2005年10月その1
運動会  投稿者: satomi  投稿日:10月 2日(日)22時17分51秒
ひろくん、就学後初の運動会、
無事に終わりました(^^)
いゃ〜、親子ともどもくたくた〜〜
ひろくん、思っていた以上に頑張りました。
出ていない時は小学部のテントで待機しているのですが
それもちゃんと待てている、それだけでもスゴイ!
と思ってしまったのですが、演技も上手にとはいきませんが
それでも自分なりに一生懸命やっているようでしたね。
帰って撮ったものを改めて見て「ほら、ひろくんだよ
すごく上手にできたねぇ、頑張ったねぇ」なんて言うと
本人もとても嬉しそうに「運動会頑張りました」(^^)
と満足そうに言っていました。
「当日雰囲気違うからどうかなぁと思ってましたが
すごく頑張りましたねぇ、ほとんど声がけなしでいけてましたよぉ」
と先生も驚きと喜びの両方って感じでした。
閉会式の時、疲れもあったのか手かざししながら
時々雄叫び上げてましたが(^^;声でかいから目立つ(笑)
帰ってからもしばらく「さんさんさんさん・・・」と
ダンスでやった「太陽サンサン」を口ずさんでいました。

前日、次男(4歳)の保育所での運動会があったのですが
実はこっちの方がいろいろ心配の残るものでした。
前もって、練習でもちゃんとできる時もあるのだけれど
砂場で座り込んで全くやらない時もある、
当日はどんな風にすればいいですか?というお話があり
様子を見ながら見守りましょうということに。
おさるのかごや競技は先生と組んでうまく誘導してもらいつつゴール。
よさこいエイサ−琉球王は何とか位置にはついたものの
踊りが始まっても全く無視、ずーっと座り込んでいました。
外界を完全にシヤットアウトしているような感じでした。
で、各園児は出番以外は自分の教室の前で待機しているわけですが、
うちの次男は少々多動気味・・・ところがやけに大人しい。
わたしに気が付いてもお友達のかげに隠れてしまう、、、
砂場で次の出番を待っていてもずーっと下を向いて砂をパラパラ・・・
何か違う、、、何か変だなぁ・・・と思いつつ、
親子競技が近づいたので側に行くとうずくまって動かない、、、
「どうしたの」と抱き上げると「せんせいところにいるの」
そっか、この子なりに動いちゃダメなんだ、
先生のとこにいなきゃって頑張ってたんだぁ、とその時思いました。
「おかあさんと一緒でいいんだよぉ」と言うとパーッと
表情が明るくなりました。
そっか、演技も「ここにいなきゃ」ってムリしてつらかったのかも。
親子競技は元気に張り切ってできました。
かけっこは「おかーさんもいるの」と手を離さないので
仕方なく一緒に入場・・・恥ずかしいってば(笑)

次男を撮ったもの、検査結果とか
寮育受けていることとかをまだ伝えていない祖父母には
ちょっと見せられないものとなってしまった・・・
かなり???な光景・・・かも。
改めて、あなたもお兄ちゃんと同じ星から
来たのねぇ〜と思いました(笑)
タイプは全然違うのだけれど行動パターンはまるきり一緒だしぃ〜♪

とても残念なこと  投稿者: satomi  投稿日:10月 2日(日)22時33分25秒
ひろくんの運動会、とてもよかったのですが
ひとつだけ残念なことがありました。
お昼の休憩時間、食事の後ひろくんは遊具で遊んでいました。
チェーンでつないである吊り橋を行ったり来たりして遊んで
いたのですが・・・
そこへ健常の子どもさん3人ほどが来て遊び始めました。
で、「おい、あほがおる、あほが」と言いつつ
吊り橋に乗って大きく揺らしていたんです・・・
ひろくんは手すりをしっかりにぎってケラケラ笑いつつ
スリルを楽しんでいる様子だったので
言ったことに対して何か言うタイミングは逃したのだけれど
あまりひつこくムチャをするので内気なわたしも少々キレて
「危ないからやめて、ケガしてからじゃどうにもならないよ」
と注意したのだけれど、悪びれる様子もなく・・・
何だかなぁ、、、ここにいるってことは養護の児童の家族か
とにかく何らかの関わりを持った子たちだよなぁ・・・
後で「自分の家族がそんな風に言われたらどう思う」
というよな言い方すればよかったのかなぁ・・・とか、
いろいろ考えてしまいました。
せっかくの楽しい思いにかなり水を差されたようで、
何とも言えず情けないような悲しいような・・・
全然関係ない場所でのことならまた違うのだけれど、、、

福井のLD学会  投稿者: M  投稿日:10月 2日(日)22時44分23秒
遠かったです。でも、その遠い福井に、全国津図浦々から約600人ほどの
参加があったそうです。

今回の研修でも、
私なりに、今後の大きな指針を得たように思います。
その話は、また、後日。

で、嬉しかったことがもう一つ。
「とことんこの本」の平積みを見ましたよ。

このような会ではいつも出店されている“スペース96”
http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/
が、数冊積み上げて下さっていました。
              < 写真を撮れば良かった・・。


いつも探してみるのですが、
落合みどりさんの「十人十色なカエルの子」たちも、
もうすっかり場慣れした顔をして座っていました。

ソーシャルスキルトレーニング絵カードも、
今回はエスコアールさんが直々に出店していてくださいました。

何というか・・・、
あらためて、まだまだ隠居せずに走り歩き続けなくてはと思ってしまいました。

しまった  投稿者: 田舎猫  投稿日:10月 3日(月)07時22分59秒
運動会等で忙しくて、イベント参加忘れてました。(泣)
お金出して買います。ハイ

Re: とても残念なこと  投稿者: まつこ  投稿日:10月 3日(月)09時25分14秒
本当に残念ですね。
> そこへ健常の子どもさん3人ほどが来て遊び始めました。
単に行き場のない近所の子が遊びに来ているということはないでしょうか?
きょうだいや関係者の子どもだとしても
安全の面からも、そういう子がいて気になったということは
先生にお伝えになっておいた方がいいのではと思います。

何歳くらいの子の言動かによって、意味がちがっているとは思いますが
こういう子も「健常」なのかどうか。_(.・)/ ドテ

私、「『人にアホいうもんのほうがもっとアホなんじゃ〜』って知ってる?」と
にっこりしながら言ってみたことがありますわ。

昔昔の話。  投稿者: ちひろ  投稿日:10月 3日(月)19時22分7秒
お隣のとてもとてもいい子で通ってるおぼっちゃまが、
ウチのlove姫ちゃんに、「こいつ馬鹿じゃ〜!」と言いました。
姫はまだ3才、何もわからずにこにこしているだけです。
私も、ははは・・・状態でした。
でも、お隣さんに遊びに来ていた、ご近所でも有名な悪ガキちゃんが、
「おい、馬鹿とが言っちゃいけんのんで〜!」と姫の頭をなでなでしてくれました。
その時の事は、姫はまったく覚えていません。
小学校の入学式の日も、「おばちゃん大変そうじゃなあ。」と私の荷物をすぐに持ってくれたのも、その子でした。
誰が忘れても、私は一生忘れない。

今、気に入っているパンフ。(^_^;)  投稿者: ちひろ  投稿日:10月 3日(月)19時29分25秒
ちょうど、真中あたりに書いてあります。
「かあちゃんたちには、充分な賞賛と、励ましが、必要やんか」
いいでしょ〜いいでしょ〜と言っているわりには、私は仕事でこの講演会には行けないんですけどね。(-_-;)ははは・・・

凹んじゃいられない日々だけど  投稿者: satomi  投稿日:10月 4日(火)02時41分36秒
まつこさん、ちひろさん、レスありがとうございます。

何となくテント内のどこかで見覚えのある顔だったので
自信はないのですが多分見に来ていた子たちだと思います。
私服だったので交流級の子たちでもないですし、、、
あっ、交流で来ていた子の友達だったのかもしれませんが。
年は2、3年生くらいかなぁ・・・身体はひろくんと
あまり変わりなかったから一年生なのかも。
わたしは今までケンカしたことない人で人にあまり
きっぱりともの言える質じゃないんですよね。
その上、目の前でそういう光景を目にするのは初めて、
どう反応すればいいのか分からなかったんです(^^;
保育所時代は小さいころからずーっと一緒の子たちに
囲まれて来たものでわたしの知る限りそういうことありませんでした。
自然に誰かが注意してくれたりサポートしてくれたりということが
できていたような感じでした、まっ、たまには
からかったみたいなことする子もいたんだけど
それは、親しみも感じられるものでした。

そうですね、その場で先生にお伝えすればよかったですね。
午後いち、親子競技で時間が迫っていたのでそちらに
気がいってしまっていました・・・連絡帳には書いたのですが、、、
実のところあっけにとられて反応できなかったかも(笑)(^^;

でも、こういうことってこれからもあるんでしょうね。
本人は分かってなかったんですが・・・
時には雰囲気でヤだなーと思う子は自分で
何となく避けている時もあるんですけどね。
やたらワーワーと話しかけて来る子からはさりげなーく逃げてます(笑)
お店の中とかで怪訝そうに眉をひそめられたり(だいたいはお年寄り)
するのには慣れてるんですけどねぇ〜
まだまだ打たれ弱い頼りない母だったりするわけです。
わたし自身もイジメられっ子だったトラウマもあるかも、、、はははっ、

親がそばにいるの分かってて平気でそんなこと言うあたり
確かにある意味「健常」と言っていいのかどうか・・・(笑)
わたしがかなりなめられていた?(笑)

Re: ドラマ「抱きしめたい」の再放送  投稿者: ケリー。  投稿日:10月 7日(金)20時26分48秒
近々、↓も。お近くの方、いかが?

http://www.geocities.jp/asakaikuseikai2005/shimada.pdf


ドラマ「抱きしめたい」の再放送  投稿者: YAMATO  投稿日:10月 5日(水)14時33分47秒
みなさま
テレビ番組放映予定ご案内
  ドラマ「抱きしめたい」の再放送があります。
  http://www.nhk.or.jp/drama/archives/dakishimetai/

読んでます  投稿者: ちょみ  投稿日:10月12日(水)11時13分14秒
昨日、とことんの本が届きました。
いきなり泣いてしまい、先に進めません。
そうそう!!そうなの!!のオンパレード。

周りに語れる友人のいない私にとって、なくてはならない本&サイトです。
これからもお邪魔しますね♪

ケリーさんの教えてくださった講演も近いので、申し込んでみます。

さて、午後からSTです。何するのかな〜?
最近は親も楽しみです。


これも関東  投稿者: M  投稿日:10月 8日(土)09時45分48秒
もうすぐ予約開始のようです。
関西での予定はないのかなぁ・・・。

http://www.ints.co.jp/rainman/rainman.htm


Mさん、あったよ!  投稿者: 空音  投稿日:10月13日(木)11時33分33秒
舞台の関西公演、発見。2日間のみですが。
10月5日にアップされたようです。

http://theaterbrava.com/

生協でも申し込みのチラシが入ってました。
(ていうかこれで知った)


ストレス解消?(^^;  投稿者: satomi  投稿日:10月14日(金)00時17分49秒
とことん、学校の先生に読んでいただきたい・・・
と思ったものの手元からしばらくなくなると思うと、、、う〜ん、
ともう一冊購入(始めから二冊買えばよかったと思った(^^;)
二日後には届くのだから驚きですねぇ、便利な世の中だ。

ひろくん、運動会終わってホッとしたのか
このところちょっと続いてた小パニックも減って
とっても平和な日々が続いております。
最近、「一人でお風呂」に挑戦するようになりました、、、
と言うか、本人気に入ってるようで一緒の時より
サッサと服脱いでお風呂に向かうし(笑)
まずひろくんがお気に入りのビデオを見ている間に
「おかあさんとゆうたお風呂に入るからね、
ひろくんはそのビデオ終わったらお風呂に入ります」
と言い、ひろくんの「はーい」の返事を確認してから先に。
(「えー!」と納得してない様子の時は納得させてから)
だいたいはしまじろうビデオなので時間内に上がらないと
いけないのだれど、まぁ20分あるので何とか大丈夫(笑)
で、このところは身体を上手に洗えるようになるのが目標。
そのお話を連絡帳に書くと先生から手順表必要ならと
洗う順番を示すカードをいただきました。
早速使ってみたんだけど、結構見ながらやってました。
ただ、とてもきれいにはなりそうにないやる気のない
洗い方なんですが(笑(^^;)気長にいこぉ〜!
ビデオといえば、同じビデオ見ますよねぇ〜何度も(^^;
でも一応3回くらいまでと決めています(ホントは2回にして欲しい)
「おかあさんもうそれヤだなぁ〜他の見たいなぁ〜〜」
と言ってみるとしばらくは無視したように見てるんだけど
突然取り出してこっち見て「4月見ます」、こっちが「いいよぉ」と言うと
嬉しそうにメタルラックよじ登って取ってセットしてます。
「そろそろビデオはやめようね、いっぱい見たでしょ」と言うと
「え〜〜!4月見るのぉ、4月見るの〜うーーーー」と駄々っ子&小パニ
「んー、じゃ4月一回だけね!もう一回はなし、お約束」
まぁ、もう20分待てばスムーズに進むのならみたいな感じで
一歩譲ることもよくありますねぇ、後のことがホントにスムーズになるし。
このごろはお風呂から上がって「リンゴジュース飲んだら歯磨きします」
なんて言いつつその通りにして「おやすみなさーい」とサッサと
布団に入りしばらくすると「クークー」、、、平和だ(笑)
何か、このところは最高に平和な日々じゃないだろうか・・・
仕事が超忙しくて疲れ引きずってて、先生にも「疲れてませんか」
なんて聞かれて、、、それでもそれをウチで引きずっちゃいけない、
と思うとますます疲れがたまって、、、という日々なんだけど、
二人とも寝てくれてホッと一息、疲れてんなら早く寝ればいいんだけど
深夜のカキコは結構いいストレス解消になったりする。

このごろ、ひろくんがお店とかで「おかーさん」と大声で呼ぶので
注目されてかなり恥ずかしい・・・いゃ、呼んでくれるのはうれしいけど(^^;
呼ぶのはたいてい何かしてほしいか買い物長引いた時、
だけどこの間は驚いた、マ○ドナルドで注文して待ってて
何気なく出口ながめていたらひろくんが大きな箱持って出て行くところ・・・・・・・・・ぉぃ、
追いかけてって見たらシルバニアファミリー?のおうち、、、
「ひろくん、お金!レジでお金払わないと出られないんだよ!!」
と厳しく言ったのだけれど通じたんだかどうなんだか、、、と思っていたら
先日あるスーパーで例のごとく「おかーさん」コール「なんだぁ?」と
思ったら出口付近でお弁当をカートに入れて叫んでいる、、、で、
出て行こうとするところをストップさせました・・・まぁ、
「買いたいものがあっておかあさんを呼んだ」ってところまでは合格だけど
いないから仕方ない出ようかとなったのはブッブーですねぇ(^^;
お店ん中で野放しにしているわたしもわたしなんですが、
カート断固拒否、買い物しながらずっと目を離さないなんて不可能、となると
それでも大丈夫な状況に持っていくように努力するしかないですもんねぇ。
自分の欲しいもの以外は触らないし食べたりすることはないし、
おしっこも入る前に必ずチェックするので以前のような失敗はないしで
安心しているのだけれど・・・教えなければいけないルールはまだ無数〜〜
しかし、勝手に持ち出したオモチャ、何で警報鳴らなかったんだろう、
タグ付けてる意味ないじゃん、見かけだけなのかなぁ、不用心だぞ<イオ○
店員誰も来ないし・・・警報鳴ったらひろくんパニクッたかもなぁ、、、
いゃ、もちろん元に戻しましたよ!店員来ないからただ返しただけで終わりましたが、、、
謝らせるって展開の方が本人のためにはよかったんだろうけれど・・・
ちなみに次男も野放し状態ですが彼は気に入ったミニカーの場所から
どんなに長い時間でも決して離れません(笑)あれはあれでスゴイと思う。
しかし、何が起きるか分からない世の中だからこまめにチェックは怠りません(^^;


Re: Mさん、あったよ!  投稿者: M  投稿日:10月13日(木)22時17分44秒
有り難う。
その日程なら行けるかも。

クラスの乱暴な女の子  投稿者: ぼーぼー星人  投稿日:10月14日(金)18時35分50秒
初めておじゃまいたします。
1年生の高機能広汎性発達障害の女子の親です。
現在普通クラスにいて、特別支援アシスタントの先生がついてくださっています。

うちの子は他人に危害を加えることはなく、大人しい子です。
しかし、何をやるにものろのろしていて、ボーッとしていて先生の話を聞いていないこと
が多いです。だれかにからかわれたりすると、そのまま間に受けて、ぎゃー!と
パニックを起こすことがあります。

今のクラス、うちの子以外にどうみても“何かある”子が二人(女子)います。
そのうちの1人が、うちの子と相性がとても悪くて
顔を合わせれば喧嘩、授業中でも、うちの子が手を上げて発表すれば
わざと反対意見をいい、先生に注意されるの繰り返しです。

その子は、もう1人の問題のある子が大好きで、ストーカーのように付きまとい
そのほかの子はだれも傍に寄せ付けず、いつも2人で遊ぶ羽目になっています。
もう1人の問題のある子は、何をされてもへらへら笑っているような子で、
本当はいやなのに、いやと言えず困っているようです。
しかし、万が一その中に誰かが割っていこうものなら、すごい剣幕で攻撃が始まります。

20分休みに、運動場で遊ぶときは、最初は一緒でなくても
そのうちにその乱暴な子に出会ってしまい、必ずトラブルになります。
今日もまた、「殺してやる」と言われていたそうです。
その子もうちの子も、感情コントロールがもっとも苦手なので、
売り言葉に買い言葉で、喧嘩がエスカレートしていくようです。

その乱暴な子はとても衝動的に行動する子なので、担任の先生もどう接していいのか
とても悩んでおられて、休み時間まで四六時中見張っているわけにもいかないし、まさか
その子を縛っておくわけにもいかないし…このままだといつかうちの娘に本当に危害を加える事態になりそうで恐ろしいといわれてしまいました。

私に出来ることは、なんとかその子に近づかないよう毎日言い聞かせすること
ぐらいで、どうしていいのかわかりません。
その場はわかった、というのですが、また現場に出くわすと、言い聞かせしたことを
全然忘れてしまっているようです。
もっと感情をコントロールできて、うまくかわすことができれば問題はないのですが。
(それができたら、普通の子なんですよね)
しかも、一クラスしかない学年です。6年間一緒です。

もう、いやだー!

「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」  投稿者: M  投稿日:10月15日(土)18時52分40秒
 きっと、
 その時その場での適切な支援、指導が大事なのだろうなと。

 「こうかもしれない」との机上の理論よりも、
 「ああそういうことか」との観察とそれに基づく実証の方に、
 より強みを感じるこの頃。


> わざと反対意見をいい、
> ストーカーのように付きまとい
> 何をされてもへらへら笑っている
> 本当はいやなのに、いやと言えず
> 誰かが割っていこうものなら、すごい剣幕で攻撃
>「殺してやる」
> 感情コントロールがもっとも苦手

 きっとそれぞれの子に
 それぞれのレベルの
 人や事物事象の捉え方の何らかの弱さや歪み、
 適切な判断や行動の選択の弱さ、
 ストレス耐性の弱さや衝動性
 等々があるということ。



> その子を縛っておく

は、冗談にしても許される発言ではない・・けど、
その先生もきっと、袋小路に入り込んで追いつめられているのだろうなぁ・・。



>休み時間まで四六時中見張っている

見張るなどという否定的、非建設的な捉えではなく、
様子を観察することで、
その状態像と支援指導の為のヒントを探って欲しいな・・。


うちの少年は  投稿者: まつこ  投稿日:10月15日(土)17時25分37秒
>休み時間まで四六時中見張っているわけにもいかないし

うちの少年は休み時間によりしっかり見ておいて欲しいとお願いして
入学後「それが必要である」と先生も納得してくださって
そのための「介助の先生」でしたよ。

まつこ様、M様  投稿者: ぼーぼー星人  投稿日:10月15日(土)23時44分41秒
お返事をいただき、ありがとうございます。
まつこ様の言うとおり、休み時間こそ子供の様子をよく観察してやって
ほしいのですが、授業中もとても大変なクラスで、アシスタントの先生も
かなりくたびれていらしゃるようで、なかなか言い出せないでいます。

その乱暴な子は、勿論他の子供にもいたずら(嫌がらせ?)をしまくり
嫌がっているのに全くおかまいなしです。もう、少々のことは先生も
見て見ぬふりをしている?ようにもみえます。
かといって頭ごなしにしかっても逆上して乱暴がエスカレートするし、
優しくすればやりたい放題…
一体何故あれほどの衝動性があるのか、私にはわかりませんが。
担任の先生は、1年生を何度か担任の経験があるが、こんな大変なクラスは初めてだと
ため息をつかれています。

私はといえば、自分の子供を出来るだけ先生のお世話になることがないよう指導し、守る
方法を教えることで精一杯で、何の役にも立っていないんです。

本当は、その道の専門家の先生に相談しないといけないレベルだと私は思いますが、
その子の何らかの情報を先生が握っているかもしれないし、口に出して言えません。

来週は、休み時間に具体的にどんなことが起きるのか、私自身が学校で観察してみようと
思います。

私が心配なのは  投稿者: まつこ  投稿日:10月16日(日)12時14分46秒
ぼーぼー星人さんのお子さんも、その「乱暴な女の子」も含めて
そのクラス、学年、学校の子ども達、皆です。

担任もアシスタントの先生も途方にくれ、くたびれているとすれば
子ども達がどんなに困り、疲れ、辛い思いをしているか。

一番困っているのは、その「乱暴な女の子」ではないかと
困っているから衝動的で乱暴な行動をしてしまっているのではないかと想像します。
しかも、一般的な(ありきたりな)関係の作り方ではつながることができないとすれば
彼女は一人ぼっちで生きている。。。

その子が何らかの診断を受けるような資質があるのかどうかはわかりませんが

行動を子の視点から考えて、具体的な手立てをまとめた本です。
「アスペルガー症候群への支援〜小学校編」

>私自身が学校で観察
そうですね。子どもがどんな状況に直面しているのか、
じかに見たたほうが、子どもを応援するための知恵も工夫も思いつきやすい気がします。
応援しています!!


探しています  投稿者: ちょみ  投稿日:10月16日(日)10時35分17秒
場面の認識や、状況判断、物の概念などが弱い5歳の子供向けの教材を探しています。
(学研のスリーヒントカードのようなイラストつきのもの)
そのようなものをまとめておいているお店をご存じないでしょうか?
HPでいくつかでてきたのですが、内容がわからないので、手にとってみたいのです。
東京都内だと助かりますが、千葉、埼玉あたりでも大丈夫です。

こちらのHPの言葉の教材室もやってみたのですが、
息子には難しいようで、「わからない」と頭を抱えていました。
現在普通の幼稚園に年中で通い、言語と心理の訓練を月に一回受けているのですが、
家庭でも取り入れたいと思って、探しています。
見かけたよ と言うかたがいらしたら、教えてください。

ちょみさんへ  投稿者: yoshiの母  投稿日:10月16日(日)15時16分51秒
本屋さんなどは わからないですが、トイジャラス?などに 色んなものがあったりするから どうかなと思いまして 学研だけでなく くもんなどが おいていたりします。
(カード)など 為にならなかたら、ごめんなさい。

ちょみさんへ・2  投稿者: 朝倉玲  投稿日:10月16日(日)15時41分54秒
ことばの教材室は、入学前のお子さんにはまだ難しいかもしれませんよね。
ソーシャルスキル絵カードの幼年版はいかがでしょうね?
場面の認識や状況判断の練習の手助けになるのでは・・・?

http://www005.upp.so-net.ne.jp/ma2ma3/kyozai.html#z

ちょみさんへ・3  投稿者: ゆこり  投稿日:10月16日(日)21時59分49秒
山手線駒込駅近くにあるフレーベル館(キンダーブックの出版社)本社ビルにあるえほんとおもちゃのお店をご存知でしょうか。こちらで1年ほど前に絵札に文字がない絵だけで判断するアンパンマンの生活習慣教育用のような絵柄のカルタを自閉症幼稚園児のために購入しました。結構役に立ったのですが絵と読み札の関係を記憶してしまったので、今はやはり自閉症のお子さんに差し上げてしまい、手元にないため値段とか今売っているかはわかりません。フレーベル館のインターネットショップのカタログにはありませんでした。木のおもちゃや幼稚園の先生用の保育所や教材などもあったので近くにいかれるついでがあれば除いてみてはいかがでしょうか。規模はそれほど大きくありません。
 フレーベル館 絵本とおもちゃのお店
東京都文京区本駒込6-14-9 TEL03-5395-6641

http://froebel-kan.co.jp


ぼーぼー星人さま  投稿者: ケリー。  投稿日:10月16日(日)23時21分37秒
アシスタントの方は、お嬢さん専属ですか?
> アシスタントの先生もかなりくたびれていらしゃる
という状態から察すると、クラスのアシストまでも引き受けざるを得ない状況なのかしら。
まつこさんもおっしゃっておられましたが、
特に低学年では、学習内容より生活全般に配慮が必要だと思うので、
トラブル回避は、休み時間や給食・掃除といった、枠が甘くなる部分が重要になってきます。
アシスタントの方が手が回らない状態であるならば、
ぼーぼー星人さんが、休み時間の様子を見られることに賛成です。

それとは別に、
> その乱暴な子は、勿論他の子供にもいたずら(嫌がらせ?)をしまくり
> 嫌がっているのに全くおかまいなし
> 逆上して乱暴がエスカレートするし、
> 優しくすればやりたい放題…
のお子さんですが・・・
年齢から考えても、状況判断をしやすい環境を作ってあげるだけで変わってくると思います。
嫌がっていることがわかりやすい働きかけ、
乱暴=混乱と捉えて、混乱を解決するための手助け、
優しくされたら嬉しいという気持ちはあるようですから、適切な表現方法の指導、
それは担任を先頭に、できれば学校が取り組んで欲しいものですね。

厳しい事を言わせてもらえば、
> こんな大変なクラスは初めてだとため息
つく力があるなら、行動せい!って感じですわ^^;。
ため息って、体力がある証拠ですよ。
ため息ひとつつくたびに、気力が失せ、あきらめが大きくなるのですわ。
本当に力が出ないときは、ため息も出ません。
だから、ため息つけるうちに、前をむかなければならないのですよ。
担任の先生には、力量を誇示できる機会と捉えていただいて、奮闘を望みます。
くれぐれも『孤軍』奮闘にならないように祈りますが^^。

> 私はといえば、自分の子供を出来るだけ先生のお世話になることがないよう指導し、
う〜ん・・・
今の状況ではそう思ってしまわれるのかもしれないけど、
ホントはお世話になっていいのですよ。そのための先生なんだから。

> 何の役にも立っていない
ことはないですよ。
お嬢さんの事を心配し、クラスメートの事も気にかけていらっしゃるなんて、
同じタイプの子どもを持つ親として心強いです。

> 本当は、その道の専門家の先生に相談しないといけないレベルだと私は思いますが、
> その子の何らかの情報を先生が握っているかもしれないし、口に出して言えません。
そうですね。慎重に考えるべき事ですもの、正しいお考えと思います。

ちなみに、私は高機能自閉の中2の息子の母です。
小学校時代、低学年・中学年は担任に恵まれていたので連絡を密に取り合うことで過ごせましたが、
高学年になって担任と折り合わず、2年弱毎日付き添って一緒に学校生活を送りました。
家事がおざなりになっても(^^);、息子にとって必要な時間だったと思っています。
(中学は一人で元気に通っていますよ^^)

> 私自身が学校で観察してみようと思います。
負担にならない程度に。
まつこさんと共に、応援します。

授業時間以上にアシストが必要な場面  投稿者: M  投稿日:10月17日(月)23時52分40秒
暴言、暴力、嫌がらせなどは、
ストレスや不安感が高すぎてオーバーフローした状態と考えたら良いのかな。

耐性は一人ひとりみな違うから、
同じようにストレスがかかっても、
平気な子もいるし、何とか持ちこたえる子もいるし、メルトダウンする子もいる。

外に向かえば暴言暴力になるし、
内に向かえば何だろう・・自傷もそう?

場面や対人・社会の認知ができて、
感情の自己調整ができて、
適切な対処行動もできて・・・。

これって、
教育課程に位置付いている学習場面よりは難しいのではないかな。
アシスタントは、
休み時間にこそ必要なのかも知れない。


雑感  投稿者: 田舎猫  投稿日:10月19日(水)12時15分6秒
ぼーぼー星人さんのような事例を読むと、精神医療の知識を持ったスクールソーシャルワーカーの必要性を強く感じます。

ありがとうございます  投稿者: ちょみ  投稿日:10月19日(水)18時17分17秒
>yoshiの母さん 朝倉玲さん ゆこりさん
3人ものかたが答えてくださり、うれしいです。
内容をよく確認して、子供にあったものを探してみます。

STでボーネルンドのショッピングカートを使用したら結構はまっていたので、
これも買ってみました。
(ルールの説明を最後まで聞くことと、順番を守るための訓練です)
いかにもお勉強にならないように、それとな〜く誘うのが
難しいんですよね(^_^;)
一度へこむと、つぎは「やらない」とか言い出すし・・・
いろいろ試してみたいと思います。
ありがとうございます。

あきらめたくない方々を  投稿者: M  投稿日:10月22日(土)09時23分40秒
ご招待

   今、読んでいる方      過去ログを読んでいる方
     ↓                 ↓
   下の元気掲示板へ      リンクから元気掲示板の2005年10月中旬頃のログへ

http://139.teacup.com/pfeil/bbs


お引越し  投稿者: ケリー。  投稿日:10月22日(土)21時10分58秒
一部修正して移動します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ワタクシ、結構キレます。
キレは健康のバロメーター、元気がない時はキレることもできません^^;。

ただ、大人らしく(大人しくではない)、狸らしく、妖怪らしく、
(妖怪クイズで高得点を出した事があり、自称妖怪の末裔)
表現するように、日々心掛けております。

あっという間に中学校生活も半分すぎてしまいました。
今年からお世話になっている先生もいらっしゃるので、
もう一度モックの特性をお伝えするために、面談の申込をいたしました。
『モックは広汎性発達障害であって、自閉症ではない』
と思っていらっしゃるのではないかとの不安があります。
風邪をひいて、熱を出さずに鼻たらして行こうかと・・・・・。

これでも結構色んな場面に、遭遇したりぶち当たったりしてきました。
だから今度も、私はキレても、相手は切らない。

相手をやっつける事が目的ではないのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『とことんこの子にこだわって』の中でも、みなさんが色々な思いを発しておられましたよね。
一人一人の声は小さくても、集まれば大きくなるのだと今さらながら感じます。

そしてね、一人の声は小さいとしても、
声を『出さない』のと『出す』のとでは、全く違うと思っています。
『ある』か『ない』かは、まるで正反対。
だから、今の私は『あきらめない派』。

ただ、ここに集う方の中には、
辛かったり悲しかったりして、元気が出ない状態の方もいらっしゃると思うの。
表現の仕方も、百人百様のはず。
だから、これから先を読んでも、元気掲示板を見ても、
決して『ねばならない』とは思わないで下さいね。

今の私は、元気なのです。


お引越し  投稿者: ケリー。  投稿日:10月22日(土)21時10分58秒
一部修正して移動します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ワタクシ、結構キレます。
キレは健康のバロメーター、元気がない時はキレることもできません^^;。

ただ、大人らしく(大人しくではない)、狸らしく、妖怪らしく、
(妖怪クイズで高得点を出した事があり、自称妖怪の末裔)
表現するように、日々心掛けております。

あっという間に中学校生活も半分すぎてしまいました。
今年からお世話になっている先生もいらっしゃるので、
もう一度モックの特性をお伝えするために、面談の申込をいたしました。
『モックは広汎性発達障害であって、自閉症ではない』
と思っていらっしゃるのではないかとの不安があります。
風邪をひいて、熱を出さずに鼻たらして行こうかと・・・・・。

これでも結構色んな場面に、遭遇したりぶち当たったりしてきました。
だから今度も、私はキレても、相手は切らない。

相手をやっつける事が目的ではないのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『とことんこの子にこだわって』の中でも、みなさんが色々な思いを発しておられましたよね。
一人一人の声は小さくても、集まれば大きくなるのだと今さらながら感じます。

そしてね、一人の声は小さいとしても、
声を『出さない』のと『出す』のとでは、全く違うと思っています。
『ある』か『ない』かは、まるで正反対。
だから、今の私は『あきらめない派』。

ただ、ここに集う方の中には、
辛かったり悲しかったりして、元気が出ない状態の方もいらっしゃると思うの。
表現の仕方も、百人百様のはず。
だから、これから先を読んでも、元気掲示板を見ても、
決して『ねばならない』とは思わないで下さいね。

今の私は、元気なのです。

お引越しその2  投稿者: まつこ  投稿日:10月23日(日)07時31分3秒
あきらめません  投稿者: まつこ  投稿日:10月21日(金)10時50分29秒

こっちが困ったと思っているだけじゃなくて
その場合はたいてい、先生のほうも「困った親」と思っているでしょ。

コミュニケーションと想像力と共感性の障害が起きてしまってる。

何を感じ、どう考えたのか
どういうことならわかるのか
どういうことならできるのか
きっと、お互いに考えるんだと思います。
それでも、かみ合わない時
先生は、学校でその子を指導するのが仕事だから、
その範囲でできる限りのことをしようと考えることができる。
自分が担当している間、とか、自分が指導する時間、とか。
「お母さんはともかく。」っておいといて。

私は、「先生はともかく」って、おいとくことはしたくないの。
「今年はともかく」ってのも、いやなの。
「学校なんてその程度のもの」とも思えないの。

私は、彼と暮らしているし、これからも暮らしてゆくし、
別の屋根の下に暮らすようになっても、ずっと気にかけて
多分、魂になってからも、ずっと彼のことを見ていると思うのね。
立場が違えば質感はちがって当然。

でも、つながれるところでつながっていきたい。いきたいという希望ですが。
________
脳の神経細胞  投稿者: まつこ  投稿日:10月21日(金)10時58分28秒

今年の夏に聞いた講演で
自閉症の人の脳を剖検したら、一般的な神経細胞より枝分かれが少なくて
スーッと伸びているという所見報告がある、との話があって

あれと これと それと を
結びつけることなく 覚えていたり、考えたりする息子の様子と
オーバーラップして、面白かったんです。

それで、私がイメージしたのは
枝分かれしていないためにつながらない「あれ」と「これ」の間をつなぐ
お助けグッズや環境を網の目のように作ってゆくこと。
それから
彼の神経細胞がぴゅ〜っと伸びた先にそれぞれ誰かがいて
その人たちがみんな手をつないでいる絵。

ぴゅ〜っと伸びた先が全部私だったら
私がこけたらアウトでしょ。

お引っ越しその3  投稿者: 朝倉玲  投稿日:10月23日(日)08時59分15秒
あきらめないさ  投稿者: 朝倉玲  投稿日:10月21日(金)13時56分41秒


> それでも、かみ合わない時
> 先生は、学校でその子を指導するのが仕事だから、
> その範囲でできる限りのことをしようと考えることができる。
> 自分が担当している間、とか、自分が指導する時間、とか。

うん。

> 私は、「先生はともかく」って、おいとくことはしたくないの。
> 「今年はともかく」ってのも、いやなの。
> 「学校なんてその程度のもの」とも思えないの。

うんうん。

> でも、つながれるところでつながっていきたい。いきたいという希望ですが。

朝倉さんは「夢見るタイプだ」と知人から言われました。つい最近。
その裏側にどういう意味が含まれているかも分かったけれど
でも、それでも私は夢を持ち続けたい。

あきらめるもんか。

   ・・・あ、ケリー。さんじゃなく自分へのエールになっちゃった。(汗)


あきらめないというのは  投稿者: まつこ  投稿日:10月23日(日)07時38分16秒
私の場合、常に外へ・前へ行動し続けるということではありませんでした。

冬眠したり、深海に潜ったりして
やけを起こさないでじっとしている。
本当はこっちのほうが大変だったかもしれません。

Re: あきらめないというのは  投稿者: 朝倉玲  投稿日:10月23日(日)09時06分53秒
> 私の場合、常に外へ・前へ行動し続けるということではありませんでした。

私もそうです。
対立したいわけじゃない。力づく、理屈づくでねじ伏せたいわけじゃない。
親に親の立場や考え方があるように、
学校には学校の立場があり考え方があり、
学校という一つの組織としてのシステムがあるから
それをきちんと観察して、「どこで」協力をお願いできるか・・・
「どの部分に」理解を頼み、「どんな」対応を期待したいか、
そういうことを考えていきたいんです。
そのためには時間もかかります。
特に、観察にはじっくり手間をかけていきたいと思います。
「学校」と一口に言っても、そこにいる先生や子どもたち、教室や学校の状況によって
それぞれ、全然違ってくると思いますから。

うちは今、小学4年生なので
5年生になるあたりから、中学校の情報を集めて
少しずつ、つながりを作っていきたいと考えています。

私の言う「あきらめない」っていうのは、こういうこと。

遅ればせながら  投稿者: ひいろ  投稿日:10月24日(月)00時10分40秒
お引っ越し。

*****************
私はキレないよ  投稿者: ひいろ  投稿日:10月20日(木)02時40分40秒
私がキレそうになると、学年の他のママさんが先にキレてるから(爆)
キレて効果があればするんだけど、感情的に言っても何も変わらないから。
で、いつも冷静にお手紙を書きます。
手紙だと形に残るから、同じ事でトラブったら「また同じ事で」と言えるから。

今年からまだ形だけですけど、支援計画が動いてるうちの学校。
今までに提出したお手紙が、進級した時次の担任に渡るように
提出した手紙に通し番号をつけました・・もちろん自主的に(爆)

書類は積み上げていかないとね♪

 投稿者: ひいろ  投稿日:10月24日(月)00時11分57秒
困った先生がいる  投稿者: ひいろ  投稿日:10月21日(金)09時59分45秒
                               困った先生がいる。
                    ↓
                   親としてやるべき事をやる(情報提供)
                             ↓                                 ↓
             話しを聞いてくれる              聞いてくれない
           ↓         ↓                 ↓
 子供への対応が変わっていく  どうやら聞いてるだけのようだ     言語道断
                  ↓
                 いろいろつついてみる
          (『こんな本、知ってます?』とか『今度こういう講演会があります』とか)
                  ↓
          それでダメなら、学校に行って
   「こういう言葉かけをすると、上手くいきますよ」と実際に見せる
                  ↓
          それでもダメなら・・・・
          誰かに間に入ってもらわないと無理でしょうねぇ。

今養護学校では、事あるごとに「保護者の協力を」と言われています。
でも。考え方が違う先生とは、スクラムは組めんのです。戦略が違いますから。
そしてお互いに譲らない。そしてお互いが「今年は運が悪かった」と思ってしまう。
そしてその先生がオシゴトを続ける限り、また来年もその戦略でオシゴトをなさる。

私は同じ戦略の先生と連携したいだけです。
だから私は保護者として、事あるごとに「明確な戦略図」を学校側に提出しています。
多分それを積み上げていけば、考え方の違う先生が担任になる事はないと
・・・・・信じたいです。

実は去年  投稿者: ひいろ  投稿日:10月24日(月)00時28分56秒
あきらめず、根気よく、1年間、情報提供をしました。

でも、3学期の最後の最後になって
私がずっと提供してきた情報は全く伝わっていなかったと確信する事件がありました。
なのでその事実を、来年度担当なさる先生には、絶対に知っておいて欲しかったので
その顛末を文書として学校に提出しました。

実は、私は昨年の自分の行動を後悔しています。
それは私は担任以外の人を交えて、問題を解決するという行動までは
起こさなかったからです。
やはり先生と保護者の考え方に隔たりがある時は、中立な立場の方に
仲を取りもってもらうという事が必要だったのだと思います。
養護学校にはそのシステムが出来つつあるのですから、使わない手はないですからね♪

嬉しかったこと  投稿者: 朝倉玲  投稿日:10月29日(土)09時42分14秒
少し前に、「とことん」の本を持って保育園に行ってきました。
お世話になった担任の先生方と園長先生に、本を差し上げて御礼を言うために。
昇平も一緒に連れて行きました。彼は、卒園以来、初めての保育園でした。

年中の時の副担任、年長の時の副担任、年中・年長とずっと見てきてくれた主担任の3人と
園長先生、事務の先生方もいる事務室で30分ほど話してきたのですが、
園長先生が昇平の成長をことのほか喜んでくださって
昇平に質問したり、話しかけたり、本の表紙に載っている昇平の絵に感心したり・・・。
普段はあまり喜怒哀楽を外に出されない園長だったので、こんなに喜んでくださったことに、こちらも感激。
担任はもとより、事務の先生方も皆、昇平をよく覚えてくれていて、
「あの頃昇平くんは○○だったよね〜」「本当に大きくなったね〜」と口々に感心してくれるものだから
昇平も大喜びでハイテンション。
先生方と片っ端から背比べをして、自分の成長を目で確かめていました。(笑)
翌日も園長は昇平のことを喜んでいて、園の先生方にずっと話していたとか。
こんな保育園だったから、今の昇平があるんだな〜、と改めて感じました。


その後、園長がいない場面で、担任たちに当時のことに感謝をしたら、
年長時の副担任に言われました。
「それは、昇平くん自身の力とお母さんのがんばりのおかげですよ。
お母さんがいろいろ勉強して、一生懸命子どもに関わっていたから、
私たちも『負けてはいられない』と思って、
保育のプロとしてがんばらなくちゃ、って気持ちになったんです。
こちらも、昇平くんと関わることで、本当に成長させてもらったと思っているんですよ」

「お母さんが、昇平くんの中に『人の話を聞き入れる力』を育ててくれたから
だから、私たちの指導も素直に受け入れてもらえたんだと思います」
とも言われました。

すごーく、すごーく嬉しい気持ちになりました。
卒園してすでに3年半。
今でも担任たちに支えてもらっている自分に気がつきました。

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


朝倉さん  投稿者: ちょみ  投稿日:10月30日(日)12時07分30秒
ちょうど今日、朝倉さんの手記を読んだところだったので、しゃしゃりでてきてしまいました。
本当によい先生とめぐり合えてよかったですね。
わかってくれる、(理解しようと歩み寄ってくれる)人って、
案外少ないんですよね。
ましてやトイレに15分も付き合ってくれる先生なんて。。。
うらやましいです。
我が家はまだまだ模索中ですが、頑張ります。

ちょみさん  投稿者: 朝倉玲  投稿日:10月30日(日)20時32分29秒
レスありがとうございます。(^_^)
今思い出しても、本当に良い先生方と巡り会ったと心から思います。
でも、本にも書いたことですが、決して障碍のプロという先生方じゃなかったんですよね。
むしろ、障碍のことなんか全然知らなくて・・・。
本当に、二人三脚、三人四脚の日々でした。

で、そんなふうにタッグを組んでくれそうな園を求めて
入園前、あちこち情報を集めてかけずり回っていた頃のことも、思い出しました。
確かに、理解しよう、歩み寄ろうとする人がどこにでもいる、というわけじゃないけれど、
でも、探し求めれば必ずどこかにはいる・・・という気がしています。
そして、巡り会うときに巡り会えるんじゃないかな、と。

私たちが情報を求めてネットを始めた頃と比べれば
今は、確実に「理解しよう」としてくれる人が増えましたよね。
そういう時代の流れにいることが、嬉しいです。

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


ちょっとぼやいてみる  投稿者: ちょみ  投稿日:10月31日(月)11時42分8秒
我が家の場合、私の母が受け入れてくれません。
「親のあんたが決め付けてどうするの!」という感じで。
確かにADHDと自閉のボーダーで一見するとそうは見えません。
わがままな子供と映るのでしょう。

幼稚園でも「してはいけないこと」の説明が難しく、
「いくら言ってもわかってくれない」と先生に言われています。
子供は最後は混乱して泣いてしまうようです。

でもね〜〜してはいけない理由なんていっても通じないのよ。
完結に、「これはだめ!」じゃないと、頭の中がこんがらがって、
結局「先生、何で怒ってるの?」になってしまう。
と、言ってはみたけど、普通の教育ではどうしていけないのかの
理由をきちんと言うのは当たり前ですよね。

息子の状態からすると、今後も普通の学校に通います。
でも、その中で特別な支援を受けられるとは限りません。
どうやって折り合いをつけていったらよいのか、分からず、試行錯誤しています。

掲示板過去ログ案内に戻る