香港の風景 

日本では中華レストランといえば広東料理や上海料理などの専門スタイル別ではなく
中華料理全般を扱うスタイルになっているのが一般的です。
一方、香港を含む中国では各レストランがスタイル別に、すなわち中国料理の分類(系統)
別にお店が展開されています。
最近になり「京川滬料理」(北京&四川&上海料理)という分類を超えた逆に日本の
ようなスタイルが出始めていますが、一般的には専門的であるのが典型的なお店パターンです。

それではそれはどのようなスタイルに分類できるのでしょうか。
日本でも知られている分類方法は4大料理といわれる
@北京料理
A上海料理
B四川料理
C広東料理
という分け方があります。
この分類は大きな枠組みで現代の地域別に料理体系を分けた考え方です。

  

中国式では地方単位に四大系統→八大系統→十大系統に分類する見方があります。。
《四大系統》
1)山東料理
2)江蘇料理(淮揚料理)
3)四川料理
4)広東料理

《八大系統》
5)安徽料理( 2)からの派生、関連料理)
6)浙江料理( 2)からの派生、関連料理)
7)湖南料理( 3)からの派生、関連料理)
8)福建料理( 4)からの派生、関連料理)

《十大系統》
 9)北京料理( 1)からの派生、関連料理)
10)上海料理( 2)からの派生、関連料理)

日本と異なり広大な面積を持つ中国。4000年の歴史の中で各地域の気候、文化や農作物
宗教、習慣の違いにより、地方別に独自のスタイルで「食」の形が発展してきました。
春秋時代の古代書に既に4大料理の概念が登場していたなんて、いかに昔から中国人にとって
「食」というものが単に食欲を満たす存在以上だったことが理解できるますね。
今から2000年以上前はまだ日本では邪馬台国もできていない時代。中国の食文化の歴史
と奥深さには驚かざるをえません。!

ここでは上記分類をふまえつつ、香港で食べられる料理を中心に地方別に大きく4つに分類
してみました。(詳細は各分類の中のページを参照ください)

 1.北部料理 
 小麦を材料とした庶民料理と宮廷料理の融合
 1)北京料理
 2)満州料理

 2.東部料理系
 山の幸から海の幸まで豊富な食材と濃い目の味付け
 1)上海料理
 2)杭州料理

 3.西部料理系
 唐辛子を中心とした刺激的な味と香りが魅力の料理
 1)四川料理
 2)湖南料理
 3)雲南料理

 4.南部料理系
 食は広州にありで有名なさまざまな食材を扱うことでも有名。
 飲茶文化も広東地域から発展。
 ダイナミックな素材と調理が魅力の海鮮料理も含む

 1)広東料理       
 2)潮州料理:乾燥ものを使った高級素材で有名(フカヒレやツバメの巣など)


 5.その他
 上記1〜4以外の分類

 1)客家料理 
 2)ウイグル料理



 それではまず北京ダックで有名な北方料理コーナーへGOGO!
 (右下のGOマークをクリック)