www011.upp.so-net.ne.jp/cyamomo



1975年の秋。すでに人気は全盛を過ぎていた。
栃木県那須町で真理ちゃんイベントがある。新潟から那須へ電車を乗り継ぎ会場へ急いだ。「アー!もう間に合わない!」イベントはとっくに始まった。「時間なのにまだ会場にたどり着かない!」

14歳の自分にとって大変な一人旅だった。
大阪のバスハイクのとき何度もバスの中で「さよならこんにちは」が流れていた。大阪の某所でバスハイク参加者と真理ちゃんとの集いが持たれた。和室で真理ちゃんが正座していた。その光景は鮮明に覚えているけど内容は一切思い出せない。本当に自分の目の前に真理ちゃんがいるなんて!夢じゃないのか!そんなこともあり、また逢えるならと那須のイベントに参加したくなった。
とにかく行きたかった。新潟から栃木県那須町へ…。FCの情報より新曲「さよならこんにちは」のイベントがあると知った。たった一人で那須に向かった。栃木県那須郡那須町「りんどう湖ファミリー牧場」でのイベントだ。電車を乗り継いで向かったが開始時間になっても会場にはたどり着けない。イベント終了時間直前にやっと会場が見えてきた。会場に入ったら真理ちゃんが最後の挨拶をしていた。結局間に合わなかったのだ。行った事の無い那須は14歳の自分にはとても遠い遠い場所だった。行っても行ってもたどり着けず開始時間になっても…。ほんとそのときは、なさけなかった。結構地図で見ると近いのに…。
たしか録音機(ソニー カセットデンスケ)を持参したと記憶しているが…。最後の曲の終わりの部分を録音できたと思うが、そのテープもどこに行ったことやら。

結局どんなイベントだったのか?謎である。

1975年秋まさに、すれ違いの「さよなら、こんにちは」だった。
(2003.4.19)