で保育所に送り、
夕方新居にはこどもの荷物はセット済み。20時間前こどもが並べた通りにつみきや人形を並べて機嫌をとりました。
案外、すんなりいって、前の家の表札を新しい家にかけただけで納得してくれました。
すんなりいかないのは大人達の方で、(汗)夫婦ともに間違えて家に何回か帰ってしまったりして。。。
ひっこしてからは「テプラ大作戦」と称して、モノの位置と場所に同じマークをつけて、「がっちゃんこ」(マッチング)させて片付けさせるようにしたところ、
こどもたちがよろこんで片付けてくれハッピーな毎日を送っています。一番かたづけないのは夫だったりして。
我が家の場合、しつけが必要なのはこどもじゃなく親かもしれません。(^^)

NHK厚生文化事業団貸出ビデオ  投稿者: YAMATO  投稿日: 3月30日(水)09時06分3秒
みなさま
NHK厚生文化事業団 福祉情報誌ピ-ヴォNO32 2005 春号によりますと、
 福祉関連ビデオの貸出ランキング(2004年5月〜2005年1月)が、下記の
 様に発表されています。
  第1位 「軽度発達障害 第1巻 軽度についての基礎的理解」

  第2位 「軽度発達障害 第2巻 小学校の明日を考える」
              〜特別支援教育の幕開け〜
    第3位 「列等スペシャル
          お仕事がんばります〜自閉症からの自立」
  第4位 「軽度発達障害 第4巻 就労支援〜社会的自立を目指して」

 で御座います。
 貸出方法に付いて詳しいことは、自閉症協会 東京都支部HPのメニュバ-
「リンク」の頁、自閉症・障害団体の欄、福祉ビデオの所をご覧下さい。
    http://www.autism.jp/

自立をめざして  投稿者: M@管理人  投稿日: 3月31日(木)20時59分37秒
4、5月号に更新されています。

ぴっくあっぷ教材教具にソーシャルスキルトレーニング絵カードの使用について
書かせて頂いています。

本当は事例研も、
教材そのものの検討と改善も必要なのだけど・・・、
そこまでのパワーがありません。

       < ご意見下さいね。指導者のみなさま。

http://kids.gakken.co.jp/campus/jiritu/index.html


学研と言えば  投稿者: M@管理人  投稿日: 3月31日(木)21時32分57秒
今月号の実践障害児教育に
ノースカロライナで聞いた! 見た! 『本当のTEACCH』という記事があります。
内山登紀夫先生の文です。

TEACCHの九つの理念
(1)理論ではなく、子どもの観察から自閉症の特性を理解する
(2)親と専門家の協力を
(3)治癒ではなく、子どもの適応性を高めることがゴール
(4)正確なアセスメント(評価)をする
(5)構造化された指導法の利用
(6)認知理論と行動理論を重視する
(7)スキルを伸ばすと同時に弱点を受け入れる
(8)ジェネラリスト・モデルが必要
(9)生涯にわたるコミュニティに基礎を置いたサービス

を押さえた上で、
教師自身のトレーニングの必要性、チームとしてのアプローチの重要性等々について
書かれています。
曰く
「自閉症を理解している先生は空から降ってこない」

この春に「自閉症スペクトラム支援士」の認定制度が実施されるそうですが、
その研修では本当に実のあるトレーニングをと期待しています。

http://www.autistic-spectrum.jp/

掲示板過去ログ案内に戻る