Title

「常陸太田まちかど案内人の会」のHPへようこそ!!

    あなたは、2003年7月に開設以来人目の訪問者です。

規約

案内実績

まちかど案内人の会の活動

戦場の恋「佐竹 秀義」青春譜
「遊歩百選」に常陸太田歴史の里選ばれる。
平成29年度の総会が開催され、本年度の事業計画が示される。New!!    佐竹氏の兜の前立てはなんと毛虫

まちかど案内人の会の活動

イメージ1
 「常陸太田まちかど案内人の会」は、2000年9月に結成されました。現在は52名が会員登録をしており、「西山荘」をはじめ、市内の自然・文化・歴史遺産等の案内ガイドをボランティアで行っています。
 「西山荘」のイベント開催時やシーズン多客時には、西山荘入り口の「桃源」内に【案内します。】の看板を出してお待ちしています。また、事前案内予約も受付しています。
 どうぞお気軽にお申し込みください。。

西山荘

佐竹寺


佐竹氏の兜の前立てはなんと毛虫!!

     

 伊達正宗の兜の前立ては三日月であることはよく知られている。

では、佐竹氏は何であろうか。これがなんと毛虫なのである。毛虫といっても生きている毛虫ではないが、熊の毛をあしらったものである。

 では、なぜ毛虫なのであろうか。これには二つの理由があると言われている。一つは毛虫は葉を喰う。葉は刃にたとえ、刃を受け止めるという意味で魔除けの意味がある。もう一つは、毛虫は前にしか進まない。バックはしないことから、前進あるのみである。佐竹氏もウイットに富んだなかなかおもしろい一面を持ているものである。。


戦場の恋「佐竹 秀義」青春譜。。!!

 東国の名門、佐竹氏の祖を遡れば、清和源氏の八幡太郎義家の弟である新羅三郎義光に到達します。ちなみに、NHKで放映された大河ドラマ「義経」やその兄「頼朝」の曾祖父さんは、八幡太郎義家ですから祖先はいっしょです。

 義光は、 奥州藤原氏の繁栄の礎となった「後三年の役」に、兄義家を助けて輝かしい武功をたて、その恩賞として、常陸奥七郡を与えられました。義光の孫昌義は、佐竹郷に下向し、佐竹氏初代として、子孫発展の道を開き、二代三代棟梁もこれを継承し、繁栄を続けてきました。           

 しかし、四代秀義の時代になるや、同族源頼朝より不服従のかどによって討伐を受けました。金砂山を舞台に合戦が繰り広げられたのです。当初は秀義側が優位に戦っていたのですが、叔父義季の裏切りにより諸沢口から攻められ、山づたいに花園山に逃れたのです。花園山では猿が木の実を運んでくれて生き延びたという伝説があります。       その後、頼朝が義経をかくまったとして奥州藤原氏の征伐に向かうときに、帰順を願い出、宇都宮で御家人となり、その結果輝かしい武功をたてて、再び常陸奥七郡を与えられたのでした。  

 佐竹氏の歴史のなかのヒーロー「秀義」。裕姫とのロマンスを、美しい金砂郷の自然のなかで育み、花を咲かせたいと願いつつ、戦国の武将であるがための別離の決意。     凛々しい若者と初々しくて美しい少女との金砂山への道行きの情景が現在においても鮮明に広がり、背景の野山、清らかな流れの川、険しい金砂山のお城に、義経と静との愛の物語同様、今も息づいているのです。

 金砂山の合戦は、一番目はこの四代秀義のとき、頼朝が平家討伐のため鎌倉で挙兵したときに従わなかったため。二番目は、十代義篤のときの南朝方の那珂通辰との戦い。三番目は、十六代義舜のとき、山入氏義により攻められて。。鎌倉、京都との権力の狭間で、金砂城は幾多の合戦の舞台となったのでした。。

                  


  

平成29年度の総会が開催され、本年度の事業計画が示されました。New!!


 4月22日に平成29年度総会が開催され、本年度の事業計画が次のとおり示されました。

 1、常陸太田探検隊講座【生涯学習センターと共催】の開催

6月25日【日】 増井・下大門の里めぐり 案内人第4班
9月3日【日】 小島・中野の里めぐり 々   1班
11月4日【土】 松栄・花房の里めぐり 々   2班
12月18日【土】 大森の里めぐり 々   3班
 

 2、研修会等の開催 

【1】会員研修・日帰り【足利方面】研修                           【2】新年会                                   

【3】各種講演会・講習会に参加して、知識や接客技術の向上を図る               【4】観光マイスター試験への挑戦                  

【5】「おもてなし県民大会」への参加

【6】「常陸太田黄門様検定会」への協力


「西山荘」など常陸太田の史跡等のガイド依頼は、常陸太田市観光物産協会

のHP(体験・ツアーのフォームの現地ガイド)からお申し込みいただけます。

常陸太田観光物産協会

ショッバーズアイ 
モニター調査・覆面調査で謝礼がいただけます!!

                          

MailBox

syo52@wg7.so-net.ne.jp

MailBox トップへ