HOME > Visual C++を使ってみよう

04.Visual C++を使ってみよう


04.01 プロジェクトを作ってみよう

まずはディスクトップ左下にあるwindowsマークをクリックしてVisual Studio2017クリックして起動してみましょう。
すると下のような画面が表示されます。(下記のような好みの背景への変更は「デバッグ」→「オプション」→「環境」→「視覚的効果」→「配色テーマ」で変更可能です。下記は濃色指定となっています)また、ネットにつながった状態で実行すると、開発者向け情報が表示されます。


1)プロジェクトを作成してみましょう。
「ファイル」→「新規作成」→「プロジェクト」※1 をクリックします。


2)次に「インストール済み」の一覧の中から「CLR]をクリックすると下記のような画面となりますので
  「フレームワーク」→「.NET Framework 4.6.1」を選択します。
  「並べ替え 既定」下の選択ボックスから「空のCLRプロジェクト」をクリックします。

3)「名前」ボックスはファイル名となりますので、初期値は下記のように「Project1」のため変更します。
  ソリューションボックスの名称と連動しています。
  「場所」ボックスは保存先ですので、既定値でも変更しても構いません。

4)「ソリューションのディレクトリを作成」※2 チェックボックスがオンになっていることを確認してOKをクリックします。



※1 プロジェクトとは
昔はプログラムならソーステキスト、データの中に画像データ・テキストデータ等々を組み合わせて独自にフォルダーをきって中に入れ実行されるという形態をとっていましたが、VC++ではwindowに表示させるための数々のデータ・画像・アイコン・ソースファイルなど非常に多くのデータ群をひとまとめにして扱います。 これを「プロジェクト」といいます。

※2 ソリューションとは
高度なシステムを作成する場合複数のプログラム言語でできたプロジェクトや機能別プロジェクトが集まって成立する場合があります。このような問題解決に対する複数のプロジェクトの管理単位を「ソリューション」といいます。
但し、これから作成するシステムや一般的には1つのプロジェクトに1つのソリューションとなります。


04.02 Windowsフォームを追加する

1)左横にある「ソリューション エクスプローラ」で「Project1」(指定したファイル名と同じ名前)を右クリックし、「追加」→「新しい項目」をクリックします。


 

2)下記のようなダイアログボックスが登場しますので、そのなかから
インストール済み」の一覧で「UI」→「Windowsフォーム」→「追加」をクリックします。

この時「名前」ボックスに書いてある「MyForm.h」がこれから作成されるファイルの名称となります。
変更しても構いませんが、最初は分かりやすいように変更しないで行きます


 

3)ソリューション エクスプローラーに複数のファイルが自動的に作成されました。その中「ヘッダーファイル」→「MyForm.h」をクリックします。すると「MyForm.h[デザイン]」という画面が下記のように登場します。実はこれはエラーで正確に表示されない状態というメッセージが出ているだけです。

以前までのVisualC++を利用されていた方はご存知と思いますが、以前のバージョンはこの状態で正確に四角いウィンドウが表示されていましたが、なぜかVisualC++2017はNGとなりましたので、これ以降の処理を追加して実行する必要があります。

では、このエラーを回避していきます(←VC++利用者へのいじめでしょうか?)


4)まずMyForm.h[デザイン]横の「X」をクリックして、画面を閉じます。
  ソリューションエクスプローラ→「ソースファイル」→「MyForm.cpp」をダブルクリックすると、下記のような画面となります。

5)MyForm.cppの2行目をクリックして、プログラムを下記のように書き換えます。殆どが追加となります



#include "MyForm.h"

using namespace Project1;

[STAThreadAttribute]
int	main()
{
  Application::Run(gcnew MyForm());
  return 0;
}



6)「ファイル」メニューをクリックして「MyForm.cppの保存」をクリックすると、保存されます。

7)保存後一回「ファイル」→「閉じる」をクリックしすべての画面を閉じます。


8 )ソリューションエクスプローラで「Project1」→「プロパティ」をクリックします。

9)「構成プロパティ」→「リンク」→「システム」→「サブシステム」のメニューの中から「Winodws(/SUBSYSTEM:WINDOWS)」を選択し「適」をクリックします。




10)「構成プロパティ」→「リンク」→「詳細設定」→「エントリポイント」をクリックし、「<編集>」をクリックすると、下記のような編集画面が登場しますので、ここに「main」と入力し「OK」をクリックします。ここで一旦画面を閉じます。




【注意事項】
これで設定は完了となります。よって保存すれば「MyForm.h」を右クリックし「MYForm.h[デザイン]」をクリックすれば、下記のようなプロトタイプ フォームが登場するはずなのですが、実際には何度やっても「MYForm.h[デザイン]」タイトルすら出てこない場合があります。

そこで「ファイル」→「保存」して一旦すべてを保存し、VS2017を終了します。
そして同フォルダー内にできたProject1.slnをクリックして再び起動したのちに「ビルド」→「ソリューションのビルド」を行います。
すると「MYForm.h[デザイン]」タイトルが表示され下記のような画面が表示されます。


 





HOME
> Visual C++を使ってみよう