あたま どのように からだ
こどもが たのしそうに あそんでいる。

あたま どこで からだ
ねこが やねで ないている

あたま なに からだ
おばあちゃんが 野球を 見ている。

●「どのように」「どこで」「なにを」などのように「からだ」をくわしく、はっきりさせていることばを「ようふく」といいます。「からだ」に「ようふく」をきせるとようすがよくわかります。(修飾語)

どんなようふくをきせますか。考えてみてね。クリックして確かめよう。


ぼうし
    

あたま
    

ようふく
     

からだ
    
となりの 犬が        を 食べている。
わたしの ともだちは        を 食べた。
動物園の ペンギンが        で 泳いでいる。
友だちの おねえさんが        を 読んでいる。
ぼくの いもうとが        で 遊んでいる。



●こんどはようふくを二まいきせてみてね。 クリックして確かめよう。


ぼうし
    

あたま
    

ようふく  1
    

ようふく  2
    

からだ
    
となりの 犬が おいしそうに         を 食べている。
わたしの ともだちは いそいで         を 食べた。
動物園の ペンギンが         で きもちよさそうに 泳いでいる
友だちの 姉さんが まんがを         に 読んでいる。
ぼくの いもうとが たのしそうに         で 遊んでいる。














                                                                                              





えさを
ごはんを
    (食べ物)









ごはんを
おやつを
    (食べ物)











池で
  (水)












本を
まんがを
    (読み物)











公園で
   (場所)
おもちゃで
   (道具)











エサを
ごはんを
     (食べ物)













おやつを
ごはんを
    (食べ物)











池で
  (水)












おもしろそうに
楽しそうに
      (ようす)











公園で
     (場所)
おもちゃで
     (道具)