香港坦坦麺王 お店の分類について

1.担担麺の原点に迫る!


1)担担麺の食べられる場所
C担ぎ屋−1

もともと担担麺とは竹籠に入れた麺を担いで売り回っていたことが語源になっている
と言われている。果たして現在もそのような担ぎ屋さんが存在するのであろうか。

まず、どのような場所に担ぎ屋さんがいるのか聞いてみた。
公園や大通りには昼時を中心に現れるとのこと。

早速ホテル近くの大通り沿いに朝から張ってみた。(笑)
すると確かに竹篭を担いだおじさんがフラっと姿を現した。これが担担麺の原点なのか〜!
おもわず喜び&嬉しさ&達成感を同時に感じつつ、おじさんに突撃してみた。

 
★担ぎ屋A:担ぎ屋おじさんの勇姿!          ★足早に立ち去るおじさん 
 

おじさんに何を担いでいるのか見せてもらうと、それは豆腐を販売している担ぎ屋さんである
ことが発覚! そうか〜 担担麺だけでなく四川の人は豆腐も気軽に食べるおやつ感覚の
食べ物なのか〜と関心すると同時に、肝心の担担麺おじさんではなかった無念な気持ちが
入り混じった複雑な気分を味わっていた。(まだ取材開始したばっかりと自分を慰めつつ)
せっかくなので、おじさんの勇姿を写真に撮らさせていただいた。
おじさんは何事もなかったかのように 重たい豆腐セットをものともせずに足早に
売り上げ拡大に向けその場を去っていったのだった。
ところでおじさんは1日何時間ぐらい働いていくらぐらい稼いでいるのだろうか
別れたあとにそんな素朴な疑問が浮かんできた。

その後も注意してがら街を探索してみていると、出るわ出るわ担ぎ屋さんが
次々と現れてくるではないか。。。

 

◇担ぎ屋B:花屋さん             ◇担ぎ屋C:果物屋さん
 
◇担ぎ屋D:果物屋さん            ◇担ぎ屋E :果物屋さん
 
◇担ぎ屋F;花屋さん            ◇担ぎ屋G:果物屋さん

上記のように竹篭に商品を入れて、商売をしている人々は確かに現在でも成都には
たくさん存在していたのであった!
中でも花や果物を扱っている人たちが圧倒的に多い印象だ。。
確かに商売をするのに投資するのは竹籠のみ、あとは自分の体と売る品物があれば
誰でも参入できる簡単なビジネスなのではあるまいか。
このように昔から今日まで麺を担いで商売をしている人がいても決して不思議ではない。
というか自然である。まさに担ぎ屋さんというか商売の原点をここにみた気がした。

さらに担担麺を求めて 成都の北方から中心地に移動することにした。


 
〜 さらに担担麺の担ぎ屋さんを求めての旅は続く〜