2005年11月その1
親の手伝いはどこまで?  投稿者: フェジン  投稿日:11月 1日(火)10時33分54秒
 発達障害特別支援法が4月に施行されても中身はなく親が必死でフォローすることを必然的に強制されている状態にあります。私は「これではいけない」と思っています。
 きのうトイレ掃除当番だったFさんはある子と2人でひとつの個室に入り、隣の個室を覗くいたずらをした。先生はお帰りの会の前にトイレ掃除当番だったほかの子供たちも集めてそのときの様子を尋ねた。すると、覗いたのはFさん1人で同じ個室にいたもう一人は「覗きませんでした。」と言ったので、Fさん1人が叱られた。個室に入ったときには2人で覗こうとしていて盛り上がっていたのに結局叱られたのは実際に覗いたFさんだけだった。悔しかったFさんは、先生からのその事情聴取がいやで怒った。その行動を先生はパニックを起こしたと認識した。こういうときに同じ個室に入っていたその子から「何をやろうとして二人で個室に入ったのか」をその場で質問しておくことが大事になるのに、それは聞かず、「誰が何をしたのか。」事実確認だけをして、Fさんを叱った。そして、怒ったFさんの行動を、パニックと決め付けて、Fさん自身だけの困った問題行動と決め付けて先生は自分のその認識を処理してしまった。あせった先生は親に電話をして、「お子さんがパニックを起こしています、すぐ学校に対応に来てください。」と一週間に何度も電話をかけてくる.親御さんはこういうことが多すぎてご自分の病気の治療に医療機関を受信する機会を逸していまい、ご病気が重症化してしまい、手術することになった。
 よる親御さんはFさんと話し合い、「悪いことをした。誤らなければならない。」ということをお子さんから引き出された。なので、前日夜に先生に電話して、次の日の朝誤れる機会を先生に作ってもらうようお願いをした。親御さんは朝出かける前に、「今朝はいやな思いをさせたお友達にごめんなさいを言いましょうね。」と言うのを思いつかずに出かけさせてしまった。先生は親御さんが一緒に登校をしていることを知っていたので、そこでも教室に行ってしまったお子さんを連れに行くことや、その日は学年でのお出かけの予定がある日だったので、ほかの児童はその目的に出発させて、後から親御さんにその外出先まで送ってくるようにとをおっしゃられた。親御さんは治療の予約があり、「また病院へいけなくなるのかしら。」とドキドキしておられた。先生はもう一言おっしゃられた、「このまま誤らさせないで出かけるとして、この後外出先でパニックを起こしたら、すぐに外出先まで迎えにこられるように携帯の電源は入れておいてください」と。
 この出来事は、どちらにもやり忘れはありますが、学校側の対応について、親はどんなときも自分を犠牲にして子供の問題行動の事後処理をするのが当たり前と言う考えがあります。学校という組織の構成上、手が足りないこともありますが、小学校というところは秘密が多すぎるし、目の前にあることしか処理しないので、その後大人になることを想定した、養育や教育ができていないようです。先生は、子供の行動で、「なぜそうなるのか?」を確認するようにすれば、いいようにおもいます。先生は、パニックを怖がりすぎているか、パニックに対し通り一遍の対応だけをしていて、自分の弁護ができない、作文の力のない、言葉をつむぎ出せないことの苦痛をもった子の場合の言葉の引き出しの作り方を知る必要があると思いました。それは、いくつかの選択肢を言葉にしてやり、選ばせるという方法で、少しずつ育っていくものです。「今○年生だから、これくらいのことはできないといけないわ!」という考えや、「せっかく誤る機会を本人もきのう意識したのだから…。」と考えて行動をすると、子どもに無理をさせることになり、ひいては不登校を引き出すこともあるのではないかと心配されます。

切なる願い  投稿者: まあ  投稿日:11月 3日(木)15時34分56秒
状況の認知 絵カードのパソコンソフトを、是非作って欲しいです。

絵カードのパソコンソフト?  投稿者: 空音  投稿日:11月 4日(金)11時51分0秒
>まあさん

「絵カードのパソコンソフト」と書かれてますが、

絵カードを作るためのソフトですか?
パソコンそのものが絵カード仕様になるソフト?

ボードメーカーってのもありますが
http://homepage2.nifty.com/accessint/katarogguuu.html
(コミュニケーション、のところから、カタログのダウンロードが出来ます)
お望みのものと違うかもしれないしなあ(汗)
ちなみに、ボードメーカーで作ったカードの見本や書籍などのセットを
お試し版として期間限定で発売されてます。
http://homepage2.nifty.com/accessint/PCSstarter01.html

知り合いに詳しい人がいるので、もうちょっと教えてもらえれば
お望みのものが実在するかどうかを、尋ねてみますが・・・・。

http://skymusic.jp/autism/


講演会自閉症のライフサイクル支援  投稿者: YAMATO  投稿日:11月 4日(金)19時03分59秒
みなさま 講演会のご案内です。
■「自閉症のライフサイクル支援」〜成人期の現状とそこから見た幼児期・学齢期への支援〜
■ 講師  (財)明治安田こころの健康財団 子ども療育相談センター・センター長 新井利明先生
■ 日時  平成17年11月20日(日) 1:30〜(開場1:00〜)
■ 場所  東村山市民センター別館 (東村山市本町一丁目1−1)
       地図はこちら(西武線東村山駅)
http://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/~kakukaweb/018000/seikatu/syuukaijyo_map.htm

■参加費 1000円
■定  員 150名
■主  催 自閉症支援グループ「おしゃべりの会」
■後  援 社団法人日本自閉症協会東京都支部・NPO法人東京自閉症センター
          東村山市・東村山市教育委員会・東村山市社会福祉協議会
          東京都立東大和療育センター(社会福祉法人・全国重症心身障害児(者)を守る会)
■参加申し仕込み
         下記必要事項を明記の上「おしゃべりの会事務局」まで E-mailかFAXでお願いします。
          お名前・ お電話番号・ ご住所
 「おしゃべりの会事務局」
  mailto:osyaberinokai@yahoo.co.jp
  Fax:042-396-3638

療育手帳について  投稿者: コスモス畑  投稿日:11月12日(土)15時02分16秒
初めまして、小学一年生で特殊学級に通う娘がいる母親です。
先日、児童相談所へ行ってきました。
現在娘は2語分程度話す事が出来ますが、会話は出来ません。
ひらがなを書ける程度です。情緒面では、少し気に入らない事があると
ヒステリックになったり、急に涙をポロポロこぼして「泣いてる・・・。」
とだけ言います。理由は言えません。
授業も体育や音楽など、興味の無い事には頑固として参加しません。
多動性もあるようです。
同じクラスで知り合ったおかぁさんから、皆療育手帳をもらっていて、
そのお陰で施設に訓練(水泳、買い物、料理、体育等)をしに通ってる事を
聞き、娘にも通わせたいと思い療育手帳を申請する決心をしました。
ところが、知能デストの内容が軽度にあたり、判定の結果次第でもらえないかも
しれないと聞きました。どう見ても障害があるのにもらえない事が多い県なのだそうです。
広島に知人がいるのですが、そちらで会話がしっかり出来る多動性のお子さんが
重度扱いでお金ももらってると聞き、(ちなみにここは岡山県です)悲しくなりました。
まだもらえないとは決まってませんが、療育手帳の意味とは何なのでしょう。
やはりもらっておく方が子供の為なのでしょうか。
どなたか知っておられる方、アドバイスを宜しくお願いします。
それと、毎日パソコンを開ける事が出来ませんので返事が遅れるかも
しれませんが宜しくお願い致します。

NHK厚生文化事業団の相談会  投稿者: YAMATO  投稿日:11月14日(月)14時50分37秒
みなさま
NHK厚生文化事業団の「LD・ADHD・高機能自閉症 教育相談会」が開催されます。
 詳しくは、下記をご覧頂いてお申し込み下さい。

  http://www.npwo.or.jp/topics/index.html#11

講演会のお知らせ  投稿者: ちびくまママ  投稿日:11月17日(木)17時47分17秒
兵庫県のローカル情報ですが、お近くのかたはどうぞ。
以下は転載自由だそうです。
**************************************************************

「自閉症とのくらし」〜将来に向けて今できること〜

講師:河野智子氏
    (自閉症の人たちの暮らしを支えるNPO法人ポットラック副理事長)

日時:12月2日(金)10:00〜12:30
      (受付は9:45〜開始します)
会場:兵庫県三田市総合福祉保健センター 2F講座室
    (三田市川除675 TEL:079-559−5700)
参加費:無料
事前申込み:不要
託児:なし

主催:オーキッドの会(社団法人 日本自閉症協会兵庫県支部 三田ブロック)
   (平成17年度 三田市社会福祉協議会福祉団体等活動助成対象活動)
後援:三田市教育委員会

療育手帳について  投稿者: みかん  投稿日:11月18日(金)17時24分2秒
はじめまして。
こちらでは主にROMってばかりですがいつも参考にさせていただいています。
コスモス畑さんの投稿についてなかなかお返事がつかないようなので
ちょっとしゃしゃり出てきてしまいました。

療育手帳をもらえないかもしれない・・・というのは
どちらで言われたのでしょうか?
各自治体によって違うのかもしれませんが
私が住んでいる地域では管轄の児童相談所で知能検査をし
田中ビネーでIQ70以下の場合は文句なく療育手帳がもらえるそうです。
IQが70以上であっても多動があまりにも目立つ場合など多少融通が利くみたいです。

療育手帳のもらい方ですが
まず市役所で申請をし、その申請書が児相に送られ
そこで判定の結果とともに県庁へ書類を送り、
初めて手元に療育手帳が届きます。
判定をしてもらう児相である程度お願いしておくこともできるようです。
私が住んでいるところでは療育手帳B(=軽度)を持つことによってのメリットは
所得税の還付があることとタクシーチケットがもらえること。
特になんらかの療育の手助けになることはありません。
将来の就職に備えて高校生くらいで取得する方が多いみたいです。
ちなみに私の子は持っておりません。
多動などはなくIQでいくと微妙なところでお願い次第ではもらえそうなのですが
タクシーは使わないし2年に一度申請しなおさなくてはならないらしく
2年後のIQがもっと伸びていることに期待しているので。3年生です。
実は所得税も住宅ローンにアップアップしてほとんど払ってないですし(お恥ずかしい)。
療育手帳で受けられるサービスは市ごとに違うらしいです。
隣の市とも違っています。
療育手帳の交付に関係する機関で
もう一度詳しくサービス内容や取得の条件など聞かれてみてはいかがですか?

診断について  投稿者: りんご  投稿日:11月20日(日)15時50分39秒
こんにちは、初めまして五歳二ヶ月男児の母です。
最近、通っているデイサービスの担当者から、診断を受けるよう強く勧められて、どうしようか悩んでいます。
来年は年長さんになるので就学先の決定にも役立つし、何より子供のいろいろな問題に対処しやすくなるのだから、是非受けた方がいいと勧められました。しかし、児童精神科のあるその病院は自宅から片道三時間以上かかるところにあり、今の子供の状況では泣いて「おうちにかえりたい」と検査にならない可能性が高いことを考えると、すぐ行く気にはなれませんでした。

多動とか睡眠障害などはないので、日常生活においてとても困っていることは今のところありません。快く引き受けてくれた幼稚園でもトラブルはなく楽しく過ごせています。
自閉症でしょうと児童相談所でいわれてからもう二年。それまでの不安や疑問はそこで一区切りついているので診断名としてつくことに抵抗があるわけではないのです。

今のこの時期に細かい診断を受けに行くことが本当に必要なのか、考えても何か釈然としません。
経験者の皆様おしえてください。診断を受けてみてどうですか?感じたことや、よかったこと、わるかったこと、たいへんだったこと、何でもいいのでよろしくお願いします。

あくまでも個人的な経験から  投稿者: まつこ  投稿日:11月20日(日)17時24分43秒
手帳も診断も
公的な機関、専門家によって、「この子は個別の配慮支援を必要としています」と
裏書してもらうために、ゲットしました。

素人で、しかも「母親」のことばには
妙なフィルターがかかってしまって相手に届かないために、
子どもを支えてくれる人や、子どもにとってすごしやすい、学びやすい環境が
整えられない場合も、残念ながらまだあるように思います。

眼鏡は一人ずつ片目ずつ視力を調べて、乱視かどうかも調べて
フレームもいろいろかけてみて顔に合うものを選びます。
(コンタクトレンズなら、涙の量や角膜の状態、網膜の検査もしたっけ。。)
眼鏡が必要なければ、そんなことはする必要もありません。

そして、子どもががんばってよく成長したとき
手帳はもらえなくなるときもあります。
診断がつきにくくなるときもあります。
でも、もしもそれが「障害」なら、「治った」のではなく
表に現れている状態がよいのだということを、忘れてはいけないと私は思っています。
でなければ、子どものがんばり自体が見えなくなってしまうからです。

子どもが大人になって、就職や生活で困ったとき
私以外にも相談できる公的な場所を用意する意味でも
診断や手帳は手に入るならほしいと思っています。

子ども自身が、公的な手助けが必要ない大人になったらそれでよし。
(うちの少年の場合はそうはならないと思うんですけどね)
手帳も診断も邪魔には成らないと思っています。


療育手帳について  投稿者: テル  投稿日:11月21日(月)19時37分10秒
はじめまして。
私も療育手帳の申請を迷っています。

小学1年の時に、児相の田中ビネー式を受けて、軽度と言われました。今月病院で、ウイスクV?を受けて、IQがだいぶ下がりました。
判定した、先生から療育手帳を初めて聞きました。

小学校の先生の話では、田中ビネー式よりは、ウイスクV?の方が、数値が低くでるそうです。
コスモス畑さんも、ウイスクV?を受けて、申請したらどうですか?

手帳・我が家の場合  投稿者: 空音  投稿日:11月22日(火)08時48分44秒
まつこさんが書かれた

>手帳も診断も
>公的な機関、専門家によって、「この子は個別の配慮支援を必要としています」と
>裏書してもらうために

うちも、同じ理由で、息子の手帳の申請と診断のための受診を予約しています。
どちらも年末にドタバタと判定・診察があるんですが。

我が家の場合、母親である私自身が自閉なのですが(複数の専門医・専門家より診断済)
知的障害がないのと、2次障害(=精神疾患)が全くないため
障害者福祉制度を利用できないという、ヘンテコなことになってます。
自閉症という障害を持っているのに。

今は地元NPOさん運営の支援センターで個別にご配慮いただいたおかげで
普通の公的育児支援を無理矢理(爆)自閉の当事者向けにアレンジしてもらって
支援を受けてます。

だから、当事者としての経験から
手帳も診断も、もらえるものならもらっておいた方がいいと思います。
親を含めた周囲の人が困ってなくても
(特に、私のような受動型の自閉なんかだと同じケースがあるでしょう)
本人が困っていることが多々あるわけでして。

今困ってなくても、大人になってから困った→手帳を取ろうとなると
日本では非常に手間取りますし、もらえない確率が大。
生育暦をかたることの出来る大人(親など)がその時に生きているとは限りませんし。

成長に伴って支援が不要になれば、手帳を返すことも出来たはずです。
それは、そのときに考えればいいことだと思います。

手帳は邪魔にならないと思うし、手帳持ってることを言いたくない人には
黙っておけばいい&その人の前では手帳を使わなければいい、だけですよ。

私は手帳こそありませんが、診断はもらってますけど
身内の複雑な事情があり、地元では特別な人を除いて私自身のカムアウトはしていません。
息子のことは、身内も、ご近所さんにも最初からカムアウトしてます。

少しずつ時間をかけて、身内の問題が落ち着いたら(時間かかると思うけど)
地域でもカムアウトして自閉者として生きていきたいと思っています。
子どものころに自閉症だと判ってたら
こんな余計なことで悩まなくても済んだのになとは思いますけどね。

ちょっと最後の方は、個人的ぼやきでした。

http://skymusic.jp/autism/


講演会のお知らせ  投稿者: 空音  投稿日:11月22日(火)10時32分30秒
私がWeb制作のお手伝いをしているNPO法人さんより
大阪府堺市のローカル情報です。
転載OKです。よろしくおねがいします。

++++++++++++++++++++++++++++++

堺市「堺の魅力づくり」市民自主事業
「堺市のみんなで、発達障害を啓発しよう!プロジェクト」
第二回啓発講演会

一緒に生きる、楽しく生きる、支えあう地域をめざして
〜 ありのままに、あたりまえに、地域に生きて・・・
そしてひょうきんな公務員になった〜

「お仕事がんばります」ということばで、
自分の人生を切り開いていった、明石徹之さん。
中学校時代から、作業所やお店で働く経験を重ね、
定時制高校で、働きながら楽しい青春時代を過ごし、
卒業後は公務員試験を突破して、川崎市職員として働いている。
そんな徹之さんを支えながら、
あらゆることにチャレンジしてこられた母・明石洋子さんに
今までのエピソードとともに
「地域で自立する」ことについてお話していただきます。

講師  明石洋子氏 明石徹之氏
日時  平成17年12月17日(土曜日)
    午後1時30分 〜 3時30分
場 所  栂文化会館 ホール(泉北高速鉄道「栂・美木多」駅下車)
http://www.sakai-bunshin.com/toga/t04.html
参加費  お一人500円
主催  NPO法人ぴーす 発達障害啓発プロジェクト・プリズム

※申込をお願いします※
☆件名「明石洋子さん講演会」とし、
 内容「氏名・人数・電話連絡先」を送ってください。

HPから http://p-s-sakai.net
メール  p-office@p-s-sakai.net
FAX   072−250−9061
電話   072−250−9060(9:00〜17:30まで)

手帳の申請  投稿者: さくら  投稿日:11月22日(火)21時05分27秒
>りんご様
手帳の申請は自治体の児童相談所の管轄ですよね?
ディサービスがあり、幼稚園もあるのなら
最寄の児童相談所に医師も巡回しているのでは?
多分ディサービスの担当者は細かいことまで知らないのではないでしょうか。
片道3時間では子供&経済的にも負担ですよね。確認してみてください。

診断の必要性  投稿者: かずりん  投稿日:11月23日(水)01時26分13秒
>りんご様

うちの長男の場合は小1の時に診断をうけに行きました。
私の住んでいる市では、就学までは療育をうけることができますが、就学後は公的な療育を受けることが出来なくなるため、何らかのアドバイスをしてもらえる場所を作っておきたかったためです。
ちなみに診断名はADHDを伴う広汎性発達障害です。

実際には、幼稚園の頃は特別にこまることはありませんでした。
自由保育でのびのびと過ごせていたからかもしれません。
しかし、小学校に入ると先生の話の聞き逃しが目立ち始め、他にも学習面や友人関係など先生に配慮をお願いすることが増えてきました。
特に学習面、中でも国語は学年が上がるごとに深刻になってきました。

そんな時に診断名や医師のアドバイスが有効になってきます。
親が言ってもなかなか理解してもらえなくても「Dr.がこういった配慮が必要といわれていました。」というと専門家が言っているのだからということで理解してもらいやすいという状況があります。
校内の特別支援教育主任の先生も診断名がついていると担任の先生に対してアドバイスがしやすいようです。

小5の現在、不注意による聞き逃しが少なくなるように席は前の方をキープ(小1からずっと)、大切なことは必ず板書、そして宿題が本人の予定表にきちんと書き写せているかのチェック(これは今の担任の先生になってからです)、そして友人関係でトラブルがないかを気をつけてくださっています。
2学期からは、特別支援教育主任の先生のアドバイスもあり漢字の宿題の内容を他の子供たちよりもハードルをさげて達成感を得られやすいようにしてくださいました。

うちの長男の場合、入学直後から授業中静かに座っていましたので(でも先生の話は半分以上聞き逃している)こちらから先生に何も言わなければ国語の成績は悪いけど他は特に問題のない子で片付けられていたでしょうし、漢字が覚えられないのも本人の努力不足と思われ本人はどんどん自信をなくしていくという状態になっていたと思います。

実際に困ったことがおきてから診断を受けようと思っても、地域によっては診断の予約がいっぱいで長く待たなければならないこともあります。(ちなみにうちの市では1年待ちらしいです。)
今困っていなくても、これからどんなことで困るかわかりません。
そんな時に、すぐに相談できるDr.がいるのといないのとでは大きな違いがあると私は思います。

療育手帳返還  投稿者: トロルの木  投稿日:11月24日(木)00時44分55秒
年長の娘を持つ親です。
2年前に軽度知的障害の判定(田中ビネーIQ63)を児相で受け、療育手帳の申請を
さんざん迷ったあげく、子供の将来のことを考え取得しました。
(手帳があれば、障害者枠で就労も出来ると聞きました)
手帳を取得することに、抵抗は あったのですが、持っていることを
誰にも言わなければわからないことですし、取得してみて、やっぱり嫌だなと
思えば、返せばいいだけのこと・・・と聞き、取得しました。
手帳を持ったことでは、幼稚園では加配をつけてもらうことができました。
あとは、公共施設の入場料が割引になったり(同伴者も)
少しばかりの福祉手当てをもらいました。

そして、2年後更新のため、過日 判定を受けてきました。
思いがけなく IQ88・・・手帳を返還することになりました。
数字は上がっても発達のバランスの悪さは感じます。
手帳返還は、この2年間 娘が頑張った結果ではあるけど
来春は就学で、この子には配慮が要りますよ。。と
周りにも理解してもらうためには、この時期の手帳返還は、果たして
よかったものかどうか。

ほかの方もレスされておりましたが、
療育手帳など、もらえるものは、もらっておいたほうがよいと思います。

りんごさんへ  投稿者: まんさな  投稿日:11月24日(木)05時45分41秒
久々に書き込みします。

うちも来年入学の子がいます。手帳は取れるかどうかいろいろあるでしょうが、診断は学校の説明などに必要だと思います。お友達の話ですが、お医者様の診断書を持っていったのに、担任が「受け取れません」とつっかえした例もあるのですが、やはり専門の方の意見があるのとないのでは、先生への話をする際にいろいろ違ってくるかと思います。
去年までは、かなり対応がよくないという噂の小学校でしたが、先生たちが大幅に変わったおかげか、今年面接に数回行ったかんじでは、マイルドになっていました。今は特にこまってなくても、こまったときにいろいろ対応できるような基盤をつくっておくためにも、話をしやすい状況を作っておくのがいいかと思います。

りんご様  投稿者: まり  投稿日:11月24日(木)18時17分47秒
りんご様

私も久しぶりに書き込みします。
来春小学校入学を控えた息子がいます。
彼はこの夏休みに診断を受けました。診断名は広汎性発達障害とADHDです。
てっきりADHDだけだろうと思っていたのですが・・(汗)PDDもありました。
予約をいれたのは年中の冬です。一回目の予約がとれたのは今年の六月です。
三回の検査、面談を経て夏休みに診断結果が出ました。


>今のこの時期に細かい診断を受けに行くことが本当に必要なのか

息子も幼稚園では何の問題もなく、普通に(元気に)通っています。
小規模幼稚園で複数担任制・目の行き届く環境・またちょっと手のかかる子ども
をその子の個性と思って接してくれる園に感謝しています。

小学校は幼稚園と違って、親と離れて集団生活をおくる時間が多くなります。
先生は、なにからなにまで見てくれません。
息子の場合、幼稚園とおなじ生活が送れるとは私は思っていません。
何も問題が起こらなければラッキーと思って。私は息子の受け入れられる環境を整えたいのです。

入学前には学校に息子の特徴について話をしようと思っていますし、担任の先生にもお話するつもりでいます。
また入学したら最初の保護者会で診断名は言わないですが
(診断名をいうとその言葉だけが独り歩きしてしまう危険性があると療育でアドバイスうけました。)
息子のことを話すつもりでいます。(もちろん学校側と相談してですが)


あくまでもウチの場合、広汎性発達障害とは私が思っていなかったので
診断うけて先生から説明で、わかったことが沢山ありました。
息子の特徴がよくわかりました。今では納得しています。
息子は普通級に通学しながら通級(情緒障害級)の利用を薦められています。
診断を受けると これからの助言をもらえると思います。


わるかったことはないです。
ただ、大変だったのは上に娘がいるので、娘が帰宅するまでには家に戻ってこないといけないこと。
脳波の検査で睡眠中の脳派をとることになり、息子を寝不足にさせてくるようにいわれことかな。
丁度夏休み中だったので助かりました。

まだ大変なことは継続中でして(笑)主人と義父母・私の両親に息子の特徴を説明するのに苦労しています。
主人は診断がでたときは同席してもらいました。先生からも話をしてもらい、だいぶ理解してもらったと思います。
でもまだまだ!!(笑)とことん!息子にこだわっていきたいですし、息子を見る目を養ってもらいたいのです。

片道3時間!!は大変ですね。でも得るもののほうが大きいと思います。
なにか りんご様にとっていい方法があることを心から願っています。

アドバイス有難うございます。  投稿者: コスモス畑  投稿日:11月25日(金)08時50分51秒
返事が遅れてすみません。
みかんさん、テルさん、どうも有難うございました。
昨日、児童相談所から電話があり、IQが51だったので
軽度(隣の県だと重度扱いらしいですが)で療育手帳がもらえる事になりました。
テルさん、こちらではTK方式と言うテストをするそうです。
娘の行動は(パニックにならない限り)問題がなかったので
もらえないかも・・・と言われましたが、やはりテストは出来なかったようで
知的障害にあたるそうです。30以下なら重度扱いらしいです。
とりあえず発行してもらえるのでホッとしました。
お忙しい中有難うございました。

皆さんありがとう  投稿者: りんご  投稿日:11月25日(金)13時51分24秒
まりさん、まんさなさん、かずりんさん、さくらさん、空音さん、まつこさん、どうもありがとうございました。
調べてみましたが、診断書だけなら児童相談所でももらえるようですが細かな診断はやはりできないそうです。片道三時間かけて行くしかないですね。(田舎なのでそこ一軒しかありません)
予約は三ヶ月まちということなので時期を考えて行ってみようと思います。

この子が三人姉弟の真ん中ということもあり、これまで日々の生活に追われるばかりで親自身あまり情報収集や勉強をしてきませんでした。最近やっと本を読んだりパソコンに向かったりする時間をとれるようになってきたので少しずつ子供のことについて勉強中です。(遅すぎ?)
また何かありましたらよろしくお願いします。
こんなにたくさんの方が悩みを聞いてくれると思うだけでとても救われました。
本当にありがとうございました。


りんごさん  投稿者: まつこ  投稿日:11月25日(金)13時58分27秒
三人きょうだいがいて、しかも片道三時間をかけての時間とお金と莫大な労力の
元を取れるような「充実した支援につながる診断」をゲットしてきてくださいね。
(^_-)vブイブイ

いろいろな制度の利用  投稿者: まつこ  投稿日:11月25日(金)15時40分26秒
コスモス畑さん (*^。^*)ノ
せっかく元気と勇気を出して児童相談所へ行ったのに
「でないかも」といわれたら、くらくらしますよね。
でも、これで
>水泳、買い物、料理、体育等
お子さんに合わせたいろんな体験の機会が手に入ることになりました?
地域療育等支援事業のことかなあと思っていたんですが。
http://ww3.tiki.ne.jp/~asitaba/sien/sien2-3-1.htm

支援費も使える部分があるかもしれませんね。
http://www.city.okayama.okayama.jp/hofuku/shougai/jigyousho_jidou.htm

今、検索をかけたら、岡山県の手帳はAとBの2段階のようですね。
兵庫県だとA(重度〜35)・B1(36〜50)(中度)・B2(軽度51〜75)の三段階で、
検査的には数値の5程度は誤差の範囲なのに
50と出てB1判定と、51と出てB2判定では、受けられる福祉支援がまったく違ってきます。

ところで
いろいろな支援を受けるために交通費がかかったり
個別の教材を試したりするのにも
いろんな経験をさせたいと思ったりしても、先立つものが必要。
親のそういう思いを応援してくれる制度のひとつに「特別児童扶養手当」があります。
これは各市町村の福祉の窓口から都道府県を通しての申請になります。
なによりうれしかったのが、「厚生労働省」と書いてある証書でした。
この子のがんばりを国が認めた印のような気がしたんです。

障害者自立支援法も成立して制度が変わっていきます。
特別支援教育もどの学校でも本格的にはじめる準備にかからなくてはなりません。
行政でプランを立てて予算を組もうとしている、ということです。
私としては、あらゆる分野での支援者の養成と育成に力を入れてほしいです。
(^_-)ネッ

指示待ち人間の息子が心配です  投稿者: はなまる猫  投稿日:11月26日(土)17時47分7秒
こんにちは。久しぶりの投稿です。
息子(年中)は、知的に問題はないけれども言葉だけがガクンと落ち込んでいて、学習障害のような特徴があるのですが、そこまでとも言えないと診断されているボーダー児です。

現在モンテッソーリ教育を採り入れている幼稚園に通っているのですが、先日「お仕事参観」という参観があり、多少なりともショックを受けて帰ってきました。
「お仕事」というのは、園にはモンテッソーリ教具という知育玩具のようなものがたくさんあり、それに黙々と取り組むことをいうのですが、それを参観してきました。
パズルや縫いさし、機織り、お料理の道具などなど、普通の幼稚園にはないものがたくさんあるのですが、お仕事の時間になると、各自が自分でやりたいものを自分で選び、自分で考え、自分で最後までやり遂げることで、「自分でできた」という喜びを知り、次に進む意欲を育てるという教育法です(正確には違うかもしれませんが、およそそんな感じだと思います)。

さて、その日息子は「ピンクタワー」という少しずつ大きさの違う積み木のようなもの(全部で10個)を、大きい物から順に上に積んでいくというお仕事を「先生から誘われて」やっていました。
この時点で、自分では何をしていいかわからない、何をしたいかも特にないという状況だったので、私は不安になりました。
いったんタワーができると、それを崩して、一つ一つを先生がいろんな場所にばらばらに置き、それを大きい順に自分で探してきてまたタワーをつくる、といったように、グレードアップしていきます。
大きさの順番などは理解できるし、上に積んでいくということも理解しているのですが、いつ始めていいのか、終わったら次にどうしたらいいのか、いちいち先生に指示されてからでないと動けないようでした。
それから、みんながそれぞれ違うことをしているので、積み木を探しにいくたびに気が散って、何をしていたのか忘れてボーっとしていたり、一つの作業がなかなか進まないのです。
お仕事の時間が終わってみんながさっさと片づけを済ませても、他の子がすることに気をとられてボーっとしていたり、結局みんなが集まっても、いつまでも一人で片づけをしていました。

もともと、一人でいつまでも黙々とおもちゃで遊ぶタイプだし、モンテッソーリが合っていると思って入れた幼稚園で、今まではなんとかついていっていると思っていたので、少なからずショックでした。
確かに、自信のないことはやりたがらないし、あまり何に対しても意欲が薄いんです。
自閉症の子の母にちょっと相談したら、TEACCH的なアプローチが有効かもと言われて、私も考えてみたのですが、どうやったら一番有効かなと悩んでしまいました。
その友人いわく、最初に先生に3つぐらいやることを提示してもらって、そこから選ぶようにしてもらったら?ということだったのですが、それだといつまでも自分で考える力が育たないような気がして、ちょっと心配です。
何かいい方法があれば、支援の仕方を先生に提示して協力していただこうと思っているのですが、具体的にどうしたらいいものか悩んでいます。
長くなりましたが、何かアドバイスをいただけたら、と思います。
よろしくお願いします。

はなまる猫さんへ  投稿者: 田舎猫  投稿日:11月27日(日)12時37分26秒
焦らないで下さい。
お子さんは一歩一歩着実に成長されているように感じますので、いつかはできるようになります。
他の子と比較されるより、お子さんの過去と比較して、その成長を楽しまれてはいかがですか。

Re: 指示待ち人間の息子が心配です  投稿者: りんか  投稿日:11月27日(日)21時32分33秒
お久しぶりになるのかな?りんかです。

はなまる猫さんはじめまして。
息子(小4)がモンテ園に通っていました。
お仕事の話題、懐かしく思いました。

> 現在モンテッソーリ教育を採り入れている幼稚園に通っているのですが、先日「お仕事参観」という参観があり、多少なりともショックを受けて帰ってきました。

うちも多少なりともショックを受けて帰って来た記憶があります。(笑)
息子は年中さんからの入園で、2歳児や3歳児から入園しているお子さんと比べて、お仕事の理解や
システムもよくわかっていませんでした。
年中さんのときは、簡単なお仕事を延々としていて、縫い差し、織紙、数の教材に手を出すことはありませんでした。

はなまる猫さんの息子さんはいつからその園にいるのでしょうか?
お仕事の参観というのは、かなり普段とはちがった雰囲気になるので、気の散りやすいお子さんは出来ないことがあるようです。

園のほうにお願いして、普段の様子を見せて頂くといいと思います。

> さて、その日息子は「ピンクタワー」という少しずつ大きさの違う積み木のようなもの(全部で10個)を、大きい物から順に上に積んでいくというお仕事を「先生から誘われて」やっていました。

ピンクタワーですが、まだ興味がなかったのでは?
先生から「誘われて」している段階というのは、自分の意志ではないので、本当に集中できる状態ではないと思います。

普段はどのようなお仕事が好きなのでしょうか?
参観の様子はあまり気になさらず、「待つ」ことも必要だと思います。
興味が出てくれば、自分からやるようになりますよ。

ただ、もしお仕事を選べないような場合は「提示」と「環境」について考える必要があります。

もし先生の「提示」の仕方に問題があるとするならば、お子さんの意識を集中させ(話を聞く姿勢
になってから)、わかりやすい指示で、短時間に行うことだろうと思います。
環境については、「自分で選ぶ」ことが出来るのか、それとも「好きなお仕事」がみつけられないのか、それによっても変わってくると思います。

でも、もし初めてピンクタワーを始めたのであれば、指示されないと動けないと思います。
簡単なようで、いろいろ考えなくてはいけないので、説明なしでは出来ません。

> もともと、一人でいつまでも黙々とおもちゃで遊ぶタイプだし、モンテッソーリが合っていると思って入れた幼稚園で、今まではなんとかついていっていると思っていたので、少なからずショックでした。

気にするな、といっても無理でしょうね。
でも、お仕事の進み方は、その子その子によって違うので、あまり気にしないことです。

親心としては、難しいお仕事を集中してやって欲しいですよね?>わたしもそうでした。
でも、自分が興味がなかったり、レベルにあわない場合は続きません。

> 確かに、自信のないことはやりたがらないし、あまり何に対しても意欲が薄いんです。

家で簡単に出来る「お仕事」を遊び感覚でやらせてもいいと思います。
家であらかじめ予習をするだけで、自信がつく場合もありますし、園でもしっかりやることが
できるのではないかしら。
・・・ただ、家であらかじめやらせるというのは、あまりいいことではないそうです。

興味津々o(^o^)o  投稿者: まつこ  投稿日:11月28日(月)09時53分47秒
そのピンクタワーというのは順に積むのが正解として、
横に一列に並べたら「お仕事」としては修正されるんですか?

最初にであった心理の先生は、
子どもがものとどんな風にかかわるかを観察していたように思います。
3歳のころ、少年はたくさんのものがあると、とりあえずつかみ出してチラッと眺めるとぽろっと落とし
次のものをつかんで眺めぽろっ。。。箱や棚から物がなくなると
後はもう物には関心なくなって、つま先で走ってました。(爆)

母子通園に通いだすころには、思い切り指示まち太郎くんでしたが
2択からはじめて、
このごろはちゃんと自分で決めるようになってますよ。

いきなりフランス料理を食前酒からきめろといわれたら食欲もなくなりそうじゃない?
おすすめAコースとBコースどちら?なら、安心です。
いずれは自分でコースを組めるようになることを目指した選択肢を心がけていれば
自分で考えられなくなるということは、回避できるように感じますよ。

3つのコップの中の  投稿者: ひいろ  投稿日:11月28日(月)10時55分31秒
おもちゃの犬を見つけるヤツ・・・検査にありますよね?

3歳の時この検査を受けたドラは、その犬があるコップに他のコップを重ねたのでした(爆)
先生は「違うのよ〜」と言って数度くり返してやっておりましたが
何度やっても同じでした。でも母は思いました。
「これって間違いなの〜?」
・・・・いや、発達検査としては間違いなんでしょうけど。
でもドラの気持ちもなんとなくわかる母でした。
(なので誉めたような覚えがあります)

ちなみに最近同じ事を学校で確認してもらいましたが、出来るようになっていました。
もっと面白いのは、家でコップの中に飴を隠して、思いっきり動かして
母ですらどこからわからなくなってしまった状態で聞いたら
瞬時にコップを開けて飴をゲットッ!・・・・視覚では絶対に敵わんと思い知りました。

Re: 興味津々o(^o^)o  投稿者: りんか  投稿日:11月28日(月)21時54分30秒
まつこさん

> そのピンクタワーというのは順に積むのが正解として、
> 横に一列に並べたら「お仕事」としては修正されるんですか?

たぶん修正されると思います。(^^;

トト、別のお仕事(機織り)で先生の提示を無視して自分のやりたいように
織っていたら怒られたことがあります。綾織りのようですてきだったのになぁ。

手順も自分のやり方でやると、先生に指導されることはあるようです。

モンテッソーリって、自発性は重視するけど、ある意味厳密な規則にのっとって
いる部分もあるので、それぞれのモンテ園によっても、全然方針が違うんです。
先生の力量によっても違ってくるし、ただモンテッソーリだからいいというわけでも
ないので、通わせていた当時本当に難しいと思っていました。


Re: 興味津々o(^o^)o  投稿者: 朝倉玲  投稿日:11月28日(月)22時26分7秒
> トト、別のお仕事(機織り)で先生の提示を無視して自分のやりたいように
> 織っていたら怒られたことがあります。綾織りのようですてきだったのになぁ。

「さをり織り」だったら
どんな織り方をしても、傷や織りムラができても、
それが「個性」として尊重されるんですけどね〜。(^_^;)

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/


焦っちゃいけませんね(^^;)  投稿者: はなまる猫  投稿日:11月28日(月)22時49分21秒
アドバイスくださった皆さん、ありがとうございました。
いろんなヒントをいただけたように思います。

こちらの地域ではマイナーなモンテッソーリですが、りんかさんのお子さんも通われていたんですね。
私自身が惚れ込んで入れたモンテッソーリ園なので、どうしてもお仕事に対する期待が大きくなってしまって……。
それに、息子は年少から入っているので約1年半、いまだにこれか……とちょっとがっかりしてしまったんです。
今回初めてのお仕事参観だったし。
今回のお仕事に限らず、やはり最近注意力が散漫なのが気になっています。
もともと言葉が弱いので、なかなかこちらの意図が伝わらずにイライラしてしまって、私も余裕がなくなっていたかも。
でも、確かにちょっと焦りすぎていたかしれないと反省中です。

園は縦割りで、1つのクラスに20数名(年長から年少まで混在)、そこに先生が2人は入るので、他の幼稚園に比べても目は行き届く方だと思いますが、とにかく次々と「先生」とお呼びがかかるので、当然一人につきっきりは無理だし、息子に説明している間にも「先生」と呼ぶ声の嵐で、かなり集中しづらい環境です。
そもそもお仕事の場で集中するなんて無理なんじゃないかと思えてきました(^^;)

もともと好きなお仕事って特にないんじゃないかと思います。
よく「折り紙」とは言いますが、不器用なのでまともに形を作ってきたことはありません。
それに、多種多様なお仕事の一つ一つの名前を教えられてはいないと思うので、息子が私に好きなお仕事を伝えることは無理だと思われます。(私自身も説明できないですもん)
でも、先生は私よりも息子の好みを知っていると思うし、最初は二択、三択から入るのもアリなんですね。
なるほど、と納得です。

それと、最初は3,4種類からでもいいので、それぞれのお仕事の手順を単語カードにでも書いてもらうといいのかなと思いました。
そうすると、とりあえず手順は次第に覚えられるでしょうし、そこから少し進歩していけるかも。
いずれにせよ、ゆっくり焦らずにやっていきます(努力します!)。
これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

ということは・・、  投稿者:  投稿日:11月28日(月)23時35分52秒
それぞれのニーズに合うものを選択する必要があるということかな。


「教材」にも「教育」にも、
必然、法則、秩序を学ぶためのものも、
自主、創造、個性を育てるものも、
あるのだろうから。

都合良く管理するための秩序は御免被りたいけど、
社会規範の基礎という意味合いでの秩序を分かり易く学べるのなら、
それを必要とする子はいるのかもと。

そして、
一人ひとりの姿が
さをり織りのようにそのまんま個性として認められれば良いのにね。

はなまる猫さん  投稿者: まつこ  投稿日:11月29日(火)08時59分3秒
幼稚園でみんなと同じように行動できるようにする工夫と
その場で求められている行動を理解して、そのように行動できる力を育てることと
とにかくまるごとできるだけ楽しい時間をすごすことと…ほかにもあるかな

その場面では、何を重視するのか?ってことを確認しつつって大事だと思うのよ。

>息子に説明している間にも「先生」と呼ぶ声の嵐
のなかでも、指示を受けながらだったら「お仕事」にとりくめるようになった…ということはないかな?

そこまでの、先生とお子さんの関係作りについては、何か聞いておいでですか?
先生にまずそのあたりを伺ってみてほしい気がしました。
…ひょっとするとお子さんも先生もすっごくがんばった結果みたいな感じがしたもんで。。。
見当はずれだったら、本当にごめんなさい。

Re: 興味津々o(^o^)o  投稿者: Asuka  投稿日:11月29日(火)10時47分51秒
> まつこさん
>
> > そのピンクタワーというのは順に積むのが正解として、
> > 横に一列に並べたら「お仕事」としては修正されるんですか?
>
> たぶん修正されると思います。(^^;

 少しうろ覚えなのですが、「ピンクタワー」の他に「茶色の階段」という教具があります。
ピンクタワーが積み木状なのに対して「茶色の階段」は棒状。
でも棒の断面はピンクタワーと同じ大きさです。
うちの娘も年中の途中からモンテの園に行きましたが、
娘がピンクタワーを横に並べてたら、先生がさりげなく「茶色の階段」を持ってきて
「断面が同じ大きさになるようにピンクタワーの積み木と茶色の階段の棒を並べるよう」
指導していました。
大きさや形の同じ・違いを認識させるためだとか。

> 手順も自分のやり方でやると、先生に指導されることはあるようです。
> モンテッソーリって、自発性は重視するけど、ある意味厳密な規則にのっとって
> いる部分もあるので、それぞれのモンテ園によっても、全然方針が違うんです。
> 先生の力量によっても違ってくるし、ただモンテッソーリだからいいというわけでも
> ないので、通わせていた当時本当に難しいと思っていました。

 「お仕事」の種類によっては、手順重視なものもありますが、
娘の行った園では、割と子供の性格・力量に応じて先生が指導していたように感じました。
りんかさんのおっしゃるとおり、モンテの園によって方針が全然違うし
先生の力量によって指導の仕方もちがってくると思いました。
娘の場合、引っ越しによる途中入園と言うこともあり「お仕事」に慣れていないせいか
かなり独創的なことをやってましたし、自分で勝手に新たな「お仕事?」を作り出したり
親から見ると「あらあら」って感じでしたが
先生が上手に展開させてくれていました。

Re: 焦っちゃいけませんね(^^;)  投稿者: りんか  投稿日:11月29日(火)10時57分56秒
はなまる猫さん

> 園は縦割りで、1つのクラスに20数名(年長から年少まで混在)、そこに先生が2人は入るので、他の幼稚園に比べても目は行き届く方だと思いますが、とにかく次々と「先生」とお呼びがかかるので、当然一人につきっきりは無理だし、息子に説明している間にも「先生」と呼ぶ声の嵐で、かなり集中しづらい環境です。
> そもそもお仕事の場で集中するなんて無理なんじゃないかと思えてきました(^^;)

そんなことはないと思います。
年中から入った息子でも、年中後半から卒園まで好きなお仕事からの発展は、めざましかったです。>古参の方はご存じですが、過集中とそうでない部分とのむらが多い子どもだったので、全く自慢にはなりません。(汗
(息子の園は「こどもの家」を名乗っていましたが、集団でやることも毎日いろいろあったので、
お仕事時間は、ほかの「こどもの家」より少なかったかもしれませんが、年中からにしては、それでもかなり進んだと思います。)

> それと、最初は3,4種類からでもいいので、それぞれのお仕事の手順を単語カードにでも書いてもらうといいのかなと思いました。

息子の園では、おのおのの教材に、手順の説明をコーティングしておいてありましたよ。
2項式、3項式の数のパズルはなかったかもしれないけど、ほとんどのものにはつけてありました。

ひらがなが読めれば自分で読めますし、もし読めなかったら年長さんのお子さんか、読める
お子さんに尋ねることも出来ます。
先生に提示してもらった後、自分で確かめながら出来るので、いいアイディアだと思っていました。

> そうすると、とりあえず手順は次第に覚えられるでしょうし、そこから少し進歩していけるかも。
> いずれにせよ、ゆっくり焦らずにやっていきます(努力します!)。

モンテッソーリに惚れ込んでなかったわたしですが、よい面はたくさんあります。(実は悪い面も
あったと思いますが、丁寧に子どもとかかわってくれたことには感謝しています)

焦らないでくださいね。

> これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

Re: 興味津々o(^o^)o  投稿者: りんか  投稿日:11月29日(火)11時04分48秒
Asukaさん。お元気ですか?

>  少しうろ覚えなのですが、「ピンクタワー」の他に「茶色の階段」という教具があります。
> ピンクタワーが積み木状なのに対して「茶色の階段」は棒状。
> でも棒の断面はピンクタワーと同じ大きさです。

そうそう。茶色の階段。
これとピンクタワーの組み合わせがけっこう難しいそうです。これ、けっこうはまってやってました。>彼

>  「お仕事」の種類によっては、手順重視なものもありますが、
> 娘の行った園では、割と子供の性格・力量に応じて先生が指導していたように感じました。
> りんかさんのおっしゃるとおり、モンテの園によって方針が全然違うし
> 先生の力量によって指導の仕方もちがってくると思いました。

ほんと、そうなんです。
先生の度量の大きさや豊かさによっても違いますし、経験年数、子育てをしているか否かでも違うと思います。
わたしの知人はモンテ園の先生(正規資格持ち)でしたが、子どもを持ってみて、「こういう教材の使い方があるのね」と勉強になったし、メソッドの「枠にはめなくても良い」部分と修正する分がわかってきたわ。と話していました。

> 娘の場合、引っ越しによる途中入園と言うこともあり「お仕事」に慣れていないせいか
> かなり独創的なことをやってましたし、自分で勝手に新たな「お仕事?」を作り出したり
> 親から見ると「あらあら」って感じでしたが
> 先生が上手に展開させてくれていました。

おりひめちゃんの園の先生のやり方が、のぞましいと思います。

出かけますので、またのぞきにきますね。

きょうは風邪ひいてお休みしています(^^;)  投稿者: はなまる猫  投稿日:11月29日(火)13時30分23秒
モンテッソーリって本当に先生の力量による部分が大きいですよね。
それと環境……私はお仕事の時間って水を打ったようにシーンとやっているイメージだったんですが、かなりざわざわしていてびっくりでした。
幼稚園ですから考えてみれば「シーン」なんて無理な話でしたね。

そうそう、息子の隣でその「茶色の階段」をやっていた女の子がいたんです。
同じ年中ですが、その子はパッパッと次々手順をこなしていて、ついつい比較してしまったところもあります(反省)。
それにしても、それぞれの教具にもいろんな意味があって、モンテッソーリの奥は深いですね〜(^^;)

>まつこさん
そうなんです、確かに参観後少し先生とお話したときに、いろいろ努力してここまでできるようになったんですよ〜と、ほめてください的なことを言われました。
そのときは少し落ち込んでいて「え、あれでも?」と正直思ってしまったんですが、先生も息子もここまで頑張ってきたんですよね。
私が多くを求めすぎていました。

>りんかさん
そういう手順が示されているところもあるんですねー。
私は見たことがないので、たぶん息子の園にはないんだと思います。
ぜひ提案してみようと思います。
息子だけじゃなくて、ほかのお子さんにとってもわかりやすいはずですよね。

先生とは……というか、園自体とあまり深く付き合えていないんです。
かなりいろんなところにこだわりのある園で、お仕事参観も園児が気が散るといけないからという理由でクラスに1人か2人ずつの参観です。
年少はさらに気が散りやすいということで、年中の今になってようやくお仕事の様子が参観できました。
みんなで活動する参観は年少のときからありましたが。
そんなわけで、今ひとつ園の様子というのが見えてこないんです。
個人面談というのも年少のときに1度だけありましたが、私も自分の思いを言葉にするのが苦手で、今ひとつ私の言いたいことが伝わらなかったり、先生も同じような感じで、何を言いたいのかよくわからなかったりして……(^^;)
お手紙を書いたこともあったのですが、何の反応もなく……(^^;)

でも、今回いい機会なので、いろいろ思ったことを伝えて、提案できることは提案してみようと思います!

Re: きょうは風邪ひいてお休みしています(^^;)  投稿者: りんか  投稿日:11月29日(火)14時32分24秒
たまたま、今日息子の幼稚園時代のお母さんとのランチだったので、幼稚園の話になりました。

> モンテッソーリって本当に先生の力量による部分が大きいですよね。

その通りです。
それから、園の方針によってもまるっきり違います。そして、早期教育や、小学校受験を考えているお子さんが多いかどうかによっても、雰囲気は全く変わってきます。
それから、経営重視のところもありますね。

> それと環境……私はお仕事の時間って水を打ったようにシーンとやっているイメージだったんですが、かなりざわざわしていてびっくりでした。
> 幼稚園ですから考えてみれば「シーン」なんて無理な話でしたね。

20数名(縦割り)で先生2人ということなので、「シーン」とする状態に常時なるのは不可能だと思います。それでも、一般的な幼稚園よりはとっても静かです。(笑)

息子の園はもう少し小規模でしたので、静寂が当たり前でした。大声を出すお子さんが叱責されることが多くて、今でも「幼稚園嫌いだった」と言うそうです。
息子に昨年「幼稚園好きだった?」聞いたことがありますが、「いつもいい子にしなくてはいけなくて(求められていて)、それがいやだったなあ。」と言っていました。

#親もいい親を求められて、わたしも正直つらかったです。

> >りんかさん
> そういう手順が示されているところもあるんですねー。
> 私は見たことがないので、たぶん息子の園にはないんだと思います。
> ぜひ提案してみようと思います。
> 息子だけじゃなくて、ほかのお子さんにとってもわかりやすいはずですよね。

ただ、園のやり方がありますので、こういった方法をしてはいただけないか?と控えめに聞いてみてくださいね。
手順をつけていないということは、それだけ先生が提示方法に自信がある場合もありますので、それを否定することになるばあいがあります。
息子の園でも、まず「提示」してもらってから、内容理解のために使っていました。


> 先生とは……というか、園自体とあまり深く付き合えていないんです。
> かなりいろんなところにこだわりのある園で、お仕事参観も園児が気が散るといけないからという理由でクラスに1人か2人ずつの参観です。

息子の時は時間指定 プラス マジックミラーからのぞく形でした。(数名ずつの参観。毎年2度)その後、勉強会があり、お仕事の説明がありました。

お仕事  投稿者: こくっぱの母  投稿日:11月29日(火)17時15分21秒
家で教具を使ってそのまま練習するのは、なんだか違う気がするので、
別の方向から書き込みますね。

日常生活で、自分の意志を伝える場面は、結構あると思います。
例えば、喉が渇いたとき、何を飲みたいのか。
おなかがすいたとき、何を食べたいのか。
「お茶にする?牛乳にする?」といった2択から、「何が飲みたいの?」という問いかけまで、
自分の意志で選ぶまでほっておくとか。(「何でもいい」は許さないの)
食べる事だけではなくて、あらゆる場面で「自分で選択する」事は可能ではないでしょうか?

手先を使う事や、手順を考えるという意味でも、
洗濯物を畳むとか、お茶碗を洗うとか、家事の中にもたくさん使える場面がありますよね。
料理をするなんて、頭も体も心も使う事だと思いますし。

無理矢理手伝わせるのは良くないと思いますけど、
一緒に会話を楽しみながら、親子で家事に取り組むのは、とてもいい事だと思います。

我が家の場合、母ができるだけ楽をしたいので、使える手は使い倒すともいえますけど(爆)


そういえば  投稿者: ひいろ  投稿日:11月30日(水)09時16分46秒
私、ここからパクったんだったわ・・・すっかり忘れてた

子供の自立を助ける為に、子供に必要な支援をするのが
モンテッソーリだと私は思っていたのですが。

http://www.bk1.co.jp/product/1696500


ありがとうございます  投稿者: まつこ  投稿日:11月30日(水)16時32分23秒
>娘がピンクタワーを横に並べてたら、先生がさりげなく「茶色の階段」を持ってきて
>「断面が同じ大きさになるようにピンクタワーの積み木と茶色の階段の棒を並べるよう」
>指導していました。

とってもおもしろい。それに、形としても美しいんだろうなあと思いました。
療育センターの教具も、一般的なおもちゃに比べるとシンプルで
つまりその物自体情報が整理されているので、
伝えたいことがわかってもらいやすかった気がします。

つまり、やり取りが成立したのね。うれしかったですよ。

教室の隅っこに机を置いて、私は壁を背にして向かい側に少年が座って…
すると、少年の目にはカラーキューブと私の手元以外のものができるだけ目にはいらないようになる。
それで、やり取りできるようになったら、ものを変えたり、場所を変えたり。

センターの先生も少年の視界の外から、私と少年のやり取りを見ておられて。
少年には見えないが、私からは先生の表情もよく見える。。。。
きつかったですわ。┐('〜`;)┌

NHK障害福祉賞・記念の集い  投稿者: YAMATO  投稿日:11月30日(水)19時15分40秒
みなさま
今年度の「NHK障害福祉賞」の入選作品が決まりました。
今回は過去最高の応募があり、LD(と脳性まひの重複)の方が
最優秀に選ばれたほか、優秀にもLD・ADHDの方が選出されまた。
このお2人は、12月5〜7日のNHK教育テレビ「福祉ネットワーク」に出演されます。
なお、最優秀の杉田さんは、12月3日にNHKホールで行われる
「NHK障害福祉賞」 記念のつどいでのトークセッションで、
ご自身の体験や思いを話してくださる予定です。
第38回優秀を受賞なされた自閉症児のお母様もお話くださいます。
ご参加をご希望のお方は下記の頁をご覧の上まだ、少し余席が御座いますので当日参加もOKです。
ご参加の方には、当日プログラムとあわせて、今年度の入選集を差し上げる予定とのことです。
是非、ご参加下さい。

http://www.npwo.or.jp/topics/index.html#08

Re: そういえば  投稿者: りんか  投稿日:11月30日(水)21時21分42秒
> 私、ここからパクったんだったわ・・・すっかり忘れてた
>
> 子供の自立を助ける為に、子供に必要な支援をするのが
> モンテッソーリだと私は思っていたのですが。

わたしもこの本持ってます。この本はおすすめ。
お弁当袋とか作ってもらった。(裁縫苦手なので、親戚に頼みました。)

わたしが事前に(家で)お仕事を教えたことはないのですけど、園でやれなかった人気の
仕事を家でもやりたいと言われたことはあります。家でやれるようなもの(アイロンビーズ
とか折り紙)はやらせていました。

家で出来るお仕事(ごますりや大根おろしを作ったりすること)は、そのまま園での
お仕事に応用できることはたくさんあるのだと思います。

掲示板過去ログ案内に戻る