【レシピ付】サフ ピザ用インスタント・ドライイースト 125g
手作りピザには欠かせないのがドライイースト、通販でもまとめ買いをすればお得です。
ママの手作りパン屋さん

ピザカッター
あると便利なピザカッター。包丁よりも楽にすいすいピザを切ることができます。
ピザハウスロッソ

業務用 ピザクラストヘビー 1袋(3枚入) 【フチつきのピザ生地】(オリジナルピザのベース生地...
ピザは手作りしたいけれど生地作りが大変、そんな時はまず生地は既製品を使ってみましょう。
生活横浜倶楽部

 宅配ピザは美味しい。しかし高いのでそうそう毎度宅配ピザ、というわけにはいかな い。毎日でもピザを食べたいところだが、そうすると家計が崩壊する。ならば、自分で作ってみてはどうだろう、というわけで自分でピザ作りを始めてみたわけだ。やってみると意外とまあまあの味のピザができるし安い。いろいろと工夫を重ねていくうちに結構満足のいくピザを作ることができた。是非一度お試し下さい。
 ピザづくりで面倒なのは生地をつくるときに手がべたつくこと。ちょっとした道具と裏技を使えば手のべたつきを最小限に押さえることができる。そしてピザつくりの一番の難しさは(ピザ生地づくりは難しくない。面倒なだけ)ピザを焼く工程にある。アメリカンスタイルのパンのようなピザ生地は比較的簡単だ。それこそ手作りパンを作る要領でオーブンでじっくりと焼き上げれば、ふっくらとしたピザを食べることが出来る。しかし私と我が家の子供達が好んで食べるのは、パリパリとした薄いピザ生地に、シンプルな具が乗った正統派イタリアンスタイルのピザだ。
 では、まずはピザ生地から作り始めましょう。私の場合、材料の割合は小麦粉(強力粉)500グラム、塩10グラム、砂糖12グラム、ドライイースト10グラム、水(ぬるま湯)350mlです(強力粉をの半分を薄力粉に、水の半分を牛乳にしても良いです。するとパリパリッから少しフワッ、サクッとした食感になります)。材料がそろったらボウルに入れますが、ここから裏技を使います。

手作りピザにおける生地づくりの裏技

 材料を全部入れたらまぜ始めますが、最初は粉っぽい部分と水分が大目のベチャッとした部分に分かれていて手にくっ付きやすいので、まず最初は「さいばし」で混ぜ合わせます。さいばしである程度大きな塊がある程度出来てきたら、今度は大きめ木ベラ(大鍋でカレーを作るときに使うようなやつ)を使って全体を一つにまとめていきます。全体がよく混ざり塊が一つにまとまったら、最後の仕上げとしていよいよ「手」を使います。ここまで来るとほとんどピザ生地は手 にくっつくことが少なくなってくるので、後はうどんやソバの生地と同様、良くこねます。ツヤを良くするには体重をかけて押し込むようにすると弾力がでるので、少しがんばりましょう。力の弱い人でも体重をかければ十分こねることができます。背伸びをする要領でかかとをあげて、手の親指の付け根あたりを生地に当てて体重をかけます。10分ほどこね続けていると弾力とつやがしっかりと出てきます。結構体力も使いますが、これから高カロリーのピザを食べる訳なので、その分のカロリーを燃焼した、と思えばよろしいのではないかと。こね終わったら、ボウルにラップをして30分ほど寝かせましょう。ソースは市販のソースでもまあまあの味だけれども、ピザ生地の発酵をまっているあいだにササッと作れますのでご紹介を。まずはトマトの湯剥きから。トマトの下側に十字の切り込みを入れて熱湯をかけます。すると皮がめくれるのでそこをつまんで全ての皮をむいて、みじん切りにします。塩胡椒とオリーブオイルを入れればフレッシュなトマトソースの出来上がりです。これにタマネギのみじん切りをくわえてフライパンで煮詰めてもいいです。


Bセット 本格ピッツァ!送料込みのピザお試しセット [お一人様1回限り][送料無料]

美味しいピザを作るにはまず美味しいピザを食べてみましょう。送料無料です。
ピザハウスロッソ


トロ〜リとろけるチーズを細かく刻みましたスイス産【エメンタール・シュレッド(200g)】
シンプルなピザは素材が命です。チーズにはこだわりましょう。
こだわりの輸入食材のお店Doo-Bee


☆ミスター香草です☆バジル愛知県産 1p(20g)
ピザには欠かせないハーブといえばバジル。マルガリータにどうぞ。
VEGE EUPHORIA


ピザの具をのせる、そしてパリパリに焼き上げる


石窯 ピザ&ロースター FPM-150【ピザ窯・ピザ釜】★送料無料★
これ一台で家庭で手作りしたピザが石窯の焼き上がりに。
マッキー

ご家庭のガスコンロで本格ピザが焼けます!石焼ピザ窯(超耐熱セラミック製)ピッツァヴィータ
こちらはガスコンロに設置するタイプですが、焼き上がりは石窯の味です。
イーライフ

美味しいピザが焼けたなら木製トレーでディッシュアップ!♪木製 ピザトレー (セン材) P-260
見た目が違えば味も変わります。お洒落な木製トレーです。
キッチン・アサヒ

 具は、お好みですがバジルとチーズさえあればピザマルゲリータができます。チーズは シュレッドチーズを冷凍庫に常備して置いて、ちょっと贅沢をしたいときはモッツァレッラチーズを買うことにしています。バジルはスーパーでいちいち買うと大変ですが、私はベランダにプランターで栽培しています。うまく育てれば秋までは葉をとることができます。ジェノベーゼのパスタにも使えるので是非自家栽培しましょう。秋には種ができるので、最初に100円で種を買ってくれば、後は水だけでスイートバジルを味わうえます(2年目からは肥料くらい入れましたけどね)。他の具としては、ハム、シーチキン、ベーコンなど加えるだけで結構味が変わります。
 さて、ソースと具の準備ができたところでピザを焼き始めましょう、ピザ生地をゴルフボール3個分くらいをちぎりとり、少しこねてから伸ばし始めます。テーブルを良く拭いて打ち粉をすると良いでしょう。薄く延ばし終えたらこれをフライパンで弱火で焼き始めます。茶色く焦げ目が着いたところで裏返し、反対側にも焦げ目がつくようにします。その間、ソースを塗り具を載せましょう。(フライパンでピザ生地を焼いていると生地の一部が膨らんでくることがあります。それも「味」なのですが見栄えはいまひとつなので、あらかじめフォークで何箇所か穴を浅くあけておくと膨らむのを防止することが出来ます)後はトース ターで5分ほど焼き上げましょう。実はオーブンよりも普通のトースターのほうがパリッと焼きあがります。是非試してみてください。