1999年12月その2/4
山のなかで 投稿者:krq  投稿日:12月11日(土)15時45分10秒

はじめまして、krqといいます。
現在は宮崎県小林市という霧島連山の麓にすんでいます。
転勤族なもので、2才半の息子は福岡、宮崎、小林と
もうすでに3つの住所変更をしました。
うちは、3人家族です。主人は土日祝日のない仕事なので、
息子と私が二人きりでいることのおおいいえです。
ことばの教室には、2才のとき、宮崎にいるときから通うようになりました。
息子のなかに、言葉がなかったのです。
ものと言葉が一致せず、1才半の検診の時から言葉が増えていなかったんです。
主治医の勧めで通うようになりました。
親の私たちとしては、元気いっぱいのやんちゃな子、細かいことの好きな子、
ちょっとおくちはおそいな、というかんじでしたが、、、。
半年やって見て、何の発達進歩がなければ、
何らかの障害があると考えていい、といわれましたが、
言葉も出だし、その可能性は低くなりました。
宮崎では、市で開かれている、発達教室に専門の先生が来て、
個別でカウンセリングを行い、必要な人は別の施設や教室を紹介されたり
その場で指導されたりしていました。
で、2才3か月でこちら小林市に移ってきましたが、
こういったところがなく、結局保健所の障害児を対象にした遊びの教室
(心理相談の先生等がこられて、個別相談もできる)
そして、障害児通所施設に市がいたくするという形で
ことばの教室が開かれているというのでそちらに通うようになりました。
今は、もっとことばの環境を、というので、保育所も考えています。
でも、悩みますね。確かに体の発達や運動能力は3才児並み、生活面は年齢相応、
言葉と対人が1才9か月の発達具合で大丈夫かな?と。
今通っている施設では、音楽療法と個別の言葉の指導を受けていますが、
先生方は、普通の子どもさんのなかにいれたほうが、
刺激があっていいよ、と後押ししてくださいます。
このへんは山のなかなので、障害児のための施設が少なく、
普通の幼稚園保育所小学校でも、障害児を受け入れているそうです。
しかも子どもが少ないので、3才のお誕生日から幼稚園などにはいれます。
(受け入れるところは限られますが)

遊びという名の訓練は大変です。
転勤族で、なれたな、と思っていたら、おともだちとさようならも、
つらいです。最大の遊びのチャンスを失う訳ですから。
まあ、でも、知らない山の町なみを探検者気分で
二人でうろうろするのもいいようです。
小さい町なので、よく声をかけてもらえますしね。
しかも、保健所はすんでいるところのとなりでした。
子どもはなれてきたようですが、またいつ転勤するのかと、
親は不安でいっぱいです。(12月1月はありません)

これから、いろいろ相談に乗ってください。
どうぞよろしくおねがいします。


ウルトラの母さんへ 投稿者:びーちま  投稿日:12月11日(土)23時33分33秒

低緊張の娘についてのお返事、ありがとうございました!
ずっと悲観的にばかり考えていたので、だいぶ元気をもらえました。
現在はリハビリにはいっておらず、大学病院の経過観察のみです。
市の教室も、定員がいっぱいなのと、娘のレベルでは
課題がこなせないのではないか・・・ということから
まだ通う具体的なメドがたっていません。
今は療育うんぬんより、いろいろな経験をさせてあげることが
大切・・・と、市の個人相談の先生に言われました。
(もちろん、もっとお母さんの話し掛けを!とも。)
それだけでいいのかな?って、ちょっともどかしい気も
しちゃいましたけど。
気長に待つ・・・ホント、頭では分かっているのですが、
よその子にどんどん追い越されていく現実にぶつかると
ついイライラしたり、卑屈になったりして、なかなか難しいですね。
もっと、人間修行してがんばらねばー。
とにかく、ありがとうございました!


びーちまさん、maoさん、こんにちは  投稿者:M  投稿日:12月12日(日)01時03分54秒

地下潜伏中(';') の(一応)ここの管理人のMです  。

>ここに来ていらっしゃる皆さんは、研究熱心で知識豊富な方ばかりのようなので、
>ぜひお伺いしたいことがあります。

 ねぇ、やっぱりそう思いますか。
 何でも聞いてくださいね。たいていのことは、誰かが答えてくれそうですよ。
               
                    < おいおい、管理人さん、君は?


>M先生のところや、言葉の教室に通っている方がいらっしゃいま
>したら、教室のことなど、教えていただけますか?

 私のところは地域の小学生対象ですから、全く発話のない子というのは来た
 事はないです。
 幼児さん対象の、akagumiさん、sadakoさんところはどうですか?
 お二人ともわたしと同じく潜伏中?
 

>やっぱり、最近ほんのすこ〜しずつですが、成長している気がするし、
>会話をしたいという私の思いが捨てきれないので
>ムリかもと思いつつ、気になります。

 私自身は「ことばがすべてではない」というスタンスなのですが、
 
 「我が子よ声を聞かせて」というお母さん、お父さんの思いには、真摯でい
 たいと思います。

 応用行動分析というのをご存知ですか。下にURLを書いておきます。
     < てやんでぇさ〜〜ん、又、勝手に紹介させてもらいますねぇ。
 
 表出言語獲得のための厳しいけれども多分、最短だと思われる道をひた走っ
 ておられるお父さんお母さんがたが集っておられます。
 一度訪問されて、今後の参考にされたら良いのではないかと思います。

 
 私が、それでも敢えて
 「ことばがすべてでない」と思うわけは、
 例えば、
 言語・認知の遅れが伴わないアスペルガー症候群は、
 「言語と認知さえ発達すればすべての問題が解決するわけではない」
 というその実態を解き明かすカギのように思う事がひとつ。

 もうひとつは、
 日本の中では最も伝統のある障害児教育である聾教育の中で、
 普通(健聴者)に近づくために為された口話教育が、今、本当にそれで良か
 ったのかと反省されているというその現実。

 それと、もうひとつ。
 これはことばの獲得というよりも能力主義への疑問。
 アメリカのドーマン博士にヒントを得たという早期英才教育。
 七○式とか石○式とか○文式とかフラッシュカードを使って右脳訓練をする
 あれ。その延長線上にある、
 「知能がすべて、知識がすべて、末は有名大学進学、大企業就職へ」
 ヒッ○ラーを例にあげるまでもなく、そこに感じる優生思想への嫌悪感かな。
                                 A^^;

 勿論、これらすべてが、だからと言って、
 「我が子よ声を聞かせて」という親御さんの熱い思いを否定する材料には
 なり得ないとは思ってはいますが・・。

http://www.venus.dti.ne.jp/~akimi/index.html


リフレッシュタイム 投稿者:megumi  投稿日:12月12日(日)09時12分55秒

ちびくまママさんの書き込み、大変興味深く拝見しました。

少年は混乱しそうな状況を避けるために
「トイレ」に行きます。
「さっきいったばかりじゃないの?」と思っても
本当におしっこして、出てくるので止めません。
状況によっては、出てくるのにしばらくかかるけれども
本人が落ち着くと出てくるし、こっちも安心して出てこれるように
体制を立て直しておけるので、有効利用しています。

パニックを起こした子どもを、その場面から違う場所に移動させることを
「おしおき」のように見る向きもありますが
視覚認知の強い子どもの場合、場所を変えるだけで気分も切り替えやすくなることは
確かにあるようです。

少年の場合は、自分で「やばい」と思ったらトイレ、
「もういやだ〜!!」というほど気分がささくれてしまったときは
ピンクのマイヤー毛布にくるまっています。
去年くらいから、しばらくそんなふうに自分で切り替える努力をして
「もう、泣いてないよ、大丈夫」といいながら出てくるようになりました。

理屈ではわかるけれど、感覚では我慢できないことには
そんな風に対処して行くしかないかなあと思っています。
そうしていくうちに許容範囲も広がっています。

園でも学校でも先生方がそういうことを理解して、それぞれの方法で
家での対応と同じようにして下さっているので、感謝しています。

「ガイドブック アスペルガー症候群 親と専門家のために」
付箋だらけになって、読了。
本文は素人にもわかりやすい解説だし、具体的な場面を想定して
それへの対応策をいろいろ網羅してあるので
読んでいて、力強く感じました。

本文もよかったのですが、翻訳者のあとがきを引用します。
_____________________
日本では、この時期の言葉や社会性の発達に関しては
保健所の一才半健診や三歳児健診などで、
発達の専門家によるチェックを受けられる体制が全国的に整っています。
しかし、この子どもたちは、一見すると発語がないわけではなく、
知的な能力の高さを示す行動を見せることもあるため
乳幼児発達健診の第一線を担う専門家にも、
アスペルガー症候群に関する十分な知識がなければ、
問題を見過ごしたり、軽く見る傾向があります。
それだけでなく、親からの正当な訴えがあっても
知識のない善意の専門家によって、
それが否定されてしまうことさえあります。
________________________
深くうなずいてしまいました。


少年は赤ちゃんの時から口元に力が入っていて真一文字にひき結んでいました。
着替えさせるのも、靴を履かせるのも、
こちらに協力するのが下手で、体に力が入っていたのでしにくかったのですが
「過緊張」も「低緊張」と根は同じだなんで知らなかった。

かやの先生の感覚統合のページも更新しているようです。
↓

http://home4.highway.ne.jp/matsu1/kayano.htm


krq さん、はじめまして  投稿者:M  投稿日:12月12日(日)23時54分16秒

>転勤族で、なれたな、と思っていたら、おともだちとさようならも、
>つらいです。最大の遊びのチャンスを失う訳ですから。
>まあ、でも、知らない山の町なみを探検者気分で
>二人でうろうろするのもいいようです。
>小さい町なので、よく声をかけてもらえますしね。
>しかも、保健所はすんでいるところのとなりでした。
>子どもはなれてきたようですが、またいつ転勤するのかと、
>親は不安でいっぱいです。(12月1月はありません)

 転勤族の方なんですね。
 ここでも、少し前、同じ悩みを持った方が書きこみされましたよ。
           <しのちゃんさ〜〜ん、読んでますか〜〜。

 でも、同じ日本の中でも、療育のありかたも、色々ですねぇ。

 孟母の三遷でもないけど、こうまで違うと、気軽に引っ越せるものなら、 
 引越ししてでも子どもに合う療育を探したくもなりますねぇ。
 実際は、みんな生活があるわけだから、そう簡単にはいかない訳ですけどねぇ。


はじめまして 投稿者:のりパパ(高橋)  投稿日:12月13日(月)02時21分24秒

はじめまして、東京都保谷市に住むのりパパと申します。
私の子供はソトス症候群(脳性巨人症)という病気でして
現在保谷市のこどもの発達センターひいらぎという
就学前の障害や発達に遅れのある子供の療育施設に
通っています。在籍している子供達は自閉症、ダウン症
肢体不自由、言葉の遅れ等色々で、そんな子供達を一堂に会して
尚且つそれぞれにあった個別の指導も採るという、けっこう
めずらしい療育センターです。
このひいらぎにおいて、OB、現役を取り混ぜての親の会
「保谷市障害児の就学前教育をすすめる会」の有志にて
ホームページを開設する運びとなり、11月にサイト統合の
引越しを行いました。私はそこの管理人となっておりますが
今回こちらのページにリンクはらせていただきました。
事後報告にて申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
いつも大変参考にさせていただいてます。
それでは。

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/rhtakahashi/


うーん、考えちゃうなあ・・・。 投稿者:ぴっぴ  投稿日:12月13日(月)12時14分05秒

二日続きの休みがある第二、第四土日は色々大変!アー、今日はヤレヤレ・・・。
これから冬休みね・・・子供たちの期待感とは裏腹に、ちょっと気が重いです。

ちびくまママさんの書き込み、私も大変興味深く読ませていただきました。
本当に、こうやって参加してみるものですね。
色々な方がたくさんのことを教えてくださるのがうれしいです。

うちの子供は、たしかに想像の世界や再現の世界に入るのが好き。
(これって、自閉ファンタジーって言うの?)
だけど・・・何か苦しいことから逃避するためとか、それが
この世を渡り合っていくための折り合いの付け方とか、
そこまでの意味合いは今のところ無いように思えるのですが・・・。
どうなんだろう?
ちなみにうちの子は、いわゆる’パニック’ってのも今まであまり
なかったように思います。
自分でどこかへ’篭もって’事態を調整するってこともないです。
私、よく本に載っているパニックっていうのが、自分の感覚では
よくわからないんです。
聞き分けがない、どう説明しても納得(理解?)しない、ってのは
いっぱいあるのですけど・・・・。

でも、頑強にこれらを邪魔するのはよくないってことなのでしょうね。
よく、心に留めておきますね。

も一つおまけに・・・・。
この人形想像遊びの方は、他の人と一緒にやるのはもっと大好きで、
暇さえあれば、○○ごっこやろう、と言ってきます。
一人でやらせるよりはまし?って思って私はつき合いますが、
うーんうーん、何しろ・・「いー加減、ビデオでも見てろよー!!」
という気になります。(笑)
友達とだと、周りもまだごっこ遊びは大好きなレベルなので、
一見普通の遊びが成立しているように見えるようなのが、
私にはとても不思議です。
今はこれがどうなっていくのか、見守るしかないのかなあ・・?


megumiさん、「ガイドブック アスペルガー症候群 親と専門家のために」
のこと、教えて下さってありがとうございました。
なんとか手に入れて私も読んでみたいです。
だけど・・・知れば知るほど悩むこともありそうなのが、こわい・・・。(笑)


びーちまさんへ 投稿者:ぴいママ  投稿日:12月13日(月)12時44分06秒

1歳半の娘さんの様子を読んで、ゆ〜がの同じ頃を思い出しました。
お座りまではほぼ普通の月齢で出来ていましたが、はいはいは1歳を
過ぎてから、つかまり立ちは1歳2ヵ月でした。ようやくつたい歩きを
始めたのが1歳5ヵ月、1人で立って一歩踏み出したのは1歳10ヵ月でした。
一応何か異常はないか、血液と尿の詳しい検査を受けたのですが(甲状腺機能とか
染色体異常など)、それらに原因はなく何もリハビリ等はしなくて大丈夫とのことでした。
この時1歳11ヵ月で、特に意味のある言葉はひとつも無く、「ろりろりらぁー」とか、
「んがががぁ」ととった訳のわからない発語はありました。
物を手に取ることもあまり無く、指差しも無く、おとなしい、でもエクボの笑顔が愛想の
良い子でした。

今思うとこの頃は、こちらの言っていることはあまりわかってなかったように思い
ます。自分の名前や家族の顔はわかっていたけど・・ばいばいもしなかったし、
ママとも呼んでくれなかったです。でも少しずつですが、ゆっくりですが、物には
名前があり、みんなそれを言っているという事がわかって来ています。

もうすぐ3歳になる今は、急に単語が増えました。
まだ不明瞭な言葉が多いですが、「にゅーにゅー」と言いながら牛乳パックの絵を
指差したり、「ママ〜」と意味もなく読んではんふふふふと喜んだり・・
程度としては言葉を覚え始めた1歳児で、「こぉはー?」と指差して聞いて、「あぁ、
わんわんだね。」「わんわん!」と真似して言い始めたところですが、そのやりとりが、
本人も楽しくてたまらないという感じです。

毎日保育園に行っているのでたくさんの刺激も受けている反面、集団生活は全くだめです。
言語の指導を専門のSTさんに、先月から受ける事になり、そこで母親との時間を
もっと取るようにいわれ、時間をやりくりして何とか、毎日午後3〜4時間は2人で
過ごす(遊ぶ)ようにしています。その効果の程はまだわかりませんが、とにかく
何かを言おう、伝えようとする姿が多く見られるようになったのは確かです。
2人で何か勉強する訳ではなく、ただ歌を歌ったり、お散歩したり、絵本読んだり、
ビデオ(お兄ちゃんのしま◯ろうのビデオ)見たりしています。

びーちまさんの娘さんもゆ〜がのようにのんびりさんかもしれません。
今は娘さんが喜ぶ事、楽しんで出来る事を一緒に楽しんで、何か出来たらうーんと
ほめてあげて、いっぱいだっこしてあげて欲しいです。
私にはゆ〜がが1歳の頃そうしてあげる時間が少なかったです。
いろんな理由でそうなってしまったのですが、その事がゆ〜がの遅れにも
影響しているといいます。今その分出来るだけ一緒に過ごしています。


クリスマス会とショウ その1 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月13日(月)13時58分04秒

#これは、私のHPの「かわらばん」のコーナーにアップした記事です。
 皆さんの意見などお聞きしてみたくなったので、ここに転載してみます。
 長いのですけど、すみません・・・(^_^;)
 なお、名前等、一部本文と変えてあるところがありますので、ご了承ください。

■「クリスマス会とショウ」

昨日、11日は、私たちが週に1回通っている子育て支援センターのクリスマス会でした。
この子育て支援センターというのは、福島市内の保育園が園の一部を一般開放して行っているもので、
ショウのように障害ある子も、まだ就園前の普通の子たちも通ってきています。
園を開放しての子育て広場は週に4回行われているのですが、人気があって申込みが多いので、
毎日先着6〜7組の親子しか受け付けてもらえません。
申込み開始の朝8時半に園に電話をかけると、たいてい、ず〜っと話し中。
そこへ、電話のリダイヤル機能をつかって、ひたすら電話をかけまくります。
電話がつながるまで、もう何十回でも。
その様子をきいた友人曰く、「まるでプラチナチケット獲るときみたいだね」・・・(笑)。
そのプラチナチケットを、根性でほぼ毎週獲っている私も、なかなかのものかもしれません。(爆笑)

さて、本題のクリスマス会。
この日は、いつもの電話回線争奪戦もなく、来たい人は全員参加できる、お楽しみ会。
本当にたくさんの親子が、園のホールに集まりました。
そうですね、50組近かったでしょう。子どもの数はもっと多くて、たぶん、70人くらい・・・。
その親子1組1組にクリスマスカードを手渡してくれる、園の先生方。
開くと、ウサギさんやキリンさんが楽器を演奏している絵が、飛び出してきます。
手作りの、飛び出すカードです。
カードの表紙にも、色画用紙や色紙を切って作った、ゾウさんサンタの絵が・・・。凝ってる。(^_^;)
それを見ただけで、私はもう、先生方の努力のすごさに、頭が下がる思いでした。
あれを50枚も作るなんて、どんなに大変だったことか・・・。

クリスマス会全体も、手作りムードいっぱい。
子育て広場に関わってくれる6人の先生方が、まるで、結婚披露宴のお色直しよろしく、次々に服
を着替えて、ある時はロングドレスのシックなキャロル演奏家、ある時はトレーナーにジーンズの
人形操演家、ある時はアラビア風衣装の奇妙なマジシャン、ある時は、赤鼻トナカイさんと赤い衣
装のサンタクロース、美しい天使様・・・本当にもう、ご苦労様でした、と言いたいくらい、がん
ばって子どもたちを楽しませてくれました。(*^_^*)
特にマジシャンの手品は大受けしていたようで、拍手や歓声が上がっていましたし、皆にプレゼン
トを配ってくれるサンタクロースはもちろん大人気で、最後の「あわてんぼうのサンタクロース」
の演奏も、とても盛り上がっていました。


でも、うちのショウは・・・

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


クリスマス会とショウ その2 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月13日(月)13時59分14秒

でも、うちのショウは・・・


会場に集まったたくさんの親子を見た、その時から、私の膝に顔をつっぷしたまま、全然周囲を見
ようとしませんでした。
会場にカーテンが引かれ、薄暗い中でクリスマス会が始まると、怖がる子どもたちもいたのです
が、会が進行して盛り上がって行くにつれて、どの子も目を輝かせて、先生たちの動かす人形や手
品に見入るようになりました。
でも・・・ショウは、やっぱり顔をつっぷしたままです。
「ほら、クマさんの人形だよ」「おもしろいよ、見てごらん」と声をかけてみても、ちらとそちら
を見ればよい方で、またすぐに顔を伏せてしまいます。
それは、目の前で行われているイベントに怯えて、拒否している姿勢・・・。
唯一、興味を持って見られたのは、タングラムという、いくつかの大きな三角形を動かして、蝶や
チューリップ、ヨットや山に見立てた出し物だけ。
あとはすべて、拒否、です。

なぜ、クリスマス会が怖かったのか、私にはよく分かりません。
でも、ショウにとっては未知の経験だったので、次に何が起こるのか分からなくて、不安で怖くて、
それで見られなかったのではないかな、と思っています。
クリスマス会に限らず、初めて見るビデオやテレビ番組などでも、同様の反応をすることがよくあ
りますので。
初めて読む絵本は、必ず先に全部の絵を見ておきますしね。
それは、ショウの持って生まれた弱い部分なので、しかたのないことなのでしょう。
そう。しかたのないことなのですが・・・

ショウは、最近、言葉の数が一段と増え、会話も成立するようになり、こちらの質問にもけっこう応
えるようになってきて、だいぶ成長したな、と言う感じがしてきていました。
それでも、やっぱり、普通の子たちとは明らかに違う反応をする。
他の子たちが目を輝かせて楽しむものを、ショウは怖くて楽しむことが出来ない。
その違いを目の当たりにして、分かってはいても、やっぱりショックを受けてしまいました。
どんなに成長しても追いつくことの出来ない、根元的なものを見せられてしまった感じです。

やがて、年月を経れば、ショウも初めてのものに、ここまで怯えたりはしなくなるかもしれません。
クリスマス会の出し物を楽しみ、サンタクロースが自分のリクエストと違うプレゼントを渡してき
ても、パニックに陥ったりしなくなるかもしれません。
ただ、彼が持って生まれた、精神のハンディキャップだけは、ずうっとずうっと、大人になって
も、何らかの形で残り続けるのでしょう。
彼が、それとどう折り合いをつけていくか・・・。
それが、彼の生涯の課題なのかもしれません。

行く手はるかな道のりが、思いがけず見渡せてしまった、そんなクリスマス会でした。


ショウちゃん。 投稿者:ウルトラの母  投稿日:12月13日(月)22時27分14秒

びっくりしたんだね。
クリスマス会のことは、お絵かきして行ったんですか?
いつもの場所がいつも通りでなくっている事に、とても驚いてしまったのかなー。
うちの子も『初モノ』にはかなり抵抗があります。食べ物なら絶対に口にしないし、
得体の知れない物体は、今でも私の手を掴んでやらせます。その代わり、それが美味しいとか
安心できるものとか面白いものとかの認識ができると、態度は豹変しますけど。
食わず嫌いの典型という感じです。

話がそれました。
今年のクリスマス会はお母さんも切ない思いをしちゃったけど、次も同じかと言ったら
そうじゃないかもしれませんよ。
『最後まで怖いことはなかった、面白いこともあった』と記憶していて、
次回は指の隙間くらいからは見ることができるかもしれませんね。

パニックという経験はないんですが、ウルトラはとても頑固。
学校でのリズム体操の時、気分が乗らないとガンとして踊りません。(たいていノリは悪い)
周りの子が楽しそうに踊って先生に褒められている中で、仁王立ちしたままです。
その横で踊っているワタシっていったい・・・状態です。
自分の子だけ浮いている状況って、ちょっと切ないよね。


教えて下さい〜っ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:12月14日(火)00時44分11秒

数日前からホームページ作成作業をしています。
ほぼ完成(装飾はまだまだこれから)なのですが、トラブル発生!
作成ソフトのブラウザプレビューでは画像がきちんと表示されたんですが、
いざUPしてみると、画像が表示されないんですぅ〜 誰か教えて下さい〜
インターネットオプションの設定はもちろん『画像を表示する』になってます・・・。

画像はオリジナルで、JPGファイルであったものが自動でGIEファイルに転換されたものです。
う〜ん・・・・???
わかんないよぉ〜〜〜(←素人なもので)

画像が表示されてませんが、いちおうアドレスを入れておきます。

それから、ここのページのリンクを貼らせてもらいました。
ちゃんと完成した暁には、皆さんのリンクも貼らせていただきたいと思っています。
まずは問題解決が先だけど・・・。
頭痛くなってきたので、今日は寝ます。おやすみなさい。

http://www.hello.co.jp/~say2000/


HP開設、おめでとう!! 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月14日(火)05時49分51秒

ついにマイ・ホームページ持ちですね。>ウルトラの母さん
あちらの掲示板にも書きましたけど、ちゃんと画像写真、見えてますよ。(^^)
ウルトラくんたち、か〜わいい〜♪

クリスマス会に関してはお絵かき説明できなかったんです。
内容を先生に聞いたのだけど、「当日のお楽しみね〜ふふふっ」って秘密にされちゃったから。(^_^;)
少しでも内容の説明が出来たら、たぶん、もう少し受け入れられたんでしょうけどね。

ただ、終わってから「クリスマス会、こわかった?」って聞いてみたら
「こわくなかった」「たのしかった」って言ったから、
あれでも一応楽しんでいたのかなぁ?
次に同じようなクリスマス会があったら、もしかしたら、もう大丈夫なのかもしれないなぁ。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


画像の表示 投稿者:megumi  投稿日:12月14日(火)07時33分47秒

IE5の場合、画像ファイル名が全角だと見えなくなるみたいです。
画像ファイルの名前を「hakuba」のように英文字にして張り直したら、
たぶん見えると思いますよ。

私もこれに泣かされたの。がんばってね。


やっぱり次に期待しましょう 投稿者:ぴっぴ  投稿日:12月14日(火)10時24分00秒

>ショウは、最近、言葉の数が一段と増え、会話も成立するようになり、こちらの質問にもけっこ>う応
>えるようになってきて、だいぶ成長したな、と言う感じがしてきていました。
>それでも、やっぱり、普通の子たちとは明らかに違う反応をする。
>他の子たちが目を輝かせて楽しむものを、ショウは怖くて楽しむことが出来ない。
>その違いを目の当たりにして、分かってはいても、やっぱりショックを受けてしまいました。
>どんなに成長しても追いつくことの出来ない、根元的なものを見せられてしまった感じです。
・・・・・
>ただ、彼が持って生まれた、精神のハンディキャップだけは、ずうっとずうっと、大人になって
>も、何らかの形で残り続けるのでしょう。
>彼が、それとどう折り合いをつけていくか・・・。

このあたりは私も、もうもう、常々感じていることです。
もう少し小さい頃にはまだ子供の特徴が何がなんだか全く
わからない状態だったので、素人考えからすれば、ともかく言葉や認知の問題を
フォローしてあげれば何とかなるのでは?
って思ってたんですよ。

必ずしも何とかはならないのか・・・って悟りだしてからは
あまり無理そうなことははやめましたけどね。

うちも絶対ダメだろうと思っていたことが突然うまくできるようになったり、
いーかげんできろよー!ってことがやっぱり無理か・・・
とがっかりしたりの連続です。
でも、何かが動いているのは感じます。
だからウルトラの母さんの言われるように、切ない思いはしても、
次回は違うかもしれない・・・っていう希望は持ちたいですよね。
私もそう思うことにします。うん。


感謝感激です 投稿者:ウルトラの母  投稿日:12月14日(火)10時39分58秒

表示されましたーっ
相談はしてみるものですね、アッと言う間に解決してしまいました〜
こういう時、いつも思うのですが、
『聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥』とは
昔の人は良く言ったものだなぁ・・・と。
ことわざって、奥が深いですよね。

本当にありがとうございました。


クリスマス会は・・・ 投稿者:こくっぱの母  投稿日:12月14日(火)13時22分13秒

 こくっぱも先週、療育センターの「クリスマス会」でした。
 で、いつもと違う雰囲気に耐え切れず、会場には入れませんでした。

 先生も「怖がる子が多いので」と、衣装はつけてもヒゲのないサンタクロースで登場されたので
すが、こくっぱには許せなかったみたいです。他にも2人ほど逃亡した子がいて、親同士、「やっ
ぱりだめだったね」と苦笑いした1日でした。でも、クリスマスケーキはしっかり食べてきました。
が、皆に行き渡るまでの時間は待ちきれず、「いただきます」って先生が言われた時には、すでに
「ごちそうさま」のこくっぱでした。

 これが我が子の障害なんだってわかっていても、その現場に居合わせるとやはり切ないです。
でも、こくっぱはちゃんとした?障害児なので、少なくとも保育所や学校ではそれなりに配慮して
もらえるのですが、長♂はもっと悲惨。親が口をすっぱくしていい歩かないと、アスペルガーは理
解してもらえそうにありません。
 長♂も来年は1年生。すでに+、−は完璧。×、÷も勝手にマスターしつつあります。でも、人
間の絵はなかなか描けないんですよねえ。もちろんロボットは得意ですが・・・。そういえば、昨
日も「1+2+3+4+5は」と長♀(小2)と遊んでいたら、横から間髪いれずに「15」と答
えたのは長♂でした・・・。


 


外遊びって・・・? 投稿者:びーちま  投稿日:12月14日(火)14時44分41秒

ぴいママさん、メッセージありがとうございました。
M先生、これからもいっぱい頼りにさせてもらいますので、よろしくお願いしますね(笑)
ぴいママさんと同じように、私も今までは娘とのコミュニケーションを
ほとんどとっていませんでした。
後追いもせず、ひとり遊びしてくれる手のかからない子だったので、
一日中テレビをつけっぱなしで、ぐずった時しか話しかけもしてませんでした。
私もそのことが彼女の発達に少なからず悪い影響を与えたと深〜〜く反省しています。
最近はできるだけ話しかけるように心がけていますが、私ってもともとテンションの低いヤツなもんで
どーーーも照れがはいっちゃって、板についてない感じなのですが(笑)
それでも他のお母さんを参考にしたりしながら、何とか頑張ってます。

ところで、歩けない娘に外遊びって必要でしょうか?
今は市が開放している室内の遊び場にほぼ毎日連れていってるので、
他の子と接触する機会はあるんですが
この間育児相談を受けた先生に、外でお砂をさわらせるのも大事な経験だから・・・
と言われました。
でも、いざお砂場へ連れて行っても砂いじりするわけでもなく、
ただじーっと座っているだけなんで
私が無理矢理遊具にのっけてやるくらいしかできないんです。
周りは歩ける子ばかりなんで何だか気まずいし。
室内だと楽しそうに遊んでいるんですが・・・
外遊びって、発達の中で大切なものなんでしょうか?
(まぁ、公園ママさん達との付き合いが面倒っていう私の身勝手な
理由も含まれてるんですけど・・・ははは)


はじめましてー来年の幼稚園悩んでます 投稿者:エリナ  投稿日:12月14日(火)15時20分24秒

皆さん、はじめまして

お知り合いの方にここのHP紹介してもらい、早速質問しに来てしまいました(^^;
皆さんのお子さまの状態読んでいてすごくうちの娘と同じだぁって
思ってなんだか心強くなりました。

うちの娘はつい最近4歳の誕生日を迎えたばかりです。
1歳半検診で言葉の遅れを指摘され、その後ずーと週一でそういう子の集まってる
サークルに通ってました。
3歳になってうちの子も集団生活に慣らすためにも年少さんで幼稚園に行かせてあげたいって
思い、心理の先生や保健婦さんに紹介してもらって、公立の幼稚園で一クラスだけ障害児クラスが
あるのですが、そこなら少人数で先生3人つくから安心っていうことで、障害児クラスって言葉は
すごく抵抗ありましたが、今はそこに通わせてます。

先日発達相談の先生に診察してもらったのですが、軽度の自閉症と診断されました。
今までは単に言葉が遅いだけって思いこむようにしていたんですが、自閉症とはっきり言われてし
まうと、今までの不可解な行動、他の子と比べるとちょっと変わってるみたいな所すべて自閉症特有
の行動だったんだってショック受けてしまいました。 今の幼稚園は重度の障害の子が多く、先生もそういう子供に手がかかるのかうちの娘はほとんど 一人で遊んでます。外遊びもなく、隔離された中にいて、自分の事はなんでも一人でするので、今
のクラスはちょっと物足りな部分もあって来年は普通の健常者の子供達の中で生活させてあげたくて、
何件か幼稚園、保育園見学行きました。 自閉症の子や障害児クラスにいるっていうだけで、受け入れてもらえない保育園も数件ありました
が、今は2つ条件に合ったところ、そしてうちの娘の状態を理解してもらえた所を見つけたんですが、
どちらに決めていいにか迷ってます。 A保育園  家の近所で無認可の小さな保育園       普通の一戸建ての家を保育園にしてるのですごく狭く、児童は全部で50人近くで       先生三人のこじんまりとした小さな保育園。       ただ3人のうち一人の先生がかなり厳しいとの噂あって、その先生を怖がって保育園       行かなくなるおそれあり。 B幼稚園  家から少し離れているが、通園バスあり。       かなり大きい幼稚園で児童数もかなり多く、自由でのびのびした方針       外遊び中心で、子供のやりたいことをさせてあげて、強制したり無理矢理       何かをさせる事がないので人気あり。       ただ人数多くて先生もほとんど生徒と遊んでいなくて、ほったらかしな       印象があった。 今はこの二つのどちらかに迷ってます。 皆さんはどのような幼稚園、保育園に入れてますか? そして障害のある子供でも普通の幼稚園、保育園に入れてる方いますか? 私としては、先生の目の行き届く小さな保育園も気に入ってるんですが、でも のびのびと自由に遊べるB幼稚園も捨てがたいんです。 もう12月末だというのになかなか決まらなくてあせってます(^^; 現在の娘の状況 言葉は2言語はだいぶでているが、全然会話にはならない 私や主人にだけは要求を伝えるが、それ以外の人には何もしゃべらない。 なんでもおうむ返しの言葉ばかり 自分からは何も話しかけてこないし、まだ質問にも答えられない 「これは何?」「どうして?」というような疑問な言葉もなし 幼稚園の先生にも全然なつかなくて、特に厳しく怒られた先生にはおびえてしまって逃げてしまう 自分よりおとなしい、しゃべらない子ばかりの中にいるのでそういう子には自分から近寄って関わ
ろうとするが、近所の子や公園などで遊んでるよくしゃべる子にはおびえて、近寄って来られると
逃げてしまう。 人との関わりが出来なくて、一人で遊ぶことが好き 自分より出来ない子や小さい子の面倒をみるのが好きだが、自分が世話やかれると怒ってしまう パニックをおこしやすい 初めての場所、初めての人の所へ行くと不安がって遊べない。 こういう子供はどういう事を気にしたらいいのか、どういう風に幼稚園、保育園選びしたら いいのかいろいろ教えて下さい。 はじめての発言で長くなってしまってごめんなさい。 これからもよろしくお願いします。


いらっしゃいませ、エリナさん 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月14日(火)17時00分35秒

さっそく来て下さったんですね。(^^)
そう、知り合いの方、と言うのは、この私のことです。σ(^_^;)
私がご相談を受けたのですが、
皆様にお聞きした方が、きっとしっかりしたアドバイスを受けられるだろうと思って、
ここを紹介いたしました。
私からも、よろしくお願いいたしますね。(^^)

エリナさん。
横長〜な書き込みは、ここに初登場した人は、大抵やることなんです。
そう、この私も。(笑)
なので、わざわざ書き直さなくても大丈夫。
きっと、そのうち、地下潜伏中の優しいオーナー(=管理人のMさん)が
きちんと直してくださることでしょう。(爆笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


あまのじゃくな頑固オヤジ 投稿者:ひいろ  投稿日:12月14日(火)23時05分55秒

うちも今日幼稚園のクリスマス会だっだのですが・・・
ドラくんのクラスは障害児クラスなので、
クリスマスソングで傘を持ってクルクル回しながら踊るという事をやったらしいのですが・・・
この練習をはじめたら、ドラくん「こわい〜、こわい〜」と言って怒って逃げ回ったんだそうです。
当初は傘が恐いのかと思い、自宅に持ち帰ってみたら、家ではとても気に入って遊んでたんです。
でも、TVでやっていたクリスマスソングが流れた時に
すかさず傘を持たせたらすっこぐ困った顔をしたんです。
はは〜んとやっとそこで読めました。


ドラくんは人に強制されることが大っ嫌いなんです。そのうえお遊戯は大・大嫌い!!
音楽で乗って踊ったりジャンブするのは好きだけと、幼児番組の体操なんて最悪なんです。
(子供番組やビデオを食い入るように見てるなんて話はうらやましい限りで・・)
このところほめられると嬉しくてかなりの事が出来るようになったので
すっかり母は忘れていたのでした。

原因もわかり、さてどうしようかと思ったのですが
やはり毎日練習を始めると怒ってるらしく、無理やりやらせても逆効果だろういう事で
今年は大目にみていただきました。(でも、練習で終わると傘を持ってやってたりしてた様です)

今日の本番も怒っていたようです・・・真似っこ嫌いにも本当に困ったもんです。
でもこれは障害のせいじゃないような気もしてるんですよ。
私たち夫婦がどっちも真似っこが嫌いな気質だったりするんで・・・
今の段階ではよくわっかんなぁいです。

☆びーちまさん

>室内だと楽しそうに遊んでいるんですが・・・
>外遊びって、発達の中で大切なものなんでしょうか?

よく行く公園と室内とを比較して、室内のほうが動きが明らかにいいのなら
今はそちらをを中心に考えた方がいいのではないでしょうか?
特に今は冬なんですから、寒い中無理して行くことはないですよ。

でも、外遊びが大事というのはよくわかりますよ。
うちのドラは睡眠障害気味で、よく夜中に起きたりしてたんですが
外遊びを十分にさせると大丈夫だっだりしました。
お日さまの力ってやっばりすごいんですよ。
皮膚がんは恐いけど、強い身体の為には少しは陽の光を浴びないと・・・
それに、外っていろいろな刺激が多いですからね。
公園で動きか悪いというのは、多分刺激を受け止めとれられないんだと思いますよ。
焦らず、少しずつ馴らしていけばいいと思いますよ。


外遊び 投稿者:ウルトラの母  投稿日:12月14日(火)23時55分46秒

私もウルトラが歩けない頃はあんまり公園には行きませんでした。『汚れる事』が
何よりも嫌いだったので、砂には絶対触らなかったし。
長男がいなかったらきっと公園なんて行かなかったかも。そのころは鼻に栄養チューブも
入れていたし、いちいち説明するのも、同情されるのも、面倒くさかったから。

公園ママさん達の付き合いが苦になるというのは、やっぱり他の子達と比較してしまう
からですよね?
我が子の成長を我が子のペースに合わせて見守る気持ちになれるまでは、難しいですよね。
12時を少し過ぎた頃に公園に行けば、ほとんどの親子はお昼ご飯に帰ってしまっている
のでその時間に行ってみたらどうでしょう?
お昼を食べてからだと眠くなるようならば、小さなおにぎりを持っていってピクニック
気分を味わってくるとか、軽い間食に留めて出かけるとか工夫して。

子供が砂遊びに興味なくても、まずママが遊んでみましょう。何回か繰り返すうちに
『やってみようかな』と手を出すと思いますよ。
その子によっては、何日もかかるかもしれませんが。
大の大人が一人で砂遊びというのは、せいぜい5分か10分が限度ですけどね(笑)
滑り台も、子供を一人で乗せて滑らせるのではなく、ヒザに乗せて高いところから
一緒に滑ってあげる方がいいと思います。これもせいぜい3回が限度ですかね。

外遊びが発達の中で大切かどうかという質問の答えは『ハイ』なんでしょうね。
でもどうしてもできない場合だってあるし、それがなくては発達しないという事でも
ないような気がします。
私の住んでいる地域は、真冬は昼でも氷点下なんていう日もたまにあるくらいだから、
公園なんて人っ子一人いません。
家の中で『公園ごっこ』でもいいんじゃない? パパとママで毛布を持って子供を乗せ
ブランコごっことか、市販でお滑りジムとかもあるし。砂の代わりは何がいいかなぁ?
サラサラ感覚はパイプ枕の中身とか使えるよね。(プリン形を作るのは無理だけど)

あまり反応のない子に話しかけるのって、会話が空回りしちゃうとむなしかったり
照れたりしますよね。わかるわかる。
私、ワンちゃんと人間同様の会話をしている愛犬家の人(実家の両親だったりして)をみると、
スゴイなぁと思いますもん。あ、イヌと子供を同列に並べてるわけではないですよー。
長男の時なんて語りかけが本当に板についてませんでした。ダンナと近所のママに
語りかけして育ててもらったような記憶が・・・。


エリナさんへ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:12月15日(水)01時07分39秒

はじめまして! これから末永いお付き合いをしましょうねっ(・・と、また常連に引き込む)

A保育園、うちの兄が通っているところじゃないかと思ったくらいです。
無認可で園児は全部で60人強ですが、通常は先生が3人でそのうち一人がとても怖いという
のがむちゃくちゃそっくり! その先生を恐れてやめていく子がいるというのも。(大爆笑)
ウルトラは来年、そこへ年少から入ります。
発達が丸々1年以上遅れていようが、しゃべる事ができなくても泣く事で意思表示できれば
いいよって言って下さったので。(その一番怖い先生が)

A保育園とB幼稚園のどちらにしようかお悩みとのことですが、
どっちも決めがたいとしたら、私なら入園時にあんまりお金のかからない方を先に選びます。
入ってみてからしかわからない事もあるし、子供に合わないとわかって転園させたい時、
もったいないからー。(園指定の制服とかカバンとか厳しいと費用かさむでしょ)
兄の通う保育園は園指定のものがあまりないのでお試しのつもりで入園させます。
ウルトラは身障者手帳保持者の病児でもあるので、認可されてる保育園にすれば加配も
つけられるし別のところを探そうとも思ったんですが、兄弟一緒というのは捨てがたいし、
いざとなったら転園させればいいや・・・という気持ちで入園申し込みしました。
(長男の時も合わなきゃやめればいいと考えて入園させましたが、ちゃんと続いてます)

少人数の方が先生の目が行き渡るかというと、そうでもないですよ。
短い時間の中で先生は連絡帳に目を通したり雑用をこなしたりするので、結構余裕ないです。
大規模の幼稚園の方は、たいてい先生が若くて未婚で実際の子育て経験なしの場合が多いので、
親と考え方がスレ違うという事も良く聞く話です。
どちらも一長一短ですよね。(だから難しいのよね)
あんまりアドバイスになってないですね、ごめんなさい。
でも選択の余地がないというより複数から選べるって方が幸せってもんじゃないですか。
ダメなら別もある・・という心の余裕は、たとえ壁にぶち当たってもそれを乗り越えようと
するパワーの源になると思います。

http://www.hello.co.jp/~say2000/


エリナさんへ その2 投稿者:こくっぱの母  投稿日:12月15日(水)12時34分12秒

ついこの間まで、悶々と悩んでいた母から、エラソーなアドバイスです。

 どんな所に通わせるにしても、「自閉症」について先生が正しい理解を
していないと、なかなか大変です。集団行動がほとんどできないので、規
律正しくしないといけない雰囲気のあるところはまず無理だと思います。
(例えば運動会が整然と執り行なわれるなんて所はまず不向きです)

◎ハカセ(長♂にもにっくねーむをつけてみました)の場合
会話ができるので、普通の保育所で「王様」として君臨しています。
もし、アスペルガーだという事を知らなければ、「しつけのできていない頑
固でわがままなヤツ」というところでしょうか。
先生方にもよーく話してありますので、何か指示する時にはかならず「フル
ネーム」で呼びかけて、具体的にお願いしますと頼んであります。たとえば、
「きれいにお片付けしましょう」ではなく、「○○君、ブロックを10個箱
に片づけてください」という具合です。
   ・・・抽象的な呼びかけや、指示にはものすごく弱いのです・・・

◎コクッパの場合
4才ですが、ほとんど会話は成立しません。
多動もひどく、加配の先生もついています。
担任の先生も、加配の先生も、講演会や勉強会にまで足を運んでくださり、
いい資料があったりすると、母の分までそろえて渡してくださったり、とに
かく感涙にむせぶほどのお世話をしてもらってます。
が、来年の4月からは療育施設へ転園予定です。
どんなによくしてもらっても、今のこくっぱには「普通」の保育所は無理だと
わかったからです。

自閉症でもいろいろです。
その子の程度や発達状況で、普通の子の刺激が必要なことも(ハカセはこのタ
イプ)、こくっぱの様に普通の子の刺激や数々の行事がパニックの原因になっ
て、かえって発達を阻害する事もあるんです。

普通とか、障害とかにこだわるのではなく、どこが一番楽しく過ごせるかを基
準に選ぶのがいいと思うのですが。もちろん「子どもにとって」です。


長過ぎる? 投稿者:megumi  投稿日:12月15日(水)13時01分09秒

昨夜、たくさん書き込んで、さあ送信と思ったら、サーバーメンテでつながらず、
あっと思ったら書いたものが消えてしまって、ふて寝しました。

<外遊び>
私はおとなしい子にこそ大切ではないかと思っています。
外に出たときに怯えてしまうのなら、
短時間で切り上げるべきだとは思いますが
な〜んにもしていないようでも、
お日様の光、風、鳥や虫の声、砂や芝生の感触……
何より視野が広いですもの。
季候がいいときに、母子二人でぼーっとするのもたまには必要じゃですか。

砂を触ったり、抱っこしての滑り台やぶらんこはそのまま感覚統合訓練です。
少年は4歳の時にブランコに乗れませんでした。
抱っこしていても、すぐに怖がっておりたがるし、
一人で乗るときは手を離したら落ちると言うことを忘れるので、危なくて。

園に行って、ハンモックやいろんな揺れる教具でバランス感覚などを鍛えて
ブランコも楽しめるようになって、そういうことを通して
自分の体を「自分」がコントロールできるようになったと思います。
自分の体がコントロールできないから、いろんな日常の動作も難しいと
思えば、出来るだけ様々な経験をした方がいいのかな〜と思っています。

今、うちの課題は「水泳」なのです。
浮き輪があっても、足を離して「ふらふら浮かぶ」のが怖くて。

人付き合いが面倒なら、他に人のいない公園がきっとどこかにあります。
私は他の子とトラブルのが嫌で、放浪しました。(^^ゞ
ベビーカーでお散歩するだけでも、ずっと室内にいるよりは経験が広がるでしょう。

<集団参加>
「軽度の自閉症」という診断がついたのなら、もうこっちのもんですよ。
必要な援助の方向がはっきりしたと言うことで、喜んじゃいましょう。
で、どちらの集団がよいかということは、それぞれの先生方が
「自閉症に必要な援助の方法」を受け入れる気があるかどうかということです。

自閉症は親の養育態度のせいだと思い込んでいる方はもうお話にもなりませんが
「脳の機能不全」だと頭ではわかっていても、自閉症者独特の認知の方法を探ることはせず
経験のみにたよって、柔軟に対応できない先生は子どもの状態を悪化させます。

「自閉症なら、経験がありますよ!」という先生にも要注意。
自閉の子は十人十色。以前成功したやり方が今度通用するとは限りません。

だから、親と一緒になってその子にいい方法を考えてくれそうな先生のところがいいと思います。
その「厳しい先生」がプロ意識の強い人で、しかも子どもを「見る」力のある人なら
強力な味方になるでしょう。
でも、親の話をいやがって「口出ししないで任せて下さい」ばかりの独善的な頑固者なら、最悪。
事前によく相談してみると良いでしょう。

<お遊戯>
園に入ったときにみんなでやっていたのは、ポンキッキの「どすこい」でした。
少年はうちでいつも見ていて、私と一緒にやっていたから、
自信を持ってできました。円の中心で「きっきっき♪」
ところが「あんぱんマン体操」に変わったら断固拒否。
滑り台の上から眺める人になって、降りてきませんでした。
「朝の体操はしない」と決めてしまって数ヶ月。
どうやらみんながバラバラの方向を向いて
バラバラ動いているのが不快な様子だったので
みんなが見えない方向を向かせて、私一人の「超テンションの高い動き」(^_^;)を見せながら
真似させてみました。「しない」と決めていることをさせるのは大変でしたが
大勢の中途半端な動きを見ているよりはマシでした。
二人並んでガラス窓に映して、自分の動きを確認しながら体操したこともありました。
そうしているうちに徐々に参加できるようになりました。

http://village.infoweb.ne.jp/~tinker/


療育、保育、教育関係のみなさまへ 投稿者:M  投稿日:12月15日(水)21時41分50秒

>こくっぱはちゃんとした?障害児なので、少なくとも保育所や学校ではそれなりに
>配慮してもらえるのですが、長♂はもっと悲惨。親が口をすっぱくしていい歩かな
>いと、アスペルガーは理解してもらえそうにありません。

>「軽度の自閉症」という診断がついたのなら、もうこっちのもんですよ。
>必要な援助の方向がはっきりしたと言うことで、喜んじゃいましょう。

  ここまで強い母さん方の声を聞いたら、血が騒ぐ人いるでしょう?
  
 
>それぞれの先生方が
>「自閉症に必要な援助の方法」を受け入れる気があるかどうかということです。
>「脳の機能不全」だと頭ではわかっていても、自閉症者独特の認知の方法を探ることは
>せず経験のみにたよって、柔軟に対応できない先生は子どもの状態を悪化させます。

>「自閉症なら、経験がありますよ!」という先生にも要注意。
>自閉の子は十人十色。以前成功したやり方が今度通用するとは限りません。

>だから、親と一緒になってその子にいい方法を考えてくれそうな先生のところがいいと
>思います。
>親の話をいやがって「口出ししないで任せて下さい」ばかりの独善的な頑固者なら、最
>悪。

 
  ドキッ、ギクッ・・・。
  ははは、でも、言い得て妙。
  返すことばはないですよねェ・・・指導者の皆様。
 
  ここの掲示板って、
  大リーグ養成ギブスならぬ、指導者の養成ギブスの役割も果たせそう・・ねぇ。
  
 
>な〜んにもしていないようでも、
>お日様の光、風、鳥や虫の声、砂や芝生の感触……
>何より視野が広いですもの。
>砂を触ったり、抱っこしての滑り台やぶらんこはそのまま感覚統合訓練です

>自閉症でもいろいろです。
>その子の程度や発達状況で、普通の子の刺激が必要なことも(ハカセはこのタ
>イプ)、こくっぱの様に普通の子の刺激や数々の行事がパニックの原因になっ
>て、かえって発達を阻害する事もあるんです。

  ふんふん、なるほど、なるほど。

  この頃すっかり無口になったMでした。
        だって、何も付け加える事がない・・。A^^;


外遊びも大切なんですね。 投稿者:びーちま  投稿日:12月15日(水)23時40分58秒

ウルトラの母さん、ひいろさん、megumiさん、レスありがとうございました。
お砂遊びも立派な「訓練」だったんですかー。知りませんでした。
ホント、この掲示板は勉強になりますね。
娘の「チマチマ」は、室内用のブランコや、ハイハイの赤ちゃん用の
小さな滑り台はOKなんですが
私が抱っこして公園のブランコに乗るとどうも嫌がります。
揺れるのが恐いというより、私の抱き方に問題があるような・・・
だって、子供抱っこしながらブランコこぐのって、結構難しくありません?
(え、私だけ!?)
滑り台も、まだ抱っこして滑ったことはないです。早速試してみようと思います。
でも、子供抱いて滑り台の階段上るのって恐いなぁ〜。(それも私だけ!?)
私って、ハンパじゃない運動音痴なのですよぉ。
体育の通信簿はいっつも「2」。「1」とっちゃったこともあるし・・・
実は私も、感覚統合訓練が必要な人間だったんでしょうねー。
遺伝とはオソロシイ!!


レスありがとうございます 投稿者:エリナ  投稿日:12月16日(木)00時10分07秒

先ほどレスを書いてアップしようと
したのですがエラーが出てしまい、
消えてしまいました(涙)

ウルトラの母さん、くこっぱの母さん、megumiさん、
レスありがとうございます。

今日もB幼稚園の園長先生といろいろ話してきました。
障害児を多く受け入れていたようで、
かなり自信ありって感じでした。

ただ2つの園で共通してるのは、
軽度の自閉症なので、こうしてほしいとかの
要求をあまり真剣には聞いてもらえなかった
のがちょっと気にはなります。

でもうちの娘を見て、大丈夫って言ってくれた
2つの園はやはりありがたい存在です。

今の幼稚園の担任の先生は私たちはベテラン
なので幼稚園の事は口出ししないで下さい
って言われて、もっと外遊びさせてあげてほしい
とお願いしても断られました。

今回はそういう思いをしたくないなぁって感じました。
B幼稚園の園長先生はどちらかといえば、
今のクラスの先生に近い考えのような気がします。
でも実際は現場で教育する担任の先生にも
お話したかったのですが、まだ誰が担任に
なるか決まってないとの事で、話しできませんでした。

確かに先生によっても子供の幼稚園生活って左右されますよね。

くこっぱの母さん、クコッパくん療育施設へ転園されるんですね。
娘も今の障害児クラスにいる方が本当はいいのでは?って
すごく悩みました。
でも普通の集団の中に入れてみたいって思いも強くて、
今も大勢の集団の中でパニックおこさないか、
すごく不安でもあります。
でも入れてみないとわからない事もありますよね。

ウルトラの母さんも言っていたように、
いつでもなんかあったら転園させる気分で
考えたら少し気分も楽になりました。

いろいろアドバイスありがとうございました。
今は2つの園に願書と入学金払ってあるので、
もう少し調べて決めていきたいと思います。

ここの掲示板と出会えて本当によかったです。
これからもよろしくお願いします。




わざわざ書き込む事でもないような・・・ 投稿者:こくっぱの母  投稿日:12月16日(木)18時01分27秒

 びーぢまさんへ

 こどもを抱いたままぶらんこに乗る・・・私なんて3人一度に抱いて漕いでしまうぞ!
 自慢してる場合じゃないですねえ。
 こどもと向かい合って、抱きしめて乗るとこどもの表情もよくわかるし、結構楽です。
 ちいさい時しかできないけど。
 ただし、母の腹筋が鍛えられます。

 ウルトラの母さんもおっしゃってましたが、大きめのバスタオルに子どもを乗せて、大人ふたり
でゆっくりゆすってあげる。これも、子どもの表情をしっかり見ながら、あまり顔がひきつるよう
ならすこしづつね。
 ちなみにこくっぱは、放り投げてもらうのが好きで、大人が4人掛かりで「わっしょい」と胴上
げしてます。現在18`。こうして母の腕力は鍛えられるのです。

 滑り台、母さんがこわいのなら、無理矢理することもないのでは。多分母の恐怖は子どもにも伝
わると思うので。

 ちなみに、我が家の近所には「ゲートボール場」はあっても、公園はありません。小学校や保育
所にしか滑り台やぶらんこはありませんが、普段は田んぼのあぜを滑り降りたり、坂道をころがっ
たりして、野生の猿のように遊んでおります。
 


はじめまして 投稿者:aya  投稿日:12月16日(木)19時25分21秒

 初めて、拝見させていただきました。
 現在、明らかにADHDと思われる4年生の児童を担任しています。
いろいろな本を読み、指導にあたり、
最近では大変落ち着いてきたのですが、
落ち着いてくればきたで、
周りの児童が、「やればできるじゃないか」
という見方で、要求を高くしてきました。
そんなことが2週間ばかり続き、
現在、もとの落ち着かない様子に
戻ってしまった状態です。
途方にくれています。
何か指導方があれば、教えて下さい。
お願いします。


ひょっとして・・・ 投稿者:びーちま  投稿日:12月16日(木)20時42分45秒

こくっぱの母さんのメールの題名「わざわざ書き込むことでもないような・・・」
つて、ひょっとして私の文章のことを指してますか?
もしそうだったらスイマセン!
新参者で、掲示板の主旨をイマイチよく理解してないもので・・・
失礼しました〜〜!


あら、やだ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:12月16日(木)21時19分13秒

私、『ぴーちま』さんだとばかり思っていたんだけど、もしかして『びーちま』さん
だったの!?
ごめんなさーい。目、悪いもんで。
失礼しましたー。

それから、こくっぱの母さんの「わざわざ・・・」というのは、
そういう意味(どういう意味?)ではないのでご安心を。(笑)

それにしも、この掲示板に主旨なんてありましたっけ? Mさん?


ayaさんこんにちは 投稿者:M  投稿日:12月16日(木)21時30分46秒

>現在、明らかにADHDと思われる4年生の児童を担任しています。

 わたしは公立小学校のことばの教室の担当ですが、うちの教室にも、
 何人かADHDやLD児と思われる子が来ています。(診断を受けて来た
 子も受けていない子もいますが。)

 在籍学級の先生方とも連絡を取らせてもらっていますが、どの子も
 うちの教室とクラスでの様子に雲泥の差があり、
 様々な刺激要素が交錯するクラスでのあの子たちの戸惑いの根深さ
 を思い知らされます。
         色々とクラスでのトラブルを聞く事もありますが、
        「え? あの子に限って・・・まさか・・・。」
         って思いをいつも持ってしまいます。!(^-^;)

 私も勉強中の身なので・・・、
 ”これ”という即効策を持っているわけではないですが、
 ADHDのページにクラスでの配慮事項や個別指導について一般的な事を
 少し書いています。後は、一人ひとりと向き合う中で、個別に考えて
 いくことが必要ですよね。
 
 また、
 必要なら、情緒やことばの教室の通級指導をすすめてみられたらどう
 でしょうか。個別指導の場では、本当に集中して学習に取り組め、
 「自分」を見つめることもできる子たちです。
 その自信や成就感がクラスでの「自分」を考え直す機会も与えてくれ
 る筈です。個別のソシャルスキルトレーニングも必要ですよね。
 下のURLのえじそんくらぶは、もうのぞかれましたか? 

http://www.e-club.gr.jp/index.html


おすすめ 投稿者:M  投稿日:12月16日(木)22時08分56秒

>それから、こくっぱの母さんの「わざわざ・・・」というのは、
>そういう意味(どういう意味?)ではないのでご安心を。(笑)

 はい、勿論、勿論。

 ところで、こくっぱの母さ〜〜ん
>わざわざ書き込む事でもないような・・・ 
 
 って、新宿二丁目店の売れっ子がそんな弱気の発言をしないように。
 母さんの話し、何でも聞きたいよぅ。
 あこがれよねぇ、本物の自然流の生き方。      
 

>それにしも、この掲示板に主旨なんてありましたっけ? Mさん?

 一度、主旨について真剣に討論したことありましたよねぇ。 
 え〜っと、ジャ○ーズからどこまでだっけ? 東海林○郎?
                   < だれやねん、それ・・。<A^^;
 
 知りたい人は是非ぜひ過去ログをご覧下さいませぇ。
 いやいや、まじで。
 ここの掲示板の母さんたちの発言、読み返したらそれだけで勉強になりますよ。
 これ、指導者の皆さん方に特におススメです。


こくっぱの母さん、名前間違えてました 投稿者:エリナ  投稿日:12月16日(木)22時29分05秒

ごめんなさい。

私昨日のレスでこくっぱの母さんのお名前
間違えてしまいました。
大変失礼しました。

それと二重投稿直していただいてありがとうございました。

本当に間違い多くてすみませんでした。


寝る前に一言 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月17日(金)01時14分04秒

子どもを寝かしつけていて、こっちまで一眠りしちゃったもんだから、
まだ起きています。(^_^;)
ここを読んで、そのまま寝ようかとも思ったのだけど、やっぱりちょっと一言・・・

○びーちまさんへ
>こくっぱの母さんのメールの題名「わざわざ書き込むことでもないような・・・」
>つて、ひょっとして私の文章のことを指してますか?

違いま〜す♪ 全然違いま〜す♪♪
ウルトラの母さんやMさんも書いてますけど、そんなこと絶対にないんですよ〜。(^^)
(こくっぱ母さんとつきあいの長い人間には分かるの・・・笑)

こくっぱ母さんは「わざわざ書くような、すばらしい方法というわけではないのだけど」
と前置きして、ブランコや滑り台の乗り方をアドバイスしているんです。
でも、このアドバイス、私もよいなぁ、と思いました。(^^)
お母さんと抱き合う形でブランコ、確かに落ち着くことが多いかも。
滑り台は、足腰のしっかりしていない子どもを抱いて上まで上るのは、確かに恐怖。
(私も覚えがあります。私は高所恐怖症じゃないのにね)
だから、お母さん自身が怖い、と思うときには、無理にやる必要はないですよ。
滑り台の滑る部分の、低い位置に、子どもを置いてやって、
ほんの30センチでも50センチでも滑らせてみては?
そうやって慣れていけば、だんだん、もっと高いところからでも平気になるかも。

どんな相談だって、悩んでいる本人にはとても大事なこと。
お母さんにとって大事なことなら、子どもにもやっぱり大事なこと。
だから、どんなことでも、書いてみると良いと思います。
きっと、解決の糸口が見つかるから・・・
一緒にがんばっていきましょう、びーちまさん。(^_-)-☆

・・・おっと、「がんばって」は禁句でしたっけか?(爆笑)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/

掲示板過去ログ案内に戻る