1998年10月
私で2人目? 投稿者:紋養の先生  投稿日:10月04日(日)00時27分13秒

今日やっとインターネットに成功した。現在養護学校で教員として
働いている。働き始めてまだ半年。ダウン症候群の生徒、自閉的傾向の
ある生徒を担当している。インターネットをしようと思ったのは、障害
児教育(知的障害)についての情報を得たいと思ったのも、理由の一つ
である。ほかにもいろいろな自閉症または自閉に関する情報を得たいと
思っているので、楽しみにしたいと思っている。このメールを書いてい
る間に、チョットページの続きをのぞいて見た。メールのやり取りをし
ている方がたくさんいて、驚いています。なかなか忙しくゆっくり考え
ていくことができないので考えられるときに、意見を述べることができ
ればいいなあと思いつつ、終りたいと思います。


紋養さん、いらっしぃませ。 投稿者:  投稿日:10月04日(日)11時40分51秒

紋次郎・・いや紋養さんは、もしかしてはるばる北の国からのご来訪でし
ょうか。

>今日やっとインターネットに成功した。
  おめでとうございます。これで、一挙に日本中、世界中を飛びまわれる
  ようになりましたね。

>現在養護学校で教員として働いている。働き始めてまだ半年。
  又 若い方の登場ですね。
  スージーさーん、お仲間ですよーー。 (*^^*)
  
>インターネットをしようと思ったのは、障害児教育(知的障害)につい
>ての情報を得たいと思ったのも、理由の一つである。
  わたしもその一人ですよ。各大学や研究会等のHPを渡り歩いて、早
  1年10ヶ月。いろいろな情報の波の中でアップアップしながらも、情
  報に溺れないよう、流されないように泳ぎ続けていきたいなと思って
  おります。

>なかなか忙しくゆっくり考えていくことができないので考えられるとき
>に、意見を述べることができればいいなあと思いつつ、終りたいと思い・・
  わかります。まだまだ実のある研修の場は少なく、わたしを含め現場
  の人間は、迷いながら悩みながら、あくせくと毎日を過ごしているの
  が現実ですよね。
  でも、多忙だからこそ勉強は欠かせないというのも事実です。(*^^*)

  子どもたちが歩いてきた道、立っている場所を見定め
  子どもたちがこれから歩いていく道への指標を指し示し

  子どもたちと一緒に歩いていきながら
  時には
  子どもたちから離れ、
  先回りして
  子どもたちがやって来るのを待つ余裕。

  私は、それができるようになるため勉強をしています。
  まだまだ、道は遠い。
  そろそろ眼鏡と双眼鏡のほかに杖も必要になってくるかも・・・・。   
  


だ、だからぁ、、、 投稿者:スージー  投稿日:10月04日(日)23時24分52秒

だ、だからぁ、、、私は若くはないんだってばサ。(えばる事じゃないですが。)

2,3,4日と熊野詣でに行ってきましたんですよ。
紀の国は始めて、あんなに深い山を見たのは始めてなので感激!!!!
それに、「みかんやさん」(八百屋にあらず)があって、みかんだけ売っていた。
ス、スゴイゾーーー。

<紀の国の報告>
この間の台風で山の木がずいぶんと倒れていました。赤く山肌があらわ
になっている所もあり(これは台風の影響ではなく伐採の結果と思う)
痛々しい印象でした。

それに、夜は暗いということが今更のように感じられましたよ。真っ暗な
んだからほんとに。それに魚がすごく安い。こちらのスーパーで6000円
くらいするような鯛かなああれは、それが1690円だったし、鯵が10匹くら
いで500円だった。
3日間快晴で、私の日ごろの行いのよさが証明されたような、、、。 (ここ
でMさんのように顔マークを入力したいところですが、組み合わせが分
からないのでだめですね)
あっ分かった、(*^ ^ *) これでいいのかな、、、。
ではでは、、、。                       気ばかりはいつでも若いスージーより
 


子どもたちのコーナーは・・・ 投稿者:  投稿日:10月07日(水)00時16分14秒

いつも石橋をたたいてたたいてたたきつぶしてしまうわたしですが、色々と
問題は感じながらも、子どもたちのコーナーを取り敢えずスタートさせまし
た。

本当は、このHPとは独立させた方が良いのだろうか、少なくとも不特定多
数の人の目にふれるような形は避けた方が良いのではないか・・・等々
悩みながらも、私としては珍しく石橋を三回ほどたたいただけでスタートし
てしまいました。
目的は
 
 聴覚障害の子を初めとしてコミュニケーションをとるのが困難
 もしくは苦手な子のコミュニケーションの場
 それぞれの在籍学級では弱い立場の通級児たちが自分を表現、
 アピールする場
 前項と同じ意味で、得意なことを発表する場、自信回復の場
 (子どもが作るページでは、将来的にはそれぞれの子の得意なこと
          の発表ページを作り、リンクさせていきたい)
 作文が苦手な子、ローマ字を覚えてない子の学習の場

といった位置づけです。

勿論、保護者の方たちにも了解は得させて頂いているのですが、何か
ひっかかりがあります。どう思われますか?
保護者の立場、指導者の立場、第三者の立場、それぞれのご意見をいた
だきたいです。
ここに来ている子どものお母さんにも、書いていただくようお願いしよ
うと思っていますが・・・。


お久しぶりです。 投稿者:ありは  投稿日:10月08日(木)18時10分49秒

何の連絡もせず、今に至ってしまいました。Mさん、godzillaさん、ソフトの紹介 ありがとう
ございました。私たちの卒業研究ですが、パソコンは使わず、手作りの
教材を用いる事になりました。色々と捜して頂いたソフトは、今後の臨床
の参考にしたいと思います。どうもありがとうございました。なにか教え
て頂きたくなった時には、また投稿させて頂きたいと思います。それで
は、また。


結論は・・・ 投稿者:  投稿日:10月10日(土)21時12分15秒

3,4日前に書き込んだ件について、何人かの方とのメールのやりとりで私
なりの考えがまとまりました。

子どもたちのコーナーを作りたいとの思いの中には、
「子どもたちの自己実現の場を作りたい」
という思いの他に、
「そんな子どもたちの姿を見てやって欲しい」
という思いがまぜこぜになっていたように思います。
「だれに?」
そうです。そこのところが曖昧でした。1番見てもらいたいのは、担任の
先生やクラスの友だち、そして保護者の方々です。
だったら、ここは子どもたちの発表の場としては場違いですね。

それにふさわしい場をもとめて、又、一から始めたいと思います。全国の
きこえことばの教室の先生、情報教育担当の先生、一緒に考えていきませ
んか。
対象限定の話題なので掲示板ではなくメールの方が良いと思うので、Mあ
てにメールください。ccなどを使って、メーリングリストのようなかた
ちで回覧したいと思います。


質問です。。。。。 投稿者:  投稿日:10月19日(月)20時17分24秒

 ご無沙汰しております。・・・ってだれに言っているのだか。
このところ又、ネット上での学習に勤しんでおります。

実は、LDについての素朴な疑問がわき、ネット上を探し回っ
たのですが答を見つけることができず、これは根本的なことか
ら学習する必要があるなと思い至り、脳の構造や神経解剖学な
どという本を開いて見ているところです。

その素朴な疑問というのは、
 どうしてLD児には学力の習得の問題だけではなく、衝動性
 や自己コントロールの弱さ等を併せ持つ事が多いのかと言う
 こと。
 学習の困難さの背景に認知と関係する脳の機能の問題が推定
 されているということだけれど、

 @認知の機能と衝動性等とはどう関係あるのだろうか。
 A行動面の不適応症状や学習や対人関係の困難さからくる二
  次的な症状であるなら、その一次症状に上手く対応できて
  いれば、その子は二次症状は起きないのだろうか。

 という疑問です。
 情動をつかさどるのは大脳辺縁系だというかすかな記憶を頼
 りにそこらへんを調べたら大ハズレ。これは快、不快などの
 低次のものだけでした・・。喜びや悲しみといった高次のも
 のは・・・新皮質系の前頭連合野なのですね。そこは、思考、
 創造、意欲、情操などの精神に関係する分野らしいですね。
 LD児はそこの機能がうまくいっていないと言うことなので
 しょうか? 思考と情操を司る部分が隣接するということで
 その部分は納得できそうです。
 頭頂ー後頭連合野では知覚、理解、認識などの情報処理の働
 きが営まれていると言うことですが、これは学習の理解に深
 く関係するところでしょうか。
 ということは、よく言われるLD児の中枢神経系の機能の問
 題が推定されるというのは、前頭と頭頂ー後頭連合野周辺を
 合わせた分野の事っていうことなのですか?
 かなり、広範囲ですよね。
 それと、記銘、保持、想起という記憶の弱さを併せ持った児
 童もいるけれど、その場合は側頭葉が関係しているとの事で、
 ますます範囲が広がってしまいますね。

 LD児のその部分での弱さを、引き出しの例に例えて、
 「引き出しの容量が小さいとか壊れているとかではなく、き
  しんでいて開けにくかったり整理しにくかったりといった
  状態」
 なのだという話を聞いたことがあるのですが、
 広範囲にはわたってはいるけれど、ほんの僅かずつの機能の
 問題だから、全般的な知的発達には問題が及んでいないのだ
 という理解でよいのでしょうか?

 だとしたら新たな疑問がわいてきます。
 全体的な知的発達に遅れはあるけれど穏やかで、自己コント
 ロールもしっかりできているように思われる子がいますよね。
 教室の中でも例えわからない事があっても ただ静かに聞い
 ていて自分のできる部分を自分で見つけだしてこつこつとや
 っているように見えるタイプの子です。
 そんな子については、知的発達の遅れがあるということは、
 前頭と頭頂ー後頭連合野に障害があるということなのだろう
 と思うのだけれど、その場合、情操を司る部分には大きな障
 害がないという理解でよいのでしょうか?

 二次症状云々の部分については、もともとの弱さを一次的な
 原因が増幅させる事もあるということで、衝動性、自己コン
 トロールの弱さそのものを、合わせ持っているという事実そ
 のものにはなんら変わりはないという理解でよいのでしょう
 か?

 すみません。 
 こんな事、直接の指導の場ではどうでも良いことなのですが、
 疑問が解決できないまま指導にあたるのはなにか納得いかな
 い性分なので・・・。
 それに、この疑問が解けたら、指導の方法にも何か新たなヒ
 ント、アイデアが生まれるような気もするので・・・・。

 どなたか、LDに詳しい方、教えてくださいませんか。
 ここには、LDについて勉強中の学生さんも来ていただいて
 いるようですよね。是非ぜひ、調べて教えてくださいね。


ありはさんへ 投稿者:  投稿日:10月19日(月)21時48分07秒

いまごろ、間の抜けた返事でごめんなさい。
書き込みを見落としていました。ごめんなさい。(#^_^#)
卒論 順調にすすんでいますか。

>私たちの卒業研究ですが、パソコンは使わず、手作りの教材を用
>いる事になりました。

 その子に合う教材が一番だものね。
 合うものがなければ作ってみるというのは原則ですよね。
 
>色々と捜して頂いたソフトは、今後の臨床の参考にしたいと思います。
 面白いソフトだから、きっと又、役に立つ子もいると思いますよ。
 godzilla師匠はこの頃、ここで姿を見ませんが、呼び出しベルを押せば、
 きっとまた出てきて下さると思うので又色々聞くといいですよ。
               それでは、頑張って良い研究をして下さいね。


自閉傾向の原因 投稿者:てやんでえ  投稿日:10月27日(火)00時02分28秒

自閉傾向症状の原因は、なんだと思いますか。

短期記憶の欠如というか、古い記憶を消し去って新しく書き込むことが
出来ないことだと思います。

障害の本質はは「どわすれ」だと思います。

うまくやれば、いま起こってる常同行動を違うもの(親の好みの行動)に
変えてやることが出来るはずです。

「認知の障害ではない」っていう説ですがどうでしょう(^^)


わたしの周りの子は・・・ 投稿者:  投稿日:10月28日(水)06時51分50秒

てやんでえさんこんにちは
>短期記憶の欠如というか、古い記憶を消し去って新しく書き込むことが
 出来ないことだと思います。
>障害の本質はは「どわすれ」だと思います。

てやんでえさんのお子さんの今の状態像はその解釈で解き明かす事ができる
と言うことなんですね。

色々な研究者が、少しずつ違う発表をされていて、私なんかには、勿論わか
らないことばかりです。でも、わからない、わからないと言っていても、
指導にはマイナス効果しかないので、今、自分の目の前にいる子をどう見れ
ば矛盾がないか(少ないか)といった視点で、一番近しい説に接近していく
しかないと思うのです。
その意味で、少なくとも、周囲の子どもたちの状態像をみたとき、その原因
を短期記銘の弱さに帰結させることには、わたしの場合無理があるように思
います。
それでは、どう見ているか・・と言うことは、自閉性障害のコーナーに書い
てある通りです。どのページもそうなんですが、自閉のページも勉強するた
び、新たな気づきがあるたび少しずつ書き換えていっています。だから、又
今日、かわるかもしれない「学習室」です(^_^;) が。


再度、お願い 投稿者:  投稿日:10月28日(水)06時57分16秒

今、気づいたのですが・・・。考えてみたら、こんな風にこの場で率直な
ご意見を下さるのはてやんでえさんほかわずかな方だけなんですよね。
メールは結構頂いているのですが・・・。
前にも書きましたがもう1度、みなさんにお願い。わたしは、学者でも研
究者でもありません。指導者です。
指導のための手立てを考える必要性に端を発して「学習室」を設けました。
ここに書いてあることは、私自身の今現在の「認識」ではありますが、
「真実」ではないかもしれません。
勝手に師と仰いでいる諸先生の説を誤解、曲解、勘違いしている可能性も
大です。是非ぜひご指摘くださいね。
もちろんメールでも良いのですが、個人間で議論するより、多くの意見を
出し合う方が良いに決まってますからね。
学生さんなら気楽でしょうが、色々な立場があるから基本的に匿名でもよ
いと思っています。自分の発言に責任さえもてれば。。。。ね!(*^^*)


またまた、???です。(;^_^A 投稿者:  投稿日:10月29日(木)06時44分45秒

LDについて前回書いたこと、全くのマト外れかなと言う気がし
てきました。
「脳の本」をもう1度良く読み直してみたら、
「快、不快、」の他に「怒り、恐れ」の感情も、大脳辺縁系の
機能だという記述がありました。「衝動」的な怒りの感情は、こ
れにあてはまるのかもしれません。

チンパンジーの前頭連合野を切除したら不安定な激しやすい態度
がなくなり、落ち着いたとか、人間でもその部分の損傷があった
人の性格が穏やかになったとかという記述もあったのですが、
これは何を意味するのでしょう?そこは思考、意欲、情操(喜び
や悲しみ)などの精神が営まれているところの筈だけれど。
要するに、その穏やかさは、無気力な無感情な穏やかさにすぎな
いという意味なのでしょうか?
でも、これも、前回の疑問の答えには結びつきませんね。

ことLDに限らず、衝動的、感情的な行動をとってしまいがちな
人は沢山いるわけですよね。それらの行動を本能、自我、超自我
などという心理学用語でなく、脳の機質や機能の問題として考え
たらどうなるのだろうか。どんな研究がなされているのだろうか。
そんな話をわかりやすくまとめた本ってないでしょうかね。

フロイトの精神分析、ストーリーとしては何とかわかるのですが、
元唯物論者の私としては(うそうそ、信じないでくださーーい)
裏付けが欲しいのです。

掲示板過去ログ案内に戻る
HOMEに戻る