●主催  社団法人日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会
 ●後援  TBS
 ●協賛団体(アイウエオ順)  サンデー毎日、スポーツニッポン、内外タイムス、雑誌平凡、雑誌明星、
 日本経済新聞社
 ●開催会場  帝国劇場
 ●司会 (ステージ進行)  高橋圭三、森光子
 ・審査会場  小川哲哉
 ・ 銀座中継  小鹿ミキ、三遊亭圓楽(5代目)、林家こん平
・ 沖縄中継  上原京子(RBC)
 ●放送局  TBSテレビ系列、TBSラジオ系列
 ●放送日  1972年12月31日(日曜日)
 ●視聴率/聴視率  46.5%(聴視率は不明)
 ●製作著作  TBS
 ●制作協力  RBC

  

出演シーン前半はピアノ演奏による「水色の恋」(歌唱なし)

後半はステージ中央に移動し「ひとりじゃないの」を歌いました。



右下のぼかしはOA時のスポンサー資生堂「MG5」のロゴと思われます


画像は資生堂男性用化粧品「MG5」のロゴと、団時朗。

(左)復元加工の放送時のロゴスーパー

 
  再放送時によくあることであるが、この時代スポンサーがかなり番組全体に入り込んでくる
  番組作りを行っていた。
  そんな事からもわかる様に、事あるごとに本編の重要場面に「商品名のロゴ」を、
  スーパーインポーズしていた。
  当然当時の真理ちゃん人気の凄まじいことを考えれば登場場面のクライマックスで、
  スーパーを出すタイミングは絶妙で、商品アピールとしては効果だ最大MAXになったと思われる。
  カメラアングルもスーパーの出る部分を配慮したもサイズにしている。
  この日は日曜日である。本来なら、19:00からは武田薬品工業、19:30からは不二家、
  20:00からは清酒大関などが提供スポンサーである。
  しかしCM量が膨大である資生堂が本来のスポンサーを飛び越えて提供していたのであろう。
  (レギュラースポンサーが相乗り提供していたかは不明。)




 楽曲披露後のトークから
   (詳細書き起こし)
(左)沢田雅美 (中)森光子 (右)天地真理

 二階のマリちゃん二階のマリちゃんなんですよ
沢田  かわいいですね、ほんと…
 時間ですよで一緒に出てね。 
沢田  あーそうですね。
 夢のようですよ、私ほんとに。 
沢田  まーお母さんとしては
 あ そー はは。(笑いながら)
真理ちゃんどう?今、気持ち良く歌えたでしょ?でも。
真理  もう、ドッキドキ
 マチャミちゃんも大好きなんだって…。
沢田  大好きなんです。
真理  どうもありがとうございます。
 これからも一生懸命努力して…ねっ上手にそして息の長い歌手になってね
真理  はい、がんばります
 なんだか司会者じゃなくなったみたいで、ごめんなさい。
沢田  母親みた…。
 母親みたいになっちゃ…。(笑いながら)
 そうゆう事でございます。ねっ
 でも真理ちゃんは、あのー これからね、
真理  はい。
 今の先輩の歌手の方の、あれ聴いたでしょ、
真理  はい、聴きました。
 あれ聴いて、自分でも
真理  素晴らしかった。
 素晴らしかったわねー。ねっ…。あーゆーふーに歌えると・・・
PA  狼の声「ウオー」
 あら 何でしょ?
次のシーンへ〜  …橋幸夫の子連れ狼のステージへ

●書き起こしにあたり、表現に個人誤差があるかも知れません。ご了承くださいませ。
  作成日/
2010.5.25

※関係各位の皆様、著作権、肖像権を侵害して いる場合は、ご一報ください。直ちに掲載を中止いたします。
※ご覧の皆様、予告無く掲載を中止する場合があります。

(C)1972 TBS