調理器具と器のホ−ムペ−ジへようこそ

美味しい物を食べ歩くと家計が破綻しないように自分でも作ってみたくなりますよね
幸いなことに、浅草では合羽橋道具街があります 全店親戚だそうです


砥石 
国際通り旧仁丹堂跡の脇のといしやに時々熊本県天草の木目天然砥石中砥が1000円で出ています  2004.03.10
今戸焼 
   江戸時代蕎麦の丼等の器として唯一庶民に使用されていた土器は浅草今戸で生産されていた今戸焼だそうです よく見る豚型の蚊取り線香入(現在のは他の産地と思われる)が代表作です 浅草技能工芸館で確認 一軒だけ残っているそうです  調査の結果今戸一丁目の白井さんが最後の窯元でおじいちゃんが亡くなり現在は製造に関して不祥だそうです 下谷商店街と墨田区の隅田川沿いに今土焼を取り扱いしている店があるそうです 2000.12.03確認
唯一残っている白井さんの店の所在がわかりました リバ−サイドスポ−ツセンタ−の正面玄関の道路向いです 残念ながら日曜日はお休みで店舗のみの確認となりました 今戸神社に今土焼発祥の地の碑がありました 招き猫や稲荷神社のお狐様の置物も今戸焼だそうです(招き猫の発祥も今戸神社のようです)2001.10.14確認


今戸神社境内の招き猫
2001/10/14
江戸切子 
   本物は1ケ5000〜10000円で、庶民には日常生活に使用できません(所詮は割れるものです)
仲見世と伝法院通り交差点近くに数量のある店があります(あまり安くないし本物の江戸切子?)
最近は丈夫な輸入品が多く素人には見分けがつきません
気泡、キズ等はよくチェックして選んでください 江戸切子の気分は充分に味わえると思います
輸入品を安く数量を揃えるには都営地下鉄菊川駅近くに〔蒼〕AOIがあります
予算のある方は浅草技能工芸館で本物を見るか購入するか??


にて 2001/10/8
催事用品
戸外でバ−ベキュ−や花火見物のときにはプラスチックのコップや紙皿等が大量に必要になります
西浅草3丁目の新陽商会で入手できます
焼肉のたれ等のソ−ス類は西浅草2丁目の本間商店で入手できます
美味しい米をおにぎりにしてハイキングに持っていくときに必要な竹皮やキョウギも包材部にあります
火 器

  2011.03.30 
 合羽橋道具街に家庭で使用できる小型でハイカロリ−8200Kcalのバ−ナ−(13,8000円)をおいた店    兜髄屋製作所  があります
 昨年の暮れに取り替えました 快調なので紹介します 10年位前は同じものが(5100Kcal)で(8,000円)でした  同じもので今回3回目の交換です
炒め物は最低この位ほしいですよね。チャ−ハンとか...

 耐熱ガラスの魚焼き器(機?) 焼き鳥用の焼き台は東洋商会にあります 道具街ではめずらしく土日も開店しています
カレ−やシチュ−の焦げのこびりつきで苦労しますよね。浅草通り側(松が谷1丁目)に高総があります
16cm径の極圧アルミ鍋が6000円前後であります。1個あると後片付けもずいぶん楽になります
高総(西浅草1丁目)にはスナックでよく見る感じの良いグラスがあります
浅草通り側入口に田窯がありここは手ごろな値段でセンスの良いパスタ皿大皿を置いています
なかなか入手できない陶板もいいものがあります。ここも土日も開店しています
包丁と砥石  
包丁と砥石に関しては合羽橋道具街より築地の場内か場外のほうがいいようです
江戸料理人はほとんど有次を使用しています 理由は合金鋼で簡単に砥げる(減りが早い)からです 弟の転勤祝いに本打家庭用サイズの牛刀9800円とペティ−ナイフ5800円 熊本県天草の木目天然砥石中砥2500円を購入 天然中砥石2500円は掘り出し物と思います 2002.06.05
一部正本を使用している料理人もいます 鋼は正本のほうが格段にいいが プロでも砥ぎが大変なようです
家庭では柳刃でも買わない限り中砥1個で十分です 包丁は8000〜15000円程度が無難です
家庭では鯛やカニでもさばかない限り出刃より小出刃の方が便利です 菜切りに関しては日本橋木屋団十郎が使いいいようです(プロは薄刃(最近は西方(関西流)を使用している店が主流のようですが)
パスタ入れ
スパゲティの長いパスタ入れ、簡単に入手できそうで、なかなか手に入らない ニイミにありました

気になった方はへどうぞ
 最近合羽橋道具街でも倒産が多いようで信じられない気持です

Go TopPage