>>>
自分の寝つきが悪いなどと考えたことが無かった。いつも酒を飲んでいたので、起きていられない状態まで酒を飲み、布団に行くころには泥酔状態で、眠るというより意識を失うという感じの睡眠のとり方をしていた。当然翌日は睡眠不足だが。もちろん、そんな生活をしていると身体のあちこちに悪影響がでてしまい、高尿酸血症(痛風一歩手前)になったり体重も増加する一方だったりで血圧も高かったりと、健康診断でもかなり注意されたので、さすがに暫くは酒を抜くことにした。アル中一歩手前かと思っていたわりに意思の力で断酒ができた。幸いまだアルコール中毒にはなっていなかったようだ。しかし、酒を飲まないと夜眠るのに苦労することになった。まずは酒を飲まないと夕食後の時間を持て余す、というのもあるが、「そろそろ寝るか」と思って布団に入っても、どうにも眠れない。断酒中なのでナイトキャップというわけにもいかない。「何だか、なかなか眠れないな」と思って枕もとの時計を見ると、いつもならば飲みすぎて眠る時間を既に大幅に過ぎてしまい、あくびは出るのに眠れない、という何ともいえない状態になる。「眠らないと明日も仕事があるのに」などと思うともう駄目だ。妙に身体が火照ったり汗をかいたりして余計に眠れない。リラックスして眠ろうと心がけるが、いたずらに時間は過ぎていくだけで、時計を見ると「夜中」というより「朝方」という時間になっている。諦めて「とにかく楽な姿勢で身体だけは休めよう」としていると明け方に少し眠ることができたが、当然翌日(当日?)は寝不足だ。

睡眠薬?睡眠改善薬?

睡眠不足、というのは今までもあったことだ。深酒をすると夜中に口の渇きで目を覚ましたりトイレに起きたりするし、睡眠自体も浅くなりがちだし、何より飲み始めると夜更かしをしてしまうので、常日頃から寝不足の気味でもあった。しかし、その睡眠不足の原因である酒を抜いたことにより、さらに睡眠不足が重症になるとは何とも皮肉な話だ。睡眠不足といっても、アルコールが入っていないのでまだ体調はさほど悪くないのだが、昼食後の仕事中は睡魔に襲われてしまい、ふと気付くとディスプレイに意味不明な文字を打ち込んでいたりする。一日くらいはまあ、こんな日があってもまあ仕方ないと思う。私も思った。しかし10日も続くとちょっと参ってしまう。もちろん原因は週末の過し方にもある。寝不足なので朝寝坊してしまい、結果的に睡眠のサイクルが更に狂ってしまった。同僚からは「ドリエルでも買ったら?」と言われたのだが私はアレルギー体質で薬を服用しているので、ちょっと魅力的だがNGだ。  それに、「睡眠薬(導入剤ではあるが)」というものにはどうも良いイメージを持っていない。社会生活上どうしようもなければ精神科に受診することも考えなければならないが、。さすがにそれは最後の手段としてとっておきたい。何故なら、自分の性格上「薬を飲んでも眠れない」→「やけになって沢山飲む」→「翌日冷たい身体に」というシャレにならないことになりそうな気がするからだ。

体液のバランスを整え頭痛・不眠症・肩こり・慢性便秘を改善!家庭用電位治療器 Dr.ヘルス イ...
高周波による電位治療が血流・体液のバランスを整える!!
漢方の葵堂薬局

安眠に☆かおり高いジャスミン茶です。ジャスミン茶(300g)【0403PUP10EG】
リラックスしたい時は、ジャスミン茶がおすすめ!!
風水火山

【急なほてり、運動後のクールダウンに!】 ひんやり快適 氷枕 【10P13Apr09】
「ひんやり快適 氷枕」は水と氷の力だけでほてった部分を冷やす、元祖「氷枕」です。
生活便利雑貨店


健康的に睡眠不足を解消する


ふんわり仕上げ! ラベンダーの香りの清潔枕でぐっすり快眠☆枕丸ごと洗い専用洗剤 快眠生活
毎日使うものだから・・・直接触れるものだから・・・いつも清潔な枕で眠りたい!
漢方の葵堂薬局

ドリエル(12錠)
寝つきが悪い時、眠りが浅い時、軽い症状ならばドリエルが効果的です。用法を守って正しく使いましょう。
e-漢方堂

寝るときに指にはめるだけ!!安眠、快眠がアナタを包みます。アンティスノアリング
指輪を寝る時に指にはめるだけで安眠、快眠があなたを包みます。
ビューティー応援団

 そんな訳で、睡眠薬や睡眠改善薬に頼るのは最後の手段として、自力で安らかな睡眠を取り戻すべく努力することにした。まず最初は寝る前のストレッチ体操をすることにした。学生時代と比べると身体が固くなっているのに驚くが、ストレッチの要領は忘れていない。腰や背中の筋をゆっくり伸ばすと実に心地よい。身体も少し温まり「いざ睡眠」という感じなのだがやはりそれだけでは駄目なようだ。本来ならば寝しなに風呂に入って体温を上げるのが良いそうなのだが、仕事からかえってきたらすぐに入浴したいのでそれは出来ない。二回も風呂に入るわけにもいかないし。布団に入っても目がさえてしまったら軽く読書をすることにする、という手段がある。しかしこれは読む本を選ばないとさらに睡眠不足が進行してしまう。何故なら私は本を読むのが好きなので、読み始めると一冊読み終えてしまうこともある。依然読んだことのある本にしないと危険だ。本にもよるが、「ちょっと目が疲れてきたな」と思った頃に布団に入るとスッと眠りに入ることができた。ただし、寝るまでに1時間以上本を読んでいるので、快眠とまではいかない。それに、布団に入ってからも本の内容を反芻してしまったりして、かえって眠れなくなることもある。どうも効果はいまひとつだ。 いよいよ精神科に行って睡眠薬を処方してもらおうか、といったところだったが、友人から氷枕の使用を勧められた。熱が出た時に使うやつだ。そのままでは冷たすぎるのでバスタオルで巻いて枕の上に敷いてみると、頭が冷えるので気持ちよく、いつのまにか眠ってしまっていた。翌朝、少し肩の辺りにダルさが残っていたが睡眠時間はバッチリだ。頭寒足熱か、昔の人は偉いな。