2005年4月その2
Re: はじめまして  投稿者: 朝倉玲  投稿日: 4月18日(月)10時17分56秒
> 1歳半検診で相談しようと思っているのですが、病院、白衣を見ると泣き叫んで暴れるので
> 連れて行けるのかも不安です。

一刻も早く相談したいとお思いでしたら
お住まいの保健課に電話をして、発達相談を希望している旨を伝えると良いのではないでしょうか?
発達相談会などを案内してもらえると思いますし
そういう場面では、お医者様も白衣を着ないで来てくださる気がしますが。

まずは、地元の保健機関に相談するのが一番だと思います。

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


いい先生  投稿者: ぽっぽ  投稿日: 4月18日(月)11時30分43秒
まだ広く知られていない障害だから、(1)の先生に当たる確立は低いですよね。
(2)の先生がたくさんおられますように。心から願います。

>かずりんさん
>障害についての知識はあまりなかったようでしたが、試行錯誤しながらもしょう君に一番効果的な対応をしていただいていました。
いい先生でしたね。今度の先生も良い感じで、嬉しいですね。

先生の、子供に対する態度が、他の子たちのその子に対する態度のお手本になる。
先生が肯定的な態度で接してもらえるだけで、かなりいい環境になります。
不適切な行動をしたときにも、その行動についてのみ指導をして人格否定はしない。
周りの子供たちの「心の育ち方」にも、ものすごく影響するんだな。
…と、幼稚園時代を振り返って思います。いい先生に恵まれました。
先生に園での出来事を教えてもらって「先生、その対応は…(爆)」と思うことも
ありましたが、一人一人の個性を認めて、大切に考えてくれるという園全体の
雰囲気がとても良かったです。小学校でもそうだといいなあ。

「学校は楽しい。」と言いながら出かけていく子供の姿を見るのはとても嬉しいです。
でも、最近してなかった“コマ回り常同行動”が復活。良く回ってます。
学校でもやってるのかな? 激変した毎日を頑張ってるんだね。

絹梅さんへ  投稿者: たんと  投稿日: 4月19日(火)02時18分25秒
息子は今三年生(小学生)ですが、3歳児検診のとき、同じように泣き叫んでしまうのは分かっていましたが連れて行ってしまいました。なにせへとへとで相談したかったので・・・一歳代の時では連れて行ってませんが、やはり泣いていたと思います。保健所のかたもなれたもので泣き叫んでる息子をみて遊び道具のある部屋に連れて行きそこに何人かの子供の発達相談員みたいな方々がいらっしゃり、息子をみて相談を勧めてくださるような形になり、その相談の時多動、自閉、学習障害これのうちのどれかかもしれません。といわれました。もし、お母さんが心配ならば、病院を紹介しますので、また連絡くださいと言うことでしたので病院を紹介して頂いた、というかんじです。
もし、悩んでらっしゃるのなら一歳半検診に連れて行っても大丈夫だと思いますが、多分そのくらいの年齢だとはっきり診断出来ないこともあるのかなあ・・・とも思います。息子も紹介してもらった所に行ったのですが、結局なんでもありません。と言われましたから。ご心配されているのでしたらいい病院を紹介して頂いたほうがいいかな。と思います。診断されてらっしゃらないのでなんともいえませんが、息子もその時期とても大変でしたしやはり、どこにいってもなきどうしでしたから絹梅さんの娘さんとはとってもよく似ていました。首輪のないサルをつれているような(笑)そんな状態で夜も寝ず、十五分の昼寝で明け方まで起きていました。だからひとごととは思えず、書き込みをさせて頂きました。少なくとも今の状態を一人で抱え込まないようにしてくださいね。なにもなくとも、誰かに相談してお話するのが必要な状態かな・・と思います。

ちなみに  投稿者: たんと  投稿日: 4月19日(火)03時27分17秒
息子は高機能自閉症です。すごくおしゃべりで幼いところもありますが、とってもかわいいですよ!
もし、たとえなにがあっても、これはちょっとハンディーが多い家系を扱ったコメディー映画の少しぼけてしまったおばあちゃんがふといった言葉ですが、「メリーゴーランドは単調で面白くない、私は上がったり下がったりスリルのあるジェットコースターの方がずっと楽しい私は二つあるなら絶対にジェットコースターを選ぶわ」という人生について語ったセリフがあります。私は時折この言葉を思い出し本当にそのとおり、と思っています。

でも  投稿者: たんと  投稿日: 4月19日(火)03時34分11秒
なんでもないかもしれませんよ。

絹梅さんへ  投稿者: コマサコ  投稿日: 4月19日(火)17時29分3秒
はじめまして。3歳の自閉症の男の子の母です。
今大変悩んでいらっしゃるのですね。
うちの息子が1歳4ヶ月の頃は、発達が遅れてはいたけれど、気にもとめなかった母です(爆)
うちは1歳6ヶ月検診で発達の遅れを指摘され、2歳4ヶ月の時、自閉症との診断を受けました。
うちの息子は絹梅さんのお子さんとはまるで正反対のタイプでほとんど手がかからない大人しいタイプの子でした。奇声をあげることも癇癪をおこすこともほとんどありませんでした。そんな息子は自閉症です。こうして、絹梅さんのお子さんとは正反対のタイプの息子の話をを書いてしまうことで、絹梅さんのお子さんのことが解決するわけでもないですよね。逆に安心してしまうことになってしまうのであれば、それはとても危険なことだなーとも思います。もし、仮にお子さんに何かが合った場合に、うちの息子のことをこちらに書いてしまったことでうちの息子のようなタイプが自閉症だという勘違いをされては困りますし、自閉症を含む発達障害は、100人いれば100人の特性があって、本当に様々なんです。ですから、うちの息子のケースはあくまでも1つのケースでありますので、そこらへんは誤解のないように宜しくお願いします。

お子さんはまだ1歳6ヶ月に満たないお子さんですので、診断をするほうも慎重になられると思いますし、地域や医師によっては3歳までの発達をみて診断をするといったこともあるようです。ですが、発達障害の専門医で正しく診ていただける医師でしたら、1歳代で診断を受けるケースもあります。とりあえず、今の段階では保健所又は都道府県の福祉総合相談所、児童相談所へ連絡をして、現在の状態を相談されることをお薦めします。後、一刻も早く医師に診てもらいたいと思われるのであれば、発達障害を専門とされている医師への受診をされたほうがよいでしょう。ですが、現状は待機待ちが半年以上の待ちあるいは、機関によっては1〜3年待ちという場合もありますので、早めに予約をいれておくことも覚えておいておかれると、あせらずにすむかなーと思います。後、保健所へ相談する場合には、自治体によっては、自宅へ保健師が訪問してくれる場合もあると聞いています。現在の状況をお話して、一度自宅へ様子をみにきていただくのもよいのかもしれないと思います。

元気な一年生(^^)  投稿者: satomi  投稿日: 4月20日(水)00時00分27秒
ひろ、養護学校の小学部に元気に通っています。
今は学校に慣れることが第一って感じで
校内探検や体育館のレクが中心のようですね。
今週からは体育と音楽の授業が入りました。
泣き声が苦手なひろ、近くで泣いてる子がいると
耳ふさぎしてしまうとのことですが、
そうしながらも自分の番が来るとちゃんと
やることをやるのだそうです(笑)ガンバッてるんだね。
学校でやっているおかげで帰ってから着替えて
ズボンをハンガークリップにかけブレザーをかけ
ワイシャツを洗濯かごに入れる(これは声がけしてあげる)
と、慣れない手つきで側にいなくてもやるようになりました。
前日から予定を写真で見せ朝も一通り説明して、、、
そうすると一日さして混乱もなくスムーズに過ごせます。
放課後の予定が日替わりなので実際には
かなりなストレスを感じているのでは?と思っているのですが・・・
月曜は近くの保育所の一時預かり(通っていたところとは別)
火曜は自宅でヘルパー、移動して児童デイサービス、
水曜は何とかわたしが午後から休みをとり自宅で
木曜、またまた自宅でヘルパー、移動で児童デイサービス
金曜、保育所一時預かり・・・
昼休みの間にわたしが向かえに行くのですが、、、
実はわたしがヘタばり気味(笑)もちろん、各お迎えもわたし。
ぷらす、月曜の午前は次男のST、午後から仕事

各場所でのひろの様子は、特に問題なく過ごせているようです。
ヘルパーさんをニコニコしてお出迎えするひろ、
写真での説明でかなり納得しているらしくホントにおだやか。
帰ったら「おさんぽ!」が定番なんですが、
行けないこと(おかあさんはお仕事に行くよ、など)
を説明すればあきらめられるようになりましたね。
どうしても困った時は、と用意してあるお気に入りのビデオも
今のところ出番なしで絵本とかしまじろうのひらがなマシーンとか
お散歩などで楽しく過ごせているようです。
保育所でも「お部屋からでません」と先生が言えば
そこで落ち着いて遊んでいられるのだそうです。
自宅での様子もヘルパーさんが細かく連絡帳に書いてくれるので安心です。
実家のわたしの父が首をかしげます、児童デイサービスにも
「こんにちは」と入って行き父にバイバイと元気にあいさつする。
実家では全然目が放せなくて次から次へと悪いことをして困ると悪評のひろ、
まぁ、ひろのことをきちんと把握できているかいないかの違いかなぁ・・・
対応次第でひろはとても落ち着いていろんなことできるしパニクることもない。
最近は次男とのやり取りもなかなかうまくやってるな、って時もあって、
「やっぱり、寮に入れなくて良かった!」と実感する今日このごろ、
こどもたちの笑顔のためなら、少々ハードな生活もどんと来い!って感じ(笑)
リポD飲んで明日もやるぞーーー!って、明日は午後から家庭訪問だ、
今の最大の悩みはひろの奥歯にできた一本の虫歯ーーーー!
かなり気を付けていたのに(泣)一度治療したとこが悪化した模様、、、ムムム、、、
放っておくとやっぱり痛くなりますよねぇ?生え替わるまで放っておく
っていうのはやっぱりマズイですよねぇ・・・どうしよう、、、

絹梅さん
白衣を着ているのは内科検診のお医者さまくらいだと思うんですが、、、
子どもさんが落ち着けるような工夫もされてると思いますよ。
うちの方の一歳半検診には生活観察という項目があって
絹梅さんのような悩みをとても真剣に聞いて対応とかも一緒に考えてくれます。
自治体によって違いはあると思いますが、、、
検診を担当されている課の方に相談するのも一つですよ
多分、定期的に巡回療育相談とかも各自治体でやっていると思います。
とにかく一人で抱え込まないことですよ(^^)

校長先生  投稿者: かずりん  投稿日: 4月20日(水)00時15分59秒
学校のトップの先生がいい先生だと、自然に他の先生方にも広がっていくといった雰囲気はあると思います。
そういう意味ではうちの子供たちはラッキーだと思います。

>桃里さん
>(1)の校長先生…想像できません(イメージ貧困だ)
そういえば『光とともに…』のもとの校長先生は(1)なんだろーなー。

うちの校長先生は、見た目も中身もそっくりです。
話し方をもっとフレンドリーな感じにしたらもっと似てくるかな?
ああいう校長先生がもっと増えてくれるといいなぁ・・・

>ぽっぽさん
>先生に園での出来事を教えてもらって「先生、その対応は…(爆)」と思うことも
ありましたが、一人一人の個性を認めて、大切に考えてくれるという園全体の
雰囲気がとても良かったです。小学校でもそうだといいなあ。

そうなんですよね。
いろんなことがあってたまにこれはちょっと・・・というようなことがあっても、学校(園)全体の雰囲気がよければ取り戻すことは可能だと思っています。

>でも、最近してなかった“コマ回り常同行動”が復活。良く回ってます。
学校でもやってるのかな? 激変した毎日を頑張ってるんだね。

きっと学校で精一杯がんばっているんですね。
うちのしょう君は学校で精一杯がんばってきた時は、家に帰ると自分の世界に思いっきりひたっている時があります。
学校ではやっていないようなので、きっと学校でがんばった分を家で発散してバランスをとっているのかな・・・と思っています。
私たちだって、ストレス発散しないとがんばってばかりじゃ爆発しちゃいますもんね。

聞こえない子役募集!  投稿者: 大橋弘枝  投稿日: 4月20日(水)17時27分17秒
 みなさま、初めまして大橋弘枝と申します。突然、この場を借りて気分悪くなさっていると思いますが、宣伝させて頂きたくどうかご理解を下さいますようお願いします。
 実は来年の2月4日中野ゼロ大ホールでミュージカル舞台を公演します。
 この内容は私の自伝本「もう声なんかいらないと思った」(出版社:出窓社)でダンス、手話ソング、お芝居など取り入れた総合ミュージカル舞台をします。そこで大橋弘枝の子役(聞こえない子)を捜しています。年齢は中学生から大学生までで口話と手話(少しだけでいい)が出来る女の子の方。また、同じそのぐらいの年齢の子供(聞こえない聞こえる、男女関係なくお友達役やエキストラなど)も同時募集しております。お稽古の場所ですが、新宿周辺を考えております。それから、テレビ出演する可能性もありますのでそれを承知した上でお願い致します。
 このお話に興味がございましたら、私にご連絡を頂けると大変ありがたいです。または質問でも構いません。どうかご協力をよろしくお願いいたします。
Email: HiroeOhashi@aol.com

http://www.ne.jp/asahi/hiroe/home/ 


嬉し涙が出てしまいました。  投稿者: ぽっぽ  投稿日: 4月20日(水)22時20分38秒
担任の先生からお手紙をもらいました。
そこには、ちびねこの様子が、いいことも心配な様子も書いてありました。
「連絡帳に書くのは子供たちを見ていてままならいので、1・2週間おきに
こんな形でお知らせしたい。」「書き方についても、もっと詳しく〜など
あったら教えて下さい。」との内容が書かれていました。
ちびねこは名簿順で一番後ろの席なのですが、それについても、
指示に追いつけないちびねこの様子を汲んでくださって、
「みんなが学校の生活に慣れてきたら、席替えを考えています。」
読み終えた瞬間、涙が出てしまいました。

まだ何も伝える前ですが、保護者会のときに、学年年主任になられた先生の
お話の中で、「そのうち『抱っこ』の宿題を出すかも知れません。優しく
受けとめてあげてください。」と言う話を聞いて、とても嬉しかった。
それでなくても毎日抱っこで、小学生になったのを機に、
抱っこは自宅のみのルールを始めたばかりなのでした。
でも、…まだまだ抱っこを求められるのが嬉しかったりする。
外出先で我慢させながら、涙が出てしまう母なのでした。


お手紙よかったですね(*^_^*)  投稿者: まつこ  投稿日: 4月22日(金)09時02分25秒
私も少年が一年生の時、交流担の先生から手紙をいただいて
(連絡帳でもやり取りしていたんですが、それ以外に)とてもうれしくて
通園施設の先生に見せにいったんです。
通園施設の先生方が、「小学校でどれくらい積み重ねを継続してもらえるか」心配しておられたので。

ぽっぽさん。たしか
>小学校に新任で1年生担任。
とのことでしたね。
さりげなく、何かの折にぽっぽさんのメルアドをお知らせしておいたらいかがでしょう。
連携にはメールはとても便利です。

NHK教育TV 「ETVワイド・ともに生きよう〜」  投稿者: YAMATO  投稿日: 4月22日(金)17時57分32秒
みなさま
4月23日(土)教育テレビ 「ETVワイド 〜ともに生きよう〜」
午後8時〜11時で3時間の生番組です。
障害のある人、ない人がともに生きる社会を目指すノーマライゼーション
をテーマに考えていく新番組です。
詳しくは、下記の頁をご覧下さい。

 http://www.nhk.or.jp/heart-pj/02_tv.html

この番組の中で、LD、ADHD、高機能広汎性障害の生徒たち一人一人の、
カリキュラムを組んで支援している東京都杉並区立中瀬中学校内に設置されている
通級指導学級「中瀬学級」が紹介されます。自閉症の生徒と、読み書き障害
(ディスレクシア)の二人の生徒の授業の様子や支援方法が紹介されます。
YAMATOも2年程前にお邪魔さして頂き、机にも工夫がしてあり感心致しました。
小・中学校の教員20名のディスカッションも行われます。
ご参考になる事が多いと思いますので見ていただくよう、ご案内いたします。

今日参加した公開講座、  投稿者: M@管理人  投稿日: 4月24日(日)20時29分21秒
「違いを認め合おう」ではなく
「ちがいを知り、認め方を学ぶ」

という話でした。


“異端を認めない大人世界”を見て育つ子らに、
“ちがいを認め合おう”などときれいごとを言っても、土台無理な話と?


“認め方を学ぶ”

クラスの子らにこの子達のことをどう伝えれば良いのか
ずっと指導案を考えているのだけど、
大きなヒントをもらえたような気がする。

そうかー。  投稿者: 朝倉玲  投稿日: 4月25日(月)08時45分33秒
> “認め方を学ぶ”

確かに、まず、そこからかも。

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


ムリしてたんだね  投稿者: satomi  投稿日: 4月25日(月)12時20分59秒
水曜日、ひろくんが急に体調を崩しました。
夕方から「おなかいたいいたい」と言って寝たのはいいけど
何度も何度も吐きました・・・
微熱もあったので「風邪かなぁ、、、」と思いつつ
ぃゃぃゃ、これはストレスからじゃないかなぁ、、、とも、
様子を見つつ翌日、ぐっすり眠った後はケロッとしていました。
やはりストレスと言うか疲れから来ていたんだと思います。
目まぐるしく予定の変わる日々、結構平気そうに見えていたひろ、
特に問題もなく過ごしていた=結構ムリしていたんだね。
心配はしていたんだけどとてもいい子にしていたもんだから
母もちょっぴりホッとして仕事が長引いたりしてたし、、、
一時保育での様子、時間になると
「おかあさんのおむかえきます」と言って扉に
引っ付いてたんだそうです。
家でも散歩中でもやたら引っ付いてからんで離れないのは
普段ムリしているからそうやって心を休めていたんだね。
土曜日は通園施設の帰りに公園を散歩しました。
遠足でも何度も行ってる場所なので慣れたもので
スタスタと先を歩いてくひろ、だけど途中で止まって
何故か動かなくなってしまって、原因分からないので
ちょっと離れた姿は見える場所で次男と座ってしばらくして、
近づいてくと、立ち上がって歩いて来てその後はご機嫌。
野球ごっこして遊んでる学生さんたちを見ながら
ボールを打ったら「やったー、すごいすごい!」
空振りしたら「ざーんねん!」と大はしゃぎ。
広い芝生の上を思いっきり走って大満足で帰って爆睡(笑)
今日から給食開始、帰りはガイヘルさんと帰宅、
まだまだ慣れない日々が続いて大変だけど、、、
この時期はみんなガラッと環境変わって大変な季節ですよね。
もうひとがんばりすればゴールデンウィーク、
また電車に乗ってどっかに行くかなぁ〜

認め方を学ぶ・・・というのはなかなか深いですね。
この辺がうまくやれれば子どもは思った以上の力を
発揮してくれる、、、ってこと、よくありますよね。

他の子どもたちも  投稿者: まつこ  投稿日: 4月25日(月)15時00分53秒
>“認め方を学ぶ”

「人とちがう自分」「自分の理想とちがう自分」「周りの人が期待する像とちがう自分」について
いろんなことを感じたり考えたりするでしょう。

それと、裏表な気がするんです。

うん  投稿者: 朝倉玲  投稿日: 4月25日(月)16時10分5秒
> 「人とちがう自分」「自分の理想とちがう自分」「周りの人が期待する像とちがう自分」
> それと、裏表な気がするんです。

「ちがう自分」を受け入れていないと
「他人のちがい」も受け入れられないのだな、と

うちのお兄ちゃんを見ていて感じます。
先はまだ長い。

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


(無題)  投稿者: ぽっぽ  投稿日: 4月26日(火)13時56分25秒
「違いを知り、認め方を学ぶ。」…考えさせられてしまいました。
キャパの広い人には自然に備わっているように感じることがありますが、
自分の考えが全てだと思っている大人もかなり多いですよね。
ちょっと話がそれてしまいましたが、子供時代に「認め方を学ぶ」ことを
した人がどんどん増えたら、すごく住み易い世の中になりそうですね。
障害のあるなしにとどまらず、個々を尊重出来るような。
自分のことも、相手のことも大切に思える。そんな社会だと嬉しいな。

>何かの折にぽっぽさんのメルアドをお知らせしておいたらいかがでしょう。
まつこさん、アドバイスをありがとうございます。
機会を見て、ぜひお知らせしたいと思います。

3人席  投稿者: カンガー  投稿日: 4月26日(火)18時57分56秒
娘のクラスは奇数です。
1年生から3年生まで、ずっと1人席というのがありました。
男女で並んで座るので、男の子が1人多いクラスだから、男の子が1人席になります。

始業式の翌日、娘は家に帰るなり、
「最低の席になっちゃったよ〜!両隣が男子なんだー!」
「両隣が男子で、すっごく嫌なんだよ〜!」
私は何のことだかよくわからなくて、隣が男子で、さらに通路を挟んで反対側に男子がいるのは、今までと変わらないじゃない?と思って聞いていました。
先日、学校に行ってみてびっくり!
なんと、3人席なんです。
娘はがっちり左右を男の子に挟まれた席。
3人席なんて、はじめて見たから、私も想像できなかった。
席はくじ引きで決めたので、まあ、くじ運が悪いと言えばそれまでだけれど、ちょっと自閉ちゃんには、かわいそうな席なので、先生にはお話しました。
先生は、「すぐに3人席から2人席プラス1人席にしましょう」と言ってくださったけれど、突然そうするのも、ちょっと不自然だし、娘も耐えられないと言っているわけじゃないから、とりあえず、次の席替えを早めにしてもらうことにしました。
先生は、1人席は作らない主義だけれど、娘のために、その気持ちを曲げて、これからは1人席を作るようにすると言ってくださいました。
でも、娘1人のために、申し訳ないという思いもあります。
3人席の真ん中じゃなければ、辛くないだろうから、今後は女子を3人席の端っこにしてもらえますか?とお願いしました。
3人席って、よくあることなのでしょうか・・・。

3人席 その2  投稿者: るり  投稿日: 4月27日(水)01時28分48秒
1.2年共31人クラスでしたので、教壇の真ん前が3人席でした。
先生には、「うちの子は前から3番目までの席にして下さい」とお願いしてましたので、
割り当てられることも数回はありました。
初めて見たときは、「うわっ、特等席だわ!」とびっくりしました(笑
今年も奇数クラスですので3人席があるはずなんですが、未確認です。

真ん中の子は息苦しそうですよね。
私だったら嫌かも(苦笑

あるんですね。  投稿者: カンガー  投稿日: 4月27日(水)06時16分0秒
しかも一番前なんて、すごい。
娘のクラスは一番後ろの真ん中にあります。
3人席って普通にあることなんですね。
ありがとう、るりさん。

3人席 その3  投稿者: たむりん  投稿日: 4月27日(水)10時43分43秒
うちも3人席ありました。
隣の席の人と答え合わせ、などがあるので、1人席は作りづらいのかもしれません。

2年生の時に一番前の窓際が3人席で、うちの子の席でした。
その年の最初の頃、うちの子は席替えしても一番後ろの窓際のままだったので
先生に確認すると、遅刻してきたり立ち歩いたりして他の子の迷惑なので
目立たない場所にしている、と言われました。
様子を見ていると、校庭への出入り口の側で全然授業に集中できず、
すぐに外に飛び出していたので、もっと前の方の席にしてくださいとお願いしたら、
一番前の3人席に移動したんです。
それから先生が途中で退職するまでずっと、他の子は席替えしてもうちの子だけは
同じ位置のままでした。
配慮してくれているのはわかるのですが、変に目立ってどうなんだろうとも思いました。

その後、臨時の先生がいらしたら、3人席は一番後ろに変わって、
特定の子がそこになることもありませんでした。
次の年も転校生が来るまでの間は奇数だったので3人席はありましたが、
後ろの方だったり前の方だったりいろいろでした。

机の位置  投稿者: まつこ  投稿日: 4月27日(水)11時19分57秒
たいてい、5〜6人の班で机をくっつけて島ができてます。
クラスの人数が少ない時は、コの字の2重の時もあったでしょうか。

みんな前向きで二つずつくっついている状態を見たことが
あったかどうか…… 記憶にないような。

中学の教室は どの子も一人ずつです。

今年になってやっと中学も男女混合の50音順名簿になって
始業式にはその名簿順に整列したら前後が女の子だったので
中学の先生は「混乱しないかな?大丈夫かな?」と心配してくださったようですが
そもそも小学校の時はまぜこぜだったので平気です。

中学の先生に座席の位置を相談されましたが
どこに座っても一長一短があるので、小学校の時と同じに
「本人が引いたくじ引き通り」でということになっています。

ただ、教卓の近くは先生の声が大きすぎて辛いらしくて……
(野球部や柔道部の顧問の先生の声は良く響くのです)

〜発達障害の子どもたち〜再放送  投稿者: YAMATO  投稿日: 4月27日(水)13時32分22秒
みなさま
   NHK教育テレビ「EZTVワイド 共に生きる」
 できない子って言わないで 〜発達障害の子どもたち〜 
        NHKで3時間番組で放映

5月21日土)14時15分よりNHK教育テレビで再放送となります。まだご覧になっていな
い方は、ご覧下さい。

机の位置について  投稿者: カンガー  投稿日: 4月27日(水)20時53分45秒
返信してくださったたむりんさん、まつこさん、ありがとうございます。
いろいろなのですね。
私には、机の位置については、どこが娘にとって一番良い席かわからないので、自然にくじびきに当たった場所で、そのままやってきました。
相性が悪い子と隣になることもあり、少し辛い思いをすることもあったようですが、そのおかげで、そういう子との付き合い方、距離の取り方も身についたようです。
あまり人とべったりくっつくのが好きではない子なので、3人席の真ん中は、辛そうなのですが、ゴールデンウィーク開けには席替えになるので、もうあと数日の我慢です。

プロフィールノートなどの行方について  投稿者: カンガー  投稿日: 4月27日(水)21時05分4秒
入学前から、学年が上がるたびに、担任の先生に娘の特徴を書いたプロフィールノートなど資料をお渡ししてきました。
入学前にお渡ししたものは、診断書も知能テストの結果も入れています。
最近になって、そういうものが、申し送りされていないことに気がつき、今まで学校側に提出してきた五冊の資料の行方を調べていただきました。
行方不明なのです。
当時の担任や校長が、今は学校にいないということが、行方を調べることができない原因だと思います。

今まで、いつか先生が娘に似た子のいるクラスの担任になった時に、役立ててもらえるならば、そのまま持っていてもらって良いという考えで、何も言わずに「差し上げる」つもりで、お渡ししてきました。
でも、個人情報がいっぱい詰まっているものを、行方不明らしい・・・で片付けられることに、不安を感じました。

やはり、「年度末に手元に戻してください」とか、「年度末にシュレッダーにかけてください」とか、お渡しする時に、お願いした方が良いのでしょうか?

皆様はどうされていますか?


書いてあったほうが良いと思います  投稿者: ひいろ  投稿日: 4月27日(水)23時54分24秒
目につくところに書いておいたほうが親切じゃないかと思います。
私はプロフィールノートは信頼できる所にしか渡していませんが
より人目につきそうな場合には、連絡先などは入れていません。
それに持っていく場所によっては、文章自体変更する必要がある場合もありますしね。

そういう修正が簡単に出来るのは、やはりパソコンの便利さですね。
今丁度今年のプロフィールノートの作成中なのですが
「言いたい事」は毎年ほぼ同じなので、変化した箇所だけ修正すれば良いですし。

養護学校では、プロフィールノートも含め、その他の書類全てを
職員室の決まったところで、鍵をかけて保管するようになるそうです。
そしてプライバシーには最大限配慮をしていただけるそうで
その方法は保護者が決められるそうです。
これからはいろいろな場所とリンクしていきますので
学校、専門家、役所、ガイヘルなど、子供に関わる全ての人が
基本的に同じ情報を共有する事になります。
・・・じゃないと、ケース会議が出来ませんから。
でも諸事情がある場合は、情報の提供を制限したりする事も出来るそうです。

実は私も結構いろいろな書類を学校に提出してたのですが
その書類がどっかにいっちゃったかも〜?と不安に思って
昨年度のうちに、学校に提出した全ての書類を一度返却してもらいました。
で、書類は全部あったのですが、それが現担任に渡っていなかった事が判明(笑)
という事で書類に通し番号をつけて、目録も作って戻しました♪
やっぱり「誰にでもわかりやすく」が良いですよねぇ。

どんな障害?  投稿者: はりはり  投稿日: 4月28日(木)07時49分4秒
言葉について調べていたらこちらに来ました。4歳になったばかりの息子ですが、
以前から言葉がはっきり言えないので気にしていました。
聴力検査は異常なし。スピーチセラピーを受けたところ、

言語理解能力は、正常。
言語表現能力には有意な障害がある。
口腔運動失効または発語失効の可能性は否定できない。

と、ありました。今現在海外にいるため、これ以上の
検査、言語療法を施すことができない、といわれ自分でいろいろ調べているところです。
どなたか、考えられる障害について教えていただけると
うれしいです。よろしくお願いします。

ひいろさん  投稿者: カンガー  投稿日: 4月29日(金)09時07分51秒
ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

ん、プロフィールノート?  投稿者: 朝倉玲  投稿日: 4月29日(金)10時06分11秒
先生に差し上げるものだと思って渡してました。(爆)
うちの子の担任が終わった後でも
何かのときに参考資料になるかも、とも思ったし。

まあ、うちの場合は、お渡しする資料全てがHPにも掲載してあって
「極秘文書」じゃないからなんですけどね。(笑)
こういうのは、特殊すぎて全然参考にならないですね。失礼しました。(;^_^A

まあ、どうしても返却して欲しい時には
あらかじめお渡しする時にその旨をお伝えしておいて
文書の頭にも明記しておくだろうと思います。

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


シンポジウムのご案内  投稿者: 深月  投稿日: 4月29日(金)16時00分36秒
東大阪自閉症親の会ピュア主催シンポジウムのご案内です。
「特別支援教育を地域でどう創っていくか」
私たちが暮らす東大阪市において、特別支援教育の体制や準備をどのようにすすめていくのか。
福祉関係者、教師などの関係者の方々と保護者が協力し、それぞれの立場において、地域の子供たちのために何ができるのか。
発達障害者支援法の趣旨などを踏まえて、どのような地域創りをしていくのか。パネリストの方々と一緒に考えていきましょう。

日時 平成17年5月28日(土)
   午後1時〜4時(受付は12時から)
会場 東大阪市 若江岩田駅前「希来里(きらり)」6階
   男女共同参画センターホール
参加費 千円
申し込み 件名を「シンポジウム申し込み」としてお名前、ご住所、ご職業(保護者、教職者など)電話番号を明記の上、
下記メールアドレスまでお願いします。erikokei1@yahoo.co.jp
締切日 5月20日(金)
    定員(200名)になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
託児はありません。
パネリスト
文部科学省 初等中等教育局 特別支援教育課
特殊教育調査官 島 治伸氏
大阪府教育委員会 教育振興室 障害教育課
指導主事 丹羽 登氏
社会福祉法人 東大阪市社会福祉事業団
岡井 哲明氏
福祉支援サービス コミル
代表 馬渕 広行氏
社会福祉法人ひびき福祉会 障害者生活支援センターひびき
発達相談員 塩田 清人氏
主催 東大阪市自閉症親の会ピュア
後援 東大阪市 ラジオ大阪

玲さん  投稿者: カンガー  投稿日: 4月30日(土)09時03分31秒
>先生に差し上げるものだと思って渡してました。(爆)

はい・・・私も何の疑問もなくそう思ってきました。
でも、心のどこかで、絶対に失くしたり、いい加減な扱いはされない、ちゃんと管理してもらえるという勝手な思い込みがあったから、出来たことでした。
いろいろな先生がいらっしゃいますから、私たち親子にとって、大切なものは、自分で守る方法を考えないといけないのかな〜と、今回思ったのでした。

来年度から返却していただくことも考えていたので、文章の頭に明記しておくことは、良い方法だと思いました。
ありがとうございました。

表出性言語障害  投稿者: M@管理人  投稿日: 4月30日(土)11時03分7秒
ことばの教室では
・音韻認識(音韻分解)
・語彙力、語想起の力
・統語の力
・聴覚的記銘力

 などを見て強い力を活用する方法を考えるのが一般的だと思うけど、
 
 口腔の運動能力レベルの問題になったら、
 医療やSTさんの力をお借りすることが必要ね。

日本臨床心理学会からのお知らせ  投稿者: 目加田敏浩  投稿日: 4月30日(土)19時52分12秒
はじめまして。
私は済生会宇都宮病院臨床心理室の目加田敏浩と申し上げます。
私達「日本臨床心理学会」は本年度第41回大会を大阪教育大学で開催いたします。
「特別支援教育」「不登校」「軽度発達障害」など多彩なテーマで行う予定です。
本学会はどなたでも参加できます。大会の詳細は学会HP
http://www.geocities.jp/nichirinshin/
をご覧頂ければ幸いです。
また、7月9日(土)上智大学にて第2回関東地方委員会を開催する予定です。
適応指導教室OBを交えて事例検討を行う予定です。
当事者と共に学ぶ会合です。こちらにも是非お越し下さいませ。
宜しくお願い申し上げます。
草々

http://www.geocities.jp/nichirinshin/

掲示板過去ログ案内に戻る