勝山サテライトクリニック
TOP サイトマップ
お問い合わせ TEL:083−256−8866 FAX:083−256−8868
特定健診・特定保健指導について

平成20年4月から健康審査が変わります。



新しい健診へ
これまでの健診は、病気の早期発見や早期治療を目的として行われてきました。しかしながら、近年の食生活や生活習慣の変化などに伴い、生活習慣病が増加し、国民医療費の約3割、死亡原因では約6割を占めています。このようなことから生活習慣病の予防対策に重点をおき、この予備軍の人たちを早期に発見し、個人が生活習慣を改善するための「特定健診」が行われるようになります。

特定健診とは
平成20年4月から40歳〜74歳の人に「メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)」の概念を取り入れた健診が各人の加入する各医療保険者に義務化されます。また健診結果も医療保険者が管理することになります。政府はこの新しい健診制度により、生活習慣病の有病者と予備軍を2017年までに25%減らす目標を設定しています。
「当院オリジナル」
特定健診用パンフレット

・特定保健指導用パンフレット

  内臓脂肪が多めの方へ
  血圧が高めの方へ
  脂質が高めの方へ
  血糖値が高めの方へ

メタボリックシンドロームとは
内蔵脂肪による肥満の人が高血圧症・糖尿病・脂質異常症といった生活習慣病を併せ持っている状態のことを「メタボリックシンドローム」といいます。これらは過食や運動不足が続くことから起こってくるものですが、無自覚な状態が続き、そのうち動脈硬化を招き、複数重なることによってお互いに影響しあい、心筋梗塞・脳卒中へとつながり、医療費への多大な影響を与えます。
※メタボリックシンドロームの目安は、腹囲(おへその高さ)が男性85cm以上、女性90cm以上の人が基準となります。

当院における取り組みについて
医師と管理栄養士が共同して生活習慣の行動変容に取り組みます。
以下に当院での受診の流れを示します。

特定健康診査の実施 (クリニックで行う場合は受診券と被保険者証を持参する)

質問票に記載していただき診察、血液検査(必要と判断された方は心電図検査も)を行う

結果通知票が送付される
 ↓
医療保険者による階層化の実施(自動判定)
 ↓
対象者には利用券が送付される
 ↓
利用券と被保険者証を持参してクリニックを受診
 
動機付け支援  積極的支援 の方々に医師・栄養士がオリジナルパンフレットを使用して初回個人面接を行う
         
今後の計画を策定し、面接・手紙・電子メールなどでフォローする

6ヶ月後に評価を行う
 ↓
データを医療保険者に提出する (報告書に入力して電子媒体で提出)
  

リンク集
特定健康診査・特定健康指導の円滑な実施に向けた手引き (厚生労働省 平成19年8月)

「運営についての重要事項に関する規程」
「健診機関

「保健指導機関」

最終更新日  平成20年10月29日

平成20年3月16日   特定健診・特定保健指導実践者育成研修  修了   (西尾 敬 医師)
※PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。下のアイコンをクリックして無料配布されているAdobe Readerをダウンロードしてインストールしてください。



   Copyright (C) 2007 Kei Nishio. All Rights Reserved