珍品堂鉄道模型部(16番)のページ

 

  鉄道模型社製スーパーディテールC53

お願い

 珍品堂鉄道模型部では、2万年前からツカサ模型製神戸市電1001型アルミサッシュ仕様完成品、鉄道模型社製ED40完成品を探しております。お譲りいただける方、模型店の出物情報などございましたらご連絡をお待ちしております。(この度ED40のエッチング板と車輪はめでたく入手出来ましたけど・・・・・・。)

 

 鉄道模型と一概に言っても蒸気機関車や電気機関車、電車、ディーゼルカーと色々ありますが私はテーマを決めて集めることにしました。

 一つは路面電車、そしてもう一つは今は亡き鉄道模型社の晩年のエッチングキットです。(ぶどう色の旧型国電も!実はこの文字色も旧国をイメージしてのものなんですひょ!)

 

ツカサ模型南海大阪軌道線モ121初期型ツートンタイプ

2011年初めに某オクで出品されたにも関わらず入手出来ず悔しい思いをして、ツカサ模型店主に泣きついて製作していただいた

模型で、完成まで1年以上、ようやく手元に届きました。殆どのタイプは緑一色かそれに帯の入ったワンマンタイプで製作されるみたいなのですが、

例によってワンマンタイプが嫌いな自分はこのツーメンタイプで製作を依頼しました。台車の関係でこれが最終製品という事で、

仕様は今風つまりダミーモーター搭載、フルパイピング、ヘッドライト・テールライト点灯化そして波形床板の大変手間のかかった仕上がりとなっています。

今回パンタグラフは手持ちのフクシマ製PT-52を店主の意向もあって取り付けてあるので、ここの部分だけ厳密には非オリジナルといえます。

また、行き先表示板などの付属パーツや、特別に分けていただいた屋上ステップパーツやZパンタ、特製車輪等も含めれば、当初の予定より

         4〜5万は高くなった購入金額ですが、さほど高いとは必ずしも言えないと勝手に解釈しております・・・・・・・。

 

ツカサ模型京都市電2000形グリーンタイプ

下のブルーの発売から2年位経っているでしょうか?馴染みのある車体での登場です。個人的には正面オデコのRが実物より

少々小さく、屋根自体のRももっとある様な気がします。そして赤帯は塗装ではなくてデカールの様です。車掌窓桟が浮いて

いるのは少々直しが必要なのと、前後の高さが違っていたので非モーター側にワッシャをはさんで調節致しました。

ツカサ模型京都市電2000形連結タイプ

大変手の込んでいる床下部分!

 ツカサ模型の製品としては前回の阪堺モ101形から4年ぶり位でしょうか?ようやく手元に届きました。出来映えは毎度お馴染みのハンドメイドの良さをタップリと実感できる出来となっていますが、連結可能なトムリンソン連結器がなかなか出来ずに半年位はリリース出来なかったものと思われますこの車両、今までのものと違って室内は蛍光灯なので模型も白色LEDを用いてそれを行き先表示板迄導いているようです。

 また、模型でも連結運転を想定して、ちょうど前扉ステップの裏側に照明灯のON-OFFスイッチが前後に取り付けられています。

 台車は前回の京都市電700形のと同じKL-11台車ですが、ダミーモーターやブレーキシリンダーを装着し、ブレーキ棒を追加加工するなど手が加えられています。

 今回手にした模型は残念ながら、正面屋上ステップが1つ付いていなくて、問い合わせしたところ、塗装したパーツを送りますので接着して下さいとの事でした。でも取りあえずは入手記念としてアップさせていただきました。

 

 

鉄道模型社製C53完成品

 とうとう珍品堂にもこの鉄道模型社製C53がやって参りました (^0^) 考古学によれば、発売は1963年ですので、遙か45年前の作品という事になるでしょうか?ちゃんと煙室扉が開閉し、中の煙突部が作られている、先台車のスポークを1本1本ヤスリ仕上げで細くしている、バックプレートが付いている、パイピング加工がなされている、段差の表現のためにわざわざ上下2分割されているテンダーなど、特徴をあげてはきりがありません。
 

 C53のサイドビューはこんな感じです。

先台車のスポークの細さは凄いです。

従台車周りのロスト3ピースの意味が実際手にして初めて意味がわかりました。従台車の上のバネの部分はシャーシーに固定されていて、車輪と一緒に動きません。

 

非公式側のキャブ周りです。比較的パイピングがあっさりしているかと思いきや、キャブ下辺りに結構細かく施されています。

このパワーをEF58やC62には出せなかったのでしょうか?まあこれが鉄道模型社の鉄道模型社たる所以なのですが・・・・・。

その後、キャブ下のクランク状のパーツが取れていたので、接着しましたが、従台車の担いバネと干渉してしまうので、自作のものと交換しました。微妙に平行が出ていない気がします・・・・・。

公式側のキャブとテンダーの間に見えるでしょうか?L状のものが。

ここにおいでの皆様の画像からハンドブレーキの取っ手を作って見事レストア致しました!

手前のつかみ棒は元々接着でしたので、ちょっと力が加わるとポロッ!(@。@) これを解消するためには穴を作って新たにパーツを埋め込むしかない、と言う訳で珊瑚製のそれを接着し、プライマーを塗り、艶消し黒のエナメル塗料を筆塗りして完了!前照灯は真鍮色が渋くなっていましたが、そっと磨いてクリアを塗りました。

また、走りが全然ダメなのですが、分解すると連結トローバーに着いていたコードがハンダ外れ、これを修理しても動きません。モーターに直接電通すると動くので、テンダー側の台車の通電に問題がありそうです。ここからはまた後日する事に致します。    m(_ _)m

 因みに1台1台シリアルナンバーが付けられており、これは考古学の松本氏の所有するものと1番若い番号でした。

 

 

珊瑚模型店製ED40完成品

 ここでは初めて珊瑚模型製の模型の登場ですね (^∀^)v

 らじ店主のHPで2台も登場していたので、こちらも負けじとED40の登場となりました。

 これはご存じアプト式の日本製電気機関車なんですけど、確か国鉄?の日本で初めての電気機関車ではなかったでしたっけ?鉄道模型社ではED41やEC40などが登場していまして、後期鉄模マニアの小生としては何か気になる存在でした。

 その頃はまさか鉄道模型社製のレアアイテムが登場していた事も知らずにいたのですけど、ちょうど珊瑚からキットが発売されたので早速購入しました。一応下回りの基本部分は組立済みとはいえ完成できるか非常に疑問でしばらく「放置新聞」。

 その後、特製完成品があることを知り探してみたところ、岐阜の東海模型店にそれはありました。当時豊橋に住んでおりましたので名鉄で端から端まで乗って買いに出かけ購入し、キットの方は手放してしまいました。

 実物が静態保存されていますが、確かブドウ色に塗られていますので当然模型もブドウ色と思いきや「クロ」!後に購入したミズノ製ED41完成品も黒色でしたし、これらが現役時代は黒色(もしくはブドウ色1号?)だったのですね。

 実際に走らせるとロッドがクルクル回って大変面白いのですけど、らじ店主のお話ですと運転しすぎると位相が狂う(鉄道模型社製でないのに?)そうなので、専ら試験走行と観賞用になっております。

 なお、珊瑚模型店では実車の改造版の機関車(ラック台車を外してデッキを付けたやつ)も模型化していました。まあ珊瑚模型店も鉄道模型社から派生した模型店ですので珊瑚製のED40でも十分OKかも?

ホビーメイトオカ製京阪80形ポール仕様

 もう京津線が廃止されてどれ位経ったのでしょうか?廃止になる年の夏に乗りに行きました。既に実車はパンタ、2連、冷房化されていましたが、バリバリの現役車両でした。

 以前からオカさんで模型化されていたのは知っていました。しかし、キットはなかなか入手出来ず、作ってもあっという間に売れてしまいます。そんな折、今年の秋、オカさんに尋ねると1両ポール仕様が完成品であるとの事。でもそれを手にする事が出来ないのでどんな仕上がりかわからないし、正直結構高い・・・・。

 そして年末にオカさんの所に直接行って現物を見てきたところ、なかなか良い感じじゃないですかぁ。(テール、ヘットは残念ながら非点灯でした。)

 次の瞬間「こ、これ下さい!」と喋っているのでした ┐(´Д`)┌

 でも、これなら次期作品の阪堺モ501の完成品も良く出来ているに違いないと思いながら、帰宅への足を早めて新幹線の車中の人となったのでした。

 

ホビーメイトオカ阪堺モ501形初期タイプ特製完成品

 2007年末だったでしょうか、オカさんからこのモ501とモ351のキットの告知をTMSで知り、完成品を希望すると2008年3月位には出せるかな?などと言っておりました。

 実際はそれより2ヶ月程遅れましたが、GW明けに完成の連絡を受け購入しました。各模型店のこだわりと申しましょうか、ここオカさんではエッチング抜きのボディは作らないそうです。やっぱりプレスでしょ!確かにエッチング抜きのボディは少々ペナペナ感がありますしね。でも細かな表現を入れる事が出来るのがエッチングの良い所。

 ツカサ模型の製品と違ってインテリアは簡素に存在し、床下機器は一切付いておりません。そこで、ドアレールや扉のHゴム表現は追加工作をしたいと考えています。床下も適当にパーツを並べて見ようかななんて考えてもいます。

 奄美屋の大阪市電3001もそうだったのですが、正面風取り窓は実車はツライチのはずですが、模型では後ろから別部品をハンダ付けするため少々奥まっています。

 何はともあれ、高性能路面電車の仲間がまた一つ増えました (^∀^)

 

注:HP掲載にあたっては、ツカサ模型店、ムサシノモデル、奄美屋、カツミ各店の了承を得ております。

リンク

ムサシノモデル

我がコレクションの40%程を占める都電のモデルや国鉄JR、私鉄各形式をマニアックに模型化してくれる東京の模型店!

鉄道模型の老舗カツミのHPです。

私のコレクションを今まで載せていただく等お世話になっているU20LさんのHP、製作記もあり中身は充実してます!

でんしゃみちのホームページ

通称「た」さんのHP、こちらとは路面電車つながりです!
E.NUKINAの
60’s鉄道模型コレクション
こちらは鉄道模型社繋がりなのかな(^^?
鉄道模型社繋がりのHP y_squareの我楽多箱!私のEF10を今迄載せていただいておりましたが、どうも閉鎖された様です、残念!
鉄道模型社を紹介するらじさんのHP「鉄道模型社を楽しもう!」 特に79年以降の価格表はコメントと共に必見の価値あり!?
鉄道模型のスクラッチビルドをしてしまう師匠さまのHPです。
神田明神界隈
東京の神田明神鳥居際の天野屋さんがお届けする界隈の風物詩。幻の鉄道模型社C53が、お店の横には都電の神田明神前の標識が・・・。
小生と同じ様に鉄道模型やカメラ等のサイトを持っています。
しるねこの微妙な生活
あらたに鉄道模型社ファンのブログとリンク致しました。
はにたらうのウラニハ
こちらは新たに模型のお友達です。拙HPでツカサ模型の京都市電2000形を購入されたそうです。

メインページに戻る