1999年3月
リンク集の中の、 投稿者:M  投稿日:03月01日(月)22時21分46秒

「じゃじゃ丸トンネル迷路」ご存知でしたか。
インパクトのあるネーミングなので、名前だけは知っていたのですが
わたしが辿り着いたのはつい最近です。

兎も角、さがしていたものに巡り合えたという感じです。
いや、何がって・・最新の諸外国の論文を日本語で、しかも要約した
文で載せて下さっているのです。←単なる不精者

LD、ADHD、自閉と、わたしが疑問に思ってきた事が解き明かされそう
で、興味のあるところから少しずつ読んでいっています。
                     時間が欲しい!!


はじめまして 投稿者:朝倉玲  投稿日:03月06日(土)14時36分15秒

東北の玄関口、福島県から書き込んでおります。
我が家には、言葉の遅れている3才5カ月の次男がいます。
1才の頃は視線さえ合いにくく、何か欲しいときには大人の手をつかん
で物を取らせようとするクレーン現象もでていましたので、
「自閉症では?」とも言われました。
この1月に専門家の観察相談を受けた結果、「自閉症ではありませんよ」
と言われましたが、現在も、1語文から2語文中心。たま〜に3語文が出
るかな、という段階です。質問に答える、というのもまだあまり良くできま
せん。
「○○食べる?」と聞かれて、「いらな〜い」とか「たべゆ」とか答えられ
る程度。
でも、こちらの言うことはかなり理解できますし、数字や文字も大好き。
パソコンでお絵かきすることも好きです。(実際のお絵かきはあまり上手
ではありませんが・・・苦笑)
2才の頃には多動もひどかったし、現在も、何かに熱中すると他が見え
ない、聞こえない、と言う感じなので、専門の先生はADHDあたりを疑っ
ているようです。
ただ、先生は「私はこういうお子さんを、たんに『チョロ助さん』と呼んでい
るんですよ」とおっしゃってくれまして、嬉しかったですけど。(^^)
我が子がADHDだろうと、発達性言語遅滞だろうと、私たちにとって次男
は次男。それ以上でもそれ以下でもありませんし、彼が自分なりのペー
スで言葉や社会性を身につけていければ、それで良いと思っています。
ただ、親として、手助けできることがあれば積極的に取り入れていきたい
と思って、あちこち眺めるうちに、このページに出会いました。
M先生の姿勢は、私の普段感じているところにとても近いかな、という
気がしました。
私も、待ち続けたいのです。いつかは次男が自分の思うところを自分の
言葉を紡いで話し出せる日を。これからも時々お邪魔させていただきた
いと思っております。よろしくお願いいたします。m(_ _)m

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


朝倉玲さん、こんにちは。 投稿者:  投稿日:03月07日(日)21時16分53秒

福島ですか、遠いところからようこそ。

>我が子がADHDだろうと、発達性言語遅滞だろうと、私たちにとって次男
>は次男。
>それ以上でもそれ以下でもありませんし、彼が自分なりのペースで言葉
>や社会性を身につけていければ、それで良いと思っています。

 迫力ありますね、そのことば。ここに来てくださるお母さんは本当に、
 パワーのある方ばかりで、うれしくなります。

>ただ、親として、手助けできることがあれば積極的に取り入れていき
>たいと思って、あちこち眺めるうちに・・・・・  
 
 昔、教育というのは教え込むものではなく、力を引き出すものだとい
 う話しを聞いて、妙に納得した記憶があるんですよ。
 チョロ助くん?(^^ゞ 、ADHD、LD等 まさに力を引き出すどころか、
 いとも容易く押し潰されやすいタイプですよね。

 今の日本の40人学級、授業形態、横並びの教育内容、さらには異端
 を認めない文化風土。。。条件はばっちり揃っています(^^ゞ 

 どこの国よりも やりがいのある仕事かもしれません。子育ても、教
 育も(*^^*)  お互いめげずに頑張りましょうね。 


お製作40分 投稿者:てやんでえ  投稿日:03月07日(日)22時37分37秒

Mさん。こんにちは。てやんでえです。
最近は忙しくて来れていませんでしたが、いつ見てもきれいなHPですね。

うちのヤッ太郎5歳ですが、最近調子がいいです。
幼稚園でお製作 40分座りつづけていたんですって。
ジャジャ丸トンネルのHP,ときどき行きますが、あの資料を全部読む暇が
あるなら、子供とかかわったほうが得策と考えて控えています。
・自閉症は遺伝するのかも。
・自閉症児は頭が大きい
というのはホントだと思います(^^)

朝倉さん
自閉症ではないとの診断、まずは良かったですね。でも、広範性発達遅滞も
自閉症も予後は同じ、って話もありますから、たくさんのお子さんのいるところ
へ入れてあげる頃合い(3歳〜4歳)ではないでしょうか。

ともママさん
パワフルな親の会というのは、あまり聞かないので恵まれていますね。
障害児の親の会の場合障害の程度が違うから、なかなか難しいのだ
と思っていました。


http://www.venus.dti.ne.jp/~akimi


集団生活 投稿者:朝倉玲  投稿日:03月08日(月)13時53分27秒

Mさん、てやんでぇさん、レスをありがとうございました。m(_ _)m
次男を集団に入れることは私も考えています。
特に、我が家の近所には小さな遊び相手がいないので、なおさらです。
ただ、相談にのってもらった小児精神科の先生や保健婦さん達には
今すぐ保育園などに入れるとパニックを起こすだろうから、
もう1年くらい親の手元で育ててから入れた方が良いでしょう、と言われました。
私自身が見ていても、そうした方が良さそうだ、と言う気がします。

現在は、週に1度、幼児のお遊びサークルに連れていって、
親子共々で集団参加を試みています。
次男はまだ他の子どもと平行遊びの状態ですが、
楽しそうな遊びには一緒に混ざろうとしたり、他のお母さんに遊んでもらって喜んだり、
まんざらでもないような感じです。

今の一番大きな目標は、次男に他の子どもと遊ぶ楽しさを知らせること。
小3のお兄ちゃんとは大分遊べるようになってきたので、
今度は同年齢の子ども同士なのです。
でも、あせらず、無理せず、次男の心が成長していくのに合わせて・・・
と自分自身に言い聞かせている毎日です。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


逆統合も良いですね。  投稿者:恵以子  投稿日:03月09日(火)00時21分59秒

こんにちは Mさん。
 MARUの会としては、統合であろうと養護学校であろうと、親の意思
が尊重されるべきだというスタンスです。 うちは、幼稚園から統合教育
を選択してきていますが、枚方では、昔 統合教育が行き過ぎて地元集中
主義で養護学校に行きたい人も引きとめてきた歴史があるそうです。他所
の地域じゃ考えられない事でしょうが、養護学校に行こうと思ったら、地
域の学校に後ろ足で砂をかけるような事をしていかねばならないような極
端な引き止めがあったそうです。
 それは やっぱりおかしいと思いますし、養護学校の方が向いている子
供さんだっているでしょうし、それぞれに家庭の事情も違うわけで、 私
は、無責任のようですが、分離と統合のどちらがよいかなとどという議論
はくだらないと思っています。 発達のレベルでここからは養護でここか
らは普通なんて決めるのもおかしい、遅れようが発達しようが親が良いと
思うところに行く自由は保障されるべきだと思います。 ほんとは本人が
「ここに行きたい」って言えれば良いのですが。
 うちの子の場合、現在小3で、ほとんどを原学級で過ごし、2時間の抽
出(養護学級に行く事)でこくごとさんすうをマンツーマンで二人の先生に
交代でみてもらっています。
 原学級では「入り込み」と言って担任の他に養護担任や担任外の先生が
そばについていただいています。  原学級では、うちの子も参加できる
ような事も考えていただいて、指示棒で地図を指す役だとか、黒板に磁石
つきのキャンデーの絵をつかった数数えの役とか、本読みも少しあてても
らったり、理科の実験も前に出てさせてもらったりしています。 それで
も興味がもてない内容の授業の時は、他の課題(視写で教科書を移す。計算
をする)を与えてもらったりします。わりと課題は全部やってしまうところ
があって、なぞり書きなどドリル一冊全部やってしまったりして、与えすぎ
にならないようにしないとなりませんが。
 うちの子の場合、普通学級に居る事が構造化になっているようで、周りの
子の手がかりで行動しているので、(模倣しているって事です) 始めの頃は
意味はわからんけど模倣しているところがあったんですが、最近はだいぶ分
かっているようで応用もきくし自分で判断して行動できるようになってきて
います。 朝も指示なしで、ランドセルから教科書を出して机の中に入れて、
連絡帳を先生の机に置いて、ランドセルをロッカーに入れて、水筒を棚に置
いて、たいそう袋をフックにかけて、上靴ふくろ を窓際に掛けて、エプロ
ン袋を壁にかけてからブランコをしに行くというのをひとりでできるように
なりました。チャイムが鳴ると、教室に帰って、朝学習の本を出して机に座
って、待っています。しかも、小学校のチャイムと隣の中学校のチャイムを
ちゃんと聞き分けています。 運動会も普通の子といっしょに団体競技の複
雑なアクションにもなんとか外れずについていっています。音楽会もひな壇
の真中に入れてもらって、ハーモニカと鈴をみんなと同じに使い分けて合奏
をします。しかもニッコニッコの笑顔で体を曲に合わせて右左にふりながら
です。
 このように普通学校の中でものすごい適応ぶりを見せてくれるうちの子で
すが、私が主催している知的障害児のスイミングサークルをやっている会館
に行くと、じっと座ってられなくて、会館中を徘徊?さんほ゜!?に、私の
手を振り切っていつも行ってしまいます。いくら注意してもその場限りで、
すぐにスキをみては、消えてしまいます。一応戻ってはくるのですが、10
分と座っていません。もちろん他の子もそんな子ばかりで、着替えてプール
サイドにたどり着くまでみんな右往左往です。 以上 結論として、うちの
子の場合は、普通の子の中のほうが構造化されているようにわかりやすいし、
自制心もきいているようです。 それに学校がとても好きです。

http://member.nifty.ne.jp/MARIKA/index.html


情報の交換を。。 投稿者:  投稿日:03月10日(水)20時28分12秒

こころやさしい てやんでぇパパ(*^^*)おひさしぶりです。
・・・と言っても、ヤッ太郎君の近況は、HPでしっかり読ん
でいますけど・・・。
短距離走の第1レース、あと1年ですね。

>ジャジャ丸トンネルのHP、ときどき行きますが、あの資料
>を全部読むひまがあるなら、子供とかかわったほうが得策と
>考えて控えています。

論文を読む事が、指導に即プラスになるとも思えないのだけど、
納得できないと歩きだせない損な性分。
近道を歩けないんですよ、私は。(^^ゞ


朝倉玲さん、
HP訪問させていただきました。
うーん、パワーの元はその自然流の生き方だったのですね。
前回の書き込みの内容、改めて納得です。
うん、私も負けてはいられない!!(*^^*)


恵以子さん、
構造化の話、なるほどと興味深く読ませてもらいました。
うちの地域は、加配がつくのは保育園、幼稚園まで。枚方のよ
うな体制は夢のまた夢です。。。

他府県、他市町村はどうなのでしょう。どなたか教えてくださ
い。


聴力検査してきました 投稿者:ウルトラの母  投稿日:03月12日(金)00時45分25秒

昨日、ABRを2年ぶりにやりました。前回は70〜80dBでしたが、今回もやっぱり同じ
みたいです。耳鼻科の受診がまだなので正式な結果は教えてもらってませんが、グラフに70、80、
90と書き込んでたもんで。
普段の様子は割と言っていることがわかっているような素振りなんで、周囲の人たちには難聴だ
とは思われていません。実はとってもアタマの良い子で、この状況では多分こう言っているのだ
ろう、とかやってたりして。要領の良い「次男」だし。
補聴器は保留になっていた(検査結果は中度だけれど、聞こえの様子がそれより良さそうなので)
んですが、やっぱり必要になりそうです。
次から次へと障害(消化器、心臓、そして難聴)が出てくる子なので、母はすっかり動じなくなりました。
消化器と心臓の重複障害で2万5千人に一人という数字でしたから、それに難聴とくればもっと
数字が大きくなるわけで、いわば「大当たり」ってやつですよね。今度、宝くじを買わせよう。
うちの子も1歳半くらいまで表情もなかったです。いつも眉間にシワよせてた。私と主人には
まぁまぁ心を許していたけど、兄には2歳くらいまでなつかなくて。
長男の入園を機に毎日沢山の人と会う(保育園の送り迎えやよその家へ遊びに行く)ようになって
やっと最近、他人のヒザにも座れるようになりました。私も感動したけど、ヒザに座られた友人
はもっと感動してました。
クレーン現象も見られます。「自分でやれ」と突き放すとしぶしぶやる事もあるし、足をダンダン
踏みならして抗議する事もあります。そのくせ私がサッサとやってしまった事を、ボクがやるつも
りだったのにーって怒った顔して泣く事も。
この子の場合、ただ難聴だけが言語発達の原因じゃないような気がします。
専門的には「××障害」とか「××遅滞」とか名付けられるかもしれないけど、朝倉さんが書か
れていたように、「うちの次男」なんですよね。
長男が、いつまでたっても単語もしゃべれない弟を不思議がったので、「実はね、この子は宇宙人
なんだよ」とウソを教えてしまいました。長男は目をキラキラさせて「うわぁ〜い」と喜んで、
「みんなに教えてもいい?」と言うので、「宇宙人だってバレると捕まっちゃうから、ナイショ」
と釘をさしたら、「早く地球人になれるといいね」と語りかけてました。
ごめんね、息子たち。お母さんは大うそつきです。今度はちゃんと本当のこと教えるからね。



幸せの確率 投稿者:  投稿日:03月13日(土)00時33分36秒

ウルトラの母さんこんにちは

よく知っているあるお母さんが
「いろいろあるけど、わたしはこの子の親でほんとに
 良かったと思うんですよ。この子の親になれたおかげで、たくさん
 のことが勉強できた。今は、今まで当たり前だと見過ごしていた小
 さな出来事にも感動できるんですよ。」
 みたいな事を、話して下さったことがあります。
 
>消化器と心臓の重複障害で2万5千人に一人という数字でしたから、
>それに難聴とくればもっと数字が大きくなるわけで、
>いわば「大当たり」ってやつですよね。今度、宝くじを買わせよう。

 あはは。。。
 ウルトラくんが、こんな明るい母さんの子どもに生まれたというそ
 の幸せの確率は、宝くじなんか比較にならないですね!!

>「自分でやれ」と突き放すとしぶしぶやる事もあるし、足をダンダ
>ン踏みならして抗議する事もあります。そのくせ私がサッサとやっ
>てしまった事を、ボクがやるつもりだったのにーって怒った顔して
>泣く事も。
 
 頑張れ、ウルトラ君!! 母さんをうーーんと困らせてやろう!!
 ウルトラ君と母さんの知恵比べ!!

 (Mおばちゃん、母さんに内緒で、ウルトラ君の方の応援するからね。) 


おはようござます(*^^*) 投稿者:M  投稿日:03月15日(月)06時42分27秒

昨晩、いつもより早めに寝たら、今日はしっかり早起き。(*^^*)
あーーあ、せっかくいい夢を見ていたのに。。

昨日、プレイコーナーに花便りのリンクをUPしました。梅は関西版
ですが、桜の方は全国版です。
穴場情報というのもあるので、良いところをさがして見てください。
わたしも、おべんと持って桜ハイキング、今年はどこに行こうかな。


検査結果について 投稿者:ウルトラの母  投稿日:03月16日(火)01時03分10秒

検査結果、今日正式に聞きに行きました。
左右とも100dBで、前回と同様どころじゃなくて悪化してました。
滲出性中耳炎が原因らしいんですが、治ってもやっぱり70〜80dBなんだろうな。
100dBと言ったら、かなり聞こえないでしょうね。
いったいどのくらい大きな声で話したら良いモノか・・・。
早く補聴器の手配をしなくては。こちらでは聾学校で手続きするのですが、
今は学年末なので先生も忙しく、来月になってしまいます。
なんかフッと「ヘレン・ケラー」のお話しを思い出してしまいました。
彼女が最初に話した言葉は「ウォーター」だったけど、息子にはぜーったい、ぜーったい
「おかあさん」と言わせてみせるぞ!
(でも多分、違うんだろうな)


日本生まれの外国人? 投稿者:朝倉玲  投稿日:03月16日(火)21時46分48秒

ウルトラの母さん
耳、脳の中の言語中枢、口及び発声器官、精神発達・・・etc.
どこに障害を負っていても、言葉は出にくくなってなってしまうのですね。

言葉の遅れている子どもに病名をつけても、解決にはなりませんが、
我が子がどの部分にハンディキャップを負っているのか知る上では、やはり大事なことですよね。
弱い部分を補ってやることができますから。(^^)

私は、なかなか話し出さない次男を見ていて、
「外国に突然連れて行かれた子ども」のようだと思いました。
アメリカにホームステイに行って、現地の英語がよく分からなくて、
直感と、ほんの少しの片言英語で意志を伝えようとしていた子どもたちに似ているな、と。
#・・・ちょっと特殊な例えですみません。
 実は、私の結婚前の仕事がそれ(英語教室の講師)だったのです。(^^;;;

それならばと、ちょうど、小さな子どもに英語を教えてきたように、
分かりやすい発音の言葉を選んで、くりかえしくりかえし、話しかけました。
日本に生まれた外国人の子どもだと思って。(笑)

以前、赤ちゃん言葉に関する書き込みがありましたが、
赤ちゃん言葉というのは、我が家の次男には分かりやすい言葉だったようです。
たぶん、「わんわん」「ぶーぶー」「あんよ」といった発音が聞き取りやすかったのだと思います。
特に、「わんわん」「おてて」のような言葉は、
初めの部分で注意を促し、次の繰り返しの部分で意味がとれる、というメカニズムがあるように見えました。

現在、次男の言葉は約1.5才〜2才分遅れているようですが、それでも確実に発達しています。
初めて専門家に相談に行ったとき、
今のやり方を続けていて良いでしょう、と言われたのは本当に嬉しかったです。
先は長い道のりです。
でも、どんなにゴールは遠くても、最後までつきあってやりたいな、と思うのです。

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


ローカル直感言語と世界標準音声言語 投稿者:M  投稿日:03月18日(木)00時43分38秒

ウルトラの母さん、今度は滲出性中耳炎ですか。
耳鼻科通いだけでも大変ですね。今、どこも混んでそうだし・・。、

>息子にはぜーったい、ぜーったい
>「おかあさん」と言わせてみせるぞ!
>(でも多分、違うんだろうな)

 そんな弱気でどうするんですかぁ。。
 絶対、言ってもらおう!! ついでに
 「ありがとう」もね。!(^-^;)


朝倉玲さん、
>直感と、ほんの少しの片言英語で意志を伝えようとしていた子どもた
>ちに似ているな、と。
 
 そう、その直感も大事にしたいと、私なんかはいつも思うんですよ。
 コミュニケーションの道具は音声言語だけではないですよね。
 子どもがぎゅっと、抱き付いてきたら、それは
 「ぼく、おかあさん大好き!!」
 って言う、子どもの ”ことば”なんですよね。
 
 当然、音声言語が世界標準語だから、少数派言語ではあるのだけど、
 通訳さん(両親、療育者等)がしっかりその言葉を受け止める事が
 結果として世界標準語理解にもつながっていくわけだろうしね。


インクルージョンは 投稿者:赤いぴーまん  投稿日:03月18日(木)17時34分33秒

 久しぶりにアクセスできました。だいぶ前の書き込みになりますが、Mさんのインクルーシヴ
論はユニークですね。リソースルームへとイニシアチヴをとって行くのですね。いいですね。う
ん、うん。だいたい、メインストリーミングったって形骸化すれば単なるダンピングになってし
まうわけですから。バリアフリーでどんどん入っていく。それでこそインクルージョンですね。

 それで「心理的コミュニティー感」がえられるんでしょうね。

      う〜ん、今日はカタカナが多い。

                        (@@) 赤いぴーまん


アカイピイマンチャン 投稿者:エム  投稿日:03月18日(木)21時58分12秒

 
        
ヒサシブリデス。
ワタシノカンガエルコトハユメモノガタリガオオイノデス。マア、
ユメモエガカナケレバ、ヒトニハツタワラナイワケデ、コウヤッテ
ケイジバンデユメヲエガイテミタラ、モシカシテユメガジツゲンデ
キルカナトイウユメニヒタレルワケデス。(*^^*)

 ヤッタ!!
 ヨコモジニツヨイピーマンチャンヨリタクサンカタカナヲツカッタゾ。
                                                          
        


はじめまして。 投稿者:ゆりっこちゃん  投稿日:03月19日(金)00時12分13秒

やふーから、ふらふらと流れ着きました。
いろいろ拝見して、明日も心新たにお仕事しようと
夜空に誓ってみました、東京在住の人です。


ゆりっこちゃんさん 投稿者:M  投稿日:03月21日(日)00時24分13秒

こんにちは。(*^^*) 
>いろいろ拝見して、明日も心新たにお仕事しようと
>夜空に誓ってみました。
 
 ご同業の方でしょうか。
 又おいででしたら、今度は下のページのお花にでも誓って行ってくださいね。
 誓いだけでなく、おしゃべりも・・・・ね。

       (注)下記ページ、重いです。m(__)m 

http://www005.upp.so-net.ne.jp/ma2ma3/harugakita.html


暫く、ここを閉じておきます。 投稿者:  投稿日:03月26日(金)07時04分11秒

 今日の仕事が終わり次第、船に乗って某所に身を隠す予定です。
しばらく、文明社会から離れて、身体と頭の錆を落としてきます。
                    (もう手遅れかな・・)
 もし3月末になっても姿をみせなかったらどこかの洞穴に埋もれてい
るかも知れません。(;^_^A 


明日から新学期の準備です 投稿者:  投稿日:03月31日(水)22時10分21秒

 新一年生や新たなメンバーも迎え、又、一年が始まります。
子どもたちにとって、一番の関心事は在籍する学級のお友達の事や担任の
先生のことなんですよね。 
ことばの教室は、すべてが決まって、
「あっ、そう言えばことばの教室もあった。」ぐらいの認識でしょう、おそらく。
 でも、1ヶ月位したら、
「わっ、今日はことばの教室に行く日だ!! やった!!」
ぐらいのことは言ってもらおうじゃありませんか。
              (^_-)db(-_^)

                                      

掲示板過去ログ案内に戻る
HOMEに戻る