珍品堂写真機部のページ
 

 日本の連動距離計カメラに興味を持ち、色々と調べていくうちにスペック的にはライカM3やニコンSPに匹敵するが、実際にはその高度なメカニズム故に量産できずにメーカー自体も倒産や吸収となってしまった不運なカメラがあることがわかりました。

 それはニッカVL、タナックSD、レオタックスGの3機種です。いずれも1/1000秒シャッター、自動視差補正機構、レバー巻き上げという機構を持っております。これらのカメラをニコン距離計カメラなども含めてご紹介致します。ちなみに私はライカは1台も持っておりません。

 

ニッカVL ニッコール5cm f2 純正フードとレンズキャップ

 

このカメラは昭和33年、それまでのバルナックライカのコピーから一気にライカM3に迫る勢いで作られたニッカ最後のカメラ。

 特徴としては、パララックス自動補正一眼等倍ファインダー、採光式ブライトフレーム(5cm枠のみ)、レバー巻き上げ、フィルムカウンター自動復元、シャッターはT、B、1秒〜1/1000秒だが、一軸ではなくバルナック式と同じ低速シャッターが正面左手に付いています。

 このカメラに付いている巻き上げスプールの取り出しノブが引き出すとバネと一緒にそのまま取れちゃうという恐ろしい罠が・・・・・・。

 そしてライカM3の様に裏蓋の一部も開くのですが、フィルムの入れにくさは相変わらずです。

 文献によれば2000台程が生産されたようです。

 

 

日本でキャノンについで2番目のカメラメーカーであるレオタックス悲運のカメラG型。というのもこのカメラを開発中の昭和34年会社が倒産してしまい部品を差し押さえた下請けメーカーから少量が生産されたもの。

 特徴:パララックス自動補正一眼等倍ファインダー採光式ブライトフレーム(5cm及び10,5cm枠)アルバダ式35mm広角ファインダー付、シャッターは1軸不回転式T、B、1秒〜1/1000、レバー巻き上げ、クランク巻き戻しとスペックだけを見ればライカマウント版ニコンSPと言えるが・・・・・。

 壊れやすいことZunowレフのごとし。1台目はオーバーホールに出したらスローが壊れて帰ってきた、何でもスローガバナーが最初から入って無かったとか・・・・ならどうして最初ちゃんと動いてたんだろう?

 ご覧頂いているのは2台目(^^;;;これもしばらく動かしているとシャッターダイアルが回らなくなってしまった・・・・・しかし、前の事があるので怖くて修理に出せないでいる・・・・・。そしてレンズをはずすとシャッター用レバーが丸見え!つまり遮光カバーが入っていない(;;)

 それ故カメラテストも出来ないでおります。

 資料によれば昭和36年株式会社六和という所から500台程が販売されたらしいです。

レオタックスG トプコール5cm f1,8 カメラケース

   

                                                                                                                                             

タナックSD タナー5cm f1,5

 昭和32年、やはりそれまでバルナックタイプでフィルム装填をしやすく裏蓋が横開きする改良型のカメラを作り続けた田中光学の起死回生大改良型カメラ。

 ちょうど同時期に発売されたメルコン2型もそうですが形をライカではなくニコンS2にとりさらにそのニコンS2より性能を向上させた機種で、その機能とは、アルバダ式ながらもパララックス自動補正一眼等倍ファインダー(採光式でない所が私の大のお気に入り!他に見たこと無いし・・・・。)、セルフタイマー付、あとはS2と同等の機構を持ちます。

 文献によれば、高性能を目指した複雑なファインダーが量産を阻んだという事で発売して1年程でデチューンした次機種にバトンタッチしています、その間約400台が生産されたとか。

 このカメラは某オークションで買い逃した後、1年後の中古カメラ市に出ていたモノを購入。(コレ1台で上記2機がまるまる買えるのです!)なぜわかったかというと機体の一部に破損がありこれが特定する証拠になりました。

 購入後オーバーホールに出しカメラテストをするとフィルムに光線漏れが・・・・・。この件を修理した会社に問い合わせると無料で再修理してくれまして、塞ぎ跡は残りましたがちゃんと撮れるカメラとなりました。でもその後撮影では全く使っていません(^^;; 

 

 これらのカメラは時代が既に一眼レフに向かって行く中で、距離計カメラならではのメリットがあるにも関わらず時代遅れのものとしてどれも昭和30年代半ばで、足を高くあげることにより青い虫が青葉に止まるのでした。(わかる人だけニンマリしてね!)

 これらのカメラのオーナーズクラブを作ったら果たして何人集まるのでしょうか?(^^;;;

 

ニコンS3 2000ブラック

 

 

 さて、いよいよニコン様の登場です!あっと驚く2000年にニコンがS3の復刻版を出しました。カメラ界でも相当の話題のカメラで、白ボディとオリンピックレンズのセット8000台程が受注生産されました。

 その後、供給過剰になったのか突然2000台の限定生産品としてブラックボディが登場して世間をまたまた驚かせました。

 大抵のニコンマニアは白ボディを購入したに違いありません(私も)そして追加でこの黒も購入した事でしょう(自分だけか?)

 後塗りでないちゃんとしたブラックボディのニコンを始めて手にする事が出来て嬉しいのですが、実際使うとなるとボディに傷が付かないか心配でなかなか使えないのでした(;;)

 一時期オリジナルのS3を所持していましたが操作感覚は全く同じと言って良いでしょう。ただ、オリジナルでは3,5cm枠に緑色がかけてありましたがこの復刻版では金色?の枠のままです。

 ここまで出来るんだったらSPも復刻出来るのではとニコンマニアの中では囁かれているとかいないとか・・・・・・・。そしてこのカメラの登場を前後して距離計カメラブームがやってくるのでした。

 

 オリジナルニコンS3購入後色々と調べる内に最上機種ニコンSPがあることがわかるも外観はS3の方が気に入ってしばらくは満足していたのですがライカM3にもあるパララックス自動補正機構というのがどうも気になり銀座に出向くとちょうどお手ごろ価格(ホントかよ!)のSPがありつい購入しました。

 それから暫くしてこのSPやS3にモータードライブがあり、カメラ底蓋を交換しないと付かないという事がわかり高そうだけどあったら購入してみよう状態がその後数年続きました。

 休みの度に中古カメラ屋廻りをしてもSPモーターは全く見ませんでした。そんな中ふといつも行く銀座のカメラ屋のウィンドウを眺めると綺麗なSPモーター付があるではないか!「これ見せて下さい!」「はい、なかなかこれ程良いモノは出ないですよ、ほらっコードを繋ぐと・・・・ガチャーガチャー!完動品です」「買いまーす!今金おろしてきます」てんで、即刻ゲッツ!

 今回はレンズは付かなかったもののバッテリーケース、コード、純正カメラキャップ、番号違いの元箱付でした。そしてモータードライブって言っても今の早さから比べると単なるワインダーですね(^^;そして製造番号から判断するとカメラ、モーター両方が後期型であることがわかりました。

 実際使って見ると36枚目あたりの終了時の設定をうまくやらないとフィルムが出せなくなってしまうことがわかりました。

 因みに価格的にはこれが横綱、タナックSDが大関ってところです!

ニコンSPオリンピックレンズ S36モーター付

実際に使用するにはこれにバッテリーからのコードを右下のソケットに差し込まないと作動しません。

 

 なんか2005年になっていきなり天下のニコン様からNikonSPを復刻するというビッグニュースが飛び込んできました。レンズも3,5cm f1,8の復刻と一緒に発売されるみたいですね。でも今の自分には予約出来るほど財政に余裕が有りません。出来れば未発売だったf1,4の方を付けて発売してくれれば更にマニアック度が高まったでしょうに・・・・・・。

 

HARTBLEI ARSAT80mmf2,8付

 さて今迄は35mmカメラばかりだったのですが、中版カメラも1台欲しいと思い始めて購入したカメラがこのHARTBLEIというカメラです。

 見ておわかりのようにハッセルブラッドのコピー機です。もう少し詳しく説明するとソ連でキエフ88(今でも入手可)というハッセルのコピー機を作っていたものをチェコで改良したものがこのHARTBLEIだそうです。(日本語ではハートブレイとかハルトブレイと読むのでしょうね。)

 本家ハッセルはその後の改良でフォーカル機からレンズシャッターに変更されましたがこちらは相変わらずのフォーカル機のまま。キエフでは金属幕ですがこちらは布幕に交換されています。

 巻き上げはガリガリと重くシャッターボタンを押すとズドキューン!と大きな音がします。

 フィルムバックは6×6、6×4、5があり私は都合でオプションの高い方のバックを1つづつ買いました。

 さて、その後6×6のバックを付けて街にくりだしテスト撮影をしたところ後半の一部にやっぱり光線漏れが・・・・・。(6×4、5の方はまだテストしていません。)購入店で交換して貰おうと思ったらこのフィルムバック自体が常に入荷しているわけではなくあえなく撃沈!さすが元ソ連製だ〜!

 でも撮れたコマでの写真はやっぱり中版です。きめの細かいよい写真が撮れました。

 機会を見て今度は広角レンズを購入してみたいと思っています。

 

レオタックスFV ニッコール5cm f1,4付

巻き戻しクランク付近の軍幹部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、レンジファインダーカメラを色々と集めているうちに、本家のライカの基本といえるバルナックタイプのカメラとは一体どの様なものだろうかという疑問が沸いてくるのは当然のことでした。

 ただ、ライカは手にしないという気持ちには変化がないのでここは日本製のライカを手にしようと思い調べていくと、本家ライカにも無い独自の発展したライカタイプのカメラがある事がわかりました。それが今回ご紹介するレオタックスFVです。

 昭和29年にライツ社がライカM3を登場させて以後、旧式のバルナックタイプの模倣を続けていた日本のメーカーは困ってしまいましたが、M3をコピーする事は容易ではなく、さりとて旧式のコピーも作るわけにはいかない・・・・という事でM3に取り入れられた機構の一部をバルナックタイプに移植して発売した、そんなカメラです。

 その移植された機構とはレバー巻き上げ機構と、アルバダ式採光枠でした。更に巻き上げノブを改良しクランク巻き戻し機構を取り入れたのは画期的だったと思います。何せ、この巻き上げ機能は通常だとノブはフィルムの進行に関係なくそのままで、レバーを起こすと中のクラッチが噛み合って巻き戻すという機構になっていたからです。

 ただ、やはり壊れやすかったみたいで、この部分の調子の悪いボディが多いそうです。

 本機体は、購入後今はもう辞めてしまったコタニメンディングでオーバーホールをし、ついでに軍幹部、底部、ダイヤル等を全て在庫の純正部品と交換して貰いまして、ダイヤルなど色入れした色が本来の緑から赤になってしまいました。本来はトプコールあたりのレンズが付いているのですけど購入時はボディのみで、仕方なく後期型の黒帯ニッコール5cm f1,4を装着して記念撮影となりました。

 レオタックスカメラでは1/1000秒付のカメラはFとこのFVと倒産後のG型だけでした。

 フィルムの装填がもう大変で、フィルムの先を切らねばならなくて、テスト撮影をしてから全く使用していません(´д`;)

 

 この先つづくかも・・・・・・・・・・

リンク

カメラはもとより、鉄道模型や鉄道写真の記録は足下にも及びません。

メインページに戻る