1999年12月その3/4
そうなんです!! 投稿者:megumi  投稿日:12月17日(金)11時11分05秒

>うちの教室とクラスでの様子に雲泥の差があり、
>様々な刺激要素が交錯するクラスでのあの子たちの戸惑いの根深さ
>を思い知らされます。
>色々とクラスでのトラブルを聞く事もありますが、
>え? あの子に限って・・・まさか・・・。」
>って思いをいつも持ってしまいます。!(^-^;)

条件によってまさに「豹変」しますよね。
それが本人の体調の時もあれば、天気・天候のこともあるから、
子どもの抱えている問題や辛さを、ちらっと見た人がわからないのは無理もない。

「その人」がそばにいるだけで(視界に入っているだけで)、
かえって荒れることもあります。
もちろん逆のことも。

よく知らない人は、「相手を見ている」と思いがちですが、
彼らはわざとやっている訳じゃないのです。
自分でもどうしようもなく「そうなってしまう」のです。
たぶん、センサーが勝手に反応してしまうのでしょう。
切ないことです。


療育保育での母親の関わり方について教えてください。 投稿者:  投稿日:12月17日(金)13時44分46秒

 こんにちは。 療育保育での母親の関わり方について教えてください。

 2才7ヶ月の娘は、療育保育(母子同伴)に通って4ヶ月目になりました。入園当初は、
母親が横にずっとついていなければいけないような緊張状態でしたが、今では緊張が取れ
て園にも保育士の方にもなれ、通園の日を楽しみにしています。お気に入りの先生が1人
出来まして、その方には抱きついたり、自分から遊びにさそったりして、私から離れて遊
べるようになりました。  そこで質問ですが、娘が離れて保育士の方と一緒にいる場合、もう保育士の方におまか
せしてしまって、親は遠くから見守るようなかたちでいいんでしょうか? 保育士の方が
さそってくれて一緒にトイレにいったり、手を洗ったり、靴を履いたりした場合等、どこ
まで手をだせばよいのやら、ちょっと戸惑っています。 また、遊具の取り合いがあった時などもおまかせしてしまっていいのでしょうか? 保育
士の方から娘に取り合いの指導が入った場合、自分が使えないと私のところに訴えにやっ
てきますが、この時どうすればいいものなんでしょうか?   先輩ママさん、ぜひ教えてください。よろしくお願い致します。 


療育保育の利用法・・・?  投稿者:こくっぱの母  投稿日:12月17日(金)14時50分14秒

 すみませ〜ん。「わざわざ・・・」ていうのは、子どもと向き合ってぶらんこに乗るなんて、
「誰でもやってる事だろうなあ」と思ってたもので・・・もしかして私だけでした?

司さんへ
 うちも「母子同伴」で通ってますが、母も勉強するためだと聞かされております。
つまり、「療育は24時間必要なので療育の仕方を現場で学び、家庭でも活かすためだ」と言う事
です。要するに「ここでやってるように、家でもやってみなさい」という事ですよね?
(ほんとにこれで、あってるんだろうか・・・)

 で、私の場合「子どもの世話をするために通っているわけではないんだ」と開き直り、母からこ
くっぱが離れている時は、一部始終「観察」してます。で、聞きたい事はできるだけ先生に質問す
る。だって、片道一時間もかけて通ってるんですよ。なんかしてないともったいなくて。
 もっとも、こくっぱは逃亡する事が多くて、半分は別の場所で母とふたりで遊んでいますが。

やっぱり、わざわざ通ってるんだから、その場でプロに聞くのが一番得策ではないかと・・・。
で、まかせるのではなく「保育士ならどうするのかな」という視点で観察すると、いろいろ発見
があると思います。ちょっと離れて我が子の姿も観察できるし・・・。

 あれ・・・私って、観察好きの人間?


こくっぱの母さんっていつも鋭い。 投稿者:ちびくまママ  投稿日:12月17日(金)16時06分34秒

やっとクリスマスカード出したので、ネットができます。

●外遊び
自閉症児のちびくまは、子供の大勢いるところにいることが
できませんでした。でも、その頃はダンナが単身赴任中で
母子家庭だったので、「狭い家のなかで24時間2人でべったりでは
どちらの精神衛生にもよくない」と思い、機会を見つけては
外に出るようにしました。

スーパーでお弁当を買って、芝生の上で食べるだけ、とかベビーカーを
押してお散歩、とか、人気のない公園で、ブランコ、シーソー、すべり台・・・。
前向きをやはり怖がったので、向かい合って抱き合って乗ってましたね。
(そのほうが怖くないか?と思うんですが(^^;; )
「発達に必要だから遊ばせなければ」と思うと、おっくうになります。
「ちょっと外の空気を吸いに・・・」と思えば楽ちん。
あとは、子供の体調とご機嫌、ママの体調とご機嫌との相談ではないかしら。

●保育士さん
母子通園施設でもないのに、事実上母子通園している私ですが、教室内では
原則として息子のことはお任せするようにしています。そして、息子の反応が
良い時はそのテクを盗み、反応が悪いときは原因を考えたり、自分なりの考えを
後でインプットしています。今の先生はそれを生かしつつ、さらにそれを発展
させてくれる人なのでラッキーしてます。

でも、どんどん親に関わってもらって、話し合いながらアプローチを考えよう、と
いうタイプの人と、自分はプロだから、シロートに指図はされたくない、私の
やり方を覚えなさい、というタイプの人がいるので、一概には言えません。
親の立場から言うと、前者のほうがやりやすいですよね。後者は、なるほど、と
思える場合はそれもよし、でも反面教師にしかならないこともあります(^^;; 。

「こういう場面ではどう対応すればいいのか」も先生によって考え方が
違うので、こくっぱの母さんの言われるように、まず訊ねてみる、というのが
はじめのような気がします。そこから対話と意見交換につなげてくれる
先生だと、もっとウレシイ(笑)。

行政サービスは「お世話になる」ものではなく、「利用するもの」です。
まあ、相手も人間だから、表面上は「お世話になります。教えていただきます」と
いう姿勢を見せながら、お腹の中では「住民税のもととってやる〜」くらいの
気持ちでいてもいいのではないでしょうか(笑)。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/


勘違いしちゃってすみません! 投稿者:びーちま  投稿日:12月17日(金)16時33分02秒

何だか私の勘違いでお騒がせしてごめんなさい・・・
(特にこくっぱの母さん、すみませんでした!)
チマチマはまだ赤ちゃんに毛が生えたような状態なんで
どうしても皆さんと話題がずれちゃうと思うんですが、
よかったらこれからもちょこっとだけ仲間にいれてくださいませ・・・

ところで、数々のありがた〜いアドバイスを胸に
今日さっそく公園に行ってきました!
ブランコも滑り台も、やってみたら意外と楽勝でした♪
ただ、チマチマはどうもブランコは好きじゃないみたい。
抱き合う形で乗っても、すぐ降りようとしちゃうんです。
私が一人でこいで見せてあげるとキャ〜キャ〜大はしゃぎして
喜ぶんですけど・・・
身動きできないのが窮屈なのかなぁ??(うぅ〜訳わからん!)
お砂の方は、慣れてきてさわって遊べるようになりました。
もちろん、お山作りなんかは無理ですけど。
まぁ、砂遊びも滑り台もブランコも、少しずつ慣らしていくことが
大事なんでしょうねー。またちょくちょく行ってみます。

そうそう、ウルトラの母さん、私が行ってる公園はランチ持参の
ママが主流で、昼すぎから混み始めるのですよ。
珍しいですよねー。
だから家の近所のだ〜れもいない公園にいくことにしました。
その方が気疲れしないので。
でも、親子二人でほそぼそと遊んでる光景って、他人から見たら結構
哀れを誘っちゃうのかなーー?

こくっぱの母さんのお住まいのところは、
自然の遊び場が家の近くにいっぱいあっていいですねー。
公園デビューの気苦労なんてないんですもんね。羨ましい!!
考えてみたら、たかが子供の外遊びにどーしてこんなに親が神経を
すり減らさなきゃならないんでしょ・・・つくづく子育てしにくい世の中ですねぇ。

おっと、話がずれちゃいましたね。スイマセン。
とりあえず、頑張って外遊びしたぞ!の巻でした♪


大きい公園なんだぁ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:12月17日(金)17時49分56秒

>私が行ってる公園はランチ持参のママが主流で、昼すぎから混み始めるのですよ。

遊具の種類が豊富である程度の広さがあると、育児サークルのピクニックなんかやりますよね。
自己中心的な脳みそを持つ私は、うちの近所の『三角公園』を想像してました。
滑り台と砂場と鉄棒と丸いプランコがあるだけ。
そこはランチ持参する人がいたら白い目で見られそうなくらい、狭いんです。しかも三角。
時々お昼に親子二人で遊んでいる姿も見ますが、哀れっぽくは見えませんよ。
「こんなお昼まで子供に付き合ってあげて、なんて偉いんだろ」
とは思ったりしますが。

チマチマちゃん、ママがブランコに乗っているのを見るのが好きなのね。
キャーキャー大喜びしてくれるのなら、大成功ですね。
「何やってんの?」ってシラけた顔されなくて良かったね。(私はされました・・)


母子通園って、疲れますね 投稿者:megumi  投稿日:12月18日(土)00時31分45秒

司さん、はじめまして♪
4か月というと、暑い盛りから大変だったでしょう。
子供さんも環境の変化になれてよかったですね。

私も皆さんと同じ意見です。自分がどう動けばいいかわかりにくいときは
どんどん聞いていいと思いますよ。
どういうタイプのお子さんかわからないので、具体的なことは難しいですが、
お母さんとの意志の疎通がしっかり出来ていて、
母親以外の人との関係を作る段階に来ているのなら、
存在感を消して観察に徹する方がいい場合もありますしね。

>行政サービスは「お世話になる」ものではなく、「利用するもの」です。
>まあ、相手も人間だから、表面上は「お世話になります。教えていただきます」と
>いう姿勢を見せながら、お腹の中では「住民税のもととってやる〜」くらいの
>気持ちでいてもいいのではないでしょうか(笑)。
まったく同感。うちは本人の措置費+下の子の保育料もはらっていたから、
絶対に元を取ってやろうと思っていました。
でも、園にある教具だけでも自分で買えば「ン万円」する事も知っていたし、
園の先生の知識と経験と熱意を私の元気のもとにすることもできたので、
元を取ってお釣りが来たように感じてます。
園にいる間に集中するぶん、家に帰ったら意識的にのんびりしないと持たないから
あまりがんばりすぎないで、息抜きもして下さいね。e(^。^)g_ファイト!!

びーちまさん、早速、公園いったの〜!?楽しかったみたいでよかったです。(*^_^*)
ブランコ、たぶん、揺れるのが怖いのだと思いますよ。
うちもずっと嫌がって抱いて揺れているのも危ないくらいだった。

で、園ではこんなやり方をしていました。
無理のない程度に揺らしながら、「いーち、にーい、さーん、……」と
数えてやると、そのうち、「じゅう!」までで終わることがわかってくるから、
その間だけは耐えていられるようになってきます。
平気そうな様子になっても、しばらくは10数える間でやめるようにします。
揺らし方を少しずつ大きくしたりしながら。
きっとだんだん楽しそうになってきますよ。
がんばらせるときは、必ず見通しが立つ(終わるがわかる)ようにしてやると
不安が募りにくいと思います。

あ、それから親子二人でいる方が幸せってこともあるでしょう。
大勢でいても、窮屈な思いしたり、嫉妬したり、
結構みんな自分を押し殺してたりするんじゃないの?
たしかに協調性は大切かも知れないけれど
貴重な「二人で遊べる時期」なんだから、気にしないでのんびりいきましょ。

>何やってんの?」ってシラけた顔されなくて良かったね。(私はされました・・)
あはははは。そうそう。少年と遊ぼうと思って私が何かしても、知らんぷり。
他の子がわらわら寄ってきて、公園の保母さん状態になることもしょっちゅう。
それで、せめてそれを少年が見ていてくれたら、まだいいのですが、
「お砂サラサラ」とか、「脱走」とかだもの。

え、他のお母さん? お喋りに夢中だったわよ。あはははは、はぁ。


幼稚園決まりました 投稿者:エリナ  投稿日:12月18日(土)01時08分32秒

この前、ここでA保育園にするかB幼稚園にするか
悩んでいましたが、皆さんのアドバイスの
おかげで、やっと決断しました。

小さい保育園は少人数で先生の目が
行き届くと勝手に思いこんでいましたが、
実際はそうでもないとの事と、A保育園の
方が躾に厳しいので、娘の事考えたら、好きな遊びを
させてもらえるB幼稚園の方が合っているのではないか
って考えました。
A保育園の一番厳しい先生(園長先生)とも話ししてきましたが、
娘の様子を見る限りでは心配ないですって言ってくれたんですが、
障害児を受け持った事があまりないそうで、途中で
ひどい状態になったら責任とれませんとの事でB幼稚園に
決めました。

ただB幼稚園は見学した印象が、自由といってもほったらかしで
遊ばせているってイメージがあったのと連絡帳がないって
聞いていたので、その辺をもう一度確認しました。

特に障害のある子は担任だけではなく職員すべてがちゃんと
見てますから心配ないですって言ってもらえたのと、
連絡帳は基本的にはないけど、どうしても気になる事や、
知りたいことはその都度、時間とって、話ししてくれるそうなので、
そういう面では安心できました。

ただ私としては、園長先生にどうしても娘の様子を詳しく
聞いてほしくて自閉症についての事、今までの娘の行動を
話したんですが、全然真剣に聞いてくれなくて、
以前にも、自閉症の子の親が、本とか、資料を持ってきて
うちの子はこういう所あるから気をつけて下さいって
言ってこられた人がいるっておしゃって、私にしたら、
それは親として当然のことだと思うし、私も同じ気持ちでしたが、
園長先生はそういう親御さんは、自分の子供しか頭になくて、
障害って事を利用してるっていう言い方をして未だにその
言葉がショックでした。
100パーセント気に入る園なんてないって思ってはいたけど、
なんだか心に重い荷物を背負ったような、ちょっと
苦しい選択でした。
後は担任の先生が理解のある人であってほしいって
願うだけです。

これでもう娘の入園式を待つだけなのですが、本来なら
楽しいはずの入園式も私には不安でしかなりません。
今まで通っていた幼稚園とはあきらかに違う場所で
きっとパニックになることは覚悟してるし、晴れの入園式で
本来なら希望に満ちあふれてるはずが恐怖と不安におびえ、
そういう姿を見るのはなんだかやりきれない心境です。
だからってずーと今の慣れた場所にだけいるわけにもいかず、
これは一生娘が自閉症と闘っていく試練なんでしょうね。

今からこんな暗いこと考えていては余計娘も不安になるかな(苦笑)

ちょっと愚痴っぽくなってしました。

ここの皆さん、とても前向きでバイタリティあって、
過去ログ読んでいても、とても勇気づけられました。

あ、今日は嬉しい事ありました。
いつも2言語だけだったんですが、

「クリスマスツリー自分で作ったんだ」

って言ったんです。それも方言つきで(笑)

今までは、クリスマスツリーを指さして、
「自分で作った」しか言えなかったのに
初めて会話を聞いた気がしました。


母子教室では 投稿者:ウルトラの母  投稿日:12月18日(土)09時26分10秒

私は「観察モード」に入っちゃうのです。
他のお母さん達が先生の真似をしてテンションを高めて子供の手や足を持って動かして
やったりしている中で、フッと気付くと私はボーッと先生を見つめているだけになっちゃって。
聾学校の教育方法は見方によっては「無理矢理」やらせるような所があって、
私も最初はウルトラの手を掴んで無理矢理手遊びの振り付けをやらせたりしてましたが、
もの凄い力で身体を固くするので、やめました。
私一人で踊ってます。悲しいわぁ。
でも家に戻って踊ってやると喜ぶしリラックスしてるからウルトラも照れた顔しながら
踊るしね。
こんな私を先生は真剣に取り組んでいない母親と心配しているかもしれないけど、ま、いっか。

「私に任せなさい」というのはちょっと苦手。あまのじゃくだからかな。
母親をいい気にさせて実は手のひらで踊らせてる・・・という先生、どこかにいませんか?

http://hello.co.jp/~say2000/


幼稚園 投稿者:ウルトラの母  投稿日:12月18日(土)09時51分25秒

とりあえず決定して良かったですね、エリナさん。
色々不安はあると思いますが、その都度対応してくれるというなら、安心してしまいましょうよ。

親にとっては唯一無二の我が子だから、当然、先生に全てを理解して欲しいと思いますよね。
私もウルトラの入園相談の時に、もっと話を聞いて欲しいのにぃ〜と思いましたが、
私達親だってその都度対応しながらここまで来たんだもの。
先生に最初から答えを見せておくよりは、やはりその場その場での最善策を考えながらの
方が、本当の意味で理解してもらえると思います。
だって子供は日々成長して行っているんだもの。今の状態がその時に通用するかは解らないし。

先生に理解してもらうよりも、他の園児の親に理解してもらうことの方が難しいし、
大切な事だと思います。
脅かすわけじゃないけど、色々な考え方の人がいますから、
「なんてあの子だけ特別なの」と思う人もいるだろうし、
誰だって自分の子が大切だから、
「あの子がいるからうちの子が迷惑被っている」と思う人も一人や二人はいると思うのです。
うちの子は障害があるからこうで、それは当然なんだ・・・・って顔していると誤解されたら、
結構厄介な事になると思うんですよ。
それが、園長先生の発言につながっていると思うのです。

>園長先生はそういう親御さんは、自分の子供しか頭になくて、
>障害って事を利用してるっていう言い方をして未だにその
>言葉がショックでした。

連絡帳が無いのは、先生の手を煩わせる雑用を減らして、その分子供に目を配る時間を
作っているのかも。
先生の人数が多い分だけ、必ず誰かが見ていて目こぼしがないのかも。
世の中自分の都合の良い方に良い方に考えましょうよ。

だから脳天気って言われるんだよね、私。

http://hello.co.jp/~say2000/


お久しぶりでちょっと恥ずかしい 投稿者:akagumi  投稿日:12月18日(土)23時15分46秒

>療育保育での母親の関わり方について教えてください。
>娘が離れて保育士の方と一緒にいる場合、もう保育士の方に
>おまかせしてしまって、親は遠くから見守るようなかたちで
>いいんでしょうか? 保育士の方がさそってくれて一緒に
>トイレにいったり、手を洗ったり、靴を履いたりした場合等、
>どこまで手をだせばよいのやら、ちょっと戸惑っています。
基本的には全部保育士にやらせていいでしょう。保育士の方も
自分と子供との関わりがお母さん達の教材(見本じゃないよ)
になるくらいの自覚が何○(kでもMでもGでもお好きに)バイトか
は持っているでしょうから。
療育保育の場にいる子供の側から見れば、
お母さんが関わったり、離れたりするというどっちつかずの状況が
もっとも混乱するので、心情的にはとてもつらいのですが、
「下手でも、なんでもここは任せよう。」という気持ちを
持っていて欲しいと思います。
我々の方が、「見てるお母さん方がつらくならないよう」に
いろいろな形で情報を伝えていくことが本義なのでしょうが、
これのできてないところが多いですね。
療育にかかわる方が何らかの根拠を持った上で、
関わっているかどうかにもよりますが。


まだ、なんか照れくさい 投稿者:akagumi  投稿日:12月18日(土)23時16分39秒

Akagumiはお母さん方にはあーしてこーして
(聞き手にはあーしろ、こーしろと聞こえるみたひ)と
細かく伝えています。
そして、その日の内に、それぞれの行動の意味とか、
「なぜ、あそこで○○してもらったか。
ここではどうして待ってもらったか。」を伝えるようにしています。
そして、お母さんの経験談や意見や感想も聞くようにしています。
>また、遊具の取り合いがあった時などもおまかせしてしまって
>いいのでしょうか? 保育士の方から娘に取り合いの指導が入った場合、
>自分が使えないと私のところに訴えにやってきますが、
>この時どうすればいいものなんでしょうか?
この時は、子供の状況にもよりますが、
スタンスとしては
「大丈夫。ここで見守ってあげるから先生の話を聞いておいで。」
という感じで戻してあげることでしょう。
お母さんのところから離れ、もめ事の中に戻るという
2重のストレスを子供は受けるわけですから
笑顔で接したり、抱き上げたりして
お母さんから離れがたくするのも酷ですし、
さっと目線を合わせるようにしゃがんで
立位を保たせる意味でも優しく肩を抱いてあげ、
すっと戻してあげるという
のでもよいかもしれません。
子供の方から、お母さんの方に引き返して
一瞬、エネルギーをもらって戻るという感じで
収まるといいですね。
助けを求めているわけだから
「取り合った事実」を注意するなんてことは
しないでね。(でも、これを求める療育者もいる・か・な)


こんなに入れてなに言ってんだか 投稿者:akagumi  投稿日:12月18日(土)23時17分45秒

>どんどん親に関わってもらって、話し合いながらアプローチを考えよう、と
>いうタイプの人と、自分はプロだから、シロートに指図はされたくない、私の
>やり方を覚えなさい、というタイプの人がいるので、一概には言えません。
>親の立場から言うと、前者のほうがやりやすいですよね。後者は、なるほど、と
>思える場合はそれもよし、でも反面教師にしかならないこともあります。
学研から出ている「実践障害児教育研究」という雑誌の11月号かな、
それにも異口同音のことが書いてありました。
Akagumiもずっとこのことがひっかかっているんです。
我々「センセ」ってのは、どうして
素直に親から意見を聞けないのでしょうか?
親の意見を聞き入れる精神的余裕がない。
しかもそれを悟られるのはプライドが許さない。
自分の今やっていることと、親の意見との共通点、相違点を
分析するほど、自分のやっていることに理論的根拠がない。
自分自身、今、子供への関わりがうまくいってないと自覚している
時、それを指摘されたような、ばつの悪さを隠すために
口出しを許さない「毅然とした」雰囲気を出して防衛している。
熱心な先生なら、「私ががんばらねば」という気負いが
そうでない輩も「一応、先生なんだし。」という薄っぺらいプライドが
あってさ....
でもそれを否定したら、教員なんてやってられないかもしれない。
子供の行動や反応が自分の指導のありようを鏡のように写し出すのを見ながら
「しまった、今の発声を拾っとくんだった。」
「関わりが後手後手に回ってる。あのアプローチから
ローリングストーン状態だよう。」
って心で悲鳴を上げています。
でも、子供への関わりがどんな作用をしているか
客観的に判断する材料はなかなか見当たらない。
結局は経験に頼らざるを得ないのかも...
でも経験を積んで、それに頼り始めると指導が流れちゃうんだよね。
「どうして、この教材を使うんだ。」「なぜ、この順番で提示するんだ。」
「子供に手がかりは与えているのか。」「対応の仕方は適切か?」etc.
自問自答していかないと、子供の伸びに助けられているだけの指導になってしまうから。


>「今日、ナイスな個別しましたか?」
>「へへへ、今日は土曜日。個別はありませんの。」


師走でなくても走っているよん 投稿者:akagumi  投稿日:12月18日(土)23時18分56秒

>ただ私としては、園長先生にどうしても娘の様子を詳しく
>聞いてほしくて自閉症についての事、今までの娘の行動を
>話したんですが、
こんなんしてくれたら、「助かりますぅ。」って思うけどね。
>全然真剣に聞いてくれなくて、
>以前にも、自閉症の子の親が、本とか、資料を持ってきて
>うちの子はこういう所あるから気をつけて下さいって
>言ってこられた人がいるっておしゃって、
>園長先生はそういう親御さんは、自分の子供しか頭になくて、
>障害って事を利用してるっていう言い方をして
エリナさんのログを読む限りでは
B幼稚園は障害児の受け入れには「自信をもっている」みたいですね。
その自信が言わせる文言でしょうね。
指導者が自信をもつのは悪くないけれど
「真剣に聞かないように」見せ
わざわざ「自分の子供しか頭になくて、障害って事を利用」などと
クシャンとなることを言って聞かせるなんて
大人げないことをわざわざするのには
なんか訳があるかも
ウルトラの母さんが推理するように
>誰だって自分の子が大切だから、
>「あの子がいるからうちの子が迷惑被っている」
>と思う人も一人や二人はいると思うのです。
B幼稚園ではそういう人が現実にいて
もめ事が起こったのかもしれません。
>うちの子は障害があるからこうで、
>それは当然なんだ・・・・って顔していると
>誤解されたら、
親からの情報提供ではなく
「うちの子にはこういう特別なサービスをして欲しい。」
という依頼を幼稚園側が受け入れたという形で
誤解され、すったもんだがあったかもしれません。
>結構厄介な事になると思うんですよ。
ひょっとかしたら
やっかいなこともあったのかもしれません。
表向きに依頼されると
他の子どもの手前、他の親御さんの手前
管理職の手前、同僚教師の手前
プラスアルファの配慮をしにくくなることも
あります。
池中玄太風に言えば、
「今、やろうと思ったのに、言っちゃうんだもんなあ。」
というところでしょうか?
とはいえ、エリナさんの情報提供は
子どもにとっても、園側にとっても、プラスに
なるわけですから、少しずつ
日常会話の中に盛り込んでいくと
よいかもしれません。
しかし、久しぶりに
カキコしたら、すごく多くなってしまいました。
完全復活にはほど遠いんですが
akagumiも少し持ち直したよん。


皆様、本当に有り難うございました。 投稿者:  投稿日:12月19日(日)05時15分42秒

 皆様、ご助言くださいまして、本当に有り難うございました。

 療育保育に通園が決まった際、「入園のしおり」という物を
いただいたのですが、そこに書かれてある
 ・保育計画〜母親との共同作業の「母子通所になじみ保育参加していく」
というところと、別のページにある
 ・母子通園のねらいの「遊びが子供の心身の成長発達に大切であることを
    知り、子供と一緒に楽しく遊ぶ」
という部分。あと、入園見学の際、言語療法士に「ここで、保育士の言葉の
かけかたや接し方をみて、お母さんも勉強されてください」と言われた事か
ら、母親も保育時間の中で、子供と関わって保育士の技術を盗み(?)実習
(?)してその場で実践にかえていくということかしら・・・などと勝手な
解釈をしてしまっていました。

 最近の連絡帳に週1書かれる園からのコメントや、保育士の行動などから
は、やんわりと「お母さんから離れて遊べるようになったようなので、後は
任せてください。お母さんは少し距離を置いて優しく見守ってあげてくださ
い」と確かに言われているように聞こえてました。
 娘は母子密着の強い環境で育てられたせいか、知らない大人や場所みしり
が激しく、このままでは集団生活が出来ないと言語療法士の方に言われてい
た状況が入園当初でした。
そこから、だいぶん緊張もとれ、特定の保育士には甘えたり、遊びにさそえ
る様になったのが現在の状況ですので、これからもっと娘の世界が広がる様
に母子分離(?)を加味した保育計画がたてられ実践されているのかなぁ?
とも思っていました。(看護計画の様に、個別に現状にそくした計画がたて
られ、実践→評価→再計画が行われていると勝手に思いこんでいます。素人
判断ですいません×××)
 いろいろな事で頭がカオス状態だったので、ご助言いただければと思い
カキコした次第です。
おかげさまで、今では頭がスッキリ・サッパリ!
私のコミュニケーション不足で、園と連携が深まってなかったのが一番の
原因だったようですね。

 皆様、本当に有り難うございました。


確かに…… 投稿者:megumi  投稿日:12月19日(日)08時40分53秒

障害があろうと無かろうと、親は自分の子どものことを守りたいものです。
それは当然のことで、「障害の上にあぐらをかく」ことのないようにいつも自戒しています。

その点でいえば、「障害児の親同士」の方が友好関係を保つのに労力がいる場合があります。
私は「いうべきことはいう」たちなので、
「言った者勝ちだわね〜」という視線をよく浴びますし、
子どもの状態がよいと「お宅はいいじゃない〜。うちなんて、**だし##だし〜」と
障害の等級比べをされてしまいます。

でも、親しか出来ないことってあるでしょう。
だから、やりますよ。言いますよ。
言わないとなにも変わっていかないから、
私が言うことで、自分の子だけでなく
他の大勢の子のためになるはずだと思っているから。

  >療育にかかわる方が何らかの根拠を持った上で、
  >関わっているかどうかにもよりますが。
     実際、親も感情だけじゃ説得力がない。
    「プロ」と協力体制を取るためには、自分で試行錯誤してみなければ……
     自分でろくにやってみもしないで、「先生、やって下さい」ではねぇ。
     
なんてことは、実際は口が裂けても言えません。

良い協力関係が取れたときには、親より先生の方がうれしいかもしれないなと
その関係の難しさを思います。障害のあるなしに関わらず。


いつもながらの駄文 投稿者:M  投稿日:12月19日(日)18時58分27秒

エリナさん
考えてみればここでは一度も挨拶をしていなかったような・・。
失礼しました。ここの皆さん、
鋭い洞察力、みんなを包み込む優しさ、他に流されない逞しさ。
お知り合いの玲さんだけでなく、ほんと「清く正しく美しく」ならぬ
「鋭く優しく逞しい」人ばかりでしょう。
     < へへへ、ちょっと○めすぎ?いや、メールを下さる指導者
       仲間もそう言って下さっているんですよぅ。

司さん、お久しぶりですね。あれからも、時々来て頂いていたのでしょうか。

他にもしばらくお顔(?)を見ない方も沢山おられますが、皆さんどうして
おられるのかなぁ・・。ちょっと気になる年の瀬です。

あら、
やっぱりGTO・akagumiさん節、いいなぁ。
相変わらずの全力失踪・・いや疾走。
せっかく こうやって親と指導者が集っているのだから、これからも互いに
楽しく、熱く、深く、強く、厳しく・・・ええっと・・・おいしく、たどたどしく、
前に進んで行く道を探って行きたいね。

      今日も意味のないひとり言をつぶやいて去って行くMであった。   


クリスマス会とショウ 続報 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月19日(日)23時25分52秒

#先週に引きつづき、今週もまたクリスマス会がありました。
 その時の、ショウの反応の様子・・・。
 また、うちのHPの「かわらばん」の転載なのですが、
 よろしかったら読んで下さい。(^_^;)

■「クリスマス会とショウ パート2」

今日の午前中、町の子育て広場のクリスマス会に、ショウと参加してきました。
こちらは、町の主催で行われるもので、
親やおばあちゃんたちに連れられた幼児が、活動の主体です。
私たちは、夏に一度参加したきりだったのですが、
福島の子育て支援センターでお世話になっているN先生がいらっしゃる、というので、
久しぶりに出てみたのでした。

同じ先生が準備したクリスマス会ですから、
予想通り、11日の子育てセンターのクリスマス会ととてもよく似た内容でした。
ハンドベルでのキャロル、大きな人形が歌に合わせて踊る人形劇、そして、手品。
集まった30人あまりの親子は、夢中で眺めていました。
そして・・・うちのショウも、にこにこしながら見ているじゃありませんか!(⌒▽⌒;
前回は、怖くて不安で、私の膝に突っ伏したまま、ほとんど顔も上げなかったのに。

会場が、前回のように暗くなかった、ということもあるかもしれません。
参加した人数も、前回の1/3程度と少なくて、居心地が良かったということもあるかもしれません。
でも、なによりも、彼の中に「クリスマス会」がどんなものか、というイメージが出来ていたので、
安心して見ていられたのだと思うのです。

こちらのクリスマス会でも、赤い服着たサンタクロースのおじいさん(おじさん?)が登場して、
子どもたちにプレゼントを配ったのですが、
今回はもうショウも、自分の希望するプレゼントはイブにもらうのだと理解していて、
「(こっちの)プレゼント、いらない」と言っていました。(^_^;)
でも、「プレゼントはお菓子みたいだよ」と教えたら、
とたんに「プレゼント、ちょーだい!」だって。(笑)

クリスマス会が終わってから「楽しかった?」と聞いてみたら、
今度は、元気な声で「たのしかった!」と答えが返ってきました。
子育てセンターのN先生のことも、違う場所で会ったのに、ちゃんと分かっていて、
2,3度そばまで顔を見に行って、先生を喜ばせていましたし。(^^)

行く末を憂えたり、成長を喜んだりの、今年のクリスマス会。
とにもかくにも、経験は数多く積ませた方が良い、という実証のようです。(*^_^*)


#・・・結局、ウルトラの母さんやぴっぴさんたちがおっしゃっていたとおり、
 前回は初体験のクリスマス会に不安を募らせていて、緊張のあまり楽しめなかった、というのが
 真相だったようです。
 何しろ、彼には、あらかじめ言葉でイメージを伝えようとしても、伝わりませんしね・・・。(^_^;)
 次のクリスマス会は大丈夫かな、と思ってはいたのですが、
 まさか、こんなに早く成果が出るとは考えてもいませんでした。
 この子の将来は・・・なんて、暗くなったのも忘れて、すっかり嬉しくなってしまった、
 単純な母σ(^_^;)でした。(笑)


http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


気持ちが楽になりました 投稿者:エリナ  投稿日:12月20日(月)18時55分46秒

皆さん、レスありがとうございました。

ウルトラの母さん、いつも暖かいレスありがとうございます。
あんなに気分が重く沈んでいたのに、考え方がかわるだけで、
気持ちもすっかり軽くなりました。

私自身すごく今度の幼稚園に対して、先生に対して、期待する部分が
大きすぎて、かなりあせっていたような気がしました。
先生にすべてわかってもらおうと力みすぎて、答えを求めすぎました。

子供って日々かわりますもんね。
その都度、話し合って解決していけばいいのであって今から、先の心配しても
何も始まらないですよね。
連絡帳の事もウルトラの母さんの言うとおりで、必要な時には直接先生に
話し聞くなどして、その分先生は大勢の子供達を見てるのかもしれませんね。
マイナスに考えるより、もっと私の方が園を信じていかないかぎり、
先生ともちゃんと向き合って行けないと感じました。

akagumiさんレスありがとうございました。

なんだか自分の子供の事ばかり考えてしまって、他の児童の親の
事を思うと先生にしてみたら、一概には答えを出せない状況でも
あるんですよね。
通園してみて、少しずつ娘の様子を見ながら先生と
コミニュケーションとっていきたいと思ってます。

やっと幼稚園決まってこれで安心して過ごせそうです。

Mさん、はじめまして
皆さんにレスもらう度に元気になっちゃいます。
玲さんにここの掲示板教えてもらわなかったら、今頃
一人で悩み続けていたと思います。

自分の娘が自閉症って診断されて、早3週間
診断される前はただの言葉の遅れしか思ってなかったので
一生懸命言葉かけして、ひたすら、娘にしゃべりかけてました。
それに対して無反応な娘の姿にまたひたすら話しかけて、
最後は、なんで返事しないの?なんでしゃべらないの?
って娘を責め続けてました。
知らない間に娘の心を傷つけていたんです。

もっと早く自閉症の事、こういうお母さん達の経験談、
専門の先生のお話聞ける場所に出会えてたらよかったって、
ここで私自身少し成長したような気がします。

もっとたくさん子供にもいろんな経験させたいし、
私も勉強していきたいです。

またいろいろ質問もするとは思いますが、よろしくお願いします。


付け足し 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月21日(火)09時29分20秒

「クリスマス会とショウ パート2」に書いたことに、ちょっと付けたし。

>とにもかくにも、経験は数多く積ませた方が良い、という実証のようです。(*^_^*)

経験を積ませる、と言っても、
特に自閉傾向の強い子どもには、経験の内容や量をコントロールしなくてはならないこともありますよね。
ただやみくもに経験を積ませたって、本人が混乱してしまったら、まずいわけですものね。
うちのショウも、前回のクリスマス会とかなり似ていた内容で、もっと居心地良いものを再体験したので、
2回目は混乱もなく体験できた、ということなのでしょう。
彼らには、ちょっと余分な配慮が必要なのですよね。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


発達性言語遅滞 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月21日(火)09時36分39秒

質問です。

発達性言語遅滞、というのは、ひとつの診断名なのでしょうか?
それとも、自閉症や自閉傾向、ADHDなどの症状のひとつとして捉えられているのでしょうか。
手元にある本などで見ていても、なんだか、そのあたりの区分があいまいなような気がして、
よく分かりません。

うちのショウが、発達性言語遅滞なのは、間違いないと思います。
ただ、それが発達相談の医師の言うようなADHDの中の一症状なのか、
それだけで独立した病名(症名)なのか。
1月にはまた発達相談会があるので、その時、正式にショウの症名を聞いてみようと思っているので、
そのための準備として、自分の中で、そのあたりを整理してみたいと思っているのです。

ホント、どうなのでしょうね?

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


はじめまして 投稿者:とら  投稿日:12月21日(火)16時04分30秒

東京在住で言葉を中心とした発達が遅い3歳2ヶ月の男子のパパです。(子供は一人です)
こちらをはじめ、ほとんどの国内の言葉の発達に関するページや皆さんのページを拝見させていただき
ヒントをもらったり、落ち込んだり、励まされたり、一喜一憂しております。
子供は現在、市の療育園に週3回通っております。
市の療育園ということも有って本格的な言葉の指導というよりは幼稚園の準備という形で、
遊びながら発育を促すという程度のものでは有ります。
(とはいえバス送迎も有り、プール指導やおやつなども出て、無料なので大変有りがたいのですが。)
来年の4月からは勧めもあって幼稚園の年少に入れようかと検討しております。
(療育園がいっぱいになってしまうからという意味も有るでしょう。)
問題は子供のことに加え、家内があまり現実を認めたがらないという所にも有ります。
また機械音痴でパソコンやインターネットなんて言語道断です。
またネットでお母さん方のページを見て、コピーなどを取ってもあまり見てくれません。
家内の親族は優秀な人が多く、親族への世間体のようなものを意識しているのも見受けます。
私自身は当然仕事があってどうしても子供と接する機会が少ないので、
大切な療育の手だてや機会を逸してしまっているのではないかと、それが気がかりです。
意見やアドバイスなど色々聞かせていただけたら幸いです。


発達性言語遅滞、特異的言語発達遅滞、言語発達遅滞・・・ 投稿者:M  投稿日:12月21日(火)21時30分07秒

玲さん、
 うちの教室では「発達性言語遅滞」ということばを使うことはないのよ。
「言語発達遅滞」と「特異的言語発達遅滞」ということばを使うことはある
けど。

「言語発達遅滞」は、かなり広い意味がある。
 発達途上の子どもが、
”予期された時期に、予期された伝達手段を介して、予期された正確さで、
情報伝達(コミュニケーション行動)ができない”
状態にあることを示す大まかな症状名というわけ。
その要因もさまざまで、大きく分けると器質性のものと非器質性のもの。 

器質性・・・・聴覚障害、知的障害、自閉性障害、脳性マヒ、小児失語症、
       特異的言語発達遅滞やその他中枢神経系の障害(LD・ADHD等)
非器質性・・・養育環境上、心理・情緒的、対人関係上の問題 


この器質性の「特異的言語発達遅滞」が「発達性言語遅滞」とほぼ同義では
ないのかな? 以下の3つの●からそう思うのだけど違うかも・・。
      
●「特異的言語発達遅滞」とは他の発達障害等が直接的な原因でなく、
 言語のみが特異的に遅れているものをいう。その原因には、中枢神経系の機能
 の未成熟あるいは障害が関係していると推定されている。これには、感覚型と
 運動型がある。
 感覚型・・・言語理解が発達してこないために、話すことも発達してこない。
 運動型・・・言語理解はほぼ年齢並みだが話すことができないか、遅れている。

●それはそれぞれ
 ICD−10の会話と言語の特異的発達障害の受容性言語障害と表出性言語障害に
 ほぼ対応もしている。 

●一方、 
 ローナ・ウイングの「自閉症スペクトル」では、「発達性言語障害」というこ
 とばが使われ、それには受容性と表出性のものがあると示され、以下のような
 説明がされている。
 受容性・・・・ことばの理解が困難なために話す事も難しい。
       視線や表情、ジェスチャー、正式なサイン言語、文字などを用いて
       コミュニケーションを取ることが可能。
       社会性もみられ想像的な遊びもできる。

 表出性・・・・ことばの理解は可能だが、ことば自体を作り出すことが難しい。
       話しことば以外の手段でコミュニケーションをとることができる。
       社会性もあり、ごっこ遊びもできる。
       表出の問題は、運動の協応の悪さと関連していることがある。



>発達性言語遅滞、というのは、ひとつの診断名なのでしょうか?
>それとも、自閉症や自閉傾向、ADHDなどの症状のひとつとして捉えられているので
>しょうか。
 
発達性言語遅滞が診断名かどうかは調べないとわからないけど、
               (地下潜伏中の赤いぴいまんちゃん、わかる?)
それは自閉症スペクトル障害やADHDなどのひとつの症状というより、それに伴
っても起こりうると見る方が妥当なのかも。
LDだけでなく、自閉症にもADHDが伴ったりすることはあると聞いたこともあ
りますよ。
 
余談だけど、
「自閉症スペクトル障害は身体的あるいは心理的なあらゆる障害と同時に起こりうる。
 社会的相互交渉、コミュニケーション、想像力の障害の3つ組が存在する時は、
 他にどんな障害がいっしょに存在していても自閉症と診断し、
 自閉性障害に加えて何か他の障害があるのだろうかと考えなければならない」
とも前述の「自閉症スペクトル」に書かれていましたよ。
ははは、かえって混乱してきた?


ママをやる気にさせるには 投稿者:ウルトラの母  投稿日:12月21日(火)22時04分16秒

ママに優しくするのが一番!

具体的にどうって言われると、とても簡単なことです。
子供が生まれる前のように「ママ」ではなく「妻」という一人の人間として
接する事だと思うのです。
一人の人間として安定した気持ちになれると、やる気って出てくるんですよね。

子供の言葉が遅い事について、きっと奥様なりに悩んでいるとは思います。
世間体を気にするタイプならば、余計にね。
とらさんが一生懸命なればなるほど、たぶん冷めると思います。
(「勉強しなさい!」「今やろうと思ったのに・・・」と、子供の頃に思ったでしょ?)
子供の出来がそのまま母親の評価につながりがちな今の社会がヘンな世の中なのですが、
奥様はとても辛い思いをしているかもしれません。

とらさんはママのグチの相手がまず第一で、それから提案という形をとったらいかが
でしょう?
それに、ママさんは現実を認めていないわけではなく、もしかしたら肝っ玉を据えて
お子さんを見守っているのかもしれませんよ!

http://www.hello.co.jp/~say2000/


発達性言語障害について 投稿者:明太子  投稿日:12月21日(火)22時48分57秒

「高機能広汎性発達障害」杉山登志郎・辻井正次編著 という本の中に

 先天性の言語の遅滞を来す発達性言語障害の児童の中で、特に受容型と呼ばれる、言語理解の
 先天性障害があって言葉が遅れるタイプの児童と自閉症児とが類似した病態をしめすことは
 以前から指摘されていた。しかしながら、この両者の厳密な比較を行ってみると、社会性の
 障害と言う側面においては、両者は全く異なる病態であることが明らかになった。
 発達性言語障害児においては友人を作ることに大きな障害はなく、またジェスチャーなどの
 非言語的なコミュニケーションにも問題はない。一方、言葉の使用が可能になっても構音の
 問題を残す例が大半である。それに対して、自閉症児の場合は社会的な交流は制限されており、
 しかし一度言葉が獲得されれば構音の障害は認められなかった。

と言う記述がありました。ご参考までに・・・


とらさんへ 投稿者:akagumi  投稿日:12月21日(火)23時05分44秒

とらさんの奥様は産んだ立場として
お子さんの今の状況について
一番真剣に、自分のことと同じように
考えてみえると思いますよ。
とらさんがいろいろな情報を調べ、
知識や関わり方を身に付けていくことは
とても大切です。
でも、とらさんの奥様に今すぐ
同じ道を歩けとは言わない方がいいでしょう。
家系とか世間体といった
そういう問題で、とらさんと奥様がもめることも
とても悲しいことですし、無意味なことです。
確かに、言葉や発達に遅れにある場合、
関わり方に配慮が必要でしょう。
けれども、ごく、当たり前になされている子育ての工夫と
別の次元にあるものばかりではありません。
今、とらさんの奥様が自分の子を「遅れなんてない。」と信じて
一生懸命育ててみえるのなら、
そのスタンスを守ってあげながら、
遅れのある子どもへのアプローチとしてではなく
「とらさん流、父親としての子育ての工夫」という
ニュアンスで話してみて下さい。
「子どもが遅れていること」がたとえ現実のことで
あっても、それを認めなくても、子育ての配慮は
出来ます。
男親よりもお母さん達はもっと強い痛みを感じながら
我が子の「今」を見つめているはずです。
奥様から発せられる言葉の中のSOSを見つけてあげて下さい。


発達性言語障害 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月21日(火)23時24分10秒

>うちの教室では「発達性言語遅滞」ということばを使うことはないのよ。
>「言語発達遅滞」と「特異的言語発達遅滞」ということばを使うことはあるけど。

なるほど、と思って読みました。
そう言えば、私の持っている唯一の本の筆者の先生は、「発達性言語障害」という名前を使っていましたっけ。
発達性言語障害・・・とくれば、発達上の問題から生じる言語的障害、と言うニュアンスで、
言語発達遅滞・・・というのは、言葉の遅れ全般を包括して表現しているようですね。
でも、それも、あいまいに使われていることがあるような・・・(^_^;)

なんだか、他の発達のHPを見ても、MさんのHPの解説を読んでも、
今ひとつすっきりと理解できないのは、
実はそのあたりの区分が不明瞭だからなのかもしれませんね。

実際、ADHDやLDの解説を読んでも、発達性言語障害が生じることがある、と書いてあるし、
自閉症でも同様。
だから、ひとつの症名なのか、症状を言い表した言葉なのか、そのあたりをきちんと確かめたいと思ったのです。

でも、実際には、うちのショウを相手にしているとき、そういう言葉はほとんど意味がありません。
目の前にいる子どもの反応を見ながら、
子どものために何かをしたり、自分のことをやったり、仕事をしたり。
ただ、それだけの繰り返しで、普通の子育てとなにもかわりはありませんから、
発達性言語障害だろうが、ADHDだろうが、自閉傾向があろうが、まるで関係なし。
うちのショウはショウなのです。(笑)

なのに、何故そこにこだわるかというと、
来春から、ショウを保育園にあげるつもりでいるから。
申込みの時に面接してくれた主任保母さんは、詳しく私の話を聞いてくれて、
「うちでもADHDに関しては少しは勉強していますので・・・」と言ってくださったのです。
とても嬉しく、心強い言葉でしたが、
実際問題、ADHDと自閉症は似て異なるところがありますから、
ADHDとだけ思われていたら、なにか指導に取りこぼしがでるかも・・・
こちらとしても、正確な症状を把握して、先生の気がつかない部分があったら、それを補っていきたいな、と
(これって、奢り? 苦笑)
そんなことを考えていたわけです。
1月には、専門の先生にお話を伺うつもりですが、
それにしても、こちらがある程度、下調べをしておかないとね。(^_^;)

Mさんのおっしゃること、80%位は理解したつもりです。
残りの20%は、「でも、他の指導者や先生は、別の見解を持っているかもなぁ」という部分です。(笑)
まだ日にちもありますし、もう少し、時間をかけて考えていきたいと思っています。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


つけ加え 投稿者:M  投稿日:12月21日(火)23時51分02秒

>発達性言語遅滞が診断名かどうかは調べないとわからないけど、
>それは自閉症スペクトル障害やADHDなどのひとつの症状というより、それに伴
>っても起こりうると見る方が妥当なのかも。

 要するに
「言語発達遅滞」は自閉症スペクトル障害やADHDなどに伴う症状だけど
「発達性言語障害」はそれ独自の状態像もあれば、自閉症スペクトラム等に伴う場合も
 あるってことかな。でも、自閉症と発達性言語障害そのものは言わば対局を為す部分
 もあるわけよね。
 その辺を不思議に思いながら読んだ記憶があるのだけど、確かそうだったよねぇ。
 違った? 今手元に本がないから確かめられない・・・。
             <だったら確かめて書けって? 
 あ、この際、以前に書いてUPをためらっていた自閉症スペクトラム障害について
 のページをUPしておきます。
 違うところがあったら誰か教えてねぇ。


とらさん、明太子さんへ 投稿者:M  投稿日:12月22日(水)00時06分55秒

とらさん、
皆さんがおっしゃっているように、ママさんの良き相談相手、理解者でいてあげて
下さいね。

明太子さん、ご来訪二回目ですよね。
以前、お子さんの就学のことで、質問とは全くちがうレスを書いた覚えが・・。
就学の事については私も理想と現実の狭間で悶々としているので・・。
辻井先生のサイトも良く訪問しているのですが、色々情報が入れば入るほど混乱して
しまう私です。情けない。。。A^^;


心の理論 投稿者:megumi  投稿日:12月22日(水)02時19分35秒

自閉症スペクトル障害についてのページを拝見しました。

うちの少年はカナータイプの高機能自閉症です。
小さい頃は「孤立群」でしたが、今は見事に「積極・奇異」です。

基本的な日常会話はほとんどの人と成立しますが、
「お箸をお茶碗の右に置いて」というと、どうしていいのかわからずに目が泳ぎます。

介助員の先生と、ペープサートで、三匹の子豚をアドリブで楽しそうに演じることは出来ますが
下足箱が混雑しているとき、上級生に「早く行けよ!!」とどなってしまい、
言い返されて癇癪を起こし、しまいには「あほか!きしょいな〜」といわれて、
傷ついています。
自分が「早く行けよ!」といった結果、相手を怒らせたことを
説明されると、それなりにはわかるようです。

自分がひらひら、ぴょんぴょんしていることもわかっているし、
それは他の人はしないことで、かっこわるいことだとも思っているのに、
知らない間にしてしまう自分を悲しく思っています。

この間、「お父さんとお母さん、子供の頃、変な声で、僕に似てたの?」と
尋ねられて、二人で絶句してしまいました。
答えを待たずに少年はひらひら〜とその場を離れてしまいましたが……

http://village.infoweb.ne.jp/~tinker/


覚えていてくださったんですね。 投稿者:明太子  投稿日:12月22日(水)12時43分20秒

その節は大変失礼な質問をしてすみませんでした。反省のあまりすっかりROM人と化してます。
おかげさまで無事就健も終わり、地元の普通級に決まりました。
校長先生や加配の先生に息子ともどもあいさつにも行って「会話もできるし、おとなしく座る
こともできるのだから大丈夫」だと大雑把なことを言われました。
あまり過大な期待はお互いできませんが、息子の担任がM先生のような理解ある方になるよう
期待してやみません。
これからも皆様のご意見なにかと参考にしてゆっくり息子と一年生に向けて準備していこうと
思っています。


アドバイスを有り難うございます 投稿者:とら  投稿日:12月22日(水)12時55分52秒

ウルトラの母さん、akagumiさん、そしてMさん、
ご丁寧なアドバイスを有り難うございます。皆さんおっしゃられるように私より家内の方が
悩んでいるだろうし、確かに肝がすわっているという所も有るかもしれません。
家内は頭ごなしに遅れを否定しているのではないのですが、過保護な面も多く、
子供がはっきり要求しなくても親なら判ってしまうので、すぐに手伝ってしまったりもします。
普通の子育てでも同様だと思うのですが、もし発達障害があるのならば、
多少心を鬼にしていわゆる「療育」をしないといけない面もあるのでは、と思っています。
また表現が悪かったかもしれませんが世間体も自分自身のプライドや世間体ではないのです。
親がいやな思いをするだろうとか、彼女の弟が弟のお嫁さんやその親に合わせる顔が無いという
心配をしている状況です。また愚痴・相談をあまり言ってくれないので、対応に困る事が有ります。
私の対応が悪いのではと言われる方も有るかもしれませんが、彼女は自分の親や兄弟に対しても
気を使ってあまり物を言いません。ちょっと愚痴っぽくなり、またこのページにふさわしくない
発言ですみません。子供が健常者ならば、どんな対応でもそこそこ育つだろうけど、
もしも障害などがあれば、それこそ親は多くのことを勉強し、しかし気長に気楽に前向きに
生活しないと行けないと思うのですが、状況に順応しにくく内に秘める家内に心配しているところです。


とらさん 投稿者:ぴっぴ  投稿日:12月22日(水)13時49分00秒


うちはねえ、ちょうどその反対なんですよ。もうちょっとお父さんがんばって
と言いたいところ・・・・。

市の療育園に週3回通っていられるということですが、
私の経験からすると、そこですっごく仲良くなれる友だちってのは
まれでしょう。
なんか寂しいのですが、どうしても遅れてる中でも密かな比べ合い
みたいのがあります。
また、子供がその年齢だとお母さんたちはまだ遅れや障害をとことん
わかって受け入れているわけでないことも多く、
そこに楽しく通うとか、楽しい話を互いにするとかいう雰囲気は
ありませんでした。
互いの悩みをうち明けあったりできる人がいるならば一番よい
と思うのですが、
相手が進んでいればやはりなお落ち込むし、こちらができることが多いと
ねたまれる・・・という過酷な世界でもあります。
今のこの年齢ならではと思うのですが。(もう少しすると悟りますが)
(みなさん、違います?)

で、思うのは、ママさんは自分たちがそこへ入っている現実を
十分にわかっていられるのでは?っていうことです。
わかりますよ。毎日見ている我が子なんですから。
でも、あの子ほどではない、とか、うちの子の方がもう少しできる
とか、否定材料もたくさんあるわけですからね・・・。
まだそんな揺れる気持ちだと思います。
’この子なりの成長を見守って、援助してあげよう’
まで行くには、(私もまだまだですが)時間が必要なんだと
思います。

とらさんは、ママさんの療育園での辛さとか大変さみたいなものを
少し理解してあげられたら・・・って思いました。
あの時そうだったら私ならうれしいもの。
でも・・ママさんは愚痴をこぼされますか?
色々思ってても<弱みは見せない、認めない,戦術>
だったらちょっと大変かも。

うちの場合は、一時夫と意地の張り合いとなりましたが、
子育てにおいては、それぞれが、母親、父親としての子育ての工夫
ができるわけで、案外いい役割分担になってるかも・・・
と思うこの頃。
もしかすると、ウルトラの母さんの言われるように、
現実を認めていないわけではなく、もしかしたら肝っ玉を据えて
子供を見守っているのかもしれない・・・・????    
    え〜〜〜!???


お父さんも大変ですね 投稿者:こくっぱの母  投稿日:12月22日(水)17時23分09秒

 とらさんへ 

 我が子の障害を認めたい、なんて母親はいないと思います。
 ここの人たちも、ありのままの姿で我が子を受け止めるのに、それなりの
葛藤があったはずです。
 私自身、何か変だと思いながらも、はっきり「おかしい」といわれた時は、
うんとショックでした。でも、我が子の障害をしっかり受け止められると、
あとはパワー全開で前に進めるんですよね。

 もし「一流大学、一流企業が一番」なんて人が周りにいっぱいいると、さら
に苦しむと思います。人並み以上を求められる中では、障害児はただのお荷物
という事になりますから。(勉強、ブランドだけがすべてじゃないのにねえ)

 で、そういう事をうんとわかってあげて、うんと優しくしてあげてください。
具体的には、家事を一緒にするとか、夜中に飲み明かすとか、子どもとは全然
関係の無い名作ビデオでも見て盛り上がるとか・・・。(私の希望だったりし
て)おかあさんの心にゆとりができないと、やはり子育てはしんどいです。
心にゆとりができれば、子どもの事も話しやすいはずです。

 今お母さんは落ち込みモードの真っ最中?だったらなおさら、療育方法を伝
授するのは逆効果ですよ。お父さんだけでも、お母さんのぐちや悩みを「うん
うん」とひたすら聞いてあげないと。指導してくれるところは山ほど?あって
も、障害児の母がぐちれる先はなかなかないんです。
 みんなが通過するいちばんしんどい時です。ここでお父さんが慎重にがんば
れば、ますます夫婦円満・・・一歩まちがえば・・・

        ハハハ、おどしてもしょうがないわねえ。


とらさんへ その1 投稿者:朝倉玲  投稿日:12月22日(水)23時03分03秒

まずは、お礼から。
Mさん、明太子さん、発達性言語障害に関して情報をありがとうございました。
地方在住の悲しさ。図書館で専門書を・・・と思っても、なかなか叶わない現状ですので、
ネットを通じて得られる情報には、本当に感謝しております。m(_ _)m


で、本題。とらさんへ・・・


私は、他の方たちとちょっと違った視点から書いてみます。
奥様が、世間体を気にする心理について。

奥様は、もしかしたら、第一子の長女でしょうか?
そうであれば、なお可能性は高いのですが、
奥様は、子どもの頃から自分の家族(両親)に心配事や悩みを相談した経験が
極端に少なかったのだと思います。
心配をかけない良い子でいなければ、両親から受け入れられてもらえない環境だった、とか
家族の中に手の掛かる人がいて、
自分までわがまま(本当は、悩みの相談事など)を言うと、なお両親に迷惑がかかってしまう、とか
そんな経験の積み重ねから、
自分の悩み事は自分自身で処理するしかない、という生き方を身につけてしまったのかもしれません。
それは、他人から見れば悲しい生き方かもしれませんが、
当人にとっては、それがもうライフスタイル、人生の価値観にさえなっているから
いくら「困ったときには相談してくれ」「本音を話してくれ」なんて言われても、
そうそう自分を変えられるものじゃないのです。

・・・はい、そう。これは実は私自身のこと。(笑)
私も、親兄弟に「遠慮」とは少し違うかもしれないけれど、
悩み事を相談したり、愚痴を言ったり、なんてことはほとんどしません。
と言うか、出来ないのです。(^_^;)
幼い頃から身に染みついた生き方ですから、本当に、そうそう変わるものじゃありません。
ただ、私は主人とネットという強力な「理解者」を得たので、孤独な闘いから抜け出すことが出来ました。
でも、それにしても、自分の悩みを話す、ということは自分をさらけ出すことになるので、
初めはかなり抵抗があったものです。(笑)

奥様の場合、親兄弟に遠慮する理由が何なのかまでは、私にはちょっと推察できません。
もしかしたら、本当に親戚一同がとてもうるさい人たちで、
子どもが障害児だとか、専門の療育施設に通っている、なんて知られると
大騒ぎになってしまうのかもしれません。
特に、田舎ほどその傾向は強いので、私もいまだに主人方の親戚のには
「ちょっと言葉が遅れていて・・・」程度にしか話していません。
障害児なんだ、なんて言おうものなら、きっと心配して駆けつけてくる人が出てくるでしょう。(←ありがた迷惑 (^_^;))
少なくとも、世間体を気にするおじーちゃんは、間違いなく大騒ぎするはず。(笑)
奥様は、そういう状況が予想できるので、なお親戚に黙っていたいのかも・・・。

これは私の勝手な推察です。
ですから、奥様の本当の気持ちとは違っているかもしれません。
ただ、私が言いたかったのは、
奥様が世間体(親戚)を気にするのには、きっと、それだけの理由があるからに違いない、ということなのです。

とらさんにしてみれば、
「一番大切なのは我が子なんだから、親戚なんて気にしていることないじゃないか」
と言いたいところでしょうが、
それを言ってしまったら、奥様はますます心を閉じてしまうと思うのです。
だから、そうではなく、
親戚を気にする奥様の気持ちは、そのまま受け入れてあげて、
親戚の人たちに心配をかけないようなやり方を一緒に考えていく、とか
あるいは、思い切って、奥様のやり方の方に任せてみる、とかいう態度をとってみると
奥様の方でも、少しずつ旦那様に心開いて、唯一の相談相手に旦那様を選ぶようになるかもしれません。

また、他のお母さんたちも言っていますが、
子どもから離れて、奥様を助けたり、奥様と楽しい時間を過ごしたりするだけで、
奥様は精神的にすごく救われるはずです。
奥様が元気になれば、子どもにも良い影響が出てきます。
そうすれば、それだって、立派な療育の一要素です。


http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/

掲示板過去ログ案内に戻る