1999年9月その1/5
ちょっと立場は違いますが 投稿者:ウルトラの母  投稿日:09月01日(水)01時31分26秒

えーと。我家のウルトラは難聴が言語発達遅滞の主原因とされているので皆さんとは多少立場が
違うのですが、口出ししてもいいですか?
「いいよー」
では、お言葉に甘えまして。

お母さんは、「母子関係」という言葉に惑わされてはイケマセン。
指導者の方々も、「母子関係」という言葉を使用される時は、十分取り扱いにご注意下さい
ませ。
私個人の解釈では、「母親は最強の指導者になれる」という意味としてとらえるようになって、
この言葉の呪縛から解放されたような気がします。
母子関係を築く時期と言われたら、それは母子の絆ができていないと言う意味ではなく、
子供にあったやり方を探して下さいという意味なのだと解釈したらどうでしょう?
のんびりやさんなのか、アマノジャクさんなのか、怖がりやさんなのか等々で療育の仕方って
随分違って来ませんか?
でもって、療育なんて言うともの凄くかしこまってしまうけど、実は育児に毛が生えたような
モノなんじゃないですか?
   ・・・どこかで「違うーっ!全然違うーっ」って言う叫び声が聞こえてきそうですが、
      聞こえないふりしちゃおー。へへへっ。

どんな子、いえ大人もそうだけど、好きなこと・楽しいことには熱中してよく覚えるじゃない
ですか。
だから、楽しいのが一番。
贅沢言えば子供だけが楽しいんじゃなくて、親も楽しめたら最高なんだけど。(←本音)

なんか、すごーくエラそうに書いてますね。私。
今夜は酔っぱらいにつき、ご容赦下さい。


P.S.息子は複数の先天性の病気で生まれました。聴覚障害は二次障害(薬の副作用)です。
    生まれて間もない頃、主治医に「この子はいわゆる普通の子と同じにはなりません。
    だけどこの子なりに成長をしてこの子なりの人生を送ります」と言われました。
    これはあくまで肉体的な事に関してのコメント(その時点ではこんなに精神面で遅れ
    が出るとは予測できなかった)でしたが、決して忘れることのない言葉です。

    今現在でも「この子」にとって最善の子育てがどんなものなのか模索中です。
    おおまかな方向性だけつかめたかな、というところかな。
    これからも道に迷ったり遠回りしたりすると思います。落とし穴に落ちちゃうかも。
    模索してるうちに大人になっちゃったりして・・・。
           


普通・・・ 投稿者:まりんママ  投稿日:09月01日(水)09時46分18秒

Mさん、いろいろ教えていただきありがとうございます。
わかりやすい説明で、たすかりました。(まりんパパも「なるほど」と納得してました)
まりんは、中枢神経機能障害とかで、バランスをうまくとれず、連動作用がむずかしい。
といわれてます。上肢もやっと指先で作業ができるかな?というとこまできました。
いまはボタンの服を脱ぎ着するれんしゅうしてます。
中枢の障害だと、体のいろんなとこに支障がでるといわれてました。
目が強い乱視で斜視になってると、最近わかり、今度は耳の検査です。
前の耳の検査では、左右の伝わり方にズレがありました。
本屋にいっても、脳性麻痺についての本なんてないし、医学書みても説明少ないのばかりで
情報少なくて困ってたんです。
発音指導は訓練要素が高いのですね。まりんにはいまはその時期ではないとわかりました。

ところで、普通についてですが、私も「みんなと楽しく普通に生活できるように・・・」
という目標をたててました。
でも「普通って?」と最近考えます。普通のボーダーラインってあるのかな?
いまはこの子にとって普通じゃないの?とか・・・。
幼稚園を捜してるとき、いろいろ見学して、まりんの状況説明すると、「普通に生活できない子
はちょっと・・・」といわれたり、「障害のある子はうけいれてたことない」とか
「自立できてない子は・・・」等、いろんな言葉がかえってきました。
それでも入園OKしてくれた園もふたつあり、まりんが雰囲気になじめたほうの園に入園しました
部屋をぬけだしたり、集団行動できなかったりトラブルあったりしましたが、
一学期は毎日満足した顔で帰ってくるので、「よかったな」と実感してます。
園ではまりんができないことは手助けしてくれますが、あとは皆と同じように接してくれてる
ようです。園児もトイレや階段手伝ってくれてるようです。

でもこれが義務教育の小学校になったら、その地域の学校にいかなくちゃならないんですよね?
私は普通学級、障害学級、どちらでも、まりんにあったほうでとおもってますが、
「ぼくもくれよんしんちゃん」という本をみると、学校によって対応の違いがあるというのが、
心配です。


ウルトラ母さん!!好きです。 投稿者:ひいろ  投稿日:09月01日(水)13時44分47秒

ウルトラ母さん。私、あなたの事とっても好きです。
悟りを開いていらっしゃる。私も意見としては、全く同じ意見を持っていますが、
私はどうも攻撃的なので、ウルトラ母さんのように穏やかには物事をなかなか見れなくて・・・
すぐケンカごしになってしまいます。反省・・・・

>私個人の解釈では、「母親は最強の指導者になれる」という意味としてとらえるようになって、
>この言葉の呪縛から解放されたような気がします
ほんとに同意見です。私は、母親は総合プロデューサーだと思っています。
いろいろな所に連れていったり、教育を選択したり、体調をみながら少し背伸びをさせて
新しい事にどんどん挑戦させていく。幼稚園にも、療育センターも「あれやらせろ、これやらせろ」
とアゴで使い。これが私の理想です。なかなかうまくいきませんがね。

>でもって、療育なんて言うともの凄くかしこまってしまうけど、実は育児に毛が生えたような
>モノなんじゃないですか?
これも全く同意見です。現在私は、「ドラ」に普通の子供と同じように接しています。
確かに、できない事はたくさんありますが、いろいろな療育方法を調べた結果、普通の子供にも
使える事がほとんどだったからです。「これじゃあ、普通に育てればいいんじゃん」と思いました。
もちろんそれだけでも駄目なのはわかっていますが、あくまでも基本姿勢はそれでいいと思ってます。

療育方法については、私もいろいろ悩みつつやっております。
でもIEPに関しては、非常に興味があります。
普通の子供にも効果的だと思うし・・ただいま勉強中です。


Mさん 投稿者:ピーチまま  投稿日:09月01日(水)15時21分31秒

やっぱり、療育機関の先生に一度相談してみようと思います。
近々OB交流会があるのでその時にでも…

ピーチ娘が通っていた療育センターは、まきママさんが書いておられたような
小さな保育園のようなところです。

通園バスで母子通園します。週3日のうち1日は子供のみの登園です。
10時から療育が始まり、11時半から給食、お昼寝をしておやつを食べて
3時にまたバスに乗って帰ります。

ピーチ娘のクラスは10人の子供に4人の先生がついていました。
自閉傾向の子から、脳性マヒの子と、障害の幅が広かったので
療育の進め方など、先生は大変だったようでした。
身体感覚を刺激する、体を大きく動かす遊びや、保育園のような手遊び歌、
紙芝居、ペープサートを使ったお話劇場などもされていました。

月に一度は親も一緒に遊びます。(子供は甘えてしまって大変なのですが)
それ以外の日は、別の部屋で講演会や勉強会、子供へのプレゼント作りなど
これも結構大変でした。
先生方は本当に熱心に子供たちに接してくださっていました。
ここの先生方は、市内の公立の保育園から移動してこられる保母さんです。
だから、保育園でも療育については、ちゃんと情報を持っておられるのだと
思って期待していたのですが、ちょっと違うような気がします。

>集団は必要だけど、その中で療育の視点がなければ何にもならないですよ
>ね。ほんと、いつも感じます。

本当にその通りです。もちろん保育園側も遅れのある子の為に
月一回、遊びの時間を作って下さっているようですが
1日1日が大切な療育の時間なのですから…




ウルトラの母さんに一票! 投稿者:ピーチまま  投稿日:09月01日(水)21時56分53秒

>「母親は最強の指導者になれる」

私も母子関係の話は聞きましたが、最初からこう言う意味で受け取っていました。
「子供の事は、やはり一番身近にいる人が一番よく知っているし、
それは、ほとんどおかあさんである事が多い」
と言うような言葉が添えられていたからかもしれません。
ほんと、取り扱いに注意の言葉ですよね。

>でもって、療育なんて言うともの凄くかしこまってしまうけど、実は育児に毛が生えたような
>モノなんじゃないですか?

雑誌で、「療育とは普通の子育てを注意深くする事」と言うのを読んで、
なるほど、と思ったことがありました。
川を渡るのに、普通の子なら2個の飛び石でわたれるところを
4、5個と置いてやってうまく渡らせてやる、と言うような感じだそうな。
いつもそのイメージを頭においています。

>どんな子、いえ大人もそうだけど、好きなこと・楽しいことには熱中してよく覚えるじゃない
>ですか。
>だから、楽しいのが一番。
>贅沢言えば子供だけが楽しいんじゃなくて、親も楽しめたら最高なんだけど。(←本音)

私も、子供が楽しくない事をやらせてもあまり意味が無いと思っています。
親が心から楽しんでいる事って、子供はすぐに飛びついてきますよね〜。
がんばらずに楽しめるのが一番身につきやすいかも(^.^)。理想だけど…。

>幼稚園にも、療育センターも「あれやらせろ、これやらせろ」
>とアゴで使い。これが私の理想です。なかなかうまくいきませんがね。

ひいろさん、すごいパワー!!
私もIEPにはとても興味があります。
もっと勉強しなくては…と思っています。

#ピーチ娘、保育園で「おやつ何食べたの?」と聞くと思い出して答えるように
 なってきました。今日は『おだんご』だったそうな。
 帰ってから献立表を見ると、フルーツ白玉だった…(^。^)。


I LOVE HER TOO. 投稿者:  投稿日:09月01日(水)23時12分33秒

ウルトラの母さん、またまた名言。
>母親は最強の指導者になれる
 
 うっ、私たちにとっては最強のライバル出現(';')。
 子どもの様子そのもの情報や理解では、絶対に勝ち目はないし・・。
 他の知識、情報でそれを補うぞぉ〜〜!!

ひいろさん
>療育方法については、私もいろいろ悩みつつやっております。
>でもIEPに関しては、非常に興味があります。
>普通の子供にも効果的だと思うし・・ただいま勉強中です。
 
 勉強しないでぇ・・。失業したくないよぅ。まだローンが・・。

玲さん、ピーチままさん
保育、療育の雰囲気、なんとなくわかってきました。いや、隣接の仕事なの
に、ほんと情報不足。

マリンままさん
構音練習はまだでも、その前の段階でできる口腔周辺の機能を高める楽しい
遊びはないかその筋の人にメールで問い合わせています。もし、良い案があ
ったら又ここでお知らせしま〜〜す。

こくっぱの母さん
>そして、他人とはくらべず、昨日のこくっぱと今日のこくっぱを考えて、「あー進歩した
>なあ」と密かにに喜んでおります。
 某HPからの受け売りですが、
 「50歩と100歩では50歩違う。」って。
  うん、名言!!

まきママさん
>言葉の面ではすごく悩んでいるのでまた、とんでもない事を
>お聞きするかもしれませんが、その時は、よろしくお願いいます。
 
 ははは、わたしも、とんでもない答えをする可能性大です。
 その時には、他の人がフォローしてくれるから安心だもんね。
 もうすぐ、出没回数も減るかも。。。
 
 あ、でも、お茶の用意はさせていただきます。(*^^*)


(無題) 投稿者:こくっぱの母  投稿日:09月02日(木)13時54分15秒

 こくっぱは今、アンパンマンにはまっています。
 バスタオルをひっぱってきては「あんあんまん」。首に巻いて、マントにしてあげると今度は
「あんあんまん」と両手をあげます。母は、彼を両手で持ち上げて、空を飛ぶごっこ遊びにつき
あうはめになります。すでに18`あるので、難行苦行の日々です。
 でも、自分で要求してくることにはできるだけつきあう事になっているので、堪え忍んでいま
す。時々、「あんはんち!」とお兄ちゃんやお姉ちゃんに向かっていくと、そこはみんな心得たも
ので、「ばいばいきーん」と飛んでいきます。見ているぶんにはオモシロイんだけど・・・。
 昨夜は、マントをつけたまま「ななな」(バナナ)と両手に持って食べながら踊っていました。
すでに10時すぎ。(毎晩11時過ぎないと寝てくれません)その姿を見て、「パーマン2号だ」
と思った母でした。・・・・歳がばれそうです。
 それにしても、4人兄弟ほとんど同じように生活しているのに、どうしてこくっぱだけ寝ないの
か。ちなみに残りの3人は、9時過ぎには寝てしまいます。母が寝たふりをしていると、「しっか
い!しっかい!」(しっかり?)とゆさぶって起こしてくれるし。朝は長♀が6時には起きるので
始発から最終までつきあっていると、寝不足気味です。・・・なんだか愚痴ってしまった・・・。

ウルトラの母さんの
>母親は最強の指導者になれる
はいいですねえ。これでまた、眠たい目をこすりながらこくっぱにつきあえそうです。
そういえば、こくっぱの2才の検診で「もっとしっかりつきあってあげないと、言葉は増えない」
様なことを私もいわれました。あの時はさすがに落ち込みましたが、次♀とこくっぱは11ヶ月
しか歳が離れていないんです。どこにいくにも後ろにひとり背負い、前にひとり抱き(おんぶひも
を2本使用)手に長♂を捕まえて、長♀が荷物を持つスタイルを2年以上続けてました。で、結局
は忙しくて忘れちゃったような気がします。(これでいいんだろうか?)
 でも指導してくださる方を選べるんでしたら、指導してくれる人より、一緒に悩んでくれる人を
選びたいですねえ。・・・なんか変かしら?(というわけで、ここのファンなんです)


なんとなく 投稿者:まきママ  投稿日:09月03日(金)00時01分12秒

まきが おたふくになりました。まき兄からゆずりうけたものです。
何も言わないので、園に行かせてもわからないなぁ・・・と思いながら
良心が痛むのでちゃんと医者にいきました。今日はちょっとラッキーで
順番三番の人とホンとは十九番なのにワープして診てもらえました。

家にずーとまきがいるとオテテ引っ張り大作戦(クレーンのこと)でいらいら度UP!!
夜の9時すぎにとうとう怒ってしまいました。「わたる・・・」がみたくて。
きずいてみるとそれから相手も怒ったようで一度も呼びにこない。2時間過ぎてるのに・・・
このまま寝ようかと思ったけど薬飲ませるの忘れてたので飲ませたら二人の関係は修復
しました。=オテテ引っ張り大作戦開始。

言葉が出たらクレーンはなくなるのかなぁ?いつになったら自分の身体の症状が言えるのかなぁ?
と思わせる今日一日でした。

日記のような書きこみですみません。


無題 投稿者:てやんでえ  投稿日:09月03日(金)02時01分05秒

Mさん。こんにちは。てやんでえです。

朝夕はちょっと寒くなってきました。
1999年7の月もすぎ、ぱっとしないこのごろです。

来年3月にホームページ終わりにしようかな、と書いたら、「置いといて」と
言ってくださる方もあって、うれしい気持ちでした。

Mさんとこは、自閉症の公的機関からリンクされていますか。
わたしのとこ、みんな「やっとたどりついた」って言うのです。
自閉症教会の重鎮とけんかしてしまいましたから(^^)

自閉症治療における重鎮のみなさんの最近の進捗はどうなんでしょう。
ふと気になる夜更けです。

http://www.venus.dti.ne.jp/~akimi/atkimi/bbs.html


クレーン現象 投稿者:朝倉玲  投稿日:09月03日(金)06時02分17秒

>まきママさん

おたふくですか・・・お二人とも。大変ですね。
頑張って下さいね。(としか言えないのです。すみません)

>言葉が出たらクレーンはなくなるのかなぁ?
>いつになったら自分の身体の症状が言えるのかなぁ?
私も、ものすごくそう思った時期がありました。
次男が泣き出して、何を言っても、何をやっても泣きやまない。
何か原因はあるようなのに、それがこちらには分からない。
何で泣いているんだ、一言でもいい、言葉で言ってくれたら、それを手がかりに察して上げるのに、
とこちらまで泣きたい気分で思ったものです。
だから、その一言が言えるようになったときには、本当に嬉しかったですね。
クレーン現象は、言葉の数に反比例して減っていきました。
言葉で自分の言いたいことをだいたい表現できるようになった今は、クレーン現象はもう見られません。。


>こくっぱの母さん 

18kgの子どもを毎晩パーマ・・・あ、いえ、アンパンマンごっこですか。
す、すごい!!!
4人の子どもを連れての外出場面、想像しただけで、もうひれ伏してしまいました。(^_^;)
う〜ん、私には真似できそうにない・・・体力が・・・・・・・


>ウルトラの母さん
 
>母親は最強の指導者になれる
うんうん、名言ですね。(*^_^*)
でも、母親や父親の中には、指導者になりたくても、やり方がよく分からない、
って戸惑っている人もいるはずなので、
ぜひ、そういう人たちには、専門家が一緒に考えて欲しいと思うのです。
もちろん、私たちも、専門家の意見は欲しいと思ってます。
一緒に走ってもらえたら、嬉しいのですよね。


>てやんでえさん

応用行動学は、誤解も招きやすいのかもしれませんが、
確かにそのやり方を必要とする子どもたちはいるのですから、
どうかこれからも頑張って下さいね。
お子さんのためにも、他の悩めるご両親たちのためにも。(^^)
  

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


迷子 投稿者:まりんママ  投稿日:09月03日(金)17時06分22秒

昨日、大型スーパーで、まりんが迷子になりました。
ちょっと目をはなしたすきに、パッといなくなってしまって、名前を呼びながら、
三十分探しましたが、みつからないので、迷子の放送してもらおうと、あるいていると、
三人の女のひとが、じっとひとつの所をみつめていたので、のぞいてみたら、そこにいました!
三人の女の人いわく、「声かけてもなにもこたえないし、泣いてないので、迷子とはおもわなか
ったけど、それにしても何十分もずっとそこにいたので、おかしいなーとおもっていた」とか。
まりんは長靴が好きなんですが、そこはベビー用の長靴がおいてあるところだったのです。
(私もそこを通ったはずなのに、きずきませんでした。)

そこで!相談なんですが、迷子防止の商品をしりませんか?迷子紐はいやがってだめでした。
どこかいってしまったら、ボタンおすとピーピー鳴るものとか・・・あるのかなー・・・。
なにか知っていましたら、おしえてください。


お茶の用意をしにきたら・・・ 投稿者:  投稿日:09月03日(金)20時00分36秒

おや、てやんでえさん。おひさしぶりで〜す。

 このごろ、掲示板を見に行ってもヤッ太郎君のことあまり書いてない
ですねぇ。療育掲示板に入れない私たちにとっては、応用行動分析の成
果について知るのはそれだけがたよりなんですよ。
                 < ってそれとなく催促(*^^*)

>わたしのとこ、みんな「やっとたどりついた」って言うのです。

 てやんでぇさんのHPは、
「音声言語の表出を!!」
という熱い思いの親御さん方にとっては、道のスタート地点に
「やっとたどりついた。」
ってことなんですよね。

 ここぞと決めた道をまっしぐら!! 
 夢見る寄り道派 A^^; の私には眩しい存在です。


もうひとつ、
てやんでえさんは
「こころなんてものはない」
って言い切っておられるけれど、わたしは、厳しいだろう応用行動分析
のレッスンも頑張ってやっているヤッ太郎くんの姿を想像して、
そこにてやんでえさんの「あついこころ」と、
ヤッ太郎くんの「パパやママへの信頼のこころ」を感じてしまいますよ。
                            !(^-^;)

>自閉症教会の重鎮とけんかしてしまいましたから(^^)

ははは、まだ例の趣味が続いているのですか。何って・・・・・・・・
          ・・・・・・わざと、周囲に敵を作る趣味。(^^ゞ

てやんでえさん、ストレート球でばかりで勝負しようとするから・・。
でも、知ってますか?
自閉症協会奈良支部はてやんでぇさんのページもリンクしてありますよ。
                            (*^^*)
           ↓
   http://www2.justnet.ne.jp/~kawafune/index.htm#D

もう一度応用行動分析で言葉を獲得するページのURLを打ち込んでおき
ますね。掲示板で良いのですね。
               < 昨日の、間違えていたようなので。

http://www.venus.dti.ne.jp/~akimi/akimi/bbs.html


ぞうさんリュック 投稿者:まきママ  投稿日:09月03日(金)20時24分53秒

玲さん、ありがとうございます。まきのかかった小児精神科のドクターより、よっぽど頼りに
なります。

まりんママ、まりんちゃん無事見つかってよかったですね。まきも何度か迷子になってますので、
探してる時の気持ちすごーくわかります。迷子紐ですが・・・まきは5歳ころまで使えるという
ぞうさんリュックを持ってます。ぞうさんの鼻の先にバナナがついていてバナナの先に取り外し
可能の紐がついてます。・・・実はリュックは使ってますが紐はつけたことがないので・・・・
いやがるか、とか不便だとかわかりません。(おともでないし)「○ちゃん○ぱーと」という
通販の雑誌で買いました。
 まきは1歳半ころ、はじめて迷子になってそのときは結構車が通る道路を横断していて、
よく命があったねぇという感じでした。その後もいくら気をつけていてもちょっと反対を
見てるだけでいなくなる、ということがたびたびありましたが、2歳半ごろを最後に迷子は
今のところありません。だいぶ親を探すことが出きるようになったのと、まきの行きたい
ところにとりあえず私もつきあう。でも、後者は時間のない時はできませんが。大型スーパー
は今も行くとサーといなくなるのですが行くとこは決まっているので迷子にはならずに
すんでます。・・・参考にならないかもしれませんが・・・・


迷子対策 投稿者:ウルトラの母  投稿日:09月03日(金)21時23分15秒

名札をつけたらどうでしょう?
迷子札とも言うのでしょうか。取りあえず表に名前、裏に住所と保護者名と電話番号。
好きなキャラクターなどで可愛く作ってみたら子供も気に入るかも!
大型スーパーなどだったら、放送してもらってそれを目印に店員さんや他のお客さんにも
探してもらえるのでは?
万が一外に出てしまっても、連絡先が分かれば捜索もしやすいかと・・・。

ボタン押すとピーピー・・・で思いついたのは、ポケベル。
今はポケベルが下火なので「基本料金0円」というのが出てますね。
発信者が料金を負担すると言うものですが、本体はいくらか知らないけど多機能でなければ
そんなに高くなかったと思います・・・多分・・・。
ポケベルの音はドキッとするくらい大きいから絶対すぐに見つかると思う・・・。
でも迷子になるのがそんなに頻繁じゃなければ、お金のムダかな。

うちのウルトラも最近カートに乗るのを嫌がるし、そろそろ名札も用意しておこうかな。
長男の時は育児サークルで使っていた名札を外出の時に持って行き、チョロチョロしたがった
時には付けていました。
が、彼は自分の氏名・年齢が言えるようになってからの方が迷子になる事が多い・・・。
そう言う私も5才くらいまでしょっちゅう迷子になってたらしい・・・。親子だねぇ。


友達関係 投稿者:ひいろ  投稿日:09月04日(土)00時55分15秒

うちの「ドラ」くん、療育センターでお友達とトラブりました。ケンカというのかなぁ?  
そのお友達は「ドラ」と年は同じ位なのですが、体が大きくすぐ手が出てしまうタイプの子で
暴力をふるったあとでプルプル震えてたりします。
もともと「ドラ」はおっとり系なので、ターゲットになる事が多かったのですが、
今まではその子に近づかなくなるので、あまり問題はありませんでした。
でも「ドラ」くん。今日は、わざわざその子のところへ行って
その子が使っているおもちゃを取ったんです。
明らかに「ドラ」が悪い!!!
でも、療育センターでは安全第一なので、その子を押さえつけるしかないんですよね。
私も「ドラ」をその場で怒ったのですが、
諭すように怒ってしまったのできっとまたやるような気がします。
「ドラ」は人に本当に無関心な子供でした。母親がいなくても泣かず(これは現在もです)
ご飯さえ食べさせておけば大丈夫。後追いなんでする子をみるとうらやましくって・・・
そういう点では、ちよっと屈折した友達関係なんでしょうか?
でもそんな関係が続くとなると、そのお友達がかわいそうで。
今度やったら、真剣に怒ろうと思ってますが、わかってくれるかどうか。

☆まきママさん
>言葉が出たらクレーンはなくなるのかなぁ?
>いつになったら自分の身体の症状が言えるのかなぁ?

うちもクレーン現象バリバリです。
うちの場合は指差しもできず、物を指すときは私の指を使います。
この間、私の母に「お前はコックリさんかぁ」と言われ大爆笑でした。
それでも、たまに突然指差しができる時もあります。
「ドラ」は写真が好きです(絵がためです)。だから新聞広告は大好きです。
スーパーやドラックストア、食べ物関係のチラシが特に好きで、
そういう時には何か話しながら、指差しをしてます。
でも、名前を知りたい時は私を呼んでクレーンで「これなに?」とやります。
そんで名前を教えてやるとゲラケラ笑います。そんな感じで少しずつ覚えてはいるようです。
今は、その指差しを少しずつ減らす努力はしてるんですが、(たまに疲れたと言ってやらない)
ちょっとは効果がありますが、根本的な解決にはならないでしょうね。


はじめまして 投稿者:しのちゃん  投稿日:09月04日(土)01時23分23秒

はじめまして。言語発達遅滞の4歳の娘がいます。
今年の6月に知能検査をしたところ、3歳程度の知能なんて事を
いわれましたが、おうむ返しや、独特のイントネーションなどから
自閉傾向にある、ともいわれました。
実際、本など見てみると娘の様子と自閉症の症状とよく似ているし。
人の言うことが分かる、注意を受けると止める、友だちと遊べる
外でご飯も食べられるし、じっと我慢も出来たりするので
私は、よくなった、育てやすくなったと喜んでいたのですが・・
娘の程度では、障害の認定は下りないようですし。
いったい、娘はなんなんだ!という気持ちが出てきています。
今は療育センターでの言語の療育だけです。
一度、病院で調べてもらったほうがいいのでしょうか?
自閉症、あるいは自閉傾向のお子さんをお持ちの方は
どうなさっているのでしょうか。
良かったら、教えてくださいませ。


元気よ! 投稿者:まりんママ  投稿日:09月04日(土)20時49分05秒

まきママさん、ウルトラの母さん、迷子対策ありがとうございます!
まきママさん>
まりんはリュックは大好きなので、しょってくれると思います。
通販雑誌をさがしてみまーす(^^)ぞうさんも好きなんです
ウルトラの母さん>
ポケベルですかー思わず感動しました!そういう使い方もかんがえてみたら、できるんですね。
明日お店にいって、値段みてきまーす(^^)

このごろ、落ち込むことばかりだったので、今日は家族で遊びまくりました!
プールにいって、大型公園いって、海岸いって・・・。(まりんの好きなところです)
パパはダウンしてしまったけど、私はスカッとしました!まりんも元気!


しのちゃん様 投稿者:朝倉玲  投稿日:09月04日(土)22時16分56秒

はじめまして。
うちの次男坊(4歳になったばかり)はADHDに起因する発達性言語遅滞ではないか、と言われていますが、
なんとなくお嬢さんに似ているところを感じるので、思うまま書いてみます。

うちの次男坊、2歳までは本当に自閉症児のような症状を見せていました。
転んでも痛がらない、呼んでも振り向かない、散歩に出ると転々とどこまでも歩き続ける・・・etc.
今、自閉症の本を読んでみると、あれも当てはまる、これもそうだった、と共通点がたくさん見つかります。
それでも、こちらの言うことは理解しているし、注意されれば止められるし、家族ともちゃんと目が合うし、
で、私たちは自閉症とは思わずに育てていました。
おそらく、その時期に専門家に診てもらえば、間違いなく「自閉傾向がある」と診断されたと思います。
自閉症を疑って発達相談会に行ったとき、次男はすでに3歳。
言葉も社会性も発達を始めていて、保健婦さんたちと一緒に楽しく遊べるようになっていました。
そのため、診断は、自閉症ではなくADHD(注意欠陥性多動症候群)と出たようです。
でも、診断する人によっては、今でも「自閉傾向あり」と出されそうな気がします。
特に、あるタイプ(なぜか観察者のことが多い)には、無関心を決め込んで目も合わせませんので。
(^_^;)

私自身も、次男は本当は何の障害なのだろう、と思うことがあります。
でも、病院に連れていくことに関しては、こんなふうに考えています。
メリットがあるならば、連れていく。メリットがないならば、無理に連れていく必要はない。

この場合のメリットというのは、
@正確な診断が下ることで、障害者の認知などが受けられる。
A正確な診断が下ることで、適切な治療を受けられたり、療育の情報が手に入ったりするようになる。
B正確な診断が下ると、家族や社会の理解を得やすくなって、親(特に母親)や子ども自身が楽になる。
・・・というところでしょうか。
とくにBは、障害を「母親の育て方が悪いからだ」とか「わがままな子どもだ」とか誤解されているときには、
特に有効ですよね。

で、まぁ、我が家の場合は、以上のメリットがないので、無理に病院に連れていくこともないかな、
と考えているわけです。
「我が子が成長してきたわ」、「大人になって、育てやすくなってきたわ」と喜んでやる気持ちの方が、
病院での検査や診断なんかより、ずっと有効なことって、あるような気がするのですが、
いかがでしょうね。(*^_^*)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


玲さんと以下同文。 投稿者:M  投稿日:09月04日(土)23時31分54秒

って引っ込もうと思ったけど、 
甘えてばかりでは申しわけないので、付け加え。。A^^;         

こんにちは、しのちゃんさん。

>人の言うことが分かる、注意を受けると止める、友だちと遊べる
>外でご飯も食べられるし、じっと我慢も出来たりするので
>私は、よくなった、育てやすくなったと喜んでいたのですが・・

>いったい、娘はなんなんだ!という気持ちが出てきています

あのう、、、、、A^^;
娘さんはしのちゃん(*^^*)が見ておられるそのままのお子さんだと思
いますが・・・。それが、一番確かな事実じゃないですかぁ。。

>今は療育センターでの言語の療育だけです。

STの指導を受けておられるのかな。検査の結果のプロフィールの分析
からそういう判断になったんでしょうね。大きな発達の遅滞も偏りも見
られなかったってことかもしれないですね。

でも、
>今年の6月に知能検査をしたところ、3歳程度の知能なんて事を
>いわれましたが、おうむ返しや、独特のイントネーションなどから
>自閉傾向にある、ともいわれました。

「これでは、わかりませ〜〜ん」
って”言語指導の必要あり”という判断に至った経過の説明とからめて、
担当の方にもっとつっこんでみたら? それが先決かもしれないですね。

診断も検査も 
   適切な治療や療育や教育と結びついてこそ意味を持つ
                        と思います。


みなさんに同感・・・ 投稿者:ゆめまま  投稿日:09月06日(月)01時34分17秒

1週間ぶりくらいに来たらたーくさん書いてあったのでうきうきしながら
読んでたらもうこんな時間に・・・。
ほんと感動したり夜更けに一人でニタニタしたりうなずいたり。
ここでは本当に救われる思いになります。

クレーン・クレーン・・・。もうさんざんやりました。
指差しもしない、迷子、本当に皆さんと同じでびっくりどっきりです。
特に迷子に関しては一番青くなったのに、スーパーの隣のホームセンター
のペットショップでみどりがめをみていた・・っていうのがあったときにゃ
もうたまたま見つかったようなもんで、泣かないので周りもわかんないし
国道沿いだしで生きた気がしなかった。

”普通の子”について書かれてましたけどほんと、何が普通って難しくて
最近言葉も少し増え、遊びにも広がりが出来、情緒的にも落ち着いてきた
娘を”はー少し楽になったかなあ。普通に近ずいたかな”などと思う自分は
果たして普通の人間?  秋・秋・あき。またまた放課後は公園通いの日々ですう。


やったぞ! 投稿者:こくっぱの母  投稿日:09月06日(月)10時28分53秒

 このたびめでたく?こくっぱに介助がつくことになりました。
 話せば長くなりますが・・・。
 我が家には寝たきりの年寄りがいて、こくっぱは1才から公立の保育所に通っています。
ずーっと「変わった子」できてました。のりたまのふりかけを保育所にキープしたのもこくっぱが
初!(これしか食べなかった)。ロッククライミングをしてどこでも登るので、たんすやロッカー
にダンボールをはって防ぐはめになったのもこくっぱの為・・・。
 そして年少の今年、運動能力に自信たっぷりのこくっぱは、ついに保育所のフェンスをよじ登っ
て外に脱走するまでに育ったのです。
 年度途中ではありましたが、お役所に介助員をお願いに園長さんと平行して通うこと数回。
最初は冷たくあしらわれたのですが、療育手帳をもらい、かかりつけの小児科医に診断書をもらい、
保護者会の会長さんも要請にいってくださり、やっと介助がつくことに。

しかし、お役所の担当の方が保育所までこくっぱをみにきて、「おかあさん、普通の子じゃない」
とおっしゃった時には、絶句しました。何と答えてよいものやら。
こくっぱはぱっと見には、かしこそうな(親ばか?)顔をしてます。この辺が世間と渡り合うのに
難しいところなんでしょうか?けっきょく、

「精神発達遅滞。学校、園生活において介助が必要と認める」

という診断書が決め手になったようです。いざという時駆け込めるお医者さんは大事ですねえ。
いま、介助員を募集しています。なかなか適当な人がみつからなくてたいへんですが、園長先生の
「ただ押さえつけてしまうような人でなく、こくっぱの気持ちに寄り添える人に来て欲しい」とい
う熱意を尊重して、母はただじっと待っています。どなたか広島くんだりの山の中まで働きにいら
っしゃいませんか?


マリンままさん 投稿者:M  投稿日:09月06日(月)21時14分08秒

前回の件です。
いわゆる 構音指導というのは一般的には発達が4歳を越えてから様子
をみながら始めることが多いのですが、療育の場などでは、マヒのある
お子さんには早い時期から呼吸や発声訓練を始めることもあるとのこと
でした。ただ、それによって緊張が高まるタイプの子にはあまり時間は
かけないというのが基本のようです。

お家で普段できそうな、C・S・S・Bの指導について私の知っている
ことも含めて書いておきますね。
chewing(噛む)sucing(吸う)swallowing(飲む)blowing(吹く)
ですが、食事の時に少しずつかたいものを噛むように心がける。短めの
ストローから徐々に長いストローにしてジュースを吸う。食べ物や飲み
物を飲み込む。ラッパや笛を吹いたり、ろうそくを吹いたり、シャボン
玉をしたり・・・。等々、そんな遊びが結局、自然な形で、発音に必要
な口腔の機能も高めていっているって事ですね。
吹くことについては、他にも紙片や羽毛を吹き飛ばしたり、ピンポン玉
や発泡スチロールの球を吹いて転がしたり、風船をふくらませたり、巻
き笛で遊んだりと、子どもの力に合わせていろいろ方法がありそう。

あと、あかんべー遊びとか、不二○のペコちゃん遊びとか百面相遊びと
か A^^; の舌を自在に動かす練習も必要な子も。遊び心でどんどん広
げていけるかも・・・ね。


ゆめままさんを初めとする最強の指導者様各位 投稿者:  投稿日:09月06日(月)21時19分02秒

>秋・秋・あき。またまた放課後は公園通いの日々ですう。

  砂遊び、水遊び、ブランコ、滑り台、かけっこその他、乳幼児期の遊び
  っていうのは結果として、知覚、認知の力も育てるものでもあるわけで
  こうやって考えてみると、本当に「療育」なんて大袈裟に構えなくても
  取り敢えずはやれることってたくさんありますねぇ。


こくっぱの母さん、

>どなたか広島くんだりの山の中まで働きにいらっしゃいませんか?

  住み込みじゃあないと、交通費だけでも高うつきそうじゃねぇ。
  あ、バスは通っとった? キャッチフレーズは、
  「徒歩2時間? 体力作りにもええ お山の保育園」 
         元気印のええ先生が早うみつかったらええのにねえ。


ウラからワープです 投稿者:ウルトラの母  投稿日:09月08日(水)11時38分15秒

新米おやじさま

 >2歳1ケ月になる我が息子、相変わらず2語文も出ません。1日に1語も増えません。
 >そろそろ、何らかのアクションを起こすべきなのでしょうか?よく、「3歳まで待ちま
 >しょう」 という言葉を聞きますが、本当にそこまで待っていていいのでしょうか?
 >聴力検査だけでも受けた方がいいのではないでしょうか?
 >動くとしたら、まずは何処に行くべきなのでしょうか?

難聴児の母として一言アドバイスする事は・・・。
ある程度聞こえる子は発見が遅れがちなので検査を受ける事は有意義だと思います。
聴力検査は耳鼻科と思いがちですけど、小児科からもオーダーできるんですよ。
もしイロイロと検査してはっきりさせたいと思うのならば、小児科からが後々スムーズかも
しれません。
ウルトラが日常的にお世話になっている病院では言語科というものがあります。ここへも
小児科からの紹介状で回されました。

病院へ行くほど深刻ではない場合は、保健婦さんにまず相談してみるのもいいかもしれません。
市役所や連絡所、保健所にいらっしゃいます。外回りしている事も多いので、アポを取ると
確実です。電話でも相談に乗ってくれます。

病院へ行けば何かしら「診断」してくれるでしょう。
保健婦さんに相談すれば「あそびの教室」のようなものに参加して発達を促す方向にもって
行ってくれると思います。
どちらを選ぶかはご夫婦で相談して下さいね。実際に動くのはママさんなんだし。

「子供の成長をじっくり待てない! 待ち過ぎて後で後悔したくない!」
というのなら色々アクションを起こすことは悪いことではないと思います。
何もなかったら後で笑い話にしてしまえばいいのですから♪

あ、どちらに相談に行く場合にもこれまでの生育歴を聞かれますから、母子手帳はもちろん
首すわりや寝返りなどがいつ出来るようになったのか、一覧表にまとめておくと便利ですよ〜。


余談ですが、長男の事を振り返ってみると・・・
2才1ヶ月では2語文は出てなかったと記憶しています。その他の発達がとても早かったので
「男の子は言葉が遅い」を鵜呑みにしてましたし、彼の場合は実際そうだったようです。


ウルトラ母さんの言われるように、 投稿者:M  投稿日:09月08日(水)21時14分57秒

高度難聴の場合は、保健所の実施する1歳半検診でわかるでしょうが、中度や軽
度の難聴では見逃されることも少なくないようですよ。

テレビの音や呼びかけに反応するから、
「聞こえている。聴力は大丈夫。」
と思いこんでいて、それにしても反応が良くないのでと・・後になって検査をし
たら、高音域の聴力損失があった等という話しも何度か聞きました。

高音域の音というと、リングベルとか、ディナーベルの音です。語音の成分で言
えばサ行、カ行音等が高音域の音です。聞き取りにくい音があるということは、
その音だけでなく全体的な言語発達にも当然影響はあるわけで、心配な要素が少
しでもあるのなら、検査は受けておかれた方が良いと思います。

その場合、受診するとしたら、聴力にもし問題がないのならば、
「他の原因は?」
ということでさぐってアドバイスももらえ、療育の必要があるのならそこへもつ
いでもらうという意味で、○○センター等の名称の総合医療&療育センターって
手もありますよ。でも、予約待ちの覚悟は必要かも!!

お忙しのgodzilla師匠〜〜っ、
       他に漏れがあったら、付け加えをおねがいしま〜す。


聞こえてると思ったけど・・ 投稿者:ゆめまま  投稿日:09月09日(木)01時38分53秒

ある程度単語も増えてるし、会話・・とまでも行かなくても
こちの言ってることも分かってなんらかのアクション(一言だったり
動作だけだったり)があるのだから大丈夫と思ってました。
言葉が遅いという不安から今度は、今一ヶ月に一回通っている言語療法
のある福祉施設のほかに大学病院の言語外来も予約してて(1ヶ月待ち)
前回の話では(ほとんど初診の山のようなアンケートでおわった)
”次回はシロップの睡眠薬を飲んでもらって聴力検査をして・・”との
ことでした。聴力検査はやってみたのですか子供がだんだん飽きてきたのか
高音の段階までくるとボタン押さなくて結果がはっきりしなかったようです。
初めてのところだったし耳の内診もあって歯医者さんみたいな椅子に座らされ
たのから始まってたので緊張しっぱなしだったと思うし・・・。
私としては耳のこと疑いもしないほどだったし、眠らせてまで・・という意味では
少し抵抗もあります。

最近は単語も増えて2、3語文・・といっても単語を並べてそれらしい文といった感じ
でこちらも以前よりはずっと分かりやすくなったからか、子供も情緒も安定している
ように感じます。が、気になることがあって”ごっこあそび”をよくするように
なったのですが二つのお人形を手になにやら二人分の役やっててその会話というのが
部分的に”前に絵本で見た””ビデオの気に入った場面”の再現だったりします。
それもその”部分”というのがけっこう長くてよくまあおぼえてるもんだわと。
他にも絵本なども自分でパラパラとめくりながら私の時々話す言葉やあいずちや
質問もところどころ織り交ぜたまま覚えてて一まとめに口にしてるんです。
そればかりとは限ってないのですが、少し危ない感じがして・・。
”イメージした世界に執着しやすい”とのことでした。
また”つまさきだち”も相変わらず頻繁でこれは平衡感覚が弱くてつまさきで
バランスを頑張ってとろうとしてる・・とか。全体のバランスが悪く
”器用さに欠ける”というのをいわれました。が私としては自閉的傾向が
あるようなきがして・・・。

何であってもいいんだけどとにかく今はかわいくてかわいくてしょうがない
んです。思いが伝わらなくてわからなくてパニックになる娘の前で放心状態
の毎日だった暗黒の時代(3歳まで)を思えばぎこちなくてもそれらしく、
大粒の涙(おおげさすぎて演じすぎのことも・・これでいつも親は騙される)
を流しながら”にーちゃん たたいたー”と訴えると(うそのこともある)
おもわず抱きしめてしまいます。
また私の感度が悪くてわかってあげられなくても小さい嵐でおさまるように
なりました。でもしばらく良くなったように思える時期もありますが・・
みたいなこともどこかで拾い読みした記憶が・・・こわーい。
まさに”のびたくん”の長男も問題なのですがまだ1年生なので個性の範囲
なのかどうなのか・・・。頭の痛い毎日ですが 3人でころころ笑って過ごしてます。
(おいおい、パパはどうしたー。)


聴力検査の件、 投稿者:M  投稿日:09月09日(木)19時09分57秒

>私としては耳のこと疑いもしないほどだったし、眠らせてまで・・という意味では
>少し抵抗もあります。

 実はね、地域の保健婦さんと話をしてて、
「乳児には睡眠薬飲ませてのABR(聴性脳幹反応聴力検査)しかないんでしょうか
 ねぇ。」
という質問を受けたばかりだったんですよ。
   < そんなこと、私に聞かないで (・・? 
         GODZILLA師匠に聞きたかったけどインターネットではないので、聞けなか
         った・・。
     それで、しかたなく自分で調べてみました。

ヘッドホンをつけてボタンで反応する検査が難しい乳幼児には、まばたきや表情など
の反応から難聴の有無を確認するインファントオージオメーターっていうのがあるの
ですが、それなら検査時に助手をしたことはあります。

その反応が確かでなかった場合BOA(聴性行動反応検査)COR(条件詮索反応聴
力検査)などの精密検査を実施するようです。
その検査でも反応が得られない子にはABRを実施するって「教科書 A^^;」には
書いてあるのですが、いきなりABRっていうのも結構あるんでしょうかね。うちの
地域の総合病院の耳鼻科もオージオメーターでの検査も可能な小学生にもABRを実
施するって聞いたことあります。

私も親の立場なら、できれば薬は避けたいなぁ・・。

病院には病院の方針があるのだろうけど、親にも親の方針があるのだから、
「どうしてもABRを受けないとわかりませんか?」って聞いてみたらいいのでは?

親の気持ちを受け入れて下さる病院なら最善の方法を考えてくださる筈ですよ。
                           ねぇ、病院関係の皆様。


聴力検査〜3歳児検診時に〜 投稿者:朝倉玲  投稿日:09月09日(木)20時11分49秒

3歳児検診といいながら、うちの次男は、風邪をひいたりで、3歳6カ月で受けたのですが、
その時、自宅で予備的に検査してくるものに、
「電話の受話器を耳に当てさせ、ツーという音が聞こえましたか?」という項目がありました。
その時点ではまだ、次男はこちらの質問に答えることが出来なかったので、
考えた末、
受話器を耳に当てさせた状態で、電話機の後ろの接続端末をこっそり引き抜いてみました。
すると、抜いたとたんに次男が「あれっ?」という顔をしたので、聞こえているのが分かりました。
>ヘッドホンをつけてボタンで反応する検査が難しい乳幼児には、まばたきや表情など
>の反応から難聴の有無を確認するインファントオージオメーターっていうのがあるのですが、
とありましたが、このやり方をやっていたんですね〜。結局。(^_^;)
電話のツーという音は、高音域に含まれているのでしょうね。<難聴に関しては、いまいち良く分からないです

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


亀レスですみません 投稿者:新米おやじ  投稿日:09月09日(木)21時28分20秒

仕事が(珍しく)忙しかったもので、2日ほどお休みしていたら、聴力検査の話題や、
私の独り言へのレスで、盛り上がっていますね。お礼申し上げると同時に、返事が遅く
なりましたことをお詫び申し上げます。

取り敢えず、というのも変かもしれませんが、来週早々、奈良県立医大に行ってみます。
ここ数日悩みましたが、失うものもないだろうと思いまして。でも、決心してから息子
の様子を観察すると、「着実に成長してるじゃないか」などと思ったりして、相変わら
ずフラフラしている馬鹿な親です。

そうそう、「遊びの教室」(こちらでは「パンダ教室」という名前がついています)は
半年延長することになりました。妻が少々がっかりしているようでしたが、これもまた
失うものがあるわけではないし、社会性が少しでも身につけばいい、と私は肯定的にと
らえています。


うちの場合 投稿者:ウルトラの母  投稿日:09月10日(金)00時11分59秒

いきなり、ABRでしたー。(入院中だったからかなぁ?)
ついでなので脳波もとったら、実際の月齢(5ヶ月)より幼い波が出ていると言われたので、
「おいおい、知的障害もかよー」と思ったものでした。今はどうなっているかわかりませんが、
それなりに追いついては来ているみたいです。

で、ABRで中等度難聴と言われ、それから別の医療機関へ回されて8ヶ月の時に
オージオメーターをやりました。
こちらの方では軽度とされ、実際の聞こえの程度に合っているようです。
ボタンを押したりする検査はもっと大きくなって検査の方法を理解できるようになってから
と言われました。
ABRについては、医師からは「生後間もない乳幼児でもできる検査」と説明されました。

お薬について皆さん心配されてますね。
正式名は知らないけど通称「トリクロ」と呼ばれているオレンジ色の甘ったるいシロップです。
子供が何かしら検査を受ける場合、じっとしていられないのでよくこれを用いられます。
睡眠導入剤のようなものらしく、そんなに強くはありません。検査が終わって大きな声で
呼んだりゆすったりすると目を覚まします。実際、これで眠らない子も多いのです。
眠らないと坐薬(これはコロッと眠るので最終手段)を入れられます。
うちの次男はこのトリクロを今までに両手で数え切れないくらい飲んでます。聴力検査以外にも
心エコーだ腎エコーだなんだでごく日常的に使われていました。
(今はエコーの時はビデオを見てじっとしていられるので飲まなくてもよくなりました!)
1回くらい飲んでも心配ない薬だと思いますよ。(・・・多分。あんまり鵜呑みにしないでね)


>私も親の立場なら、できれば薬は避けたいなぁ・・。

 あはは、そうなんでしょうねぇ。なんか私、検査だとか薬だとかに抵抗感が薄れてて、
 感覚が麻痺しちゃってるかもしれません〜。
 (1年間で80枚も病院の領収書をもらう生活してたのです。家族全員で100枚!)
 でも検査や薬のお陰でウルトラがここまで元気になれたのも事実。聴力検査もやっていな
 かったら、未だに聞こえているはずと思っていたかも。
 補聴器屋のおじさんが「3才までに音が入らないと精神発達に遅れが出て、8才までに
 音が入らないとしゃべる事ができなくなる」と言ってました。これはもちろん重い難聴の
 事ですが、息子の脳波が実年齢より幼かったのは音刺激が少なかったからかなぁとも
 思いました。


◎新米おやじさん

 「パンダ教室」というものに通ってらしたんですか。半年延長になってがっかりしている
 ママさんの様子、なんだかとてもよく分かります。週1くらいでしょうけど、たま〜に
 面倒くさかったりもしますよね〜。ママさん、お疲れ様です。


◎朝倉さん

 うちの子は1ヶ月余り前に3歳児健診に行きました。
 耳の検査は勿論やらなかった(健診でもそこはパスされた〜)けど、視力検査もできなかった
 です。上とか下とかの概念もなく、輪が切れている方を指さしてと言うのも理解できなかった
 からなんですが・・・。
 朝倉さんとこは視力検査はどうしました?
 何か良い方法ないかなぁ????



あ〜とても長くなっちゃった。読み疲れた方、ごめんなさい。
それでは、おやすみなさい。

掲示板過去ログ案内に戻る

HOMEに戻る