>>>

無料で使える口座管理ツール
ネットを最大限活用して家計の管理を簡単に。無料ですが強力なツールです。
口座管理ソフトMoneyLook

 テクニカルソフト(株) てきぱき家計簿マム6 TB1TK6A
有料ですが高機能家計簿の代表です。これさえあれば家計の改善点が一目瞭然。
イーベストPC・家電館

新レシート貼るだけ家計簿
面倒な入力は一切無し!レシートを貼るだけで無駄使いが見えてきます。
売れ筋ランキングは1時間ごとに更新中!

 家計簿をつけましょう!お金がいくらでもあって困っている、という恵まれた人(うらやましい…)以外は、結婚して家庭を持った場合にまずこう思うのではないでしょうか。日々の生活に必要なお金がいくらかかるのか、貯蓄に廻すお金がどれだけ取れるか、海外旅行に行くには、マイホームを手に入れるなどの夢のためには家計簿をつけることによって自分達の収入と支出をを把握しなければなりません。どんぶり勘定はまずいですよね。一家に一台以上パソコンがある今時に手書きの家計簿をつけよう、という人も少ないと思いますが、折角パソコンをお持ちなんですから(ですよね?)メールとネットだけから少しステップアップして家計簿ソフトを活用してみましょう。私の妻は結婚当初日記形式の家計簿(紙ですよ)をつけようと買ってきましたが、わずか三日で放り出していました。しかし、紙の日記は続かなくても、ネットのブログでつけている日記は続いている、という人は多いのではないでしょうか。メールチェックの合間に昨日の買い物のレシートを入力、などすると時間も有効活用できます。家計簿ソフトはフリーソフト(無料のソフト)でも非常に高機能なものが沢山あります。ソフトをダウンロードして、インストールしたら、現在の残高を入力する、たったそれだけで家計簿をつけ始めることができます。家計簿は、難しく考えず、とにかく始めてみることです。まずは最初の一歩踏み出しましょう。お金はかかりませんよ。

無料の家計簿ソフトを選んでダウンロード

家計簿をつけることを決めたら、あるいはやってみようかな?と思ったら、まずは家計簿ソフトを探しましょう。私が使用しているのは「ファイナンシャルプランナーが作った家計簿」というソフトですが、現在この家計簿ソフトはシェアウェア(有料)になってしまっています。私はフリーソフト(無料)だった頃のバージョンのものをダウンロードして使い続けているのですが、さすがに有料になるだけあって使いやすくて便利です。しかし私は家計簿にシェアウェアを選択することはお勧めしません。そもそも、家計簿というものは無駄な支出を節約して、その分の資金を貯蓄やレジャーの費用に廻すためのものです。そんなものためににお金をかけるのは本末転倒です。フリーウェア(無料のソフト)を探しましょう。家計簿ソフトの選び方ですが、まずはダウンロードサイト「窓の杜」や「ベクター」にいき、フリーの家計簿ソフトを何本かダウンロードしましょう。ダウンロードしたら試しに少し家計(レシートを何枚か用意しておくと良いです)を入力してみて、一番入力しやすいものを選びましょう。この際、判断基準はご自身の感覚だけで良いです。というより、ほとんどそれが全てです。「将来のことを考えてできるだけ高機能なものを」などと考えてはいけません。家計簿は入力し続けることによって全体的な家計を把握することが大事なのであって、しち面倒くさい高機能なソフトを使いこなすことにあるのではありません。「まずは家計簿つける」ことだけを重要視して下さ。一応お勧めをあげておくと「うきうき家計簿」はシンプルで動作が軽いので良いと思います。

かんたん!袋分け家計簿セット
予算ごとにお金を封筒に入れるだけ。使ってから反省するのではなくて「使わない」ことが重要です。
売れ筋ランキングは1時間ごとに更新中!

【送料無料】NINTENDO 【NDS】がんばる私の家計ダイアリー
DSで家計簿をつけてみましょう。ゲームが好きならついでに家計簿も。
ヒットライン

個人マネー管理ソフトの決定版【送料無料】マイクロソフト Money Plus Edition
一段上の家庭の会計管理。資産運用にも使える高機能で使いやすいソフトです。
ハイパーファクトリー


家計簿を上手につけるコツ


カード利用明細を一括取得!
現金もクレジットカードも一括で管理。ズボラで面倒くさがりな人向けです。
口座管理ソフトマネールック3

【お取り寄せ】【送料無料】[E-FRONTIER]e解説シリーズ 今すぐ使える Excelでつける家計簿 Win(...
エクセルで家計簿。パソコンにエクセルが入っていればすぐに使えます。
EC-JOY楽天市場店

「おはよう奥さん」のパソコン家計簿日記 2
毎日の日記をつけるついでに家計簿も。これなら三日坊主になりません。
売れ筋ランキングは1時間ごとに更新中!

 さて、無事にフリー(無料)の家計簿ソフトを入手できたら、とにかく入力しはじめましょう。重要なのはレシートをためないことです。その為には、省略できる項目はどんどん省略しましょう。レシートの項目を「野菜」とか「果物」とか「調味料」などと分類して入力する機能が付いている家計簿ソフトが多いのですが、そんな細かいことを気にして入力しても、私の経験上後からそのデータを活用することはほとんどありません。要するに、ムダな労力となってしまいます。私の場合、食品はすべて「食費」1本です。牛乳も納豆も肉も野菜も醤油も一緒です。あ、米だけは別にしてます。単価が大きいので食費に紛れ込ますと金額が突出してしまうのと、あとは…何となく、日本人の性ですかね?毎日家計を入力し始めると不思議なもので、家計簿をつけるのが今度は楽しくなってきます。さらに、財布の中身と家計簿の残高があっていないと気持ち悪くさえなってきます。しかし、時にはどうしても「使途不明金」が出てきます。10円合わない、100円多い、そんなものです。大きな金額は毎日家計簿に記録していると漏れることはありませんが、小銭はたまに合わないこともあります。家計簿の履歴を見ていると不思議に「あ、あれだ」と思い出すこともあるのですが、どうしたって思い出せないこともあります。そんな時は諦めて「不明金清算」としましょう。諦めて家計簿ソフトを閉じたら思い出す、そんなこともあります。家計簿をつける目的は「残高をぴったり合わせる」ではありません。収入と支出のバランスが取れていて、無駄遣いを防ぐことが出来ればいいのです。