1999年9月その4/5
さっそく・・・・ 投稿者:ぴっぴ  投稿日:09月23日(木)17時04分43秒

お返事ありがとうございました。
玲さん、共感していただいてとてもうれしいです。
私も玲さん、ねむりんさん(あっ、はじめまして。よろしくおねがいします)
と同じく、
>ハンディキャップは、きちんと客観的に認識して、少しでも良い方法をとって行ければ
と思っています。

確か少し前の話題に出ていたと思いますが、↑それゆえに、私は、診断が欲しいと
思っています。それがなければ、何が問題で何を援助することができるかの方向性が
定まらないと思うのです。
ゆっくりと愛情もって待ってあげることも確かに大切だけれど、
今できるかもしれない最善のことがあるかもしれないのに、知らずに逃したくない!!
っていう気持ちの方が強いのです。
でも今のところ、子供なりに少しは伸びていることもあって、先生方も?の状態が
続いています。フーン・・・。
せめて今できることをやらないと後で後悔するかも・・・
っていうとても大きな不安がどうしてもどうしても拭えないので、悶々としてしまいます。

アー神様、十年後位の未来をみせてよーーーー!って、ほんとに言いたいです。


ウルトラの母様、はじめまして。
私も今まで何度もありました。
重度で寝たきりの子供さんなどを引き合いに出されて、それよりも幸せじゃないかって言われた
ことが。
そして自分でもそう思うことで少しは自分を慰めようともしてみました。
でも・・・それは何かとても違うと思いました。
決して人との比較なんかじゃないんですよね。うまく言えないけれど。


あせったり、うらやんだり、ほっとしたり、絶望したり・・・色々な気持ちをたくさん味わっ
ていて、
なかなか自分の中でうまく整理できそうにありません。
ドーンと落ちついて割り切った母になりたい、というのが希望ではありますが、
ウーン、ほど遠いかなあー。

皆さんの意見を聞いたり書いたりしながら、色々考えていきたいと思います。




こう思いました。 投稿者:akagumi  投稿日:09月23日(木)17時15分29秒

ウルトラの母さんへ
家でちょうだいと言っているのなら、基本的なところでは
心配しなくてよいと思います。
ジェスチャーだけでもらおうとする行動がどういう理由で
出てきたかだと思います。
1 緊張場面なので、「ちょうだい」を言う気持ちにならない。
2 他の子が「ちょうだい」を言わなくても、もらっている
状況を見て、その方が楽なので「ちょうだい」を言う気持ちにならない。
この2つならば「状況把握ができていて、その場に合った適切な
行動をとっているんだなあ。ククク。」でいいと思います。
3 他の子が「ちょうだい」を言わなくても、もらっている状況を見て、
この場面はジェスチャーで要求を表出するんだと考えて、
「ちょうだい」を言わない。
これは少し気になります。この場面だけに出ていて、
家庭、もしくは外出している場面などでは「ちょうだい」が
出ているというのであればセーフですが、この母子教室場面での
ジェスチャーによる要求表出が他の場面でも増えてきて、
「ちょうだい」が減ってくるとちょっと不安です。
たとえば、ウルトラ君が1番にお菓子をもらえる場面や
「ちょうだい」と言う子の次に回ってくる時には「ちょうだい」を
言ってるでしょうか。
この場合「他の子のジェスチャーだけ」というモデルがない
状況なので、「ちょうだい」を言う確率が高くなります。
一方、直前にもらった子がジェスチャーしてもらうのをしっかり
見てる時に、「ちょうだい」が出ないと2か3になる可能性があります。
これは、ウルトラ君にとって「ちょうだい」を言うことの
難易度と効力感、達成感によるんですけど。
2と3の違いは、外からでは分からないと思うんですけどね。
そのおやつ場面でジェスチャーではもらえないという状況になったとき、
発語に切り替えれば2の可能性が高く、再度ちょうだいのジェスチャーを
繰り返したり、大げさにして見せたりすると3の可能性があります。
ジェスチャーを繰り返すという方法論を取るようになると
ジェスチャーによる要求表出が他の場面で増えてくる可能性も出てくるかな。
その辺りは他の場面での様子次第ですが。
一度、気持ちを広角レンズにして見て下さい。
あと、合う合わないですが、これは「うちの子を伸ばすために
この機関を利用してやろう。」という観点で考えてみて下さい。


発音のこと忘れた 投稿者:akagumi  投稿日:09月23日(木)17時16分22秒

発音の面のことを忘れたので、追加します。
指導場面で「ちょうだい」を言い始めたとき、
即、発音の矯正があったでしょうか。それでその後、
「ちょうだい」が出てないとしたら、発音を直させられたことの
マイナス面が出たのだと思います。
ウルトラ君の「ちょうだい」の構音の状態にもよるんだけど。
目標音に近づくまでの練習がその子にとって適切でないと
「いやな練習の元となるちょうだいそのものを言わないようにする」
ことは当たり前の適応行動ですから。
おやつという強化価値の高いものを使うと起こりやすい過ちだと、思います。
一方、家庭では発音が悪くても「言えばいいや。」って済ませて
いるんだったら、「折角、ちょうだいってがんばって言ってくれたウルトラ君」の
がんばりに報いていないことになります。 発音にゆがみがあって、何回かの言い直しで改善できそうなら、 「もう1回だけ、言ってみて。」「もう3回だけ練習しよ。」って 一緒に発音の練習をしてみて下さい。練習回数はいつも同じに決めておくべきです。 もう1回と欲張らないで、3回なら3回を守ってやって下さい。 おやつを子供の手やお皿に載せて、手も握ってあげて、 とろけそうな笑顔で(たとえ、はらわたが煮えくり返っていても)働きかけ、 3回言ったら、「えらかったね。はいどうぞ。」といってあげて下さい。 家庭でこういう働きかけをして 「発音の言い直しをさせられることはすごくいやなことじゃない。」 「言い直しをしてよりよく伝わるっていい感じ。」 って経験を作ってあげることは、教育の場でがんばらざるを得ない ウルトラ君にとって、とっても大切な経験です。 「構音が適切にできた。」という結果は後からついてきます。 絶対にお菓子をくれるんだ。 お母さんは僕のいやがることなんかしないはずだ。 というベースを築いているお母さんでないとこういう場面での 発音練習はできません。少しだけでいいからやってほしいなあと思います。 追伸。子供は調教なんかされません。 「いただきます」や「ちょうだい」は、ものを食べたり もらったりする場面だからこそ機能する言葉です。 だから、子供ががんばって言ってくれた後 「当然の礼儀としてたべてもらう。」んです。 「ごめんなさい」とか「赤い車が走ってる。」とか練習した後に お菓子をあげるのとは意味が違います。 おやつを訓練場面で使うことは種々の マイナス面が出てくるので、私はやってませんが。 調教されているとしたら、大人の方でしょう。 子供の発語とか笑顔とかにつられて、ヒーヒーがんばっちゃうんですから。


軽い重いの話 投稿者:akagumi  投稿日:09月23日(木)17時22分35秒

障害に軽いも重いもない
私もそう思います。
「踊る大捜査線」で「事件に軽いも重いもない。」って
台詞をすみれさんがあおしまくんに言うんだけど、
ほんと、そこに関わる人たちにとってはおんなじ重みの問題点で、
そこから、何をどう改善していったら子供が少しでも
幸せになれるのかを考える真剣みも一緒です。
でも、でもね、親御さんたちが「うちの子は軽いから。」という場合、
意図の中には障害をもつ子を育てることのつらさとか
大変さをその人なりに感じてて、相手の痛みを自分のことのように
感じてしまうそのやるせなさを吐露したのではないかと。
そして、この親御さんががんばってるのに何やってんだか、
私もがんばらなきゃって、
自分にむち打っちゃう(打たんでいいのに)。そんなふうに思います。
言葉は難しいですよね。だから、一生懸命考えて、発するのだと思います。
ただ、聞き手として、
まずは相手を「好きぃ」と思いながら聞くと変な風にとらなくていいかなって。
これを見て、あやしいセールスの人が来たらどうしよう。
まあいいや、金ないから。


わぁ〜い 投稿者:ウルトラの母  投稿日:09月23日(木)19時11分12秒

専属家庭教師ができたみたいで、ものすご〜く嬉しいです!

たびたびこの掲示板を私物化しているワタクシですが、個人メールでやりとりするより
状況の差異はあっても「母親」と「指導者」のやりとりを生で皆さんにご覧いただけるのは
他のママさんたちにも絶対プラスになる、と思ってここを使わせてもらってます。

>一度、気持ちを広角レンズにして見て下さい。

 そうですね。360度大パノラマになってしまっていたかも。
 私、ウルトラには大甘なんです。叱るときには叱るけど、怒った事はないです(多分)。
 なんか可愛くて可愛くて仕方ない。叱ると泣きそうになる時の顔さえも可愛い。
 イタズラなんてしてくれた日には、一応「イケナイ!」って叱るんですが心の中では
 「おおっよくぞここまで知恵ついたね。成長したね」って思ってるから顔がニヤニヤして
 しまうほど。

 チャレンジして出来ない事には手を貸しているのですが、チャレンジ精神がとても稀薄
 なので、「すぐに手を貸してしまうのね」という評価を受けてしまい、これがこの
 ややこしい感情の始まりだったかもしれません。
   私の育児って間違ってるのぉぉぉぉぉ!? そうか、この子も実年齢は3才なんだ、
   いつまでも私に頼ってたらダメなのねぇぇぇ。(エコーかけて下さい)
 自分が積み重ねてきた事を変えようとするしわ寄せが不信感となって現れたのかも。

 先日から数々のアドバイスをして頂いて、本当にありがとうございます。
 私の方こそプリントアウトしてノートに貼って吟味してみます。

 「ちょうだい」は「オーアイ」、「お茶」は「アーカ」という程度の発音です。
 最初から言葉を発しない時の方がまだ多く、促すと発音します。
 冷蔵庫を指さし「アーカ」。「お茶? 飲みたいの?」「ン」(冷蔵庫をあける)
 「アーカ」(お茶を指さし)「お茶ね。お茶なぁに? ちょうだい、だね」「オーアイ」
 「お茶、ちょうだい」「アーカ、オーアイ」「コップに入れるよ、トトトトト・・・」
 「カカカカ・・・」「ウルトラく〜ん」「アーイ」「はい、どうぞ」(渡すが、黙って
 飲もうとする)「ありがとう、だよ」「アッ」
 こんな調子です。発音練習とか言い直しとかは特に意識してませんでした。
 先生には、もっとお茶の色や量、冷たさ、渇いていたのどが潤った感じなどを話すように
 と言われ、もっともだと思うがゆえに頭抱えてしまいます。(どうしてできないんだろって)
 いつか私の頭の回転がもっと速くなって、舌もフル回転できるようになりますように。

>「踊る大捜査線」で「事件に軽いも重いもない。」って
>台詞をすみれさんがあおしまくんに言うんだけど、

 このドラマは再放送で毎日一緒に見ていたので、ウルトラはすっかり織田ファンになり、
 ケータイのCMを見ると「アーッ!」と大興奮してました。サル耳同士、惹かれるものが
 あるのだろうか・・・。


○ぴっぴさん

 >そして自分でもそう思うことで少しは自分を慰めようともしてみました
 
 最初はそうですよね。でも違う・・・ちっとも慰めになんてならない・・・
 もっと大変でも頑張っているママもいるけど、私は私。できる限りの事、してるんだもん。
  


はじめまして・・・ 投稿者:ruru  投稿日:09月23日(木)21時42分15秒

 はじめましてみなさん ruruと言います
今悩んでいる事があります。
私の子供は、精神発達遅滞です
左利きなんですが、無理に直すと良くないと言われて
右に直さなかったのですが、学校での漢字の書き取り
などが始まって、やはり不利を感じてしまって、(他にも
不利な状況を感じてます) 思いきって右に変えようかと
思っているのですが、そんな経験をされた方はおられない
でしょうか?
 一番怖いのは,せっかく書けるようになった字が,鏡文
字になってしまう事と、混乱して自信を無くしてしまう事
です。それでも今の世の中右利き用に出来ているので、
出来れば右に変えたいと,強く願っています。
 何か良いアドバイスを、お願いします


参考になりやした 投稿者:akagumi  投稿日:09月23日(木)23時04分37秒

>先生には、もっとお茶の色や量、冷たさ、渇いていたのどが
>潤った感じなどを話すようにと言われ、
なるほどねえ、たかがお茶でそこまでつっこむかとびっくり...って
研究授業とかで、そういわれちゃったりしたら、どう答えます。Mさん?
akgumiはおたおたしながらも、とうの昔そんなことは思いついていたわい
という風情で
2杯目はほんのちょっとにして「少ないから、よこさんかい。」
と言う場面を作るとか、今度そういう機会があったら、
冷たい。」と言わざるを得ないくらい冷たくしてあげるとか
言うのかなあ。
>潤った感じなどを話すようには「あー」でいいんじゃない。
それでだめなら、みんなして、はしりっこしてのどを渇かせてから
飲むとかなんてどうですか?なんて言ってみたりして。


はじめましてruruさん。 投稿者:  投稿日:09月24日(金)00時27分11秒

>学校での漢字の書き取りなどが始まって、やはり不利を感じてしまって、
>(他にも不利な状況を感じてます) 思いきって右に変えようかと
>思っているのですが・・・・・・

 以前にもここで鍵盤ハーモニカが右利き用で使いにくいっていう話があ
 りました。
 あとで、そこも読んで見られたら何かの参考になるかもしれないですね。
 URLは下に書いておきます。

 確かに世の中はまだまだ右利きに有利にできていますよね。一説では、
 世の中の90%の人が右利きだという事です。だからでしょうね、きっと。
 
 でも、世の中がそうだからそれに合わせる処世術を優先させるべきか、
 逆に、世の中の方がそれに合わせる本来の姿を求めるべきか、
 これって障害児者の問題と根本では相通じるものかも知れませんね。
 
 それはそれとして、

>混乱して自信を無くしてしまう事です。
  
 お子さんの様子を見られていてその可能性が高いのなら、無理して矯正す
 る事の弊害のほうが大きいように思います。
 
 両手利きの人を含め左手を使える人は10%もいるんですよ。
 大脳は左右に分かれ、そこから出た運動神経は脳幹で交差してせき髄に入
 っています。そのため、右脳は左の動きを、左脳は右を支配しています。
 だから、右脳が発達しているから左利きになったという説もあります。こ
 の説はあまりにも単純化しすぎだと思いますが、
 少なくとも、
 自然に育った左利きなら、その自然のままで、生きていく術を獲得して
 いくのが自然ではないかなとも思います。 

 左利きのためのグッズも増えています。
 はさみや包丁、カップ類、コルク抜き等も見たことありますよ。まだ、少
 ないですが、それだけ社会が左利きを認知しようとしている証拠ではあり
 ますよね。 

http://www.kcat.zaq.ne.jp/aaaam500/996gatu2.html


ふふふ、わたしはびくともしませんよ。 投稿者:M  投稿日:09月24日(金)00時36分31秒

>>先生には、もっとお茶の色や量、冷たさ、渇いていたのどが
>>潤った感じなどを話すようにと言われ、
>なるほどねえ、たかがお茶でそこまでつっこむかとびっくり...って
>研究授業とかで、そういわれちゃったりしたら、どう答えます。Mさん?

研究授業と、子育ては違うよね。
「子育てでは、            
 子どもに寄り添うことと
 こどものことばを育てることと
 両立するなら両方を取ればいいけど、
 もし両立しないなら
 前者をとるのが自然じゃないですか。」
って、反論するだろな。

だから、
「親は子どもの様子から共感できる事を語りかけたらいいのじゃない?」
って答えると思う。
ウルトラ君が、本当においしそうに飲んでいたら、
「おいしいねぇ。のどかわいてたんやねぇ」
だし、冷たいことに感激しているようなら、
「つめたいねぇ。お茶つめたいねぇ。」
で、十分だと思う。
その時のウルトラ君には、お茶の色も量も関係ないよね。

もっと飲みたいと要求したらそこで初めて
「わぁ、もっと欲しいの。少し?たくさん?」
って、聞けばいいわけよね。

ことばを「教えよう」とすると、それに気を取られて、子どもの心の動きの
変化に気がつかなくなるおそれがあると思う。

でも、勿論、それをノートに記録するときは、
「こう言う表現もある」とか
「つぎ、こんな時はこう言えばいいかな」とか考えるのは大事なことだと思う。
ノートを取る時は、お母さんも研究授業と同じスタンスでいいと思う。

でも、普段の生活で一番大切にしたいのは、子どもの心に寄り添うこと。
こころのあることばを育てたい。。。


ふっふっふ。同感です。 投稿者:ねむりん  投稿日:09月24日(金)01時31分44秒

研究授業の話なんか出てきたから、つい、乱入しちゃいます。

●Mさん、akagumiさん
akagumiさん>研究授業とかで、そういわれちゃったりしたら、どう答えます。Mさん?
Mさん>研究授業と、子育ては違うよね。…中略…
Mさん>もし両立しないなら 前者をとるのが自然じゃないですか。」って、反論するだろな。
同感ですっっっ。(握り拳)
私は「研究授業と『学校教育』とは違う」と、思ってます。実際は。
(決して研究授業が苦手な事の言い訳ではない……………はず)
研究授業って言うのは、あくまで教員向けのデモンストレーションのようなものですから、
研究授業でやる事と、個々の子供に良い事って言うのは一概に同じとは言えないですよね。

教える事のテクニックは必要です。でも、それが優先してしまって、「子供自身」が
置いてきぼりになってしまったら、何にもならないです。
何より私が、「やってて面白くない授業」は嫌です。(爆)

何だか書けば書くほど「私が研究授業が下手な言い訳」になっていきますが………(汗)。
でも、母親としても、娘にはそういう先生が付いてくれると嬉しいなぁ。甘いかしら…。

「いろいろな先生が居る」って書いたばっかりで、こんな事叫んでしまうのも申し訳ないですが……
でも、私は娘もこういう姿勢で育てていきたいです。
何より、楽しくないと、私自身が壊れてしまいそうなので、それだけは避けたいです。
(↑あ。ここだけは切実…笑)

何だかいきなり「教師モード」入ってしまいました。
し、失礼しました。ご不快だったら無視して下さいね(汗汗)。


教師ドラマを見ているようだ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:09月24日(金)10時48分46秒

やっぱりここでakagumiさんとやりとりして良かったです。

ねむりんさんも参入されて、まるで「教師ドラマ」の「職員室で交わされる会話」を
見ているようだー。(笑)

ならば玲さんは「非常勤講師」ってとこですかね。もしくは「担任が産休とってて代理で
来ている先生」とか、「塾教師」とか。
はたまた教員試験にパスしなくて就職浪人しているとか・・・?
どれにします?


そぉですねぇ 投稿者:朝倉玲  投稿日:09月24日(金)11時35分26秒

>ならば玲さんは「非常勤講師」ってとこですかね。

実際の職歴から言うと、非常勤講師(ただし、幼稚園の)と英語塾講師ってところになるのかなぁ。
・・・・・こう書くと、もんのすごく真実から遠くかけ離れたイメージになっちゃうんですけど。(苦笑)

んじゃま、今のご時世で教室に子どもが集まらず、
やむなく非常勤のバイトに来ている塾講師ってことに・・・(爆笑)
それで、偉そうにしゃしゃり出てる私って、いったい・・・・・・(^_^;)

http://village.infoweb.ne.jp/~asakura/


いや、やっぱり 投稿者:  投稿日:09月24日(金)15時46分47秒

 Mの産休代理をお願いしたいわぁ。 (*^^*)
超高齢出産で、産後も大変だと思うから、ちょっと長くなるかもしれないけど。
玲さんなら、安心して子育てにも専念させてもらえるわぁ。

そんで、ねむりん、玲のお姉さま先生コンビで鬼塚英吉先生を、めちゃめちゃ
可愛がってあげてね。
えっ、鬼塚先生役? 勿論、a●a●u●iさん。

          警報発令で、年休とって帰ってきてしまったMでした。


レスありがとうございました。 投稿者:まりりん  投稿日:09月24日(金)16時40分39秒

今頃遅れて申し訳ありません。
Mさん、適切なご意見をありがとうございました。
私、まりりんは先日の投稿が2度目です。
他の方とは、別人ですので、よろしく。

確かに、ダウン症の子供の方が、みんなとうまくやってますよね。
うちの息子のクラスにも、ダウン症の女の子がいますので、非常によくわかります。
その子は、来年から通級でいくそうです。
その女の子は、まわりの大人や子供達も、たいそう気を使っていて、特にトラブルも
見たことがありません。(何かあれば、親御さんがかみついてきますから・・・)
でも、うちは見た目には特に問題もない、ごくふつーのちょっと変わった気の弱い子
位にしか見てもらえません。
以前に、クラス懇談会で、学習障害について説明し、先生や親御さん方にも協力を
依頼したのですが「考え過ぎじゃないの?」「クラスでは問題なくみんなと遊んでますよ」
「年長になれば、自然と意識が芽生えてきて、しっかりするって」等々のような意見ばかり
でした。
しかし、年長になった今年、以前以上に他のことの差を感じるようになったし、いじめが
続出するようになってしまい、ますます本人の自信はしぼんできて、自信喪失になってきてます。
こんな事で、本当に小学生になれるんでしょうか?
親も最近ノイローゼ気味の毎日です。

ところで、就学前について、他の掲示板で・・・と書いてありましたが、良かったら
具体的にどこでやっているのか教えていただけませんか?
検索したのですが、あまり見あたらなかったんですが・・・


まりりんさん、 投稿者:M  投稿日:09月24日(金)19時05分21秒

以前も来ていただいたのですね。ごめんなさい。
 
 この頃、町中で以前担任したことのある子の保護者にあっても、
 「だれだったかな・・・。」
 と思い出せないことも多くなっています・・・。本当に失礼しました。
                   
>確かに、ダウン症の子供の方が、みんなとうまくやってますよね。
>うちの息子のクラスにも、ダウン症の女の子がいますので、非常によくわかります。

 ダウン症の子全員がそうって言うわけでもないですよね。それぞれに色々な要因が
 絡んでいると思います。
 前回は、私の知っている例をあげたのですが、真意は、
 知的な遅滞がないから普通学級、知的な遅滞があれば特学というふうに、簡単な図式
 で選択できるものではないのではないか?・・・という意味です。
 
 
>でも、うちは見た目には特に問題もない、ごくふつーのちょっと変わった気の弱い子
>位にしか見てもらえません。

 
 LD、ADHD、高機能自閉、アスペルガ−等々、そんな風にみられて、なかなか理
解してもらえず、あげくの果てには親の育て方のせいのように言われてしまうことって
ありますね。 障害に軽重はあっても親の子への思いに軽重はないですよね。


>もっと大変でも頑張っているママもいるけど、私は私。できる限りの事、してるんだもん。
                        by ウルトラの母さん

>困っていることや心配していることはたくさんあって、話してみたいけれど、
>程度が軽い(?)のか、まず、娘の状況を理解してもらう困難さがあり・・・
>うまくいきません。(心配のしすぎ、うちだってそうよ・・・etc)
                        byぴっぴさん

>子どもによって、障害の程度の差はあるものですが、
>だからといって、軽度の障害児の親は気楽だとは限らないのですよね。
>みんながそれぞれに我が子を本気で心配していると思うのです。
                        by朝倉玲さん

>あと、最近の「程度が軽い子の憂鬱」も、よっっくわかります。
>折角お友達に「遊びに来て」って言われたのに、おお泣きして行けなかったりすると、
>暗澹たる気分になってしまいます。
                        byねむりんさん
                                etc

とても全部は書けませんが、まりりんさんと同じ思いでおられる方は、まだまだおられる
のではないでしょうか。

>ところで、就学前について、他の掲示板で・・・と書いてありましたが、良かったら
>具体的にどこでやっているのか教えていただけませんか?
 
その話題だけというのでなく、子どもの成長を見守る過程で就学の問題もという事で現実的な
対処の仕方についても話されています。

どの掲示板でも、
ここのお母さん方と同じように、子どもの成長の過程をしっかり見守りながらも、
遅れている部分、やハンディのある部分は客観的に認識して、最善の道を模索しておられる
方が沢山集っておられます。
勿論、選んだ道は少しずつ違うようですが。

別途、メールでお知らせしますね。


鬼塚です。 投稿者:akagumi  投稿日:09月24日(金)21時31分20秒

ははは。
鬼塚英吉って何者?
Mさんを呼び出すつもりで、研究授業って言っただけなのに。
みんな、大まじめで反論するんだもの。
なんか好きです。
これからも、akagumiは同じテンションで行きたい。
自分の本業にもメリハリが出来たみたいで
新しい教材、3つもおもいついちゃったもんね。
でも、英吉というよりは、熊八かなあ。
キャラクター的には...


まりりんさんへ 投稿者:akagumi  投稿日:09月24日(金)21時41分38秒

私も、高機能自閉の子と関わってますが、その子の
認知的な問題を「わがまま」とか「こだわりが強い」からと
解釈し、対決しちゃう保育士さんとかいると
「うーん、どうにかして分かってもらわないと」と
悩んでしまいます。一生懸命がんばってくれてることも
分かっているので、親御さんも「そうじゃないんですけど...」
とも言えないし。
専門用語を羅列した説明しても意味ないので、私の指導でも
眺めていただきながら、少しずつ分かってもらっているところです。
「見に来て下さいね。」って言って、出てこれない保育士さん達も
いっぱいいらっしゃるので、そういう場合は、お手紙にするんですが
そうなると、持病の「力み」が出てしまうみたいで...


ruruさんへ 投稿者:まりんまま  投稿日:09月24日(金)23時58分53秒

ruruさんはじめまして。
私は、左利きを右利きに直されました。
小学校1年の時、「あ」「お」「か」「き」「さ」「し」「も」などが鏡文字になって
たとかで、親と先生が話し合い、右で文字を書く練習が始まりました。 当時、左利きは、恥ずかしい事と私の田舎ではされており、「ぎっちょ」と、 いじめられたこともありました。 (いまは、どうなんでしょ) ただ、右手で書く練習をすればいいと思ってる人もいるかもしれませんが、 頭の方がついてきません。 左手で書いて認識した文字を右手で書こうとしても、なかなか書けるものでは ありませんよ。 頭の中が混乱し、つみあげた文字のつみきがくずれさるような、自分を否定 された感じでした。 この時よく頭痛や熱で保健室のお世話になってたなー・・・。 それでも、右でかけるようになりましたが、「ふ」と「そ」は、なかなかかけなくて 時間がとてもかかりました。 このころの事は私のトラウマのひとつなのか、よく覚えているし、思い出すと 息苦しくなります。 文字、ボール投げ、ラケットは右ですが、包丁、箸、はさみ、針仕事は右手ではいまもで
きず、左手です。 包丁は両刃のをつかえばいいし、はさみは昔からのくせで、親指いれるほうへ 指三本いれてつかってます。(よく抜けなくなったっけ) いまは、左利き用のものはいっぱいあるし、本人の意志はきいてみましたか? 右利きの人がみると、書きずらそうかもしれませんが、そんなことないですよ、 (私が包丁を使うと、「あぶなっかしくてみていられない」と義母はかわってくれ ます。これはラッキー) 本人がどおしたいかが一番だとおもいます。 私は、いやがりましたが、父は星一徹のようなひとなので、にげきれませんでした。 一応、経験者としての意見でした。


家政婦は見た! 投稿者:ゆめまま  投稿日:09月25日(土)01時12分37秒

ちょっとご無沙汰してたらたーくさんの書き込み!
akagumi先生の登場でますますグレードupした感じですねー。
ウルトラの母様はじめみなさんの情熱が、落ち込みがちな毎日の栄養剤と
なっております。しっかりせにゃなあ。
娘も最近は”お人形さんごっこ”にはまり、沢山の登場人物を巧みな腹話術で
あやつり(巧みな・・ではなく怪しげな・・の誤りでした。)それなりの
成長過程です。”子供に寄り添うこと”本当に大切だと実感します。
なにかと”先手必勝”とばかりに親のあせりもあって(せっかちなゆめままなので)
”なんとかしなきゃ””わたしが、わたしが・・・”になりがちで。
のんきに構えてるのが大きな罪のように思ってしまったりした時期もありましたが
なんだか最近は開き直って娘といちゃついてばかりです。ゴロゴロ・・・。

教師ドラマ・・・。私もいーれーてー!
久しぶりの上に何の教養も無いので”家政婦は見た”シリーズの市原悦子顔負けの
真に迫る情熱で(まさに家でも家政婦扱いなので)厨房に向かう学校給食の栄養士役
・・・はいりませんかあ・・・って、いらないよな・・やっぱし。


見られたらどうしよう・・・・ 投稿者:M  投稿日:09月25日(土)07時09分07秒

鬼塚先生との道ならぬ恋 (#^.^#)

>鬼塚英吉って何者?
 
 実は私も良く知らない。
 よ〜〜し、うちの優秀なる諜報部員に依頼してみよう。
 赤いピーマンちゃ〜ん!! 

             <しかし、朝っぱらから何やってんだ、この人。。


GTOだぁ。 投稿者:赤いぴーまん  投稿日:09月25日(土)08時40分32秒

鬼塚英吉と言えば、例のGTO(グレイトティーチャー鬼塚)の鬼塚先生のことですね。

前に、TVで実写版をやっていて、今は水曜日の夜7:30からフジTV系でアニメを
やっていますね。みてないけど。

          早速の調査ご依頼ありがとうございました。

                    赤いぴーまん (@@)


そうそう、勿論 投稿者:  投稿日:09月25日(土)16時08分03秒

                                            ☆~
                                   +☆~
                            
その実写版のほう。                     ☆~
                            .・.。*.°.・°*。°
                              ~;+☆~
                        °・°*。.°・.°.。*.・°。.°
           ☆~  . .・.。・.°.。*.           
                      *.☆~・。.☆~;。.°゜☆¨.。・
             ・.°・.。*.°.・°*。.°
                     。・.°..゜☆¨・.。
           *+ ;:"`+°.・°*。.°
                    ;+*. ,;:☆~・*。゜
       。・.°・.。*.°.・°*。.°
       ☆¨・.。・.°゜・.。・.°.。*.
       。.°*。.。.・.  
            *;' + ;;* ☆~   
       ☆~                         


申し訳ない 投稿者:akagumi  投稿日:09月25日(土)21時07分29秒

知りませんでした。
「鬼」と「英吉」に過剰に反応して、高松英吉のような
目玉ギョロギョロの角刈りのおとっつあんのイメージでした。
高松英吉ファンのみなさま、ごめんなさい。


反町ですね。(笑) 投稿者:ねむりん  投稿日:09月26日(日)02時42分04秒

Mさんは、鬼塚先生は「実写版」指定でしたか。(笑)
私は「道ならぬ恋」をするなら、反町よりもキムタクのほうが…………。(殴蹴)

あ゛あ゛っっ。栄養士のゆめままさんに殴られた。(わーーっ、御免なさいっっ。)


…………す、すみませんーー。ワルのりすると、止まらない人なんです。(爆)


高松英「郎」、じゃないですか? 投稿者:ちびくまママ  投稿日:09月26日(日)07時08分36秒

>akagumiさん

別にファンじゃないけど(笑)。
実は私とは血がつながっています。
でも、全然似てません。念のため(笑)。

そりゃ、あのオジサンと反町なら、当然・・・でしょうね(爆爆)。

#真面目な話だとROMして、与太話のときだけ参加・・・(^_^; 


きょうは、 投稿者:  投稿日:09月26日(日)19時35分05秒

運動会でした。
何を隠そう私は運動会大嫌い人間・・・。
あの、
日常からかけ離れた喧噪、耳をつんざく信号機(ピストル)の音。

人前で、苦手なかけっこをしなければならない憂鬱。

ダンスはヒトのバイほど練習しても覚えられない。
仕方なく人の真似をするので、いつもワンテンポずれる。

普段が良い子だったので、A^^;
失敗しても叱られたり笑われたりする事こそなかったけれど。(_ _)

なのに、どうして大人になってまで、
毎年運動会のある仕事を選んでしまったのだろう。(..;)
あはは、今年は出発係で、信号機をうつ係りまでしてしまった。

>ねむりんさん、ちびくまママさん、
  えへへ、職員室では反町くんでも、一歩外に出たら実はキムタク一直線。!(^-^;)
  ミーハーモードでは負けないからねぇ!!


再度申し訳ないです 投稿者:akagumi  投稿日:09月26日(日)20時47分08秒

ちびくまママさん
私も本日の午後、間違いに気付きました。
ありがとうございます。
Mさん、私も運動会はあんまりすきではありません。
でも、何年も前にお母さんにだっこされて来てた子ども達が
かけっことかしてるのを見るのはなんか嬉しいですよ。


私はV6が好き・・・ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:09月26日(日)21時03分33秒

若い子好きなもんでー。
Jr.くらいになっちゃうと『息子』になっちゃうしなー。
(結婚してすぐ子供生んでたらもう中学生だなー・・・)

あれ? ここってジャ●ーズ好きのHPじゃなかったっけ?


(無題) 投稿者:ゆめまま  投稿日:09月26日(日)23時59分03秒

市原悦子からジャ?−ズへ・・・。
どんどん脱線してきておもしろくなっちゃった!
やっぱ、キムタク?!みんなジャ!−ズなのおー?(キャッキャッ)
キムタクとくりゃ・・・。あ、やっぱもうやめとこ。
ねむりんさん、よんのじがためと空手チョップで私の口を封じ込めてください!!

Mさん!運動会おつかれさまでございましたです。
終わってホッと一息。つくひまも無くお忙しい毎日とは思いますが・・・
台風も去って一足ごとに秋の訪れを感じる今日この頃です。
公園でどんぐりをいーーーーーーっぱいひろってごきげんな娘でした。


ご無沙汰してます 投稿者:しまの母  投稿日:09月27日(月)00時21分39秒

ずっと読んでいたのに、忙しくてちょっと目を離した隙にすごい量の書き込みが..
勉強させていただいきました。ここは2度目ですがなにぶん大昔なのであらためて。発達に遅れの
ある兄妹(4才&2才)の母、ホノルル在住です。このほど兄のほうに特殊教育が受けられる審査
結果が出たのですが、それに伴い一応の診断ももらいました。ちょうど妹の方もしばらく観察
してくれていた心理士(この言葉ちがってますか?「psychologist」ってどう訳します?)
の方から第一回目の診断結果を聞かされて全く同じ時期に重なりました。

上の子が、PDD(たしか広汎性発達障害)で同じスペクトル内の「自閉症」の範囲内には断言は
できないが今のとこ入るとは判断できない。(持って回った言い方だけどほんとにこんな感じで
いわれた。診断基準そのものが今もってくっきりはっきり、ではないのだそうで)下の子は、
おなじPDD/自閉症のスペクトル内で一応(ここでもはっきり断言したくない、と言われた)
自閉症と言えると思う、という判断だった。要するに兄妹同じタイプの発達障害で、兄は自閉症の
範囲に入らない可能性がやや高い、妹は自閉症の範囲に入る可能性がだいぶ高い、と受け取った。
だいたい予想していたことと同じでしたがあらためてこういう形になるとはあああ、とため息が
出ました。でも、診断名がつかなくて宙ぶらりんの時と違ってちょっとした開放感がある、という
のもよく言われますが、まさにそうですね、少なくとも人に話すときに使える言葉がある。

まりりんさん、(私が下の子を呼ぶ時によく使う名前♪)
お子さんの事情を周りの人に説明して理解と協力を呼びかけようとしたら、「考え過ぎ」などと
いう反応だった、ということですよね。「LDとは何か」とか「こどもとの接し方に関して」
とかを含めた、具体的な文書にして周りに配ってみたりしてはいかがでしょうか。ひとは
(日本人は?)印刷された文字にヨワい、と思うのですよ。専門家の診断とか親御さんが勉強して
それをふまえて言っているんだ、というデモンストレーションになるし、整理されて伝わるし、
で「心配し過ぎ」といった態度であしらう人も減るのではないかしら。親は子どもの問題の
「専門家」なのだから(自身勉強中ではあっても)周りを教育してあげよう!(?)
なんだか差し出がましくてごめんなさい。決して先輩面をするようなつもりではないのです。
実は後輩。私自身の子はいじめの問題に直面するようになるのはまだこれからだし。
実はこのたび診断ももらったことだし、自分自身これから上に書いたようなことをしようかな、
と思っていたところです。ダダ父通信にそういうのあったように思いますが、ここのリンクでした
っけ?


追伸 投稿者:しまの母  投稿日:09月27日(月)00時26分12秒

Mさん、きらきら星、とってもきれい!


二、三日で・・・ 投稿者:ぴっぴ  投稿日:09月27日(月)12時13分14秒

たくさん書き込みがあるんですね。
ここのところTVは忙しくて見ている時間もなくて、今一歩話題にはついていけませんが・・・
新聞のTV欄チェックで何となくは知っていた私・・・
ちょっと笑って読ませてもらいました。


ところで、ゆめままさん、子供さんはうちの子と一つちがいかな・・・?
なんか、似ているんですよね。一年前のうちの子と。
お人形ごっこにはまり、一人で何役もの怪しげな(?)腹話術・・・ってあたり。
(うちの場合は、人も巻き込もうとするので困りもの)
あと、以前の話題でたしかゆめままさんだと思ったのだけど・・ありましたよね、
ビデオとか本とか、部分的にすっごくよく覚えているって。
うちもです。今はあまりなのですが、もっと前は、ちょっと怖いものがありましたよ・・・。
それから、
>”子供に寄り添うこと”本当に大切だと実感します。なにかと”先手必勝”とばかりに親の
>あせりもあって”なんとかしなきゃ””わたしが、わたしが・・・”になりがちで。
>のんきに構えてるのが大きな罪のように思ってしまったりした時期もありましたが・・・

ってあたり、そっくりだなあーって思って。
(私はまだそんなに開き直れていないんですが・・・・)


お人形ごっこはともかくとして・・・TVやビデオを丸覚えするって話、よくききますよね。
これってなぜなんでしょう?どこに問題があるとこうなるのでしょう?
M先生、皆さん何かご存じなことがあったら是非教えてほしいです。

そしてこれは、視覚優位というのと、関係がありますか?
うちの子の場合、確かにもっと小さい頃は視覚優位だったような気がするけど、
だんだん言葉が出るにつれて、視覚優位に伴う能力みたいなもの(パズルをどんどんはめていく、
細かい所をよくもまあ記憶している・・・)が下がってきたように思えてなりません。
気のせいかなアー。(人に話してみても私しか知らないことだし・・・)
こんなことって、あるでしょうか?

’ずーーっと不思議に思っていて、是非きいてみたいこと’の一つです。


朝から大捜索でした 投稿者:こくっぱの母  投稿日:09月27日(月)13時40分51秒

 今度の日曜は保育所の運動会。こくっぱは自分のクラス(年少)の練習はせず、お兄ちゃんのク
ラス(年長)の練習に無理矢理参加して、みごとにやってのけ、先生をあきれさせているそうです。
どうなることやら。

今朝、またまたまたまた・・・、こくっぱが行方不明に。ひとりで細い山道を歩き、よそのお家の
墓石(ちょっと不気味)に座っているところをおばあちゃんが発見。
「山の中から、おかーたーん、ゆう声が聞こえたけえわかったけど、なにしにいったんじゃろ。」
そんなことを聞かれても、母にもわかりません。長♀が、「しゃべれるようになったら、聞いてみ
たら」・・・・・覚えてたら教えてくれるだろうねえ。
それにしても、山の中に入られると、目撃者がいないので捜索は困難を極めます。
まだ、小学校(家から800メートルくらい)に乱入してくれる方がすぐ連絡が来るので助かります。
ゲートボール場(1キロくらい)から、「あずかっとるでー」と電話を頂いた事もありました。
こくっぱは1キロくらいは平気で走りぬくので、3分もあればとんでもないくらい遠くにいってし
まいます。ケータイ持たしても「電波の届かない地域」だし・・・。
進歩といえば、くつをはいてから出かけるようになった事。
半年前は、はだしで脱走してましたので。
おかげさまで、母はマラソンランナーになれそうです。

どおすりゃあえんじゃろうね。ほっときゃあ落ち着くんじゃろうか。


 


PDDのこと 投稿者:ぴっぴ  投稿日:09月27日(月)14時55分45秒

しまの母さん、はじめまして。
御兄妹がPDDと診断されたとのこと。
胸中お察しいたします。
それを受け止めなければならない気持ちに向き合うこと・・・だけど、そこからよりよい
方向性を見つけていくことのスタートですよね。
アメリカならではの特殊教育が、お子さんにとってのよいスタートとなられるとよいですね。

ところで、アメリカならではの診断なのかな・・・とも思ったのですが、
PDDでももっと細かいタイプに分けられるものなのですか?
PDDだけど自閉症の範囲に入らないとは・・・????
      (カナー型の範囲ということなのですか?)
PDDのことを勉強してみたいと思っているのですが、
わかりやすい本とかあったら是非教えてください。
PDDと自閉症スペクトルは全くの同義語ですか?


こくっぱの母さん 投稿者:akagumi  投稿日:09月27日(月)16時27分39秒

大変でしたね。
こくっぱの母さんにお茶とお饅頭を差し上げて、
一服してもらいたいです。
夕御飯のしたくも代わりにしてあげたい。


>長♀が、「しゃべれるようになったら、聞いてみ
>たら」・・・・・
私も絶対何か理由があるのだと思います。
思いがけない行動は我々のような想像力の乏しい者の言い訳にすぎないわけで。
こういったすごく心配かけるような行為をすると、
こちらが気をもんだ分、とても重大な「問題行動」のように
大人は考えてしまう場合があります。(もちろん、こくっぱ母さんの
気持ちを考えれば大問題なのですが)
一休みしてねと言った舌が乾かない内にこんなことを
言い出して、申し訳ないのですが...
過去ログを一通り見たら、「脱走者」という風にも呼ばれているみたいですね。
もし、頻繁に脱走する場合、今までのことを
思い出しながら
その因果関係とかを考えてみて欲しいと
思います。
「脱走した」「心配をしちゃうような大それたことをした。」
という視点でとらえるのではなく、
「今朝、保育園に行きたくないようなそぶりは、
保育園に行きたくなくなるような事件はなかったか。」
「その、よそのお家に行く道筋でなにか興味をひくようなものや
出来事はなかったか。」
など、考えてみて下さい。
今夜、ドキドキとハラハラがおさまってからで
いいですから。
心と体に「エネルギーの補給」が終わってから
ゆっくり、過去の記録とか
見ながら考えてみて下さい。
私がつきあっていて子どもでも
踏切を越えて、いっちゃったとか
いろいろなことがありました。
療育者の交替や家庭生活の一時的な変化など
の後に、そうした脱走が見られました。
その因果関係が確実ではなくても、
親御さんには、「そういうときは、よけいに遊んであげてね。」
「よく見てあげててね。」とお願いしています。

気持ちが落ち着いたら、試してみて下さい。
今はこんなけしか考えられませんでした。


アメリカネタなので再度乱入します 投稿者:ちびくまママ  投稿日:09月27日(月)16時39分59秒

えーと、私もまだ勉強中の身なのですが・・・
アメリカで自閉性障害を疑われる子の診断に最もよく用いられるのが、
DSM−Wで、この中にPervasive Developmental Disorder ( PDD,
直訳で広汎性発達障害)というクライテリアがあります。アメリカでは
このクライテリアとしてのPDDという言葉(意味1)を、最近ではAusistic
 Spectrum Disorder(自閉症スペクトル)という言葉に置き換えることが増えてきています。
ですから、この意味では、PDD=自閉症スペクトルです。

で、このPDDのサブタイプとして、
1.autistic disorder(日本で言う典型的自閉症、直訳では自閉性障害)
2.Rett's Disorder(レット症候群)
3.Childhood Disintegrative Disorder(直訳で小児崩壊性障害)
4.Asperger's Disorder(アスペルガー症候群)
5.Pervasive Developmental Disorder,Not Otherwise Specified
(PDD−NOS,直訳で他に分類されない広汎性発達障害)
がある訳ですが、上記の2〜5までをまとめて、non-autistic PDD
(直訳すれば「自閉症でない広汎性発達障害」)、または単にPDDと
呼ぶことがしばしばあります。この意味で使われるPDD(意味2)は、勿論
自閉症スペクトルの一部を指すもので、同義語ではありません。
更にややこしいことに、5のNOSを省略して、PDD(意味3)と
呼ぶこともあります。

ですから、うちの息子なども「自閉症でないPDD」ですね。

単に用語の問題なのですが、わかりにくいですね。
つまり、しまの母さんの場合、上のお子さんは自閉症スペクトルには
該当するが、一般的にアスペだとか高機能だとか言われる、比較的
軽度に属するほうと考えられる、下のお子さんは自閉症スペクトルの中で、
より典型的自閉症に近い部分が多いと考えられる、ということなのだと思います。

一見、なんだよそれ、という感じの診断かもしれませんが、アメリカでは、
自閉症スペクトルに属することさえはっきりすれば、特殊教育の対象に
なりますし、特殊教育の対象にさえなってしまえば、サブタイプがどうであれ、
その時その時の本人の症状とラーニングスタイルに合わせて
個別プログラムが組まれますので、検査はあくまで療育開始が必要な状態で
あるかどうかの判定と、療育に生かすための長所弱点の発見にとどめて、
早期の不必要なラべリングを避けた、ということではないでしょうか。

現在のアメリカでは「自閉症スペクトルに属するかどうか」という判定だけは
できるだけ早期に行い、早期療育開始を目指していますが、厳密なサブタイプの
診断は、自閉的症状がターニングポイントを迎え、本人のIQやラーニングスタイルの
判定がしやすくなる、6〜7才の時期まで保留することが多いようです。

日本では比較的早くから診断が下されるようになっているADHD、LD等に
ついても、幼児期には「個別療育の必要な発達遅滞」として対応し、学齢になってから
診断を下す傾向にあるようです。

#そうですよねえ、必要なのはその子のニーズにあった療育で、
#診断名じゃないもの。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/5079/


しまの母さん 投稿者:  投稿日:09月27日(月)23時13分16秒

 診断がなされたら、即 療育開始ですね。
 ぴっぴさんの言われるように、
>アメリカならではの特殊教育で、お子さんにとってのよいスタート

 を。
 そして、もし差し支えなければ、このHPのお母さん、お父さん方がたにも、
 私たち指導の立場にいる者にも、是非、その情報を分けて下さいね。


こくっぱの母さん、 投稿者:  投稿日:09月27日(月)23時15分48秒

  無事見つかって良かったね、こくっぱくん。
 彼のこと、ここの他のみんなと一緒に考えていけたらいいですね。
 私の知っている子にはいないのだけど、こくっぱくんと同じような行動をとる
 子きっといるはずよねぇ。
 
>よそのお家の墓石に座っているところをおばあちゃんが発見。
>小学校に乱入してくれる方がすぐ連絡が来るので助かります。
>ゲートボール場(1キロくらい)から、「あずかっとるでー」と電話を頂いた
>事もありました。

 「地域のみんなに見てもらいたい。」
 って、以前、書いておられましたよね。こうゆう事だったんですね。
 状況は勿論違うけど、あのTEACCHのノースカロライナ州を連想してしま
 いました。


わ〜〜!! 投稿者:  投稿日:09月27日(月)23時21分35秒

ぴっぴさん、ちびくまママさん、
  広汎性発達障害も、LDなどの特異性発達障害の基準も、
 気にはなりながら、なかなか勉強する機会を作れなかったので、こうやって
 掲示板で情報提供をしてもらえて本当に有り難いです。

  いやぁ、ついこの間まで、「?」の氾濫していた(させていた)この掲示板、
 いつの間にか「ジャ○ーズからPDDまで」の
 幅広いジャンルへの対応。!(^-^;)
 もの凄い進化です。

>「自閉症スペクトルに属するかどうか」という判定だけはできるだけ早期に行い、
>早期療育開始を目指していますが、厳密なサブタイプの診断は、自閉的症状が
>ターニングポイントを迎え、本人のIQやラーニングスタイルの判定がしやすく
>なる、6〜7才の時期まで保留することが多いようです。
>ADHD、LD等についても、幼児期には「個別療育の必要な発達遅滞」として
>対応し、学齢になってから診断を下す傾向にあるようです。
>#そうですよねえ、必要なのはその子のニーズにあった療育で、
>#診断名じゃないもの。
 
 「全くその通り!!」
  ですよねぇ。漠然と考えていたことを明文化してもらったような、
  薄曇りの空がぱっと明るくなったような気分です。\ ^-^ /

 ところで、
>お人形ごっこはともかくとして・・・TVやビデオを丸覚えするって話、よくききますよね。
>これってなぜなんでしょう?どこに問題があるとこうなるのでしょう?
>M先生、皆さん何かご存じなことがあったら是非教えてほしいです。

  わたしの訳のわからない説明より以下のページを読んでもらったほうが良い
 かなと思います。
 visual thinkerのTemple Grandin女史の講演記録。
 ちびくまママさんのお知り合い?のなおちゃんぱぱのHPへのリンクで〜〜す。

http://www.geocities.com/Heartland/Prairie/7772/youiku/temple.htm


お茶、おいしいです。 投稿者:こくっぱの母  投稿日:09月28日(火)15時07分20秒

 ふう。お茶をいただきながら物思いにふけっていると、だんだん眠くなるような・・・。
おっと、違った。akagumiさん、ごちそうさまです。

 朝、いなくなるのは保育所に行きたくないからでしょうねえ。保育所の荷物を車につみこみ、い
ざこくっぱをつんで・・・と思うと行方不明になってますから。昨日も、玄関先にまむしの死骸が
あって(ちょっとすごい?)他の子達に、「これは毒蛇だから、こんな色したヘビはさわっちゃダ
メよ」と教えていたわずか2分くらいの間にいなくなってました。
 あと、月夜に「おききまま(お月様)」と叫びながら外へ走り出る事もよくありました。満月の
時はさらに興奮します。・・・まるでオオカミ男じゃないか・・・丸いもの好きのこくっぱには、
たまらないんでしょうねえ。
 最近は「真っ暗はだめよ」というと、「まっくら、まっくら」といいながら引き返せるようにな
り、夜外へ出る事は、ほとんどなくなりました。うん、成長したなあ。

 保育所でも、名前をいったり、返事をしなければならない「朝のお集まり」の時間は必ずといっ
ていいほどいなくなるそうです。しゃべれないこくっぱには、つらい時間なんでしょうねえ。
 同じクラスの子たちが、ピアノの上にこくっぱが登ったのを見て「せんせい、あかちゃんがわる
さしとる」といったそうです。先生は、「あかちゃんじゃなくて、○○ちゃんでしょ」と訂正して
下さったそうですが、同じクラスの子たちからあかちゃんとして認識されているこくっぱを思うと、
ちょっとせつないです。こうして不登校は生まれていくんだろうねえ・・・考えすぎかなあ。

でもご安心下さい。
>とても重大な「問題行動」のように
思っているのはばあちゃんだけで、ばあちゃんはいつもじいちゃんに「これくらいの事でさわぐな
こくっぱにも理由があるはずじゃ」と怒られたりしています。

どんぐりの季節です。こくっぱ家恒例のどんぐり転がし大会がはじまります。できるだけ「まるい
どんぐり」を探し、のぼるのもいやになる様な真っ直ぐの坂道の上から、転がしレースです。
母は坂の下で転がってくるどんぐりを捕まえるだけ。
こどもたちはどんぐりと一緒に駆け下りてきます。ただどんぐりを転がすだけのために、何度も坂
道をいったりきたり。これぞ究極の「母は楽々、こどもはぐったり」遊びです。そろそろ長♀は、
どんぐりを捕まえるだけの年齢になりそうですが。
どんぐりが欲しかったらご連絡下さい。なんぼでもあります。
 


はじめまして 投稿者:きこりん  投稿日:09月28日(火)16時53分25秒

言の葉通信から飛んでまいりました。
2歳ちょうどの息子ヨウスケは単語が最近やっと7つくらい、真似をし
ない、指差ししない子です。今月初めに心理相談を受け、3ヶ月間様子を見ることに。 そのとき色々聞けなかった事、ここの過去ログで発見! 初めてクレーン現象なるものを知りました。(ヨウスケがよくやります) とてもずうずうしいのですが、今度質問&相談させていただけますか。 よろしくお願いします。


じいちゃんステキ・・・ 投稿者:ウルトラの母  投稿日:09月28日(火)21時15分49秒

こくっぱ家のじいちゃん、ステキですね。ポッ。
私にもこれくらい寛〜いココロがあれば・・・一度じいちゃんのとこへ修行へ行かねば!
(どなたか修行ツアーにご同行する方いませんか〜? 特典はどんぐり拾い放題!)


きこりんさん、はじめまして。
私もここではたくさん質問&相談しては皆様を手こずらせている常連です。
レスは親切・丁寧・迅速と三拍子揃っていることを保証します!


じいちゃん凄い 投稿者:akagumi  投稿日:09月28日(火)21時28分36秒

こくっぱ君は家族みんなにかわいがられて
その「人となり」を認められているんですね。
とってもすてきなことだと思います。
「なにか理由があるはずじゃ」と
子どものすることをまず「まるっと」「がばっと」
受け入れること。
とても大切なことだと
思います。

掲示板過去ログ案内板に戻る

HOMEに戻る